"世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BC 7430)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increase in the construction (innovation, remodelling, and maintenance) activities are projected to drive the overall growth of the rainscreen cladding market across the globe from 2019 to 2024.”

The rainscreen cladding market is projected to grow from USD 10.1 billion in 2019 to USD 14.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 7.1% from 2019 to 2024. The global rainscreen cladding market has witnessed high growth primarily because of the increasing construction activities worldwide. Rising disposable income of consumers, specifically in developing nations, is another key factor contributing towards the increase in renovation and remodelling activities, which in turn will drive the growth of the rainscreen cladding market over the next few years.

“In terms of both, value and volume, the new construction segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The new construction segment of the rainscreen cladding market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of value as well as volume. It is a durable, flexible and waterproof cladding material in the market. It includes an extruded polymer-based core layer which provides a better rigid property to the floor. Its properties such as ease installation, and smooth finished appearance after the installation further drives the market for rainscreen cladding market.

“In terms of both, value and volume, the composite material segment is projected to lead the rainscreen cladding market from 2019 to 2024.”
Growth of composite material segment in the rainscreen cladding market is primarily attributed to the high strength, increased durability, and design flexibility. It accounted for a market share of 53.4% among all the materials used for rainscreen cladding due to its low cost and easy installation techniques. Composite materials are the most preferred rainscreen cladding material for residential as well as non-residential buildings, owing to their high durability, longer shelf-life of around 30–40 years, and no maintenance. Their easy maintenance & installation features save the additional labor cost involved in it.

“In terms of both, value and volume, the non-residential segment is projected to lead the rainscreen cladding market from 2019 to 2024.”
Growth of non-residential segment in the rainscreen cladding market is primarily attributed to the favourable and lenient lending policies initiated by governments across all regions, which is driving the sales of residential construction projects. The non-residential construction spending is estimated to go up, particularly in the emerging Asia Pacific and Latin American regions; there is a trend of urbanization observed in these regions, resulting in a much higher growth rate for the residential construction market, than in developed markets. The increasing need for renovation, remodelling as well as maintenance further increase the need of rainscreen cladding in the non-residential segment.

“In terms of both, value and volume, the Europe rainscreen cladding market is projected to contribute the maximum market share during the forecast period.”
In terms of value, the Europe region is projected to lead the rainscreen cladding market from 2019 to 2024 due to the strong demand from countries such as UK, Germany, France, Russia, and Italy. This demand in these mentioned countries is due to the tremendous growth of the construction opportunities in these countries. The demand is also driven by the increasing number of new housing units and huge investments in the infrastructural sector.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the rainscreen cladding market.

By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
By Designation: C-Level: 25%, D-Level: 35%, and Others: 40%
By Region: North America: 20%, Europe: 30%, Asia Pacific: 35%, Middle East & Africa: 10%, and
South America: 5%

The rainscreen cladding market comprises major manufacturers such as Kingspan Insulation (UK), SIKA (Switzerland), Rockwool International A/S (Denmark), Everest Industries Limited (Denmark), SFS Group AG (US), Sotech Architectural Façade (UK), Promat UK Ltd (UK).

Research Coverage
The market study covers the rainscreen cladding market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on the construction, material end-use sector, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their products and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their position in the rainscreen cladding market.

