"世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40209)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Calcium Carbide Market: About this market
Technavio’s calcium carbide market analysis considers sales from acetylene production, reducing and dehydrating agent, steelmaking, calcium cyanamide production, and other applications. Our study also finds the sales of calcium carbide in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the acetylene production segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as rising demand for PVC and acetylene gas will play a significant role in the acetylene production segment to maintain its market position. Also, our global calcium carbide market report looks at factors such as increasing steel production, rising demand for acetylene, and growing demand for PVC. However, health hazards caused by exposure to calcium carbide, availability of alternatives to calcium carbide, and the ban on the use of calcium carbide for ripening fruits may hamper the growth of the calcium carbide industry over the forecast period.

Global Calcium Carbide Market: Overview
Growing demand for PVC
PVC is manufactured through the cracking of chemicals, such as calcium carbide, ethylene, and dichloroethane Various industrial sectors including automotive, construction, electronics, and packaging are deploying PVC as it is lightweight and exhibits many beneficial properties, such as superior fire resistance, fire retardance, oil and chemical resistance, and mechanical strength. In addition, PVC is also used in pipes and fittings, rigid plates, rigid films, and automotive parts due to its fire retardance and oil resistance. Thus, the growing demand for polyvinyl chloride (PVC) from end-user industries will lead to the expansion of the global calcium carbide market at a CAGR of almost 7% during the forecast period.

Rising demand for calcium cyanamide
Calcium cyanamide is increasingly being used as one of the most prominent fertilizers in the agriculture industry. It is a nitrogen-based agricultural chemical used for protecting crops from a wide range of harmful insects and weeds. In addition, it prevents yield and quality losses during tight crop rotations. Thus, the rising demand for calcium cyanamide will also create a need for calcium carbide during the forecast period.
For the detailed list of factors that will drive the global calcium carbide market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global calcium carbide market is highly fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading calcium carbide manufacturers, that include AlzChem Trostberg GmbH, APH Regency Power Group, CARBIDE INDUSTRIES LLC, DCM Shriram Ltd., Denka Co. Ltd., Iran Carbide, Lonza Group Ltd., MCB Industries Sdn. Bhd., Merck KGaA, and PT Emdeki Utama Tbk.
Also, the calcium carbide market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Acetylene production – Market size and forecast 2019-2024
• Reducing and dehydrating agent – Market size and forecast 2019-2024
• Steelmaking – Market size and forecast 2019-2024
• Calcium cyanamide production – Market size and forecast 2019-2024
• Others – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rising demand for calcium cyanamide
• Rising application of calcium carbide in the food and beverages industry
• Growing demand for consumer goods
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• AlzChem Trostberg GmbH
• APH Regency Power Group
• CARBIDE INDUSTRIES LLC
• DCM Shriram Ltd.
• Denka Co. Ltd.
• Iran Carbide
• Lonza Group Ltd.
• MCB Industries Sdn. Bhd.
