"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC037)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global nanosensor market is expected to generate revenue worth $536.6 million in 2019, and is projected to reach $1,321.30 million by 2026, to register a CAGR of 11.0% during the forecast period.
Nanoscience is the study of nanoparticles and devices, it includes the use of nanosensor across various fields such as chemical, bio-medical, mechanics, and material science among others. Nanosensor market includes the manufacturing and application of physical, chemical, and biological systems and devices at scales ranging from individual atoms or molecules to around 100 nanometers.
Nanosensor is a revolutionary and a technology that is significant across various industrial domains, including communication, medicine, transportation, agriculture, energy, materials & manufacturing, consumer products, and households. Furthermore, various organizations globally are investing in nano sensor market and its emerging applications.
Nanoscale sensors and devices provides economical and continuous monitoring of various components of a device such as the structural integrity and performance of bridges, tunnels, rails, parking structures, and pavements over time. Moreover, communications devices, and other innovations enabled by nanoelectronics support an enhanced transportation infrastructure that can communicate with vehicle-based systems to help drivers maintain lane position, the system deploys various nanosensor to avoid collisions, adjust travel routes to avoid congestion, and improve drivers’ interfaces to onboard electronics. All these factors are lucrative to create opportunities for the global market.
The key factors such as surge in adoption of nano sensor in medical diagnosis & imaging and technological advancements in nanotech devices drive the growth of the global nano sensor market. However, issues arising in the deployment of nanodevices in extreme conditions and high cost of the technology act as the major barriers, thereby hampering the nano sensor market growth. Furthermore, increase in support and R&D funding from government organizations and emergence of self-powered nanotech devices are anticipated to offer lucrative opportunities for the nano sensor market forecast.
The nanosensor market analysis is studied under type, application, and region. Based on type, the market is categorized into optical, chemical, physical, biosensor, and others. The applications covered in the study include electronics, energy, chemical manufacturing, aerospace & defense, healthcare, and others. The geographical analysis is given for North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA along with their prominent countries.
The nanosensor market leaders profiled in the report include Agilent Technologies, Inc., Analog Devices, Inc., Applied Nanotech, Bruker Corporation, Honeywell International Inc., Biosensors International Group, Ltd., Kleindiek Nanotechnik GmbH, Omron Corp., Lockheed Martin Corp. and Texas Instruments. These key players adopt various market strategies such as, new product launch and development, acquisition, partnership and collaboration and business expansion to increase the nano sensor market share during the forecast period.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study includes the analytical depiction of the global nanosensor market along with the current trends and future estimations to determine the imminent investment pockets.
• The report presents information regarding the key drivers, restraints, and opportunities.
• The current market is quantitatively analyzed from 2019 to 2026 to highlight the financial competency of the industry.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers in the industry.

GLOBAL NANOSENSOR MARKET SEGMENTATION
BY TYPE
• Optical Nanosensor
• Chemical Nanosensor
• Physical Nanosensor
• Biological Nanosensor
• Others
BY APPLICATION
• Electronics
• Energy
• Chemical Manufacturing
• Aerospace & Defense
• Healthcare
• Others
BY REGION
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o UK
o Germany
o France
o Russia
o Rest of Europe
• Asia-Pacific
o China
o Japan
o India
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Latin America
o Middle East
o Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Impacting Factors
2.1.2. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.3. Key Forces Shaping Nano Sensor Market
3.4. Pricing Analysis

3.4.1. Pricing Analysis of Product A, By Region, 2018 & 2026

3.5. Patent Analysis

3.5.1. By Region (2012-2017)
3.5.2. By Applicant

3.6. Market Dynamics

3.6.1. Drivers

3.6.1.1. Surge In Adoption of Nano Sensor In Medical Diagnosis
3.6.1.2. Emerging Technological Advancements In Nanotech Devices

3.6.2. Restraints

3.6.2.1. Issues Pertaining To The Deployment of Nano-Sensors In Extreme Weather Conditions
3.6.2.2. High Cost of The Technology