Key Benefits of Buying the Report
The report is projected to help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall rainscreen cladding market and its segments and sub-segments. This report is projected to help stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Periodization Considered for the Study
1.4 Currency Considered for the Study
1.5 Volume Unit Considered for the Study
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Approach 1 (Based on Material, By Region)
2.2.2 Approach 2 (Based on Global Cladding Market)
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Rainscreen Cladding Systems Market
4.2 Europe: Rainscreen Cladding Systems Market, By Material and Country
4.3 Rainscreen Cladding Systems Market, By Material
4.4 Rainscreen Cladding Systems Market, By Construction Type
4.5 Rainscreen Cladding Systems Market, By End-Use Sector
4.6 Rainscreen Cladding Systems Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth in Population and Rapid Urbanization Translating to A Large Number of New Construction Projects
5.2.1.2 Increase in Non-Residential Construction Activities
5.2.1.3 High Durability of Rainscreen Cladding Systems
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Raw Material and Installation Costs
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rise in Demand for Protective Systems, Enhancing the Aesthetic Appeal of A Building
5.2.3.2 Rise in Population and Urbanization in Emerging Economies
5.2.3.3 Increase in Demand for Fiber Cement in the Rainscreen Cladding Systems
5.2.3.4 Increase in Demand for Sustainable Cladding Materials
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Repairing Costs
5.3 Yc, Ycc Drivers
6 Rainscreen Cladding Systems Market, By Material (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.1.1 Rainscreen Cladding Systems Market, By Material
6.2 Composite Materials
6.2.1 Composite Materials to Gain High Preference From the Construction Sector in the Rainscreen Cladding Systems Market
6.3 Fiber Cement
6.3.1 High Strength and Durability to Drive the Growth of the Fiber Cement Rainscreen Cladding Systems Market
6.4 Metal
6.4.1 The Increasing Demand for High Thermal Efficiency and Durability of the Material Drives the Demand for Metal Cladding
6.5 High-Pressure Laminate
6.5.1 The Hpl Segment is Projected to Record A Stagnant Growth Rate During the Forecast Period
6.6 Others
7 Rainscreen Cladding Systems Market, By Construction Type (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Renovation
7.3 New Construction
8 Rainscreen Cladding Systems Market, By End-Use Sector (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 Residential
8.2.1 The Residential Sector is Projected to Grow at A Moderate Rate in the Rainscreen Cladding Systems Market
8.3 Non-Residential
8.3.1 The Non-Residential Application is Projected to Account for A Larger Share in the Rainscreen Cladding Systems Market
9 Rainscreen Cladding Systems Market, By Region (Page No. – 51)
9.1 Introduction
9.2 Asia Pacific
9.2.1 China
9.2.1.1 The Chinese Rainscreen Cladding Systems Market to Grow at the Highest Rate Through 2024
9.2.2 Japan
9.2.2.1 The New Construction Segment is Projected to Grow at A Higher Rate By 2024
9.2.3 India
9.2.3.1 India is Projected to Witness Second-Highest Growth in the Asia Pacific Rainscreen Cladding Systems Market
9.2.4 Australia
9.2.4.1 The New Construction Segment Accounted for the Larger Share in the Australian Rainscreen Cladding Systems Market
9.2.5 South Korea
9.2.5.1 The New Construction Segment is Projected to Lead the South Korea Rainscreen Cladding Systems Market
9.2.6 Rest of Asia Pacific
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 The Non-Residential Sector Segment is Projected to Witness High Growth in Germany
9.3.2 France
9.3.2.1 The Non-Residential Cement Segment is Projected to Grow at the Highest Rate in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 The New Construction Segment is Projected to Witness High Consumption in the UK Through 2024
9.3.4 Italy
9.3.4.1 The New Construction Segment is Projected to Witness High Growth During the Forecast Period
9.3.5 Russia
9.3.5.1 The New Construction Segment Accounted for the Larger Share in 2017 in Russia
9.3.6 Rest of Europe
9.3.6.1 The Non-Residential Segment is Projected to Grow at the Highest Rate in the Rest of Europe Market By 2024
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.1.1 The Non-Residential Sector to Witness the Highest Consumption in the US By 2024
9.4.2 Canada
9.4.2.1 The New Construction Segment to Grow at A Higher CAGR, in Terms of Value, in Canada
9.4.3 Mexico
9.4.3.1 New Construction to Witness High Growth, in Terms of Volume, in Mexico Through 2024
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Turkey
9.5.1.1 Turkey to Lead the Rainscreen Cladding Systems Market in the Middle East & Africa, in Terms of Value
9.5.2 Saudi Arabia
9.5.2.1 Saudi Arabia to Be the Second-Fastest-Growing Market in the Middle East & Africa, in Terms of Value
9.5.3 UAE
9.5.3.1 New Construction is Expected to Be the Faster-Growing Cladding Material in the UAE, in Terms of Volume
9.5.4 South Africa
9.5.4.1 The Non-Residential Segment to Lead the South African Rainscreen Cladding Systems Market
