"微小電気機械システム(MEMS)センサーの世界市場:タイプ別(慣性センサー、圧力センサー、光学センサー、環境センサー、および超音波センサー)、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC036)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"微小電気機械システム(MEMS)センサーの世界市場:タイプ別(慣性センサー、圧力センサー、光学センサー、環境センサー、および超音波センサー)、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global microelectromechanical system (MEMS) sensor market was valued at $25.7 million in 2018, and is projected to reach $60.6 million by 2026, registering a CAGR of 10.4% from 2019 to 2026. Microelectromechanical systems (MEMS) are micrometer-scale devices that integrate electrical and mechanical elements. This technology includes very small, moving mechanical parts, and electrical components and is used to fabricate sensors such as accelerometers, gyroscopes, digital compasses, inertial modules, pressure sensors, humidity sensors, and microphones.

Impending need of device miniaturization in various electronic devices such as smartphones, wearable devices, medical instruments, and other electronic devices fuel the growth of the MEMS sensor market. The demand for these devices is on a continuous rise with the decline in average selling prices (ASPs) and increase in benefits of MEMS devices, such as low cost, less space consumption, and high accuracy. Moreover, these devices are small enough to be soldered directly onto the circuit boards, which reduces the cost of the technology.

MEMS Sensor Market

Get more information on this report : Request Sample Pages

High adoption in smartphones, developments in the portable electronic market, increase in popularity of Internet of Things (IoT), and robust demand in the automation industry drive the growth of the overall microelectromechanical system (MEMS) sensor industry. Sensor manufacturing companies use MEMS technology to fabricate a wide range of sensors, owing to its low power consumption, small size, and high precision. These manufacturers are developing new MEMS-based sensors for various applications to increase their market presence in distinctive areas.

According to the MEMS sensor market analysis, factors such as surge in demand for wireless sensor in consumer electronics emerging trends of sensor in automotive industry, and increase in popularity of IoT in sensors boost the growth of the global MEMS sensor market share. However, high cost hampers the market growth. Furthermore, emerging trends toward autonomous vehicles and increase in adoption of MEMS sensor in biomedical sector are expected to offer lucrative opportunities for MEMS sensor market expansion.

Microelectromechanical System (MEMS) Sensor Market
By TypeOptical Sensor segment is projected as one of the most lucrative segments.
Get more information on this report : Request Sample Pages

Segmentation

The global MEMS sensor market share is analyzed by type, application, and region. Based on type, the market is analyzed across inertial sensors, pressure sensor, optical sensor, environment sensor, and ultrasonic sensor. On the basis of application, the market is divided into consumer electronics, automotive, industrial, aerospace & defense, healthcare, and telecommunication. Based on region, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

The key leaders profiled in the MEMS sensor industry include Panasonic Corporation, Robert Bosch GmbH, STMicroelectronics N.V., Texas Instruments, Analog Devices Inc., Broadcom, Denso Corporation, HP Inc., NXP Semiconductors, and Knowles Corporation. These key players have adopted strategies, such as product portfolio expansion, mergers & acquisitions, agreements, geographical expansion, and collaboration to enhance their market penetration.

Top Impacting Factors

The factors such as rise in demand for wireless sensors, development of trends of sensors in automotive industry, increase in popularity of IoT in sensors, high cost, and increase in adoption of MEMS sensor in biomedical sector are expected to significantly affect the growth of the global MEMS sensor market. These factors are anticipated to either drive or hamper the MEMS sensor market growth.

Emerging trends of sensors in the automotive industry

Sensors have become an intrinsic part of the production process, as they help increase the efficiency and precision through automation. Sensors are used to keep a track of various parameters such as temperature, pressure, flow, level, and other parameters to control the whole process and ease it through robots. Smart MEMS sensors such as pressure sensors and sensors used in accelerometers are used in vehicles in the automobile industry to provide benefits such as safety and fuel efficiency. For instance, a smart sensor processes real-time data and notifies the engine-related problems. Moreover, these facilitate communication between engine, suspension, braking, and other controls of vehicles. Vehicle safety issues have led vehicle manufacturers to adopt smart sensors at a high rate, such as in airbags for safety. These air bags are more effective compared to the conventional air bags in sensing accidents, thus minimizing accidents and injuries sustained by the passengers. This factor is expected to drive the growth of the global MEMS sensor market size.

