"自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC007)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global automated turf harvesters market size is expected to reach $155,947.8 thousand in 2026, from $62,151.5 thousand in 2018, growing at a CAGR of 12.6% from 2019 to 2026. Automated turf harvesters are used to harvest turf in the form of rolls and slabs from turf cultivation farms. It is an upgrade to the manually operated turf harvesters and provide one-man operation for cutting, rolling, and stacking of turf. The automated turf harvesters have features such as product quality monitoring, which rejects the defective roll or slab by sensing its weight and thickness. Moreover, the automated turf harvesters are provided with remote monitoring and diagnostics features, cellular or wireless communication systems, bilingual interface and many other features. This propels the automated turf harvesters market growth significantly. Furthermore, the implementation of automated turf harvesters on turf cultivation farms increase harvesting speed by 20% and reduce fuel consumption as well. The customers, majorly sod farmers, are switching towards automated equipment in order to increase the overall quality of the harvested turf. In addition, the labor costs are mainly reduced by the implementation of automated turf harvesters on sod farms. Furthermore, the major consumers of automated turf harvesters are from the developed nations like European and North American regions, mainly owing to the better living standards, resulting in improved housing with bigger lawns, participation in luxury sports like golf.
The shift of consumer preferences toward automated agricultural equipment is a major driver for the automated turf harvesters market. The introduction of automation and artificial intelligence (AI) in farming has helped the cultivators to obtain better quality and more yield in less time. Thus, the farmers are inclining toward autonomy for various agricultural processes. Moreover, the lack of labor and high cost associated with labor intensive farming promotes the use of automated equipment for turf farming applications. The stacking of turf pallets is the most tedious task as each pallet weighs around 1,500 to 3,000 pounds, which requires maximum effort which can be eased with the use of automated turf harvesters, which provide automatic stacking. Automation enables high quality turf harvesting and reduces the time required for turf harvesting process. Furthermore, various sports federations are choosing natural turf over artificial turf to conduct various sports such as football, soccer, cricket, and others. The artificial turf use has led to many negative results such as increased field temperature and is expected to contribute to on field injuries including fatigue, shortened career of the players, and negative effect on life after retirement of the players, hence the sports organizations are choosing natural turf over the artificial turf which increase the requirement of turf cultivation and in turn, bolsters the automated turf harvesters market growth. On the contrary, high costs of automated turf harvesters is a major restrain for the growth of automated turf harvesters market. Also, the versatility of artificial grass is increasing its popularity over natural grass in the residential sector. However, the growth in construction of golf courses in countries such as China, creates a demand for turf cultivation and thereby, creates lucrative opportunities for the growth of automated turf harvesters market during the forecast period.
The global automated turf harvesters market is segmented on the basis of product type, application, and region. By product type, it is divided into roll turf harvesters and slab turf harvesters. The slab turf harvesters segment is anticipated to dominate the global automated turf harvesters market in the future, owing to the growth of residential construction activities mainly in the U.S. and the UK. By application, it is classified into residential, commercial, golf courses, and sports/ athletics. The commercial segment is projected to dominate the global automated turf harvesters market during the forecast period. Also, the residential segment holds the highest share in the automated turf harvesters market.
The global automated turf harvesters market is analyzed across North America (the U.S. and Canada), Europe (the Netherlands, the UK, Germany, and rest of Europe), and Asia-Pacific (Australia and rest of Asia-Pacific). According to the automated turf harvesters market analysis, North America is expected to hold the largest automated turf harvesters market share throughout the study period. Europe ranks highest in terms of automated turf harvesters market growth. is expected to grow at the fastest rate. Europe is a major consumer of automated turf harvesters with respect to the golf course segment, owing to the highest number of golf courses, especially in England. These factors together are anticipated to grow the market significantly. Asia-Pacific is expected to exhibit growth during the automated turf harvesters forecast. However, Australia is already a major contributor for the automated turf harvesters market growth.

