"世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 6693)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Stringent regulations related to the treatment of industrial waste are driving the overall liquid filtration market.
The global liquid filtration market size is expected to grow from USD 2.1 billion in 2019 to USD 2.9 billion by 2024, at a CAGR of 6.5% during the forecast period. The market is driven by various factors, such as stringent regulations related to treatment of municipal and industrial waste, urbanization, and growing industrialization. However, the increasing use of renewable energy sources is expected to restrain the growth of the market.

The polymer segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.
Polymer is the fastest-growing segment of the liquid filtration market, by fabric material. Polymers have better physical properties compared to other fabric materials. They also have the strongest resistance against acids and elevated temperatures up to 300°F.

Nonwoven to be the fastest-growing filter media in the liquid filtration market during the forecast period
The liquid filtration industry has been segmented on the basis of type into three categories, namely, woven, nonwoven, and mesh. Nonwoven is the fastest-growing segment among these types. The nonwoven segment has been further segmented into needle felt, melt blown, and others. In 2018, needle felt filter media accounted for the largest market share owing to its good-strength elongation ratio and permeability characteristics.

The municipal treatment end-user is expected to account for the largest market share during the forecast period.
The municipal treatment involves the filtration process, where water filters are used to remove the suspended materials and unsettled floc from the water. Increasing global population and urbanization are resulting in high volumes of municipal wastewater. The regulations for the treatment of effluent water are also becoming stringent with time.

APAC is expected to register the highest growth during the forecast period.
APAC is expected to register the highest growth during the forecast period due to the increasing population and urbanization. The increasing developments in the municipal, food & beverage, metal & mining, chemical, and pharmaceutical industries in China, India, Japan, and Australia are providing huge growth opportunities for the liquid filtration market.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the liquid filtration market.

• By Company Type – Tier 1: 25%, Tier: 50%, and Tier 3: 25%
• By Designation – D Level: 30%, C Level: 20%, Others: 50%
• By Region – Europe: 30%, APAC: 25%, North America: 20%, South America: 15%, Middle East & Africa: 10%

The liquid filtration market comprises major players such as Ahlstrom-Munksjo (Finland), Lydall, Inc. (US), Valmet (Finland), Kimberly-Clark Corporation (US), Freudenberg Filtration Technologies (Germany), Clear Edge (US), Fibertex Nonwovens (Denmark), Hollingsworth & Vose (US), Johns Manville (US), Sefar AG (Switzerland), 3M (US), American Fabric Filter (US), Autotech Nonwovens (India), Berry Global, Inc. (US), Donaldson Filtration Solutions (US), Eagle Nonwovens Inc. (US), G. Bopp + Co. AG (Switzerland), GKD (Germany), Kavon Filter Products Co. (US), MANN+HUMMEL (Germany), Norafin Industries (Germany), Sandler AG (Germany), Schweitzer-Mauduit International, Inc. (US), TWE Group (Germany), and Yingkaimo Metal Net Co. (China). The study includes in-depth competitive analysis of these key players in the liquid filtration market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the liquid filtration market and its segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments such as fabric material, filter media, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall liquid filtration market and the sub-segments. The stakeholders will be able to understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders comprehend the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Liquid Filtration Market Analysis Through Primary Interviews
2.3.2 Liquid Filtration Market Analysis Through Secondary Sources
2.4 Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Liquid Filtration Market
4.2 Liquid Filtration Market, By Filter Media
4.3 Liquid Filtration Market, By Fabric Material
4.4 Liquid Filtration Market, By End User
4.5 Liquid Filtration Market, By Country
4.6 APAC Liquid Filtration Market, By End User and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Regulations Pertaining to Emission and Treatment of Industrial and Municipal Waste
5.2.1.2 Growing Industrialization and Urbanization
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Emerging Alternatives and Demand for Renewable Energy Sources
