"有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40098)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Organic Honey Market: About this market
Technavio’s organic honey market analysis considers sales from both offline and online distribution channels. Our study also finds the sales of organic honey in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the offline segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as easy availability, extended hours of operations, and accessibility to various outlets having a broad merchandise mix will play a significant role in the offline segment to maintain its market position. Also, our global organic honey market report looks at factors such as increasing usage of organic honey in skincare products, product launches, and health benefits of organic honey. However, stringent regulations, stiff competition, and the high cost of production and transportation may hamper the growth of the organic honey industry over the forecast period.
Global Organic Honey Market: Overview
Product launches
The growing demand for a healthy diet and convenience has led to the emergence of diverse products in terms of types, flavors, colors, and packaging by various vendors which is helping them in expanding their consumer base. The growing demand for organic honey globally has prompted vendors to launch products that will help increase their brand visibility and expand the customer base. Innovation and adoption of new strategies according to the business environment enable the companies to introduce innovative organic honey products. Such product launches will lead to the expansion of the global organic honey market at a CAGR of over 10% during the forecast period.
Rising imports of natural honey
The imports of organic honey witnessed rapid growth since 2014 in some of the fastest-growing markets, such as Australia, Japan, and China. The imported natural honey was valued at $2,200 million in 2018. In 2018, the top 15 honey-consuming countries accounted for 81.9% of the total imports of organic honey. The major importing countries are the US, Germany, France. Japan, the UK, Italy, and Belgium. There is also an increase in the number of product launches in different flavors, types, and packs. Such factors coupled with the rising consumer awareness about the various health benefits of using organic honey will increase honey imports. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global organic honey market during the forecast period 2020-2024, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global organic honey market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading organic honey manufacturers, that include Comvita Ltd., Dutch Gold Honey, Langnese Honig GmbH & Co., Little Bee Impex, Madhava Honey Ltd., Manuka Health New Zealand, Nature Nate’s, Rowse Honey Ltd., Wedderspoon Organic Inc., and Y.S. Organic Bee Farms.
Also, the organic honey market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
• Value chain
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY DISTRIBUTION CHANNEL
• Market segmentation by distribution channel
• Comparison by distribution channel
• Offline – Market size and forecast 2019-2024
• Online – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by distribution channel
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rising imports of natural honey
• Increase in the number of private label products
• Growth in online retailing globally
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Comvita Ltd.
• Dutch Gold Honey
• Langnese Honig GmbH & Co. KG
• Little Bee Impex
• Madhava Honey Ltd.
• Manuka Health New Zealand
• Nature Nate’s
• Rowse Honey Ltd.
• Wedderspoon Organic Inc.
• Y.S. Organic Bee Farms
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Vendors: Key offerings
Exhibit 02: Global packaged foods and meats market
Exhibit 03: Segments of global packaged foods and meats market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Distribution channel – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by distribution channel
