"リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測・分析2020-2024"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40130)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測・分析2020-2024"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Lithium Iron Phosphate Battery Market: About this market
Technavio’s lithium iron phosphate battery market analysis considers sales from both automotive and non-automotive applications. Our study also finds the sales of lithium iron phosphate batteries in the Americas, APAC, and EMEA. In 2019, the automotive segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as improved efficiency, long cycle life, and high reliability as they operate with low resistance will play a significant role in the automotive segment to maintain its market position. Also, our global lithium iron phosphate battery market report looks at factors such as decline in lithium-ion battery cost, increased government support for EVs, and change in energy mix. However, competition from other batteries, demand-supply gap of lithium-ion battery components, and safety concerns related to lithium-ion batteries may hamper the growth of the lithium iron phosphate battery industry over the forecast period.
Global Lithium Iron Phosphate Battery Market: Overview
The decline in lithium-ion battery cost
The improved production scale and manufacturing efficiency have resulted in decreased manufacturing cost of Li-ion batteries and battery packs. This decline is also a result of the increased adoption of battery technology in the automotive industry. The development of cost-effective production methods by vendors is also a contributing factor to the decrease in the cost of lithium-ion batteries. Moreover, the ongoing R&D on Li-ion batteries has also resulted in improved performance in vehicles. Moreover, the strong demand for EVs will also decrease the price of Li-ion batteries. These factors will lead to the expansion of the global lithium iron phosphate battery market at a CAGR of over 18% during the forecast period.
Growing investments in the EV charging infrastructure
Public charging facilities for EVs has been one of the major concerns for potential buyers. The developments associated with charging infrastructures are dependent on various frameworks circling national and supra-national policies and local circumstances. Additionally, factors such as targets for setting up charging stations, enactments on regulations, provision of financial aids, and mobilization of funding for installations are key reasons for the development of EV charging infrastructure. Both the public and private sectors are making significant investments in increasing the penetration of EV charging stations to boost the adoption of EVs. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global lithium iron phosphate battery market during the forecast period 2020-2024, click here.
Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global lithium iron phosphate battery market is highly fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading lithium iron phosphate battery manufacturers, that include BYD Co. Ltd., Contemporary Amperex Technology Co. Ltd., DNK POWER Co. Ltd., Lithium Werks BV, Murata Manufacturing Co. Ltd., OptimumNano Energy Co. Ltd., RELiON Battery LLC, Saft Groupe SA, Tianjin Lishen Battery Co. Ltd., and Ultralife Corp.
Also, the lithium iron phosphate battery market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測・分析2020-2024"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Automotive – Market size and forecast 2019-2024
• Non-automotive – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Americas – Market size and forecast 2019-2024
• EMEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Growing investments in EV charging infrastructure
• Revision in safety standards of lithium-ion batteries
• Increasing adoption of microgrids
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• BYD Co. Ltd.
• Contemporary Amperex Technology Co. Ltd.
• DNK POWER Co. Ltd.
• Lithium Werks BV
• Murata Manufacturing Co. Ltd.
• OptimumNano Energy Co. Ltd.
• RELiON Battery LLC
• Saft Groupe SA
• Tianjin Lishen Battery Co. Ltd.