COMPETITION ANALYSIS
The key market players profiled in the report for tooling market include FireFly Automatix, Inc., Kesmac Inc., KWMI Equipment, MAGNUM ENP, Trebro Manufacturing, Inc. and Turf Tick Products B.V.
The companies are adopting product development strategy to expand their product features according the growing demands from the market. For instance, the company FireFly Automatix Inc. developed their automated turf harvester ProSlab 155 Turf Harvester by introducing new feature of GPS Auto-Steer. The guidance system enables operators to harvest a field in straight lines, on different terrains such as slopes, rolling terrains, or rough grounds. Moreover, the company FireFly Automatix, Inc. utilizes depth control system to adjust the thickness of turf which is cut according to the user’s requirement and thereby, improve the end product quality. Furthermore, these players have been operating using various representatives and distributors to provide better sales and services. For instance, the company TurfTick Products B.V. offers automated turf harvester product sales and services in the European Union under the company name Nannings van Vuuren Sales.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
 The report provides an extensive analysis of the current and emerging global automated turf harvesters market trends and dynamics.
 In-depth analysis of the market is conducted by constructing market estimations for the key market segments between 2018 and 2026.
 Extensive analysis of the market is conducted by following key product positioning and monitoring of the top competitors within the market framework.
 A comprehensive analysis of all the regions is provided to determine the prevailing opportunities.
 The global automated turf harvesters market forecast analysis from 2019 to 2026 in the report.
 The key market players within the market are profiled in this report and their strategies are analyzed thoroughly, which helps understand the competitive outlook of the industry.

GLOBAL AUTOMATED TURF HARVESTERS MARKET SEGMENTS
By Product Type
• Roll Turf Harvesters
• Slab Turf Harvesters

By Application
• Residential
• Commercial
• Golf Courses
• Sports/Athletics

By Region
• North America
o U.S.
o Canada
• Europe
o Netherlands
o The UK
o Germany
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o Australia
o Rest of Asia-Pacific

Key Players
• FireFly Automatix, Inc.
• Kesmac Inc.
• KWMI Equipment
• MAGNUM ENP
• Trebro Manufacturing, Inc.
• Turf Tick Products B.V.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Key Market Players
1.5. Research Methodology

1.5.1. Primary Research
1.5.2. Secondary Research
1.5.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Automated Turf Harvesters Market???????
2.2. Key Findings

2.2.1. Top Impacting Factors
2.2.2. Top Investment Pockets

2.3. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Parent/Peer Market Overview
3.3. Key Forces Shaping Automated Turf Harvesters Industry
3.4. Value Chain Analysis
3.5. Industry Pain Point Analysis
3.6. Market Dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Shift of Consumer Preferences Towards Automated Agricultural Machinery
3.6.1.2. Shortage of Labor On Farms
3.6.1.3. Adoption of Natural Turfs On Sports Fields

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. High Price And Affordability Only To Large Farm Owners
3.6.2.2. Popularity of Artificial Turf In Residential Sector

3.6.3. Opportunity

3.6.3.1. Notable Increase In Golf Courses In The Developing Nations

Chapter 4: Automated Turf Harvesters Market, By Product Type

4.1. Market Overview

4.1.1. Market Size And Forecast, By Product Type

4.2. Roll Turf Harvesters

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Slab Turf Harvesters

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Automated Turf Harvesters Market, By Application

5.1. Market Overview

5.1.1. Market Size And Forecast, By Application

5.2. Residential

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis By Country

5.3. Commercial

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis By Country

5.4. Golf Courses

5.4.1. Key Market Trends, Growth, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis By Country

5.5. Sports/Athletics

5.5.1. Key Market Trends, Growth, And Opportunities
5.5.2. Market Size And Forecast, By Region
5.5.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Automated Turf Harvesters Market, By Region

6.1. Market Overview

6.1.1. Market Size And Forecast, By Region

6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4. Market Size And Forecast, By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. U.S. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.4.1.2. U.S. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Canada Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.4.2.2. Canada Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Europe Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4. Europe Market Size And Forecast, By Application
6.3.5. Europe Market Size And Forecast, By Country

