"世界のリンゴ市場:流通経路別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40219)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のリンゴ市場:流通経路別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Apple Market: About this market
Technavio’s apple market analysis considers sales from both offline and online distribution channels. Our study also finds the sales of apple in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the offline segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as increase in the number of retailers offering apples under their brands will play a significant role in the offline segment to maintain its market position. Also, our global apple market report looks at factors such as growing demand for superfoods, health benefits of apples, and product launches. However, stringent food safety regulations, frequent product recalls, and high dependence on weather conditions may hamper the growth of the apple industry over the forecast period.

Global Apple Market: Overview
Growing demand for superfoods
The consumption of apple is increasing among health-conscious people. Apple is a superfood with high nutritional value and is a powerful source of antioxidants such as flavonoids and polyphenols. It also contains other essential nutrients such as vitamin C, potassium, and fiber content. The consumption of apple reduces cholesterol and diabetes while also providing a healthier skin. Thus, the growing demand for superfoods will lead to the expansion of the global apple market at a CAGR of over 1% during the forecast period.

Growing popularity of urban farming
The scarcity of fields for crop cultivation has increased urban agricultural practices, such as vertical farming. The awareness about rooftop farming is increasing owing to the rising popularity of organic farming. Community spaces, such as school farms, parking lots, and rooftops, are used for cultivation in urban farming. Rooftop farming is mostly undertaken by families in apartments and localities growing fruits and vegetables for personal consumption. The proximity of urban farms to nearby markets helps in minimizing the transportation and refrigeration costs associated with the production of apples. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global apple market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global apple market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading apple manufacturers, that include Auvil Fruit Co. Inc., Borton & Sons, Evans Fruit Co., Fruit Hill Orchard, Gebbers Farms, Gilbert Orchards, Jewel Apple Ltd., Stemilt Growers LLC, Symms Fruit Ranch Inc., and Washington Fruit & Produce Co.
Also, the apple market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界のリンゴ市場:流通経路別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market Outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY DISTRIBUTION CHANNEL
• Market segmentation by distribution channel
• Comparison by distribution channel
• Offline – Market size and forecast 2019-2024
• Online – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by distribution channel
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Growing popularity of urban farming
• Expanding retail space
• Increase in private label brands offering apples
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Auvil Fruit Co. Inc.
• Borton & Sons
• Evans Fruit Co.
• Fruit Hill Orchard
• Gebbers Farms
• Gilbert Orchards
• Jewel Apple Ltd.
• Stemilt Growers LLC
• Symms Fruit Ranch Inc.
• Washington Fruit & Produce Co.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global agricultural products market
Exhibit 02: Segments of global agricultural products market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 09: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ billion)
Exhibit 10: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 11: Five forces analysis 2019
Exhibit 12: Five forces analysis 2024
Exhibit 13: Bargaining power of buyers
Exhibit 14: Bargaining power of suppliers
Exhibit 15: Threat of new entrants
Exhibit 16: Threat of substitutes
Exhibit 17: Threat of rivalry
Exhibit 18: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 19: Distribution channel – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 20: Comparison by distribution channel
Exhibit 21: Offline – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 22: Offline – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 23: Online – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 24: Online – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 25: Market opportunity by distribution channel
Exhibit 26: Customer landscape
Exhibit 27: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 28: Geographic comparison
Exhibit 29: APAC – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 30: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 31: Europe – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 32: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 33: MEA – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 34: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 35: North America – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 36: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 37: South America – Market size and forecast 2019-2024 (million t)
