"世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 4362)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The veterinary reference laboratories market is projected to reach USD 4.8 billion by 2024 from USD 2.9 billion in 2019, at a CAGR of 10.7%. The growth in this market is driven by the growth in the companion animal population, rising demand for pet insurance, and growth in the number of veterinary practitioners in developed economies. However, the growing demand for rapid tests and portable instruments for point-of-care (POC) services and increasing pet care costs are expected to restrain market growth to a certain extent.

The clinical chemistry segment is projected to witness the highest growth in the veterinary reference laboratories market, by type of service, during the forecast period
Based on the type of service, the veterinary reference laboratories market is segmented into clinical chemistry, immunodiagnostics, hematology, urinalysis, molecular diagnostics, and other services. The clinical chemistry segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period. The high growth in this market can be attributed to the increased preference for various advanced clinical diagnostic services by veterinarians, pet owners, and laboratory technicians.

Clinical pathology is the fastest-growing application segment of the veterinary reference laboratories market
Based on application, the veterinary reference laboratories market is segmented into clinical pathology, bacteriology, virology, parasitology, productivity testing, pregnancy testing, and toxicology. The clinical pathology segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the large volume of pathology tests performed.

Companion animals dominate the veterinary reference laboratories market, by animal
Based on animal, the veterinary reference laboratories market is segmented into livestock animals and companion animals. The companion animals segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing adoption of companion animals and the increasing incidence of zoonotic diseases in these animals are the major factors driving the growth of this segment.

Asia Pacific market to witness the highest growth during the forecast period
Asia Pacific is expected to witness the highest growth during the forecast period (2019 to 2024), owing to factors such as rise in demand for pet insurance, increasing pet healthcare expenditure, growing population of food-producing animals and the need for animal-derived food products, rising awareness of zoonotic animals, and the growing number of veterinary hospitals and clinics in this region.

Breakdown of primary participants is as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1: 22%, Tier 2: 50%, and Tier 3: 28%
• By Designation: C-level: 17%, Director-level: 25%, and Others: 58%
• By Region: North America: 28%, Europe: 22%, Asia Pacific: 30%, Middle East and Africa: 12%, and Latin America: 8%

Prominent players in the veterinary reference laboratories market are IDEXX Laboratories, Inc. (US), VCA, Inc. (US), GD Animal Health (Netherlands), Zoetis Inc. (US), Neogen Corporation (US), Boehringer Ingelheim (Germany), Marshfield Labs (US), ProtaTek International (US), Texas A&M Veterinary Medical Diagnostic Laboratory (US), Veterinary Diagnostic Laboratory – University of Minnesota (US), and Veterinary Diagnostic Laboratory, Iowa State University (US).

Research Coverage:
The report analyzes the veterinary reference laboratories market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments, such as type of service, application, animal, and region. It also covers competitive leadership mapping, which helps in analyzing the position of key market players as visionary leaders, innovators, dynamic players, and emerging players. The report also provides a competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which in turn would help them to garner a greater market share. Firms purchasing the report could use one or a combination of the below-mentioned strategies to strengthen their position in the market.

This report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on product portfolios offered by the top players in the global veterinary reference laboratories market. The report analyzes this market by type of service, application, animal, and region.
• Product Enhancement/Innovation: Detailed insights on upcoming trends and service launches in the global veterinary reference laboratories market.
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging markets by type of service, application, animal, and region.
