"世界の画像診断サービス市場:処置別(MRI、超音波、X線、CT、核イメージング(SPECT、PET)、マンモグラフィ)、用途別(OB / Gyn、整形外科、腫瘍学、血管、神経学)、エンドユーザー別(病院、イメージングセンター)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7453)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の画像診断サービス市場:処置別(MRI、超音波、X線、CT、核イメージング(SPECT、PET)、マンモグラフィ)、用途別(OB / Gyn、整形外科、腫瘍学、血管、神経学)、エンドユーザー別(病院、イメージングセンター)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The diagnostic imaging services market is projected to grow at a CAGR of 5.1% during the forecast period.
The diagnostic imaging services market is projected to reach USD 693.4 billion by 2024 from USD 539.7 billion in 2019, at a CAGR of 5.1% from 2019 to 2024. The major factors driving the growth of this market include the rapidly growing geriatric population and the subsequent increase in the prevalence of associated diseases and growing awareness about early disease detection and the widening scope of clinical applications. On the other hand, factors such as the high cost of diagnostic imaging systems and the low reimbursement structure for outpatient imaging facilities are likely to restrain the growth of the diagnostic imaging services market to a certain extent in the coming years.

On the basis of modality, X-ray accounted for the largest share of the diagnostic imaging services market in 2018.
Diagnostic imaging services make use of different modalities for the diagnosis and detection of various medical conditions, such as neurology, dentistry, oncology, cardiovascular, and mammography. The key modalities used for providing these services include X-ray imaging, computed tomography, ultrasound, MRI, nuclear imaging, and mammography. In 2018, the x-ray segment accounted for the largest share of the diagnostic imaging services market. The key factors driving the growth of this market include the rising geriatric population, lower cost of X-rays as compared to other imaging modalities, favorable returns on investments, and technological advancements in X-ray imaging systems.

The neurology segment accounted for the largest share of the MRI services market in 2018.
Based on application, the MRI services market is segmented into neurology, orthopedics, cardiovascular, pelvic & abdomen, and oncology. The neurology segment accounted for the largest share of the MRI services market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the aggressive R&D activities in neuroscience, favorable federal initiatives, and the growing incidence of brain injuries.

The Asia Pacific market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period.
The diagnostic imaging services market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the RoW. In 2018, North America commanded the largest share of the global diagnostic imaging service market. However, the Asia Pacific market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period primarily due to the improving healthcare infrastructure, rising investments in diagnostic imaging, improving reimbursement scenario, and the growing insurance coverage in several APAC countries.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 26%, Director-level – 30%, and Others – 44%
• By Region: North America- 34%, Europe – 26%, APAC – 23%, and RoW – 17%

The major players in the market includes RadNet, Inc. (US), Sonic Healthcare (Australia), Dignity Health (US), Novant Health (US), Alliance Medical (UK), InHealth Group (UK), Medica Group (UK), Global Diagnostics (Australia), and Healthcare Imaging Services Pty Ltd. (Australia), among others.

