"世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 4684)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Industrial refrigeration system market projected to grow at a CAGR of 4.3% during 2019–2025”
The global industrial refrigeration system market is expected to grow from USD 19.3 billion in 2019 to USD 24.8 billion by 2025, at a CAGR of 4.3%. One of the major driving factors for the industrial refrigeration system market is the increasing demand for innovative and compact refrigeration systems. Also, due to the growing adoption of natural refrigerant-based systems, owing to strict regulatory policies, the demand for industrial refrigeration systems is increasing.

Moreover, increasing government support to strengthen the cold chain infrastructure in developing countries is driving the growth of the industrial refrigeration system market. However, the high installation cost and other expenses restrain market growth.

“Based on component, industrial refrigeration system market for compressors to grow at highest CAGR during forecast period”
The industrial refrigeration system market for compressors is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Many companies are focusing on cost reduction in the manufacturing of industrial refrigeration compressors. With the increase in the application areas of industrial refrigeration systems, companies are developing new compressors to meet the diverse needs of customers and explore the untapped market, which is expected to increase the demand for compressors during the forecast period.

“Based on application, refrigerated warehouse application to hold significant share from 2019 to 2025”
Refrigerated warehouses, also known as cold storage facilities, store food after production and before it is transported and distributed to supermarkets or catering establishments. The ever-growing population and rising demand for frozen and processed food have increased the number of refrigerated warehouses globally with improved capacities in the last few years.

The strengthening of cold chain infrastructure in developing countries to meet the rising demand for convenience food, along with government support in various countries to expand refrigerated warehouse capacity, is expected to be the key driver for the industrial refrigeration system market for refrigerated warehouse applications during the forecast period.

“Market in APAC to grow at significant CAGR during forecast period”
The industrial refrigeration system market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Increasing disposable income and the ever-growing population is propelling the demand for processed food products and beverages in APAC. As a result, there is an increase in the number of food processing facilities in the region, which, in turn, is expected to drive the market for industrial refrigeration systems. Government initiatives to further strengthen cold chain management systems are expected to surge the demand for industrial refrigeration systems across APAC.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the industrial refrigeration system market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level Executives – 40%, Directors – 35%, and Others – 25%
• By Region: North America – 45%, APAC – 30%, Europe – 15%, and RoW – 10%
The report profiles key players in the industrial refrigeration system market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Johnson Controls (Ireland), Emerson (US), Danfoss (Denmark), GEA (Germany), Mayekawa (Japan), Ingersoll-Rand (Ireland), Daikin (Japan), BITZER (Germany), United Technologies (US), Evapco (US), Baltimore Aircoil (US), Güntner (Germany), LU-VE (Italy), Lennox International (US), Star Refrigeration (Scotland), KOBELCO (Japan), Parker Hannifin (US), Clauger (France), Rivacold (Italy), and Dorin (Italy).
The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the industrial refrigeration system market, with their business overview, recent developments, and key market strategies for leaders.

Research Coverage:
