"体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC056)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India IVF services market was valued at $478.2 million in 2018 and is estimated to reach $1,453.0 million by 2026, registering a CAGR of 14.7% during the analysis period.
In vitro fertilization (IVF) is a type of assisted reproductive technology. In this technique the ovum is artificially fertilized in laboratory settings and then implanted into the uterus. IVF is one of the widely used treatments, which is used for the assistance of couples with infertility problems, single mothers, and the LGBT community to procreate. The delayed pregnancy in women is one of the major driving factors of the IVF services market, as the chances of conceiving decrease with age. However, the success rate of IVF technique is higher in the age group of 35–39 years.

The India IVF services market is expected to witness significant growth during the forecast period owing to increase in infertility rates caused due to rise in stress levels, changes in lifestyle, and surge in incidence of fertility-related diseases. Low awareness toward this technique in the society restricts the market growth. Rising prevalence due to increasing risk factors, such as obesity, stress, polycystic ovarian syndrome (PCOS), sexually transmitted infections, endometrial tuberculosis, and other medical conditions, is expected to offer lucrative opportunities for the market growth during the forecast period.

The India IVF market is segmented based on gender, procedure, offering, cycle type, and end user. Based on gender, it is divided into female infertility, male infertility, and both (combined) infertility. Based on procedure, it is classified into intracytoplasmic sperm injection (ICSI-IVF), non-ICSI-IVF, and intrauterine insemination (IUI). The offering segment includes drugs, media & reagents, and services.
Based on cycle type, the market is categorized into fresh cycle (non-donor), thawed cycle (non-donor), and donor egg IVF cycle. Based on end user, it is segmented into fertility clinics, hospitals, surgical centers, and clinical research institutes.

The prominent companies, hospitals, surgical centers, fertility centers, and clinical research institutes profiled in this report include Sun Pharmaceuticals Industries Ltd., Lab IVF Asia Pte. Ltd., LG Life Sciences, Cadila Pharmaceuticals Ltd., Bourn Hall Clinic, Morpheus Life Sciences Pvt. Ltd., Southend Fertility and IVF Centre, Nova IVI Fertility, Bloom Fertility Center, Manipalankur Andrology and Reproductive Medicine, Cloudnine Hospitals, Gunasheela Hospital Mathrutva Fertility Centre (A Unit Of Max HealthCare Pvt. Ltd.) Milann, and Oasis Center (a unit of the entity Sadguru Healthcare Services Pvt. Ltd.)

KEY MARKET BENEFITS
• The study provides an in-depth analysis of the India IVF services market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• The report presents a quantitative analysis of the market from 2018 to 2026 to enable stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
• An extensive analysis of the market based on application assists to understand the trends in the industry.
• The key market players along with their strategies are thoroughly analyzed to understand the competitive outlook of the industry.

KEY MARKET SEGMENTS
By Gender
o Female
o Male
o other
By Procedure
o ICSI-IVF
o Non-ICSI IVF
o IUI
By Cycle Type
o Fresh IVF Cycles
o Thawed IVF Cycles
o Donor Egg IVF Cycles
By End User
o Fertility Clinics
o Hospitals
o Surgical Centers
o Clinical Research Institutes
By Offering
o IVF Drugs
o IVF Media & Reagents
o IVF and IUI Services

LIST OF KEY PLAYERS PROFILED IN THE REPORT
o Gunasheela Hospital
o Mathrutva Fertility Centre (unit of max healthcare Pvt. Ltd.)
o Milann-The Fertility Center
o Oasis Centre
o Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
o LabIVF Asia Pte. Ltd.
o LG Life Sciences Ltd.
o Cadila Pharmaceuticals Limited
o Bourn Hall Clinic
o Morpheus Life Sciences Pvt.
o Southend Fertility and IVF Centre
o Nova IVI Fertility
o Nova IVI Fertility
o Manipal fertility hospital
o Cloudnine Hospitals


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Overview
3.3. Market Size And Forecast
3.4. Regulatory Issues, Legislations, And Authorities
3.5. Insurance Reimbursement Scenario
3.6. An Overview of Ivf Services Across Key Metro Cities In India
3.7. Qualitative Study On Rise In Ivf Services In India
3.8. India Ivf Market, By Patient Pool And Patient Conversion Rate
3.9. Indian Landscape On Key Ivf Centers
3.10. Key Impacting Factors

