"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC037)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global nanosensor market is expected to generate revenue worth $536.6 million in 2019, and is projected to reach $1,321.30 million by 2026, to register a CAGR of 11.0% during the forecast period.
Nanoscience is the study of nanoparticles and devices, it includes the use of nanosensor across various fields such as chemical, bio-medical, mechanics, and material science among others. Nanosensor market includes the manufacturing and application of physical, chemical, and biological systems and devices at scales ranging from individual atoms or molecules to around 100 nanometers.
Nanosensor is a revolutionary and a technology that is significant across various industrial domains, including communication, medicine, transportation, agriculture, energy, materials & manufacturing, consumer products, and households. Furthermore, various organizations globally are investing in nano sensor market and its emerging applications.
Nanoscale sensors and devices provides economical and continuous monitoring of various components of a device such as the structural integrity and performance of bridges, tunnels, rails, parking structures, and pavements over time. Moreover, communications devices, and other innovations enabled by nanoelectronics support an enhanced transportation infrastructure that can communicate with vehicle-based systems to help drivers maintain lane position, the system deploys various nanosensor to avoid collisions, adjust travel routes to avoid congestion, and improve drivers’ interfaces to onboard electronics. All these factors are lucrative to create opportunities for the global market.
The key factors such as surge in adoption of nano sensor in medical diagnosis & imaging and technological advancements in nanotech devices drive the growth of the global nano sensor market. However, issues arising in the deployment of nanodevices in extreme conditions and high cost of the technology act as the major barriers, thereby hampering the nano sensor market growth. Furthermore, increase in support and R&D funding from government organizations and emergence of self-powered nanotech devices are anticipated to offer lucrative opportunities for the nano sensor market forecast.
The nanosensor market analysis is studied under type, application, and region. Based on type, the market is categorized into optical, chemical, physical, biosensor, and others. The applications covered in the study include electronics, energy, chemical manufacturing, aerospace & defense, healthcare, and others. The geographical analysis is given for North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA along with their prominent countries.
The nanosensor market leaders profiled in the report include Agilent Technologies, Inc., Analog Devices, Inc., Applied Nanotech, Bruker Corporation, Honeywell International Inc., Biosensors International Group, Ltd., Kleindiek Nanotechnik GmbH, Omron Corp., Lockheed Martin Corp. and Texas Instruments. These key players adopt various market strategies such as, new product launch and development, acquisition, partnership and collaboration and business expansion to increase the nano sensor market share during the forecast period.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study includes the analytical depiction of the global nanosensor market along with the current trends and future estimations to determine the imminent investment pockets.
• The report presents information regarding the key drivers, restraints, and opportunities.
• The current market is quantitatively analyzed from 2019 to 2026 to highlight the financial competency of the industry.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers in the industry.

GLOBAL NANOSENSOR MARKET SEGMENTATION
BY TYPE
• Optical Nanosensor
• Chemical Nanosensor
• Physical Nanosensor
• Biological Nanosensor
• Others
BY APPLICATION
• Electronics
• Energy
• Chemical Manufacturing
• Aerospace & Defense
• Healthcare
• Others
BY REGION
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o UK
o Germany
o France
o Russia
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o China
o Japan
o India
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Latin America
o Middle East
o Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Impacting Factors
2.1.2. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.3. Key Forces Shaping Nano Sensor Market
3.4. Pricing Analysis

3.4.1. Pricing Analysis of Product A, By Region, 2018 & 2026

3.5. Patent Analysis

3.5.1. By Region (2012-2017)
3.5.2. By Applicant

3.6. Market Dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Surge In Adoption of Nano Sensor In Medical Diagnosis
3.6.1.2. Emerging Technological Advancements In Nanotech Devices

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. Issues Pertaining To The Deployment of Nano-Sensors In Extreme Weather Conditions
3.6.2.2. High Cost of The Technology

3.6.3. Opportunities

3.6.3.1. Increase In Government Support And Funding
3.6.3.2. Emergence of Self-Powered Nanotech Devices

Chapter 4: Nano Sensormarket, By Type

4.1. Overview
4.2. Optical Nano Sensor

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Chemical Nano Sensor

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Physical Nano Sensor

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

4.5. Bio Nano Sensor

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast, By Region
4.5.3. Market Analysis By Country

4.6. Other Nano Sensor

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast, By Region
4.6.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Nano Sensor Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Electronics