This research report categorizes the global industrial refrigeration system market by component, refrigerant type, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the Industrial refrigeration system market and forecasts the same till 2025. Also, the report consists of market share analysis of key players operating in the industrial refrigeration system market.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the industrial refrigeration system market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes market share analysis of major players, product launches, partnerships, collaborations, and joint ventures, expansions, agreements & contracts, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in Market
4.2 Market in APAC, By Component and Application
4.3 Market, By Refrigerant Type
4.4 Country-Wise Industrial Refrigeration System Market Growth Rate
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Innovative and Compact Refrigeration Systems
5.2.1.2 Increasing Government Support to Strengthen Cold Chain Infrastructure in Developing Countries
5.2.1.3 Growing Adoption of Natural Refrigerant-Based Refrigeration Systems Due to Stringent Regulatory Policies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation Cost and Other Expenses
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Popularity of Carbon Dioxide/Ammonia (CO2/NH3)-Based Cascade Refrigeration Systems
5.2.3.2 Rising Demand for Frozen and Processed Food Across the World
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Personnel, Along With High Safety Concerns
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Policies and Regulations
5.4.1 Europe
5.4.1.1 EU F-Gas Regulation
5.4.1.2 Montreal Protocol
5.4.1.3 Ecodesign Directive
5.4.2 North America
5.4.2.1 Significant New Alternatives Policy (SNAP)
5.4.3 Asia Pacific
5.4.3.1 Japan
5.4.3.2 Australia
6 Industrial Refrigeration System Market, By Component (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Compressors
6.2.1 Reciprocating Compressors
6.2.1.1 Wide Use of Reciprocating Compressors Owing to Their High Efficiency and Low Cost
6.2.1.1.1 Semi-Hermetic Type
6.2.1.1.2 Hermetic Type
6.2.1.1.3 Open Type
6.2.2 Screw Compressors
6.2.2.1 Screw Compressors to Command Industrial Refrigeration Compressor Market During Forecast Period
6.2.2.1.1 Single-Screw Compressors
6.2.2.1.2 Twin-Screw Compressors
6.3 Condensers
6.3.1 Air-Cooled Condensers
6.3.1.1 Low Maintenance Cost of Air-Cooled Condensers to Accelerate Their Demand During Forecast Period
6.3.2 Water-Cooled Condensers
6.3.2.1 Higher Efficiency and Greater Reliability of Water-Cooled Condensers to Propel Market Growth During Forecast Period
6.3.3 Evaporative Condensers
6.3.3.1 Evaporative Condensers to Continue to Dominate Industrial Refrigeration Condenser Market During Forecast Period
6.4 Evaporators
6.4.1 Market for Evaporators to Grow at Second-Highest CAGR During Forecast Period
6.4.1.1 By Cooling Type
6.4.1.1.1 Air-Cooled Evaporators
6.4.1.2 By Design Type
6.4.1.2.1 Bare Tube Evaporators
6.4.1.2.2 Plate Type Evaporators
6.4.1.2.3 Finned Evaporators
6.4.1.2.4 Shell and Tube Type Evaporators
6.5 Controls
6.5.1 Controls are Used to Automate Defrost Cycles, Thereby Saving Energy
6.5.1.1 Compressor Controls
6.5.1.2 Condenser Controls
6.5.1.3 Evaporator Controls
6.6 Vessels, Pumps, Valves, and Auxiliary Equipment
6.6.1 Vessels, Pumps, Valves, and Auxiliary Equipment Drastically Improve Performance of Industrial Refrigeration Systems
7 Industrial Refrigeration System Market, By Refrigerant Type (Page No. – 88)
7.1 Introduction
7.2 Ammonia
7.2.1 Ammonia to Be Preferred Refrigerant in Various Refrigeration Systems Owing to Its Cost-Effectiveness and Energy Efficiency
7.2.1.1 Ammonia Refrigeration System
7.2.1.2 Low-Charge Ammonia Refrigeration System
7.3 CO2
7.3.1 Various Government Initiatives to Phase Out Environmentally Harmful Refrigerants Provide Opportunities for CO2-Based Refrigeration Systems
7.3.1.1 CO2 Refrigeration System
7.3.1.2 CO2 Cascade Refrigeration System
7.4 Others
7.4.1 HFC
7.4.2 HCFC
7.4.3 HC
7.4.4 HFO
8 Industrial Refrigeration System Market, By Application (Page No. – 95)
8.1 Introduction
8.2 Refrigerated Warehouse
8.2.1 Increasing Investments and Growing Number of Refrigerated Warehouses Propel Market Growth
