"テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9DC048)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global textured soy protein market size was valued at $1.1 billion in 2018, and is projected to reach $2.1 billion by 2026, registering a CAGR of 8.7% from 2019 to 2026. Textured soy protein or textured vegetable protein is obtained from defatted soy flour. Defatted soy flour is made by grinding defatted soy flakes, which is obtain by removing oil from soybeans. Textured soy protein is available in dried chunks, powder, or granular form in the market. It is used as a meat analog or extender, which consists of higher protein content. It has a similar texture to beef meat or other meat products.
Textured soy protein acts as an ideal substitute to meat, it is gaining higher traction among consumers who do not consume meat. This fact has driven the growth of the global textured soy protein market. Moreover, upsurge in vegan population due to increase in consumer awareness about the health benefits associated with plant-based proteins and rise in awareness about the issues associated with animal slaughter have driven the growth of the global textured soy protein market. However, availability of various substitutes such fava beans, chickpeas, chia, and quinoa offering similar nutritional value as that of textured soy protein is expected to restrict the growth of the market during the forecast period. On the contrary, plant-based products serve as an ideal substitute to dairy products. Thus, increase in lactose-intolerant population is anticipated to offer immense opportunity for market expansion in the near future.

The global textured soy protein market is segmented into nature, application, and region. On the basis of nature, the market is classified into organic, conventional, and non-GMO. By application, it is divided into food & beverages industry and feed industry. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
Some of the major players in the global textured soy protein industry analyzed in this report include DuPont ,Archer Daniels Midland Company, Cargill, Incorporated., CHS INC, Kellog Company, Wilmar International Ltd, Bob’s Red Mill Natural Foods., Gushen Biological Technology Group Co., Ltd, Pacific Soybean & Grain, and Gremount International Company Limited.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report provides a quantitative analysis of the current trends, estimations, and dynamics of the global smart sports equipment market from 2019 to 2026 to identify the prevailing market opportunities.
• The key countries in all the major regions are mapped based on their market share.
• Porter’s five forces analysis highlights the potency of buyers and suppliers to enable stakeholders to make profit-oriented business decisions and strengthen their supplier–buyer network.
• In-depth analysis of the market segmentation assists to determine the prevailing market opportunities.
• Major countries in each region are mapped according to their revenue contribution to the global industry.
• Market player positioning segment facilitates benchmarking and provides a clear understanding of the present position of market players.
• The report includes the analysis of the regional as well as global market, key players, market segments, application areas, and growth strategies.

Key Market Segments
• By Nature
o Organic
o Conventional
o Non-GMO
• By End User
o Food & Beverages Industry
o Feed Industry

• By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 France
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 South Korea
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Saudi Arabia
 South Africa
 Rest of LAMEA


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary
2.1. Key Findings

2.1.1. Top Impacting Factors
2.1.2. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Parent/Peer Market Overview (2017-18)
3.3. Key Forces Shaping Textured Soy Protein Market

3.3.1. High Bargaining Power of Suppliers
3.3.2. Moderate-To-High Threat of New Entrants
3.3.3. Moderate Threat of Substitutes
3.3.4. Moderate Intensity of Rivalry
3.3.5. Moderate Bargaining Power of Buyers

3.4. Value Chain Analysis
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Rise In Number of Vegan Population
3.5.1.2. Textured Soy Protein As Meat Extender Or Replacer
3.5.1.3. Surging Demand For Textured Soy Protein From The Feed Industry

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. Potential Threat of Substitution
3.5.2.2. Formulation Challenges For Textured Soy Protein Products

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Rise In Number of Millennial Populations
3.5.3.2. Lactose-Intolerant Population Facilitates Opportunity

Chapter 4: Soy Protein Market, By Nature

4.1. Overview
4.2. Organic

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Conventional

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Non-Gmo

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Textured Soy Protein Market, By Application

5.1. Overview
5.2. Food And Beverages Industry

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis By Country

5.3. Feed Industry

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Textured Soy Protein Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.2.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4. Market Analysis By Country