6.3.5.1. Netherlands

6.3.5.1.1. Netherlands Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.5.1.2. Netherlands Market Size And Forecast, By Application

6.3.5.2. Uk

6.3.5.2.1. Uk Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.5.2.2. Uk Market Size And Forecast, By Application

6.3.5.3. Germany

6.3.5.3.1. Germany Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.5.3.2. Germany Market Size And Forecast, By Application

6.3.5.4. Rest of Europe

6.3.5.4.1. Rest of Europe Market Size And Forecast, By Type
6.3.5.4.2. Rest of Europe Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4. Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Application
6.4.5. Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Country

6.4.5.1. Australia

6.4.5.1.1. Australia Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.5.1.3. Australia Market Size And Forecast, By Application

6.4.5.2. Rest of Asia-Pacific

6.4.5.2.1. Rest of Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.5.2.2. Rest of Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction

7.1.1. Market Player Positioning, 2018

7.2. Competitive Dashboard

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Firefly Automatix, Inc.

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Key Executives
8.1.3. Company Snapshot
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Kesmac Inc.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Key Executives
8.2.3. Company Snapshot
8.2.4. Product Portfolio

8.3. Kwmi Equipment

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Product Portfolio

8.4. Magnum Enp

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Key Executives
8.4.3. Company Snapshot
8.4.4. Product Portfolio

8.5. Trebro Manufacturing, Inc.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Key Executives
8.5.3. Company Snapshot
8.5.4. Product Portfolio