• Ultralife Corp.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Vendor – Key offerings
Exhibit 02: Global battery market
Exhibit 03: Segments of global battery market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Automotive – Market size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 21: Automotive – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Non-automotive – Market size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 23: Non-automotive – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 30: Americas – Market size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 31: Americas – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 32: EMEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ billions)
Exhibit 33: EMEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Impact of drivers and challenges
Exhibit 37: Vendor landscape
Exhibit 38: Landscape disruption
Exhibit 39: Vendors covered
Exhibit 40: Vendor classification
Exhibit 41: Market positioning of vendors
Exhibit 42: BYD Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 43: BYD Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 44: BYD Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 45: BYD Co. Ltd. – Geographic focus
Exhibit 46: BYD Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 47: BYD Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 48: Contemporary Amperex Technology Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 49: Contemporary Amperex Technology Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 50: Contemporary Amperex Technology Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 51: DNK POWER Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 52: DNK POWER Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 53: Lithium Werks BV – Vendor overview
Exhibit 54: Lithium Werks BV – Organizational developments
Exhibit 55: Lithium Werks BV – Key offerings
Exhibit 56: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 57: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 58: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 59: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Geographic focus
Exhibit 60: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 61: Murata Manufacturing Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 62: OptimumNano Energy Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 63: OptimumNano Energy Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 64: RELiON Battery LLC – Vendor overview
Exhibit 65: RELiON Battery LLC – Organizational developments
Exhibit 66: RELiON Battery LLC – Key offerings
Exhibit 67: Saft Groupe SA – Vendor overview
Exhibit 68: Saft Groupe SA – Business segments
Exhibit 69: Saft Groupe SA – Organizational developments
Exhibit 70: Saft Groupe SA – Geographic focus
Exhibit 71: Saft Groupe SA – Segment focus
Exhibit 72: Saft Groupe SA – Key offerings
Exhibit 73: Tianjin Lishen Battery Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 74: Tianjin Lishen Battery Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 75: Ultralife Corp. – Vendor overview
Exhibit 76: Ultralife Corp. – Business segments
Exhibit 77: Ultralife Corp. – Geographic focus
Exhibit 78: Ultralife Corp. – Segment focus
Exhibit 79: Ultralife Corp. – Key offerings
Exhibit 80: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 81: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測・分析2020-2024
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40130
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ユーティリティ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測・分析2020-2024についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 原油脱塩装置の世界市場
    当調査レポートでは、原油脱塩装置の世界市場について調査・分析し、原油脱塩装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のSF6ガス遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界のSF6ガス遮断器市場2015について調査・分析し、SF6ガス遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用補助剤の世界市場                 