Exhibit 38: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 39: Key leading countries
Exhibit 40: Market opportunity
Exhibit 41: Impact of drivers and challenges
Exhibit 42: Vendor landscape
Exhibit 43: Landscape disruption
Exhibit 44: Vendors covered
Exhibit 45: Vendor classification
Exhibit 46: Market positioning of vendors
Exhibit 47: Auvil Fruit Co. Inc. – Vendor overview
Exhibit 48: Auvil Fruit Co. Inc. – Product segments
Exhibit 49: Auvil Fruit Co. Inc. – Key offerings
Exhibit 50: Borton & Sons – Vendor overview
Exhibit 51: Borton & Sons – Product segments
Exhibit 52: Borton & Sons – Organizational developments
Exhibit 53: Borton & Sons – Key offerings
Exhibit 54: Evans Fruit Co. – Vendor overview
Exhibit 55: Evans Fruit Co. – Key offerings
Exhibit 56: Fruit Hill Orchard – Vendor overview
Exhibit 57: Fruit Hill Orchard – Product segments
Exhibit 58: Fruit Hill Orchard – Key offerings
Exhibit 59: Gebbers Farms – Vendor overview
Exhibit 60: Gebbers Farms – Product segments
Exhibit 61: Gebbers Farms – Key offerings
Exhibit 62: Gilbert Orchards – Vendor overview
Exhibit 63: Gilbert Orchards – Product segments
Exhibit 64: Gilbert Orchards – Key offerings
Exhibit 65: Jewel Apple Ltd. – Vendor overview
Exhibit 66: Jewel Apple Ltd. – Key offerings
Exhibit 67: Stemilt Growers LLC – Vendor overview
Exhibit 68: Stemilt Growers LLC – Product segments
Exhibit 69: Stemilt Growers LLC – Key offerings
Exhibit 70: Symms Fruit Ranch Inc. – Vendor overview
Exhibit 71: Symms Fruit Ranch Inc. – Product segments
Exhibit 72: Symms Fruit Ranch Inc. – Key offerings
Exhibit 73: Washington Fruit & Produce Co. – Vendor overview
Exhibit 74: Washington Fruit & Produce Co. – Product segments
Exhibit 75: Washington Fruit & Produce Co. – Key offerings
Exhibit 76: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 77: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のリンゴ市場:流通経路別、地域別
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40219
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のリンゴ市場:流通経路別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 生体吸収性ステントの世界市場2017-2021:ポリマーステント、金属ステント
    当調査レポートでは、生体吸収性ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体吸収性ステントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、シリコーン、ゴム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、医療用接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 第VⅡA因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における第VⅡA因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・第VⅡA因子阻害剤の概要 ・第VⅡA因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の第VⅡA因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・第VⅡA因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・第VⅡA因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 有機CMOSイメージセンサーの世界市場:画像処理方式別(2Dセンサー、3Dセンサー)、アレイタイプ別(リニアイメージセンサー、エリアイメージセンサー)、業種別(民生機器、自動車、医療・生命科学、セキュリティ・監視、ロボティクス、その他)、用途別(3Dイメージング、ビデオ、マシンビジョン、生体認証、その他)
    本資料は、有機CMOSイメージセンサーの世界市場について調べ、有機CMOSイメージセンサーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、画像処理方式別(2Dセンサー、3Dセンサー)分析、業種別(民生機器、自動車、医療・生命科学、セキュリティ・監視、ロボティクス、その他)分析、用途別(3Dイメージング、ビデオ、マシンビジョン、生体認証、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場概要 ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場環境 ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場動向 ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場規模 ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場:市場シェア ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場:画像処理方式別(2Dセンサー、3Dセンサー) ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場:アレイタイプ別(リニアイメージセンサー、エリアイメージセンサー) ・有機CMOSイメージセンサーの世界市場: …
  • コイル塗装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コイル塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コイル塗装の世界市場規模及び予測、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シークエンシング (NGS)の世界市場:エンドユーズ別、技術別、製品・サービス別、用途別、ワークフロー別、地域別
    本調査レポートでは、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場動向、次世代シークエンシング (NGS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シークエンシング (NGS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場予測:クリティカル通信ネットワーク、バイオメトリクス、認証システム、監視システム、緊急事態・災害管理、サイバーセキュリティ
    当調査レポートでは、公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、公衆安全およびセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse)の概要 ・物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abuse)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・物質(薬物)乱用(Substance (Drug) Abu …
  • 世界の家庭用空気清浄器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用空気清浄器市場2015について調査・分析し、家庭用空気清浄器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 霊安室装置の世界市場
    当調査レポートでは、霊安室装置の世界市場について調査・分析し、霊安室装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ヘリコプター輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘリコプター輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘリコプター輸送市場規模、エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bristow Group, CHC Helicopter, Era Group, Erickson, PHIなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘリコプター輸送の世界市場概要 ・ヘリコプター輸送の世界市場環境 ・ヘリコプター輸送の世界市場動向 ・ヘリコプター輸送の世界市場規模 ・ヘリコプター輸送の世界市場:業界構造分析 ・ヘリコプター輸送の世界市場:エンドユーザー別(エネルギー、鉱業・建設・材木切り出し業、その他) ・ヘリコプター輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘリコプター輸送の北米市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヘリコプター輸送の …
