"HDPEパイプのインド市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、業種別(テレコム、電力、輸送、建築、インフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC055)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"HDPEパイプのインド市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、業種別(テレコム、電力、輸送、建築、インフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India HDPE Pipes Market for FTTx Industry accounted for $99.9 million in 2018, and is anticipated to reach $233.5 million by 2026, registering a CAGR of 11.2% from 2019 to 2026. High density polyethylene (HDPE) pipes are made from graded raw materials such as PE 63, PE 80, and PE 100. HDPE pipes are one of the most sought-after mediums of conveying and transporting chemicals, water, and gases. One of the major advantages of utilizing HDPE pipes is that they are 6-8 times lighter than conventional cast iron and galvanized iron pipes. The market is expected to witness a substantial growth. The upsurge in urbanization is expected to increase the demand for telecommunication connectivity, resulting in the growth in the requirement of HDPE pipes. Furthermore, intense competition in the telecommunication sector is enforcing players to increase their existing infrastructure capacity which, in turn, boosts the demand for HDPE pipe or duct. However, volatile raw material prices attributed to fluctuation in prices of crude oil is expected to hamper the market growth.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
 The report provides an extensive qualitative and quantitative analysis of the current trends and future estimations of the market from 2019 to 2026 to determine the prevailing opportunities
 A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the growth of the market is provided
 The market size is provided in terms of revenue
 Porter’s five forces analysis helps analyze the potential of the buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building.
 The report provides extensive qualitative insights on the significant segments and regions exhibiting favorable market growth

KEY MARKET SEGMENTS
• By Product Type
 Standard Ducts
 Micro Ducts
 Pathways
 Others
• By Industry Vertical
 Telecom
 Power
 Transport
 Building & Infrastructure
 Others
• By Application Area
 Backbone
 Metropolitan
 Mobile Backhaul

KEY MARKET PLAYERS
• Dutron Group
• Miraj Pipes & Fittings Pvt. Ltd.
• Gamson India Private Limited
• Nagarjuna Polymers
• Apollo Pipes
• Mangalam Pipes Pvt Ltd
• Jain Irrigation Systems Ltd.
• Berila Electricals Pvt Ltd.
• Eonn Plast India
• Alex Pipe India Pvt Ltd.

Other players in the value chain of the market include GSK Irrigation Private Limited., Kunststoff Pipes LLP, Khyati Polymers, Elegant Polymers, and Sarovar Polymers Pvt. Ltd.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"HDPEパイプのインド市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、業種別(テレコム、電力、輸送、建築、インフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders.
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets

3.3. Porter’S Five Forces Analysis

3.3.1. Bargaining Power of Suppliers
3.3.2. Bargaining Power of Buyer
3.3.3. Threat of New Entrants
3.3.4. Threat of Substitute
3.3.5. Intensity of Competitive Rivalry

3.4. India Fttx Industry Market Overview

3.4.1. Ftth Market Potential & Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Growth of Telecommunication Sector In India
3.5.1.2. Upsurge In Urbanization

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. Volatile Oil Prices

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Rising Power Sector In India

Chapter 4: India Hdpe Pipes Market For Fttx Industry, By Product Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Standard Ducts
4.3. Micro Ducts
4.4. Pathways
4.5. Others

Chapter 5: India Hdpe Pipes Market For Fttx Industry, By Industry Verticals

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Telecom
5.3. Power
5.4. Transport
5.5. Building & Infrastructure
5.6. Others

Chapter 6: India Hdpe Pipes Market For Fttx Industry, By Application Areas

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. Backbone
6.3. Metropolitan
6.4. Mobile Backhaul

Chapter 7: Company Profiles:

7.1. Dutron Group

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Product Portfolio
7.1.4. Business Performance

7.2. Miraj Pipes & Fittings Pvt. Ltd.

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Product Portfolio

7.3. Gamson India Private Limited

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Product Portfolio

7.4. Nagarjuna Polymers

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Product Portfolio

7.5. Apollo Pipes

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Product Portfolio
7.5.4. Business Performance

7.6. Mangalam Pipes Pvt Ltd.

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Product Portfolio

7.7. Jain Irrigation Systems Ltd.

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Operating Business Segments
7.7.4. Product Portfolio
7.7.5. Business Performance

7.8. Berlia Electricals Pvt. Ltd.

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Operating Business Segments
7.8.4. Product Portfolio