8.3 Fruit & Vegetable Processing
8.3.1 Strict Government Regulations for Fruit & Vegetable Processing Industry Provide Opportunities for Market Players
8.4 Beverage
8.4.1 Adoption of Ammonia-Based Refrigeration Systems to Accelerate Demand for Industrial Refrigeration Systems in Beverage Applications
8.5 Meat, Poultry, & Fish Processing
8.5.1 Increasing Worldwide Consumption of Meat and Poultry Products Creates Market Opportunities
8.6 Dairy & Ice Cream Processing
8.6.1 Rising Demand for Processed Dairy Products Such as Cheese, Yoghurt, and Fermented Milk to Drive Market
8.7 Chemical, Petrochemical, & Pharmaceutical
8.7.1 Requirement for Temperature-Controlled Environments to Preserve Chemical and Pharmaceutical Products to Augment Market Growth
8.8 Refrigerated Transportation
8.8.1 Increasing Demand for Frozen and Fresh Commodities Drives Growth of Market
9 Geographic Analysis (Page No. – 118)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Increasing Demand for Refrigerated Warehouse Spaces Due to Growth in Online Grocery Shopping to Drive Market in US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Ongoing Developments in Pharmaceuticals Industry to Augment Canadian Market Growth
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Rising Demand for Fresh Food Products and Beverages, and Medicines to Propel Demand for Industrial Refrigeration Systems in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 UK to Record Highest CAGR in Market During 2019–2025
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany to Hold Largest Share of European Market
9.3.3 France
9.3.3.1 Increasing Adoption of Low-Charge Ammonia Refrigeration Systems to Fuel Market in France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Increasing Adoption of Natural Refrigerant-Based Industrial Refrigeration Systems to Accelerate Italian Market Growth
9.3.5 Rest of Europe (RoE)
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 China
9.4.1.1 China to Hold Largest Share of Market in APAC During Forecast Period
9.4.2 India
9.4.2.1 Government Initiatives for Setting Up Cold Chain Networks Across Country to Augment Indian Market Growth
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Shifting Focus Toward Implementation of Natural Refrigerant-Based Systems to Propel Market Growth in Japan
9.4.4 Rest of APAC (RoAPAC)
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.1.1 Brazil has Largest Contribution to Growth of Market in South America
9.5.2 Middle East and Africa
9.5.2.1 Growing Pharmaceuticals Industry and Increasing Consumption of Frozen Food to Fuel Demand for Industrial Refrigeration Systems in Middle East and Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 136)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Market Share Analysis: Industrial Refrigeration System Market, 2018
10.3.1 Product Launches
10.3.2 Partnerships, Collaborations, and Joint Ventures
10.3.3 Expansions
10.3.4 Agreements and Contracts
10.3.5 Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 145)
11.1 Key Players
11.1.1 Johnson Controls
11.1.1.1 Business Overview
11.1.1.2 Products Offered
11.1.1.3 Recent Developments
11.1.1.4 SWOT Analysis
11.1.1.5 MnM View
11.1.2 Emerson
11.1.2.1 Business Overview
11.1.2.2 Products Offered
11.1.2.3 Recent Developments
11.1.2.4 SWOT Analysis
11.1.2.5 MnM View
11.1.3 Danfoss
11.1.3.1 Business Overview
11.1.3.2 Products Offered
11.1.3.3 Recent Developments
11.1.3.4 SWOT Analysis
11.1.3.5 MnM View
11.1.4 GEA
11.1.4.1 Business Overview
11.1.4.2 Products Offered
11.1.4.3 Recent Developments
11.1.4.4 SWOT Analysis
11.1.4.5 MnM View
11.1.5 Mayekawa
11.1.5.1 Business Overview
11.1.5.2 Products Offered
11.1.5.3 Recent Developments
11.1.5.4 SWOT Analysis
11.1.5.5 MnM View
11.1.6 Baltimore Aircoil
11.1.6.1 Business Overview
11.1.6.2 Products Offered
11.1.6.3 Recent Developments
11.1.7 Bitzer
11.1.7.1 Business Overview
11.1.7.2 Products Offered
11.1.7.3 Recent Developments
11.1.8 Daikin
11.1.8.1 Business Overview
11.1.8.2 Products Offered
11.1.8.3 Recent Developments
11.1.9 Evapco
11.1.9.1 Business Overview
11.1.9.2 Products Offered
11.1.9.3 Recent Developments
11.1.10 Güntner
11.1.10.1 Business Overview