3.6.3. Opportunities

3.6.3.1. Increase In Government Support And Funding
3.6.3.2. Emergence of Self-Powered Nanotech Devices

Chapter 4: Nano Sensormarket, By Type

4.1. Overview
4.2. Optical Nano Sensor

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Chemical Nano Sensor

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Physical Nano Sensor

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

4.5. Bio Nano Sensor

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast, By Region
4.5.3. Market Analysis By Country

4.6. Other Nano Sensor

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast, By Region
4.6.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Nano Sensor Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Electronics

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis, By Country

5.3. Energy

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis, By Country

5.4. Chemical Manufacturing

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis, By Country

5.5. Aerospace & Defense

5.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.5.2. Market Size And Forecast, By Region
5.5.3. Market Analysis, By Country

5.6. Healthcare

5.6.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.6.2. Market Size And Forecast, By Region
5.6.3. Market Analysis, By Country

5.7. Others

5.7.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.7.2. Market Size And Forecast, By Region
5.7.3. Market Analysis, By Country

Chapter 6: Nano Sensor Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Type
6.2.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4. Market Analysis, By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Type
6.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4. Market Analysis, By Country

6.3.4.1. Uk

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.2. Germany

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.3. Russia

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3.4.4. Rest of Europe

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Type
6.4.3. Market Size And Forecast, By Application
6.4.4. Market Analysis, By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.2. India

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.3. Japan

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.4. Australia

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Application

6.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Type
6.5.3. Market Size And Forecast, By Application
6.5.4. Market Analysis, By Country

6.5.4.1. Latin America

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.2. Middle East

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Application

6.5.4.3. Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction

7.1.1. Market Player Positioning, 2017

7.2. Market Share Analysis of Top Players, 2018 (%)

7.2.1. Vendor Share Analysis, By Geography

7.3. Top Winning Strategies

7.3.1. Top Winning Strategies, By Year
7.3.2. Top Winning Strategies, By Development
7.3.3. Top Winning Strategies, By Company

7.4. Product Mapping of Top 10 Player
7.5. Competitive Dashboard
7.6. Competitive Heatmap
7.7. Key Developments

7.7.1. New Product Launches
7.7.2. Collaboration And Acquisition

Chapter 8: Company Profile

8.1. Agilent Technologies

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Business Performance
8.1.6. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Analog Devices, Inc.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Key Executives
8.2.3. Company Snapshot
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Applied Nanotech (Pen Inc)

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. R&D Expenditure
8.3.6. Business Performance

8.4. Bruker Corporation

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Key Executives
8.4.3. Company Snapshot
8.4.4. Operating Business Segments
8.4.5. Product Portfolio
8.4.6. R&D Expenditure
8.4.7. Business Performance
8.4.8. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Biosensors International Group, Ltd.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Key Executives
8.5.3. Company Snapshot
8.5.4. Product Portfolio

8.6. Honeywell International Inc.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance
8.6.6. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Kleindiek Nanotechnik Gmbh

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Key Executives
8.7.3. Company Snapshot
8.7.4. Product Portfolio

8.8. Omron Corp.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Key Executives
8.8.3. Company Snapshot
8.8.4. Product Portfolio

8.9. Lockheed Martin Corp.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Key Executives
8.9.3. Company Snapshot
8.9.4. Bussiness Segment
8.9.5. Business Performance

