"世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 5349)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The metal foam market is projected to register a CAGR of 4.2%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The metal foam market size is estimated to be USD 84 million in 2019 and is projected to reach USD 103 million by 2024, at a CAGR of 4.2% during the same period. Metal foam is used in different industries, such as automotive, construction & infrastructure, industrial, and others. Metal foam is advantageous in the automotive and construction & infrastructure industries in terms of cost-effectiveness and low weight. The superior features offered by metal foam are enabling its usage in various end-use industries.

“Anti-intrusion bars application accounted for the largest share, in terms of value and volume, of the overall metal foam market.”
Anti-intrusion bars dominated the overall metal foam market in 2018. Metal foam possesses characteristics such as cost-effectiveness, reduced weight, good thermal behavior, durability, resistance to fire, and reduced maintenance expenditure. Anti-intrusion bars are used in the automotive industry and possess the capability to keep passengers safe at the time of collision.

“Aluminum material accounted for the largest share, in terms of value and volume, of the metal foam market.”
Aluminum material dominated the overall metal foam market in 2018. The use of aluminum material in metal foam offers various advantages such as sound absorption, fragmentation capture, impact absorption, heat sinks and exchangers, catalyst surface, battery plates, and spacers. Aluminum foam can absorb energy better than steel as it possesses air bubbles created during the manufacturing process. All these factors make aluminum metal foam to be the most widely used material in the metal foam market.

“The metal foam market in the automotive end-use industry is expected to register the highest CAGR between 2019 and 2024.”
The market in the automotive end-use industry is expected to witness the fastest CAGR during the forecast period. As the automotive market is moving toward electric cars, the need for lightweight and strong materials in the automotive industry is on the rise. Considering the safety point for lightweight automotive vehicles, the demand for effective crash-resistant products is on the rise. These factors are driving the metal foam market in the automotive industry around the globe.

“The metal foam market in APAC is projected to register the highest CAGR, in terms of value and volume, between 2019 and 2024.”
The APAC dominated the global metal foam market. The region has the presence of many manufacturers of metal foam and its products. China accounted for a significant share of the market in APAC and is expected to register substantial growth during the forecast period. The growth of the metal foam market in this region is driven mainly by the growing building and infrastructure end-use industries.

Breakdown of Profiles of Primary Interviews:

• By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
• By Designation: C level: 25%, Director level: 35%, and Others: 40%
• By Region: North America: 20%, Europe: 35%, APAC: 25%, MEA: 15%, and Latin America: 5%
The metal foam market comprises major solution providers such as ERG Aerospace Corporation (US), CYMAT Technologies Ltd. (Canada), Alantum (South Korea), Mott Corporation (US), Liaoning Rontec Advanced Material Technology Co., Ltd. (China), Shanxi Putai Aluminum Foam Manufacturing Co., Ltd. (China), Mayser GmbH & Co. KG (Germany), Ultramet (US), Aluminum King Co., Ltd (China), and Pohltec Metalfoam GmbH (Germany). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the metal foam market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The study covers the metal foam market. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as material, application, end-use industry, and region. Porter’s Five Forces analysis and the key market dynamics, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the metal foam market, have been discussed in the report. The report also provides company profiles and competitive benchmarking of major players operating in the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall metal foam market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Report
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Metal Foam Market
4.2 Metal Foam Market, By Material and Region
4.3 Metal Foam Market, By End-Use Industry
4.4 Metal Foam Market, By Application
4.5 Metal Foam Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Superior Properties Offered By Metal Foams Over Polymer Foams
5.2.1.2 Increasing Usage of Metal Foams in Applications Such as Heat Exchangers and Anti-Intrusion Bars
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Bonding, Welding, and Soldering of Metal Foams
5.2.2.2 Cost of Metal Foam is Very High as Compared to Substitutes Such as Polymer Foam
