"消火泡の世界市場予測・分析2020-2024"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40119)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"消火泡の世界市場予測・分析2020-2024"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Firefighting Foam Market: About this market
Technavio’s firefighting foam market analysis considers sales from aqueous film-forming foam, alcohol-resistant aqueous film-forming foam, protein foam, synthetic detergent foam, and other forms. Our study also finds the sales of firefighting foam in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the aqueous film-forming foam segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as effective fire-restricting capabilities will play a significant role in the aqueous film-forming foam segment to maintain its market position. Also, our global firefighting foam market report looks at factors such as rise in construction and expansion of airports, growing focus to enhance safety in oil and gas industry, and presence of fire safety regulatory codes and standards. However, growing socioeconomic concerns, limitations of firefighting foams, and lack of training and awareness programs may hamper the growth of the firefighting foam industry over the forecast period.
Global Firefighting Foam Market: Overview
Rise in construction and expansion of airports
The rising air passenger traffic has increased the demand for new aircraft across the world. Many countries in APAC and MEA are making significant investments to develop new airports and reduce congestion in existing airports. This has increased the procurement of fire safety systems to efficiently manage aircraft fleets and passengers. With the rise in the construction and expansion of airports, the demand for fire safety products such as firefighting foam will lead to the expansion of the global firefighting foam market at a CAGR of almost 4% during the forecast period.
Increasing use of fluorine-free firefighting foams as viable alternatives to AFFF
With the growing stringency of environmental regulations pertaining to the use of fluorinated synthetic foam concentrates, vendors are introducing eco-friendly fluorine-free firefighting (F3) foams in the market. These foams are viable operational alternatives to fluorinated AFFF. Many international airports across the world such as Manchester, Paris Charles De Gaulie, Oslo, Stockholm, Stuttgart, Dortmund, London Heathrow, have transitioned toward the use of fluorine-free firefighting foams owing to environmental concerns and regulatory requirements. The increased adoption of fluorine-free firefighting foams is expected to boost the growth of the global firefighting foam market during the forecast period.
For the detailed list of factors that will drive the global firefighting foam market during the forecast period 2020-2024, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global firefighting foam market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading firefighting foam manufacturers, that include Angus International Safety Group, Buckeye Fire Equipment Co., Dafo Fomtec AB, DIC Corp., Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG, Fire Service Plus Inc., Johnson Controls International Plc, KV Fire Chemicals Pvt. Ltd., Perimeter Solutions LP, and SFFECO Global.
Also, the firefighting foam market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"消火泡の世界市場予測・分析2020-2024"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market size and forecast 2019-2024
• Market Outlook
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY END-USER
• Market segmentation by end-user
• Oil and gas
• Aviation
• Mining
• Marine
• Other end-users
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Aqueous film-forming foam – Market size and forecast 2019-2024
• Alcohol resistant aqueous film-forming foam –
• Market size and forecast 2019-2024
• Protein foam – Market size and forecast 2019-2024
• Synthetic detergent foam – Market size and forecast 2019-2024
• Other foams – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by product
PART 09: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 10: DECISION FRAMEWORK
PART 11: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
• PART 12: MARKET TRENDS
• Strategic M&A among market vendors
• Increasing use of fluorine-free firefighting foams as viable
• alternatives to AFFF
• The transition from C8 to C6 fluorochemistry
PART 13: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 14: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Angus International Safety Group
• Buckeye Fire Equipment Co.
• Dafo Fomtec AB
• DIC Corp.
• Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG
• Fire Service Plus Inc.
• Johnson Controls International Plc
• KV Fire Chemicals Pvt. Ltd.