6.2.4.1. U.S.
6.2.4.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.2.4.3. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4.4. Canada
6.2.4.5. Market Size And Forecast, By Nature
6.2.4.6. Market Size And Forecast, By Application
6.2.4.7. Mexico

6.2.4.7.1. Market Size And Forecast, By Nature
6.2.4.7.2. Market Size And Forecast, By Application

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4. Market Analysis By Country

6.3.4.1. Germany

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Nature

6.3.4.2. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4.3. France
6.3.4.4. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.4.5. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4.6. Uk
6.3.4.7. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.4.8. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4.9. Italy
6.3.4.10. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.4.11. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4.12. Spain
6.3.4.13. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.4.14. Market Size And Forecast, By Application
6.3.4.15. Rest of Europe
6.3.4.16. Market Size And Forecast, By Nature
6.3.4.17. Market Size And Forecast, By Application

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3. Market Size And Forecast, By Application.

6.4.3.1. China
6.4.3.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.4.3.4. India
6.4.3.5. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3.6. Market Size And Forecast, By Application
6.4.3.7. Australia
6.4.3.8. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3.9. Market Size And Forecast, By Application
6.4.3.10. New Zealand
6.4.3.11. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3.12. Market Size And Forecast, By Application
6.4.3.13. Rest of Asia-Pacific
6.4.3.14. Market Size And Forecast, By Nature
6.4.3.15. Market Size And Forecast, By Application

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.5.3. Market Size And Forecast, By Application

6.5.3.1. Latin America
6.5.3.2. Market Size And Forecast, By Nature
6.5.3.3. Market Size And Forecast, By Application
6.5.3.4. Middle East
6.5.3.5. Market Size And Forecast, By Nature
6.5.3.6. Market Size And Forecast, By Application
6.5.3.7. Africa
6.5.3.8. Market Size And Forecast, By Nature
6.5.3.9. Market Size And Forecast, By Application

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Archer-Daniels-Midland Company (Adm)

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Key Executives
7.1.3. Company Snapshot
7.1.4. Operating Business Segments
7.1.5. Product Portfolio
7.1.6. R&D Expenditure
7.1.7. Business Performance
7.1.8. Key Strategic Moves And Developments

7.2. Bob’S Red Mill Natural Foods.

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Key Executives
7.2.3. Company Snapshot
7.2.4. Product Portfolio

7.3. Brf Ingredients

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Key Executive
7.3.3. Company Snapshot
7.3.4. Product Portfolio

7.4. Cargill Inc.

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Key Executives
7.4.3. Company Snapshot
7.4.4. Operating Business Segments
7.4.5. Product Portfolio
7.4.6. Business Performance
7.4.7. Key Strategic Moves And Developments

7.5. Chs Inc.

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Key Executives
7.5.3. Company Snapshot
7.5.4. Operating Business Segments
7.5.5. Product Portfolio
7.5.6. Business Performance

7.6. Dupont

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Key Executives
7.6.3. Company Snapshot
7.6.4. Operating Business Segments
7.6.5. Product Portfolio
7.6.6. Key Strategic Moves And Developments

7.7. Food Ingredient Technology Co., Ltd.

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Key Executive
7.7.3. Company Snapshot
7.7.4. Product Portfolio

7.8. Fuji Oil Asia Pte. Ltd.

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Key Executives
7.8.3. Company Snapshot
7.8.4. Operating Business Segments
7.8.5. Product Portfolio
7.8.6. Business Performance

7.9. Kellogg Company

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Key Executives
7.9.3. Company Snapshot
7.9.4. Operating Business Segments
7.9.5. Product Portfolio
7.9.6. R&D Expenditure
7.9.7. Business Performance
7.9.8. Key Strategic Moves And Developments