• Market Diversification: Exhaustive information about new testing services, growing geographies, recent developments, and investments in the global veterinary reference laboratories market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, service offerings, and capabilities of leading players in the global veterinary reference laboratories market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Veterinary Reference Laboratories Market Overview
4.2 Asia Pacific: Market, By Type of Service & Country (2018)
4.3 Market: Geographic Growth Opportunities
4.4 Market: Regional Mix
4.5 Market: Developing vs. Developed Countries
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.3 Key Market Drivers
5.3.1 Growth in the Companion Animal Population
5.3.2 Growing Demand for Pet Insurance and Increasing Pet Care Expenditure
5.3.3 Increasing Number of Veterinary Practitioners in Developed Economies
5.3.4 Demand for Animal-Derived Food Products
5.3.5 Increasing Incidence of Trans-Boundary and Zoonotic Diseases
5.4 Key Market Restraints
5.4.1 Increasing Pet Care Costs
5.4.2 Growing Demand for Rapid Tests, Poc Testing, and Portable Instruments
5.5 Key Market Opportunities
5.5.1 Untapped Emerging Markets
5.5.2 Public-Private Partnerships in Veterinary Health
5.6 Key Challenges
5.6.1 Low Awareness in Emerging Markets
5.6.2 Shortage of Veterinarians in Emerging Markets
5.6.3 Weak Functional and Infrastructural Capacities
6 Industry Insights (Page No. – 51)
6.1 Industry Trends
6.1.1 Adoption of Multiple Testing Panels
6.1.2 Outsourcing of Veterinary Diagnostic Testing Services
6.1.3 Innovation in Diagnostic Products for Quality Service Implementation
6.2 Disease Trends
6.2.1 Livestock Animals
6.2.1.1 Avian Influenza (AI)
6.2.1.2 African Swine Fever (ASF)
6.2.1.3 Bovine Babesiosis (BB)
6.2.1.4 Peste Des Petits Ruminants (PPR)
6.2.1.5 West Nile Virus (WNV)
6.2.2 Companion Animals
6.2.2.1 Zoonotic Diseases
6.2.2.2 Obesity & Diabetes
6.3 Regulatory Analysis
7 Veterinary Reference Laboratories Market, By Type of Service (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Immunodiagnostic Services
7.2.1 Low Cost & Procedural Complexity are Driving the Growth of This Segment
7.3 Clinical Chemistry Services
7.3.1 Increasing Pet Healthcare Expenditure and the Increasing Number of Screening Tests Performed to Drive Market Growth
7.4 Molecular Diagnostic Services
7.4.1 Growing Demand for Reliable and Faster Methods of Genetic Disorder Detection to Drive Market Growth
7.5 Hematology Services
7.5.1 Hematology Services are Used to Measure Blood Cell Count, Evaluate Leukocyte Morphology, and Count Coagulation Time of Blood in Animals
7.6 Urinalysis Services
7.6.1 Rising Occurrence of Kidney Diseases in Cats and Dogs to Support the Growth of This Segment
7.7 Other Services
8 Veterinary Reference Laboratories Market, By Application (Page No. – 68)
8.1 Introduction
8.2 Clinical Pathology
8.2.1 Clinical Pathology Dominates the Market, By Application
8.3 Bacteriology
8.3.1 Rising Prevalence of Zoonotic Diseases Will Drive the Market for Bacteriology
8.4 Virology
8.4.1 Growing Number of Viral Outbreaks is Contributing to Market Growth in This Segment
8.5 Parasitology
8.5.1 Increasing Prevalence of Parasitic Diseases Will Support the Growth of This Application Segment
8.6 Productivity Testing