3.10.1. Drivers

3.10.1.1. Impact Analysis of Drivers

3.10.2. Restraints

3.10.2.1. Impact Analysis of Restraints

Chapter 4: India Ivf Services Market, By Gender

4.1. Overview
4.2. Market Size And Forecast
4.3. Female Infertility

4.3.1. Market Size And Forecast

4.4. Male Infertility

4.4.1. Market Size And Forecast

4.5. Both

4.5.1. Market Size And Forecast

Chapter 5: India Ivf And Iui Services Market, By Procedure

5.1. Overview
5.2. Market Size And Forecast
5.3. Icsi Ivf

5.3.1. Market Size And Forecast

5.4. Non-Icsi Ivf

5.4.1. Market Size And Forecast

5.5. Iui

5.5.1. Market Size And Forecast

Chapter 6: India Ivf Services Market, By Cycle Type

6.1. Overview
6.2. Market Size And Forecast
6.3. Fresh Ivf Cycles (Non-Donor)
6.4. Thawed Ivf Cycles

6.4.1. Market Size And Forecast

6.5. Donor Egg Ivf Cycles

6.5.1. Market Size And Forecast

Chapter 7: India Ivf Services Market, By End User

7.1. Overview
7.2. Market Size And Forecast
7.3. Fertility Clinics

7.3.1. Market Size And Forecast

7.4. Hospitals

7.4.1. Market Size And Forecast

7.5. Surgical Centers

7.5.1. Market Size And Forecast

7.6. Clinical Research Institutes

7.6.1. Market Size And Forecast

Chapter 8: India Ivf Market, By offering

8.1. Overview
8.2. Market Size And Forecast
8.3. Ivf Drugs

8.3.1. Market Size And Forecast

8.4. Ivf Media And Reagents

8.4.1. Market Size And Forecast

8.5. Ivf And Iui Services

8.5.1. Market Size And Forecast

Chapter 9: Company Profiles

9.1. Gunasheela Hospital

9.1.1. Company Overview
9.1.2. Company Snapshot
9.1.3. Operating Business Segments:
9.1.4. Product Portfolio
9.1.5. Key Strategic Moves And Developments

9.2. Mathrutva Fertility Centre (Unit of Max Healthcare Pvt. Ltd.)

9.2.1. Company Overview
9.2.2. Company Snapshot
9.2.3. Operating Business Segments:
9.2.4. Product Portfolio

9.3. Milann- The Fertility Center

9.3.1. Company Overview
9.3.2. Company Snapshot
9.3.3. Operating Business Segments:
9.3.4. Product Portfolio
9.3.5. Key Strategic Moves And Developments

9.4. Oasis Centre (Unit of The Entity Sadguru Healthcare Services Pvt. Ltd.)

9.4.1. Company Overview
9.4.2. Company Snapshot
9.4.3. Operating Business Segments
9.4.4. Product Portfolio

9.5. Sun Pharmaceutical Industries Ltd.

9.5.1. Company Overview
9.5.2. Company Snapshot
9.5.3. Operating Business Segments
9.5.4. Product Portfolio
9.5.5. Business Performance