• Perimeter Solutions LP
• SFFECO Global
PART 15: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 16: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global chemicals market
Exhibit 02: Segments of global chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendor offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Product – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 20: Comparison by product
Exhibit 21: Aqueous film-forming foam – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 22: Aqueous film-forming foam – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 23: Alcohol resistant aqueous film-forming foam – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 24: Alcohol resistant aqueous film-forming foam – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 25: Protein foam – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 26: Protein foam – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 27: Synthetic detergent foam – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 28: Synthetic detergent foam – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 29: Other foams – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 30: Other foams – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 31: Market opportunity by product
Exhibit 32: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 33: Geographic comparison
Exhibit 34: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 37: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 39: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: MEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 41: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 42: Recent airport expansion projects in MEA
Exhibit 43: South America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 44: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 45: Key leading countries
Exhibit 46: Market opportunity
Exhibit 47: Impact of drivers and challenges
Exhibit 48: Vendor landscape
Exhibit 49: Landscape disruption
Exhibit 50: Vendors covered
Exhibit 51: Vendor classification
Exhibit 52: Market positioning of vendors
Exhibit 53: Angus International Safety Group – Vendor overview
Exhibit 54: Angus International Safety Group – Product segments
Exhibit 55: Angus International Safety Group – Key offerings
Exhibit 56: Buckeye Fire Equipment Co. – Vendor overview
Exhibit 57: Buckeye Fire Equipment Co. – Product segments
Exhibit 58: Buckeye Fire Equipment Co. – Key offerings
Exhibit 59: Dafo Fomtec AB – Vendor overview
Exhibit 60: Dafo Fomtec AB – Product segments
Exhibit 61: Dafo Fomtec AB – Key offerings
Exhibit 62: DIC Corp. – Vendor overview
Exhibit 63: DIC Corp. – Product segments
Exhibit 64: DIC Corp. – Organizational developments
Exhibit 65: DIC Corp. – Geographic focus
Exhibit 66: DIC Corp. – Segment focus
Exhibit 67: DIC Corp. – Key offerings
Exhibit 68: Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG – Vendor overview
Exhibit 69: Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG – Product segments
Exhibit 70: Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG – Organizational developments
Exhibit 71: Fabrik chemischer Präparate von Dr. Richard Sthamer Gmbh & Co. KG – Key offerings
Exhibit 72: Fire Service Plus Inc. – Vendor overview
Exhibit 73: Fire Service Plus Inc. – Product segments
Exhibit 74: Fire Service Plus Inc. – Key offerings
Exhibit 75: Johnson Controls International Plc – Vendor overview
Exhibit 76: Johnson Controls International Plc – Business segments
Exhibit 77: Johnson Controls International Plc – Organizational developments
Exhibit 78: Johnson Controls International Plc – Geographic focus
Exhibit 79: Johnson Controls International Plc – Segment focus
Exhibit 80: Johnson Controls International Plc – Key offerings
Exhibit 81: KV Fire Chemicals Pvt. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 82: KV Fire Chemicals Pvt. Ltd. – Product segments
Exhibit 83: KV Fire Chemicals Pvt. Ltd. – Key offerings
Exhibit 84: Perimeter Solutions LP – Vendor overview
Exhibit 85: Perimeter Solutions LP – Product segments
Exhibit 86: Perimeter Solutions LP – Organizational developments
Exhibit 87: Perimeter Solutions LP – Key offerings
Exhibit 88: SFFECO Global – Vendor overview
Exhibit 89: SFFECO Global – Product segments
Exhibit 90: SFFECO Global – Key offerings
Exhibit 91: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 92: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】消火泡の世界市場予測・分析2020-2024
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40119
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
消火泡の世界市場予測・分析2020-2024についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 化学療法誘発性悪心・嘔吐:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の概要 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BUNN、FETCO、Grindmaster-Cecilware、MAHLKÖNIG、Mazzer等です。
  • 続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の続発性副腎機能不全(Secondary Adrenal Insuffic …
