"世界の人工靭帯&腱市場:用途別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40177)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の人工靭帯&腱市場:用途別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Artificial Ligaments and Tendons Market: About this market
Technavio’s artificial ligaments and tendons market analysis considers sales from knee injuries, shoulder injuries, foot and ankle injuries, and other injuries. Our study also finds the sales of artificial ligaments and tendons in Asia, Europe, North America, and ROW. In 2019, the knee injuries segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as rapid recovery and reduced need for repair and reconstruction revision surgeries will play a significant role in the knee injuries segment to maintain its market position. Also, our global artificial ligaments and tendons market report looks at factors such as advantages of artificial ligaments over autographs and allographs, increasing incidences of tendon and ligament inquiries, and technological advances. However, high costs coupled with limited reimbursements, shortage of skilled orthopedic surgeons, and stringent regulations may hamper the growth of the artificial ligaments and tendons industry over the forecast period.

Global Artificial Ligaments and Tendons Market: Overview
Advantages of artificial ligaments over autografts and allografts
Artificial ligaments have high strength compared to autographs and allografts. The fixation methods used for artificial ligaments are resistant to slipping under cyclic loads. Also, the use of artificial ligaments evades adverse events such as ‘donor site morbidity and disease transmission and has lower complication rates and faster postoperative benefits. Many such advantages offered by artificial ligaments over autographs and allographs will lead to the expansion of the global artificial ligaments and tendons market at a CAGR of over 11% during the forecast period.

Focus on development of 3D-printed human ligaments and tendons
The use of 3D printing technology has allowed healthcare manufacturers to make changes in product designs without incurring additional costs with extra machinery or tools. Moreover, the 3D printing technology aids in the development of complex medical devices based on customized or personalized preferences, offering benefits such as improved surgical outcomes, and shortened operational and recovery time. The 3D printing technique offers benefits such as reduced surgical complications, faster recovery period, and eliminates the requirement of harvesting tissues from other anatomical sites in patients with ligament and tendons injuries. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global artificial ligaments and tendons market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of a few major players, the global artificial ligaments and tendons market is concentrated. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of few leading artificial ligaments and tendons manufacturers, that include Artelon, Cousin-Biotech, FX Solutions, GROUP FH ORTHO, LARS, Mathys AG Bettlach, MorphoMed GmbH, Orthomed, TRICOMED SA, and Xiros Ltd.
Also, the artificial ligaments and tendons market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界の人工靭帯&腱市場:用途別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
• Value Chain Analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market size and forecast 2019-2024
• Market outlook
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Knee injuries – Market size and forecast 2019-2024
• Shoulder injuries – Market size and forecast 2019-2024
• Foot and ankle injuries – Market size and forecast 2019-2024
• Other injuries – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• Asia – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• ROW – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Growing interest in R&D of tissue-engineered ligaments
• Focus on development of 3D-printed human ligaments and tendons
• Focus on biomechanical investigations of tendons and ligaments
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Artelon
• Cousin-Biotech