Exhibit 20: Offline – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: Offline – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Online – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: Online – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by distribution channel
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 29: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 30: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 31: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 32: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 33: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 34: South America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: MEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 37: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: Key leading countries
Exhibit 39: Market opportunity
Exhibit 40: Impact of drivers and challenges
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: Comvita Ltd. – Vendor overview
Exhibit 47: Comvita Ltd. – Business segments
Exhibit 48: Comvita Ltd. – Organizational developments
Exhibit 49: Comvita Ltd. – Segment focus
Exhibit 50: Comvita Ltd. – Key offerings
Exhibit 51: Dutch Gold Honey – Vendor overview
Exhibit 52: Dutch Gold Honey – Product segments
Exhibit 53: Dutch Gold Honey – Key offerings
Exhibit 54: Langnese Honig GmbH & Co. KG – Vendor overview
Exhibit 55: Langnese Honig GmbH & Co. KG – Product segments
Exhibit 56: Langnese Honig GmbH & Co. KG – Key offerings
Exhibit 57: Little Bee Impex – Vendor overview
Exhibit 58: Little Bee Impex – Product segments
Exhibit 59: Little Bee Impex – Key offerings
Exhibit 60: Madhava Honey Ltd. – Vendor overview
Exhibit 61: Madhava Honey Ltd. – Product segments
Exhibit 62: Madhava Honey Ltd. – Key offerings
Exhibit 63: Manuka Health New Zealand – Vendor overview
Exhibit 64: Manuka Health New Zealand – Product segments
Exhibit 65: Manuka Health New Zealand – Organizational developments
Exhibit 66: Manuka Health New Zealand – Key offerings
Exhibit 67: Nature Nate’s – Vendor overview
Exhibit 68: Nature Nate’s – Product segments
Exhibit 69: Nature Nate’s – Organizational developments
Exhibit 70: Nature Nate’s – Key offerings
Exhibit 71: Rowse Honey Ltd. – Vendor overview
Exhibit 72: Rowse Honey Ltd. – Product segments
Exhibit 73: Rowse Honey Ltd. – Key offerings
Exhibit 74: Wedderspoon Organic Inc. – Vendor overview
Exhibit 75: Wedderspoon Organic Inc. – Product segments
Exhibit 76: Wedderspoon Organic Inc. – Key offerings
Exhibit 77: Y.S. Organic Bee Farms – Vendor overview
Exhibit 78: Y.S. Organic Bee Farms – Product segments
Exhibit 79: Y.S. Organic Bee Farms – Key offerings
Exhibit 80: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 81: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40098
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
有機農蜂蜜の世界市場予測・分析2020-2024についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無人水上艇(USV)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、無人水上艇(USV)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人水上艇(USV)市場規模、エンドユーザー別(防衛、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ASV Global, thyssenkrupp (Atlas Elektronik), Group Gorge (ECA Group), Boeing (Liquid Robotics), Elbit Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無人水上艇(USV)の世界市場概要 ・無人水上艇(USV)の世界市場環境 ・無人水上艇(USV)の世界市場動向 ・無人水上艇(USV)の世界市場規模 ・無人水上艇(USV)の世界市場:業界構造分析 ・無人水上艇(USV)の世界市場:エンドユーザー別(防衛、商業) ・無人水上艇(USV)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無人水上艇(USV)の北米市場規模・予測 ・無人水上艇(USV)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • ケーブル導管装置の世界市場
    当調査レポートでは、ケーブル導管装置の世界市場について調査・分析し、ケーブル導管装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • マレージング鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マレージング鋼の世界市場について調査・分析し、マレージング鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マレージング鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、マレージング鋼種類別分析()、マレージング鋼用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マレージング鋼の市場概観 ・マレージング鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マレージング鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マレージング鋼の世界市場規模 ・マレージング鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マレージング鋼のアメリカ市場規模推移 ・マレージング鋼のカナダ市場規模推移 ・マレージング鋼のメキシコ市場規模推移 ・マレージング鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マレージング鋼のドイツ市場規模推移 ・マレージング鋼のイギリス市場規模推移 ・マレージング鋼のロシア市場規模推移 ・マレージング鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 建物用断熱材の世界市場予測(~2021年):ガラスウール断熱材、ストーンウール断熱材、EPS、XPS、PUフォーム、ポリイソシアヌレート、フェノール・フォーム