  • 電動アクチュエータの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電動アクチュエータの世界市場について調べ、電動アクチュエータの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電動アクチュエータの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(自動車、水および廃水産業、海洋産業、航空宇宙および防衛産業、その他)、種類別(リニアアクチュエータ、ロータリーアクチュエータ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電動アクチュエータの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電動アクチュエータの市場状況 ・電動アクチュエータの市場規模 ・電動アクチュエータの市場予測 ・電動アクチュエータの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(自動車、水および廃水産業、海洋産業、航空宇宙および防衛産業、その他) ・市場セグメンテーション:種類別(リニアアクチュエータ、ロータリーアクチュエータ) ・電動アクチュエータの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グ …
  • 乳化剤の世界市場
    当調査レポートでは、乳化剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・乳化剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・乳化剤の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・乳化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・乳化剤のアメリカ市場規模予測 ・乳化剤のヨーロッパ市場規模予測 ・乳化剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のアウトドアアパレル市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはアウトドアアパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アウトドアアパレルの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 中国の就学前・子供ケア市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の就学前・子供ケア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の就学前・子供ケア市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体吸収性スキャフォールド(BVS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場について調査・分析し、生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生体吸収性スキャフォールド (BVS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、生体吸収性スキャフォールド (BVS)種類別分析(金属製BVS、ポリマー性BVS)、生体吸収性スキャフォールド (BVS)用途別分析(病院・診療所、医療センター)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の市場概観 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の世界市場規模 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生体吸収性スキャフォールド (BVS)のアメリカ市場規模推移 ・生体吸収性スキャフォールド (BVS) …
  • 世界のプラスチック押出機市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック押出機市場2015について調査・分析し、プラスチック押出機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵道路輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷蔵道路輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵道路輸送の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場について調査・分析し、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)種類別分析(エクセレントグレード、ファーストグレード)、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)用途別分析(子供用おもちゃ、日常用化学製品・食品用包装、医療用機器・医療用包装、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の市場概観 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場規模 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のアメ …
  • 眼科治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、眼科治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼科治療市場規模、製品別(網膜障害治療、緑内障治療、眼球乾燥症候群治療、眼感染症及び炎症治療、その他治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・眼科治療の世界市場概要 ・眼科治療の世界市場環境 ・眼科治療の世界市場動向 ・眼科治療の世界市場規模 ・眼科治療の世界市場:業界構造分析 ・眼科治療の世界市場:製品別(網膜障害治療、緑内障治療、眼球乾燥症候群治療、眼感染症及び炎症治療、その他治療) ・眼科治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼科治療の北米市場規模・予測 ・眼科治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・眼科治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・眼科治療の主要国分析 ・眼科治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・眼科治療の世界市場:成長要因、課題 ・眼科治療の世界市場:競争環境 ・眼科治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 牛呼吸器病治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、牛呼吸器病治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、牛呼吸器病治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックボールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミックボールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミックボール市場規模、最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミックボールの世界市場概要 ・セラミックボールの世界市場環境 ・セラミックボールの世界市場動向 ・セラミックボールの世界市場規模 ・セラミックボールの世界市場:業界構造分析 ・セラミックボールの世界市場:最終用途別(石油・ガス、石油化学製品、加工産業、その他) ・セラミックボールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミックボールのアメリカ市場規模・予測 ・セラミックボールのヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミックボールのアジア市場規模・予測 ・セラミックボールの主要国分析 ・セラミックボールの世界市場:意思決定フレームワーク ・セラミックボールの世界市場:成長要因、課題 ・セラミックボールの世界市場:競争環境 ・セラミックボールの世 …
  • 癌バイオマーカーの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、癌バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・癌バイオマーカーの世界市場:イントロダクション ・癌バイオマーカーの世界市場:市場概観 ・癌バイオマーカーの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・癌バイオマーカーの世界市場:セグメント別市場分析 ・癌バイオマーカーの世界市場:癌種類別分析/市場規模 ・癌バイオマーカーの世界市場:バイオマーカー種類別分析/市場規模 ・癌バイオマーカーの世界市場:技術別分析/市場規模 ・癌バイオマーカーの世界市場:用途別分析/市場規模 ・癌バイオマーカーの世界市場:主要地域別市場分析 ・癌バイオマーカーの世界市場:関連企業分析
  • クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場
    当調査レポートでは、クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場について調査・分析し、内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別内視鏡洗浄-殺菌機シェア、市場規模推移、市場規模予測、内視鏡洗浄-殺菌機種類別分析(単室型、複室型)、内視鏡洗浄-殺菌機用途別分析(病院、外来手術センター、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・内視鏡洗浄-殺菌機の市場概観 ・内視鏡洗浄-殺菌機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場規模 ・内視鏡洗浄-殺菌機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のアメリカ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のカナダ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のメキシコ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のドイツ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のイギリス市場規模推 …