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in Wastewater Treatment Due to Depleting Freshwater Resources
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicator
5.4.1 Global GDP Trends and Forecasts
6 Liquid Filtration Market, By Fabric Material (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Polymer
6.2.1 Polymers Have Better Physical Properties Than Other Fabric Materials
6.3 Cotton
6.3.1 Cotton is an Environmentally Friendly Material and Does Not Cause Pollution
6.4 Metal
6.4.1 Metal is Suitable in High-Pressure and High-Temperature Conditions
7 Liquid Filtration Market, By Filter Media (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Woven
7.2.1 Monofilament
7.2.1.1 Flexibility is A Major Characteristic of Monofilament Filter Media
7.2.2 Multifilament
7.2.2.1 Multifilament Filter Media are Uv-Resistant and Can Be Customized According to Applications
7.3 Nonwoven
7.3.1 Melt Blown
7.3.1.1 Random Fiber Orientation and Low-To-Moderate Web Strength of Melt Blown are Boosting Their Demand
7.3.2 Needle Felt
7.3.2.1 Good Strength-Elongation Ratio and Permeability Characteristics are Making Needle Felt Suitable for Various Applications
7.3.3 Others
7.4 Mesh
7.4.1 Mesh is Extremely Chemical-Resistant
8 Liquid Filtration Market, By End User (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Municipal Treatment
8.2.1 Increasing Global Population and Urbanization are Resulting in High Municipal Waste
8.3 Industrial Treatment
8.3.1 Food & Beverage
8.3.1.1 Stringent Hygiene Standards in the Food & Beverage Industry are Boosting the Market
8.3.2 Metal & Mining
8.3.2.1 Steady Growth of the Metal & Mining Industry is Fueling the Growth of the Liquid Filtration Market
8.3.3 Chemical
8.3.3.1 Stringent Environmental Norms in the Industry are Creating New Challenges for the Chemical Companies
8.3.4 Pharmaceutical
8.3.4.1 Water Filtration is Crucial to Obtain High-Quality Products in This Segment
8.3.5 Others
9 Liquid Filtration Market, By Region (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 The Power Plants Sector is Expected to Generate Demand for Liquid Filter Media
9.2.2 India
9.2.2.1 Government Initiatives About Wastewater Recycling and the Development of the Power Generation Industry are Propelling the Market
9.2.3 Japan
9.2.3.1 The Development of the Food & Beverage and Pharmaceutical Industries is Driving the Market
9.2.4 Australia
9.2.4.1 Increased Demand From the Metal & Mining and Food & Beverage Industries is Driving the Market
9.2.5 Rest of APAC
9.3 North America
9.3.1 US
9.3.1.1 Presence of A Strong Food & Beverage Industry and Stringent Government Regulations Pertaining to Environmental Safety are Boosting the Market
9.3.2 Canada
9.3.2.1 An Increase in Investments in the Power Generation Industry is Favorable for Market Growth
9.3.3 Mexico
9.3.3.1 The Country has A Large Food & Beverage Industry, Which Generates High Demand for Filtration Systems
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Strong Industrial Base is Likely to Drive the Liquid Filtration Market in Germany
9.4.2 UK
9.4.2.1 Growth of the Chemical and Mining Industries is Expected to Spur the Market
9.4.3 France
9.4.3.1 Well-Developed Industrial Infrastructure is Expected to Lead the Market Growth
9.4.4 Russia
9.4.4.1 Increasing Industrial Output is Estimated to Drive the Market
9.4.5 Spain
9.4.5.1 The Food & Beverage Industry and Water Treatment Norms Will Drive the Market
9.4.6 Italy
9.4.6.1 Rapid Industrialization is Expected to Drive the Demand for Liquid Filtration
9.4.7 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Increasing Chemical and Mining Production is Expected to Spur the Demand for Liquid Filter Media
9.5.2 UAE
9.5.2.1 The UAE is One of the Most Water-Stressed Countries in the World
9.5.3 Qatar
9.5.3.1 The Metal & Mining and Chemical Industries are Expected to Lead the Liquid Filtration Market in Qatar
9.5.4 South Africa
9.5.4.1 The Food & Beverage and Mining Industries are Boosting the Market
9.5.5 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 With A Growing Industrial Sector, Brazil is A Lucrative Market for Liquid Filter Media
9.6.2 Chile
9.6.2.1 The Strong Growth of the Industrial Sector is Helping in the Market Growth
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 96)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Visionary Players
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Players
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Ranking of Key Players
10.6 Competitive Scenario
10.6.1 Investment & Expansion
10.6.2 Merger & Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 103)
11.1 Ahlstrom-Munksjo
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.2 Lydall, Inc.