7.10. Wilmar International Ltd

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Key Executives
7.10.3. Company Snapshot
7.10.4. Operating Business Segments
7.10.5. Product Portfolio
7.10.6. Business Performance
7.10.7. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)
【発行日】2019年10月
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9DC048
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マイクロセルラーポリウレタンフォームの世界市場:タイプ別(高密度発泡体、低密度発泡体)、用途別(自動車、建築および建設、エレクトロニクス、医療、航空宇宙)
    本市場調査レポートではマイクロセルラーポリウレタンフォームについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(高密度発泡体、低密度発泡体)分析、用途別(自動車、建築および建設、エレクトロニクス、医療、航空宇宙)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・マイクロセルラーポリウレタンフォームの世界市場:タイプ別(高密度発泡体、低密度発泡体) ・マイクロセルラーポリウレタンフォームの世界市場:用途別(自動車、建築および建設、エレクトロニクス、医療、航空宇宙) ・マイクロセルラーポリウレタンフォームの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ウェアラブル機器用接着剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウェアラブル機器用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル機器用接着剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 吊り込み金具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、吊り込み金具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、吊り込み金具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は吊り込み金具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dover Corporation、Franklin Fueling Systems、Gilbarco等です。
  • 湿疹(Eczema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、湿疹(Eczema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・湿疹(Eczema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬の状況 ・湿疹(Eczema)治療薬の市場規模(販売予測) ・湿疹(Eczema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の湿疹(Eczema)治療薬剤
  • 交通安全(ロードセーフティ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別(赤色灯、スピード、バスレーン、セクションエンフォースメント、ALPR / ANPR、およびインシデント検出・対応)分析、サービス別(コンサルティング&トレーニング、システムインテグレーション&デプロイ、サポート&メンテナンス)分析、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通安全(ロードセーフティ)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年47億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
  • 石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサー市場規模、製品別(温度センサー、流量センサー、ガスセンサー、圧力センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場概要 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場環境 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場動向 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場規模 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業におけるインダストリアルIoT(IIoT)センサーの世界市場:製品別(温度センサー、流量センサー、ガスセン …
  • 自動体外式除細動器(AED)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動体外式除細動器(AED)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動体外式除細動器(AED)市場規模、製品別(SAED、FAED)分析、最終用途別(公共施設、病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場概要 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場環境 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場動向 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場規模 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場:業界構造分析 ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場:製品別(SAED、FAED) ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場:最終用途別(公共施設、病院、その他) ・自動体外式除細動器(AED)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動体外式除細動器(AED)のアメリカ市場規模・予測 ・自動体外式除細動器(AED)のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動体外式除細動器(AED)のアジア …
  • プロパントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、プロパントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、地域別分析、プロパントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場について調査・分析し、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:市場動向分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:競争要因分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:コンポーネント別 ・クローニングベクター ・発現系 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:製品別 ・非医療用 ・医療用 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:用途別 ・医療 ・食品・農業 ・環境 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:最終用途別 ・学術研究機関 ・製薬・バイオテクノロジー企業 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:主要地域別分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 遺伝子組み換えDNA (rDN …
  • プラスチックベースウォーター包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチックベースウォーター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチックベースウォーター包装の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のBGDMA市場2016
    本調査レポートでは、世界のBGDMA市場2016について調査・分析し、BGDMAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 3次元座標測定機(CMM)の世界市場予測(~2023年)
    3次元座標測定機(CMM)の世界市場は、2018年の28億米ドルから2023年には41億米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モデリングや解析向けの3次元(3D)データによる高精度の検査、Idustrial Internet of Thing(IIoT)への関心の高まり、および優れた品質検査が考えれられます。一方で、3次元座標測定機の設定コストが高いことにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、3次元座標測定機(CMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(ブリッジ、カンチレバー、多関節アーム、ハンドヘルド)分析、用途(品質管理・検査、リバースエンジニアリング)分析、産業(自動車、重機)分析、3次元座標測定機(CMM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーティクルカウンターの世界市場予測(~2021年):大気粒子カウンター、液体粒子カウンター