Microelectromechanical System (MEMS) Sensor Market
By ApplicationConsumer Electronics segment is expected to secure leading position during forecast period.
Get more information on this report : Request Sample Pages

High Cost

The addition of sensors helps increase automation in electronic devices; however, it incurs an extra cost. The incorporation of sensors facilitates extra features and makes the devices more automated, although, it incurs some additional cost and thereafter it is avoided in cost-effective applications. In devices which are continuously used for a long time, such as smart phones, laptops, and cameras, sensors create heating issues and reduce their overall life as these devices have components, which are temperature sensitive. The devices which use battery as their power source, sensors reduce their battery life as they rely on device battery for their operation, and thus hampers the growth of MEMS sensor market forecast globally.

Moreover, smart sensors are expensive compared to other conventional sensors. Over the past five years, cost of smart sensors has reduced to about 10% per year due to increase in production and technological advancements in these sensors. However, they are still expensive as compared to other conventional sensors, thereby limiting the market growth. As a result, the adoption rate of these sensors is low across different applications. Thus, the high cost of smart sensors restrains the growth of the MEMS sensor market trends.

Emerging trends toward autonomous vehicle

The concept of driverless cars is based on the data collected by various MEMS sensors such as speed sensor, accelerometer, position sensor, proximity sensor, and others. This data is constantly collected and processed through a centralized control system, which controls the motion of car and the need for driver is eliminated. Companies such as Google and Tesla are investing heavily on R&D of these cars, and the technology is currently in testing phase. Positive results from tests are anticipated to drive the growth of the market in the future. For instance, in October 2016, Google tested its driverless car in the UK for a 1-km stretch, near a railway station, and a fleet of 40 such cars is anticipated to be available for public use by next year, thus fueling the demand for MEMS in the years to come, and offering lucrative opportunities for MEMS sensor market forecast globally.

Microelectromechanical System (MEMS) Sensor Market
By Region
2026 Asia-Pacific North AmericaEuropeLAMEAAsia-Pacific region would exhibit the highest CAGR of 23.9% during 2019-2026
Get more information on this report : Request Sample Pages

Key Benefits for MEMS Sensor Market :
This study includes the analytical depiction of the global MEMS sensor market size along with the current trends and future estimations to determine the imminent investment pockets.
The MEMS sensor market opportunity is determined to understand the profitable trends to gain a stronger foothold.
The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with a detailed impact on MEMS market analysis.
The current market forecast is quantitatively analyzed from 2018 to 2026 to benchmark the financial competency.
Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers in the market.
The report includes the MEMS sensor market share of key vendors and market trends.

MEMS Sensor Market Segmentation:
By Type
Inertial Sensor
Pressure Sensor
Optical Sensor
Environment Sensor
Ultrasonic sensor
By Application
Consumer Electronics
Automotive
Industrial
Aerospace & Defense
Healthcare
Telecommunication
Others
By Region
North America
U.S.
Canada
Mexico
Europe
UK
Germany
France
Italy
Rest of Europe
Asia-Pacific
China
Japan
India
South Korea
Rest of Asia-Pacific
LAMEA
Latin America
Middle East
Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"微小電気機械システム(MEMS)センサーの世界市場:タイプ別(慣性センサー、圧力センサー、光学センサー、環境センサー、および超音波センサー)、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Impacting Factors
2.1.2. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Forces Shaping Microelectromechanical System (Mems) Market
3.3. Market Evolution/Industry Roadmap
3.4. Patent Analysis

3.4.1. Mems System, By Region (2018-2019)
3.4.2. Mems, By Applicant

3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Growing Demand For Smart Consumer Electronics
3.5.1.2. Emerging Trends In Automotive Industry
3.5.1.3. Increase In Popularity of Iot

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. Lack of Standardized Fabrication Process For Mems
3.5.2.2. Incorporating The Sensor In Devices Incurs Extra Value And Reduces Life of Device

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Emerging Trends Towards Autonomous Vehicle
3.5.3.2. Increase Adoption of Wearable Devices And Innovative Application In Biomedical Sector

Chapter 4: Mems Market, By Product Type

4.1. Overview
4.2. Sensors

4.2.1. Inertial Sensors
4.2.2. Pressure Sensors
4.2.3. Optical Sensors
4.2.4. Environment Sensors
4.2.5. Ultrasonic Sensors
4.2.6. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.7. Market Size And Forecast, By Region
4.2.8. Market Analysis, By Country