• Merck KGaA
• PT Emdeki Utama Tbk
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global commodity chemicals market
Exhibit 02: Segments of global commodity chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key product offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Acetylene production – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: Acetylene production – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Reducing and dehydrating agent – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: Reducing and dehydrating agent – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Steelmaking – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 25: Steelmaking – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Calcium cyanamide production – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 27: Calcium cyanamide production – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 28: Others – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 29: Others – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by application
Exhibit 31: Customer landscape
Exhibit 32: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 33: Geographic comparison
Exhibit 34: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 37: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 39: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: South America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 41: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 42: MEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 43: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 44: Key leading countries
Exhibit 45: Market opportunity
Exhibit 46: Impact of drivers and challenges
Exhibit 47: Vendor landscape
Exhibit 48: Landscape disruption
Exhibit 49: Vendors covered
Exhibit 50: Vendor classification
Exhibit 51: Market positioning of vendors
Exhibit 52: AlzChem Trostberg GmbH – Vendor overview
Exhibit 53: AlzChem Trostberg GmbH – Product segments
Exhibit 54: AlzChem Trostberg GmbH – Organizational developments
Exhibit 55: AlzChem Trostberg GmbH – Geographic focus
Exhibit 56: AlzChem Trostberg GmbH – Segment focus
Exhibit 57: AlzChem Trostberg GmbH – Key offerings
Exhibit 58: APH Regency Power Group – Vendor overview
Exhibit 59: APH Regency Power Group – Business segments
Exhibit 60: APH Regency Power Group – Key offerings
Exhibit 61: CARBIDE INDUSTRIES LLC – Vendor overview
Exhibit 62: CARBIDE INDUSTRIES LLC – Business segments
Exhibit 63: CARBIDE INDUSTRIES LLC – Key offerings
Exhibit 64: DCM Shriram Ltd. – Vendor overview
Exhibit 65: DCM Shriram Ltd. – Business segments
Exhibit 66: DCM Shriram Ltd. – Organizational developments
Exhibit 67: DCM Shriram Ltd. – Segment focus
Exhibit 68: DCM Shriram Ltd. – Key offerings
Exhibit 69: Denka Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 70: Denka Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 71: Denka Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 72: Denka Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 73: Denka Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 74: Iran Carbide – Vendor overview
Exhibit 75: Iran Carbide – Product segments
Exhibit 76: Iran Carbide – Key offerings
Exhibit 77: Lonza Group Ltd. – Vendor overview
Exhibit 78: Lonza Group Ltd. – Business segments
Exhibit 79: Lonza Group Ltd. – Organizational developments
Exhibit 80: Lonza Group Ltd. – Geographic focus
Exhibit 81: Lonza Group Ltd. – Segment focus
Exhibit 82: Lonza Group Ltd. – Key offerings
Exhibit 83: MCB Industries Sdn. Bhd. – Vendor overview
Exhibit 84: MCB Industries Sdn. Bhd. – Business segments
Exhibit 85: MCB Industries Sdn. Bhd. – Key offerings
Exhibit 86: Merck KGaA – Vendor overview
Exhibit 87: Merck KGaA – Business segments
Exhibit 88: Merck KGaA – Organizational developments
Exhibit 89: Merck KGaA – Geographic focus
Exhibit 90: Merck KGaA – Segment focus
Exhibit 91: Merck KGaA – Key offerings
Exhibit 92: PT Emdeki Utama Tbk – Vendor overview
Exhibit 93: PT Emdeki Utama Tbk – Product segments
Exhibit 94: PT Emdeki Utama Tbk – Segment focus
Exhibit 95: PT Emdeki Utama Tbk – Key offerings
Exhibit 96: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 97: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40209
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の炭化カルシウム市場:用途別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スポーツ医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スポーツ医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スポーツ医療市場規模、用途別(股関節・鼠径部のケガ、膝のケガ、背中・脊椎のケガ、足・足首のケガ、肘・手首のケガ、肩のケガ、その他)分析、製品別(ボディサポート・リカバリ製品、付属品・消耗品、ボディモニタリング・評価装置、ボディリコンストラクション製品)分析、エンドユーザー別(外来診療、外傷センター、病院・救急医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スポーツ医療の世界市場:市場動向分析 ・ スポーツ医療の世界市場:競争要因分析 ・ スポーツ医療の世界市場:用途別(股関節・鼠径部のケガ、膝のケガ、背中・脊椎のケガ、足・足首のケガ、肘・手首のケガ、肩のケガ、その他) ・ スポーツ医療の世界市場:製品別(ボディサポート・リカバリ製品、付属品・消耗品、ボディモニタリング・評価装置、ボディリコンストラクション製品) ・ スポーツ医療の世界市場:エンドユーザー別(外来 …