9.5.5 Rest of the Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Rainscreen Cladding Systems Market
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Increase in Investment in Constructions is Projected to Drive the Rainscreen Cladding Systems Market in Argentina
9.6.3 Rest of South America
9.6.3.1 New Construction is Projected to Remain the Larger Segment in the Rainscreen Cladding Systems Market in Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 100)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Acquisitions
10.2.2 Investments
10.2.3 Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 102)
11.1 Kingspan Insulation
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, and Right to Win)*
11.2 SIKA
11.3 Rockwool International A/S
11.4 Everest Industries Limited
11.5 SFS Group AG
11.6 Sotech Architectural Façade Systems
11.7 Promat UK Ltd.
11.8 Additional Company Profiles
11.8.1 CGL Façades Ltd
11.8.2 Celotex Ltd.
11.8.3 Terraclad
11.8.4 ECO Earth Solutions Pvt Ltd
11.8.5 Omnimax International Inc.
11.8.6 Trespa International B.V.
11.8.7 Middle East Insulation Llc
11.8.8 Euro Panels Overseas N.V.
11.8.9 Centria International
11.8.10 Dow Building Solutions
11.8.11 Fundermax
11.8.12 Alucobond (3A Composites)
11.8.13 Arconic Inc
11.8.14 Euroclad Group
11.8.15 Dams Incorporated
11.8.16 Northclad
11.8.17 Armetco Systems
11.8.18 Vulcan Cladding Systems
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, and Right to Win Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 128)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別
【発行日】2019年11月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BC 7430
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建築および建設
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のレインスクリーンクラッディング市場:材料別(複合材料、金属、繊維セメント、HPL)、建設別(新築および改修)、エンドユーズセクター別(非居住および住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の磁気共鳴画像法(MRI)システム市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:イントロダクション ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:市場概観 ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:セグメント別市場分析 ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:主要地域別市場分析 ・磁気共鳴画像法(MRI)システムの世界市場:関連企業分析
  • ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場規模及び予測、商品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 視覚障碍者用支援技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、視覚障碍者用支援技術の世界市場について調査・分析し、視覚障碍者用支援技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別視覚障碍者用支援技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、視覚障碍者用支援技術種類別分析(ブレイル・ディスプレイ、ノートテーカー、拡大鏡)、視覚障碍者用支援技術用途別分析(盲学校、身体障碍者連合会・病院、企業、社会組織、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・視覚障碍者用支援技術の市場概観 ・視覚障碍者用支援技術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・視覚障碍者用支援技術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・視覚障碍者用支援技術の世界市場規模 ・視覚障碍者用支援技術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・視覚障碍者用支援技術のアメリカ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のカナダ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のメキシコ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・視覚障碍 …
  • 物流の世界市場:2PL、3PL、4PL
    当調査レポートでは、物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、物流の世界市場規模及び予測、需要先別分析、方式別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場:用途別(塗料・塗装、プラスチック、パルプ・紙、化粧品)、地域別(北米、欧州、APAC、MEA、CSA)
    本調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向、二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化チタン(TiO2)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケアBPOの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケアBPOの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロバイダー別分析、プレイヤー別分析、業務機能別分析、地域別分析、ヘルスケアBPOの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自転車娯楽情報システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自転車娯楽情報システムの世界市場について調査・分析し、自転車娯楽情報システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自転車娯楽情報システムの世界市場:市場動向分析 - 自転車娯楽情報システムの世界市場:競争要因分析 - 自転車娯楽情報システムの世界市場:キット種類別 装着キット 車上装飾キット - 自転車娯楽情報システムの世界市場:用途別 路上自転車 マウンテンバイク その他の用途 - 自転車娯楽情報システムの世界市場:主要地域別分析 - 自転車娯楽情報システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自転車娯楽情報システムのヨーロッパ市場規模 - 自転車娯楽情報システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自転車娯楽情報システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 電子設計自動化(EDA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子設計自動化(EDA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子設計自動化(EDA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 塗料・コーティングの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、塗料・コーティングの世界市場について調査・分析し、塗料・コーティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・塗料・コーティングの世界市場:市場動向分析 ・塗料・コーティングの世界市場:競争要因分析 ・塗料・コーティングの世界市場:種類別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:技術別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・塗料・コーティングの北米市場規模 ・塗料・コーティングの欧州市場規模 ・塗料・コーティングのアジア市場規模 ・塗料・コーティングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 冒険旅行の世界市場:ハード、ソフト
    当調査レポートでは、冒険旅行の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ハード、ソフト、その他)分析、アクティビティ別(土地ベースアクティビティ、水ベースアクティビティ、空気ベースアクティビティ)分析、旅行者種類別(一人、友人/グループ、カップル、家族)分析、年齢グループ別(30歳未満、30〜41歳、42〜49歳、50歳以上)分析、販売チャンネル別(旅行代理店&ダイレクト)分析、地域別分析、企業動向、付録など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・冒険旅行の世界市場:種類別(ハード、ソフト、その他) ・冒険旅行の世界市場:アクティビティ別(土地ベースアクティビティ、水ベースアクティビティ、空気ベースアクティビティ) ・冒険旅行の世界市場:旅行者種類別(一人、友人/グループ、カップル、家族) ・冒険旅行の世界市場:年齢グループ別(30歳未満、30〜41歳、42〜49歳、50歳以上) ・冒険旅行の世界市場:販売チャンネル別(旅行代理店&ダイレクト) ・冒険旅行の世界市場:地域別 ・企業動向 ・付録