8.10. Texas Instrument

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Key Executives
8.10.3. Company Snapshot
8.10.4. Business Segment
8.10.5. Product Portfolio
8.10.6. Business Performance
8.10.7. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC037
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体および電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙および防衛、ヘルスケア、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 食品コーティングの世界市場予測(~2023年):バッター、小麦粉
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(バッター、小麦粉)分析、用途別(ベーカリー、スナック)分析、装置タイプ別(コーター・アプリケーター、エンローバー)分析、形態別(乾燥、液体)分析、食品コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用3D画像装置の世界市場:X線装置、超音波装置、MRI装置、CTスキャン装置、ハイブリッド装置
    当調査レポートでは、医療用3D画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用3D画像装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車サーマルシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車サーマルシステムの世界市場について調査・分析し、自動車サーマルシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ハイスループットスクリーニングの世界市場:製品・サービス別(試薬・アッセイ、機器、消耗品・付属品、ソフトウェア、サービス)、技術別、用途別、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ハイスループットスクリーニングの世界市場について調べ、ハイスループットスクリーニングの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(試薬・アッセイ、機器、消耗品・付属品、ソフトウェア、サービス)分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ハイスループットスクリーニングの世界市場概要 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場環境 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場動向 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場規模 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場規模:製品・サービス別(試薬・アッセイ、機器、消耗品・付属品、ソフトウェア、サービス) ・ハイスループットスクリーニングの世界市場規模:技術別 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場規模:用途別 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場規模:エンドユーザー別 ・ハイスループットスクリーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 電気絶縁材料の世界市場:熱可塑性物質、エポキシ樹脂、セラミック
    当調査レポートでは、電気絶縁材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電気絶縁材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ローラーコースターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ローラーコースターの世界市場について調査・分析し、ローラーコースターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ローラーコースターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ローラーコースター種類別分析(木製、鋼製)、ローラーコースター用途別分析(Kiddle、スリル、家族向け、絶叫型)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ローラーコースターの市場概観 ・ローラーコースターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ローラーコースターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ローラーコースターの世界市場規模 ・ローラーコースターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ローラーコースターのアメリカ市場規模推移 ・ローラーコースターのカナダ市場規模推移 ・ローラーコースターのメキシコ市場規模推移 ・ローラーコースターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ローラーコースターのドイツ市場規模推移 ・ローラーコースターのイギリス市場規模推移 ・ロ …
  • インフルエンザワクチンの世界市場:売上予測および研究開発展望
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・インフルエンザワクチンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・インフルエンザワクチンの世界市場:セグメント別分析  (3価インフルエンザワクチン、4価インフルエンザワクチン) ・インフルエンザワクチンの世界市場:主要ワクチンの売上予測 ・インフルエンザワクチンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・研究開発パイプライン分析 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 搾乳ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、搾乳ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、搾乳ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 超高性能コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、超高性能コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(住宅、商業、インフラ、その他(ヘルスケア、制度、軍事、ホスピタリティ、および爆発防止工事))分析、超高性能コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、超高性能コンクリートの世界市場規模が2019年369百万ドルから2024年550百万ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。
  • プロテインサプリメントの世界市場:製品別(粉末、RTD飲料(そのまま飲める缶やペットボトルなど入り飲料))、用途別、原材料別、由来別、流通チャネル別、地域別
    本調査レポートでは、プロテインサプリメントの世界市場について調査・分析し、プロテインサプリメントの世界市場動向、プロテインサプリメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別プロテインサプリメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートサーモスタットの世界市場分析:技術別(Wi-Fi、ZigBee、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、スマートサーモスタットの世界市場動向、スマートサーモスタットの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートサーモスタット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベビー用RTEピューレ状食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベビー用RTEピューレ状食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用RTEピューレ状食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水分散型アクリル樹脂コーティング市場2019
    本調査レポートでは、世界の水分散型アクリル樹脂コーティング市場2019について調査・分析し、水分散型アクリル樹脂コーティングの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、水分散型アクリル樹脂コーティングのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、水分散型アクリル樹脂コーティングメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・水分散型アクリル樹脂コーティングの市場概要 ・水分散型アクリル樹脂コーティングの上流・下流市場分析 ・水分散型アクリル樹脂コーティングのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・水分散型アクリル樹脂コーティングのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水分散型アクリル樹脂コーティングのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・水分散型アクリル樹脂コーティングのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水分散型アクリル樹脂コーティングの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、 …