• FX Solutions
• GROUP FH ORTHO
• LARS
• Mathys AG Bettlach
• MorphoMed GmbH
• Orthomed
• TRICOMED SA
• Xiros Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global healthcare equipment market
Exhibit 02: Segments of global healthcare equipment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Knee injuries – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 21: Knee injuries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Shoulder injuries – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 23: Shoulder injuries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Foot and ankle injuries – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 25: Foot and ankle injuries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Other injuries – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 27: Other injuries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 28: Market opportunity by application
Exhibit 29: Customer landscape
Exhibit 30: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 31: Geographic comparison
Exhibit 32: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 33: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 34: Asia – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 35: Asia – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 37: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: ROW – Market size and forecast 2019-2024 ($ thousands)
Exhibit 39: ROW – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: Key leading countries
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Impact of drivers and challenges
Exhibit 43: Vendor landscape
Exhibit 44: Landscape disruption
Exhibit 45: Vendors covered
Exhibit 46: Vendor classification
Exhibit 47: Market positioning of vendors
Exhibit 48: Artelon – Vendor overview
Exhibit 49: Artelon – Business segments
Exhibit 50: Artelon – Key offerings
Exhibit 51: Cousin-Biotech – Vendor overview
Exhibit 52: Cousin-Biotech – Product segments
Exhibit 53: Cousin-Biotech – Key offerings
Exhibit 54: FX Solutions – Vendor overview
Exhibit 55: FX Solutions – Product segments
Exhibit 56: FX Solutions – Key offerings
Exhibit 57: GROUP FH ORTHO – Vendor overview
Exhibit 58: GROUP FH ORTHO – Product segments
Exhibit 59: GROUP FH ORTHO – Organizational developments
Exhibit 60: GROUP FH ORTHO – Key offerings
Exhibit 61: LARS – Vendor overview
Exhibit 62: LARS – Business segments
Exhibit 63: LARS – Key offerings
Exhibit 64: Mathys AG Bettlach – Vendor overview
Exhibit 65: Mathys AG Bettlach – Product segments
Exhibit 66: Mathys AG Bettlach – Key offerings
Exhibit 67: MorphoMed GmbH – Vendor overview
Exhibit 68: MorphoMed GmbH – Business segments
Exhibit 69: MorphoMed GmbH – Organizational developments
Exhibit 70: MorphoMed GmbH – Key offerings
Exhibit 71: Orthomed – Vendor overview
Exhibit 72: Orthomed – Product segments
Exhibit 73: Orthomed – Key offerings
Exhibit 74: TRICOMED SA – Vendor overview
Exhibit 75: TRICOMED SA – Product segments
Exhibit 76: TRICOMED SA – Key offerings
Exhibit 77: Xiros Ltd. – Vendor overview
Exhibit 78: Xiros Ltd. – Product segments
Exhibit 79: Xiros Ltd. – Key offerings
Exhibit 80: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 81: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の人工靭帯&腱市場:用途別、地域別
【発行日】2019年11月19日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40177
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の人工靭帯&腱市場:用途別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 一斉通知システム(MNS)の世界市場2016-2020:屋内ソリューション用MNS、広域ソリューション用MNS、配布宛先ソリューション用MNS
    当調査レポートでは、一斉通知システム(MNS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一斉通知システム(MNS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオセルの世界市場:設計タイプ別(有孔、無孔)、用途別(荷受材、水路・法面保護、壁面保持)、原材料別(高密度ポリエチレン、ポリプロピレン)、地域別予測