Research Coverage
This research report categorizes the diagnostic imaging services market, by modality, application, end user, and region. The report also studies factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges affecting market growth. It also provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micro markets concerning individual growth trends, and it also forecasts the revenue of the market segments for four main regions.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views. It also analyzes the competitive landscape; and high-growth countries along with their respective drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の画像診断サービス市場:処置別(MRI、超音波、X線、CT、核イメージング(SPECT、PET)、マンモグラフィ)、用途別(OB / Gyn、整形外科、腫瘍学、血管、神経学)、エンドユーザー別(病院、イメージングセンター)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Methodology Steps
2.2 Secondary and Primary Research Methodology
2.2.1 Secondary Research
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Research
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Service-Based Market Estimation
2.3.2 Primary Research Validation
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions and Limitations
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Global Diagnostic Imaging Services Market Overview
4.2 Diagnostic Imaging Services Market, By Modality
4.3 Diagnostic Imaging Services Market, By End User(USD Billion)
4.4 Diagnostic Imaging Services Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rapidly Growing Geriatric Population and the Subsequent Increase in the Prevalence of Associated Diseases
5.2.1.2 Growing Awareness About Early Disease Detection and the Widening Scope of Clinical Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Diagnostic Imaging Systems
5.2.2.2 Low Reimbursement Structure for Outpatient Imaging Facilities
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Adoption of Artificial Intelligence and Blockchain in Diagnostic Imaging Settings
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Trained Professionals
5.3 Industry Trends
5.3.1 Growing Preference for Outpatient Imaging Centers
5.3.2 Growing Adoption of Refurbished Diagnostic Imaging Systems in Outpatient Imaging Centers
5.3.3 Increasing Adoption of Teleradiology
5.4 Burning Issues
5.4.1 Overutilization of Diagnostic Imaging Services
5.5 Pricing Analysis for Imaging Scans, By Geography (2018)
5.6 Reimbursement Scenario in the US
5.6.1 Commercial Reimbursement: Diagnostic Imaging Services
6 Diagnostic Imaging Services Market, By Modality (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Magnetic Resonance Imaging
6.2.1 MRI Scans Offer Accurate Disease Staging and Effective Response to the Treatment of Various Chronic Conditions
6.2.1.1 MRI Services Market Split, By Application
6.2.1.2 MRI Services Market Split, By End User
6.3 Ultrasound
6.3.1 Increasing Prevalence of Target Diseases & Development of POC Ultrasound Systems to Support Market Growth
6.3.1.1 Ultrasound Services Market Split, By Application
6.3.1.2 Ultrasound Services Market Split, By End User
6.4 Computed Tomography
6.4.1 Increasing Incidence of CVD is Driving the Demand for This Imaging Modality
6.4.1.1 CT Services Market Split, By Application
6.4.1.2 CT Services Market Split, By End User
6.5 X-Ray Imaging
6.5.1 Lower Cost of X-Ray Imaging as Compared to Other Imaging Modalities to Support Market Growth
6.5.1.1 X-Ray Imaging Services Market Split, By Application
6.5.1.2 X-Ray Imaging Services Market Split, By End User
6.6 Nuclear Imaging
6.6.1 Uncertain Reimbursement Scenario in Emerging Countries for PET Scans to Hamper Market Growth
6.6.1.1 Nuclear Imaging Services Market Split, By Application
6.6.1.2 Nuclear Imaging Services Market Split, By End User
6.7 Mammography
6.7.1 Increasing Incidence of Breast Cancer to Drive Market Growth
6.7.1.1 Mammography Services Market Split, By End User
7 Diagnostic Imaging Services Market, By Application (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Magnetic Resonance Imaging Services
7.2.1 Neurology
7.2.1.1 Growing Incidence of Brain Injuries to Support Market Growth
7.2.2 Orthopedics
7.2.2.1 MRI is the Most Common Imaging Method for the Diagnosis and Prognosis of Musculoskeletal Disorders
7.2.3 Cardiovascular
7.2.3.1 MRI is Among the Safest and Most-Reproducible Noninvasive Methods for Obtaining High-Resolution Images of the Vascular System
7.2.4 Pelvic & Abdomen
7.2.4.1 Rising Cases of Kidney Stones Among Individuals to Support Market Growth
7.2.5 Oncology
7.2.5.1 Rising Prevalence of Cancer and Increasing Awareness About Early Cancer Screening are Key Market Drivers
7.3 Ultrasound Services
7.3.1 Obstetrics & Gynecology
7.3.1.1 Growing Number of Maternity Centers and Diagnostic Clinics Across the Globe to Support Market Growth
7.3.2 Cardiovascular
