"世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40249)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Automotive Piston Market: About this market
Technavio’s automotive piston market analysis considers sales from both passenger vehicles and commercial vehicle applications. Our study also finds the sales of the automotive piston in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the passenger vehicle segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as rapid urbanization and increasing disposable income will play a significant role in the passenger vehicle segment to maintain its market position. Also, our global automotive piston market report looks at factors such as the increase in demand for forged piston, growing need for SUVs and pick-up trucks, and the launch of new engines. However, demand for engine downsizing, increasing adoption of EVs, and fluctuating raw material prices may hamper the growth of the automotive piston industry over the forecast period.

Global Automotive Piston Market: Overview
Increasing demand for forged pistons
A forged piston is considered better than cast piston as the latter has high silicon content, which makes it brittle in comparison. They can be easily customized and are durable, which is crucial in engine tuning. Forged pistons also exhibit high strength and are less brittle. With many such advantages, they are widely used in high-performance applications such as motorsports. The growing demand for forged pistons is encouraging several vendors to develop new products with tight clearances and longer skirt life. The demand for forged pistons will lead to the expansion of the global automotive piston market at a CAGR of almost 2% during the forecast period.
Development of autonomous vehicles
Many automobile OEMs are entering into strategic alliances with technology providers to integrate AI in their vehicles and strengthen their position in the global autonomous vehicle market. This is leading to the development of self-driving technologies such as driver-assistance systems that enable automated driving even on highways. These vehicles run on diesel or gasoline engines that require automotive pistons for efficient functioning. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global automotive piston market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global automotive piston market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading automotive piston manufacturers, that include Aisin Seiki Co. Ltd., Amalgamations Group, Cosworth Group Holdings Ltd., Hitachi Ltd., MAHLE GmbH, Menon Pistons Ltd., Rheinmetall AG, Tenneco Inc., Wössner GmbH, and Zenith Troop Industrial Co. Ltd.
Also, the automotive piston market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Passenger vehicles – Market size and forecast 2019-2024
• Commercial vehicles – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Development of autonomous vehicles
• Decline in production of vehicles and shutdown of vehicle manufacturing
• plants
• Emergence of cylinder deactivation/variable displacement engines
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Aisin Seiki Co. Ltd.
• Amalgamations Group
• Cosworth Group Holdings Ltd.
• Hitachi Ltd.
• MAHLE GmbH
• Menon Pistons Ltd.
• Rheinmetall AG
• Tenneco Inc.
• Wössner GmbH
• Zenith Troop Industrial Co. Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global auto parts and equipment market
Exhibit 02: Segments of global auto parts and equipment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key product offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ billion)
Exhibit 11: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 12: Five forces analysis 2019
Exhibit 13: Five forces analysis 2024
Exhibit 14: Bargaining power of buyers
Exhibit 15: Bargaining power of suppliers
Exhibit 16: Threat of new entrants
Exhibit 17: Threat of substitutes
Exhibit 18: Threat of rivalry
Exhibit 19: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 20: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 21: Comparison by application
Exhibit 22: Passenger vehicles – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 23: Passenger vehicles – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Commercial vehicles – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 25: Commercial vehicles – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Market opportunity by application
Exhibit 27: Customer landscape
Exhibit 28: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 29: Geographic comparison
