"世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40213)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Transfection Reagents and Equipment Market: About this market
Technavio’s transfection reagents and equipment market analysis considers sales from both reagents and equipment products. Our study also finds the sales of transfection reagents and equipment in Asia, Europe, North America, and ROW. In 2019, the reagents segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as increasing commercial adoption and low prices of transfection reagents will play a significant role in the reagents segment to maintain its market position. Also, our global transfection reagents and equipment market report looks at factors such as high prevalence and incidence of cancer, improvement in healthcare infrastructure in emerging economies, and rising demand for timely disease diagnosis. However, the risk associated with the extraction of DNA and RNA, strict compliance regarding the transportation of genetically modified organisms, and intense competition among vendors may hamper the growth of the transfection reagents and equipment industry over the forecast period.

Global Transfection Reagents and Equipment Market: Overview
Rising demand for timely disease diagnosis
Early diagnosis diseases are necessary among patients with a high risk of hereditary conditions. It requires genetic tools to facilitate diagnostic tests such as next-generation sequencing and DNA microarrays. This is driving the demand for transfection reagents as they are used for conducting genetic variation testing procedures. They help in identifying risks of developing diseases such as Alzheimer’s disease, Parkinson’s disease, and cancer. Thus, the rising demand for timely disease diagnosis will lead to the expansion of the global transfection reagents and equipment market at a CAGR of over 6% during the forecast period.

Rise in clinical trials in developing nations
Transfection reagents are being increasingly used in preclinical studies as well as clinical trials to support the development of novel therapies based on the delivery of nucleic acids. Pharmaceutical companies conduct clinical trials to comply with stringent regulations and reduce their drug development costs. The rise in the number of clinical trials in developing countries can be attributed to factors such as access to a large patient pool, friendly market reforms, strong intellectual property and clinical trial infrastructure, and availability of skilled workforce. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global transfection reagents and equipment market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global transfection reagents and equipment market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading transfection reagents and equipment manufacturers, that include Agilent Technologies Inc., Bio-Rad Laboratories Inc., F. Hoffmann-La Roche Ltd., Lonza Group Ltd., MaxCyte Inc., Merck KGaA, Polyplus-transfection SA, Promega Corp., QIAGEN NV, and Thermo Fisher Scientific Inc.
Also, the transfection reagents and equipment market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market size and forecast 2019-2024
• Market outlook
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• Reagents – Market size and forecast 2019-2024
• Equipment – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by product
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• Asia – Market size and forecast 2019-2024
• ROW – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rise in clinical trials in developing nations
• Geopolitical uncertainties
• Rising healthcare expenditures
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Agilent Technologies Inc.
• Bio-Rad Laboratories Inc.
• F. Hoffmann-La Roche Ltd.
• Lonza Group Ltd.
• MaxCyte Inc.
• Merck KGaA
• Polyplus-transfection SA
• Promega Corp.
• QIAGEN NV
• Thermo Fisher Scientific Inc.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global healthcare equipment market
Exhibit 02: Segments of global healthcare equipment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendor key offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Product – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: Reagents – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: Reagents – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Equipment – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: Equipment – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by product