    当調査レポートでは、パーティクルカウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、パーティクルカウンターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先端巨大症(Acromegaly):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における先端巨大症(Acromegaly)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、先端巨大症(Acromegaly)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・先端巨大症(Acromegaly)の概要 ・先端巨大症(Acromegaly)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の先端巨大症(Acromegaly)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・先端巨大症(Acromegaly)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・先 …
  • 温室栽培の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温室栽培の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 通気性抗菌コーティングの世界市場分析:用途別(室内空気環境、金型の修復、テキスタイル、医療・製薬、建設、食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、通気性抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、通気性抗菌コーティングの世界市場動向、通気性抗菌コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別通気性抗菌コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エポキシ硬化剤の世界市場予測(~2022):アミン系エポキシ硬化剤、酸無水物系エポキシ硬化剤
    当調査レポートでは、エポキシ硬化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、エポキシ硬化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の臭素酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の臭素酸カリウム市場2016について調査・分析し、臭素酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用電気機器・民生用機器の世界市場:製品別(家庭用電気機器、民生用機器)、販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン)、地域別予測
    本資料は、家庭用電気機器・民生用機器の世界市場について調べ、家庭用電気機器・民生用機器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(家庭用電気機器、民生用機器)分析、販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはElectrolux、Haier、LG Electronics、Robert Bosch、Samsung、Whirlpoolなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場概要 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場環境 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場動向 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模:製品別(家庭用電気機器、民生用機器) ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模:販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン) ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場:地域別市場規模・ …
  • 世界のプロセス分析計市場2016
    本調査レポートでは、世界のプロセス分析計市場2016について調査・分析し、プロセス分析計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C型肝炎ウイルス(HCV)治療薬の世界市場予測・分析
  • スリランカのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の乾燥果実市場2016
    本調査レポートでは、世界の乾燥果実市場2016について調査・分析し、乾燥果実の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業用静止/回転装置の世界市場
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用静止/回転装置の世界市場について調査・分析し、石油・ガス産業用静止/回転装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のコバルト粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のコバルト粉市場2016について調査・分析し、コバルト粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の概要 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-18(IL-18)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • CD 4阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 4阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 4阻害薬の概要 ・CD 4阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 4阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 4阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 4阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メタロセンポリエチレンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、メタロセンポリエチレンの世界市場について調査・分析し、メタロセンポリエチレンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別メタロセンポリエチレンシェア、市場規模推移、市場規模予測、メタロセンポリエチレン種類別分析(mLLDPE,mHDPE、mLDPE、その他)、メタロセンポリエチレン用途別分析(フィルム、シート、インジェクション成形、押出コーティング、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・メタロセンポリエチレンの市場概観 ・メタロセンポリエチレンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・メタロセンポリエチレンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・メタロセンポリエチレンの世界市場規模 ・メタロセンポリエチレンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・メタロセンポリエチレンのアメリカ市場規模推移 ・メタロセンポリエチレンのカナダ市場規模推移 ・メタロセンポリエチレンのメキシコ市場規模推移 ・メタロセンポリエチレンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア …
  • 電波暗室の世界市場予測2019-2024
    「電波暗室の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、自由音場、半自由音場など、用途別には、Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。電波暗室のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・電波暗室の世界市場概要(サマリー) ・電波暗室の企業別販売量・売上 ・電波暗室の企業別市場シェア ・電波暗室の世界市場規模:種類別(自由音場、半自由音場) ・電波暗室の世界市場規模:用途別(Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Others) ・電波暗室の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・電波暗室のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・電波暗室の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • 日本の脊椎手術市場動向(~2021)