    当調査レポートでは、農業用補助剤の世界市場について調査・分析し、農業用補助剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 農業用補助剤の世界市場:市場動向分析 - 農業用補助剤の世界市場:競争要因分析 - 農業用補助剤の世界市場:作物別 ・果物&野菜 ・穀物&油料種子 ・その他 - 農業用補助剤の世界市場:製品別 ・実用的な補助剤 ・活性化のための補助剤 - 農業用補助剤の世界市場:用途別 ・殺菌剤 ・殺虫剤 ・除草剤 ・その他 - 農業用補助剤の世界市場:主要地域別分析 - 農業用補助剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 農業用補助剤のヨーロッパ市場規模 - 農業用補助剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・農業用補助剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、シェーグレン症候群治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・シェーグレン症候群の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・シェーグレン症候群治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • パワーバンクの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、容量別分析、USBポート数別分析、電源別分析、用途別分析、パワーバンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルBPM(ビジネスプロセス管理)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルBPM(ビジネスプロセス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルBPM(ビジネスプロセス管理)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯充填材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯充填材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯充填材市場規模、エンドユーザー別(クリニック、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, COLTENE Group, Danaher, Dentsply Sirona, GC America, Ivoclar Vivadentなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯充填材の世界市場概要 ・歯充填材の世界市場環境 ・歯充填材の世界市場動向 ・歯充填材の世界市場規模 ・歯充填材の世界市場:業界構造分析 ・歯充填材の世界市場:エンドユーザー別(クリニック、病院) ・歯充填材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯充填材の北米市場規模・予測 ・歯充填材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯充填材のアジア太平洋市場規模・予測 ・歯充填材の主要国分析 ・歯充填材の世界市場:意思決定フレームワーク ・歯充填材の世界市場:成長要因、課題 ・歯充填材の世界市場:競争環境 …
  • 過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)治療薬剤
  • ステンレス鋼線材の世界市場
    当調査レポートでは、ステンレス鋼線材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステンレス鋼線材の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン室内装飾の世界市場2017-2021:家具、ホームファニシング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オンライン室内装飾の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン室内装飾の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンライン室内装飾の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmazon、Bed Bath & Beyond、Inter IKEA Systems、Wayfair等です。
  • クラウドファンディングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドファンディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドファンディングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品有効成分(API) の世界市場:合成類型別(バイオテク、合成)、メーカータイプ別(キャプティブ、商人)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、医薬品有効成分(API) の世界市場について調査・分析し、医薬品有効成分(API) の世界市場動向、医薬品有効成分(API) の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品有効成分(API) 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 遺伝子検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遺伝子検査市場規模、技術別(生化学検査、細胞遺伝検査)分析、疾患別(アルツハイマー病、嚢胞性線維症、ハンチントン病、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、鎌状赤血球貧血、腫瘍・がん、サラセミア、特殊疾患、その他)分析、タイプ別(予測的検査・発症前検査、キャリア検査、遺伝子発現検査、法医学検査、新生児検査・出生前検査、分子遺伝学的検査・DNA検査、タンデム質量分析、高速液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー・質量分析、その他)分析、検体別(唾液、毛髪、血液、腫瘍、その他)分析、用途別(癌遺伝子検査、既定の遺伝子検査、ファーマコゲノミクス遺伝子検査、遺伝性腫瘍関連検査、消費者直結型(DTC)遺伝子検査、神経疾患検査、筋ジストロフィー症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・ 遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・ 遺伝子検査 …
  • 世界の透過型OLEDディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界の透過型OLEDディスプレイ市場2015について調査・分析し、透過型OLEDディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015について調査・分析し、赤外線式炭化水素センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の胸部大動脈用ステントグラフト市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、胸部大動脈用ステントグラフトのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胸部大動脈用ステントグラフトの概要 ・胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向:開発段階別分析 ・胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向:セグメント別分析 ・胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向:領域別分析 ・胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向:規制Path別分析 ・胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別胸部大動脈用ステントグラフトの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・胸部大動脈用ステントグラフトの最近動向
  • 半導体用資本設備の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体用資本設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用資本設備の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水分補給製品の世界市場
    当調査レポートでは、水分補給製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水分補給製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ灌漑システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マイクロ灌漑システム市場規模、製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム)分析、用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マイクロ灌漑システムの世界市場概要 ・マイクロ灌漑システムの世界市場環境 ・マイクロ灌漑システムの世界市場動向 ・マイクロ灌漑システムの世界市場規模 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:業界構造分析 ・マイクロ灌漑システムの世界市場:製品別(スプリンクラー灌漑 システム、点滴潅漑システム) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:用途別(果樹園収穫物、農作物、プランテーション作物、乾草及び草) ・マイクロ灌漑システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マイクロ灌漑システムの北米市場規模・予測 ・マイクロ灌漑システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マイクロ灌漑 …