    当調査レポートでは、建物用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、建物用断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削機用ブレーカーの世界市場:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)、地域別予測
    本資料は、掘削機用ブレーカーの世界市場について調べ、掘削機用ブレーカーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)分析、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIndeco、Atlas Copco、Furukawa、Sandvik、Rammer、Caterpillar、NPKなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・掘削機用ブレーカーの世界市場概要 ・掘削機用ブレーカーの世界市場環境 ・掘削機用ブレーカーの世界市場動向 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式) ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他) ・掘削機用ブレーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削機用ブレーカーの北米市場規模・予測 ・掘削機用ブレーカーのアメリカ市場規模・予測 …
  • モバイルビデオ市場:エコシステム企業のイシューおよびシナリオ
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場
    当調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電線対基板用コネクターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、電線対基板用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ピッチサイズ別分析、形態別分析、用途別分析、地域別分析、電線対基板用コネクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空貨物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空貨物の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCathay Pacific Cargo、Emirates SkyCargo、FedEx、UPS等です。
  • マグネサイトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マグネサイトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マグネサイト市場規模、用途別(耐火物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、GRECIAN MAGNESITE, JDMG, Küma? Manyezit Sanayi, Magnezit Group, RHI Magnesita, Wancheng Meiye Jituan Youxiangongsiなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マグネサイトの世界市場概要 ・マグネサイトの世界市場環境 ・マグネサイトの世界市場動向 ・マグネサイトの世界市場規模 ・マグネサイトの世界市場:業界構造分析 ・マグネサイトの世界市場:用途別(耐火物、その他) ・マグネサイトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マグネサイトの北米市場規模・予測 ・マグネサイトのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マグネサイトのアジア太平洋市場規模・予測 ・マグネサイトの主要国分析 ・マグ …
  • 自動車用ディスクブレーキの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ディスクブレーキの世界市場について調査・分析し、自動車用ディスクブレーキの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:種類別 ・ピストン対向型 ・フローティングキャリパー型 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:用途別 ・中型&大型商用車(HCVs) ・乗用車 ・小型商用車(LCVs) - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ディスクブレーキの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ディスクブレーキのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ディスクブレーキのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用ディスクブレーキの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 細胞分析の世界市場:プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)、製品別(装置、消耗品)、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)、地域別予測
    本資料は、細胞分析の世界市場について調べ、細胞分析の世界規模、市場動向、市場環境、プロセス別(単一細胞分析、細胞増殖、細胞計測・品質管理、細胞相互作用)分析、製品別(装置、消耗品)分析、エンドユーザー別(医薬品、病院、CRO、バイオテクノロジ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAgilent Technologies, Inc.、Becton, Dickinson and Company、Danaher Corporation、GE Healthcare、Merck KGAA、Olympus Corporation、PerkinElmer, Inc.、Promega Corporation、Tecan Group Ltd.、Thermo Fisher Scientific, Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・細胞分析の世界市場概要 ・細胞分析の世界市場環境 ・細胞分析の世界市場動向 ・細胞分析の世界市場規模 ・細胞分析の世界市場規 …
  • 原発性免疫不全症治療の世界市場2017-2021:イムノグロブリン治療、抗生物質、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、原発性免疫不全症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原発性免疫不全症治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は原発性免疫不全症治療の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CSL Behring、Grifols、Pfizer、Shire等です。
  • 食品安全性検査の世界市場動向・予測:従来式技術、簡易型検査、PCRベース検査、イムノアッセイベース検査
  • 電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場規模及び予測、ギア種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    凍結療法は寒冷療法であり、神経因性疼痛を取り除くために身体の局所に凍結温度を使用し、痛みの治療を行います。 異常皮膚細胞の治療のため、皮膚科での使用も増えてきています。。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、冷凍療法の世界市場が8.45%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Brymill Cryogenic Systems、CryoConcepts、Impact Cryotherapy、Medtronic、Metrum Cryoflex、Zimmer Medizinsystemeなどです。 当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世 …