11.3 Valmet
11.4 Kimberly-Clark Corporation
11.5 Freudenberg Filtration Technologies
11.6 Clear Edge
11.7 Fibertex Nonwovens
11.8 Hollingsworth & Vose
11.9 Johns Manville
11.10 Sefar AG
11.11 Other Companies
11.11.1 3M
11.11.2 American Fabric Filter
11.11.3 Autotech Nonwovens
11.11.4 Berry Global, Inc
11.11.5 Donaldson Filtration Solutions
11.11.6 Eagle Nonwovens, Inc
11.11.7 G. Bopp + Co. AG
11.11.8 GKD
11.11.9 Kavon Filter Products Co.
11.11.10 MANN+HUMMEL
11.11.11 Norafin Industries
11.11.12 Sandler AG
11.11.13 Schweitzer-Mauduit International, Inc
11.11.14 Twe Group
11.11.15 Yingkaimo Metal Net Co.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 123)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別
【発行日】2019年11月26日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 6693
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の電気計器市場2016
    本調査レポートでは、世界の電気計器市場2016について調査・分析し、電気計器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ストリーミングメディアデバイスの世界市場:メディア・ストリーマー、スマートTV、ゲーム機
    当調査レポートでは、ストリーミングメディアデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストリーミングメディアデバイスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動力器具付属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動力器具付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力器具付属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カロテノイドの世界市場分析:由来別(天然、合成)、製品別(ベータカロテン、ルテイン、リコペン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、カンタキサンチン)、用途別(食品、サプリメント、飼料、医薬品、化粧品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、カロテノイドの世界市場について調査・分析し、カロテノイドの世界市場動向、カロテノイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別カロテノイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血管内皮増殖因子B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管内皮増殖因子B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管内皮増殖因子B阻害剤の概要 ・血管内皮増殖因子B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管内皮増殖因子B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管内皮増殖因子B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管内皮増殖因子B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オートバイ用ABS装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用ABS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用ABS装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用ABS装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均36.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、ZF TRW、BWI Group、Honda Motor Group等です。
  • ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場について調査・分析し、バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場:セグメント別市場分析 ・バッテリ式電気自動車(BEV)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場分析:用途別(ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)、ポリウレタン、パーソナルケア・洗剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場について調査・分析し、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場動向、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別1,3プロパンジオール(PDO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • メキシコのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 送電・配電(T&D)インフラの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、送電・配電(T&D)インフラの世界市場について調査・分析し、送電・配電(T&D)インフラの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:セグメント別市場分析 ・送電・配電(T&D)インフラの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のテトラフルオロホウ酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界のテトラフルオロホウ酸亜鉛市場2015について調査・分析し、テトラフルオロホウ酸亜鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測(~2023年)
    カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場は、2018年の45億5,000万米ドルから2023年には98億4,000万米ドルに達し、16.70%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、先進材料、電子装置・半導体、化学品・ポリマー、電池・コンデンサー、エネルギー、航空宇宙・防衛、医療などの用途からの需要の高まりが考えれられます。カーボンナノチューブの固有の機械的性質は上記の用途に適しています。また剛性、強度、および靱性においても、通常ほかの繊維素材はこれらの特性のうちの1つ以上を欠きますが、カーボンナノチューブは独自の組み合わせを有しています。一方で、市場の成長は、カーボンナノチューブのコスト構造、加工の難しさ、および炭化ケイ素ナノチューブ(SiCNT)といった代替品の入手可能性の影響を受けます。当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ(単層、多層)分析、手法(化学気相成長法、触媒化学気相成長法、高圧 …
  • グルテンフリー食品・飲料の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品・飲料の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・グルテンフリー食品・飲料の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・グルテンフリー食品・飲料の世界市場:セグメント別市場分析 ・グルテンフリー食品・飲料の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論および提言
  • 住宅用セキュリティシステムの世界市場:セキュリティカメラ、電子・スマートロック、センサ・感知器、アラーム、セキュリティソリューション、DIY
    当調査レポートでは、住宅用セキュリティシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用セキュリティシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光ファイバー・ビームエクスパンダ市場2015
