"地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC023)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global ground to air on-board connectivity market was valued at $9.68 billion in 2018, and is projected to reach $24.44 billion by 2026, registering a CAGR of 13.8% from 2019 to 2026. On-board connectivity refers to internet connectivity in aircraft, ships, railways, and other modes of transportation systems. The on-board connectivity services include mobile phone internet access, wireless internet access, and other data sharing services. In addition, it allows smartphones, tablets, and laptops to send and receive texts, emails, and other multi-media messages. Although, the purpose of on-board connectivity for trains, ships, and on airplanes differs, the major reason behind its offering is to keep passengers entertained while travelling. In addition, many airlines, trains, and public transportation buses have started offering on-board connectivity to their customers, which is fuels the ground to air on-board connectivity market growth.
Increase in IT expenditure in aviation, railway, and maritime industries and rise in disposable income of consumers are the major factors that fuel the demand for the ground market. In addition, liberalization in the transportation sector in the emerging markets is also drives the market growth. However, high cost associated with the deployment of on-board connectivity systems is expected to impede the market growth. In addition, connectivity issue is anticipated to hamper the growth of the market, as high-speed trains move quickly from one cellular tower to another. Furthermore, increase in government initiatives to enhance customer services are expected to provide lucrative opportunities for the growth of the ground to air on-board connectivity market.
The global ground to air on-board connectivity market is segmented on the basis of component, application, end use, and region. By component, it is classified into hardware and services. As per application, it is categorized into entertainment and communication. By end use, it is divided into maritime, railway, aviation, and on-road transit. Region-wise it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
The global ground to air on-board connectivity market is dominated by key players such as ALE International, Bombardier Inc., Global Eagle Entertainment Inc., Gogo Inc., Honeywell, International Inc., Inmarsat Plc., Panasonic Corporation, Rockwell Collins, Thales Group, Deutsche Telekom AG, and others.

KEY BENEFITS
• The study provides an in-depth analysis of the global ground to air on-board connectivity market along with current trends & future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• Information about the key drivers, restraints, and opportunities and their impact analyses on the market is provided.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of buyers and suppliers operating in the industry.
• The quantitative analysis of the market from 2018 to 2026 is provided to determine the market potential.

KEY MARKET SEGMENTS
By Component
• Hardware
 Antennas
 Transceivers
 Ethernet Switches
 Wireless Access Point
 Others
• Services
 Managed Service
 Consulting Service
 Integration and Implementation Service
By Application
• Entertainment
• Communication
By End Use
• Maritime
• Railway
• Aviation
• On-road Transit
 Cars
 Buses
By Region
• North America
o U.S.
o Canada
• Europe
o UK
o Germany
o France
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o China
o India
o Japan
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Latin America
o Middle East
o Africa

KEY MARKET PLAYERS
• ALE International
• Bombardier Inc.
• Deutsche Telekom AG
• Global Eagle Entertainment Inc.
• Gogo Inc.
• Honeywell International Inc.
• Inmarsat Plc.
• Panasonic Corporation
• Rockwell Collins
• Thales Group


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Research Methodology

1.3.1. Secondary Research
1.3.2. Primary Research
1.3.3. Analyst Tools & Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.2.3. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Key Player Positioning, 2018
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Increase In It Spending In The Aviation, Railway, And Maritime Industry
3.5.1.2. Rise In Consumer Disposable Income
3.5.1.3. Growth In Number of Airline Passengers

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. High Cost Associated With The Deployment
3.5.2.2. Connectivity Issues

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Increase In Government Initiatives To Enhance Customer Services

3.6. Case Studies: On-Board Connectivity Solutions

Chapter 4: Ground To Air On-Board Connectivity Market, By Components

4.1. Overview
4.2. Hardware

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis, By Country
4.2.4. Ground To Air On-Board Connectivity Market , By Component

4.2.4.1. Antennas
4.2.4.2. Transceivers
4.2.4.3. Ethernet Switches
4.2.4.4. Wireless Access Point
4.2.4.5. Others
4.2.4.6. Ground To Air On-Board Connectivity Market Size And Forecast, By Hardware Component Type

4.3. Services

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis, By Country
4.3.4. Ground To Air On-Board Connectivity Market, By Component Type