  • 中国のトラップ弁市場2015
    本調査レポートでは、中国のトラップ弁市場2015について調査・分析し、トラップ弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テリアルハンドリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テリアルハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テリアルハンドリング装置の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの股関節置換処置動向(~2021)
  • 産業用大量梱包の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用大量梱包の世界市場について調査・分析し、産業用大量梱包の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用大量梱包の世界市場:市場動向分析 - 産業用大量梱包の世界市場:競争要因分析 - 産業用大量梱包の世界市場:用途別 化学物質及び薬物 ビルディング及び建設 飲料食品 石油及び潤滑油 自動車 その他の用途 - 産業用大量梱包の世界市場:梱包種類別 ドラム IBCS ズダ袋 バケツ 木枠 ジェリ缶 - 産業用大量梱包の世界市場:材料別 ダンボール紙 プラスチック 金属 木材 - 産業用大量梱包の世界市場:主要地域別分析 - 産業用大量梱包の北米市場規模(アメリカ市場等) - 産業用大量梱包のヨーロッパ市場規模 - 産業用大量梱包のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・産業用大量梱包の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の自動車減速装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車減速装置市場2016について調査・分析し、自動車減速装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用布の世界市場予測(~2021):車両種類別、用途別(床材、内装、プリアセンブル内装部品、タイヤ、安全ベルト、エアバッグ)
    当調査レポートでは、自動車用布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、車両種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • RSウイルス感染症の疫学的予測(~2024)
    当調査レポートでは、RSウイルス感染症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・RSウイルス感染症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・RSウイルス感染症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界のXRF装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のXRF装置市場2015について調査・分析し、XRF装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クールルーフコーティングの世界市場分析:製品別(エラストマー、IR反射)、用途別(スロースロープ、スティープスロープ)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、クールルーフコーティングの世界市場について調査・分析し、クールルーフコーティングの世界市場動向、クールルーフコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別クールルーフコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 子宮鏡の世界市場2016-2020:ビデオ無し硬性子宮鏡、ビデオ無し軟性子宮鏡、ビデオ軟性子宮鏡
    当調査レポートでは、子宮鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子宮鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用レーザ市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用レーザ市場2015について調査・分析し、眼科用レーザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 添加剤マスターバッチの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、添加剤マスターバッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、添加剤マスターバッチ市場規模、最終用途別(包装、自動車、消費財、建物・建築、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・添加剤マスターバッチの世界市場概要 ・添加剤マスターバッチの世界市場環境 ・添加剤マスターバッチの世界市場動向 ・添加剤マスターバッチの世界市場規模 ・添加剤マスターバッチの世界市場:業界構造分析 ・添加剤マスターバッチの世界市場:最終用途別(包装、自動車、消費財、建物・建築、その他) ・添加剤マスターバッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・添加剤マスターバッチのアメリカ市場規模・予測 ・添加剤マスターバッチのヨーロッパ市場規模・予測 ・添加剤マスターバッチのアジア市場規模・予測 ・添加剤マスターバッチの主要国分析 ・添加剤マスターバッチの世界市場:意思決定フレームワーク ・添加剤マスターバッチの世界市場:成長要因、課題 ・添加 …
  • クルクミンの世界市場:用途別(医薬品、食品、化粧品)、セグメント予測
    クルクミンの世界市場は2025年には1億3067万1700米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.3%で成長すると予測されています。クルクミンは、その抗炎症性および酸化防止性により、一部の食品および医療用途において理想的な成分となります。このような特性に関する消費者の意識が高まるにつれて、クルクミン市場は大幅に成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、クルクミンの世界市場について調査・分析し、クルクミンの世界市場動向、クルクミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別クルクミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 栄養分析の世界市場予測(~2022年):飲料、パン類、菓子類、乳製品、食肉、ソース、調味料、果物、野菜、ベビー食品
    当調査レポートでは、栄養分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、パラメーター別分析、製品種類別分析、地域別分析、栄養分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高級マッサージチェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高級マッサージチェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級マッサージチェア市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級マッサージチェアの世界市場概要 ・高級マッサージチェアの世界市場環境 ・高級マッサージチェアの世界市場動向 ・高級マッサージチェアの世界市場規模 ・高級マッサージチェアの世界市場:業界構造分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・高級マッサージチェアの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・高級マッサージチェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級マッサージチェアのアメリカ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・高級マッサージチェアのアジア市場規模・予測 ・高級マッサージチェアの主要国分析 ・高級マッサージチェアの世界市場:意思決定フ …