8.6.1 Increasing Focus on Quality of Milk and Meat is Driving the Demand for Productivity Testing Services
8.7 Pregnancy Testing
8.7.1 Focus on Breeding and Herd Management Programs Will Drive the Growth of Testing Services in This Segment
8.8 Toxicology Testing
8.8.1 Regulation of Animal Health to Avoid Feed and Animal-Derived Food Contamination is Driving Market Growth
9 Veterinary Reference Laboratories Market By Animal (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Companion Animals
9.2.1 Dogs
9.2.1.1 The Market for Dogs Dominates the Global Market
9.2.2 Cats
9.2.2.1 Rising Prevalence of Infectious Diseases in Cats Will Drive the Growth of This Segment
9.2.3 Horses
9.2.3.1 Global Equine Population has Witnessed Slow Growth in Recent Years
9.2.4 Other Companion Animals
9.3 Livestock Animals
9.3.1 Cattle
9.3.1.1 Early Diagnosis is Crucial as Cattle Contribute More Than 85% to the Global Milk Supply
9.3.2 Pigs
9.3.2.1 Need to Check Disease Outbreaks and Thereby Reduce Economic Losses is Driving the Demand for Swine Diagnostics
9.3.3 Poultry
9.3.3.1 Increasing Focus on Animal-Derived Protein Sources From Poultry Will Drive the Growth in This Segment
9.3.4 Other Livestock Animals
10 Veterinary Reference Laboratories Market, By Region (Page No. – 94)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The US Dominates the Market in North America
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increasing Population of Livestock Animals and Adoption of Pets is Driving the Growth of This Market
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 The UK Dominates the Market in Europe
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Majority of Veterinary Practices in Germany Collaborate With Reference Laboratories for Testing Services
10.3.3 France
10.3.3.1 Rising Pet Ownership Rate is One of the Major Drivers of Market Growth in France
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Disease Outbreaks and Rising Meat Consumption Indicate Demand for Testing Facilities in Italy
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Increasing Number of Vet Practices and Willingness to Spend on Animal Healthcare Will Propel the Growth of This Market
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China Dominates the Asia Pacific Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Rising Demand for Diagnosing Zoonotic Diseases in Imported Pet Breeds is Expected to Drive Market Growth
10.4.3 Australia
10.4.3.1 Australia is One of the Largest Consumers of Beef & Mutton in the World
10.4.4 India
10.4.4.1 India is an Untapped Market With Huge Growth Potential
10.4.5 Rest of APAC
10.5 Latin America
10.5.1 Rising Beef Exports and Growing Pet Adoption Have Driven Market Growth in Latam
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Reluctance to Spend on Pet Health has Slowed the Pace of Market Growth
11 Competitive Landscape (Page No. – 147)
11.1 Introduction
11.2 Growth Strategy Matrix
11.3 Market Share Analysis
11.4 Competitive Situation and Trends
11.4.1 Product Launches
11.4.2 Acquisitions
11.4.3 Other Developments
11.5 Competitive Leadership Mapping
11.5.1 Visionary Leaders
11.5.2 Innovators
11.5.3 Dynamic Differentiators
11.5.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 155)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Introduction