8.6. Turf Tick Products Bv

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Key Executives
8.6.3. Company Snapshot
8.6.4. Product Portfolio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC007
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業機械
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 選択的レーザー焼結装置の世界市場:レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー)、材料別(金属、ナイロン)、用途別、産業別、地域別予測
    本資料は、選択的レーザー焼結装置の世界市場について調べ、選択的レーザー焼結装置の世界規模、市場動向、市場環境、レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー)分析、材料別(金属、ナイロン)分析、用途別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・選択的レーザー焼結装置の世界市場概要 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場環境 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場動向 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:レーザータイプ別(固体レーザー、ガスレーザー) ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:材料別(金属、ナイロン) ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:用途別 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場規模:産業別 ・選択的レーザー焼結装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・選択的レーザー焼結装置の北米市場規模・予測 ・選択的レーザー焼結装置のアメリカ市場規模・予測 ・選択的レーザー焼結装置のヨーロッパ市場規模 …
  • 自動車用牽引装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用牽引装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用牽引装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動車用牽引装置とは、キャンピングカーやトレイラーなどを接続するために車両に乗せられる装置や付属品を指します。自動車用牽引装置には、予備車輪、ヒッチ、グーズネックヒッチ、牽引バー用ワイヤリングハーネス、重量配分装置、クロスバー、牽引用ロープや台車、ボールマウント、牽引バー、またチェーン、ストラップ、ヒッチロック、ヒッチカバー、ヒッチアライナー、予備車輪ヒッチアダプター、固定具などの牽引用付属品を含みます。Technavio社は自動車用牽引装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BOSAL• Brink Group• CURT Manufacturing• Demco• Horizon Global等 …
  • 頭蓋顎顔面インプラントの世界市場
    当調査レポートでは、頭蓋顎顔面インプラントの世界市場について調査・分析し、頭蓋顎顔面インプラントの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 果物・野菜用被膜剤の世界市場:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)、地域別予測
    本資料は、果物・野菜用被膜剤の世界市場について調べ、果物・野菜用被膜剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・果物・野菜用被膜剤の世界市場概要 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場環境 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場動向 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模 ・果物・野菜用被膜剤の世界市場規模:製品別(果物用被膜剤、野菜用被膜剤) ・果物・野菜用被膜剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・果物・野菜用被膜剤の北米市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアメリカ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤のアジア市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の日本市場規模・予測 ・果物・野菜用被膜剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • IoTセキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、IoTセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、IoTセキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのフットボール用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのフットボール用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのフットボール用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イランの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の麻酔器市場動向(~2021)
  • 繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場動向・予測(~2021年):ポリエステル繊維、エポキシ樹脂、炭素繊維、ガラス繊維
    当調査レポートでは、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドストレージソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウドストレージソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、産業別分析、クラウドストレージソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨関節炎用鎮痛剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場規模及び予測、剤形別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 分子分光分析法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、分子分光分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分子分光分析法の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レイノー病(Raynauds Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるレイノー病(Raynauds Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、レイノー病(Raynauds Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・レイノー病(Raynauds Disease)の概要 ・レイノー病(Raynauds Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のレイノー病(Raynauds Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レイノー病(Raynauds Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • モバイルプロジェクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルプロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • NMDA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNMDA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NMDA受容体アゴニストの概要 ・NMDA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のNMDA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NMDA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NMDA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生体認証(バイオメトリック認証)市場規模、エンドユーザー別(政府、医療、BFSI、その他)分析、認証方法別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場概要 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場環境 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場動向 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場規模 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:業界構造分析 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:エンドユーザー別(政府、医療、BFSI、その他) ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:認証方法別 ・生体認証(バイオメトリック認証)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生体認証(バイオメトリック認証)の北米市場規模・予測 ・生体認証(バイオメトリック認証)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • ガスタービンサービスの世界市場予測:ヘビーデューティ型、航空機転用型