4.3.4.1. Managed Service
4.3.4.2. Consulting Service
4.3.4.3. Integration And Implementation Service
4.3.4.4. Ground To Air On-Board Connectivity Market Size And Forecast, By Service Component Type

Chapter 5: Ground To Air On-Board Connectivity Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Entertainment

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis, By Country

5.3. Communication

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis, By Country

Chapter 6: Ground To Air On-Board Connectivity Market, By End Use

6.1. Overview
6.2. Maritime

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Region
6.2.3. Market Analysis, By Country

6.3. Railway

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Region
6.3.3. Market Analysis, By Country

6.4. Aviation

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Region
6.4.3. Market Analysis, By Country

6.5. On-Road Transit

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Region
6.5.3. Market Analysis, By Country
6.5.4. Ground To Air On-Board Connectivity On-Road Transit Market, By End User

6.5.4.1. Cars
6.5.4.2. Buses
6.5.4.3. On-Board Connectivity Solutions Market Size And Forecast, By On-Road Transit End Use

Chapter 7: Ground To Air On-Board Connectivity Market, By Region

7.1. Overview
7.2. North America

7.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.2.2. Market Size And Forecast

7.2.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.2.3. Market Size And Forecast, By End Use
7.2.2.4. Market Size And Forecast, By Country
7.2.2.5. U.S.

7.2.2.5.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.2.5.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.2.5.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.2.2.6. Canada

7.2.2.6.1. Market Size And Forecast, By Component
7.2.2.6.2. Market Size And Forecast, By Application
7.2.2.6.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.3. Europe

7.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.3.2. Market Size And Forecast

7.3.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.2.3. Market Size And Forecast, By End Use
7.3.2.4. Market Size And Forecast, By Country
7.3.2.5. Uk

7.3.2.5.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.2.5.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.2.5.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.3.2.6. Germany

7.3.2.6.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.2.6.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.2.6.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.3.2.7. France

7.3.2.7.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.2.7.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.2.7.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.3.2.8. Rest of Europe

7.3.2.8.1. Market Size And Forecast, By Component
7.3.2.8.2. Market Size And Forecast, By Application
7.3.2.8.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.4.2. Market Size And Forecast, By Component
7.4.3. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4. Market Size And Forecast, By End Use

7.4.4.1. China

7.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4.1.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.4.4.2. India

7.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4.2.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.4.4.3. Japan

7.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4.3.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.4.4.4. Australia

7.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4.4.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

7.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Component
7.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4.5.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.5. Lamea

7.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
7.5.2. Market Size And Forecast, By Component
7.5.3. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4. Market Size And Forecast, By End Use

7.5.4.1. Latin America

7.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4.1.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.5.4.2. Middle East

7.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4.2.3. Market Size And Forecast, By End Use

7.5.4.3. Africa

7.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Component
7.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4.3.3. Market Size And Forecast, By End Use

Chapter 8: Company Profile

8.1. Ale International

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Bombardier

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Global Eagle

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. Business Performance
8.3.6. Key Strategic Moves And Developments

8.4. Gogo Inc

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Product Portfolio
8.4.5. Business Performance
8.4.6. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Honeywell International Inc.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Product Portfolio
8.5.5. Business Performance
8.5.6. Key Strategic Moves And Developments

8.6. Inmarsat Plc.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance
8.6.6. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Panasonic Corporation

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments
8.7.4. Product Portfolio
8.7.5. Business Performance
8.7.6. Key Strategic Moves And Developments

8.8. Rockwell Collins (United Technologies)

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Operating Business Segments
8.8.4. Product Portfolio
8.8.5. Business Performance
8.8.6. Key Strategic Moves And Developments

8.9. Thales Group

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Operating Business Segments
8.9.4. Product Portfolio
8.9.5. Business Performance
8.9.6. Key Strategic Moves And Developments