12.2 IDEXX Laboratories, Inc.
12.3 VCA, Inc.
12.4 GD Animal Health
12.5 Boehringer Ingelheim
12.6 Zoetis, Inc.
12.7 Neogen Corporation
12.8 Laboklin GmbH
12.9 Synlab International GmbH
12.10 Marshfield Labs
12.11 Texas A&M Veterinary Medical Diagnostic Laboratory
12.12 University of Minnesota (Veterinary Diagnostic Laboratory)
12.13 Iowa State University (Veterinary Diagnostic Laboratory)
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.14 Other Players
12.14.1 Protatek International Inc.
12.14.2 Animal and Plant Health Agency
12.14.3 Animal Health Diagnostic Center (Cornell University)
12.14.4 National Veterinary Services Laboratory Usda-Aphis
12.14.5 Znlabs
12.14.6 Colorado State University (Veterinary Diagnostic Laboratories)
12.14.7 The Pirbright Institute
12.14.8 Friedrich-Loeffler-Institut (FLI)
13 Appendix (Page No. – 199)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 4362
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の動物用参照試験所市場:サービス種類別(臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断)、用途別(病理学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学)、動物別(犬、猫、牛、家禽、豚)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 欧州/中東/アフリカにおけるがんの生物学的療法市場予測
  • タイの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のPPD-T市場2015
    本調査レポートでは、世界のPPD-T市場2015について調査・分析し、PPD-Tの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場:ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー
    Technavio社の本調査レポートでは、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場について調べ、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場状況 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場規模 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の市場予測 ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ガスレーザー、固体・半導体ベースレーザー) ・耳鼻咽喉科 (ENT) 用レーザー装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太 …
  • 特殊後発医薬品の世界市場                 
    当調査レポートでは、特殊後発医薬品の世界市場について調査・分析し、特殊後発医薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊後発医薬品の世界市場:市場動向分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:競争要因分析 - 特殊後発医薬品の世界市場:投与経路別 ・局所性 ・非経口 ・経口 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:病気の症状別 ・多発性硬化症 ・感染症 ・腫瘍 ・その他 - 特殊後発医薬品の世界市場:流通経路別 ・メール・オーダー薬局 ・院内薬局 ・小売薬局 - 特殊後発医薬品の世界市場:主要地域別分析 - 特殊後発医薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊後発医薬品のヨーロッパ市場規模 - 特殊後発医薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊後発医薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 血液分析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用カメラモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用カメラモジュールの世界市場について調査・分析し、自動車用カメラモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用カメラモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用カメラモジュール種類別分析(バックカメラ、フロントカメラ、その他)、自動車用カメラモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用カメラモジュールの市場概観 ・自動車用カメラモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用カメラモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用カメラモジュールの世界市場規模 ・自動車用カメラモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用カメラモジュールのアメリカ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのカナダ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのメキシコ市場規模推移 ・自動車用カメラモジュールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • 離型剤の世界市場2017-2021:製パン・製菓用、食品包装用、食肉用、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、離型剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、離型剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は離型剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAAK、Archer Daniels Midland、Associated British Foods、Avatar、Par-Way Tryson等です。
  • 企業情報管理(EIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業情報管理(EIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業情報管理(EIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 施設管理サービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、施設管理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、施設管理サービス市場規模、展開方法別(クラウド、オンプレミス)分析、ソリューション別(設備環境管理、設備資産管理、建物情報モデリング、設備運用・セキュリティ管理、統合事業所管理システム、プロジェクト管理、その他)分析、組織別(大企業、中小企業)分析、サービス別(監査・品質評価、サポート・保守、サービス内容合意書(SLA)管理、展開・統合、コンサルティング)分析、エンドユーザー別(建設・不動産、政府・行政機関、住宅・教育機関、エネルギー・ユーティリティー、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、小売・商業用、製造、医療、IT・通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 施設管理サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 施設管理サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 施設管理サービスの世界市場:展開方法別(クラウド、オンプレミス) ・ 施設管理サービスの世界市場:ソ …