    本資料は、ジオセルの世界市場について調べ、ジオセルの世界規模、市場動向、市場環境、設計タイプ別(有孔、無孔)分析、用途別(荷受材、水路・法面保護、壁面保持)分析、原材料別(高密度ポリエチレン、ポリプロピレン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオセルの世界市場概要 ・ジオセルの世界市場環境 ・ジオセルの世界市場動向 ・ジオセルの世界市場規模 ・ジオセルの世界市場規模:設計タイプ別(有孔、無孔) ・ジオセルの世界市場規模:用途別(荷受材、水路・法面保護、壁面保持) ・ジオセルの世界市場規模:原材料別(高密度ポリエチレン、ポリプロピレン) ・ジオセルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ジオセルの北米市場規模・予測 ・ジオセルのアメリカ市場規模・予測 ・ジオセルのヨーロッパ市場規模・予測 ・ジオセルのアジア市場規模・予測 ・ジオセルの日本市場規模・予測 ・ジオセルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のソルビトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のソルビトール市場2015について調査・分析し、ソルビトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レベルセンサの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レベルセンサの世界市場について調査・分析し、レベルセンサの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レベルセンサシェア、市場規模推移、市場規模予測、レベルセンサ種類別分析(接触型、非接触型)、レベルセンサ用途別分析(石油・ガス、化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レベルセンサの市場概観 ・レベルセンサのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レベルセンサのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レベルセンサの世界市場規模 ・レベルセンサの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レベルセンサのアメリカ市場規模推移 ・レベルセンサのカナダ市場規模推移 ・レベルセンサのメキシコ市場規模推移 ・レベルセンサのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レベルセンサのドイツ市場規模推移 ・レベルセンサのイギリス市場規模推移 ・レベルセンサのロシア市場規模推移 ・レベルセンサのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機過酸化物の世界市場予測(~2022年):ジアシル、ケトン、過炭酸塩、ジアルキル、ヒドロペルオキシド、パーオキシケタール、ペルオキシエステル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、有機過酸化物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機過酸化物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インテリジェントガラスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用インテリジェントガラスの世界市場について調べ、自動車用インテリジェントガラスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用インテリジェントガラスの市場規模をセグメンテーション別(技術別(加熱ガラス、調光ガラス、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用インテリジェントガラスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用インテリジェントガラスの市場状況 ・自動車用インテリジェントガラスの市場規模 ・自動車用インテリジェントガラスの市場予測 ・自動車用インテリジェントガラスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(加熱ガラス、調光ガラス、その他) ・自動車用インテリジェントガラスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、 …
  • ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤の概要 ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • モノの位置情報(LoT)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、モノの位置情報(LoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、モノの位置情報(LoT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアルプラゾラム市場:種類別、地域別
    本調査レポートはアルプラゾラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(不安、パニック障害、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アルプラゾラムの世界市場:種類別(不安、パニック障害、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の概要 ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹膜腫瘍(Peritoneal Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 小型自動車用安全システムの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、小型自動車用安全システムの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • リソグラフィーシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リソグラフィーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リソグラフィーシステム市場規模、技術別(ArF液浸リソグラフィシステム、EUVリソグラフィシステム、KrFリソグラフィシステム、ArF乾式リソグラフィシステム、i線リソグラフィシステム)分析、最終用途別(IDM、ピュアプレイファウンドリ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リソグラフィーシステムの世界市場概要 ・リソグラフィーシステムの世界市場環境 ・リソグラフィーシステムの世界市場動向 ・リソグラフィーシステムの世界市場規模 ・リソグラフィーシステムの世界市場:業界構造分析 ・リソグラフィーシステムの世界市場:技術別(ArF液浸リソグラフィシステム、EUVリソグラフィシステム、KrFリソグラフィシステム、ArF乾式リソグラフィシステム、i線リソグラフィシステム) ・リソグラフィーシステムの世界市場:最終用途別(IDM、ピュアプレイファウンドリ) …
  • コグニティブ・アナリティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コグニティブ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、産業別分析、コグニティブ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液バンク用冷蔵庫の米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液バンク用冷蔵庫の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液バンク用冷蔵庫の米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 新生児および胎児(分娩前・分娩中)ケア装置の世界市場予測(~2023年)
    新生児および胎児(分娩前・分娩中)ケア装置の世界市場は、2018年の64億米ドルから2023年には84億米ドルに達し、この期間中5.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、早産児や低体重児の増加、NICUへの入院の増加、発展途上国での新生児および胎児のケアに対する意識の高まりなどが考えられます。一方で、高度な新生児ケア装置は高価なことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、新生児および胎児(分娩前・分娩中)ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置(超音波、ドップラー、胎児モニター、加温器、インキュベーター、パルスオキシメーター、光線療法装置、人工呼吸器、MRI、CPAP、カプノグラフ、蘇生器)分析、新生児および胎児(分娩前・分娩中)ケア装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電気生理学装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、電気生理学装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電気生理学装置の概要 ・電気生理学装置の開発動向:開発段階別分析 ・電気生理学装置の開発動向:セグメント別分析 ・電気生理学装置の開発動向:領域別分析 ・電気生理学装置の開発動向:規制Path別分析 ・電気生理学装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別電気生理学装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・電気生理学装置の最近動向
  • イギリスのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • テレプレゼンスロボットの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、テレプレゼンスロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テレプレゼンスロボット市場規模、種類別(移動式、定置式)分析、コンポーネント別(ボディ、ヘッド)分析、用途別(健康管理、企業、教育、在宅ケア、オフィス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:市場動向分析 ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:競争要因分析 ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:種類別(移動式、定置式) ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:コンポーネント別(ボディ、ヘッド) ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:用途別(健康管理、企業、教育、在宅ケア、オフィス) ・ テレプレゼンスロボットの世界市場:主要地域別分析 ・ テレプレゼンスロボットの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ テレプレゼンスロボットのヨーロッパ市場規模 ・ テレプレゼンスロボットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・テレ …
  • シリコンウェハ再生の世界市場分析:製品別(150mm、200mm、300mm)、用途別(集積回路、太陽電池)、セグメント予測
    本調査レポートでは、シリコンウェハ再生の世界市場について調査・分析し、シリコンウェハ再生の世界市場動向、シリコンウェハ再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンウェハ再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カザフスタンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 産業用マザーボードの世界市場2017-2021:プロセス産業、ディスクリート産業
    当調査レポートでは、産業用マザーボードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用マザーボードの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プレースクールのインド市場2020-2024:範囲別、年齢別
  • 電子フィルムの世界市場:タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム)、材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他)、用途別(電子ディスプレイ、プリント基板、半導体、その他)、地域別予測
    本資料は、電子フィルムの世界市場について調べ、電子フィルムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム)分析、材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他)分析、用途別(電子ディスプレイ、プリント基板、半導体、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDowDuPont、Gunze、Nitto Denko Corporation、Saint Gobain S.A.、Toray Industries Inc.、The Chemours Companyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・電子フィルムの世界市場概要 ・電子フィルムの世界市場環境 ・電子フィルムの世界市場動向 ・電子フィルムの世界市場規模 ・電子フィルムの世界市場規模:タイプ別(導電性フィルム、非導電性フィルム) ・電子フィルムの世界市場規模:材料別(ポリマー、ITO付きガラス、ITO付きPET、金属メッシュ、その他) ・ …
  • 食事代替食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食事代替食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食事代替食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食事代替食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott • Herbalife• Kellogg• Nestlé• SlimFast等です。
  • 掘削廃棄物管理の世界市場:処理・廃棄、格納・ハンドリング、固形物制御
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
    MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途) ・世界の女性健康管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 世界の家庭用加湿器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用加湿器市場2015について調査・分析し、家庭用加湿器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のガンシクロビル市場2016
    本調査レポートでは、世界のガンシクロビル市場2016について調査・分析し、ガンシクロビルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胸水(Pleural Effusion):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胸水(Pleural Effusion)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胸水(Pleural Effusion)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胸水(Pleural Effusion)の概要 ・胸水(Pleural Effusion)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胸水(Pleural Effusion)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胸水(Pleural Effusion)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 防火装置の世界市場予測(~2022年):センサー、火災感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、防火装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酵素化学試薬検査装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、酵素化学試薬検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・酵素化学試薬検査装置の概要 ・酵素化学試薬検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・酵素化学試薬検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・酵素化学試薬検査装置の開発動向:領域別分析 ・酵素化学試薬検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・酵素化学試薬検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別酵素化学試薬検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・酵素化学試薬検査装置の最近動向
  • 伸縮式吸引アームの世界市場