  • わさびの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、わさびの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、わさび市場規模、用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・わさびの世界市場概要 ・わさびの世界市場環境 ・わさびの世界市場動向 ・わさびの世界市場規模 ・わさびの世界市場:業界構造分析 ・わさびの世界市場:用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他) ・わさびの世界市場:地域別市場規模・分析 ・わさびの北米市場規模・予測 ・わさびのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・わさびのアジア太平洋市場規模・予測 ・わさびの主要国分析 ・わさびの世界市場:意思決定フレームワーク ・わさびの世界市場:成長要因、課題 ・わさびの世界市場:競争環境 ・わさびの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場分析:原材料別(PANベース、ピッチベース)、製品別(熱硬化性CFRP、熱可塑性CFRP)、用途別(自動車、航空宇宙・防衛、風力タービン、スポーツ用品、成形・合成、建設、圧力容器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場動向、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭素繊維強化プラスチック(CFRP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の農薬市場におけるM&A動向:作物保護用化学品、除草剤、殺菌剤、殺虫剤
  • 空港の動く歩道の世界市場
    当調査レポートでは、空港の動く歩道の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港の動く歩道の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型統合プラットフォームサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド型統合プラットフォームサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、クラウド型統合プラットフォームサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フラットベッドセミトレーラーの世界市場:コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー
    Technavio社の本調査レポートでは、フラットベッドセミトレーラーの世界市場について調べ、フラットベッドセミトレーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フラットベッドセミトレーラーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフラットベッドセミトレーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フラットベッドセミトレーラーの市場状況 ・フラットベッドセミトレーラーの市場規模 ・フラットベッドセミトレーラーの市場予測 ・フラットベッドセミトレーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー) ・フ …
  • バイタルサインモニタリング装置の世界市場:体温、血圧、パルスオキシメーター
    当調査レポートでは、バイタルサインモニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイタルサインモニタリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の香水市場2015
    本調査レポートでは、世界の香水市場2015について調査・分析し、香水の世界市場概要、市場規模、市場動向、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度マルチプレックス診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゴルフボール市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 肥料用固化防止剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、肥料用固化防止剤の世界市場について調査・分析し、肥料用固化防止剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別肥料用固化防止剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、肥料用固化防止剤種類別分析(固化防止剤パウダー、固化防止剤ペースト、水溶性固化防止剤)、肥料用固化防止剤用途別分析(複合肥料、尿素、カリ肥料、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・肥料用固化防止剤の市場概観 ・肥料用固化防止剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・肥料用固化防止剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・肥料用固化防止剤の世界市場規模 ・肥料用固化防止剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・肥料用固化防止剤のアメリカ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のカナダ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のメキシコ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・肥料用固化防止剤のドイツ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のイギリス市場規模 …
  • 世界の医療機器用塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療機器用塗料市場2015について調査・分析し、医療機器用塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用ロボット市場:手術ロボット、リハビリロボット、遠隔診療、病院用ロボット
  • 停電管理システム(OMS)の世界市場予測(~2021):組み込み型OMS、スタンドアロン型OMS
    当調査レポートでは、停電管理システム(OMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、停電管理システム(OMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別
    MarketsandMarkets社は、心臓マッピングの世界市場規模が2019年14億ドルから2024年21億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の心臓マッピング市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム)分析、疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の心臓マッピング市場:種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム) ・世界の心臓マッピング市場:疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈) ・世界の心臓マッピング市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 宇宙資源採掘の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、宇宙資源採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、段階別(宇宙船設計、打ち上げ、オペレーション)分析、小惑星タイプ別(Cタイプ、Mタイプ、Sタイプ)分析、用途別(建設、燃料、その他)分析、地球-小惑星間距離別分析、宇宙資源採掘の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パキスタンの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • イギリスの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、スマート・スタジアム(競技場)の世界市場について調べ、スマート・スタジアム(競技場)の世界規模、市場動向、市場環境、ソフトウェア別分析、サービス別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場概要 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場環境 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場動向 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:ソフトウェア別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場規模:サービス別 ・スマート・スタジアム(競技場)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート・スタジアム(競技場)の北米市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場)のアメリカ市場規模・予測 ・スマート・スタジアム(競技場 …
  • 子供用自転車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、子供用自転車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供用自転車の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、売場別分析、サイズ別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"