  • 商用車用ポリVベルトの世界市場
    当調査レポートでは、商用車用ポリVベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ポリVベルトの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トンネルオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トンネルオートメーション市場規模、コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他)分析、トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道)分析、提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ トンネルオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ トンネルオートメーションの世界市場:コンポーネント別(信号、HVAC、照明・電源、その他) ・ トンネルオートメーションの世界市場:トンネルタイプ別(高速道路・道路、鉄道) ・ トンネルオートメーションの世界市場:提供内容別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ トンネルオートメーションの世界市場:主要地域別分析 ・ トンネルオートメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ トンネルオートメーションのヨーロッパ市場 …
  • PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)利用パターン及び交換トレンド
  • 天然ガス用パイプラインの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然ガス用パイプラインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然ガス用パイプラインの世界市場規模及び予測、パイプライン種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波式気泡検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波式気泡検知器市場2015について調査・分析し、超音波式気泡検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 清涼飲料販売機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、清涼飲料販売機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、清涼飲料販売機市場規模、製品配置別(ドロップイン式、カウンタートップ式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・清涼飲料販売機の世界市場概要 ・清涼飲料販売機の世界市場環境 ・清涼飲料販売機の世界市場動向 ・清涼飲料販売機の世界市場規模 ・清涼飲料販売機の世界市場:業界構造分析 ・清涼飲料販売機の世界市場:製品配置別(ドロップイン式、カウンタートップ式) ・清涼飲料販売機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・清涼飲料販売機の北米市場規模・予測 ・清涼飲料販売機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・清涼飲料販売機のアジア太平洋市場規模・予測 ・清涼飲料販売機の主要国分析 ・清涼飲料販売機の世界市場:意思決定フレームワーク ・清涼飲料販売機の世界市場:成長要因、課題 ・清涼飲料販売機の世界市場:競争環境 ・清涼飲料販売機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • チルドビームシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、チルドビームシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、チルドビームシステム市場規模、機能別(冷房のみ、冷暖房)分析、設計別(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービスチルドビーム)分析、用途別(教育機関、商業オフィス、医療、ホテル、その他)分析、製品別(コンシールド、エクスポーズド、埋め込み式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ チルドビームシステムの世界市場:市場動向分析 ・ チルドビームシステムの世界市場:競争要因分析 ・ チルドビームシステムの世界市場:機能別(冷房のみ、冷暖房) ・ チルドビームシステムの世界市場:設計別(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービスチルドビーム) ・ チルドビームシステムの世界市場:用途別(教育機関、商業オフィス、医療、ホテル、その他) ・ チルドビームシステムの世界市場:製品別(コンシールド、エクスポーズド、埋め込み式) ・ チルド …
  • 脱毛クリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、脱毛クリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱毛クリームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医用画像解析ソフトウェアの世界市場:タイプ別(スタンドアロン)、画像タイプ別(2D、3D、4D)、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)、地域別予測
    本資料は、医用画像解析ソフトウェアの世界市場について調べ、医用画像解析ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(スタンドアロン)分析、画像タイプ別(2D、3D、4D)分析、モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波)分析、用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場概要 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場環境 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場動向 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模 ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:タイプ別(スタンドアロン) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:画像タイプ別(2D、3D、4D) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:モダリティ別(CT、MRI、PET、超音波) ・医用画像解析ソフトウェアの世界市場規模:用途別(整形外科、歯科、腫瘍、腎臓疾患) ・医用画 …
  • 体外診断(IVD)の世界市場予測(~2021):製品別、技術別(イムノアッセイ、臨床化学、分子診断、血液学)、用途別
    当調査レポートでは、体外診断(IVD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、体外診断(IVD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis)の概要 ・軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軸性脊椎関節炎(Axial Spondyloarthrit …
  • 世界の鋼製ワイヤロープ市場2016
    本調査レポートでは、世界の鋼製ワイヤロープ市場2016について調査・分析し、鋼製ワイヤロープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用シリコンの世界市場分析:製品別(エラストマー、接着剤・シーラント、樹脂)、用途別(内装・外装部品、エンジン・ドライブトレインシステム、サスペンションシステム、電気系統)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用シリコンの世界市場について調査・分析し、自動車用シリコンの世界市場動向、自動車用シリコンの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用シリコン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    凍結療法は寒冷療法であり、神経因性疼痛を取り除くために身体の局所に凍結温度を使用し、痛みの治療を行います。 異常皮膚細胞の治療のため、皮膚科での使用も増えてきています。。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、冷凍療法の世界市場が8.45%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Brymill Cryogenic Systems、CryoConcepts、Impact Cryotherapy、Medtronic、Metrum Cryoflex、Zimmer Medizinsystemeなどです。 当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世 …
  • 悪液質(Cachexia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪液質(Cachexia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪液質(Cachexia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪液質(Cachexia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪液質(Cachexia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪液質(Cachexia)治療薬剤