  • 狭胴機(ナローボディ機)向けエンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、狭胴機(ナローボディ機)向けエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、狭胴機(ナローボディ機)向けエンジンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱交換器の世界市場:シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャンネル
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャネルなど)分析、エンドユーザー産業別(化学、石油化学、石油、ガス、HVACR、食品、飲料、発電、その他)分析、構成材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、ニッケルなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・熱交換器の世界市場:種類別(シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャネルなど) ・熱交換器の世界市場:エンドユーザー産業別(化学、石油化学、石油、ガス、HVACR、食品、飲料、発電、その他) ・熱交換器の世界市場:構成材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、ニッケルなど) ・熱交換器の世界市場:地域別 ・企業動向
  • フィンランドの体外式除細動器市場見通し
  • 一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場について調査・分析し、一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一般消費者向け高圧洗浄機シェア、市場規模推移、市場規模予測、一般消費者向け高圧洗浄機種類別分析(電動モータ、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン)、一般消費者向け高圧洗浄機用途別分析(住宅用、商業用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一般消費者向け高圧洗浄機の市場概観 ・一般消費者向け高圧洗浄機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一般消費者向け高圧洗浄機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場規模 ・一般消費者向け高圧洗浄機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一般消費者向け高圧洗浄機のアメリカ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のカナダ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のメキシコ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • 無菌試験の世界市場予測(~2021):装置、サービス、キット、試薬
    当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、試験種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データディスカバリの世界市場予測(~2021):種類別、サービス別、用途別(リスク管理、販売&マーケティング最適化、コスト最適化)、導入別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、データディスカバリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、サービス別分析、用途別分析、導入別分析、データディスカバリの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経生理学的モニタリング(IONM)の世界市場動向および予測:脳波検査、筋電図検査、誘発電位
  • データセンタ液体冷却の世界市場:エアコン、チラー、冷却タワー、節約装置
    当調査レポートでは、データセンタ液体冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンタ液体冷却の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 超音波金属溶接の世界市場:種類別(スポット溶接、電線溶接、シーム溶接、チューブシーラー、その他)、用途別(エレクトロニクス、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス・医療、粉末、その他)、地域別予測
    本資料は、超音波金属溶接の世界市場について調べ、超音波金属溶接の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(スポット溶接、電線溶接、シーム溶接、チューブシーラー、その他)分析、用途別(エレクトロニクス、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス・医療、粉末、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEMERSON 、TELSONIC、SCHUNK、SONICS、VETRON、Forward Sonic Tech、Shallwin、MECASONIC、Chuxin、Sonobondなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超音波金属溶接の世界市場概要 ・超音波金属溶接の世界市場環境 ・超音波金属溶接の世界市場動向 ・超音波金属溶接の世界市場規模 ・超音波金属溶接の世界市場規模:種類別(スポット溶接、電線溶接、シーム溶接、チューブシーラー、その他) ・超音波金属溶接の世界市場規模:用途別(エレクトロニクス、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス・医療、粉末、その他) …
  • 排気ガス浄化触媒(ECC)の世界市場:パラジウム、プラチナ、ロジウム
    当調査レポートでは、排気ガス浄化触媒(ECC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非常用ビーコン発信機の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、非常用ビーコン発信機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業別分析、サービス別分析、種類別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星推進システムの世界市場
    当調査レポートでは、衛星推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星推進システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ディスプレイ装置の世界市場予測(~2022年):オープンフレーム型モニター、パネル取付型モニター、船舶用ディスプレイ、ビデオウォール
    当調査レポートでは、産業用ディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、パネルサイズ別分析、用途別分析、産業用ディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用リフティングスリングの世界市場分析:製品別(ナイロン、パッド入り、メッシュ、キャンバス)、使用方法別(トランスファー、汎用、ハンモック、スタンディング、座席、トイレ、肥満)、エンドユーザー別(病院、在宅医療、高齢者ケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用リフティングスリングの世界市場について調査・分析し、医療用リフティングスリングの世界市場動向、医療用リフティングスリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用リフティングスリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場について調べ、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場予測 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチン …
  • 産業用保護靴の世界市場分析:製品別(レザー、防水、ゴム、プラスチック)、用途別(建設、製造、鉱業、石油・ガス、化学薬品、食品、医薬品、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用保護靴の世界市場について調査・分析し、産業用保護靴の世界市場動向、産業用保護靴の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用保護靴市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の超微細シリカフューム市場2016