  • コールドミックスアスファルト添加剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コールドミックスアスファルト添加剤の世界市場について調査・分析し、コールドミックスアスファルト添加剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コールドミックスアスファルト添加剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、コールドミックスアスファルト添加剤種類別分析(エマルジョンベースコールドミックスアスファルト添加剤、溶剤系コールドミックスアスファルト添加剤)、コールドミックスアスファルト添加剤用途別分析(コールドパッチストックパイルミックス、コールドミックスペービング)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コールドミックスアスファルト添加剤の市場概観 ・コールドミックスアスファルト添加剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コールドミックスアスファルト添加剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コールドミックスアスファルト添加剤の世界市場規模 ・コールドミックスアスファルト添加剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コールドミックスアスファルト添加剤のアメ …
  • Kenya Electricity Generating Company Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • オーストラリアの膝関節置換処置動向(~2021)
  • ペーパータオルディスペンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペーパータオルディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペーパータオルディスペンサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリン酸アスコルビル市場2016
    本調査レポートでは、世界のリン酸アスコルビル市場2016について調査・分析し、リン酸アスコルビルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医用・動物用ワクチンの世界市場の規模・予測2014-2025:製品別(弱毒性化、不活性化、サブユニット、DNAおよび組換え)、動物のタイプ別(ペット、牛、鶏、馬)
    本調査レポートでは、獣医用・動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、獣医用・動物用ワクチンの世界市場動向、獣医用・動物用ワクチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別獣医用・動物用ワクチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の電解質分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解質分析装置市場2016について調査・分析し、電解質分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • お酢の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、お酢の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、お酢の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リグニン製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、リグニン製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リグニン製品の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はリグニン製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Borregaard LignoTech、Changzhou Shanfeng Chemical Industry、Domtar、GreenValue、Rayonier Advanced Materials等です。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概要 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・特 …
  • 中国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 高カルシウム血症治療の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ビスフォスフォネート、カルシトニン、グルココルチコイド、デノスマブ、カルシウム受容体刺激薬
  • 高耐熱複合材料の世界市場:PMC(高分子マトリックス複合材料)、CMC(セラミック基複合材料)、MMC(金属基複合材料)
    当調査レポートでは、高耐熱複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、温度別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャのオーソバイオロジクス市場見通し
  • フローディメンション動脈瘤治療の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フローディメンション動脈瘤治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローディメンション動脈瘤治療の世界市場規模及び予測、動脈瘤治療の進化、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用トースターの世界市場
    当調査レポートでは、業務用トースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用トースターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メンタリングソフトウェアの世界市場
    本資料は、メンタリングソフトウェアの世界市場について調べ、メンタリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オンプレミス、クラウドベース)分析、用途別(中所企業(SMEs)、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAllscripts、Agamatrix、Apple、Honeywell、Medtronic Minimed、Vivify Health、IHealth Labs 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メンタリングソフトウェアの世界市場概要 ・メンタリングソフトウェアの世界市場環境 ・メンタリングソフトウェアの世界市場動向 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:種類別(オンプレミス、クラウドベース) ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:用途別(中所企業(SMEs)、大企業) ・メンタリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メンタリングソフトウェアの北 …
  • 自動車用合金の世界市場:鋼合金、アルミ合金、マグネシウム合金
    当調査レポートでは、自動車用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 対IED(即席爆発装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、対IED(即席爆発装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、対IED(即席爆発装置)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、装置別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インバーターの世界市場2017-2021:モーター駆動インバーター、再生エネルギーインバーター、UPSインバーター
    当調査レポートでは、インバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のソーラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、中国のソーラーポンプ市場2015について調査・分析し、ソーラーポンプの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの関節鏡検査装置市場見通し
  • 敗血症治療薬の世界市場2019-2023
    敗血症は、微生物感染に対する人体の全身性炎症反応を指します。その結果、血流不全となり、臓器に損傷がおよびます。抗生物質および昇圧薬は、敗血症の治療に最も一般的に使用されている薬です。敗血症の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率5.41%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Akorn、Baxter、Fresenius、Novartis、Pfizerなどです。 当調査レポートでは、敗血症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、敗血症治療薬市場規模、製品別(抗菌療法、補助療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・敗血症治療薬の世界市場概要 ・敗血症治療薬の世界市場環境 ・敗血症治療薬の世界市場動向 ・敗血症治療薬の世界市場規模 ・敗血症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・敗血症治療薬の世界市場:製品別(抗菌療法、補助療法) ・敗血症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症治療薬の北米市場規模・予 …