  • 世界のオストミーバッグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のオストミーバッグ市場2015について調査・分析し、オストミーバッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工頸椎椎間板の世界市場予測2019-2024
    「人工頸椎椎間板の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、メタルオンメタル、メタルオンポリマー、その他など、用途別には、Hospital、Clinic、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。人工頸椎椎間板のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・人工頸椎椎間板の世界市場概要(サマリー) ・人工頸椎椎間板の企業別販売量・売上 ・人工頸椎椎間板の企業別市場シェア ・人工頸椎椎間板の世界市場規模:種類別(メタルオンメタル、メタルオンポリマー、その他) ・人工頸椎椎間板の世界市場規模:用途別(Hospital、Clinic、Others) ・人工頸椎椎間板の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・人工頸椎椎間板のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・人工頸椎椎間板の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・人工頸椎椎間板の中東・アフリカ市場(エジプト、南ア …
  • 金属分析装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、金属分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金属分析装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、OLYMPUS、Oxford Instruments、Rigaku、SPECTRO Analytical Instruments、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 世界のフェノール樹脂市場2016
    本調査レポートでは、世界のフェノール樹脂市場2016について調査・分析し、フェノール樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外受精(IVF)の世界市場
    当調査レポートでは、体外受精(IVF)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・体外受精(IVF)の世界市場:試薬・培地別分析/市場規模 ・体外受精(IVF)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・体外受精(IVF)の世界市場:IVF装置別分析/市場規模 ・体外受精(IVF)の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・体外受精(IVF)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・体外受精(IVF)のアメリカ市場規模予測 ・体外受精(IVF)のヨーロッパ市場規模予測 ・体外受精(IVF)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ガラス繊維の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガラス繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラス繊維の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガラス繊維の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AGY、Nippon Electric Glass、Owens Corning、PPG Industries、Saint-Gobain等です。
  • eクリニカルソリューションの世界市場:製品別(eCOA、CTMS,、EDC、 CDMS)、提供方法別(ホームページ、認可企業、クラウドベース)、臨床試験フェーズ別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、eクリニカルソリューションの世界市場について調査・分析し、eクリニカルソリューションの世界市場動向、eクリニカルソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別eクリニカルソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 特殊肥料の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、特殊肥料の世界市場について調査・分析し、特殊肥料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・特殊肥料の世界市場:市場動向分析 ・特殊肥料の世界市場:競争要因分析 ・特殊肥料の世界市場:作物別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:肥料別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・特殊肥料の北米市場規模・分析 ・特殊肥料の欧州市場・分析 ・特殊肥料のアジア市場・分析 ・特殊肥料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 医療機器コネクティビティの世界市場予測:遠隔測定システム、インターフェース機器、統合/ネットワークプラットフォーム
    当調査レポートでは、医療機器コネクティビティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、技術別分析、需要先別分析、医療機器コネクティビティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ラテックスポリマーの世界市場:アクリール、SBラテックス、PVA、ビニル共重合体、PU
    当調査レポートでは、合成ラテックスポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成ラテックスポリマーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾式製粉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、乾式製粉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乾式製粉市場規模、製品別(DDGS(トウモロコシ蒸留粕)、コーンミール、エタノール、コーンフラワー、コーングリッツ、その他)分析、原料別(ホワイトコーン、イエローコーン)分析、用途別(飼料、食品・飲料、燃料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 乾式製粉の世界市場:市場動向分析 ・ 乾式製粉の世界市場:競争要因分析 ・ 乾式製粉の世界市場:製品別(DDGS(トウモロコシ蒸留粕)、コーンミール、エタノール、コーンフラワー、コーングリッツ、その他) ・ 乾式製粉の世界市場:原料別(ホワイトコーン、イエローコーン) ・ 乾式製粉の世界市場:用途別(飼料、食品・飲料、燃料) ・ 乾式製粉の世界市場:主要地域別分析 ・ 乾式製粉の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 乾式製粉のヨーロッパ市場規模 ・ 乾式製粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乾式製粉の世界市場 …
  • ポリアクリルアミドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリアクリルアミドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリアクリルアミドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場分析:製品別(スパンバウンド、ステープル、メルトブローン、コンポジット)、用途別(衛生、産業、医療、ジオテキスタイル、家具、カーペット、農業)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場について調査・分析し、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場動向、ポリプロピレン(PP)不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリプロピレン(PP)不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の概要 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のグルコシルセラミド合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の活性ポリ塩化アルミ市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性ポリ塩化アルミ市場2016について調査・分析し、活性ポリ塩化アルミの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの体外式除細動器市場見通し
  • 自動車用パノラマサンルーフの世界市場:材料種類別(ガラス&繊維)、車両種類別(ハッチバック、セダン、スポーツユーティリティビークル(SUV)、バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV))
    本調査レポートでは、自動車用パノラマサンルーフの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、材料種類別(ガラス&繊維)分析、車両種類別(ハッチバック、セダン、スポーツユーティリティビークル(SUV)、バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV))分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車用パノラマサンルーフの世界市場:材料種類別(ガラス&繊維) ・自動車用パノラマサンルーフの世界市場:車両種類別(ハッチバック、セダン、スポーツユーティリティビークル(SUV)、バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)) ・自動車用パノラマサンルーフの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 航空分野向け人工知能(AI)の世界市場2018-2022