  • 術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の概要 ・術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の術後の吐き気および嘔吐(Post Operative Nausea And Vomiting)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 空気浄化マスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空気浄化マスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気浄化マスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア向けRTLSの世界市場予測(~2022):施設種類別、提供形態別、技術別(RFID、Wi-Fi、BLE、UWB)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、ヘルスケア向けRTLSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、施設種類別分析、提供形態別分析、技術別分析、用途別分析、ヘルスケア向けRTLSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 住宅向け水処理装置の世界市場2016-2020:POU、POE
    当調査レポートでは、住宅向け水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅向け水処理装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メタボロミクス技術の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、メタボロミクス技術の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・メタボロミクス技術の世界市場:イントロダクション ・メタボロミクス技術の世界市場:市場概観 ・メタボロミクス技術の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・メタボロミクス技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・メタボロミクス技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・メタボロミクス技術の世界市場:症状別分析/市場規模 ・メタボロミクス技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・メタボロミクス技術の世界市場:主要地域別市場分析 ・メタボロミクス技術の世界市場:関連企業分析
  • 世界のコンテナライナー市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のコンテナライナー市場について調査・分析し、世界のコンテナライナー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のコンテナライナー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 宝くじのアメリカ市場2020-2024
  • 医薬品受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、医薬品受託製造の世界市場について調査・分析し、医薬品受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、装飾用コーティング剤の世界市場規模が2019年670億ドルから2024年824億ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の装飾用コーティング剤市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他)分析、技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料)分析、コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他)分析、ユーザー種類別(DIY、プロ)分析、製品別(エマルジョン、ウッドコーティング、エナメル、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、ポリウレタン樹脂、その他) ・世界の装飾用コーティング剤市場:技術別(水系塗料、溶剤系塗料、粉体塗料) ・世界の装飾用コーティング剤市場:コーティング種類別(インテリア、エクステリア、その他) ・世界の装飾用コーティン …
  • 繊維ガラス製パイプの世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、繊維ガラス製パイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維別分析、用途別分析、地域別分析、繊維ガラス製パイプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動逆洗式ろ過装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動逆洗式ろ過装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動逆洗式ろ過装置市場規模、エンドユーザー別(W&WW、石油・ガス、M&M、C&P、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場概要 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場環境 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場動向 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場規模 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:業界構造分析 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:エンドユーザー別(W&WW、石油・ガス、M&M、C&P、その他) ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動逆洗式ろ過装置の北米市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動逆洗式ろ過装置の主要国分析 ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動逆洗式ろ過装置の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界のコアドリル市場2016
    本調査レポートでは、世界のコアドリル市場2016について調査・分析し、コアドリルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 容量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、容量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容量管理市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、生産計画(PP)システム、供給チェーン管理(SCM))分析、エンドユーザー別(銀行・金融サービス・保険(BFSI)、政府・公共業務、医療、ホスピタリティー、情報テクノロジー、製造、小売、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 容量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 容量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 容量管理の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 容量管理の世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 容量管理の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ 容量管理の世界市場:用途別(顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)、 …
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)、地域別予測
    本資料は、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調べ、創傷ケア用生物製剤の世界規模、市場動向、市場環境、創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創傷ケア用生物製剤の世界市場概要 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場環境 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場動向 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・創傷ケア用生物製剤の北米市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアメリカ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアジア市場規模・予測 ・創傷ケ …
  • タイル接着剤の世界市場予測
  • エンタープライズビデオの世界市場予測(~2023年)
