"世界の酸化マグネシウム市場:用途別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40256)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の酸化マグネシウム市場:用途別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Magnesium Oxide Market: About this market
Technavio’s magnesium oxide market analysis considers sales from refractories, construction, agriculture, chemical, and other applications. Our study also finds the sales of magnesium oxide in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the refractories segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as increasing demand for refractory materials from the steel, cement, and glass industries will play a significant role in the refractories segment to maintain its market position. Also, our global magnesium oxide market report looks at factors such as increasing steel production, demand from the construction industry, and growing demand from the animal feed industry. However, surging prices of magnesium oxide owing to magnesia plant shutdowns in China, the popularity of other nutrient-based fertilizers, and the threat of substitutes of magnesium oxide in refractory applications may hamper the growth of the magnesium oxide industry over the forecast period.

Global Magnesium Oxide Market: Overview
Growing demand from the construction industry
Magnesium oxide is a key material in the production of products such as construction panels, partition walls, covering for ceilings, and fire-and moisture-resistant structural walls. In addition, magnesium oxide is deployed in the development of magnesium oxide boards for constructing internal and external building walls. These boards are a cost-effective alternative to plasterboard gypsum style linings as they are made from a mixture of magnesium oxide, fiber mesh composites, non-organic minerals, and bonders. Furthermore, these boards are produced from mineral ingredients and do not contain toxic substances, making them a viable eco-friendly solution for the construction industry. Thus, the growing opportunities from the residential and commercial construction will lead to the expansion of the global magnesium oxide market at a CAGR of over 4% during the forecast period.

Increasing adoption of magnesium oxide in water treatment
With high adsorbing properties, magnesium oxide proves to be an effective agent for precipitating heavy metals from wastewater. The acid-neutralizing capacity of magnesium oxide also makes it a feasible substitute for lime in treating wastewater. Furthermore, the lower molecular weight of magnesium oxide aids in producing a comparably more compact sludge by using high volumes of magnesium oxide to precipitate heavy metal from wastewater. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global magnesium oxide market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global magnesium oxide market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading magnesium oxide manufacturers, that include Dashiqiao Huamei Group Co. Ltd., Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA, Imerys SA, Industrias Peñoles SAB de CV, Israel Chemicals Ltd., Magnesitas Navarras SA, Magnezit Group, Martin Marietta Magnesia Specialties LLC, Nedmag BV, and RHI Magnesita NV.
Also, the magnesium oxide market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"世界の酸化マグネシウム市場:用途別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Refractories – Market size and forecast 2019-2024
• Construction – Market size and forecast 2019-2024
• Agriculture – Market size and forecast 2019-2024
• Chemical – Market size and forecast 2019-2024
• Others – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Consolidation of China’s magnesia industry
• Increasing research scope for magnesium oxide in toxic gas treatment
• Increasing adoption of magnesium oxide in water treatment
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Dashiqiao Huamei Group Co. Ltd.
• Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA
• Imerys SA
• Industrias Peñoles SAB de CV
• Israel Chemicals Ltd.
• Magnesitas Navarras SA
• Magnezit Group
• Martin Marietta Magnesia Specialties LLC
• Nedmag BV
• RHI Magnesita NV
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global commodity chemicals market
Exhibit 02: Segments of global commodity chemicals market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Application – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Refractories – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: Refractories – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: Construction – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: Construction – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: Agriculture – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 25: Agriculture – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Chemical – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 27: Chemical – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 28: Others – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 29: Others – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 30: Market opportunity by application
Exhibit 31: Customer landscape
Exhibit 32: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 33: Geographic comparison