8.10. Deutsche Telekom Ag

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Operating Business Segments
8.10.4. Product Portfolio
8.10.5. Business Performance
8.10.6. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC023
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】メディア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 拡張型心筋症治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、拡張型心筋症治療薬の世界市場について調査・分析し、拡張型心筋症治療薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 航空機用燃料タンクの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(外部、内部)分析、エンドユーズ別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(民間航空、軍事航空)分析、材料別(炭素系複合材料、金属合金、ハイブリッド、ポリマー)分析、航空機用燃料タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機用燃料タンクの世界市場規模が2019年869百万ドルから2025年954百万ドルまで年平均1.6%成長すると予測しています。
  • ハロゲンフリー難燃剤の世界市場:水酸化アルミニウム、有機リン化学品
    当調査レポートでは、ハロゲンフリー難燃剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のFPC市場2015
    本調査レポートでは、世界のFPC市場2015について調査・分析し、FPCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場
    当調査レポートでは、セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アロマ成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アロマ成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アロマ成分市場規模、種類別(合成成分/アロマケミカル、天然成分/エッセンシャルオイル)分析、用途別(化粧品、ファインフレグランス、石鹸・洗剤、トイレタリー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アロマ成分の世界市場:市場動向分析 ・ アロマ成分の世界市場:競争要因分析 ・ アロマ成分の世界市場:種類別(合成成分/アロマケミカル、天然成分/エッセンシャルオイル) ・ アロマ成分の世界市場:用途別(化粧品、ファインフレグランス、石鹸・洗剤、トイレタリー、その他) ・ アロマ成分の世界市場:主要地域別分析 ・ アロマ成分の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ アロマ成分のヨーロッパ市場規模 ・ アロマ成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アロマ成分の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ハイキング(登山)用品の世界市場:衣類、靴
    当調査レポートでは、ハイキング(登山)用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイキング(登山)用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dレーザー切断機の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、3Dレーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dレーザー切断機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dレーザー切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、Jenoptik、Mazak Optonics、Prima Industrie、TRUMPF等です。
  • アジア太平洋の心臓ペースメーカー市場(~2019)
  • 種子脱穀機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、種子脱穀機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子脱穀機市場規模、製品別(ディスク式、インパクト式)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・種子脱穀機の世界市場概要 ・種子脱穀機の世界市場環境 ・種子脱穀機の世界市場動向 ・種子脱穀機の世界市場規模 ・種子脱穀機の世界市場:業界構造分析 ・種子脱穀機の世界市場:製品別(ディスク式、インパクト式) ・種子脱穀機の世界市場:用途別 ・種子脱穀機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・種子脱穀機のアメリカ市場規模・予測 ・種子脱穀機のヨーロッパ市場規模・予測 ・種子脱穀機のアジア市場規模・予測 ・種子脱穀機の主要国分析 ・種子脱穀機の世界市場:意思決定フレームワーク ・種子脱穀機の世界市場:成長要因、課題 ・種子脱穀機の世界市場:競争環境 ・種子脱穀機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • グリーン・キレート剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーン・キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベアリング市場規模・予測2014-2025:用途別(自動車、農業、電子、鉱業・建築、線路・航空宇宙、自動車アフターマーケット・その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベアリング市場について調査・分析し、世界のベアリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベアリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブラジルの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • メタクリル酸メチル(MMA)の世界市場:複合材料、金属、プラスチック
    当調査レポートでは、メタクリル酸メチル(MMA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗膜防水用メンブレンの世界市場:エラストマ膜(アクリル膜、ポリウレタン膜)、歴青膜、セメント膜
    当調査レポートでは、塗膜防水用メンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用窒素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業用窒素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用窒素市場規模、輸送区分別(トン/パイプライン、シリンダー・パッケージガス、バルク)分析、グレード別(低純度、高純度)分析、形態別(液体窒素、圧縮ガス)分析、技術別(圧力スイング吸着、膜分離、極低温フラクション蒸留)分析、エンドユーザー別(製薬・ヘルスケア、農薬、石油化学、石油・ガス、金属製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用窒素の世界市場:市場動向分析 ・ 産業用窒素の世界市場:競争要因分析 ・ 産業用窒素の世界市場:輸送区分別(トン/パイプライン、シリンダー・パッケージガス、バルク) ・ 産業用窒素の世界市場:グレード別(低純度、高純度) ・ 産業用窒素の世界市場:形態別(液体窒素、圧縮ガス) ・ 産業用窒素の世界市場:技術別(圧力スイング吸着、膜分離、極低温フラクション蒸留) ・ 産業用窒素の世界市場:エンドユーザー別(製薬・ヘルスケア、 …
  • デオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・デオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸メチルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、金属フォームの世界市場規模が2019年84百万ドルから2024年103百万ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。本書は、世界の金属フォーム市場について調査・分析し、市場概要、材料別(アルミニウム、ニッケル、銅)分析、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音材、その他)分析、エンドユーズ産業別(自動車、建設・インフラ、産業、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、ニッケル、銅) ・世界の金属フォーム市場:用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音材、その他) ・世界の金属フォーム市場:エンドユーズ産業別(自動車、建設・インフラ、産業、その他) ・世界の金属フォーム市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • ベアリングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、ベアリングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベアリングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベアリング種類別分析(ボールベアリング、ローラーベアリング)、ベアリング用途別分析(自動車産業、工業用機械、航空宇宙産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベアリングの市場概観 ・ベアリングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベアリングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベアリングの世界市場規模 ・ベアリングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベアリングのアメリカ市場規模推移 ・ベアリングのカナダ市場規模推移 ・ベアリングのメキシコ市場規模推移 ・ベアリングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ベアリングのドイツ市場規模推移 ・ベアリングのイギリス市場規模推移 ・ベアリングのロシア市場規模推移 ・ベアリングのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア …
  • エンドポイント検出及び対応の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エンドポイント検出及び対応の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンドポイント検出及び対応の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・配置別市場分析 ・エンドユーザー別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・購買基準 ・ファイブフォース分析 ・競争状況 ・主要企業の概要 ・付録
  • 癒着防止剤の世界市場:ヒアルロン酸、フィブリン、再生セルロース、コラーゲン、タンパク質
    当調査レポートでは、癒着防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、製品形状別分析、用途別分析、地域別分析、癒着防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トランスミッションフルードの世界市場予測(~2021年):オートマチックトランスミッションフルード(ATF)、マニュアルトランスミッションフルード(MTF)、CVT、DCT
    当調査レポートでは、トランスミッションフルードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、オイル別分析、需要先別分析、地域別分析、トランスミッションフルードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 滅菌装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、滅菌装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・滅菌装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・滅菌装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・滅菌装置の製品パイプライン分析 ・滅菌装置の治験動向 ・主要企業分析 ・滅菌装置の世界市場規模予測 ・滅菌装置の地域別市場規模予測
  • 世界のレシチン市場2015
    本調査レポートでは、世界のレシチン市場2015について調査・分析し、レシチンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベンズアルデヒドの世界市場動向・予測
  • 産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場
    当調査レポートでは、産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場について調査・分析し、産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場:指紋認証、音声認証、顔認証
    当調査レポートでは、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小児がん(Pediatric Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、小児がん(Pediatric Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・小児がん(Pediatric Cancer)の概要 ・小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の小児がん(Pediatric Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・小児がん(Pediatric Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 無水クロム酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無水クロム酸の世界市場について調査・分析し、無水クロム酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無水クロム酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、無水クロム酸種類別分析(純度99.7%、純度99.8%、純度99.9%)、無水クロム酸用途別分析(印刷・染色産業、電気メッキ産業、木材防腐、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無水クロム酸の市場概観 ・無水クロム酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無水クロム酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無水クロム酸の世界市場規模 ・無水クロム酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無水クロム酸のアメリカ市場規模推移 ・無水クロム酸のカナダ市場規模推移 ・無水クロム酸のメキシコ市場規模推移 ・無水クロム酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無水クロム酸のドイツ市場規模推移 ・無水クロム酸のイギリス市場規模推移 ・無水クロム酸のロシア市場規模推移 ・無水クロム酸のア …
  • フランスの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 圧力伝送器の世界市場予測(~2024年):絶対圧、ゲージ圧、差圧、多変数
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、圧力伝送器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(絶対圧、ゲージ圧、差圧、多変数)分析、用途別分析、フルードタイプ別分析、産業別(石油・ガス、化学品、電力、医薬品、食品・飲料)分析、圧力伝送器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性リンパ芽球性リンパ腫(Acute Lymphoblastic Lym …
  • PoE(パワー・オーバー・イーサネット) チップセットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PoE(パワー・オーバー・イーサネット) チップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PoE(パワー・オーバー・イーサネット) チップセットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の患者ハンドリング装置市場:種類別(車いす、モビリティスクーター、医療用ベッド(電動ベッド)、患者移動装置(リフト(天井リフト)、スリング、スライドシート)、ストレッチャー)、エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定)