11.1.10.2 Products Offered
11.1.10.3 Recent Developments
11.1.11 Ingersoll-Rand
11.1.11.1 Business Overview
11.1.11.2 Products Offered
11.1.11.3 Recent Developments
11.1.12 Lennox International
11.1.12.1 Business Overview
11.1.12.2 Products Offered
11.1.12.3 Recent Developments
11.1.13 LU-VE
11.1.13.1 Business Overview
11.1.13.2 Products Offered
11.1.13.3 Recent Developments
11.1.14 United Technologies
11.1.14.1 Business Overview
11.1.14.2 Products Offered
11.1.14.3 Recent Developments
11.2 Right to Win
11.3 Other Players
11.3.1 Clauger
11.3.2 Dorin
11.3.3 Kobelco
11.3.4 Parker Hannifin
11.3.5 Rivacold
11.3.6 Star Refrigeration
12 Appendix (Page No. – 191)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別
【発行日】2019年11月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 4684
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 難燃性電線の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、難燃性電線の世界市場について調査・分析し、難燃性電線の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別難燃性電線シェア、市場規模推移、市場規模予測、難燃性電線種類別分析(低発煙ハロゲンフリー、低発煙低ハロゲン、低発煙ハロゲン)、難燃性電線用途別分析(建物、発電所・生産工場、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・難燃性電線の市場概観 ・難燃性電線のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・難燃性電線のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・難燃性電線の世界市場規模 ・難燃性電線の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・難燃性電線のアメリカ市場規模推移 ・難燃性電線のカナダ市場規模推移 ・難燃性電線のメキシコ市場規模推移 ・難燃性電線のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・難燃性電線のドイツ市場規模推移 ・難燃性電線のイギリス市場規模推移 ・難燃性電線のロシア市場規模推移 ・難燃性電線のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南ア …
  • 世界の硫酸コバルト市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸コバルト市場2015について調査・分析し、硫酸コバルトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用排ガス熱回収(EGHR)システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場概要 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場環境 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場動向 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場規模 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用排ガス熱回収(EGHR)シ …
  • 工業用触媒の世界市場:不均一系触媒、均一系触媒
    当調査レポートでは、工業用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオチップの世界市場分析:タイプ別(DNAチップ、ラボオンチップ、タンパク質チップ、がん診断および治療、遺伝子発現、一塩基多型(SNP)遺伝子型決定、ゲノミクス、薬物発見、農業バイオテクノロジー、プロテオミクス、発現プロファイリング、ハイスループットスクリーニング)、エンドユーザー別別(バイオテクノロジー・製薬企業、病院&診断センター、学術&研究機関)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオチップの世界市場について調査・分析し、バイオチップの世界市場動向、バイオチップの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオチップ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フォトニックセンサ&探知機の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:光ファイバーセンサ、バイオフォトニックセンサ、画像センサ
  • 再発寛解型多発性硬化症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再発寛解型多発性硬化症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再発寛解型多発性硬化症の概要 ・再発寛解型多発性硬化症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再発寛解型多発性硬化症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再発寛解型多発性硬化症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・再発寛解型多発性硬化症治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 胃内バルーンの世界市場:挿入型、嚥下型
    当調査レポートでは、胃内バルーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、胃内バルーン市場規模、製品別(挿入型、嚥下型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allurion Technologies, Apollo Endosurgery, Helioscopie, Obalon Therapeutics, ReShape Lifesciences, Spatz FGIAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・胃内バルーンの世界市場概要 ・胃内バルーンの世界市場環境 ・胃内バルーンの世界市場動向 ・胃内バルーンの世界市場規模 ・胃内バルーンの世界市場:業界構造分析 ・胃内バルーンの世界市場:製品別(挿入型、嚥下型) ・胃内バルーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・胃内バルーンの北米市場規模・予測 ・胃内バルーンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・胃内バルーンのアジア太平洋市場規模・予測 ・胃内バルーンの主要国分析 ・胃内バルーンの …
  • スマートマイニングの世界市場:ハードウェアコンポーネント別(センサー、RFIDタグ、インテリジェントシステム)、システム・ソリューション別(ロジスティクスソフトウェア、データ・運用管理ソフトウェア、安全・セキュリティシステム、コネクティビティソリューション、分析ソリューション、リモート管理ソリューション、資産運用ソリューション)、サービス別(サポート・メンテナンス、システムインテグレーション、コンサルティングサービス)、地域別予測
    本資料は、スマートマイニングの世界市場について調べ、スマートマイニングの世界規模、市場動向、市場環境、ハードウェアコンポーネント別(センサー、RFIDタグ、インテリジェントシステム)分析、システム・ソリューション別(ロジスティクスソフトウェア、データ・運用管理ソフトウェア、安全・セキュリティシステム、コネクティビティソリューション、分析ソリューション、リモート管理ソリューション、資産運用ソリューション)分析、サービス別(サポート・メンテナンス、システムインテグレーション、コンサルティングサービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco Inc.、Hitachi Construction CO. Ltd.、SAP SE、Rockwell automation、Joy Global Inc.、Komatsu Ltd.、Symboticware Inc.、ABB Ltd.、Trimble Navigation Ltd.、Caterpillar Inc.、Atlas …