9.6. Labivf Asia Pte. Ltd.

9.6.1. Company Overview
9.6.2. Company Snapshot
9.6.3. Operating Business Segments
9.6.4. Product Portfolio

9.7. Lg Life Sciences

9.7.1. Company Overview
9.7.2. Company Snapshot
9.7.3. Operating Business Segments
9.7.4. Product Portfolio

9.8. Cadila Pharmaceuticals Limited

9.8.1. Company Overview
9.8.2. Company Snapshot
9.8.3. Operating Business Segments
9.8.4. Product Portfolio

9.9. Bourn Hall Clinic

9.9.1. Company Overview
9.9.2. Company Snapshot
9.9.3. Product Portfolio
9.9.4. Key Strategic Moves And Developments

9.10. Morpheus Life Sciences Pvt. Ltd.

9.10.1. Company Overview
9.10.2. Company Snapshot
9.10.3. Product Portfolio

9.11. Southend Fertility And Ivf Centre

9.11.1. Company Overview
9.11.2. Company Snapshot
9.11.3. Product Portfolio

9.12. Nova Ivi Fertility

9.12.1. Company Overview
9.12.2. Company Snapshot
9.12.3. Product Portfolio
9.12.4. Key Strategic Moves And Developments

9.13. Bloom Fertility Center

9.13.1. Company Overview
9.13.2. Company Snapshot
9.13.3. Operating Business Segments
9.13.4. Product Portfolio

9.14. Manipal Fertility Hospital

9.14.1. Company Overview
9.14.2. Company Snapshot
9.14.3. Operating Business Segments
9.14.4. Product Portfolio

9.15. Cloudnine Hospitals

9.15.1. Company Overview
9.15.2. Company Snapshot
9.15.3. Operating Business Segments
9.15.4. Key Strategic Moves And Developments
9.15.5. Product Portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC056
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 抗真菌薬の北米市場
  • 世界のスクレーパコンベヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクレーパコンベヤ市場2015について調査・分析し、スクレーパコンベヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドシステムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイブリッドシステムの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:車両種類別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:電池種類別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:機構別分析 ・ハイブリッドシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ドイツの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の概要 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未熟児網膜症(Retinopathy …
  • ヘルスケアITの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ヘルスケアITの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、ヘルスケアITの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍栄養の世界市場:がんの種類別(頸頭部、胃・消化器官、肝臓、膵臓、食道、肺、乳房、血液、その他)、地域別予測
    本資料は、腫瘍栄養の世界市場について調べ、腫瘍栄養の世界規模、市場動向、市場環境、がんの種類別(頸頭部、胃・消化器官、肝臓、膵臓、食道、肺、乳房、血液、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・腫瘍栄養の世界市場概要 ・腫瘍栄養の世界市場環境 ・腫瘍栄養の世界市場動向 ・腫瘍栄養の世界市場規模 ・腫瘍栄養の世界市場規模:がんの種類別(頸頭部、胃・消化器官、肝臓、膵臓、食道、肺、乳房、血液、その他) ・腫瘍栄養の世界市場:地域別市場規模・分析 ・腫瘍栄養の北米市場規模・予測 ・腫瘍栄養のアメリカ市場規模・予測 ・腫瘍栄養のヨーロッパ市場規模・予測 ・腫瘍栄養のアジア市場規模・予測 ・腫瘍栄養の日本市場規模・予測 ・腫瘍栄養の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • イスラエルの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 食品・飲料加工用濾過膜の世界市場2017-2021:精密濾過法、逆浸透法、限外濾過法、ナノ濾過法、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品・飲料加工用濾過膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE、Koch Membrane Systems、The Dow Chemical Company、Toray Membrane等です。
  • ヘルニア修復の世界市場:ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア)、メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ)、地域別予測
    本資料は、ヘルニア修復の世界市場について調べ、ヘルニア修復の世界規模、市場動向、市場環境、ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア)分析、メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルニア修復の世界市場概要 ・ヘルニア修復の世界市場環境 ・ヘルニア修復の世界市場動向 ・ヘルニア修復の世界市場規模 ・ヘルニア修復の世界市場規模:ヘルニアのタイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア) ・ヘルニア修復の世界市場規模:メッシュタイプ別(バイオメッシュ、合成メッシュ) ・ヘルニア修復の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘルニア修復の北米市場規模・予測 ・ヘルニア修復のアメリカ市場規模・予測 ・ヘルニア修復のヨーロッパ市場規模・予測 ・ヘルニア修復のアジア市場規模・予測 ・ヘルニア修復の日本市場規模・予測 ・ヘルニア修復の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の塩酸ミノサイクリン市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩酸ミノサイクリン市場2016について調査・分析し、塩酸ミノサイクリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C型肝炎(Hepatitis C):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・C型肝炎(Hepatitis C):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬の状況 ・C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の市場規模(販売予測) ・C型肝炎(Hepatitis C)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のC型肝炎(Hepatitis C)治療薬剤
  • バーコードスキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バーコードスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バーコードスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉛酸蓄電池の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、鉛酸蓄電池の世界市場について調査・分析し、鉛酸蓄電池の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:製品別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:組み立て方法別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:用途別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ベルギーの股関節再建装置市場見通し