    本調査レポートでは、世界の光ファイバー・ビームエクスパンダ市場2015について調査・分析し、光ファイバー・ビームエクスパンダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニードルフリーIVコネクターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ニードルフリーIVコネクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ニードルフリーIVコネクター市場規模、最終用途別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場概要 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場環境 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場動向 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場規模 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:業界構造分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:最終用途別(病院、在宅医療、その他) ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ニードルフリーIVコネクターのアメリカ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのアジア市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターの主要国分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:意思 …
  • ペーパータオルディスペンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペーパータオルディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペーパータオルディスペンサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人材管理(HCM)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、人材管理(HCM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人材管理(HCM)市場規模、種類別(タイプI、タイプII)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、その他)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、展開モデル別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(政府、IT・通信、ヘルスケア・ライフサイエンス、輸送・物流、銀行・金融サービス・保険)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 人材管理(HCM)の世界市場:市場動向分析 ・ 人材管理(HCM)の世界市場:競争要因分析 ・ 人材管理(HCM)の世界市場:種類別(タイプI、タイプII) ・ 人材管理(HCM)の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、その他) ・ 人材管理(HCM)の世界市場:組織規模別(中小企業、大企業) ・ 人材管理(HCM)の世界市場:展開モデル別(クラウド、オンプレミス) ・ 人材管理(HCM)の世界市場:エンドユー …
  • 自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車リコンフィグラブル・インストルメント・クラスター(ダッシュボード)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気絶縁体の世界市場予測(~2023年):セラミック、ガラス、複合材
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電気絶縁体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(セラミック、ガラス、複合材)分析、電圧(低、中、高)分析、カテゴリ(ブッシング)分析、エンドユーザー(ユーティリティ、工業)分析、電気絶縁体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • RegTech (レグテック)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RegTech (レグテック)の世界市場について調べ、RegTech (レグテック)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RegTech (レグテック)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はRegTech (レグテック)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RegTech (レグテック)の市場状況 ・RegTech (レグテック)の市場規模 ・RegTech (レグテック)の市場予測 ・RegTech (レグテック)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・RegTech (レグテック)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • オランダの末梢血管用装置市場見通し
  • TVアナリティクスの世界市場予測(~2023年):ケーブルテレビ、衛星TV・DTH、IPTV、オーバーザトップ(OTT)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、TVアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、放送技術別(ケーブルテレビ、衛星TV・DTH、IPTV、オーバーザトップ(OTT))分析、用途別(顧客ライフタイム管理、コンテンツ開発、競合インテリジェンス、キャンペーン管理)分析、TVアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場2016-2020:遠隔操作自撮り棒、有線式自撮り棒、Bluetooth自撮り棒
    当調査レポートでは、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はセキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARJO Systems、Gemalto、Josanti Infoimaging、OT-Morpho等です。
  • 法人向け秘書サービスの世界市場:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)、地域別予測
    本資料は、法人向け秘書サービスの世界市場について調べ、法人向け秘書サービスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)分析、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTMF Group、PwC、Deloitte、Vistra、Mazars Group、KPMG、Ecovisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・法人向け秘書サービスの世界市場概要 ・法人向け秘書サービスの世界市場環境 ・法人向け秘書サービスの世界市場動向 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス) ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関) ・法人向け秘書サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • こびりつき防止フライパンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、こびりつき防止フライパンの世界市場について調査・分析し、こびりつき防止フライパンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別こびりつき防止フライパンシェア、市場規模推移、市場規模予測、こびりつき防止フライパン種類別分析(PTFE系、セラミック系)、こびりつき防止フライパン用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・こびりつき防止フライパンの市場概観 ・こびりつき防止フライパンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・こびりつき防止フライパンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・こびりつき防止フライパンの世界市場規模 ・こびりつき防止フライパンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・こびりつき防止フライパンのアメリカ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのカナダ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのメキシコ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・こびりつき防 …
  • 世界のカンファレンスカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のカンファレンスカメラ市場2015について調査・分析し、カンファレンスカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力発電の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、風力発電の世界市場について調査・分析し、風力発電の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 風力発電の世界市場:市場動向分析 - 風力発電の世界市場:競争要因分析 - 風力発電の世界市場:用途別 ・産業 ・住居 ・商用 ・その他 - 風力発電の世界市場:主要地域別分析 - 風力発電の北米市場規模(アメリカ市場等) - 風力発電のヨーロッパ市場規模 - 風力発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・風力発電の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 産業用バーコードスキャナーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用バーコードスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用バーコードスキャナー市場規模、技術別(2Dイメージャー、レーザースキャナー、リニアイメージャー)分析、製品別(モバイルコンピューター、手持ち式スキャナー、リングスキャナー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場概要 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場環境 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場動向 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場規模 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場:業界構造分析 ・産業用バーコードスキャナーの世界市場:技術別(2Dイメージャー、レーザースキャナー、リニアイメージャー) ・産業用バーコードスキャナーの世界市場:製品別(モバイルコンピューター、手持ち式スキャナー、リングスキャナー) ・産業用バーコードスキャナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用バーコードスキャナー …