  • 陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイスタイプ別(従来タイプ、単回使用NPWT、付属品)分析、創傷タイプ別(手術創傷・外傷、糖尿病性足病変、褥瘡(床ずれ)、静脈性下腿潰瘍、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、在宅医療)分析、陰圧創傷閉鎖法(NPWT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー加工機器の世界市場:製品タイプ別(オーブン&プルーフ、ミキサー、シーター&成形機、その他)、用途別(パン、ケーキ&ペストリー、クッキー&ビスケット、ピザクラスト、その他)
    本調査レポートでは、ベーカリー加工機器の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(オーブン&プルーフ、ミキサー、シーター&成形機、その他)分析、用途別(パン、ケーキ&ペストリー、クッキー&ビスケット、ピザクラスト、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ベーカリー加工機器の世界市場:製品タイプ別(オーブン&プルーフ、ミキサー、シーター&成形機、その他) ・ベーカリー加工機器の世界市場:用途別(パン、ケーキ&ペストリー、クッキー&ビスケット、ピザクラスト、その他) ・ベーカリー加工機器の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019について調査・分析し、熱間圧延リブ付きバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、熱間圧延リブ付きバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、熱間圧延リブ付きバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・熱間圧延リブ付きバーの市場概要 ・熱間圧延リブ付きバーの上流・下流市場分析 ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市 …
  • 遠隔リハビリテーションシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、遠隔リハビリテーションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遠隔リハビリテーションシステム市場規模、製品別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場概要 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場環境 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場動向 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場規模 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場:業界構造分析 ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場:製品別(ハードウェア、ソフトウェア) ・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・遠隔リハビリテーションシステムの北米市場規模・予測 ・遠隔リハビリテーションシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・遠隔リハビリテーションシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・遠隔リハビリテーションシステムの主要国分析 ・遠隔 …
  • 赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手動モータースタータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動モータースタータの世界市場について調査・分析し、手動モータースタータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動モータースタータシェア、市場規模推移、市場規模予測、手動モータースタータ種類別分析(DC型、AC型)、手動モータースタータ用途別分析(石油・ガス、水・排水処理、工業生産、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動モータースタータの市場概観 ・手動モータースタータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動モータースタータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動モータースタータの世界市場規模 ・手動モータースタータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動モータースタータのアメリカ市場規模推移 ・手動モータースタータのカナダ市場規模推移 ・手動モータースタータのメキシコ市場規模推移 ・手動モータースタータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動モータースタータのドイツ市場規模推移 ・手 …
  • 軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の概要 ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ポリオールの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ポリオールの世界市場について調査・分析し、ポリオールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ポリオールの世界市場:市場動向分析 - ポリオールの世界市場:競争要因分析 - ポリオールの世界市場:製品の種類別 ・ポリエステルポリオール ・ポリエーテルポリオール - ポリオールの世界市場:用途別 ・コーティング ・接着・封止め ・エラストマー ・ポリウレタン ・その他 - ポリオールの世界市場:エンドユーザー別 ・調剤 ・パーソナルケア ・フットウェア ・食品・飲料 ・電気・電子 ・輸送 ・建設 ・自動車 ・その他 - ポリオールの世界市場:主要地域別分析 - ポリオールの北米市場規模(アメリカ市場等) - ポリオールのヨーロッパ市場規模 - ポリオールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ポリオールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 光暗号化の世界市場:暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3)、データレート別(10G、40G、100G)、業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ)、地域別予測
    本資料は、光暗号化の世界市場について調べ、光暗号化の世界規模、市場動向、市場環境、暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3)分析、データレート別(10G、40G、100G)分析、業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・光暗号化の世界市場概要 ・光暗号化の世界市場環境 ・光暗号化の世界市場動向 ・光暗号化の世界市場規模 ・光暗号化の世界市場規模:暗号化層別(OTN・レイヤー1、MACsec・レイヤー2、IPsec・レイヤー3) ・光暗号化の世界市場規模:データレート別(10G、40G、100G) ・光暗号化の世界市場規模:業種別(BFSI、政府機関、ヘルスケア、データセンター・クラウド、エネルギー・ユーティリティ) ・光暗号化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・光暗号化の北米市場規模・予測 ・光暗号化のアメリカ市場 …
  • 骨関節炎用鎮痛剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場規模及び予測、剤形別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタカオリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタカオリン市場2015について調査・分析し、メタカオリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液検査およびフローサイトメトリー検査の世界市場:販売予測、企業分析
  • フォトレジストの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のネビラピン市場2016
    本調査レポートでは、世界のネビラピン市場2016について調査・分析し、ネビラピンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PMIフォーム及びその他の高性能フォームコア(HPFC)の世界市場:PMI(ポリメタクリルイミド)フォーム、PES(ポリエーテルスルホン)フォーム
    当調査レポートでは、PMIフォーム及びその他の高性能フォームコア(HPFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:イントロダクション ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:市場概観 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:セグメント別市場分析 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:主要地域別市場分析 ・バイオナノフォトニクス(生体光)の世界市場:関連企業分析
  • ロースト・グラウンドコーヒーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロースト・グラウンドコーヒーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロースト・グラウンドコーヒーの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"