Exhibit 30: APAC – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 31: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 32: Europe – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 33: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 34: North America – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 35: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: South America – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 37: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: MEA – Market size and forecast 2019-2024 (million units)
Exhibit 39: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: Key leading countries
Exhibit 41: Market opportunity
Exhibit 42: Year-over-Year growth rate of price of aluminum 2013-2019 (%)
Exhibit 43: Impact of drivers and challenges
Exhibit 44: Vendor landscape
Exhibit 45: Landscape disruption
Exhibit 46: Vendors covered
Exhibit 47: Vendor classification
Exhibit 48: Market positioning of vendors
Exhibit 49: Aisin Seiki Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 50: Aisin Seiki Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 51: Aisin Seiki Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 52: Aisin Seiki Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 53: Aisin Seiki Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 54: Amalgamations Group – Vendor overview
Exhibit 55: Amalgamations Group – Business segments
Exhibit 56: Amalgamations Group – Key offerings
Exhibit 57: Cosworth Group Holdings Ltd. – Vendor overview
Exhibit 58: Cosworth Group Holdings Ltd. – Business segments
Exhibit 59: Cosworth Group Holdings Ltd. – Key offerings
Exhibit 60: Hitachi Ltd. – Vendor overview
Exhibit 61: Hitachi Ltd. – Business segments
Exhibit 62: Hitachi Ltd. – Organizational developments
Exhibit 63: Hitachi Ltd. – Geographic focus
Exhibit 64: Hitachi Ltd. – Segment focus
Exhibit 65: Hitachi Ltd. – Key offerings
Exhibit 66: MAHLE GmbH – Vendor overview
Exhibit 67: MAHLE GmbH – Business segments
Exhibit 68: MAHLE GmbH – Organizational developments
Exhibit 69: MAHLE GmbH – Geographic focus
Exhibit 70: MAHLE GmbH – Segment focus
Exhibit 71: MAHLE GmbH – Key offerings
Exhibit 72: Menon Pistons Ltd. – Vendor overview
Exhibit 73: Menon Pistons Ltd. – Business segments
Exhibit 74: Menon Pistons Ltd. – Key offerings
Exhibit 75: Rheinmetall AG – Vendor overview
Exhibit 76: Rheinmetall AG – Business segments
Exhibit 77: Rheinmetall AG – Organizational developments
Exhibit 78: Rheinmetall AG – Geographic focus
Exhibit 79: Rheinmetall AG – Segment focus
Exhibit 80: Rheinmetall AG – Key offerings
Exhibit 81: Tenneco Inc. – Vendor overview
Exhibit 82: Tenneco Inc. – Business segments
Exhibit 83: Tenneco Inc. – Organizational developments
Exhibit 84: Tenneco Inc. – Geographic focus
Exhibit 85: Tenneco Inc. – Segment focus
Exhibit 86: Tenneco Inc. – Key offerings
Exhibit 87: Wössner GmbH – Vendor overview
Exhibit 88: Wössner GmbH – Product segments
Exhibit 89: Wössner GmbH – Key offerings
Exhibit 90: Zenith Troop Industrial Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 91: Zenith Troop Industrial Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 92: Zenith Troop Industrial Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 93: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 94: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別
【発行日】2019年12月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40249
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の自動車用ピストン市場:用途別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アルメニアのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ピストンシールの世界市場2017-2021:ダブルアクティング型、シングルアクティング型、カスタム設計型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピストンシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピストンシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピストンシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Freudenberg Sealing Technologies、Kastas Sealing Technologies、Parker Hannifin、SKF、Trelleborg Sealing Solutions等です。
  • 麻酔ガス用マスクの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、麻酔ガス用マスクの世界市場について調べ、麻酔ガス用マスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、麻酔ガス用マスクの市場規模をセグメンテーション別(製品別(使い捨て麻酔ガスマスク、再利用可能麻酔ガスマスク)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は麻酔ガス用マスクの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・麻酔ガス用マスクの市場状況 ・麻酔ガス用マスクの市場規模 ・麻酔ガス用マスクの市場予測 ・麻酔ガス用マスクの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(使い捨て麻酔ガスマスク、再利用可能麻酔ガスマスク) ・麻酔ガス用マスクの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • セルラーM2M通信およびサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルラーM2M通信およびサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルラーM2M通信およびサービスの世界市場規模及び予測、産業別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン食料品販売の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンライン食料品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン食料品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ブロー成形機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブロー成形機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロー成形機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン(PU)フォームの世界市場分析:製品別(硬質フォーム、軟質フォーム)、用途別(寝具、家具、輸送、包装、電子、靴)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリウレタン(PU)フォームの世界市場について調査・分析し、ポリウレタン(PU)フォームの世界市場動向、ポリウレタン(PU)フォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリウレタン(PU)フォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アイスクリームの世界市場