  • 熱伝導材料(TIM)の世界市場:グリース&接着剤、テープ&フィルム、填隙剤、金属TIM、相変化材料(PCM)
    当調査レポートでは、熱伝導材料(TIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、熱伝導材料(TIM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の単純ヘルペス感染症(Herpes Simplex Infections)治療薬剤
  • 救急医療サービス(EMS)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、救急医療サービス(EMS)の世界市場について調査・分析し、救急医療サービス(EMS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:種類別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:用途別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・救急医療サービス(EMS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 血管グラフトの世界市場:製品別(抹消血管、血管内ステント)、用途別(血管閉塞、心臓動脈瘤)、原材料別(PTFE、ポリエステル)
    本調査レポートでは、血管グラフトの世界市場について調査・分析し、血管グラフトの世界市場動向、血管グラフトの世界市場規模、市場予測、セグメント別血管グラフト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの野球用品市場:野球バット、野球グラブ、野球シューズ、野球ボール、野球防具
    当調査レポートでは、アメリカの野球用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの野球用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの股関節再建装置市場見通し
  • 家畜栄養用グリシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家畜栄養用グリシンの世界市場について調査・分析し、家畜栄養用グリシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家畜栄養用グリシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、家畜栄養用グリシン種類別分析(純度 ≥99%、純度98.5% -99%)、家畜栄養用グリシン用途別分析(家禽用、家畜用、ペット用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家畜栄養用グリシンの市場概観 ・家畜栄養用グリシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家畜栄養用グリシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家畜栄養用グリシンの世界市場規模 ・家畜栄養用グリシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家畜栄養用グリシンのアメリカ市場規模推移 ・家畜栄養用グリシンのカナダ市場規模推移 ・家畜栄養用グリシンのメキシコ市場規模推移 ・家畜栄養用グリシンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家畜栄養用グリシンのドイツ市場規模推移 ・家畜栄養用グリシンのイ …
  • 回転式空気圧縮機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、回転式空気圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回転式空気圧縮機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート鉄道システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート鉄道システムの世界市場規模及び予測、ソリューション、デバイス、構成品市場分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 伸縮性導電材料の世界市場:グラフェン、カーボンナノチューブ、シルバー、銅
    当調査レポートでは、伸縮性導電材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、伸縮性導電材料市場規模、製品別(グラフェン、カーボンナノチューブ、シルバー、銅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ANP CORPORATION, DowDuPont, LOTTE Chemical CORPORATION, Toyobo, Vorbeck Materialsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・伸縮性導電材料の世界市場概要 ・伸縮性導電材料の世界市場環境 ・伸縮性導電材料の世界市場動向 ・伸縮性導電材料の世界市場規模 ・伸縮性導電材料の世界市場:業界構造分析 ・伸縮性導電材料の世界市場:製品別(グラフェン、カーボンナノチューブ、シルバー、銅) ・伸縮性導電材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・伸縮性導電材料の北米市場規模・予測 ・伸縮性導電材料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・伸縮性導電材料のアジア太平洋市場規模・予測 ・伸縮性導電 …
  • 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場について調査・分析し、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:部品別 ・セパレータープレート ・シール ・平形電池 ・マニホールド ・その他 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:用途別 ・携帯型 ・移動型 ・固定 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主要地域別分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 平板型固体酸化物燃料電池のヨーロッパ市場規模 - 平板型固体酸化物燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD2アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D2アゴニスト(作動薬)の概要 ・D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD2アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D2アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D2アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用オートメーション制御の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用オートメーション制御の世界市場について調べ、産業用オートメーション制御の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用オートメーション制御の市場規模をセグメンテーション別(製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC)、エンドユーザー別(プロセス産業、離散産業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は産業用オートメーション制御の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・産業用オートメーション制御の市場状況 ・産業用オートメーション制御の市場規模 ・産業用オートメーション制御の市場予測 ・産業用オートメーション制御の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(プロセス産業、離散産業) ・産業用オートメーション制御の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思 …
  • 生体認証システムの世界市場予測:単一要素(指紋、虹彩、掌紋、顔、声)、多要素
    MarketsandMarkets社は、生体認証システムの世界市場規模が2019年330億ドルから2024年653億ドルまで年平均14.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、生体認証システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、認証種類別(単一要素:指紋、虹彩、掌紋、顔、声;多要素)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、機能別(コンタクト、非コンタクト、組み合わせ)分析、エンドユーザー別分析、生体認証システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬の状況 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の市場規模(販売予測) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬剤
  • セイボリースナックの世界市場動向・需要予測
  • 世界のテニスラケット市場2015
    本調査レポートでは、世界のテニスラケット市場2015について調査・分析し、テニスラケットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティング材料の世界市場:プラスチック、金属、セラミック
    当調査レポートでは、3Dプリンティング材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"