  • 世界の自動車ブレーキ・プロポーショニングバルブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車ブレーキ・プロポーショニングバルブ市場2015について調査・分析し、自動車ブレーキ・プロポーショニングバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場分析:製品別(基本配電ユニット、計量配電ユニット、インテリジェント配電ユニット)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場について調査・分析し、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場動向、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンターラック配電ユニット(PDU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場について調査・分析し、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • イギリスの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • デジタルプリント壁紙の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルプリント壁紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、基材別分析、印刷技術別分析、需要先別分析、地域別分析、デジタルプリント壁紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性粉末の世界市場予測:調理済み粉末、特殊粉末
    当調査レポートでは、機能性粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、機能性粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフサイエンス分析の世界市場予測(~2021):種類別(記述的、処方的)、用途別、構成要素別、提供方法別、需要先別
    当調査レポートでは、ライフサイエンス分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、航空機種類別分析、接続性別分析、需要先別分析、フィット別分析、ライフサイエンス分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リファビッシュ(再生)医療機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リファビッシュ(再生)医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リファビッシュ(再生)医療機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、ハイブリッド、プライベート、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、保険者、ライフサイエンス)分析、ヘルスケアにおけるマイクロサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのデータセンターコロケーション市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのデータセンターコロケーション市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのデータセンターコロケーション市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MRI装置の北米市場
  • 遺伝子検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遺伝子検査市場規模、技術別(生化学検査、細胞遺伝検査)分析、疾患別(アルツハイマー病、嚢胞性線維症、ハンチントン病、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、鎌状赤血球貧血、腫瘍・がん、サラセミア、特殊疾患、その他)分析、タイプ別(予測的検査・発症前検査、キャリア検査、遺伝子発現検査、法医学検査、新生児検査・出生前検査、分子遺伝学的検査・DNA検査、タンデム質量分析、高速液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー・質量分析、その他)分析、検体別(唾液、毛髪、血液、腫瘍、その他)分析、用途別(癌遺伝子検査、既定の遺伝子検査、ファーマコゲノミクス遺伝子検査、遺伝性腫瘍関連検査、消費者直結型(DTC)遺伝子検査、神経疾患検査、筋ジストロフィー症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・ 遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・ 遺伝子検査 …
  • 自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品市場規模、種類別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場概要 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場環境 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場動向 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場規模 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場:業界構造分析 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場:種類別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、その他) ・自動 …
  • 臨床化学用分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、臨床化学用分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床化学用分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)市場規模、製品種類別(従来型ヘッドレスト、アクティブヘッドレスト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場概要 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場環境 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場動向 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場規模 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場:製品種類別(従来型ヘッドレスト、アクティブヘッドレスト) ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ヘッドレストレイント(ヘッドレスト)のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場:フロアタイル、壁タイル
    当調査レポートでは、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ティムットペッパーの世界市場2018-2022
    ティムットペッパーは、ネパールに自生する希少な唐辛子の一つです。破裂したような形の種子で、グレープフルーツのような香りを持つ刺激的な辛味を特徴としています。ティムットペッパーの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Natural Resources Industries、Organic farm Nepal、Satya International、Speciality Cooking Supplies、Spice Ace、Spice Mountain、Terre Exotique、Thiercelin- Health is good for youなどです。 当調査レポートでは、ティムットペッパーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティムットペッパー市場規模、用途別(食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ティムットペッパーの世界市場概要 …
  • 航空機用照明の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、航空機用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、フィット別分析、航空機種類別分析、照明種類別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"