    当調査レポートでは、ガスタービンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、サービスプロバイダ別分析、ガスタービンサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消化性潰瘍治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消化性潰瘍治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、消化性潰瘍治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT接続の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、IoT接続の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、組織規模別分析、用途範囲別(ビルディング&ホームオートメーション、スマートエネルギー&ユーティリティ、スマートマニュファクチャリング、コネクテッドヘルス、スマートリテール、スマート交通)分析、IoT接続の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、IoT接続の世界市場規模が2019年38億ドルから2024年89億ドルまで年平均18.7%成長すると予測しています。
  • 創薬サービスの世界市場予測(~2022年):医薬品化学、生物学サービス、DMPK
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創薬サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセス別分析、種類別分析、薬品タイプ別分析、治療分野別分析、創薬サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の診断カテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の診断カテーテル市場2015について調査・分析し、診断カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • EV充電用通信装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、EV充電用通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別(EVCCおよびSECC)分析、充電タイプ別(有線、無線)分析、電気自動車種類別(BEVおよびPHEV)分析、車両タイプ別(乗用車および商用車)分析、EV充電用通信装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、EV充電用通信装置の世界市場規模が2019年55百万ドルから2027年563百万ドルまで年平均33.8%成長すると予測しています。
  • 債権回収ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェアおよびサービス)、展開別(クラウドおよびオンプレミス)、組織規模別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(金融機関、収集機関、医療、政府、電気通信および公益事業、その他)
    当調査レポートでは、債権回収ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、展開別分析、組織規模別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・債権回収ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェアおよびサービス) ・債権回収ソフトウェアの世界市場:展開別(クラウドおよびオンプレミス) ・債権回収ソフトウェアの世界市場:組織規模別(中小企業、大企業) ・債権回収ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(金融機関、収集機関、医療、政府、電気通信および公益事業、その他) ・債権回収ソフトウェアの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 再生可能エネルギーの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の再生可能エネルギー市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・再生可能エネルギーの世界市場:イントロダクション ・再生可能エネルギーの世界市場:市場概観 ・再生可能エネルギーの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・再生可能エネルギーの世界市場:セグメント別市場分析 ・再生可能エネルギーの世界市場:主要地域別市場分析 ・再生可能エネルギーの世界市場:関連企業分析
  • 紙・板紙包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、紙・板紙包装の世界市場について調査・分析し、紙・板紙包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 紙・板紙包装の世界市場:市場動向分析 - 紙・板紙包装の世界市場:競争要因分析 - 紙・板紙包装の世界市場:グレード別 ・漂白硫酸塩ボード(SBS) ・裏白チップボール(WLC) ・コート無漂白クラフトボール ・厚紙(FBB) ・グラシン・耐油紙 ・ラベル用紙 ・その他 - 紙・板紙包装の世界市場:種類別 ・段ボール箱 ・フレキシブル包装紙 ・ボール紙 - 紙・板紙包装の世界市場:用途別 ・食品 ・飲料 ・パーソナル・ホームケア ・医療 ・その他 - 紙・板紙包装の世界市場:主要地域別分析 - 紙・板紙包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 紙・板紙包装のヨーロッパ市場規模 - 紙・板紙包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・紙・板紙包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 医療用ITの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ITの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用IT市場規模、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Electric, IBM, McKesson Corportation, Koninklijke Philips, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ITの世界市場概要 ・医療用ITの世界市場環境 ・医療用ITの世界市場動向 ・医療用ITの世界市場規模 ・医療用ITの世界市場:業界構造分析 ・医療用ITの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・医療用ITの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ITの北米市場規模・予測 ・医療用ITのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ITのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ITの主要国分析 ・医療用ITの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 生分解性紙包装材料の世界市場
    当調査レポートでは、生分解性紙包装材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生分解性紙包装材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性医療診断の世界市場
    当調査レポートでは、女性医療診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性医療診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NFCシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、NFCシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、NFCシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • HIV/AIDS検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 無人地上車両(UGV)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、無人地上車両(UGV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、サイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCHSB市場2016
    本調査レポートでは、世界のCHSB市場2016について調査・分析し、CHSBの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゲームチェア市場2019
    本調査レポートでは、世界のゲームチェア市場2019について調査・分析し、ゲームチェアの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ゲームチェアのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ゲームチェアメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ゲームチェアの市場概要 ・ゲームチェアの上流・下流市場分析 ・ゲームチェアのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ゲームチェアのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ゲームチェアのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ゲームチェアの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ゲームチェアの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ゲームチェアの北米市場:市場予測(生産 …