  • パルス酸素濃度計の世界市場の規模と予測:タイプ別(指先、ハンドヘルド、その他)、エンドユーザー別(病院・医療施設、ホームケア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、パルス酸素濃度計の世界市場について調査・分析し、パルス酸素濃度計の世界市場動向、パルス酸素濃度計の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルス酸素濃度計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 呼吸管理装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 金庫や貴重品保管庫は、火災や犯罪などの危険から資産を保護するための設備です。犯罪率の上昇や横領などの内部犯罪の発生に伴い、金庫・保管庫のニーズが高まっています。また、クラウド技術などを活用して、より複雑な構造の製品も開発されていますTechnavio社は銀行業向け金庫・貴重品保管庫の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASSA ABLOY• Diebold Nixdorf• dormakaba• Gunnebo等です。
  • タイニーハウスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タイニーハウスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイニーハウス市場規模、製品別(移動型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイニーハウスの世界市場概要 ・タイニーハウスの世界市場環境 ・タイニーハウスの世界市場動向 ・タイニーハウスの世界市場規模 ・タイニーハウスの世界市場:業界構造分析 ・タイニーハウスの世界市場:製品別(移動型、固定型) ・タイニーハウスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイニーハウスのアメリカ市場規模・予測 ・タイニーハウスのヨーロッパ市場規模・予測 ・タイニーハウスのアジア市場規模・予測 ・タイニーハウスの主要国分析 ・タイニーハウスの世界市場:意思決定フレームワーク ・タイニーハウスの世界市場:成長要因、課題 ・タイニーハウスの世界市場:競争環境 ・タイニーハウスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マイトジェン活性化タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アナトーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アナトーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アナトー市場規模、用途別(飲食料品、繊維、化粧品・医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アナトーの世界市場概要 ・アナトーの世界市場環境 ・アナトーの世界市場動向 ・アナトーの世界市場規模 ・アナトーの世界市場:業界構造分析 ・アナトーの世界市場:用途別(飲食料品、繊維、化粧品・医薬品) ・アナトーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アナトーのアメリカ市場規模・予測 ・アナトーのヨーロッパ市場規模・予測 ・アナトーのアジア市場規模・予測 ・アナトーの主要国分析 ・アナトーの世界市場:意思決定フレームワーク ・アナトーの世界市場:成長要因、課題 ・アナトーの世界市場:競争環境 ・アナトーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬剤
  • 世界の風力タービン(風力原動機)市場2015
    本調査レポートでは、世界の風力タービン(風力原動機)市場2015について調査・分析し、風力タービン(風力原動機)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RFID血液モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFID血液モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFID血液モニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別
    MarketsandMarkets社は、プラント資産管理(PAM)の世界市場規模が2019年55億ドルから2024年94億ドルまで年平均11.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のプラント資産管理(PAM)市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、提供別(ソフトウェアソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、資産種類別(生産資産、自動化資産)分析、産業別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェアソリューション、サービス) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:展開モード別(オンプレミス、クラウドベース) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:資産種類別(生産資産、自動化資産) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:産業別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • チリの膝関節再建装置市場見通し
  • 電気バスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気バスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気バスの世界市場規模及び予測、充電技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロセグメンテーションの世界市場予測(~2022年):ネットワークセキュリティ、データベースセキュリティ、アプリケーションセキュリティ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロセグメンテーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、セキュリティタイプ別分析、サービス別分析、企業規模別分析、マイクロセグメンテーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック製食品容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック製食品容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製食品容器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ドライブシャフト市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ドライブシャフト市場2016について調査・分析し、自動車ドライブシャフトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の廃水処理システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の廃水処理システム市場2015について調査・分析し、廃水処理システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワクチンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワクチンの世界市場規模及び予測、種類別分析、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークアクセス制御(NAC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワークアクセス制御(NAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークアクセス制御(NAC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気外科デバイスの世界市場分析:方法別(モノポーラー、バイポーラー)、製品別(電気外科発電機、活性電極、分散電極、その他の付属品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気外科デバイスの世界市場について調査・分析し、電気外科デバイスの世界市場動向、電気外科デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気外科デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"