    当調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイスクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 輸送パッケージングの世界市場:段ボール箱、パレット、木枠
    当調査レポートでは、輸送パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テレコミュニケーションの世界市場
    本資料は、テレコミュニケーションの世界市場について調べ、テレコミュニケーションの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(インターネットサービス・プロバイダ(ISP)、電話、衛星、有線通信)分析、使用別(エンターテインメント、ポイントトゥポイントコミュニケーション、インフォテインメント、インタネット可能サービス、ニュース、クリティカル通信)分析、用途別(セルラー、ページャ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTantalum Corporation、InfoTrack Telematics、Agero Inc.、NXP Semiconductors、BOX Telematics、Coordina Gestion Logistica SL、Verizon Enterprise Solutions、Trimble Navigation Ltd.、Calamp Corp.、ORBCOMM Inc.、ClickSoftware Technologies Ltd.、Qual …
  • 関節痛(Joint Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における関節痛(Joint Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、関節痛(Joint Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・関節痛(Joint Pain)の概要 ・関節痛(Joint Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の関節痛(Joint Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・関節痛(Joint Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・関節痛(Joint Pai …
  • バージ輸送の世界市場:貨物のタイプ別(乾燥、液体、気体)、バージの種類別(カバード、オープン、タンク)、バージの活動別、用途別、セグメント予測
    バージ輸送の世界市場は2025年には1406億2000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.4%で成長すると予測されています。本調査レポートでは、バージ輸送の世界市場について調査・分析し、バージ輸送の世界市場動向、バージ輸送の世界市場規模、市場予測、セグメント別バージ輸送市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3D光学顕微鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、3D光学顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3D光学顕微鏡市場規模、最終用途別(自動車・航空宇宙、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・3D光学顕微鏡の世界市場概要 ・3D光学顕微鏡の世界市場環境 ・3D光学顕微鏡の世界市場動向 ・3D光学顕微鏡の世界市場規模 ・3D光学顕微鏡の世界市場:業界構造分析 ・3D光学顕微鏡の世界市場:最終用途別(自動車・航空宇宙、医療、その他) ・3D光学顕微鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・3D光学顕微鏡のアメリカ市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡のアジア市場規模・予測 ・3D光学顕微鏡の主要国分析 ・3D光学顕微鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・3D光学顕微鏡の世界市場:成長要因、課題 ・3D光学顕微鏡の世界市場:競争環境 ・3D光学顕微鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • プール洗浄機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プール洗浄機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プール洗浄機器市場規模、製品別(ロボット型、吸引型、圧力型)分析、最終用途別(業務用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プール洗浄機器の世界市場概要 ・プール洗浄機器の世界市場環境 ・プール洗浄機器の世界市場動向 ・プール洗浄機器の世界市場規模 ・プール洗浄機器の世界市場:業界構造分析 ・プール洗浄機器の世界市場:製品別(ロボット型、吸引型、圧力型) ・プール洗浄機器の世界市場:最終用途別(業務用、家庭用) ・プール洗浄機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プール洗浄機器のアメリカ市場規模・予測 ・プール洗浄機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・プール洗浄機器のアジア市場規模・予測 ・プール洗浄機器の主要国分析 ・プール洗浄機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・プール洗浄機器の世界市場:成長要因、課題 ・プール洗浄機器の世界市場:競争環境 ・ …
  • 母乳パッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、母乳パッドの世界市場について調査・分析し、母乳パッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別母乳パッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、母乳パッド種類別分析(フラッフパルプ、SAP、その他)、母乳パッド用途別分析(洗濯可能母乳パッド、使い捨て母乳パッド)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・母乳パッドの市場概観 ・母乳パッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・母乳パッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・母乳パッドの世界市場規模 ・母乳パッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・母乳パッドのアメリカ市場規模推移 ・母乳パッドのカナダ市場規模推移 ・母乳パッドのメキシコ市場規模推移 ・母乳パッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・母乳パッドのドイツ市場規模推移 ・母乳パッドのイギリス市場規模推移 ・母乳パッドのロシア市場規模推移 ・母乳パッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・母乳 …
  • 剥離塗料の世界市場2017-2021:ラベル、テープ、工業、衛生、医療、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、剥離塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、剥離塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は剥離塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEvonik Industries、Dow Corning、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Wacker Chemie等です。