  • 主要10細胞分析法の世界市場予測(~2021):技術別(イメージング、PCR、フローサイトメトリー、ハイコンテントスクリーニング(HCS)、ブロッティング、分光測光法)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、主要10細胞分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、LED別分析、OLED別分析、バーチャル網膜ディスプレイ別分析、量子ドット別分析、主要10細胞分析法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イラクの市場見通し(~2021年)
  • 通気性抗菌コーティングの世界市場分析:用途別(室内空気環境、金型の修復、テキスタイル、医療・製薬、建設、食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、通気性抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、通気性抗菌コーティングの世界市場動向、通気性抗菌コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別通気性抗菌コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日本のアクリロニトリル市場(~2019)
  • ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場:タイプ別(ソフトウェア、サービス)、用途別(BFSI、小売)、組織別、サービス別、セグメント予測
    ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場は2025年には31億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率31.1%で成長すると予測されています。技術的シフトと消費者の好みの変化により、多岐にわたる分野のさまざまな組織がこの市場への参入を目指しています。本調査レポートでは、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場動向、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ABMの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ABMの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アカウントタイプ別(戦略的ABM、ABM Lite、プログラマティックABM)分析、コンポーネント別(ツール、サービス)分析、導入モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織サイズ別(大企業、SME)分析、ABMの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:構成要素別、サービス別、地域別予測
    本資料は、教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場について調べ、教育分野におけるデジタル・サイネージの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別分析、サービス別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場概要 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場環境 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場動向 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場規模 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場規模:構成要素別 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場規模:サービス別 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育分野におけるデジタル・サイネージの北米市場規模・予測 ・教育分野におけるデジタル・サイネージのアメリカ市場規模・予測 ・教育分野におけるデジタル・サイネージのヨーロッパ市場規模・予測 ・教育分野におけるデジタル・サイネージのアジ …
  • ハイブリッド航空機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド航空機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド航空機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の歯科用CAD/CAM市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の歯科用CAD/CAM市場について調査・分析し、世界の歯科用CAD/CAM市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 動物用ワクチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、動物用ワクチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動物用ワクチンの世界市場:市場動向分析 - 動物用ワクチンの世界市場:競争要因分析 - 動物用ワクチンの世界市場:製品別 ・減弱化生ワクチン ・結合型ワクチン ・DNAワクチン ・不活化ワクチン ・組換えワクチン ・サブユニットワクチン ・トキソイドワクチン - 動物用ワクチンの世界市場:病気別 ・コンパニオン・アニマルの病気 ・鶏の病気 ・豚の病気 ・馬の病気 ・家畜の病気 ・養殖時の病気 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:流通チャネル別 ・動物病院 ・獣医診療所 ・開業薬局 ・動物病研究機関 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:主要地域別分析 - 動物用ワクチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 動物用ワクチンのヨーロッパ市場規模 - 動物用ワクチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・動物用ワクチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ノートパソコン用バッグの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ノートパソコン用バッグの世界市場について調査・分析し、ノートパソコン用バッグの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ノートパソコン用バッグシェア、市場規模推移、市場規模予測、ノートパソコン用バッグ種類別分析()、ノートパソコン用バッグ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ノートパソコン用バッグの市場概観 ・ノートパソコン用バッグのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ノートパソコン用バッグのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ノートパソコン用バッグの世界市場規模 ・ノートパソコン用バッグの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ノートパソコン用バッグのアメリカ市場規模推移 ・ノートパソコン用バッグのカナダ市場規模推移 ・ノートパソコン用バッグのメキシコ市場規模推移 ・ノートパソコン用バッグのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ノートパソコン用バッグのドイツ市場規模推移 ・ノートパソコン用バッグのイギリス市 …