  • 農業用RFIDタグの世界市場2017-2021:パッシブRFIDタグ、アクティブRFIDタグ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、農業用RFIDタグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用RFIDタグの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は農業用RFIDタグの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alien Technology、Honeywell International、Zebra Technologies等です。
  • 農業におけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業におけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、提供方式別分析、用途別分析、地域別分析、農業におけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • パーソナルケア製品用包装の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア製品用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. パーソナルケア製品包装市場の概要 3. パーソナルケア製品包装の世界市場 2016-2026 4. 世界のパーソナルケア製品包装用途別2次市場 2016-2026 5. 世界のパーソナルケア製品包装材料別予測 2016-2026 6. 主要国のパーソナルケア製品包装市場 2016-2026 7. パーソナルケア製品包装市場のSWOT分析 2016-2026 8. 主要なパーソナルケア製品包装企業 2016 9. 結論 10. 用語集
  • 融着接続機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、融着接続機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、融着接続機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MEMS(メムス)の世界市場予測(~2022年):センサ、アクチュエータ
    当調査レポートでは、MEMS(メムス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、センサー種類別分析、アクチュエータ種類別分析、産業別分析、地域別分析、MEMS(メムス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アレルギー性喘息(Allergic Asthma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアレルギー性喘息(Allergic Asthma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アレルギー性喘息(Allergic Asthma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アレルギー性喘息(Allergic Asthma)の概要 ・アレルギー性喘息(Allergic Asthma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアレルギー性喘息(Allergic Asthma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アレルギー性喘息(Allergic Asthma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 風力発電機の世界市場
    当調査レポートでは、風力発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリメチルメタクリレート(PMMA)の世界市場分析:製品別(押出シート、ペレット、アクリルビーズ)、エンドユーザー別(自動車、建設、電子、サイン・ディスプレイ)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリメチルメタクリレート(PMMA)の世界市場について調査・分析し、ポリメチルメタクリレート(PMMA)の世界市場動向、ポリメチルメタクリレート(PMMA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリメチルメタクリレート(PMMA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フライトインスペクション(飛行検査)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フライトインスペクション(飛行検査)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、需要先別分析、サービス別分析、システム別分析、フライトインスペクション(飛行検査)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用手動工具の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用手動工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用手動工具市場規模、製品別(タップ・金型、設計・測定器具、金属切削器具、一般用途器具)分析、販売経路別(小売販売、卸売販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用手動工具の世界市場:市場動向分析 ・ 工業用手動工具の世界市場:競争要因分析 ・ 工業用手動工具の世界市場:製品別(タップ・金型、設計・測定器具、金属切削器具、一般用途器具) ・ 工業用手動工具の世界市場:販売経路別(小売販売、卸売販売、オンライン販売) ・ 工業用手動工具の世界市場:主要地域別分析 ・ 工業用手動工具の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 工業用手動工具のヨーロッパ市場規模 ・ 工業用手動工具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・工業用手動工具の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるRaf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤の概要 ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のRaf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アジアの微生物培養市場動向(~2021)
  • ドイツの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • リンゴ酸の世界市場2017-2021:L-リンゴ酸、D-リンゴ酸、DL-リンゴ酸
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、リンゴ酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リンゴ酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はリンゴ酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBartek、Changmao Biochem、FUSO CHEMICAL、Polynt、Thirumalai Chemicals等です。
  • プラスチック加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック加工機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用電源ソリューションの世界市場予測(~2022):バッテリー、発電機、燃料電池、太陽光発電、エネルギーハーベスタ
    当調査レポートでは、軍事用電源ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、電源別分析、用途別分析、電圧別分析、軍事用電源ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアングルグラインダ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアングルグラインダ市場2016について調査・分析し、アングルグラインダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の液体塩素市場2016
    本調査レポートでは、世界の液体塩素市場2016について調査・分析し、液体塩素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品有効成分/APIの世界市場予測(~2021):種類別(新薬、ジェネリック)、メーカー別、合成別、製品別、薬品別、治療別