Exhibit 34: APAC – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 35: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 36: Europe – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 37: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 38: North America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 39: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 40: MEA – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 41: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 42: South America – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 43: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 44: Key leading countries
Exhibit 45: Market opportunity
Exhibit 46: Impact of drivers and challenges
Exhibit 47: Vendor landscape
Exhibit 48: Landscape disruption
Exhibit 49: Vendors covered
Exhibit 50: Vendor classification
Exhibit 51: Market positioning of vendors
Exhibit 52: Dashiqiao Huamei Group Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 53: Dashiqiao Huamei Group Co. Ltd. – Product segments
Exhibit 54: Dashiqiao Huamei Group Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 55: Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA – Vendor overview
Exhibit 56: Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA – Product segments
Exhibit 57: Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA – Organizational developments
Exhibit 58: Grecian Magnesite Mining Industrial Shipping and Commercial SA – Key offerings
Exhibit 59: Imerys SA – Vendor overview
Exhibit 60: Imerys SA – Business segments
Exhibit 61: Imerys SA – Organizational developments
Exhibit 62: Imerys SA – Geographic focus
Exhibit 63: Imerys SA – Segment focus
Exhibit 64: Imerys SA – Key offerings
Exhibit 65: Industrias Peñoles SAB de CV – Vendor overview
Exhibit 66: Industrias Peñoles SAB de CV – Product segments
Exhibit 67: Industrias Peñoles SAB de CV – Geographic focus
Exhibit 68: Industrias Peñoles SAB de CV – Segment focus
Exhibit 69: Industrias Peñoles SAB de CV – Key offerings
Exhibit 70: Israel Chemicals Ltd. – Vendor overview
Exhibit 71: Israel Chemicals Ltd. – Business segments
Exhibit 72: Israel Chemicals Ltd. – Organizational developments
Exhibit 73: Israel Chemicals Ltd. – Geographic focus
Exhibit 74: Israel Chemicals Ltd. – Segment focus
Exhibit 75: Israel Chemicals Ltd. – Key offerings
Exhibit 76: Magnesitas Navarras SA – Vendor overview
Exhibit 77: Magnesitas Navarras SA – Product segments
Exhibit 78: Magnesitas Navarras SA – Organizational developments
Exhibit 79: Magnesitas Navarras SA – Key offerings
Exhibit 80: Magnezit Group – Vendor overview
Exhibit 81: Magnezit Group – Business segments
Exhibit 82: Magnezit Group – Key offerings
Exhibit 83: Martin Marietta Magnesia Specialties LLC – Vendor overview
Exhibit 84: Martin Marietta Magnesia Specialties LLC – Product segments
Exhibit 85: Martin Marietta Magnesia Specialties LLC – Organizational developments
Exhibit 86: Martin Marietta Magnesia Specialties LLC – Key offerings
Exhibit 87: Nedmag BV – Vendor overview
Exhibit 88: Nedmag BV – Product segments
Exhibit 89: Nedmag BV – Organizational developments
Exhibit 90: Nedmag BV – Key offerings
Exhibit 91: RHI Magnesita NV – Vendor overview
Exhibit 92: RHI Magnesita NV – Business segments
Exhibit 93: RHI Magnesita NV – Organizational developments
Exhibit 94: RHI Magnesita NV – Geographic focus
Exhibit 95: RHI Magnesita NV – Segment focus
Exhibit 96: RHI Magnesita NV – Key offerings
Exhibit 97: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 98: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の酸化マグネシウム市場:用途別、地域別
【発行日】2019年12月13日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40256
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の酸化マグネシウム市場:用途別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ロシアのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • アメリカの心血管用デバイス市場(~2021)
  • ロボット予防保全の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット予防保全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット予防保全の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウンデシレン酸の世界市場2018-2022
    10-ウンデセン酸とも呼ばれるウンデシレン酸は、ヒマシ油由来のリシノール酸の熱分解によって生成されます。摂氏700度、低圧下でヒマシ油を熱分解することにより、副生成物としてウンデシレン酸とhyptaldehydeが生成されます。 Technavioのアナリストは、ウンデシレン酸の世界市場が2018年から2022年の間に4.52%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Arkema、HOKOKU、Merck、Vigon International、Kalpsutra Chemicals、SHREEJI PHARMA INTERNATIONALなどです。 当調査レポートでは、ウンデシレン酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウンデシレン酸市場規模、用途別(化粧品・香水、ポリアミド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウンデシレン酸の世界市場概要 ・ウンデシレン酸の世界市場環境 ・ウンデシレン酸の世界市場 …
  • カナダのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 建築リペイントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建築リペイントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築リペイントの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建築リペイントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Akzo Nobel• PPG Industries• RPM International• The Sherwin-Williams Company• W.R.Grace等です。
  • 殺線虫剤の世界市場予測(~2022):種類別(燻蒸剤、カルバミン酸塩、有機リン酸塩、バイオ殺線虫剤)、形態別(固体、液体)、使用方法別(燻蒸、灌水、種子処理)、用途別(農業、工業)、地域別