  • 自動車ウインドシールドの世界市場予測(~2025年):合わせガラス、強化ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車ウインドシールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ガラス種類別分析、材料種類別分析、位置別分析、車両種類別分析、自動車ウインドシールドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の概要 ・摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の摂食(食欲)障害(Eating (Appetite) Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・摂食(食 …
  • 鉄筋の世界市場予測(~2021年):異形鋼、軟鋼
    当調査レポートでは、鉄筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、鉄筋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 距離計・角度計・レベル計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、距離計・角度計・レベル計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、距離計・角度計・レベル計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • ランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エチレン・酢酸ビニル(EVA)の世界市場:VLEVA、LEVA、MEVA、HEVA
    当調査レポートでは、エチレン・酢酸ビニル(EVA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHVAC(暖房・換気・空調)装置市場
  • 衝突防止テレメータの世界市場予測2019-2024
    「衝突防止テレメータの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ワイヤーリンク、ワイヤレスなど、用途別には、Healthcare、Telematics、Energy Utilities、Retail、Automation、Logistics、Oil & Gas、Aerospace & Defenseなどに区分してまとめた調査レポートです。衝突防止テレメータのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・衝突防止テレメータの世界市場概要(サマリー) ・衝突防止テレメータの企業別販売量・売上 ・衝突防止テレメータの企業別市場シェア ・衝突防止テレメータの世界市場規模:種類別(ワイヤーリンク、ワイヤレス) ・衝突防止テレメータの世界市場規模:用途別(Healthcare、Telematics、Energy Utilities、Retail、Automation、Logistics、Oil & Gas、Aerospace & Defen …
  • 有機エッセンシャルオイル(精油)の世界市場
    当調査レポートでは、有機エッセンシャルオイル(精油)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、有機エッセンシャルオイル(精油)の世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、陰イオン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスピルリナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のスピルリナ市場2016について調査・分析し、スピルリナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 母線(バスバー)の世界市場動向・予測2021:銅、アルミニウム
    当調査レポートでは、母線(バスバー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、電力定格別分析、需要先別分析、地域別分析、母線(バスバー)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CBDオイルの世界市場
    本資料は、CBDオイルの世界市場について調べ、CBDオイルの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(マリファナ由来CBDオイル製品、大麻由来CBDオイル製品)分析、用途別(不安症、線維筋痛症 、糖尿病、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbot Laboratories、Acon Laboratories、Dexcom Inc.、Beckton, Dickinson and Company、Medtronic PLC、Johnson & Johnson 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・CBDオイルの世界市場概要 ・CBDオイルの世界市場環境 ・CBDオイルの世界市場動向 ・CBDオイルの世界市場規模 ・CBDオイルの世界市場規模:種類別(マリファナ由来CBDオイル製品、大麻由来CBDオイル製品) ・CBDオイルの世界市場規模:用途別(不安症、線維筋痛症 、糖尿病、その他) ・CBDオイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CB …
  • 世界のFTIR分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界のFTIR分光計市場2015について調査・分析し、FTIR分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗糖尿病薬の世界市場:種類別(経口薬、注射薬)、用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他)、地域別予測
    本資料は、抗糖尿病薬の世界市場について調べ、抗糖尿病薬の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(経口薬、注射薬)分析、用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEli Lilly、Novartis、Boehringer Ingelheim 、Merck、Novo Nordisk、Sanofi、Astra Zeneca 、Takeda、Bayer、Pfizerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・抗糖尿病薬の世界市場概要 ・抗糖尿病薬の世界市場環境 ・抗糖尿病薬の世界市場動向 ・抗糖尿病薬の世界市場規模 ・抗糖尿病薬の世界市場規模:種類別(経口薬、注射薬) ・抗糖尿病薬の世界市場規模:用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他) ・抗糖尿病薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・抗糖尿病薬の北米市場規模・予測 ・抗糖尿病薬のアメリカ市場規模・予測 ・抗糖尿病薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・抗糖 …
  • ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の概要 ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症II型(MPS II)(ハンター症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 円板刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、円板刃の世界市場について調査・分析し、円板刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別円板刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、円板刃種類別分析(平型、凹面型)、円板刃用途別分析(OEM、交換用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・円板刃の市場概観 ・円板刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・円板刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・円板刃の世界市場規模 ・円板刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・円板刃のアメリカ市場規模推移 ・円板刃のカナダ市場規模推移 ・円板刃のメキシコ市場規模推移 ・円板刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・円板刃のドイツ市場規模推移 ・円板刃のイギリス市場規模推移 ・円板刃のロシア市場規模推移 ・円板刃のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・円板刃の日本市場規模推移 ・円板刃の中国市場規模推移 ・円板刃の韓国市場規模推移 ・円板刃のインド市場規模推移 ・円板 …