7.3.2.1 The Growing Prevalence of Lifestyle and Age-Related Disorders to Aid Market Growth
7.3.3 Urology
7.3.3.1 Increasing Incidence of Urological Disorders to Support Market Growth
7.3.4 Neurology
7.3.4.1 Increasing Incidence of Neuromuscular Disorders to Contribute to Market Growth
7.3.5 Orthopedics
7.3.5.1 The Use of Ultrasound in Orthopedics Does Not Involve the Use of Harmful Ionizing Radiations
7.3.6 Other Ultrasound Applications
7.4 Computed Tomography Services
7.4.1 Cardiovascular
7.4.1.1 The Increasing Availability of Cardiac CT Devices in Imaging Centers of Mature Markets to Propel Market Growth
7.4.2 Oncology
7.4.2.1 Increasing Incidence of Cancer to Propel Market Growth
7.4.3 Neurology
7.4.3.1 High Prevalence of Target Diseases to Support Market Growth
7.4.4 Other CT Applications
7.5 X-Ray Imaging Services
7.5.1 General Radiography
7.5.1.1 Rising Prevalence of Lung Diseases to Drive Market Growth
7.5.2 Dentistry
7.5.2.1 High Prevalence of Dental Disorders to Drive the Growth of This Application Segment
7.5.3 Fluoroscopy
7.5.3.1 Increasing Application of Fluoroscopy in Pain Management to Support Market Growth
7.6 Nuclear Imaging Services
7.6.1 Cardiovascular
7.6.1.1 High Prevalence of CVD and Increasing Awareness About the Benefits of Early Detection of Cardiovascular Complications to Drive Market Growth
7.6.2 Oncology
7.6.2.1 The Ability of Nuclear Imaging Systems to Distinguish Between Benign and Malignant Tumors Helps Physicians in Efficient Diagnosis and Decision-Making
7.6.3 Neurology
7.6.3.1 Nuclear Imaging Techniques Provide Structural as Well as Functional Information About the Brain
7.6.4 Other Nuclear Imaging Applications
7.7 Mammography Services
7.7.1 Rising Incidence of Breast Cancer to Aid the Adoption of Mammography Services
8 Diagnostic Imaging Services Market, By End User (Page No. – 85)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Large Number of Diagnostic Imaging Procedures Performed in Hospitals to Drive Market Growth
8.3 Diagnostic Imaging Centers
8.3.1 Budgetary Constraints to Limit the Adoption of Diagnostic Imaging Systems in This End-User Segment
8.4 Ambulatory Care Centers
8.4.1 Growing Number of Ambulatory Care Centers to Support Market Growth
8.5 Research & Academia
8.5.1 Increase in Clinical Applications & Research is Likely to Add Momentum in This Market
9 Diagnostic Imaging Services Market, By Region (Page No. – 90)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 A Large Number of Diagnostic Imaging Procedures/Scans are Performed in the US Annually
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Dearth of Radiologists and Long Wait Time for Scans are the Major Challenges in the Canadian Market
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Dominates the European Market
9.3.2 UK
9.3.2.1 The UK Shows High Demand for Diagnostic Imaging, Counter-Balanced By High National Waiting Times for Scanning Procedures
9.3.3 France
9.3.3.1 High Incidence of Alzheimer’s and Other Diseases, Along With France’s Robust Healthcare System, Will Drive Market Growth
9.3.4 RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Government Initiatives and Investments Along With Rapidly Growing Geriatric Population to Support Market Growth in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Fast Adoption of Advanced Technologies, as Well as Investments and Innovations By Key Market Players, Will Lead to Growth in the Number of Procedures
9.4.3 India
9.4.3.1 Uncertainties in Healthcare Policies and Poor Medical Insurance Coverage Will Restrict the Growth of the Market in India
9.4.4 RoAPAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Growing Geriatric Population and Rising Disease Incidence have Attracted Market Players to Latam Countries
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Improvements in Healthcare Systems to Support Market Growth in the Middle East
10 Competitive Landscape (Page No. – 123)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Acquisitions and Joint Ventures
10.3.2 Agreements
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Competitive Leadership Mapping: Major Market Players (2018)
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 127)
(Business overview, Products offered, Recent developments)*
11.1 Radnet, Inc.
11.2 Sonic Healthcare
11.3 Dignity Health
11.4 Novant Health
11.5 Alliance Medical (A Part of Dubai International Capital)
11.6 Inhealth Group
11.7 Medica Group
11.8 Global Diagnostics
11.9 Healthcare Imaging Services Pty Ltd.
11.10 Concord Medical Services Holdings Limited
11.11 Center for Diagnostic Imaging, Inc.
11.12 Unilabs
11.13 Healius Limited
11.14 Simonmed Imaging
11.15 Canada Diagnostic Centres
*Business overview, Products offered, Recent developments analysis might not be captured in case of unlisted companies.