  • マッサージ機器の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、マッサージ機器の世界市場について調べ、マッサージ機器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マッサージ機器の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(商業用、家庭用)、種類別(電気マッサージ機器、非電気マッサージ機器)、製品別(マッサージチェア・ソファー、バックマッサージ機器、ハンドヘルド型マッサージ機器、首・肩用マッサージ機器、その他))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はマッサージ装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マッサージ機器の市場状況 ・マッサージ機器の市場規模 ・マッサージ機器の市場予測 ・マッサージ機器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(商業用、家庭用) ・市場セグメンテーション:種類別(電気マッサージ機器、非電気マッサージ機器) ・市場セグメンテーション:製品別(マッサージチ …
  • 農機具の世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、農機具の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(コンバイン、スプレーヤー、ベーラー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・農機具の世界市場:製品別(コンバイン、スプレーヤー、ベーラー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 外傷固定デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、外傷固定デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外傷固定デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は外傷固定デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Stryker, • Zimmer Biomet, • Smith & Nephew等です。
  • ベビー用ファッション・アクセサリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー用ファッション・アクセサリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用ファッション・アクセサリーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍朝食用食品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、冷凍朝食用食品の世界市場について調べ、冷凍朝食用食品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、冷凍朝食用食品の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は冷凍朝食用食品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・冷凍朝食用食品の市場状況 ・冷凍朝食用食品の市場規模 ・冷凍朝食用食品の市場予測 ・冷凍朝食用食品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(ハイパーマーケット及びスーパーマーケット、食料品店及びコンビニ、オンライン小売) ・冷凍朝食用食品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インクジェットプリントヘッドの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インクジェットプリントヘッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インクジェットプリントヘッドの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 極低温燃料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、極低温燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、極低温燃料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸化ほう素市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸化ほう素市場2016について調査・分析し、酸化ほう素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメトロニダゾール市場2015
    本調査レポートでは、世界のメトロニダゾール市場2015について調査・分析し、メトロニダゾールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPID市場2015
    本調査レポートでは、世界のPID市場2015について調査・分析し、PIDの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • North Central Electric Cooperative, Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 光センシングの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、光センシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、産業別分析、用途別分析、方式別分析、地域別分析、光センシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の強化ガラス市場2015
    本調査レポートでは、世界の強化ガラス市場2015について調査・分析し、強化ガラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空気清浄器の世界市場2020-2024
    「空気清浄器の世界市場2020-2024」は、空気清浄器について市場概要、市場規模、技術別(HEPA、静電集塵機、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・空気清浄器の世界市場:技術別(HEPA、静電集塵機、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • カロテノイドの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カロテノイド市場規模、原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド)分析、種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他)分析、用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ カロテノイドの世界市場:市場動向分析 ・ カロテノイドの世界市場:競争要因分析 ・ カロテノイドの世界市場:原料別(天然カロテノイド、合成カロテノイド) ・ カロテノイドの世界市場:種類別(カンタキサンチン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、リコピン、ルテイン、ベータカロチン、その他) ・ カロテノイドの世界市場:用途別(医薬品、化粧品、動物飼料、食品・飲料、サプリメント) ・ カロテノイドの世界市場:主要地域別分析 ・ カロテノイドの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ カロテノイドのヨーロ …
  • 心臓移植(Heart Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心臓移植(Heart Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心臓移植(Heart Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心臓移植(Heart Transplantation)の概要 ・心臓移植(Heart Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心臓移植(Heart Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心臓移植(Heart Transplantation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 工業用カードリッジバルブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用カードリッジバルブの世界市場について調査・分析し、工業用カードリッジバルブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用カードリッジバルブシェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用カードリッジバルブ種類別分析()、工業用カードリッジバルブ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用カードリッジバルブの市場概観 ・工業用カードリッジバルブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用カードリッジバルブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用カードリッジバルブの世界市場規模 ・工業用カードリッジバルブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用カードリッジバルブのアメリカ市場規模推移 ・工業用カードリッジバルブのカナダ市場規模推移 ・工業用カードリッジバルブのメキシコ市場規模推移 ・工業用カードリッジバルブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用カードリッジバルブのドイツ市場規模推移 ・工業 …
  • ITサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ITサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ITサービスの世界市場規模及び予測、ITサービス種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペデスタル・ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のペデスタル・ポンプ市場2015について調査・分析し、ペデスタル・ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 感圧接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、ゴム、シリコーン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、感圧接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、感圧接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ファイバーグラスロービングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイバーグラスロービングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、ファイバーグラス種類(E、ECR、H、AR、S)分析、製品タイプ(シングルエンド、マルチエンド、チョップド)分析、最終用途産業(輸送、建設、電気・電子、パイプ・タンク、風力、航空宇宙、船舶)分析、ファイバーグラスロービングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の口腔洗浄器市場2017-2022
  • 台湾のPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場:用途別(電化製品、自動車、電機・電子機器、消費財)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場について調査・分析し、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場動向、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のポリエチレンラミネーター市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンラミネーター市場2019について調査・分析し、ポリエチレンラミネーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレンラミネーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレンラミネーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレンラミネーターの市場概要 ・ポリエチレンラミネーターの上流・下流市場分析 ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • データベース暗号化の世界市場:透過的暗号化、ファイルシステム暗号化、アプリケーションレベル暗号化、列レベル暗号化、ハッシュ、鍵管理
    当調査レポートでは、データベース暗号化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 集成材の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、集成材の世界市場について調査・分析し、集成材の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・集成材の世界市場規模:製品別分析 ・集成材の世界市場規模:用途別分析 ・集成材の世界市場規模:エンドユーザー ・集成材の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フローズンヨーグルトのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホメオパシー製品の世界市場2017-2021:予防目的、治療目的
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホメオパシー製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホメオパシー製品の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はホメオパシー製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoiron、Hyland’s、SBL、Dr.Willmar Schwabe India等です。
  • 合成ゴムの世界市場
    当調査レポートでは、合成ゴムの世界市場について調査・分析し、合成ゴムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エッセンシャルオイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エッセンシャルオイルの世界市場:市場動向分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:競争要因分析 - エッセンシャルオイルの世界市場:用途別 ・クリーニング・ホーム ・食品・飲料 ・SPA・リラクゼーション ・医療用 ・アロマテラピー ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:製品別 ・レモン ・ユーカリ ・クローブリーフ ・コーンミント ・スペアミント ・ペパーミント ・オレンジ ・ライム ・シトロネラ ・その他 - エッセンシャルオイルの世界市場:主要地域別分析 - エッセンシャルオイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エッセンシャルオイルのヨーロッパ市場規模 - エッセンシャルオイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エッセンシャルオイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ファンレスPCの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファンレスPCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファンレスPCの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はファンレスPCの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABACO SYSTEMS• Advantech• Beckhoff Automation• Curtiss-Wright Defense Solutions• Datalogic• Ecrin Systems• Extreme Engineering Solutions• Getec• Honeywell Scanning and Mobility• Kontron, MilDef Group• Panasonic• Rockwell Automation• Systel• Trendon Systems• Zebra …
  • 状態監視装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、状態監視装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、状態監視装置市場規模、種類別(工場状況保証試験、オンライン機械監視、オンライン機械保護、ポータブル機械診断、ルートベース監視)分析、センサー・シグナル別(加速度計、近接プローブ、分光計、タコメーター、温度プローブ、サーマルカメラ)分析、技術別(振動解析、超音波検査、サーモグラフィ機器、モーター状態監視、潤滑油分析、その他)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、エネルギー・電力、化学、自動車、製造・加工、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 状態監視装置の世界市場:市場動向分析 ・ 状態監視装置の世界市場:競争要因分析 ・ 状態監視装置の世界市場:種類別(工場状況保証試験、オンライン機械監視、オンライン機械保護、ポータブル機械診断、ルートベース監視) ・ 状態監視装置の世界市場:センサー・シグナル別(加速度計、近接プローブ、分光計、タコメーター、温度プローブ、サ …
  • ホームオフィス家具の世界市場:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)、地域別予測
    本資料は、ホームオフィス家具の世界市場について調べ、ホームオフィス家具の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)分析、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKnoll、Inter IKEA Group、Herman Miller、Ashley Furniture Industries、Poltrona Frau、Steelcase、Kimball International 、Sears Holdings、HNI、Mascoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホームオフィス家具の世界市場概要 ・ホームオフィス家具の世界市場環境 ・ホームオフィス家具の世界市場動向 ・ホームオフィス家具の世界市場規模 ・ホームオフィス家具の世界市場規模:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他) ・ホームオフィス家具の世界市場規模:販 …
  • 交通カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、交通カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、交通カードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場魅力度分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用プラグ及びソケットの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用プラグ及びソケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用プラグ及びソケットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用プラグ及びソケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Amphenol、Hubbell、Legrand、ENNEKES、TE Connectivity等です。
  • 世界のドロマイト市場2015
    本調査レポートでは、世界のドロマイト市場2015について調査・分析し、ドロマイトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)
    本調査レポートでは、自動運転バスの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5) ・自動運転バスの世界市場:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・自動運転バスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界の床手入れ用道具市場2016
    本調査レポートでは、世界の床手入れ用道具市場2016について調査・分析し、床手入れ用道具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"