4.3. Actuators

4.3.1. Optical Mems
4.3.2. Microfluidics
4.3.3. Rf Mems
4.3.4. Telecommunication (Micro Speakers, Ultrasonic Fingerprints)
4.3.5. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.6. Market Size And Forecast, By Region
4.3.7. Market Analysis, By Country

Chapter 5: Mems Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Consumer Electronics

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis, By Country

5.3. Automotive

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis, By Country

5.4. Industrial

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis, By Country

5.5. Aerospace & Defense

5.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.5.2. Market Size And Forecast, By Region
5.5.3. Market Analysis, By Country

5.6. Healthcare

5.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.6.2. Market Size And Forecast, By Region
5.6.3. Market Analysis, By Country

5.7. Telecommunication

5.7.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.7.2. Market Size And Forecast, By Region
5.7.3. Market Analysis, By Country

5.8. Others

5.8.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.8.2. Market Size And Forecast, By Region
5.8.3. Market Analysis, By Country

Chapter 6: Mems Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4. Market Analysis, By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4. Market Analysis, By Country

6.3.4.1. Uk

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.2. Germany

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.3. France

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.4. Italy

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.5. Rest of Europe

6.3.4.5.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.3.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.3. Market Size And Forecast, By Application
6.4.4. Market Analysis, By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.2. India

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.3. Japan

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.4. South Korea

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Product Type
6.5.3. Market Size And Forecast, By Application
6.5.4. Market Analysis, By Country

6.5.4.1. Latin America

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.2. Middle East

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.3. Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Product Type
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction
7.2. Market Share Analysis of Top Players, 2018 (%)
7.3. Top Winning Strategies

7.3.1. Top Winning Strategies, By Year
7.3.2. Top Winning Strategies, By Development
7.3.3. Top Winning Strategies, By Company