12 Appendix (Page No. – 151)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の画像診断サービス市場:処置別(MRI、超音波、X線、CT、核イメージング(SPECT、PET)、マンモグラフィ)、用途別(OB / Gyn、整形外科、腫瘍学、血管、神経学)、エンドユーザー別(病院、イメージングセンター)
【発行日】2019年11月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7453
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の画像診断サービス市場:処置別(MRI、超音波、X線、CT、核イメージング(SPECT、PET)、マンモグラフィ)、用途別(OB / Gyn、整形外科、腫瘍学、血管、神経学)、エンドユーザー別(病院、イメージングセンター)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヨーロッパ主要国の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 救急機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、救急機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、救急機の世界市場規模及び予測、サービス別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テニスラケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テニスラケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テニスラケットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用垂直離着陸機(VTOL機)の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食物アレルゲン検査の世界市場
    当調査レポートでは、食物アレルゲン検査の世界市場について調査・分析し、食物アレルゲン検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食物アレルゲン検査の世界市場:市場動向分析 - 食物アレルゲン検査の世界市場:競争要因分析 - 食物アレルゲン検査の世界市場:製品別 ・ベビーフード ・パン&菓子製品 ・飲料 ・インスタント食品 ・乳製品 ・加工食品 ・シーフード&肉製品 - 食物アレルゲン検査の世界市場:技術別 ・バイオセンサーをベースとするもの ・免疫測定法をベースとするもの/ELISA(酵素免疫測定法) ・PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)をベースとするもの ・その他 - 食物アレルゲン検査の世界市場:原因別 ・卵 ・魚 ・牛乳 ・ナッツ ・ピーナッツ&大豆 ・甲殻類 ・ツリーナッツ ・小麦 ・グルテン - 食物アレルゲン検査の世界市場:主要地域別分析 - 食物アレルゲン検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食物アレルゲン検査のヨーロッパ市場規模 - 食物アレルゲン検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場 …
  • アンダーフィルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アンダーフィルの世界市場について調査・分析し、アンダーフィルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アンダーフィルシェア、市場規模推移、市場規模予測、アンダーフィル種類別分析(半導体用、基板レベル)、アンダーフィル用途別分析(産業エレクトロニクス、防衛・航空宇宙エレクトロニクス、家電、自動車エレクトロニクス、医療エレクトロニクス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アンダーフィルの市場概観 ・アンダーフィルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アンダーフィルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アンダーフィルの世界市場規模 ・アンダーフィルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アンダーフィルのアメリカ市場規模推移 ・アンダーフィルのカナダ市場規模推移 ・アンダーフィルのメキシコ市場規模推移 ・アンダーフィルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アンダーフィルのドイツ市場規模推移 ・アンダーフィルのイギリ …
  • タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場について調査・分析し、タッキファイヤー(粘着付与剤)のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場について調べ、ワイヤレスメッシュネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 分析、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場概要 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場環境 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場動向 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:エ …
  • 世界の非イオン性セルロースエーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の非イオン性セルロースエーテル市場2015について調査・分析し、非イオン性セルロースエーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 塩化カルシウムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、塩化カルシウムの世界市場について調査・分析し、塩化カルシウムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 塩化カルシウムの世界市場:市場動向分析 - 塩化カルシウムの世界市場:競争要因分析 - 塩化カルシウムの世界市場:用途別 建設 産業工程 ドリル溶液 除氷 塵埃コントロール その他の用途 - 塩化カルシウムの世界市場:製品別 プリル94% 液体等級 フレーク94% フレーク77% ペレット94% - 塩化カルシウムの世界市場:主要地域別分析 - 塩化カルシウムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 塩化カルシウムのヨーロッパ市場規模 - 塩化カルシウムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・塩化カルシウムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のBGDMA市場2016