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Usage of Metal Foams in the Automotive Industry
5.2.3.2 Increasing Demand for Lightweight Structural Materials in the Construction Industry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Use of Metal Foams at Nascent Stage
5.2.4.2 Developing Cost-Efficient Manufacturing Methods
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Key Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends in Automotive Industry
5.4.4 Trends of the Construction Industry
5.4.4.1 Contribution of the Construction Industry to the GDP, By Country
6 Metal Foam Market, By Material (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Aluminum
6.2.1 Aluminum to Hold the Largest Market Share Through 2024
6.3 Nickel
6.3.1 Nickel has High Porosity Therefore Preferred Widely for Metal Foams
6.4 Copper
6.4.1 Superior Properties of Copper Contribute to Its Higher Share
6.5 Others
7 Metal Foam Market, By Application (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Anti-Intrusion Bars
7.2.1 Anti-Intrusion Bars Application to Lead the Demand for Metal Foams
7.3 Heat Exchangers
7.3.1 The Demand for Heat Exchangers is Increasing Due to the Higher Porosity Quality
7.4 Sound Insulation
7.4.1 Demand From Sound Insulation has Increased With the Increasing Noise Pollution
7.5 Others
7.5.1 Railway Buffers
7.5.2 Medical Implants
8 Metal Foam Market, By End-Use Industry (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 Automotive
8.2.1 Increasing Demand for Metal Foams in High-End Vehicle Will Influence the Market Growth
8.3 Construction & Infrastructure
8.3.1 Growing Construction Activities in APAC are Likely to Drive the Market
8.4 Industrial
8.4.1 Low Weight Makes Metal Foams Suitable for Industrial Machines
8.5 Other End-Use Industries
8.5.1 Aerospace
8.5.2 Defense
8.5.3 Medical
9 Metal Foam Market, By Region (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 By Country
9.2.2 By Material
9.2.3 By Application
9.2.4 By End-Use Industry
9.2.5 China
9.2.5.1 China to Be the Fastest-Growing Metal Foam Market in APAC
9.2.5.1.1 By End-Use Industry
9.2.6 South Korea
9.2.6.1 Increasing Demand From the Construction Industry to Drive the Metal Foam Market in South Korea
9.2.6.1.1 By End-Use Industry
9.2.7 India
9.2.7.1 Growing End-Use Industries to Support the Metal Foam Market in India
9.2.7.1.1 By End-Use Industry
9.2.8 Rest of APAC
9.2.8.1 Automotive to Remain the Largest Segment of the Metal Foam Market in Rest of APAC
9.2.8.1.1 By End-Use Industry
9.3 North America
9.3.1 By Country
9.3.2 By Material
9.3.3 By Application
9.3.4 By End-Use Industry
9.3.5 US
9.3.5.1 The US is the Largest Country-Level Market for Metal Foams
9.3.5.1.1 By End-Use Industry
9.3.6 Canada
9.3.6.1 Automotive is the Most Significant Segment in the Metal Foam Market
9.3.6.1.1 By End-Use Industry
9.4 Europe
9.4.1 By Country
9.4.2 By Material
9.4.3 By Application
9.4.4 By End-Use Industry
9.4.5 Germany
9.4.5.1 Germany to Dominate the Metal Foam Market in Europe
9.4.5.1.1 By End-Use Industry
9.4.6 France
9.4.6.1 France to Be the Second-Largest Market for Metal Foam in Europe
9.4.6.1.1 By End-Use Industry
9.4.7 Austria
9.4.7.1 Increasing Demand for Metal Foam From the Automotive End-Use Industry to Support the Growth of the Metal Foam Market in Austria
9.4.7.1.1 By End-Use Industry
9.4.8 Netherlands
9.4.8.1 Demand for Metal Foam is Expected to Increase at A Faster Pace in the Netherlands, in Terms of Value
9.4.8.1.1 By End-Use Industry
9.4.9 Rest of Europe
9.4.9.1 Automotive to Remain the Largest Segment of the Metal Foam Market in Rest of Europe
9.4.9.1.1 By End-Use Industry
9.5 MEA
9.5.1 By Country
9.5.2 By Material
9.5.3 By Application
9.5.4 By End-Use Industry
9.5.5 UAE
9.5.5.1 The UAE to Have the Largest Share in the MEA Metal Foam Market, in Terms of Value
9.5.5.1.1 By End-Use Industry
9.5.6 Saudi Arabia
9.5.6.1 Saudi Arabia to Grow at the Highest Cagr During the Forecast Period
9.5.7 Qatar
9.5.7.1 Qatar to Be Rapidly Growing Economies in MEA
9.5.7.1.1 By End-Use Industry
9.5.8 Rest of MEA
9.5.8.1 Automotive Industry to Be the Fastest-Growing Segment of the Metal Foam Market in Rest of MEA
9.5.8.1.1 By End-Use Industry
9.6 Latin America
9.6.1 By Country
9.6.2 By Material
9.6.3 By Application
9.6.4 By End-Use Industry
9.6.5 Brazil
9.6.5.1 Brazil to Be the Largest Market for Metal Foams in Latin America
9.6.5.1.1 By End-Use Industry
9.6.6 Mexico
9.6.6.1 Rapidly Growing End-Use Industries to Drive the Metal Foam Market
9.6.6.1.1 By End-Use Industry
9.6.7 Rest of Latin America
9.6.7.1 Automotive to Remain the Largest Industry Segment of the Metal Foam Market in Rest of Latin America
9.6.7.1.1 By End-Use Industry
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Emerging Companies
10.2.4 Innovators
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Market Ranking
10.6 Competitive Scenario
10.6.1 Expansion
10.6.2 Joint Venture
11 Company Profile (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus, and Strategies, Threat From Competition, Right to Win)*