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis, By Country

5.3. Energy

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis, By Country

5.4. Chemical Manufacturing

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis, By Country

5.5. Aerospace & Defense

5.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.5.2. Market Size And Forecast, By Region
5.5.3. Market Analysis, By Country

5.6. Healthcare

5.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.6.2. Market Size And Forecast, By Region
5.6.3. Market Analysis, By Country

5.7. Others

5.7.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.7.2. Market Size And Forecast, By Region
5.7.3. Market Analysis, By Country

Chapter 6: Nano Sensor Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Type
6.2.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4. Market Analysis, By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Type
6.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4. Market Analysis, By Country

6.3.4.1. Uk

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.2. Germany

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.3. Russia

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.4. Rest of Europe

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Type
6.4.3. Market Size And Forecast, By Application
6.4.4. Market Analysis, By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.2. India

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.3. Japan

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.4. Australia

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Type
6.5.3. Market Size And Forecast, By Application
6.5.4. Market Analysis, By Country

6.5.4.1. Latin America

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.2. Middle East

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.3. Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction

7.1.1. Market Player Positioning, 2017

7.2. Market Share Analysis of Top Players, 2018 (%)

7.2.1. Vendor Share Analysis, By Geography

7.3. Top Winning Strategies

7.3.1. Top Winning Strategies, By Year
7.3.2. Top Winning Strategies, By Development
7.3.3. Top Winning Strategies, By Company

7.4. Product Mapping of Top 10 Player
7.5. Competitive Dashboard
7.6. Competitive Heatmap
7.7. Key Developments

7.7.1. New Product Launches
7.7.2. Collaboration And Acquisition

Chapter 8: Company Profile

8.1. Agilent Technologies

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Business Performance
8.1.6. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Analog Devices, Inc.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Key Executives
8.2.3. Company Snapshot
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Applied Nanotech (Pen Inc)

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. R&D Expenditure
8.3.6. Business Performance

8.4. Bruker Corporation

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Key Executives
8.4.3. Company Snapshot
8.4.4. Operating Business Segments
8.4.5. Product Portfolio
8.4.6. R&D Expenditure
8.4.7. Business Performance
8.4.8. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Biosensors International Group, Ltd.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Key Executives
8.5.3. Company Snapshot
8.5.4. Product Portfolio

8.6. Honeywell International Inc.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance
8.6.6. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Kleindiek Nanotechnik Gmbh

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Key Executives
8.7.3. Company Snapshot
8.7.4. Product Portfolio

8.8. Omron Corp.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Key Executives
8.8.3. Company Snapshot
8.8.4. Product Portfolio

8.9. Lockheed Martin Corp.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Key Executives
8.9.3. Company Snapshot
8.9.4. Bussiness Segment
8.9.5. Business Performance