    本調査レポートでは、世界の超微細シリカフューム市場2016について調査・分析し、超微細シリカフュームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 紫外可視分光光度計の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、紫外可視分光光度計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、用途別分析、地域別分析、紫外可視分光光度計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)のフェーズ3治験薬の状況 ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬の市場規模(販売予測) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の良性前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)治療薬剤
  • カオリン採鉱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カオリン採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カオリン採鉱の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー市場規模、バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他)分析、車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車)分析、機能別(照明・点火、電気推進)分析、販売経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他) ・ 自動車用バッテリーの世界市場:車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車) ・ 自動車用 …
  • 医療機器製造アウトソーシングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療機器製造アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療機器製造アウトソーシングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフォトニック集積回路市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォトニック集積回路市場2015について調査・分析し、フォトニック集積回路の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ炭の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • ソーラー照明システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソーラー照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェアとソフトウェアとサービス)分析、光源別(LEDおよびその他)分析、グリッドタイプ別(オングリッドおよびオフグリッド)分析、用途別(高速道路・道路、産業、商業)分析、ソーラー照明システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソーラー照明システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年108億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • 軍用ナビゲーションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軍用ナビゲーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プラットフォーム(弾薬、航空、地上、海上、無人車両、宇宙)別分析、用途(ISR、C2、戦闘・セキュリティ、標的・誘導、SAR)別分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、軍用ナビゲーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ブッシング市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ブッシング市場2016について調査・分析し、自動車ブッシングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェニレンオキシドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリフェニレンオキシドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリフェニレンオキシドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場
    当調査レポートでは、建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設産業向けエラストマーコーティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエアレイド紙市場2016
    本調査レポートでは、世界のエアレイド紙市場2016について調査・分析し、エアレイド紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管パッチの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、血管パッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血管パッチ市場規模、材料別(生物学的血管パッチ、合成血管パッチ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・血管パッチの世界市場概要 ・血管パッチの世界市場環境 ・血管パッチの世界市場動向 ・血管パッチの世界市場規模 ・血管パッチの世界市場:業界構造分析 ・血管パッチの世界市場:材料別(生物学的血管パッチ、合成血管パッチ) ・血管パッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・血管パッチの北米市場規模・予測 ・血管パッチのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・血管パッチのアジア太平洋市場規模・予測 ・血管パッチの主要国分析 ・血管パッチの世界市場:意思決定フレームワーク ・血管パッチの世界市場:成長要因、課題 ・血管パッチの世界市場:競争環境 ・血管パッチの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用フィルターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用フィルターの世界市場について調査・分析し、自動車用フィルターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用フィルターの世界市場:市場動向分析 - 自動車用フィルターの世界市場:競争要因分析 - 自動車用フィルターの世界市場:フィルタータイプ別 ・エアフィルター ・オイルフィルター ・燃料フィルター ・油圧フィルター ・その他 - 自動車用フィルターの世界市場:車両タイプ別 ・オフロード車 ・芝刈り機 ・二輪車 ・高出力スポーツ車 ・小型・大型商用車 ・乗用車 ・その他 - 自動車用フィルターの世界市場:濾過メディア別 ・合成フィルター ・セルロースフィルター ・ その他 - 自動車用フィルターの世界市場:末端利用業種別 ・自動車メーカー向け供給業者(OES) ・自動車メーカー(OEM) ・点火事前乗算関連企業(IAM) ・アフターマーケット - 自動車用フィルターの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用フィルターの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用フィルターのヨー …
  • 手動トルク乗算器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動トルク乗算器の世界市場について調査・分析し、手動トルク乗算器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動トルク乗算器シェア、市場規模推移、市場規模予測、手動トルク乗算器種類別分析()、手動トルク乗算器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動トルク乗算器の市場概観 ・手動トルク乗算器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動トルク乗算器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動トルク乗算器の世界市場規模 ・手動トルク乗算器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動トルク乗算器のアメリカ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のカナダ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のメキシコ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動トルク乗算器のドイツ市場規模推移 ・手動トルク乗算器のイギリス市場規模推移 ・手動トルク乗算器のロシア市場規模推移 ・手動トルク乗算器のアジア市場分析(日本、中 …