7.9. Eonn Plast India

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Product Portfolio

7.10. Alex Pipe India Pvt. Ltd.

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Product Portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】HDPEパイプのインド市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、業種別(テレコム、電力、輸送、建築、インフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC055
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
HDPEパイプのインド市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、業種別(テレコム、電力、輸送、建築、インフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン
    当調査レポートでは、プロピレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロピレンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮食品包装の世界市場
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、生鮮食品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生鮮食品包装の世界市場:市場動向分析 - 生鮮食品包装の世界市場:競争要因分析 - 生鮮食品包装の世界市場:材料別 ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエチレン ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・紙 ・二軸延伸ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・アルミ ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:包装の種類別 ・ガセット袋 ・段ボール箱 ・半硬質 ・加工巻紙 ・軟質な紙およびボール紙 ・硬質のもの ・木 ・金属 ・ガラス ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:販売場所別 ・卸売業者 ・小売業者 - 生鮮食品包装の世界市場:用途別 ・野菜 ・肉および肉製品 ・果物 ・シーフード ・その他 - 生鮮食品包装の世界市場:主要地域別分析 - 生鮮食品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 生鮮食品包装のヨーロッパ市場規模 - 生鮮食品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生鮮食品 …
  • EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EVA(エチレン・酢酸ビニル)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
  • 赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オリゴ糖の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オリゴ糖の世界市場について調査・分析し、オリゴ糖の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オリゴ糖シェア、市場規模推移、市場規模予測、オリゴ糖種類別分析(イソマルト、ガラクト、フルクト、キシロ、その他)、オリゴ糖用途別分析(飲食料品、健康補助食品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オリゴ糖の市場概観 ・オリゴ糖のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オリゴ糖のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オリゴ糖の世界市場規模 ・オリゴ糖の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オリゴ糖のアメリカ市場規模推移 ・オリゴ糖のカナダ市場規模推移 ・オリゴ糖のメキシコ市場規模推移 ・オリゴ糖のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オリゴ糖のドイツ市場規模推移 ・オリゴ糖のイギリス市場規模推移 ・オリゴ糖のロシア市場規模推移 ・オリゴ糖のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・オリゴ糖の日本市場規模推 …
  • エッセンシャルオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エッセンシャルオイルの世界市場:市場動向分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:競争要因分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:用途別 ・クリーニング・ホーム ・食品・飲料 ・SPA・リラクゼーション ・医療用 ・アロマテラピー ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:製品別 ・レモン ・ユーカリ ・クローブリーフ ・コーンミント ・スペアミント ・ペパーミント ・オレンジ ・ライム ・シトロネラ ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:主要地域別分析 - エッセンシャルオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エッセンシャルオイルのヨーロッパ市場規模 - エッセンシャルオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エッセンシャルオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 航空機用タイヤの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空機用タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用タイヤの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食事キットサブスクリプションボックスの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、食事キットサブスクリプションボックスの世界市場について調査・分析し、食事キットサブスクリプションボックスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・食事キットサブスクリプションボックスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・食事キットサブスクリプションボックスの世界市場:セグメント別市場分析 ・食事キットサブスクリプションボックスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 電気活性ポリマーの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、電気活性ポリマーの世界市場について調査・分析し、電気活性ポリマーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調べ、次世代シーケンシング(NGS)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、次世代シーケンシング(NGS)の市場規模をセグメンテーション別(技術別、製品別(消耗品、装置)、エンドユーザー別)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場状況 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場規模 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場予測 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別 ・市場セグメンテーション:製品別(消耗品、装置) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別 ・次世代シーケンシング(NGS)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・ …
  • スマート輸送の世界市場:ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他)、サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス)、地域別予測
    本資料は、スマート輸送の世界市場について調べ、スマート輸送の世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他)分析、サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート輸送の世界市場概要 ・スマート輸送の世界市場環境 ・スマート輸送の世界市場動向 ・スマート輸送の世界市場規模 ・スマート輸送の世界市場規模:ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他) ・スマート輸送の世界市場規模:サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス) ・スマート輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート輸送の北米市場規模・予測 ・スマート輸送のアメリカ市場規模・予測 ・スマート輸送のヨーロッパ市場規模・予測 ・スマート輸送のアジア市場規模・予測 ・スマート輸送の日本市場規模・予測 ・スマート輸送の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 圧電機器の世界市場2016-2020:アクチュエータ、ピエゾジェネレータ、トランスデューサー、センサー、加速装置、ピエゾトランスフォーマー、共振器、音響装置、超音波モーター
    当調査レポートでは、圧電機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧電機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 男性不妊症(Male Infertility):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性不妊症(Male Infertility)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性不妊症(Male Infertility)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性不妊症(Male Infertility)の概要 ・男性不妊症(Male Infertility)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性不妊症(Male Infertility)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・男性不妊症(Male Infertility)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 機能性飲料の世界市場:タイプ別(スポーツ飲料、エナジー飲料、栄養補助飲料)、セグメント予測