8.10. Texas Instrument

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Key Executives
8.10.3. Company Snapshot
8.10.4. Business Segment
8.10.5. Product Portfolio
8.10.6. Business Performance
8.10.7. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC037
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体および電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の吸入式薬物送達デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の吸入式薬物送達デバイス市場2015について調査・分析し、吸入式薬物送達デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)
    本調査レポートでは、消費財のアルメニア市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(日用品、耐久消費財)分析、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財) ・消費財のアルメニア市場:流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他) ・企業概要
  • プラスチックめっき(POP)の世界市場分析:めっき別(クロム、ニッケル)、プラスチック別(ABS、ABS / PC、PEI、PBT、LCP、PEEK、PP、ナイロン/ポリアミド)、用途別(自動車、建設、公益事業、電子)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、プラスチックめっき(POP)の世界市場について調査・分析し、プラスチックめっき(POP)の世界市場動向、プラスチックめっき(POP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別プラスチックめっき(POP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の単層コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の単層コンデンサ市場2015について調査・分析し、単層コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の概要 ・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュラタワーライト(積層式表示灯)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モジュラタワーライト(積層式表示灯)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モジュラタワーライト(積層式表示灯)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はモジュラタワーライト(積層式表示灯)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.74%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Autonics• Banner Engineering• PATLITE• Schneider Electric• WERMA Signaltechnik等です。
  • CCR3阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR3阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR3阻害薬の概要 ・CCR3阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR3阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR3阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR3阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のジュース絞り器市場2015
    本調査レポートでは、世界のジュース絞り器市場2015について調査・分析し、ジュース絞り器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用イメージセンサ―の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用イメージセンサ―の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用イメージセンサ―市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、技術別(ADAS、ドライバーサポートシステム、自動運転)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場概要 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場環境 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場動向 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場規模 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場:業界構造分析 ・自動車用イメージセンサ―の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用イメージセンサ―の世界市場:技術別(ADAS、ドライバーサポートシステム、自動運転) ・自動車用イメージセンサ―の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用イメージセンサ―のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用イメージセンサ―のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用イメージセンサ―のアジア市場規模・予測 ・自 …
  • パン焼き用添加物の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パン焼き用添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パン焼き用添加物の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、ガラス包装の世界市場について調査・分析し、ガラス包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ガラス包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ガラス包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・ガラス包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 脂質異常症薬の世界市場
    当調査レポートでは、脂質異常症薬の世界市場について調査・分析し、脂質異常症薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アジア太平洋の再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別
    本調査レポートは炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・炭化カルシウムの世界市場:用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • カルボヒドラーゼの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルボヒドラーゼの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルボヒドラーゼ市場規模、用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルボヒドラーゼの世界市場概要 ・カルボヒドラーゼの世界市場環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場動向 ・カルボヒドラーゼの世界市場規模 ・カルボヒドラーゼの世界市場:業界構造分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他) ・カルボヒドラーゼの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カルボヒドラーゼのアメリカ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのヨーロッパ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのアジア市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼの主要国分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:意思決定フレームワーク ・カルボヒドラーゼの世界市場:成長要因、課題 ・カルボヒドラーゼの世界市場:競争環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場:関連企業情報 …
  • パーソナルケア包装の世界市場分析:製品別(フレキシブル、硬質プラスチック、紙、金属、ガラス)、包装タイプ別(ボトル、瓶、缶、カートン、チューブ、パウチ)、用途別(スキンケア、ヘアケア、バス・シャワー、香水)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パーソナルケア包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア包装の世界市場動向、パーソナルケア包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別パーソナルケア包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の金属顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属顕微鏡市場2015について調査・分析し、金属顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用高性能ブレーキ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用高性能ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用高性能ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロPLC及びナノPLCの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、提供商品別分析、産業別分析、地域別分析、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッチ管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パッチ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(パッチ管理ソフトウェアおよびサービス)分析、サービス別(コンサルティング、サポート、統合)分析、展開別(クラウドおよびオンプレミス)分析、業種別(金融、政府および防衛、ITおよび通信)分析、パッチ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パッチ管理の世界市場規模が2019年589百万ドルから2024年979百万ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。
  • スマートオフィスの世界市場予測(~2023年):スマート照明/照明制御、セキュリティシステム、エネルギー管理システム、空調管理システム、AV会議システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートオフィスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、種類別分析、地域別分析、スマートオフィスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アクアジム用機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アクアジム用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクアジム用機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 回腸嚢炎(Pouchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における回腸嚢炎(Pouchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・回腸嚢炎(Pouchitis)の概要 ・回腸嚢炎(Pouchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・回腸嚢炎(Pouchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・回腸嚢炎(Pouchiti …
  • カスパーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカスパーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カスパーゼ活性因子の概要 ・カスパーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のカスパーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カスパーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カスパーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クラウドコンピューティングの世界市場予測(~2023年)
    クラウドコンピューティングの世界市場は、2018年の2,720億米ドルから2023年には6,233億米ドルに達し、この期間中18.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動化と敏捷性の向上、カスタマーエクスペリエンスの向上の必要性、およびコスト削減と投資収益率の向上が考えられます。一方で、サイバー攻撃を受けやすいデータや熟練労働力の不足は、市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービスモデル(Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS))分析、導入モデル(公共、民間、複合型)分析、組織サイズ分析、ワークロード分析、クラウドコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 建設機械金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設機械金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 光トランシーバの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光トランシーバの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光トランシーバの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の概要 ・子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮平滑筋腫(子宮筋腫)(Uterine Leiomyoma (Uterine Fibroids))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • 中国のトラック用タイヤ市場2015
    本調査レポートでは、中国のトラック用タイヤ市場2015について調査・分析し、トラック用タイヤの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)、組織規模別(大企業、中小企業)
    本市場調査レポートでは小売業におけるブロックチェーンについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 再狭窄(Restenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再狭窄(Restenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再狭窄(Restenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再狭窄(Restenosis)の概要 ・再狭窄(Restenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再狭窄(Restenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再狭窄(Restenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・再狭窄(Restenosi …
  • 世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトナーカートリッジ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトナーカートリッジ市場2015について調査・分析し、トナーカートリッジの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ボディケア(スキンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場:最終用途別、製品・サービス別(解剖模型、ウェブベースシミュレータ、シミュレーションソフトウェア)、セグメント予測
    ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場は2026年には52億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率16.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、急速な技術進歩、低侵襲治療法への要望の高まり、患者の安全への関心の高まりが考えられます。本調査レポートでは、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場動向、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア・医療用シミュレーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ゼオライトの世界市場:製品別(天然、人工)、用途別(触媒、洗剤ビルダー)、地域別予測
    本資料は、ゼオライトの世界市場について調べ、ゼオライトの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(天然、人工)分析、用途別(触媒、洗剤ビルダー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ゼオライトの世界市場概要 ・ゼオライトの世界市場環境 ・ゼオライトの世界市場動向 ・ゼオライトの世界市場規模 ・ゼオライトの世界市場規模:製品別(天然、人工) ・ゼオライトの世界市場規模:用途別(触媒、洗剤ビルダー) ・ゼオライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゼオライトの北米市場規模・予測 ・ゼオライトのアメリカ市場規模・予測 ・ゼオライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・ゼオライトのアジア市場規模・予測 ・ゼオライトの日本市場規模・予測 ・ゼオライトの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 電気機械式スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気機械式スイッチの世界市場について調査・分析し、電気機械式スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気機械式スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、電気機械式スイッチ種類別分析(タクト、ロータリー、エンコーダ、トグル、プッシュ、検出、マイクロ、DIP、その他(電力、スライド、操作レバー等))、電気機械式スイッチ用途別分析(軍事、航空宇宙、商業用、工業用、自動車用、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気機械式スイッチの市場概観 ・電気機械式スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気機械式スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気機械式スイッチの世界市場規模 ・電気機械式スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気機械式スイッチのアメリカ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのカナダ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのメキシコ市場規模推移 ・電気機械式スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • ロボット芝刈機の世界市場予測(~2025年)
    ロボット芝刈機の世界市場は、5億3,300万米ドルから2025年には12億6,200万米ドルに達し、この期間中13.10%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、人件費の増加、従来芝刈機に対する安全上の懸念、騒音の少ない運転の必要性などが考えられます。当調査レポートでは、ロボット芝刈機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー(住宅、商業用)分析、芝生のサイズ(小型、中型、大型)分析、コネクティビティタイプ(接続タイプ、非接続タイプ)分析、販売チャネル分析、ロボット芝刈機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 側副靭帯安定システムの世界市場2014-2025:靱帯別(MCL、LCL)、けがのタイプ別(グレード1、グレード2、グレード3)、最終用途別(病院、接骨院)
    本調査レポートでは、側副靭帯安定システムの世界市場について調査・分析し、側副靭帯安定システムの世界市場動向、側副靭帯安定システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別側副靭帯安定システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラッキング(水圧破砕法)流体及び化学薬品の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーフィング(屋根材)の世界市場予測(~2026):材料、化学品、住宅用、商業施設用、非住宅用
    当調査レポートでは、ルーフィング(屋根材)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ルーフィング(屋根材)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • AI(人工知能)プラットフォームの世界市場予測(~2022年):ツール、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、AI(人工知能)プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入方式別分析、用途別分析、地域別分析、AI(人工知能)プラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ウオッシャー装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウオッシャー装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置のアメリカ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のトップ10分析技術市場
  • 世界の医療用警報装置市場
  • イギリスの小関節処置動向(~2021)
  • 生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場
    当調査レポートでは、生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生物医学産業用ナノファイバー材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CRMアウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CRMアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CRMアウトソーシング市場規模、最終用途別(小売、BFSI、通信・IT、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CRMアウトソーシングの世界市場概要 ・CRMアウトソーシングの世界市場環境 ・CRMアウトソーシングの世界市場動向 ・CRMアウトソーシングの世界市場規模 ・CRMアウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・CRMアウトソーシングの世界市場:最終用途別(小売、BFSI、通信・IT、医療) ・CRMアウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CRMアウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングのヨーロッパ市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングのアジア市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングの主要国分析 ・CRMアウトソーシングの世界市場:意思決定フレームワーク ・CRMアウトソーシングの世界市場:成長要因 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"