    当調査レポートでは、医薬品有効成分/APIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、メーカー別分析、合成別分析、製品別分析、医薬品有効成分/APIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるVOC(揮発性有機化合物)濃縮ローター市場2018-2023
    本調査レポートでは、VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの世界市場について調査・分析し、VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ゼオライト、活性炭)、用途別市場規模(自動車、化学、半導体、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの世界市場概要 ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの企業別市場シェア ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの地域別市場規模 ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの種類別市場規模(ゼオライト、活性炭) ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローターの用途別市場規模(自動車、化学、半導体、その他) ・VOC(揮発性有機化合物)濃縮ローター …
  • 自動車用バックミラーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用バックミラーの世界市場について調査・分析し、自動車用バックミラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用バックミラーの世界市場:市場動向分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:競争要因分析 - 自動車用バックミラーの世界市場:特徴別 ・死角検出機能 ・自動折りたたみ機能 ・方向指示機能 ・自動防眩機能 ・電力制御機能 ・加温機能 ・電動調整 ・その他 - 自動車用バックミラーの世界市場:取付位置別 ・ドア装着 ・ボディ装着 - 自動車用バックミラーの世界市場:ミラータイプ別 ・ルームミラー ・外装バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:車両タイプ別 ・ 小型商用車 ・バス ・乗用車 ・トラック - 自動車用バックミラーの世界市場:製品別 ・スマートバックミラー ・従来型バックミラー - 自動車用バックミラーの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用バックミラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用バックミラーのヨーロッパ市場規模 - 自動車用バックミ …
  • フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場について調べ、フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界規模、市場動向、市場環境、紙の種類別(漂白板紙、コーティングされた未漂白クラフト紙)分析、厚さ別(240µm未満、240〜260µm、260〜280µm、280µm超)分析、包装構造タイプ別(5層、6層、7層以上)分析、最終用途別(乳製品、飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場動向 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場環境 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材のバリューチェーン分析 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場規模 ・フラットトップカートン用の滅菌紙包装材の世界市場規模:紙の種類別(漂白板紙、コーティングされた未漂白クラフト紙) ・フラットトップ …
  • 家畜診断の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、家畜診断の世界市場について調査・分析し、家畜診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・家畜診断の世界市場:市場動向分析 ・家畜診断の世界市場:競争要因分析 ・家畜診断の世界市場:動物別分析/市場規模 ・家畜診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・家畜診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・家畜診断の北米市場規模・分析 ・家畜診断の欧州市場・分析 ・家畜診断のアジア市場・分析 ・家畜診断の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小火器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、小火器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小火器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 物理セキュリティの世界市場2014–2025:構成要素別、ハードウェア別、サービス別、エンドユーズ別(電力、ユーティリティ、小売、商業)
    本調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、物理セキュリティの世界市場動向、物理セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別物理セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バスバー中継システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、バスバー中継システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、需要先別分析、出力別分析、導体別分析、地域別分析、バスバー中継システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTD茶飲料およびRTDコーヒーの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療提供者ネットワーク管理の世界市場分析・予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療提供者ネットワーク管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理空間情報分析の世界市場
    本調査レポートでは、地理空間情報分析の世界市場について調査・分析し、地理空間情報分析の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 液体肥料の世界市場:窒素肥料、りん肥料、カリ肥料、微量栄養素
    当調査レポートでは、液体肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、液体肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性疲労症候群治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、慢性疲労症候群治療法の世界市場について調べ、慢性疲労症候群治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、慢性疲労症候群治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(鎮痛剤及びNSAID、抗うつ薬及び抗精神病薬、抗菌薬及び免疫調節薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は慢性疲労症候群治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・慢性疲労症候群治療法の市場状況 ・慢性疲労症候群治療法の市場規模 ・慢性疲労症候群治療法の市場予測 ・慢性疲労症候群治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(鎮痛剤及びNSAID、抗うつ薬及び抗精神病薬、抗菌薬及び免疫調節薬) ・慢性疲労症候群治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 …
  • 融資処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、融資処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、融資処理の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 不眠症治療の世界市場2014-2025:治療タイプ別[機器、薬(ベンゾジアゼピン、ノンベンゾジアゼピン、抗うつ薬、オレキシン拮抗薬、メラトニン拮抗薬)]、販売経路別
    本調査レポートでは、不眠症治療の世界市場について調査・分析し、不眠症治療の世界市場動向、不眠症治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別不眠症治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"