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 29: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 30: Top 3 countries in North America
Exhibit 31: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 32: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 33: Top 3 countries in Europe
Exhibit 34: Asia – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: Asia – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: Top 3 countries in Asia
Exhibit 37: ROW – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 38: ROW – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 39: Top 3 countries in ROW
Exhibit 40: Key leading countries
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Impact of drivers and challenges
Exhibit 43: Vendor landscape
Exhibit 44: Landscape disruption
Exhibit 45: Vendors covered
Exhibit 46: Vendor classification
Exhibit 47: Market positioning of vendors
Exhibit 48: Agilent Technologies Inc. – Vendor overview
Exhibit 49: Agilent Technologies Inc. – Business segments
Exhibit 50: Agilent Technologies Inc. – Organizational developments
Exhibit 51: Agilent Technologies Inc. – Geographic focus
Exhibit 52: Agilent Technologies Inc. – Segment focus
Exhibit 53: Agilent Technologies Inc. – Key offerings
Exhibit 54: Agilent Technologies Inc. – Key customers
Exhibit 55: Bio-Rad Laboratories Inc. – Vendor overview
Exhibit 56: Bio-Rad Laboratories Inc. – Product segments
Exhibit 57: Bio-Rad Laboratories Inc. – Organizational developments
Exhibit 58: Bio-Rad Laboratories Inc. – Geographic focus
Exhibit 59: Bio-Rad Laboratories Inc. – Segment focus
Exhibit 60: Bio-Rad Laboratories Inc. – Key offerings
Exhibit 61: Bio-Rad Laboratories Inc. – Key customers
Exhibit 62: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Vendor overview
Exhibit 63: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Business segments
Exhibit 64: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Organizational developments
Exhibit 65: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Geographic focus
Exhibit 66: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Segment focus
Exhibit 67: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Key offerings
Exhibit 68: F. Hoffmann-La Roche Ltd. – Key customers
Exhibit 69: Lonza Group Ltd. – Vendor overview
Exhibit 70: Lonza Group Ltd. – Business segments
Exhibit 71: Lonza Group Ltd. – Organizational developments
Exhibit 72: Lonza Group Ltd. – Geographic focus
Exhibit 73: Lonza Group Ltd. – Segment focus
Exhibit 74: Lonza Group Ltd. – Key offerings
Exhibit 75: Lonza Group Ltd. – Key customers
Exhibit 76: MaxCyte Inc. – Vendor overview
Exhibit 77: MaxCyte Inc. – Business segments
Exhibit 78: MaxCyte Inc. – Organizational developments
Exhibit 79: MaxCyte Inc. – Key offerings
Exhibit 80: MaxCyte Inc. – Key customers
Exhibit 81: Merck KGaA – Vendor overview
Exhibit 82: Merck KGaA – Business segments
Exhibit 83: Merck KGaA – Organizational developments
Exhibit 84: Merck KGaA – Geographic focus
Exhibit 85: Merck KGaA – Segment focus
Exhibit 86: Merck KGaA – Key offerings
Exhibit 87: Merck KGaA – Key customers
Exhibit 88: Polyplus-transfection SA – Vendor overview
Exhibit 89: Polyplus-transfection SA – Product segments
Exhibit 90: Polyplus-transfection SA – Organizational developments
Exhibit 91: Polyplus-transfection SA – Key offerings
Exhibit 92: Polyplus-transfection SA – Key customers
Exhibit 93: Promega Corp. – Vendor overview
Exhibit 94: Promega Corp. – Product segments
Exhibit 95: Promega Corp. – Organizational developments
Exhibit 96: Promega Corp. – Key offerings
Exhibit 97: Promega Corp. – Key customers
Exhibit 98: QIAGEN NV – Vendor overview
Exhibit 99: QIAGEN NV – Business segments
Exhibit 100: QIAGEN NV – Organizational developments
Exhibit 101: QIAGEN NV – Geographic focus
Exhibit 102: QIAGEN NV – Segment focus
Exhibit 103: QIAGEN NV – Key offerings
Exhibit 104: QIAGEN NV – Key customers
Exhibit 105: Thermo Fisher Scientific Inc. – Vendor overview
Exhibit 106: Thermo Fisher Scientific Inc. – Business segments
Exhibit 107: Thermo Fisher Scientific Inc. – Organizational developments
Exhibit 108: Thermo Fisher Scientific Inc. – Geographic focus
Exhibit 109: Thermo Fisher Scientific Inc. – Segment focus
Exhibit 110: Thermo Fisher Scientific Inc. – Key offerings
Exhibit 111: Thermo Fisher Scientific Inc. – Key customers
Exhibit 112: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 113: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40213