11.1 ERG Aerospace Corporation
11.2 Cymat Technologies Ltd.
11.3 Alantum
11.4 Mott Corporation
11.5 Liaoning Rontec Advanced Material Technology Material Co., Ltd.
11.6 Shanxi Putai Aluminum Foam Manufacturing Co., Ltd.
11.7 Mayser GmbH & Co. KG
11.8 Ultramet
11.9 Aluminum King Co., Ltd.
11.10 Pohltec Metalfoam GmbH
11.11 Other Players
11.11.1 Wuhan Jingchu Chenshi Pharmaceutical Chemical Co. Ltd.
11.11.2 Hollomet GmbH
11.11.3 Spectra-Mat, Inc.
11.11.4 IWE
11.11.5 American Elements
11.11.6 Versarien Technologies Limited
11.11.7 Goodfellow
11.11.8 Havel Metal Foam
11.11.9 Aluinvent
11.11.10 Foamtech North America
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus, and Strategies, Threat From Competition, Right to Win Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 139)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別
【発行日】2019年11月22日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 5349
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の金属フォーム市場:材料別(アルミニウム、銅、ニッケル)、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音)、エンドユーズ産業別(自動車、建設およびインフラ、産業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のセキュリティアセスメント市場予測2017-2025:セキュリティタイプ別(アプリケーション、エンドポイント、クラウド・ネットワーク)、アセスメントタイプ別(脅威、セキュリティプログラム、リスク、ペネトレーションテストサービス・脆弱性)、組織規模別、展開モード別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセキュリティアセスメント市場について調査・分析し、世界のセキュリティアセスメント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセキュリティアセスメント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場について調査・分析し、ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビスマレイミド(BMI)樹脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビスマレイミド(BMI)樹脂種類別分析(粉末、溶液)、ビスマレイミド(BMI)樹脂用途別分析(航空、自動車、軍事、エレクトロニクス)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の市場概観 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の世界市場規模 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のアメリカ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のカナダ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のメキシコ市場規模推移 ・ビスマレイミド(BMI)樹脂のヨーロッパ市場分析(ド …
  • 世界のマシンビジョンシステムおよび構成品市場
  • 在宅医療の世界市場:製品、サービス、ソリューション
    当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用センサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sensata Technologies • Continental• Delphi Automotive• DENSO • Robert Bosch等です。
  • パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場:タイプ別(医薬品グレードIPP、化粧品グレードIPP)、用途別(化粧品・パーソナルケア用品、医薬品、テキスタイル)、地域別予測
    本資料は、パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場について調べ、パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医薬品グレードIPP、化粧品グレードIPP)分析、用途別(化粧品・パーソナルケア用品、医薬品、テキスタイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKao Corporation、BASF、Lubrizol、Oleon Corporate、Croda International.、Inolex、KLK OLEO、Kunshan Huaxin Daily Chemicals、Zhejiang Wumart Biological Technologyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場概要 ・パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場環境 ・パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場動向 ・パルミチン酸イソプロピル(IPP)の世界市場規模 ・パルミチン酸イソプロ …
  • 軍用機用バッテリーの世界市場
    当調査レポートでは、軍用機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 害虫防除の世界市場予測(~2022):種類別、防除方法別(化学薬品、物理的&機械的、生物的)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、害虫防除の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、防除方法別分析、用途別分析、地域別分析、害虫防除の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセーフティセンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のセーフティセンサ市場2015について調査・分析し、セーフティセンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のトップコート市場2015について調査・分析し、トップコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車産業における疲労センシング用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車産業における疲労センシング用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業における疲労センシング用消耗品の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マンモグラフィーの世界市場分析:製品別(フィルムスクリーンシステム、デジタルシステム、アナログシステム、生検システム、3Dシステム)、技術別(乳房トモシンセシス、CAD、デジタル)、用途別、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、マンモグラフィーの世界市場について調査・分析し、マンモグラフィーの世界市場動向、マンモグラフィーの世界市場規模、市場予測、セグメント別マンモグラフィー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の食肉用接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食肉用接着剤市場2015について調査・分析し、食肉用接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーションリリース自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アプリケーションリリース自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ツール、サービス)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別分析、垂直産業別(BFSI、ITE・テレコム、製造)分析、アプリケーションリリース自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートセンサーの世界市場:温度センサー、湿度センサー、圧力センサー、流量センサー、タッチセンサー、画像センサー、モーションセンサー、人感センサー、水センサー、位置センサー、光センサー、超音波センサー