    当調査レポートでは、殺線虫剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、形態別分析、使用方法別分析、用途別分析、殺線虫剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーテンウォールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カーテンウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーテンウォールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカーテンウォールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apogee Enterprises、Permasteelisa、Schüco International、Yuanda China Holdings、Skanska等です。
  • 統合ビル管理システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、統合ビル管理システムの世界市場について調べ、統合ビル管理システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、統合ビル管理システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、家庭、政府)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は統合ビル管理システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・統合ビル管理システムの市場状況 ・統合ビル管理システムの市場規模 ・統合ビル管理システムの市場予測 ・統合ビル管理システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(商業、家庭、政府) ・市場セグメンテーション:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・統合ビル管理システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・ …
  • 世界の絹糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の絹糸市場2015について調査・分析し、絹糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、エンドユーズ用途別(スマートフォン、ADAS、カメラ、ドローン、AR / VR製品)分析、業種別(家電、自動車、セキュリティ、および監視)分析、製作プロセス別分析、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年32億ドルまで年平均18.7%成長すると予測しています。
  • ラベルフリー検出の世界市場予測(~2022年):技術(表面プラズモン共鳴法、バイオレイヤー干渉法)、製品、用途、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラベルフリー検出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、ラベルフリー検出の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤の概要 ・ウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウィルスRNAポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場
    当調査レポートでは、ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験・検査・認証(TIC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス種類別分析、ソーシングタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 咳(Cough):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における咳(Cough)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・咳(Cough)の概要 ・咳(Cough)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の咳(Cough)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・咳(Cough)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・咳(Cough)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国のりん酸トリス(1-クロロ-2-プロピル)市場2015
    本調査レポートでは、中国のりん酸トリス(1-クロロ-2-プロピル)市場2015について調査・分析し、りん酸トリス(1-クロロ-2-プロピル) の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バルク食品成分の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、バルク食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、飲料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外傷処置用デバイスの世界市場:タイプ別(内部固定具、外部固定具)、手術部位別(上肢、下肢)、最終用途別(病院、通院外科診療所)、セグメント予測
    外傷処置用デバイスの世界市場は2025年には112億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、骨折件数の増加や外傷処置用デバイスの研究開発への支出増加が考えられます。小骨や関節の固定に使用される医療機器は整形外科的外傷処置用デバイスに分類されます。本調査レポートでは、外傷処置用デバイスの世界市場について調査・分析し、外傷処置用デバイスの世界市場動向、外傷処置用デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別外傷処置用デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のLIMS市場2015
    本調査レポートでは、世界のLIMS市場2015について調査・分析し、LIMSの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウロダイナミクス検査機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウロダイナミクス検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウロダイナミクス検査機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はウロダイナミクス検査機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• LABORIE• CooperSurgical• Verathon• Albyn Medical等です。
  • 中小企業(SMB)IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業(SMB)IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業(SMB)IT支出の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電気接点と電気接点材料市場2016
    本調査レポートでは、世界の電気接点と電気接点材料市場2016について調査・分析し、電気接点と電気接点材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売チャネル分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アナログIC(集積回路)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アナログIC(集積回路)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アナログIC(集積回路)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 掘削ドリルビットの世界市場:ロータリービット、DTHハンマービット
    当調査レポートでは、掘削ドリルビットの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(回転ビット、DTHハンマービット、その他)分析、材料別(スチール、ダイヤモンド、タングステンカーバイド)分析、操作別(地下掘削、表面掘削)分析、ビットサイズ別(最大150 mm、151-200 mm、201-250 mm、251-300 mm、300 mm以上)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・掘削ドリルビットの世界市場:種類別(回転ビット、DTHハンマービット、その他) ・掘削ドリルビットの世界市場:材料別(スチール、ダイヤモンド、タングステンカーバイド) ・掘削ドリルビットの世界市場:操作別(地下掘削、表面掘削) ・掘削ドリルビットの世界市場:ビットサイズ別(最大150 mm、151-200 mm、201-250 mm、251-300 mm、300 mm以上) ・掘削ドリルビットの世界市場:地域別 ・企業動向
  • ポリウレタン(PU)人造皮革のインド市場規模・シェア・動向分析
  • ユーティリティロケーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ユーティリティロケーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、提供方式(装置、サービス)別分析、ターゲット(金属、非銀属)別分析、産業別分析、ユーティリティロケーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大便失禁(Fecal Incontinence):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の概要 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • フォトレジストの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高スループットプロセス開発の世界市場予測(~2021):モノクローナル抗体、組換えインスリン
    当調査レポートでは、高スループットプロセス開発の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別分析、分子種類別分析、プロセス別分析、需要先別分析、高スループットプロセス開発の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、マイニング種類別(表面および地下)分析、技術別(電力削減、燃料およびメンテナンス削減、毒性削減、排出削減、および水削減)分析、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場規模が2019年90億ドルから2024年129億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。