    本資料は、伸縮式吸引アームの世界市場について調べ、伸縮式吸引アームの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(固定、壁掛け、天井付け、ベンチトップ、その他)分析、用途別(溶接煙霧、ほこり、煙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdidas、Fila、Nike、Puma、Under Armour、Amer Sports、ASICS、Babolat、DUC、Little Miss Tennis、Loriet、Lotto Sport Italia、Prince Sports、Solinco、Tecnifibre 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・伸縮式吸引アームの世界市場概要 ・伸縮式吸引アームの世界市場環境 ・伸縮式吸引アームの世界市場動向 ・伸縮式吸引アームの世界市場規模 ・伸縮式吸引アームの世界市場規模:種類別(固定、壁掛け、天井付け、ベンチトップ、その他) ・伸縮式吸引アームの世界市場規模:用途別(溶接煙霧、ほこり、煙、その他) …
  • 創薬インフォマティクスの世界市場規模及び予測:ワークフロー別(ディスカバリー・インフォマティクス、開発インフォマティクス、同定および検証インフォマティクス・アッセイ開発インフォマティクス、リード・ジェネレーション・インフォマティクス、リード最適化、FHD準備、フェーズIAインフォマティクス、フェーズIB / 2インフォマティクス)、モード別(インハウス情報学、アウトソーシング情報学)、サービス別(シーケンス解析プラットフォーム、分子モデリング、ドッキング、臨床試験データ管理)、動向分析、2012-2022
    本調査レポートでは、創薬インフォマティクスの世界市場について調査・分析し、創薬インフォマティクスの世界市場動向、創薬インフォマティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別創薬インフォマティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのアイルランド市場
  • 門脈高血庄症(Portal Hypertension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における門脈高血庄症(Portal Hypertension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、門脈高血庄症(Portal Hypertension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・門脈高血庄症(Portal Hypertension)の概要 ・門脈高血庄症(Portal Hypertension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の門脈高血庄症(Portal Hypertension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・門脈高血庄症(Portal Hypertension)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場分析:製品別(石油・ガス[ブタジエン回収、BTX抽出]、医薬品[溶剤、浸透増強剤]、電子、塗料・コーティング、農薬)、地域別、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場について調査・分析し、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場動向、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別N-メチル-2-ピロリドン(NMP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の排気弁市場2016
    本調査レポートでは、世界の排気弁市場2016について調査・分析し、排気弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の甲状腺診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、甲状腺診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺診断・検査装置の概要 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・甲状腺診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別甲状腺診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・甲状腺診断・検査装置の最近動向
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は商用車テレマティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・商用車テレマティクスの市場状況 ・商用車テレマティクスの市場規模 ・商用車テレマティクスの市場予測 ・商用車テレマティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(LCV、M&HCV) ・市場セグメンテーション:種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス) ・商用車テレマ …
  • 金ナノ粒子の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、金ナノ粒子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金ナノ粒子の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金ナノ粒子の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBBI Solutions、Cline Scientific、Cytodiagnostics、Goldsol、Meliorum Technologies、nanoComposix、TANAKA HOLDINGS等です。
  • 硬質包装の世界市場:原料別(プラスチック、金属、紙、ガラス、バイオプラスチック)、用途別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、硬質包装の世界市場について調査・分析し、硬質包装の世界市場動向、硬質包装の世界市場規模、市場予測、セグメント別硬質包装市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィブリノーゲン検査の世界市場2016-2020
  • 世界のレフルノミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のレフルノミド市場2016について調査・分析し、レフルノミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトレジストの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の真空遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空遮断器市場2015について調査・分析し、真空遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データ消失防止(DLP)の世界市場見通し2016-2022:ストレージ/データセンターDLP、ネットワークDLP、エンドポイントDLP
    当調査レポートでは、データ消失防止(DLP)の世界市場について調査・分析し、データ消失防止(DLP)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:市場動向分析 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:競争要因分析 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:ソリューション種類別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の北米市場規模 ・データ消失防止(DLP)の欧州市場規模 ・データ消失防止(DLP)のアジア市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ヒンダードアミン系光安定剤(HALS)の世界市場予測(~2022年):ポリマ、モノマ、オリゴマー
    当調査レポートでは、ヒンダードアミン系光安定剤(HALS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ヒンダードアミン系光安定剤(HALS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"