    当調査レポートでは、スマートセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、構成要素別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車種別、コンポーネント別(電気配線、コネクター、端子)、用途別、電気自動車別、セグメント予測
    自動車用ワイヤーハーネスの世界市場は2025年には771億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。電子機器の車両への統合は自動車用ワイヤーハーネスの需要にプラスの影響を与えています。ワイヤーハーネスを車両に埋め込むことで、電気不足の懸念が少なくなり、燃費が向上し、性能が向上するなど、さまざまな利点があります。さらに、インフォテインメントシステムや先進的な運転支援システムなど、技術的に高度なシステムを採用することで、予測期間にわたって需要が増加するでしょう。本調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ワイヤーハーネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dレーザー切断機の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、3Dレーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dレーザー切断機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dレーザー切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、Jenoptik、Mazak Optonics、Prima Industrie、TRUMPF等です。
  • WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論および提言
  • 自動車ワイパーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ワイパーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ワイパーシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインオークションの世界市場:収集品、電子装置、芸術品、宝石、その他
    当調査レポートでは、オンラインオークションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインオークション市場規模、製品別(収集品、電子装置、芸術品、宝石、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bonanza, eBay, eBid, OnlineAuction.com, Webstore.comなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインオークションの世界市場概要 ・オンラインオークションの世界市場環境 ・オンラインオークションの世界市場動向 ・オンラインオークションの世界市場規模 ・オンラインオークションの世界市場:業界構造分析 ・オンラインオークションの世界市場:製品別(収集品、電子装置、芸術品、宝石、その他) ・オンラインオークションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラインオークションの北米市場規模・予測 ・オンラインオークションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オンラインオークションのアジア太平洋市場規 …
  • 相変化物質(PCM)の世界市場
    当調査レポートでは、相変化物質(PCM)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・相変化物質(PCM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・相変化物質(PCM)のアメリカ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のヨーロッパ市場規模予測 ・相変化物質(PCM)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 健康食品の世界市場:タイプ別(自然健康食品、機能性食品、BFY、オーガニック食品)、用途別(スーパーマーケット、独立系小売店、コンビニエンスストア、専門店)、地域別予測
    本資料は、健康食品の世界市場について調べ、健康食品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(自然健康食品、機能性食品、BFY、オーガニック食品)分析、用途別(スーパーマーケット、独立系小売店、コンビニエンスストア、専門店)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDanone、General Mills、Heinz、Kellogg 、Nestle、PepsiCo、Abbott Laboratories、Albert’s organic、Aleias Gluten Free Food、Amy’s Kitchen、Arla Food、Blue Diamond Growers、Bob’s Red Mill Natural Food、Boulder Brands、Chiquita Brandsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・健康食品の世界市場概要 ・健康食品の世界市場環境 ・健康食品の世界市場動向 ・健康食品の世界市場規模 ・健康食品の世界市場規模:タ …
  • 人数カウントシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、人数カウントシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(単方向、双方向)分析、技術別(赤外線ビーム、サーマルイメージング、ビデオベース)分析、提供別分析、エンドユーザー別(小売店、スーパーマーケット、ショッピングモール、交通機関)分析、人数カウントシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、人数カウントシステムの世界市場規模が2019年796百万ドルから2024年1275百万ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。
  • 設備監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、設備監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、監視種類(振動、熱、モーター電流、アラーム、GPS)別分析、監視プロセス別分析、導入方式別分析、産業別分析、設備監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)市場規模、技術別(高密度FOWLP、標準密度FOWLP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場概要 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場環境 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場動向 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場規模 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:業界構造分析 ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:技術別(高密度FOWLP、標準密度FOWLP) ・ファンアウト型ウェハレベルパッケージング(FOWLP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ファン …
  • 分散型天然ガス電源の世界市場規模及び予測:技術別(天然ガス発電機、固定式燃料電池、マイクロタービン)、エンドユーザー別(住宅、ビル・機関、商業および産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、分散型天然ガス電源の世界市場について調査・分析し、分散型天然ガス電源の世界市場動向、分散型天然ガス電源の世界市場規模、市場予測、セグメント別分散型天然ガス電源市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルファ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ受容体アゴニストの概要 ・アルファ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のエレベータおよびエスカレータ新技術分析2015-2019
    ※当調査レポートでは、世界のエレベータおよびエスカレータ新技術市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概観 ・業界の構造分析 ・エレベータの進化 ・エレベータの世界市場規模 ・エレベータの新技術 ・エスカレータの世界市場規模 ・エスカレータの新技術 ・関連企業分析
  • トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場について調査・分析し、トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トリプルオフセットバタフライバルブシェア、市場規模推移、市場規模予測、トリプルオフセットバタフライバルブ種類別分析()、トリプルオフセットバタフライバルブ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トリプルオフセットバタフライバルブの市場概観 ・トリプルオフセットバタフライバルブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トリプルオフセットバタフライバルブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場規模 ・トリプルオフセットバタフライバルブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トリプルオフセットバタフライバルブのアメリカ市場規模推移 ・トリプルオフセットバタフライバルブのカナダ市場規模推移 ・トリプルオフセットバタフライバルブのメキシコ市場規模推移 ・トリプルオフセットバ …
  • 堅牢デバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、堅牢デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、堅牢デバイスの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トゥレット症候群治療薬の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、トゥレット症候群治療薬の世界市場について調べ、トゥレット症候群治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、トゥレット症候群治療薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗精神病薬、非抗精神病薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はトゥレット症候群治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・トゥレット症候群治療薬の市場状況 ・トゥレット症候群治療薬の市場規模 ・トゥレット症候群治療薬の市場予測 ・トゥレット症候群治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗精神病薬、非抗精神病薬) ・トゥレット症候群治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 代替燃料式軍用フリートの世界市場
    当調査レポートでは、代替燃料式軍用フリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、代替燃料式軍用フリートの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドイツのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 腱鞘炎(Tenosynovitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腱鞘炎(Tenosynovitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腱鞘炎(Tenosynovitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腱鞘炎(Tenosynovitis)治療薬剤
  • 乳房生検の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、乳房生検の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳房生検の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フリートマネジメントの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フリートマネジメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、サービス別分析、導入方式別分析、地域別分析、フリートマネジメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドライバー・セーフティの世界市場予測(~2025年):アイトラッキング/瞬きモニタリング、表情/頭部動き、心拍数モニタリング、圧力/角度ステアリングセンサー、車線逸脱警告
    当調査レポートでは、ドライバー・セーフティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、車両別分析、地域別分析、ドライバー・セーフティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分析機器のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、分析機器のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分析機器のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床検査サービスの世界市場分析
    本調査レポートでは、臨床検査サービスの世界市場について調査・分析し、臨床検査サービスの世界市場動向、臨床検査サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床検査サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場2014-2025:アーキテクチャ別(集中型、バーチャル・オンクラウド型)、構成要素別、ネットワーク別、展開別
    本調査レポートでは、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場について調査・分析し、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場動向、世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別世界のクラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ノニルフェノールエトキシレートの世界市場:清掃用、塗料、農薬、革、織物、油田化学薬品
    当調査レポートでは、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、地域別分析、ノニルフェノールエトキシレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のギプス包帯市場2015
    本調査レポートでは、世界のギプス包帯市場2015について調査・分析し、ギプス包帯の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売産業におけるM2Mサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、小売産業におけるM2Mサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小売産業におけるM2Mサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は小売産業におけるM2Mサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(34.42%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AT&T• Deutsche Telekom• Rogers Communications• Verizon• Vodafone等です。
  • 遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の概要 ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遅発性ジスキネジア(Tardive Dyskinesia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 排水処理用化学品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の排水処理用化学品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・排水処理用化学品の世界市場:イントロダクション ・排水処理用化学品の世界市場:市場概観 ・排水処理用化学品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・排水処理用化学品の世界市場:セグメント別市場分析 ・排水処理用化学品の世界市場:主要地域別市場分析 ・排水処理用化学品の世界市場:関連企業分析
  • クリーンウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alpha Pro Tech• Berkshire• Dupont• Kimberly-Clark等です。
  • ヨーロッパ主要国の感染症検査市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"