  • 世界の乳酸市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳酸市場2015について調査・分析し、乳酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の温度計市場2015について調査・分析し、温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 耐擦傷性ガラスの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、耐擦傷性ガラスの世界市場について調査・分析し、耐擦傷性ガラスの世界市場動向、耐擦傷性ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別耐擦傷性ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PDE 1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPDE 1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PDE 1阻害薬の概要 ・PDE 1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のPDE 1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PDE 1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PDE 1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 生鮮魚介用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生鮮魚介用包装の世界市場について調査・分析し、生鮮魚介用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生鮮魚介用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、生鮮魚介用包装種類別分析(剛性包装、柔軟材包装)、生鮮魚介用包装用途別分析(魚、エビ、その他魚介類)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生鮮魚介用包装の市場概観 ・生鮮魚介用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生鮮魚介用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生鮮魚介用包装の世界市場規模 ・生鮮魚介用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生鮮魚介用包装のアメリカ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のカナダ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のメキシコ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生鮮魚介用包装のドイツ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のイギリス市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のロシア市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のアジア市場分析(日 …
  • 誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤の概要 ・誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・誘導型一酸化窒素合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のX線チューブ市場規模・予測2017-2025:用途別(デンタルシステム、モバイルCアーム、マンモグラフィーシステム、DR、CT、DSA)、種類別(回転陽極管、マイクロフォーカスX線管)、エンドユーザー別(製造、ヘルスケア、食料、航空宇宙・防衛・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のX線チューブ市場について調査・分析し、世界のX線チューブ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のX線チューブ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • テリアルハンドリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テリアルハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テリアルハンドリング装置の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場2015-2022
  • スマートガラスの世界市場予測(~2022年):SPD(浮遊粒子デバイス)ガラス、エレクトロクロミックガラス、PDLCガラス、サーモクロミックガラス、フォトクロミックガラス
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 両性界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート)分析、用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 両性界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート) ・ 両性界面活性剤の世界市場:用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤) ・ 両性界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 両性界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 両性界面活性剤のヨーロッパ市場規模 ・ 両性界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・両性界面活性剤の世 …
  • FXRアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるFXRアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・FXRアゴニストの概要 ・FXRアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のFXRアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・FXRアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・FXRアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • M2Mネットワークセキュリティの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、M2Mネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、M2Mネットワークセキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 4Dプリンティングの世界市場分析:プログラマブル炭素繊維、プログラマブル木材、プログラマブル織物
    本調査レポートでは、4Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、4Dプリンティングの世界市場動向、4Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別4Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空気対空気熱変換器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空気対空気熱変換器の世界市場について調査・分析し、空気対空気熱変換器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空気対空気熱変換器シェア、市場規模推移、市場規模予測、空気対空気熱変換器種類別分析(直交流形熱交換器、プレート熱変換器、その他)、空気対空気熱変換器用途別分析(工業用、商業用、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空気対空気熱変換器の市場概観 ・空気対空気熱変換器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空気対空気熱変換器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空気対空気熱変換器の世界市場規模 ・空気対空気熱変換器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空気対空気熱変換器のアメリカ市場規模推移 ・空気対空気熱変換器のカナダ市場規模推移 ・空気対空気熱変換器のメキシコ市場規模推移 ・空気対空気熱変換器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・空気対空気熱変換器のドイツ市場規模推移 ・空気対空気熱変換器のイギリス …
  • B2Bメディアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、B2Bメディアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、B2Bメディアの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバセンサーの世界市場予測・分析2015-2020
  • 世界の心血管画像装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、心血管画像装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心血管画像装置の概要 ・心血管画像装置の開発動向:開発段階別分析 ・心血管画像装置の開発動向:セグメント別分析 ・心血管画像装置の開発動向:領域別分析 ・心血管画像装置の開発動向:規制Path別分析 ・心血管画像装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心血管画像装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心血管画像装置の最近動向
  • ヒュームフードモニタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ヒュームフードモニタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒュームフードモニタの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヒュームフードモニタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dwyer Instruments 、Labconco、TEL-UK、TSI等です。
  • ビスポークユニットの世界市場:エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ)
    本資料は、ビスポークユニットの世界市場について調べ、ビスポークユニットの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビスポークユニットの世界市場概要 ・ビスポークユニットの世界市場環境 ・ビスポークユニットの世界市場動向 ・ビスポークユニットの世界市場規模 ・ビスポークユニットの世界市場:市場シェア ・ビスポークユニットの世界市場:エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ) ・ビスポークユニットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビスポークユニットの北米市場規模・予測 ・ビスポークユニットのアメリカ市場規模・予測 ・ビスポークユニットのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビスポークユニットのアジア市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ポリフタルアミド(PPA)の世界市場2017-2021:炭素繊維強化PPA、ガラス繊維強化PPA、ミネラル強化PPA、非強化PPA
    当調査レポートでは、ポリフタルアミド(PPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリフタルアミド(PPA)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • OTT通信サービス市場:VoIP、IPメッセージング、ソーシャルネットワーキング:通信事業者への影響分析
  • スクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクアレン生成酵素阻害剤の概要 ・スクアレン生成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクアレン生成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクアレン生成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクアレン生成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用RFIDの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用RFIDの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用RFID市場規模、製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用RFIDの世界市場概要 ・産業用RFIDの世界市場環境 ・産業用RFIDの世界市場動向 ・産業用RFIDの世界市場規模 ・産業用RFIDの世界市場:業界構造分析 ・産業用RFIDの世界市場:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダー、RFIDミドルウェア) ・産業用RFIDの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用RFIDのアメリカ市場規模・予測 ・産業用RFIDのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用RFIDのアジア市場規模・予測 ・産業用RFIDの主要国分析 ・産業用RFIDの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用RFIDの世界市場:成長要因、課題 ・産業用RFIDの世界市場:競争環境 ・産業用RFIDの世界市場:関連企業情報( …
  • 送配電(T&D)機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、送配電(T&D)機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、送配電(T&D)機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用微量栄養素の世界市場分析:製品別(鉄、マンガン、亜鉛、ホウ素、銅)、用途別(反芻動物、家禽、豚、魚類、馬)、地域別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用微量栄養素の世界市場動向、動物飼料用微量栄養素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用微量栄養素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農業用生物製剤試験の世界市場予測(~2021年):バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、農業用生物製剤試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用イメージングの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、医療用イメージングの世界市場について調べ、医療用イメージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療用イメージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(X線イメージング、超音波画像、MRI、CTスキャナーイメージング、SPECT / PETイメージング)、用途別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は医療用イメージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・医療用イメージングの市場状況 ・医療用イメージングの市場規模 ・医療用イメージングの市場予測 ・医療用イメージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(X線イメージング、超音波画像、MRI、CTスキャナーイメージング、SPECT / PETイメージング) ・市場セグメンテーション:用途別 ・医療用イメージングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長 …
  • 海上用(マリン)ローディングアームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海上用(マリン)ローディングアームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海上用(マリン)ローディングアーム市場規模、製品別(横型回転式、縦型回転式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場概要 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場環境 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場動向 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場規模 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:業界構造分析 ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:製品別(横型回転式、縦型回転式) ・海上用(マリン)ローディングアームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・海上用(マリン)ローディングアームのアメリカ市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディングアームのヨーロッパ市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディングアームのアジア市場規模・予測 ・海上用(マリン)ローディ …
  • テレプレゼンスロボットの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、テレプレゼンスロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、コンポーネント別(ヘッド、ボディ)分析、タイプ別分析、用途別(教育、ヘルスケア、企業、ホームケア)分析、テレプレゼンスロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 避雷針の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避雷針の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用補助エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チーズ成分の世界市場予測(~2022年):ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、牛乳、培養菌、酵素、添加物
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、チーズ成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、チーズ種類別分析、成分別分析、地域別分析、チーズ成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"