  • クリーンルーム用ケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、クリーンルーム用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の複合材市場:繊維種類別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材)、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)、製造プロセス別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、複合材の世界市場規模が2019年906億ドルから2024年1316億ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。本書は、世界の複合材市場について調査・分析し、市場概要、繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他)分析、樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑性複合材料)分析、製造加工別(レイアッププロセス、フィラメントワインディングプロセス、射出成形プロセス、プルトルージョンプロセス、圧縮成形プロセス、樹脂トランスファー成形(RTM)プロセス、その他)分析、エンドユーズ産業別(輸送、航空宇宙および防衛、風力エネルギー、建設およびインフラストラクチャ、パイプおよびタンク、マリン、電気および電子機器、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・主要動向 ・世界の複合材市場:繊維タイプ別(ガラス繊維複合材、炭素繊維複合材、天然繊維複合材、その他) ・世界の複合材市場:樹脂種類別(熱硬化性複合材料、熱可塑 …
  • カザフスタンのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • イギリスの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 二輪車用コネクターの世界市場2017-2021:開放コネクター、密封コネクター
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、二輪車用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用コネクターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は二輪車用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Hirose Electric、Japan Aviation Electronics Industry、Sumitomo Electric Wiring Systems、TE Connectivity、YAZAKI等です。
  • 赤外線検知器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、赤外線検知器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、赤外線検知器市場規模、波長別(短波長赤外線、中波長赤外線、長波長赤外線)分析、種類別(マイクロボロメータ、インジウム・ガリウム・ヒ素(InGaAs)、テルル化カドミウム水銀(MCT)、焦電体、サーモパイル、その他)分析、技術方式別(冷却式赤外線検知技術、非冷却赤外線検知技術)分析、用途別分析(分光法・バイオメディカル撮像、温度測定、スマートホーム、産業用、人センシング・モーションセンシング、その他)分析、エンドユーザ産業別(自動車、医療、製造業、軍需・防衛産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 赤外線検知器の世界市場:市場動向分析 ・ 赤外線検知器の世界市場:競争要因分析 ・ 赤外線検知器の世界市場:波長別(短波長赤外線、中波長赤外線、長波長赤外線) ・ 赤外線検知器の世界市場:種類別(マイクロボロメータ、インジウム・ガリウム・ヒ素(InGaAs)、テル …
  • セラミックフィルターの世界市場:用途別(産業(バイオフィルター、高温ガスフィルター)、住宅、商業施設)、製品別(水フィルター、エアフィルター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、セラミックフィルターの世界市場動向、セラミックフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 義歯の世界市場
    当調査レポートでは、義歯の世界市場について調査・分析し、義歯の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動指紋識別システム(AFIS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動指紋識別システム(AFIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動指紋識別システム(AFIS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ヒドラジン一水和物の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒドラジン一水和物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、濃度水準別分析、用途別分析、地域別分析、ヒドラジン一水和物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小児がん(Pediatric Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、小児がん(Pediatric Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・小児がん(Pediatric Cancer)の概要 ・小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の小児がん(Pediatric Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・小児がん(Pediatric Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • LTB4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるLTB4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・LTB4アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・LTB4アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のLTB4アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・LTB4アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・LTB4アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 帯状疱疹治療薬の世界市場2019-2023
    疾患管理のための革新的なワクチンの登場により、帯状疱疹治療薬の需要が高まっています。ワクチンが開発されるまで、帯状方針の治療は薬物治療しかありませんでした。 しかし、製薬業者は帯状疱疹の治療・予防するための新しい治療法を開発することに力を注いできました。 例えば、2017年10月、グラクソ・スミスクラインは帯状疱疹の治療薬であるShingrixの治療を開始しました。 Shingrixは、唯一の高齢者の帯状疱疹用に承認されたワクチンであるZOSTAVAXよりはるかに効果があります。 Technavioのアナリストは、帯状疱疹治療薬の世界市場が2023年までに約14%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Abbott、GlaxoSmithKline、Merck、Novartisなどです。 当調査レポートでは、帯状疱疹治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、帯状疱疹治療薬市場規模、製品別(ワクチン接種、薬物療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼク …
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"