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 微生物検査/臨床微生物学の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、微生物検査/臨床微生物学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(製薬、臨床、製造、環境)別分析、疾患(呼吸器疾患、STD、UTI)別分析、製品(機器、分析装置、試薬)別分析、エンドユーザー(病院、診断ラボ、学術機関)別分析、微生物検査/臨床微生物学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bumi Armada、BW Offshore、MODEC、Petrobras、SBM Offshore等です。
  • パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りココナッツウォーター市場規模、製品別(味のついていない、フレーバー付き)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場概要 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場環境 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場動向 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場規模 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:製品別(味のついていない、フレーバー付き) ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りココナッツウォーターのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りココナッツウォーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りココナッツウォーターのアジア市場規模・予測 ・パッ …
  • 産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業廃棄物リサイクル及びサービスの世界市場規模及び予測、産業別分析、廃棄物別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙用顔料の世界市場予測(~2023年):炭酸カルシウム、カオリン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、紙用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(炭酸カルシウム、カオリン)分析、用途(塗工紙、非塗工紙)分析、紙用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬市場規模、製品別(抗うつ剤、抗不安薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場概要 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場環境 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場動向 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場規模 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場:業界構造分析 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場:製品別(抗うつ剤、抗不安薬、その他) ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・心的外傷後 …
  • 動物飼料添加剤の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、動物飼料添加剤の世界市場について調査・分析し、動物飼料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物飼料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の北米市場規模 ・動物飼料添加剤の欧州市場規模 ・動物飼料添加剤のアジア市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • サイレージ添加物の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サイレージ添加物の世界市場について調査・分析し、サイレージ添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サイレージ添加物の世界市場:市場動向分析 - サイレージ添加物の世界市場:競争要因分析 - サイレージ添加物の世界市場:添加物別 ・化学抑制剤 ・吸収剤 ・酸添加剤 ・酵素 ・栄養 ・有機酸塩 ・接種剤 - サイレージ添加物の世界市場:用途別 ・穀物栽培 ・豆 ・その他 - サイレージ添加物の世界市場:主要地域別分析 - サイレージ添加物の北米市場規模(アメリカ市場等) - サイレージ添加物のヨーロッパ市場規模 - サイレージ添加物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サイレージ添加物の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場
    当調査レポートでは、3Dプリンティング向けポリアミド11/12の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体実装・試験サービスの世界市場2017-2021:実装サービス・試験サービス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、半導体実装・試験サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体実装・試験サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体実装・試験サービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Amkor Technology、ASE Group、Jiangsu Changjiang Electronics Technology (JCET)、Powertech Technology、Siliconware Precision Industries (SPIL)等です。
  • 電気用鋼の世界市場予測(~2021):トランス、モーター、インダクタ
    当調査レポートでは、電気用鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、電気用鋼の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノセルロースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノセルロースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Borregaard、CelluForce、Daicel、NIPPON PAPER INDUSTRIES、RISE、Sappi等です。
  • 外科用ステープラーの世界市場分析:製品別(電源式ステープリング装置、手動外科用ステープリング装置)、用途別(使い捨て外科用ステープル留めデバイス、再利用式外科用ステープル留めデバイス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外科用ステープラーの世界市場について調査・分析し、外科用ステープラーの世界市場動向、外科用ステープラーの世界市場規模、市場予測、セグメント別外科用ステープラー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイヤレスガス検知の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ワイヤレスガス検知の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスガス検知の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:製品種類別分析 ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:コンポーネント&サービス別分析 ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:技術別分析 ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:用途別分析 ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ワイヤレスガス検知の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場:原材料別、用途別(住宅、商業、官庁、施設、産業)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 移植の世界市場:組織製品、臓器保存ソリューション、移植製品、移植診断
    当調査レポートでは、移植の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移植の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショア支援船(OSV)の世界市場