  • 石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場:PD空気圧縮機、遠心空気圧縮機
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け空気圧縮機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イオン交換樹脂の世界市場予測(~2022年):陽イオン交換樹脂、陰イオン交換樹脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(陽イオン交換樹脂、陰イオン交換樹脂)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、イオン交換樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤の概要 ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • IoTデータ管理ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、IoTデータ管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入方式別分析、地域別分析、IoTデータ管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズ向け5Gの世界市場予測(2026年)
    エンタープライズ向け5Gの世界市場は、2020年の23億米ドルから2026年には317億米ドルに達し、この期間中54.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エンタープライズ向け5Gのコネクティビティプラットフォームが単一のネットワークで複数の業界を可能にすると予測されていること、エンタープライズ向け5Gのユニファイドネットワークが業界横断的な接続と産業用アプリケーション開発を促進する可能性を備えているということ、そして通信ネットワークにおいてソフトウェア実装の重要性の高まりが予測されていることが考えられます。一方で、この市場の主な制約は、企業におけるコネクティビティ技術として事実上採用されているWi-Fi通信技術の成長、および企業ネットワークの所有と管理に関する権限の欠如です。当調査レポートでは、エンタープライズ向け5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アクセス機器別(無線ノード、サービスノード、DAS)分析、コアネットワーク技術別(SDN、NFV)分析、サービス別(プラットフォーム、ソ …
  • デジタルテキスタイル印刷用インクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルテキスタイル印刷用インクの世界市場について調査・分析し、デジタルテキスタイル印刷用インクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルテキスタイル印刷用インクシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルテキスタイル印刷用インク種類別分析(反応染料インク、酸性インク、塗料インク、分散・昇華型インク)、デジタルテキスタイル印刷用インク用途別分析(絹/ウール、ナイロン/化学繊維、綿、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルテキスタイル印刷用インクの市場概観 ・デジタルテキスタイル印刷用インクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルテキスタイル印刷用インクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルテキスタイル印刷用インクの世界市場規模 ・デジタルテキスタイル印刷用インクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルテキスタイル印刷用インクのアメリカ市場規模推移 ・デジタルテキスタイル印刷用インクのカナダ市場規模推移 ・デジ …
  • 腱鞘炎(Tenosynovitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腱鞘炎(Tenosynovitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬剤
  • 世界のVAEエマルジョン市場2016
    本調査レポートでは、世界のVAEエマルジョン市場2016について調査・分析し、VAEエマルジョンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 通信用タワーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、通信用タワーの世界市場について調べ、通信用タワーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、通信用タワーの市場規模をセグメンテーション別(事業セグメント別(オペレーター主導型タワー企業、MNOキャプティブサイト、独立型タワー会社、合弁型インフラ企業)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は通信用タワーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・通信用タワーの市場状況 ・通信用タワーの市場規模 ・通信用タワーの市場予測 ・通信用タワーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:事業セグメント別(オペレーター主導型タワー企業、MNOキャプティブサイト、独立型タワー会社、合弁型インフラ企業) ・通信用タワーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・ …
  • 食品検査向けPCRシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品検査向けPCRシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品検査向けPCRシステム市場規模、製品別(消費財、器具)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、bioMérieux, Bio-Rad Laboratories, BIOTECON Diagnostics, QIAGEN, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場概要 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場環境 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場動向 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場規模 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:業界構造分析 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:製品別(消費財、器具) ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品検査向けPCRシステムの北米市場規模・予測 ・食品検査向けPCRシステムのヨーロッパ・中東・アフ …
  • ガス処理インフラの世界市場2016-2026
  • ニュージーランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の概要 ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高リン酸塩血症(Hyperphosphatemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:製品別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:用途別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:メモリ別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の産業用電源市場:種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター)、出力電力別(低出力(最大1,000 kW)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW))、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用電源の世界市場規模が2019年99億ドルから2024年128億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用電源市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター)分析、出力電力別(低出力(最大1,000 W)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW))分析、業種別(照明、家電、輸送、食品および飲料、軍事および航空宇宙、通信、医療およびヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の産業用電源市場:製品種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター) ・世界の産業用電源市場:出力電力別(低出力(最大1,000 W)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW)) ・世界の …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"