  • 世界の口腔ケア製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の口腔ケア製品市場2015について調査・分析し、口腔ケア製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 予知保全の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、予知保全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、予知保全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 副鼻腔拡張装置の世界市場:製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具)、手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド))、患者タイプ別(成人、小児)、患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、副鼻腔拡張装置の世界市場について調べ、副鼻腔拡張装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具)分析、手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド))分析、患者タイプ別(成人、小児)分析、患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・副鼻腔拡張装置の世界市場概要 ・副鼻腔拡張装置の世界市場環境 ・副鼻腔拡張装置の世界市場動向 ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模 ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:製品別(バルーン式副鼻腔拡張装置、ステント、内視鏡、ハンドヘルド器具) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:手術法別(単独(スタンドアロン)、併用(ハイブリッド)) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:患者タイプ別(成人、小児) ・副鼻腔拡張装置の世界市場規模:患者の医療環境別(耳鼻咽喉科、診療所、病院、通院外科診療所) ・副鼻腔拡張装置の …
  • 世界の砂糖代用品市場2015
    本調査レポートでは、世界の砂糖代用品市場2015について調査・分析し、砂糖代用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非炭酸飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非炭酸飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非炭酸飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場予測
  • イギリスの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • ガラスマットの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ガラスマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、マット種類別分析、バインダー種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ガラスマットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高等教育試験・評価の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高等教育試験・評価の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高等教育試験・評価市場規模、製品別(学術、非学術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ASPIRINGMINDS, Edutech, MeritTrac, Mettl Online Assessment, Pearson, SCANTRONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高等教育試験・評価の世界市場概要 ・高等教育試験・評価の世界市場環境 ・高等教育試験・評価の世界市場動向 ・高等教育試験・評価の世界市場規模 ・高等教育試験・評価の世界市場:業界構造分析 ・高等教育試験・評価の世界市場:製品別(学術、非学術) ・高等教育試験・評価の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高等教育試験・評価の北米市場規模・予測 ・高等教育試験・評価のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高等教育試験・評価のアジア太平洋市場規模・予測 ・高等教育試験・評価の主要国分析 ・高等 …
  • 再帰反射材の世界市場:技術別、製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他)、用途別、地域別予測
    本資料は、再帰反射材の世界市場について調べ、再帰反射材の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・再帰反射材の世界市場概要 ・再帰反射材の世界市場環境 ・再帰反射材の世界市場動向 ・再帰反射材の世界市場規模 ・再帰反射材の世界市場規模:技術別 ・再帰反射材の世界市場規模:製品別(フィルム、シート、テープ、ペンキ、インク、塗料、その他) ・再帰反射材の世界市場規模:用途別 ・再帰反射材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・再帰反射材の北米市場規模・予測 ・再帰反射材のアメリカ市場規模・予測 ・再帰反射材のヨーロッパ市場規模・予測 ・再帰反射材のアジア市場規模・予測 ・再帰反射材の日本市場規模・予測 ・再帰反射材の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 医療機器洗浄の世界市場:技術別(消毒、滅菌、洗浄)、機器別(クリティカル、セミクリティカル、ノンクリティカル)、セグメント予測
    医療機器洗浄の世界市場は2025年には159億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、病院における感染予防に向けた高度な方法と先進材料の採用が増加し、診療所を含む病院やその他の医療施設の数が増加していることが考えられます。本調査レポートでは、医療機器洗浄の世界市場について調査・分析し、医療機器洗浄の世界市場動向、医療機器洗浄の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器洗浄市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマートモバイルサプライチェーンソリューションの世界市場規模が2017年12兆3883.5億ドルから2026年30兆6767.8億ドルまで年平均10.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート・モバイルサプライチェーンソリューション市場規模、企業規模別(大企業、中小企業)分析、コンポネント別(サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(商業、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ スマート・モバイルサプライチェーンソリューションの世界市場:企業規模別(大企業、中小企業) ・ スマート・モバイルサプラ …
  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • 臨床栄養学の世界市場予測
    当調査レポートでは、臨床栄養学の世界市場について調査・分析し、臨床栄養学の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・臨床栄養学の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・臨床栄養学の世界市場:セグメント別市場分析 ・臨床栄養学の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ソルビトールの世界市場予測(~2021年):液体/シロップ・ソルビトール、結晶/パウダー・ソルビトール
    当調査レポートでは、ソルビトールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、ソルビトールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチトロンビンIII検査の世界市場2016-2020
  • 創傷ケア製品の世界市場:先進創傷ケア(フォームドレッシング、アルギン酸、NPWT、アクティブ)、手術式創傷ケア、従来式創傷ケア
    当調査レポートでは、創傷ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工内耳の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工内耳の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工内耳市場規模、種類別(片耳用、両耳用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工内耳の世界市場概要 ・人工内耳の世界市場環境 ・人工内耳の世界市場動向 ・人工内耳の世界市場規模 ・人工内耳の世界市場:業界構造分析 ・人工内耳の世界市場:種類別(片耳用、両耳用) ・人工内耳の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工内耳のアメリカ市場規模・予測 ・人工内耳のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工内耳のアジア市場規模・予測 ・人工内耳の主要国分析 ・人工内耳の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工内耳の世界市場:成長要因、課題 ・人工内耳の世界市場:競争環境 ・人工内耳の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アミノ酸の世界市場
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アミノ酸の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アミノ酸のアメリカ市場規模予測 ・アミノ酸のヨーロッパ市場規模予測 ・アミノ酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"