    当調査レポートでは、オフショア支援船(OSV)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・オフショア支援船(OSV)の世界市場:船舶種類別分析/市場規模 ・オフショア支援船(OSV)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・オフショア支援船(OSV)のアメリカ市場規模予測 ・オフショア支援船(OSV)のヨーロッパ市場規模予測 ・オフショア支援船(OSV)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のマンガン鉱石市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンガン鉱石市場2015について調査・分析し、マンガン鉱石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フラックサンド (破砕砂) 用物流市場規模、サービス別(輸送、倉庫・VAS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canadian National Railway, Genesee & Wyoming, Jordan Sands, Permian Frac Sand, SandBox Logistics, Tidewater Logistics, Twin Eagle Sand Logistics, Union Pacificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場概要 ・フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場環境 ・フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場動向 ・フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場規模 ・フラックサンド (破砕砂) 用物流の世界市場:業界構造分析 ・フラックサンド ( …
  • 膣炎治療薬の世界市場:製品別(抗真菌薬、ホルモン、抗菌剤)、タイプ別(OTC、処方薬)、セグメント予測
    膣炎治療薬の世界市場は2025年には42億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.4%で成長すると予測されています。女性の意識レベルを向上させるための政府および非政府機関の積極的な取り組みにより、膣炎治療薬に対する需要は上昇しています。アルコール消費の増加もこの治療薬の需要を促進する要因と考えられています。米国の約530万人の女性が健康および生活において何らかの弊害に直面していると言われています。本調査レポートでは、膣炎治療薬の世界市場について調査・分析し、膣炎治療薬の世界市場動向、膣炎治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別膣炎治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルミニウム線材 (ワイヤーロッド) の世界市場2017-2021:導線・ケーブル、機械、脱酸素
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アルミニウム線材 (ワイヤーロッド) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム線材 (ワイヤーロッド) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアルミニウム線材 (ワイヤーロッド) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHongFan Holdings、Norsk Hydro、RUSAL、Vedanta Resources、Vimetco等です。
  • 産業用分数馬力クラッチ&ブレーキの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、産業用分数馬力クラッチ&ブレーキの世界市場について調査・分析し、産業用分数馬力クラッチ&ブレーキの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・産業用分数馬力クラッチ&ブレーキの世界市場規模:用途別分析 ・産業用分数馬力クラッチ&ブレーキの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 中国の半田付け装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の半田付け装置市場2015について調査・分析し、半田付け装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用イーサネットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用イーサネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、産業用イーサネットの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用照明の世界市場予測(~2023年):LED照明、HID照明、蛍光灯照明
    当調査レポートでは、産業用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、光源別分析、設置種類別分析、製品別分析、用途別分析、産業用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 世界のウェアラブル・デジタル携帯無線機市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・デジタル携帯無線機市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・デジタル携帯無線機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のビタミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のビタミン市場2015について調査・分析し、ビタミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオコハク酸の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、バイオコハク酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオコハク酸市場規模、用途別(ポリエステルポリオール、可塑剤、アルキド樹脂)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオコハク酸の世界市場概要 ・バイオコハク酸の世界市場環境 ・バイオコハク酸の世界市場動向 ・バイオコハク酸の世界市場規模 ・バイオコハク酸の世界市場:業界構造分析 ・バイオコハク酸の世界市場:用途別(ポリエステルポリオール、可塑剤、アルキド樹脂) ・バイオコハク酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオコハク酸の北米市場規模・予測 ・バイオコハク酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バイオコハク酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・バイオコハク酸の主要国分析 ・バイオコハク酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・バイオコハク酸の世界市場:成長要因、課題 ・バイオコハク酸の世界市場:競争環境 ・バイオコハク酸の世界市場:関連企業情報(ベ …
  • 再生カーボンブラック(RCB)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、再生カーボンブラック(RCB)の世界市場規模が2017年403.4億ドルから2026年1兆8152.6億ドルまで年平均52.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、再生カーボンブラック(RCB)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生カーボンブラック(RCB)市場規模、グレード別(特殊、商品)分析、種類別(無機アッシュ、一次カーボンブラック)分析、用途別(プラスチック、タイヤ、コーティング剤、非タイヤゴム、インク)分析、エンドユーズ産業別(建築・建設、産業、印刷・包装、交通手段、その他のエンドユーズ産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 再生カーボンブラック(RCB)の世界市場:市場動向分析 ・ 再生カーボンブラック(RCB)の世界市場:競争要因分析 ・ 再生カーボンブラック(RCB)の世界市場:グレード別(特殊、商品) ・ 再生カーボンブラック(RCB)の世界市場:種類別(無機アッ …
  • 工業用過酸化水素の世界市場予測(~2026):漂白剤、推進剤、酸化剤、滅菌剤、消毒剤