7.4. Product Mapping of Top 10 Player
7.5. Competitive Dashboard
7.6. Competitive Heatmap
7.7. Key Developments

7.7.1. New Product Launches
7.7.2. Mergers And Acquisition

Chapter 8: Company Profile

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】微小電気機械システム(MEMS)センサーの世界市場:タイプ別(慣性センサー、圧力センサー、光学センサー、環境センサー、および超音波センサー)、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC036
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体および電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
微小電気機械システム(MEMS)センサーの世界市場:タイプ別(慣性センサー、圧力センサー、光学センサー、環境センサー、および超音波センサー)、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • インダストリアル・インターネットの世界市場2016-2021
  • 駐車管理の世界市場分析:用途別(交通機関、商業、政府)、駐車場所別(道路上、道路以外)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、ソリューション別(アクセスコントロール、セキュリティ・監視、収入管理、駐車予約管理、バレットパーキング管理)、セグメント予測
    本調査レポートでは、駐車管理の世界市場について調査・分析し、駐車管理の世界市場動向、駐車管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別駐車管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリイミドフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリイミドフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリイミドフィルム市場規模、用途別(電気・電子、自動車、航空宇宙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリイミドフィルムの世界市場概要 ・ポリイミドフィルムの世界市場環境 ・ポリイミドフィルムの世界市場動向 ・ポリイミドフィルムの世界市場規模 ・ポリイミドフィルムの世界市場:業界構造分析 ・ポリイミドフィルムの世界市場:用途別(電気・電子、自動車、航空宇宙、その他) ・ポリイミドフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリイミドフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・ポリイミドフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリイミドフィルムのアジア市場規模・予測 ・ポリイミドフィルムの主要国分析 ・ポリイミドフィルムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ポリイミドフィルムの世界市場:成長要因、課題 ・ポリイミドフィルムの世界市場:競争環境 ・ポリイミ …
  • パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 油田用トラベリングブロックの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田用トラベリングブロックの世界市場について調べ、油田用トラベリングブロックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田用トラベリングブロックの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社は油田用トラベリングブロックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田用トラベリングブロックの市場状況 ・油田用トラベリングブロックの市場規模 ・油田用トラベリングブロックの市場予測 ・油田用トラベリングブロックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田用トラベリングブロックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ジオメンブレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジオメンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はジオメンブレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atarfil、AGRU America、GSE Environmental、NAUE、Solmax等です。
  • 濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、濾胞性リンパ腫治療薬市場規模、分子種類別(生物学的、小分子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bayer, Biogen, F. Hoffmann-La Roche, Gilead, Merckなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場概要 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場環境 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場動向 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場規模 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場:分子種類別(生物学的、小分子) ・濾胞性リンパ腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・濾胞性リンパ腫治療薬の北米市場規模・予測 ・濾胞性リンパ腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・濾胞性リンパ腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・濾胞性リンパ腫治療薬の主要国分析 ・濾胞性リンパ腫治 …
  • マッサージ機器の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、マッサージ機器の世界市場について調べ、マッサージ機器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マッサージ機器の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(商業用、家庭用)、種類別(電気マッサージ機器、非電気マッサージ機器)、製品別(マッサージチェア・ソファー、バックマッサージ機器、ハンドヘルド型マッサージ機器、首・肩用マッサージ機器、その他))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はマッサージ装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マッサージ機器の市場状況 ・マッサージ機器の市場規模 ・マッサージ機器の市場予測 ・マッサージ機器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(商業用、家庭用) ・市場セグメンテーション:種類別(電気マッサージ機器、非電気マッサージ機器) ・市場セグメンテーション:製品別(マッサージチ …
  • がん悪液質(Cancer Cachexia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるがん悪液質(Cancer Cachexia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、がん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・がん悪液質(Cancer Cachexia)の概要 ・がん悪液質(Cancer Cachexia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のがん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・がん悪液質(Cancer Cachexia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 教育マーケティングサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育マーケティングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育マーケティングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド冷却塔の世界市場2020-2024
    「ハイブリッド冷却塔の世界市場2020-2024」は、ハイブリッド冷却塔について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(発電、HVAC、石油&ガス、化学&石油化学、食品&飲料、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ハイブリッド冷却塔の世界市場:エンドユーザー別(発電、HVAC、石油&ガス、化学&石油化学、食品&飲料、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 人工心臓弁の世界市場:機械式心臓弁、経カテーテル心臓弁、組織心臓弁
    当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネブライザーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ネブライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネブライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はネブライザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Allied Healthcare、BD、Omron Healthcare、PARI Medical、Koninklijke Philips等です。
  • セキュリティ・アプライアンスの世界市場:物理セキュリティ、ネットワークセキュリティ