    MarketsandMarkets社は、患者ハンドリング装置の世界市場規模が2019年89億ドルから2024年126億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の患者ハンドリング装置市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(患者移送装置、医療用ベッド、可動装置、バスルーム&トイレ補助装置、ストレッチャー&輸送用椅子)分析、エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の患者ハンドリング装置市場:種類別(患者移送装置、医療用ベッド、可動装置、バスルーム&トイレ補助装置、ストレッチャー&輸送用椅子) ・世界の患者ハンドリング装置市場:エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定、その他のエンドユーザー) ・世界の患者ハンドリング装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(ヒトフィブリノーゲン濃縮物、動物フィブリノーゲン濃縮物)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(先天性フィブリノーゲン欠乏、外科的処置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃 …
  • 空港用報知システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港用報知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港用報知システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港用報知システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、NEC、Rockwell Collins、RESA、Simpleway、SITA等です。
  • 植物抽出物の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、植物抽出物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物抽出物市場規模、用途別(食品・飲料、健康補助食品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物抽出物の世界市場概要 ・植物抽出物の世界市場環境 ・植物抽出物の世界市場動向 ・植物抽出物の世界市場規模 ・植物抽出物の世界市場:業界構造分析 ・植物抽出物の世界市場:用途別(食品・飲料、健康補助食品、化粧品) ・植物抽出物の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物抽出物の北米市場規模・予測 ・植物抽出物のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・植物抽出物のアジア太平洋市場規模・予測 ・植物抽出物の主要国分析 ・植物抽出物の世界市場:意思決定フレームワーク ・植物抽出物の世界市場:成長要因、課題 ・植物抽出物の世界市場:競争環境 ・植物抽出物の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • インドの風力発電市場2016
  • ハンガリーの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 浮選剤の世界市場:種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他)、用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他)、地域別予測
    本資料は、浮選剤の世界市場について調べ、浮選剤の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他)分析、用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHuntsman、BASF SE、The DOW Chemical Company、Clariant AG、Evonik Industries、Orica Limited、SNF Floerger SAS、Akzonobelなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・浮選剤の世界市場概要 ・浮選剤の世界市場環境 ・浮選剤の世界市場動向 ・浮選剤の世界市場規模 ・浮選剤の世界市場規模:種類別(凝集剤、捕収剤、起泡剤、分散剤、その他) ・浮選剤の世界市場規模:用途別(爆薬・掘削、選鉱、上下水道処理、その他) ・浮選剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・浮選剤の北米市場規模・予測 ・浮選剤のアメリカ市場規模・予測 ・浮選剤のヨーロッパ市場規模・ …
  • モバイルAR(拡張現実)・VR(仮想現実)アプリの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルAR(拡張現実)・VR(仮想現実)アプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルAR(拡張現実)・VR(仮想現実)アプリの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の神経インターベンション装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、神経インターベンション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経インターベンション装置の概要 ・神経インターベンション装置の開発動向:開発段階別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:セグメント別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:領域別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:規制Path別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別神経インターベンション装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・神経インターベンション装置の最近動向
  • X線検出器の世界市場:フラットパネル検出器、CR検出器、CCD検出器、ラインスキャン検出器
    当調査レポートでは、X線検出器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、パネルサイズ別分析、用途別分析、地域別分析、X線検出器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • クラウドサービス仲介および実施可能要件の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クラウドサービス仲介および実施可能要件の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場見通し2016-2022:産業用協調ロボット、サービスロボット
    当調査レポートでは、ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場について調査・分析し、ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:市場動向分析 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:競争要因分析 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:プラットフォーム別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の北米市場規模 ・ロボットによるモノのインターネット(IoRT)の欧州市場規模 ・ロボットによるモノのインター …
  • オフショアデコミッショニングの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフショアデコミッショニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(ウェルプラグ&放棄、プラットフォーム削除、その他)分析、深さ別(浅い、深海)分析、構造別(上部、下部構造)分析、取り外し別(所定場所、部分的、完全)分析、オフショアデコミッショニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフショアデコミッショニングの世界市場規模が2019年62億ドルから2027年89億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • 静止画像の世界市場2017-2021:写真、その他
    当調査レポートでは、静止画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静止画像の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゼオライト系分子篩市場2016
    本調査レポートでは、世界のゼオライト系分子篩市場2016について調査・分析し、ゼオライト系分子篩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"