    機能性飲料の世界市場は2019年には936億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.1%で成長すると予測されています。本調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、機能性飲料の世界市場動向、機能性飲料の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性飲料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場について調査・分析し、抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抵抗変化型メモリ(RRAM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、抵抗変化型メモリ(RRAM)種類別分析( 180nm、40nm、その他)、抵抗変化型メモリ(RRAM)用途別分析(コンピュータ、IoT、家電、医療、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の市場概観 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の世界市場規模 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のアメリカ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のカナダ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM)のメキシコ市場規模推移 ・抵抗変化型メモリ(RRAM) …
  • PTFE CCLの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PTFE CCLの世界市場について調査・分析し、PTFE CCLの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PTFE CCLシェア、市場規模推移、市場規模予測、PTFE CCL種類別分析()、PTFE CCL用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PTFE CCLの市場概観 ・PTFE CCLのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PTFE CCLのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PTFE CCLの世界市場規模 ・PTFE CCLの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PTFE CCLのアメリカ市場規模推移 ・PTFE CCLのカナダ市場規模推移 ・PTFE CCLのメキシコ市場規模推移 ・PTFE CCLのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PTFE CCLのドイツ市場規模推移 ・PTFE CCLのイギリス市場規模推移 ・PTFE CCLのロシア市場規模推移 ・PTFE CCLのアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界のトップ10自動車アフターマーケット部品市場
  • ベビーキャリアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビーキャリアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビーキャリア市場規模、製品別(バックル型、ラップ型、スリング型)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビーキャリアの世界市場概要 ・ベビーキャリアの世界市場環境 ・ベビーキャリアの世界市場動向 ・ベビーキャリアの世界市場規模 ・ベビーキャリアの世界市場:業界構造分析 ・ベビーキャリアの世界市場:製品別(バックル型、ラップ型、スリング型) ・ベビーキャリアの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・ベビーキャリアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビーキャリアのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーキャリアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ベビーキャリアのアジア市場規模・予測 ・ベビーキャリアの主要国分析 ・ベビーキャリアの世界市場:意思決定フレームワーク ・ベビーキャリアの世界市場:成長要因、課題 ・ベ …
  • シリコーンゲルの世界市場2018-2022
    シリコーンゲルは、透明なゼリー状の構造を有し、優れた柔軟性、耐薬品性、電気的強度を示す軟質硬化ポリマーからなります。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に世界のシリコーンゲル市場が6.46%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、ChemChina、DowDuPont、KCC CORPORATION、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Wacker Chemieなどです。 当調査レポートでは、シリコーンゲルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリコーンゲル市場規模、エンドユーザー別(電気・電子機器、医療・医薬品、化粧品・パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シリコーンゲルの世界市場概要 ・シリコーンゲルの世界市場環境 ・シリコーンゲルの世界市場動向 ・シリコーンゲルの世界市場規模 ・シリコーンゲルの世界市場:業界構造分析 ・シリコーンゲル …
  • 自動車セキュリティ装置の世界市場:アラーム、イモビライザー、リモートキーレスエントリー(RKE)、パッシブキーレスエントリー、セントラルロッキングシステム
    当調査レポートでは、自動車セキュリティ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽電池(PV)用装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽電池(PV)用装置市場2015について調査・分析し、太陽電池(PV)用装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電圧レギュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電圧レギュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電圧レギュレーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場見通し2016-2022:商用車、乗用車
    当調査レポートでは、自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場について調査・分析し、自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場:市場動向分析 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場:競争要因分析 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の北米市場規模 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の欧州市場規模 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)のアジア市場規模 ・自動車用先進緊急ブレーキシステム(AEB)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品配置場所別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • メキシコの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 中国のヨーグルト市場2015
    本調査レポートでは、中国のヨーグルト市場2015について調査・分析し、ヨーグルトの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセラミックコンデンサ市場2016
    本調査レポートでは、世界のセラミックコンデンサ市場2016について調査・分析し、セラミックコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車タイヤの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、自動車タイヤの世界市場について調査・分析し、自動車タイヤの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 救急キットの世界市場:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)、地域別予測
    本資料は、救急キットの世界市場について調べ、救急キットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)分析、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAttucho、Blume、CIRMEDICAL、DHS Emergency、Thomas EMS、ELITEBAGS、Healthcare Logistics、HUM-Gesellschaftfur Homecare and Medizin Technik、Karl Bollmann、ME.BER.、Orient Med-International FZE、Peerless Plasticsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・救急キットの世界市場概要 ・救急キットの世界市場環境 ・救急キットの世界市場動向 ・救急キットの世界市場規模 ・救急キットの世界市場規模:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタ …
  • 世界のトリメチロールプロパン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリメチロールプロパン市場2015について調査・分析し、トリメチロールプロパンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車安全装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車安全装置の世界市場について調査・分析し、自動車安全装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車安全装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車安全装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車安全装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 腎性貧血(Renal Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎性貧血(Renal Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎性貧血(Renal Anemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎性貧血(Renal Anemia)の概要 ・腎性貧血(Renal Anemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎性貧血(Renal Anemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎性貧血(Renal Anemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界の碍子型避雷器市場2015
    本調査レポートでは、世界の碍子型避雷器市場2015について調査・分析し、碍子型避雷器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人機(UAV)の世界市場
    当調査レポートでは、無人機(UAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 溶射コーティングの世界市場:製品別、技術別(冷間、フレーム、プラズマ、HVOF、電気アーク)、アプリケーション別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、溶射コーティングの世界市場について調査・分析し、溶射コーティングの世界市場動向、溶射コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別溶射コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属粉末の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属粉末の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 金属粉末は、微粉末状にした金属を指し、溶射、焼結部品の製造、プラスチックの充填、その他関連した用途に使用されます。金属粉末はまた、粉末冶金(PM)に応用されています。粉末冶金の利点としては、従来の機械装置による無駄な廃棄物を無くし、合金部品の種類を増やしてくれる可能性があります。Technavio社は金属粉末の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcoa, • ATI, • BASF, • Rio Tinto, • Sandvik.等です。
  • 欧州主要国の滅菌器市場見通し(~2021)
  • 嘔吐(Emesis (Vomiting)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における嘔吐(Emesis (Vomiting))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・嘔吐(Emesis (Vomiting))の概要 ・嘔吐(Emesis (Vomiting))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・嘔吐(Emesis (Vomiting))治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 世界のオキシ塩化リン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオキシ塩化リン市場2015について調査・分析し、オキシ塩化リンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア包装の世界市場分析:製品別(フレキシブル、硬質プラスチック、紙、金属、ガラス)、包装タイプ別(ボトル、瓶、缶、カートン、チューブ、パウチ)、用途別(スキンケア、ヘアケア、バス・シャワー、香水)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パーソナルケア包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア包装の世界市場動向、パーソナルケア包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプロジェクタ用スクリーン市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロジェクタ用スクリーン市場2015について調査・分析し、プロジェクタ用スクリーンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシーリングファンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートシーリングファンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートシーリングファン市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、最終用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートシーリングファンの世界市場概要 ・スマートシーリングファンの世界市場環境 ・スマートシーリングファンの世界市場動向 ・スマートシーリングファンの世界市場規模 ・スマートシーリングファンの世界市場:業界構造分析 ・スマートシーリングファンの世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・スマートシーリングファンの世界市場:最終用途別(家庭用、商業用) ・スマートシーリングファンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートシーリングファンのアメリカ市場規模・予測 ・スマートシーリングファンのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートシーリングファンのアジア市場規模・予測 ・スマートシーリングファンの …
  • 不凍タンパク質の世界市場:タイプ別(タイプI、タイプIII、不凍糖タンパク質、その他)、原料別(植物、昆虫、魚、その他)、形態別(液体、固体)、最終用途別(食品、化粧品、医療)、地域別予測
    本資料は、不凍タンパク質の世界市場について調べ、不凍タンパク質の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(タイプI、タイプIII、不凍糖タンパク質、その他)分析、原料別(植物、昆虫、魚、その他)分析、形態別(液体、固体)分析、最終用途別(食品、化粧品、医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・不凍タンパク質の世界市場概要 ・不凍タンパク質の世界市場環境 ・不凍タンパク質の世界市場動向 ・不凍タンパク質の世界市場規模 ・不凍タンパク質の世界市場規模:タイプ別(タイプI、タイプIII、不凍糖タンパク質、その他) ・不凍タンパク質の世界市場規模:原料別(植物、昆虫、魚、その他) ・不凍タンパク質の世界市場規模:形態別(液体、固体) ・不凍タンパク質の世界市場規模:最終用途別(食品、化粧品、医療) ・不凍タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・不凍タンパク質の北米市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアメリカ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のヨーロ …
  • 小型自動車用フロントエンドモジュールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用フロントエンドモジュールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ポリマー種類別(PVC、アクリル、ポリウレタン)分析、用途別(床材及び壁装材、ワイヤー及びケーブル、フィルム及びシート、コーティング布、消費財など)分析、フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フタル酸ジイソノニル(DINP)の世界市場規模が2019年27億ドルから2024年32億ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。
  • RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:用途別(病院、大規模診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場について調べ、RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(病院、大規模診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場概要 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場環境 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場動向 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場規模:用途別(病院、大規模診療所、その他) ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットの北米市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのアメリカ市場規模・予測 ・RFID(無線IDタグ)スマートキャビネットのヨーロッパ市 …
  • アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の概要 ・アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模が2019年851百万ドルから2024年1149百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • 界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、界面活性剤市場規模、基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤)分析、種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤)分析、用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、洗剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 界面活性剤の世界市場:基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"