    当調査レポートでは、セキュリティ・アプライアンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ・アプライアンスの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤色発煙硝酸(RFNA)市場2016
    本調査レポートでは、世界の赤色発煙硝酸(RFNA)市場2016について調査・分析し、赤色発煙硝酸(RFNA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・A型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のA型インフルエンザウイルス感染症(Influenza A Infections)治療薬剤
  • 高バリア性包装フィルムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高バリア性包装フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高バリア性包装フィルムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 湿度センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、湿度センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿度センサー市場規模、用途別(工業、家電、HVACシステム、気候試験室、石油・ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・湿度センサーの世界市場概要 ・湿度センサーの世界市場環境 ・湿度センサーの世界市場動向 ・湿度センサーの世界市場規模 ・湿度センサーの世界市場:業界構造分析 ・湿度センサーの世界市場:用途別(工業、家電、HVACシステム、気候試験室、石油・ガス、その他) ・湿度センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・湿度センサーのアメリカ市場規模・予測 ・湿度センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・湿度センサーのアジア市場規模・予測 ・湿度センサーの主要国分析 ・湿度センサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・湿度センサーの世界市場:成長要因、課題 ・湿度センサーの世界市場:競争環境 ・湿度センサーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 欧州の加工でん粉市場分析・予測
  • ヴェトロニクスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ヴェトロニクスの世界市場について調査・分析し、ヴェトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ヴェトロニクスの世界市場:市場動向分析 - ヴェトロニクスの世界市場:競争要因分析 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:車種別 水陸両用装甲車 歩兵戦闘車 主力戦車 装甲人員輸送車 装輪装甲輸送車(MRAP) 軽装甲機動車 その他の車種 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:補足システム別 軍用通信、指揮統制システム(C3) センサー及び制御システム 動力システム 通信及びナビゲーションシステム 観測及び表示システム 車両防衛システム 兵器管理システム - ヴェトロニクスの世界市場見通し:用途別 国土防衛 自衛 - ヴェトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - ヴェトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - ヴェトロニクスのヨーロッパ市場規模 - ヴェトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ヴェトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ビール及びシードルのアメリカ市場規模・シェア・動向分析
  • 米国のLMS(学習管理システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のLMS(学習管理システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のLMS(学習管理システム)市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用グラニタ機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用グラニタ機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用グラニタ機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 中間分子量ポリイソブチレンの世界市場
    当調査レポートでは、中間分子量ポリイソブチレンの世界市場について調査・分析し、中間分子量ポリイソブチレンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の概要 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 高電圧機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高電圧機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高電圧機器市場規模、機器種類別(バッテリーセット、キャリアキャビネット、通信機器、制御機器、アースリングマテリアル、計器用変圧器、インシュレータ、電源変圧器、無効電力機器、リレーパネル、SCADA、スイッチ、開閉装置、その他)分析、電圧レベル別(UHV-800kv以上、HV-最大200kV電圧、HVDC-500kv電圧、EHV-200~800kV電圧)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高電圧機器の世界市場:市場動向分析 ・ 高電圧機器の世界市場:競争要因分析 ・ 高電圧機器の世界市場:機器種類別(バッテリーセット、キャリアキャビネット、通信機器、制御機器、アースリングマテリアル、計器用変圧器、インシュレータ、電源変圧器、無効電力機器、リレーパネル、SCADA、スイッチ、開閉装置、その他) ・ 高電圧機器の世界市場:電圧レベル別(UHV-800kv以上、HV-最大2 …
  • 体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別、地域別
    本レポートは、体外膜酸素化装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の伝導度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の伝導度計市場2015について調査・分析し、伝導度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の難燃性繊維市場2016
    本調査レポートでは、世界の難燃性繊維市場2016について調査・分析し、難燃性繊維の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用電子レンジの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、業務用電子レンジの世界市場について調査・分析し、業務用電子レンジの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別業務用電子レンジシェア、市場規模推移、市場規模予測、業務用電子レンジ種類別分析(1立方フィート未満、1-1.9立方フィート、2立方フィート以上)、業務用電子レンジ用途別分析(飲食サービス業界、飲食業界)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・業務用電子レンジの市場概観 ・業務用電子レンジのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・業務用電子レンジのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・業務用電子レンジの世界市場規模 ・業務用電子レンジの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・業務用電子レンジのアメリカ市場規模推移 ・業務用電子レンジのカナダ市場規模推移 ・業務用電子レンジのメキシコ市場規模推移 ・業務用電子レンジのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・業務用電子レンジのドイツ市場規模推移 ・業務用電子レンジのイギリス市場規模推 …
  • モジュール工法の世界市場:種類別(常設、再配置可能)、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)、モジュール別、最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業)、地域別予測
    本資料は、モジュール工法の世界市場について調べ、モジュール工法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(常設、再配置可能)分析、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)分析、モジュール別分析、最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モジュール工法の世界市場概要 ・モジュール工法の世界市場環境 ・モジュール工法の世界市場動向 ・モジュール工法の世界市場規模 ・モジュール工法の世界市場規模:タイプ別(常設、再配置可能) ・モジュール工法の世界市場規模:材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック) ・モジュール工法の世界市場規模:モジュール別 ・モジュール工法の世界市場規模:最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業) ・モジュール工法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・モジュール工法の北米市場規模・予測 ・モジュール工法のアメリカ市場規模・予測 ・モジュール工法のヨーロッパ …
  • 世界のピストン型アキュムレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のピストン型アキュムレータ市場2015について調査・分析し、ピストン型アキュムレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • ユーザ・プロビジョニングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ユーザ・プロビジョニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ビジネスアプリケーション別分析、サービス別分析、業務機能別分析、産業別分析、ユーザ・プロビジョニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場2017-2021 