  • 商用車キャビンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車キャビンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車キャビンの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血圧監視装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、血圧監視装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血圧監視装置市場規模、製品別(血圧計、在宅用BPモニター、BPトランスデューサー、BP監視用消耗品、外来用BPモニター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・血圧監視装置の世界市場概要 ・血圧監視装置の世界市場環境 ・血圧監視装置の世界市場動向 ・血圧監視装置の世界市場規模 ・血圧監視装置の世界市場:業界構造分析 ・血圧監視装置の世界市場:製品別(血圧計、在宅用BPモニター、BPトランスデューサー、BP監視用消耗品、外来用BPモニター) ・血圧監視装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血圧監視装置のアメリカ市場規模・予測 ・血圧監視装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・血圧監視装置のアジア市場規模・予測 ・血圧監視装置の主要国分析 ・血圧監視装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・血圧監視装置の世界市場:成長要因、課題 ・血圧監視装置の世界市場:競争環境 ・ …
  • 3D バイオプリンティングの世界市場予測2019-2024
    「3D バイオプリンティングの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、インクジェットベース3Dバイオプリンティング、シリンジベース3Dバイオプリンティング、レーザーベース3Dバイオプリンティングなど、用途別には、Medical、Scientific Research、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。3D バイオプリンティングのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3D バイオプリンティングの世界市場概要(サマリー) ・3D バイオプリンティングの企業別販売量・売上 ・3D バイオプリンティングの企業別市場シェア ・3D バイオプリンティングの世界市場規模:種類別(インクジェットベース3Dバイオプリンティング、シリンジベース3Dバイオプリンティング、レーザーベース3Dバイオプリンティング) ・3D バイオプリンティングの世界市場規模:用途別(Medical、Scientific Research、Oth …
  • モバイルフードサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、モバイルフードサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モバイルフードサービス市場規模、製品別(食品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・モバイルフードサービスの世界市場概要 ・モバイルフードサービスの世界市場環境 ・モバイルフードサービスの世界市場動向 ・モバイルフードサービスの世界市場規模 ・モバイルフードサービスの世界市場:業界構造分析 ・モバイルフードサービスの世界市場:製品別(食品、飲料) ・モバイルフードサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モバイルフードサービスのアメリカ市場規模・予測 ・モバイルフードサービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・モバイルフードサービスのアジア市場規模・予測 ・モバイルフードサービスの主要国分析 ・モバイルフードサービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・モバイルフードサービスの世界市場:成長要因、課題 ・モバイルフードサービスの世界市場:競争環境 …
  • 自動車用ターボチャージャーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ターボチャージャー市場規模、技術別(流路可変ターボチャージャー(VGT)・可変ノズル式ターボチャージャ(VNT)、ウェイストゲート技術、ツインターボ、その他)分析、車両種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PV)、農業用トラクター、建設用機械、二輪車、オフロード車(OTR)、スポーツカー)分析、燃料種類別(ディーゼル、ガソリン)分析、価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ターボチャージャーの世界市場:技術別(流路可変ターボチャージャー(VGT)・可変ノズル式ターボチャージャ(VNT)、ウェイストゲート技術、ツインタ …
  • 小型自動車用OEホイールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEホイールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEホイールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 液化石油ガス(LPガス)の世界市場
    当調査レポートでは、液化石油ガス(LPガス)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・液化石油ガス(LPガス)のアメリカ市場規模予測 ・液化石油ガス(LPガス)のヨーロッパ市場規模予測 ・液化石油ガス(LPガス)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 天然繊維複合材の世界市場:木質繊維複合材、非木質繊維複合材
    当調査レポートでは、天然繊維複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、製造工程別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫化水素の世界市場:種類別(純ガス、混合ガス)、用途別(化学品、研究所・分析、その他)、地域別予測
    本資料は、硫化水素の世界市場について調べ、硫化水素の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(純ガス、混合ガス)分析、用途別(化学品、研究所・分析、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAir Liquide、The Linde Group、Praxair、 Air Products and Chemicals、Sobeji、Messer Group、Matheson Tri-Gasなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫化水素の世界市場概要 ・硫化水素の世界市場環境 ・硫化水素の世界市場動向 ・硫化水素の世界市場規模 ・硫化水素の世界市場規模:種類別(純ガス、混合ガス) ・硫化水素の世界市場規模:用途別(化学品、研究所・分析、その他) ・硫化水素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硫化水素の北米市場規模・予測 ・硫化水素のアメリカ市場規模・予測 ・硫化水素のヨーロッパ市場規模・予測 ・硫化水素のアジア市場規模・予測 ・硫化水素の日本市場規模 …
  • 世界の心肺バイパス装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、心肺バイパス装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心肺バイパス装置の概要 ・心肺バイパス装置の開発動向:開発段階別分析 ・心肺バイパス装置の開発動向:セグメント別分析 ・心肺バイパス装置の開発動向:領域別分析 ・心肺バイパス装置の開発動向:規制Path別分析 ・心肺バイパス装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心肺バイパス装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心肺バイパス装置の最近動向
  • データセンター・コロケーションサービスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、サービス種類別分析、産業別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • M2Mヘルスケアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、M2Mヘルスケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、M2Mヘルスケアの世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自己免疫疾患診断の世界市場:診断装置、試薬、消耗品
    当調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫疾患診断の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クレアチニン測定の世界市場予測(~2023年):キット、試薬