  • ベネズエラの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界の菜種油市場2015
    本調査レポートでは、世界の菜種油市場2015について調査・分析し、菜種油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産飼料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、水産飼料の世界市場について調査・分析し、水産飼料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・水産飼料の世界市場規模:機能別分析 ・水産飼料の世界市場規模:材料別分析 ・水産飼料の世界市場規模:形状別分析 ・水産飼料の世界市場規模:添加物別分析 ・水産飼料の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・水産飼料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 使い捨て医療機器センサの世界市場
    当調査レポートでは、使い捨て医療機器センサの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・使い捨て医療機器センサの世界市場:用途別分析/市場規模 ・使い捨て医療機器センサの世界市場:製品別分析/市場規模 ・使い捨て医療機器センサの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・使い捨て医療機器センサの世界市場:配置別分析/市場規模 ・使い捨て医療機器センサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・使い捨て医療機器センサのアメリカ市場規模予測 ・使い捨て医療機器センサのヨーロッパ市場規模予測 ・使い捨て医療機器センサのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 実験室規模凍結乾燥機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、実験室規模凍結乾燥機の世界市場について調査・分析し、実験室規模凍結乾燥機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別実験室規模凍結乾燥機シェア、市場規模推移、市場規模予測、実験室規模凍結乾燥機種類別分析(タイプ1、タイプ2、タイプ3、タイプ4)、実験室規模凍結乾燥機用途別分析(医薬品、飲食料品、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・実験室規模凍結乾燥機の市場概観 ・実験室規模凍結乾燥機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・実験室規模凍結乾燥機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・実験室規模凍結乾燥機の世界市場規模 ・実験室規模凍結乾燥機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・実験室規模凍結乾燥機のアメリカ市場規模推移 ・実験室規模凍結乾燥機のカナダ市場規模推移 ・実験室規模凍結乾燥機のメキシコ市場規模推移 ・実験室規模凍結乾燥機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・実験室規模凍結乾燥機のドイツ市場規模 …
  • 乗馬用プロテクターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、乗馬用プロテクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乗馬用プロテクター市場規模、製品別(防護服、ブーツ、ヘルメット、その他)分析、エンドユーザー別(レクリエーションユーザー、プロユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・乗馬用プロテクターの世界市場概要 ・乗馬用プロテクターの世界市場環境 ・乗馬用プロテクターの世界市場動向 ・乗馬用プロテクターの世界市場規模 ・乗馬用プロテクターの世界市場:業界構造分析 ・乗馬用プロテクターの世界市場:製品別(防護服、ブーツ、ヘルメット、その他) ・乗馬用プロテクターの世界市場:エンドユーザー別(レクリエーションユーザー、プロユーザー) ・乗馬用プロテクターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・乗馬用プロテクターの北米市場規模・予測 ・乗馬用プロテクターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・乗馬用プロテクターのアジア太平洋市場規模・予測 ・乗馬用プロテクターの主 …
  • モバイルコンテンツの世界市場:ゲーム、動画、オーディオ、テキスト
    当調査レポートでは、モバイルコンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルコンテンツの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペンタンプラスの世界市場:タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン)、用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、、化学溶剤、電子洗浄、その他)、地域別予測
    本資料は、ペンタンプラスの世界市場について調べ、ペンタンプラスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン)分析、用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、分析、化学溶剤、電子洗浄、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ペンタンプラスの世界市場概要 ・ペンタンプラスの世界市場環境 ・ペンタンプラスの世界市場動向 ・ペンタンプラスの世界市場規模 ・ペンタンプラスの世界市場規模:タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン) ・ペンタンプラスの世界市場規模:用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、 ・ペンタンプラスの世界市場規模:化学溶剤、電子洗浄、その他) ・ペンタンプラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ペンタンプラスの北米市場規模・予測 ・ペンタンプラスのアメリカ市場規模・予測 ・ペンタンプラスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ペンタンプラスのアジア市場規模・予測 ・ペンタンプラスの日本市場規模・ …
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 抗菌性ガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、抗菌性ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗菌性ガラスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場予測(~2023年)
    P2P CDNの世界市場は、2018年の13億米ドルから2023年には26億米ドルに達し、この期間中14.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。デジタル化とビデオCDNは、さまざまな企業で盛り上がりを見せています。 これを受けて、リアルタイムのビデオストリーミングソリューション向けのモバイルデバイスの採用が増加すると期待されています。 CDNは動画配信の主な方法です。 つまり、動画ストリーミングサービスが拡大することにより、商用P2P CDN市場の成長が後押されると考えられています。一方で、ネットワーク接続や動画ストリーミングの技術的な問題などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、商用P2Pコンテンツデリバリネットワーク(CDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンテンツタイプ(ビデオと非ビデオ)分析、ソリューション(ウェブパフォーマンスの最適化、メディアデリバリ、クラウドセキュリティ)分析、サービス分析、エンドユーザーセグメント(消費者、ビジネス)分析、商用P2Pコンテ …
  • 物理蒸着(PVD)完成蛇口の世界市場2015–2020:カラーバリエーション別(クロム、ニッケル、ローズ、ブラック、ゴールド)、用途別(住宅、ホテル)、地域別(北米、ドイツ、中国)
    本調査レポートでは、物理蒸着(PVD)完成蛇口の世界市場について調査・分析し、物理蒸着(PVD)完成蛇口の世界市場動向、物理蒸着(PVD)完成蛇口の世界市場規模、市場予測、セグメント別物理蒸着(PVD)完成蛇口市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジアのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート鉄道の世界市場規模が2019年205億ドルから2024年390ドルまで年平均13.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート鉄道市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、提供別(ソリューション、サービス)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスマート鉄道市場:提供別(ソリューション、サービス) ・世界のスマート鉄道市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 世界のタブレット用ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用ディスプレイ市場2015について調査・分析し、タブレット用ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤外線式モーションセンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式モーションセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式モーションセンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"