    ビッグデータは、コスト効率の高い製品設計、より効率的な製造と運用を可能にすることにより、航空市場にプラスの影響を与えると期待されています。航空機の構造健全性監視を行うため、ビッグデータの導入が増加しています。 航空機構造物および内部部品の様々な部分に配置されたセンサーを介して、構造内に発生した応力および歪みが故障の発生前に検出されます。例えば、航空機では、着陸時に部品を交換する必要がある場合、すぐに交換する準備を乗務員にさせておくために、システムはメッセージを介して乗務員に事前に通知し、それによりターンアラウンドタイムを最小化することができます。 主な分析対象企業は、Airbus、Amazon、IBM、Intel、Microsoftなどです。 当調査レポートでは、航空分野向け人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空分野向け人工知能(AI)市場規模、用途別(航空会社・空港運営、製造・MRO(保守・修理・点検)活動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクテ …
  • 防弾ガラスの世界市場予測(~2022年):自動車用、軍事用、金融用、建設用
    当調査レポートでは、防弾ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、防弾ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の水力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 世界のオートクレーブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のオートクレーブ市場2016について調査・分析し、オートクレーブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削ジャーの世界市場
    当調査レポートでは、掘削ジャーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・掘削ジャーの世界市場:種類別分析/市場規模 ・掘削ジャーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・掘削ジャーのアメリカ市場規模予測 ・掘削ジャーのヨーロッパ市場規模予測 ・掘削ジャーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場
    当調査レポートでは、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境健康と安全の世界市場分析:製品別(ソフトウェア、ハードウェア)、用途別(医療廃棄物管理、産業廃棄物管理、廃水管理)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、環境健康と安全の世界市場について調査・分析し、環境健康と安全の世界市場動向、環境健康と安全の世界市場規模、市場予測、セグメント別環境健康と安全市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のアイクリーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイクリーム市場2015について調査・分析し、アイクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ピーナッツバターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ピーナッツバターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピーナッツバターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中耳炎(Otitis Media):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における中耳炎(Otitis Media)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、中耳炎(Otitis Media)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・中耳炎(Otitis Media)の概要 ・中耳炎(Otitis Media)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の中耳炎(Otitis Media)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・中耳炎(Otitis Media)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・中 …
  • 産業用温度制御サービスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用温度制御サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度制御サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用温度制御サービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aggreko、Schneider Electric、Thermo Fischer Scientific、Yokogawa等です。
  • 鉄道物流の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道物流の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナタマイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のナタマイシン市場2015について調査・分析し、ナタマイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質5B阻害剤の概要 ・非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質5B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質5B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質5B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のクラウド移行サービス市場規模・予測2017-2025:サービスの種類別(クラウド統合、アプリケーション管理・監視、災害復旧、プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別(プロジェクト管理、格納管理、パフォーマンス管理)、展開別、組織別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウド移行サービス市場について調査・分析し、世界のクラウド移行サービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウド移行サービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サステナブルパッケージング(持続可能な包装)市場規模、機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他)分析、レイヤー別(三次包装、二次包装、一次包装)分析、製品別(分解可能包装、リサイクルコンテンツ包装、再利用可能包装)分析、材料別(ガラス、金属、紙・板紙、プラスチック、その他)分析、用途別(パーソナルケア、飲料、ヘルスケア、自動車・エレクトロニクス、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:市場動向分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:競争要因分析 ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:機能別(代替繊維包装、アクティブ包装、成形包装、その他) ・ サステナブルパッケージング(持続可能な包装)の世界市場:レイヤー別(三次 …
  • 次世代がん診断の世界市場予測
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、次世代がん診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代がん診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代がん診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代がん診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 藻類オイルの世界市場分析:グレード別(燃料、食料、飼料)、用途別(バイオ燃料、栄養補助食品、F&B、動物飼料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米・MEA)、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、藻類オイルの世界市場について調査・分析し、藻類オイルの世界市場動向、藻類オイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別藻類オイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のダーリントントランジスタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のダーリントントランジスタ市場2016について調査・分析し、ダーリントントランジスタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 渦巻ポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、渦巻ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、渦巻ポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 随伴水処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、随伴水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、随伴水処理の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 石油・ガス業界において随伴水とは、石油坑から原油と天然ガスに伴い副次的に生産される水を指します。随伴水は石油・ガスの生産における最大の副産物であり、油分や塩分などの異物を含んでいます。Technavio社は随伴水処理の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CETCO Energy Services• Schlumberger• Siemens• Veolia• Weatherford等です。
  • 教育用ロボットの世界市場2020-2024
    「教育用ロボットの世界市場2020-2024」は、教育用ロボットについて市場概要、市場規模、ボリューム製品別(事前設定済み教育用ロボット、再設定可能教育用ロボット、人型教育用ロボット)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・教育用ロボットの世界市場:ボリューム製品別(事前設定済み教育用ロボット、再設定可能教育用ロボット、人型教育用ロボット) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"