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クレアチニン測定の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(キット、試薬)別分析、テスト種類別分析、サンプル別分析、需要先別分析、クレアチニン測定の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)
    マグネットワイヤーの世界市場は、2019年の301億米ドルから2024年には368億米ドルに達し、この期間中4.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。マグネットワイヤーは、電気電子工学、工業、輸送、インフラなどのさまざまな業界で使用されています。この市場の成長を促す主な要因として、電気・電子・輸送業界からの継続的な需要が考えられます。当調査レポートでは、マグネットワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(銅、アルミ)分析、形状(丸形、長方形、正方形)分析、用途(モーター、家電、トランスフォーマー)分析、最終用途産業(電気・電子、工業、輸送、インフラ)分析、マグネットワイヤーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレット積載装置(パレタイザ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は商用車テレマティクスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・商用車テレマティクスの市場状況 ・商用車テレマティクスの市場規模 ・商用車テレマティクスの市場予測 ・商用車テレマティクスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(LCV、M&HCV) ・市場セグメンテーション:種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォンベーステレマティクス) ・商用車テレマ …
  • 世界の光ファイバ母材(プリフォーム)市場2015
    本調査レポートでは、世界の光ファイバ母材(プリフォーム)市場2015について調査・分析し、光ファイバ母材(プリフォーム)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 松の実の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、松の実の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、松の実の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 松の実とは、松の木の食用の種子であり、世界中に20種ほど存在します。松の実にはタンパク質、ビタミン、ミネラル等、健康を保つために必要な様々な種類の栄養素が含まれています。松の実には、活力を高めたり、アンチエイジングの効果があります。Technavio社は松の実の世界市場が2017-2021年期間中に年平均20.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dashi International• Prime• Sabra Dipping等です。
  • CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サービス種類別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、CaaS(サービスとしてのコンテナ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボンディングフィルムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、ボンディングフィルムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボンディングフィルムの世界市場:市場動向分析 - ボンディングフィルムの世界市場:競争要因分析 - ボンディングフィルムの世界市場:フィルムタイプ別 ・アクリル ・エポキシ ・ポリウタレン ・その他 - ボンディングフィルムの世界市場:技術別 ・高圧硬化 ・加熱硬化 ・その他の技術 - ボンディングフィルムの世界市場:エンドユーザー別 ・包装 ・電気・電子 ・運輸業 ・その他のエンドユーザー - ボンディングフィルムの世界市場:主要地域別分析 - ボンディングフィルムの北米市場規模(アメリカ市場等) - ボンディングフィルムのヨーロッパ市場規模 - ボンディングフィルムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ボンディングフィルムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • マイクロスフェアの世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、マイクロスフェアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・マイクロスフェアの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・マイクロスフェアの世界市場:セグメント別市場分析 ・マイクロスフェアの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ペンキ及び塗料の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ペンキ及び塗料の世界市場について調査・分析し、ペンキ及び塗料の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ネットワークスライシングの世界市場予測(~2022年):技術(SDN、NFV、C-RAN)、サービス、応用分野、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークスライシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、サービス別分析、応用分野別分析、地域別分析、ネットワークスライシングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • こびりつき防止フライパンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、こびりつき防止フライパンの世界市場について調査・分析し、こびりつき防止フライパンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別こびりつき防止フライパンシェア、市場規模推移、市場規模予測、こびりつき防止フライパン種類別分析(PTFE系、セラミック系)、こびりつき防止フライパン用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・こびりつき防止フライパンの市場概観 ・こびりつき防止フライパンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・こびりつき防止フライパンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・こびりつき防止フライパンの世界市場規模 ・こびりつき防止フライパンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・こびりつき防止フライパンのアメリカ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのカナダ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのメキシコ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・こびりつき防 …
  • ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別、地域別
    本レポートは、ワイヤレスディスプレイの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の大豆レシチン市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆レシチン市場2015について調査・分析し、大豆レシチンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 結核検査の世界市場
    当調査レポートでは、結核検査の世界市場について調査・分析し、結核検査の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の注入可能な薬剤送達市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"