    エンタープライズビデオの世界市場は、2018年の135億米ドルから2023年には198億米ドルに達し、この期間中7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インターネットの普及と動画ストリーミングに対する需要の高まり、運用コストの削減に対する企業ニーズの高まりなどが考えれられます。一方で、ネットワーク接続の問題やそれをサポートするインフラの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エンタープライズビデオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、ソリューション(ウェブキャスティング、動画コンテンツ管理、ビデオ会議)分析、用途(コーポレートコミュニケーション、トレーニング・開発)分析、産業分析、エンタープライズビデオの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用微量栄養素の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、農業用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用微量栄養素の世界市場規模及び予測、種類別分析、方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アクセスコントロールの世界市場:磁気ストリップ、近接&スマートカード、生体認証、電子ロック、制御装置/サーバ、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、アクセスコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シトクロムP450 17阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシトクロムP450 17阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シトクロムP450 17阻害剤の概要 ・シトクロムP450 17阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のシトクロムP450 17阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シトクロムP450 17阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シトクロムP450 17阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クレーンの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、クレーンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 臓器保存の世界市場:ソリューション、技術、臓器種類、地域別分析
    当調査レポートでは、臓器保存の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、保存ソリューション別分析、技術別分析、臓器種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のボディーアーマー(防弾衣)市場2016
    本調査レポートでは、世界のボディーアーマー(防弾衣)市場2016について調査・分析し、ボディーアーマー(防弾衣)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メタクリル酸メチル(MMA)の世界市場:複合材料、金属、プラスチック
    当調査レポートでは、メタクリル酸メチル(MMA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の概要 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の評価    …
  • 結核(TB)診断の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、結核(TB)診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、結核(TB)診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は結核(TB)診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、BD、bioMérieux、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • フランスの血栓管理装置市場(~2021)
  • スペインの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場:導入モード別(オンプレミス、クラウド)、サイズ別(中小企業、大企業)、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場について調べ、継続的インテグレーション(CI)ツールの世界規模、市場動向、市場環境、導入モード別(オンプレミス、クラウド)分析、サイズ別(中小企業、大企業)分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場概要 ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場環境 ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場動向 ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場規模 ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場規模:導入モード別(オンプレミス、クラウド) ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場規模:サイズ別(中小企業、大企業) ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場規模:垂直産業別 ・継続的インテグレーション(CI)ツールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・継続的インテグレーション(CI)ツール …
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • ポリウレタン分散の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ポリウレタン分散の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(低溶剤、無溶剤)分析、用途別(塗料及びコーティング剤、接着剤及びシーラント剤、革仕上げ、繊維仕上げ)分析、ポリウレタン分散の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ポリウレタン分散の世界市場規模が2019年24億ドルから2024年34億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 膣炎(Vaginitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膣炎(Vaginitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膣炎(Vaginitis)の概要 ・膣炎(Vaginitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膣炎(Vaginitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膣炎(Vaginitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・膣炎(Vaginitis)治療薬開発に取り組んでい …
  • 小型自動車用安全システムの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、小型自動車用安全システムの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 超高強度鋼の世界市場予測(~2022年):二相、複合相、多相、マルテンサイト、変態誘起塑性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、超高強度鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、超高強度鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用栄養の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療用栄養の世界市場規模が2017年359.2億ドルから2026年706.2億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療用栄養の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用栄養市場規模、製品別(ビタミン、微量元素、スポーツ栄養、たんぱく質、非経口栄養)分析、製品由来別(野菜、フルーツ、動物向け食品、その他の製品由来)分析、疾患別(腎障害、腫瘍学栄養、神経学的障害、肝障害、一般的ウェルビーイング)分析、フレーバー別(レギュラー、フレーバー)分析、病気別(サルコペニア、小児栄養失調、肥満、代謝障害、胃腸疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用栄養の世界市場:市場動向分析 ・ 医療用栄養の世界市場:競争要因分析 ・ 医療用栄養の世界市場:製品別(ビタミン、微量元素、スポーツ栄養、たんぱく質、非経口栄養) ・ 医療用栄養の世界市場:製品由来別(野菜、フルーツ、動物向け食 …
  • ブラジルの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 日本の股関節置換処置動向(~2021)
  • 創傷ケアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(フォーム、ハイドロコロイド、アルギン酸塩、抗菌ドレッシング、評価、NPWTデバイス、代替品、縫合糸、ステープル、テープ)分析、創傷別(外科、外傷、糖尿病性潰瘍、火傷)分析、エンドユーザー別分析、創傷ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、創傷ケアの世界市場規模が2019年198億ドルから2024年248億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"