    当調査レポートでは、工業用過酸化水素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、工業用過酸化水素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーマルプリントの世界市場予測(~2023年):サーマルプリンター、用品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サーマルプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、プリンタ種類別分析、フォーマットタイプ別分析、印刷技術別分析、サーマルプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電式UAV(無人機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、太陽光発電式UAV(無人機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽光発電式UAV(無人機)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非プロトン性溶媒の世界市場の規模及び予測:製品別(NMP、トルエン、ベンゼン、アセトン)、用途別(石油・ガス、医薬品、塗料・コーティング、電子製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、非プロトン性溶媒の世界市場について調査・分析し、非プロトン性溶媒の世界市場動向、非プロトン性溶媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別非プロトン性溶媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Anti-CD30抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD30抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD30抗体の概要 ・Anti-CD30抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD30抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD30抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD30抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • D型肝炎(Hepatitis D):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるD型肝炎(Hepatitis D)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、D型肝炎(Hepatitis D)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・D型肝炎(Hepatitis D)の概要 ・D型肝炎(Hepatitis D)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のD型肝炎(Hepatitis D)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D型肝炎(Hepatitis D)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D …
  • C型肝炎(Hepatitis C):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・C型肝炎(Hepatitis C):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬の状況 ・C型肝炎(Hepatitis C)治療薬の市場規模(販売予測) ・C型肝炎(Hepatitis C)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・C型肝炎(Hepatitis C)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のC型肝炎(Hepatitis C)治療薬剤
  • ヨーロッパの浴室およびトイレ補助デバイス市場
  • 遺伝子治療の世界市場:研究開発および売上予測2016-2026
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・遺伝子治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・遺伝子治療の世界市場:疾患別市場分析 ・遺伝子治療の研究開発パイプライン分析・予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のベリリウム・アルミニウム合金市場2016
    本調査レポートでは、世界のベリリウム・アルミニウム合金市場2016について調査・分析し、ベリリウム・アルミニウム合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場2019-2023
    LNG(液化天然ガス)運搬船は、LNG輸送のために設計された特殊タンカーです。Technavioのアナリストは、LNG運搬船の世界市場が2019年から2023年の間に 4.74%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、液化天然ガス(LNG)運搬船市場規模、コンテナタイプ別(メンブレン型、モス型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場概要 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場環境 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場動向 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場規模 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場:業界構造分析 ・液化天然ガス( …
  • 世界の乳児用調製粉乳市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳児用調製粉乳市場2015について調査・分析し、乳児用調製粉乳の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子健康記録(EHR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子健康記録(EHR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子健康記録(EHR)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))の概要 ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアメリカ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • B2Bメディアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、B2Bメディアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、B2Bメディアの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエアロゲル市場規模・予測2017-2025:種類別(カーボン、ポリマー、シリカ)、形態別(モノリス、パネル、粒子、ブランケット)、プロセス別(複合材料、バージン・添加物)、用途別(建築、機能性塗料、石油・ガス・輸送機器)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のエアロゲル市場について調査・分析し、世界のエアロゲル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のエアロゲル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 日本の末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬市場規模、製品別(小分子、生物製剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、F. Hoffmann-La Roche, Merck Sharp & Dohme, Novartis, Pfizer, Spectrum Pharmaceuticals, などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場概要 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場環境 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場動向 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場規模 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場:業界構造分析 ・びまん性大B細胞リンパ腫(DLBCL)治療薬の世界市場:製品別(小分子、生物製剤) ・びまん性大B …
  • 初代細胞培養の世界市場:製品別、用途別(幹細胞治療、ワクチン製造)、分離・培養法別、セグメント予測
    初代細胞培養の世界市場は2025年には54億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率10.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ワクチンやモノクローナル抗体の作製の拡大、再生医療の拡大、大ヒット生物製剤の特許切れ、ならびに幹細胞治療および組織工学に対する需要の高まりが考えられます。こういった背景により、ヘルスケアおよび医療研究に関連する大企業はこの分野に関心を寄せています。本調査レポートでは、初代細胞培養の世界市場について調査・分析し、初代細胞培養の世界市場動向、初代細胞培養の世界市場規模、市場予測、セグメント別初代細胞培養市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"