    当調査レポートでは、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スイスの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 熱交換器の世界市場:シェル&チューブ式、プレート&フレーム式、空冷式
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、分類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオチップの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、バイオチップの世界市場について調査・分析し、バイオチップの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオチップの世界市場:市場動向分析 ・バイオチップの世界市場:競争要因分析 ・バイオチップの世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:機能別分析/市場規模 ・バイオチップの世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオチップの北米市場規模・分析 ・バイオチップの欧州市場・分析 ・バイオチップのアジア市場・分析 ・バイオチップの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場:材料種類別分析/市場規模 ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)のアメリカ市場規模予測 ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)のヨーロッパ市場規模予測 ・整形外科用バイオマテリアル(生体材料)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 音楽ストリーミングサービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、音楽ストリーミングサービスの世界市場について調べ、音楽ストリーミングサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、音楽ストリーミングサービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個々、商業)、ストリーミングサービス別(有料音楽ストリーミングサービス、無料音楽ストリーミングサービス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は音楽ストリーミングサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・音楽ストリーミングサービスの市場状況 ・音楽ストリーミングサービスの市場規模 ・音楽ストリーミングサービスの市場予測 ・音楽ストリーミングサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(個々、商業) ・市場セグメンテーション:ストリーミングサービス別(有料音楽ストリーミングサービス、無料 …
  • サーフェスコンピューティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サーフェスコンピューティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーフェスコンピューティング市場規模、視覚別(2次元、3次元)分析、ディスプレイ種類別(平面ディスプレイ、曲面ディスプレイ、コンポーネント)分析、方法別(マルチユーザー、シングルタッチ、マルチタッチ、その他)分析、エンドユーザー別(小売、エンタテインメント、教育、自動車、政府、金融サービス、ホスピタリティサービス、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:市場動向分析 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:競争要因分析 ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:視覚別(2次元、3次元) ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:ディスプレイ種類別(平面ディスプレイ、曲面ディスプレイ、コンポーネント) ・ サーフェスコンピューティングの世界市場:方法別(マルチユーザー、シングルタッチ、マルチタッチ、そ …
  • 授乳用品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、授乳用品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、授乳用品の米国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は授乳用品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ameda、Lansinoh、Medela、Philips AVENT、Pigeon Corporation等です。
  • サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)
    本調査レポートでは、サービスとしての自動化の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・サービスとしての自動化の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・サービスとしての自動化の世界市場:ビジネス機能別(情報技術、販売&マーケティング、オペレーション、財務、人事、その他) ・サービスとしての自動化の世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・サービスとしての自動化の世界市場:業種別(BFSI、テレコム&IT、小売、ヘルスケア、製造、政府&防衛、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメ …
  • 抗凝固薬の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、 抗凝固薬の世界市場について調査・分析し、 抗凝固薬のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他)、用途別販売分析(病院、研究所)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、 抗凝固薬産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ 抗凝固薬市場概要 ・ 抗凝固薬のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ 抗凝固薬の世界市場:種類別販売量(未分画ヘパリン、ワルファリン、低分子量ヘパリン、 第Xa因子インヒビター、直接阻害インヒビター、その他) ・ 抗凝固薬の世界市場:用途別販売量(病院、研究所) ・ 抗凝固薬の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ 抗凝固薬の米国市場規模 ・ 抗凝固薬の中国市場規模 ・ 抗凝固薬の欧州市場規模 ・ 抗凝固薬の日本市場規模 ・ 抗凝固薬の東南アジア市場規模 ・ 抗凝固薬のインド市場規模 ・ 抗凝固薬のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等 …
  • 肝疾患治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肝疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肝疾患治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 肝臓は、損傷を受けても完全に回復することができる、身体の中でもっとも大きな臓器です。しかしながら、長い間治療を受けずに肝臓に負担をかけ続ける事は、死につながることもあります。ウイルス性肝炎は世界中の多くの人々が罹患している肝臓の主な病気の一つですが、ウイルスの感染によるものであり、汚染された食料や水を通じて広まります。Technavio社は肝疾患治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-la Roche• Gilead• GlaxoSmithKline• Merck等です。
  • プレイアウトオートメーション及びチャネルインアボックスの世界市場分析・予測(~2020)
    当調査レポートでは、プレイアウトオートメーション及びチャネルインアボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンデータセンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーンデータセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンデータセンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポケの世界市場2019-2023
    ポケは、ダイス状の生のキハダマグロや本マグロを醤油、胡麻油、海藻、唐辛子、海塩などとあえた料理です。ポケの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率23.13%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Aloha Poké、Mainland Poke、Pok?works、SWEETFIN POKE、Western United Fishなどです。 当調査レポートでは、ポケの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポケ市場規模、製品別(マグロ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポケの世界市場概要 ・ポケの世界市場環境 ・ポケの世界市場動向 ・ポケの世界市場規模 ・ポケの世界市場:業界構造分析 ・ポケの世界市場:製品別(マグロ、その他) ・ポケの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポケの北米市場規模・予測 ・ポケのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポケのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポケの主要国分析 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"