    本調査レポートでは、世界のBGDMA市場2016について調査・分析し、BGDMAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUV光安定剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のUV光安定剤市場2015について調査・分析し、UV光安定剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キーボードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キーボードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーボードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用クラッチの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用クラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用クラッチの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯電話ベース認証の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、携帯電話ベース認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯電話ベース認証の世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防衛産業における燃料電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、防衛産業における燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、防衛産業における燃料電池の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は防衛産業における燃料電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Protonex• Ultracell• Neah Power Systems• General Motors• SFC Energy等です。
  • 電気薬学/生体電気薬の世界市場:心臓ペースメーカー、人工内耳、脊髄刺激器、植込み型除細動器、脳深部刺激器
    当調査レポートでは、電気薬学/生体電気薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、デバイス種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、環境試験市場規模、用途別(空気試験、水質試験、土壌試験)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ALS, AsureQuality, Bureau Veritas, Eurofins Scientific, Intertek Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・環境試験の世界市場概要 ・環境試験の世界市場環境 ・環境試験の世界市場動向 ・環境試験の世界市場規模 ・環境試験の世界市場:業界構造分析 ・環境試験の世界市場:用途別(空気試験、水質試験、土壌試験) ・環境試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・環境試験の北米市場規模・予測 ・環境試験のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・環境試験のアジア太平洋市場規模・予測 ・環境試験の主要国分析 ・環境試験の世界市場:意思決定フレームワーク ・環境試験の世界市場:成長要因、課題 ・環境試験の世界市場:競争環境 ・ …
  • 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場分析:タイプ別(伏在静脈グラフト、内部胸部動脈グラフト)、手術手順別、技術別(オンポンプCABG、オフポンプCABG)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場について調査・分析し、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場動向、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別冠動脈バイパス術(CABG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のシイタケ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシイタケ市場2015について調査・分析し、シイタケの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用複合材料の世界市場2017-2021:ガラス繊維、天然繊維
    当調査レポートでは、建設用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用複合材料の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機照明の世界市場予測(~2022年):室内照明、エクステリア照明
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、航空機種類別分析、照明種類別分析、システム別分析、地域別分析、航空機照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品増粘剤の世界市場2014-2025:製品別(スターチ、親水コロイド、タンパク質)、用途別(製パン、製菓、飲料、乳製品)、地域別
    本調査レポートでは、食品増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品増粘剤の世界市場動向、食品増粘剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品増粘剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の信号機市場2015
    本調査レポートでは、世界の信号機市場2015について調査・分析し、信号機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ableton、Cakewalk 、PreSonus Audio Electronics 、Steinberg Media Technologies 等です。
  • 月経カップの世界市場2020-2024
    「月経カップの世界市場2020-2024」は、月経カップについて市場概要、市場規模、製品別(再利用可能月経カップ、使い捨て月経カップ)分析、流通チャンネル別(小売、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・月経カップの世界市場:製品別(再利用可能月経カップ、使い捨て月経カップ) ・月経カップの世界市場:流通チャンネル別(小売、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の帯状疱疹市場2019
    本調査レポートでは、世界の帯状疱疹市場2019について調査・分析し、帯状疱疹の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、帯状疱疹のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、帯状疱疹メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・帯状疱疹の市場概要 ・帯状疱疹の上流・下流市場分析 ・帯状疱疹のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のヨー …
  • カンナビノイド受容体タイプ1アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカンナビノイド受容体タイプ1アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンナビノイド受容体タイプ1アゴニストの概要 ・カンナビノイド受容体タイプ1アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のカンナビノイド受容体タイプ1アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カンナビノイド受容体タイプ1アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カンナビノイド受容体タイプ1アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 戦闘機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、戦闘機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、戦闘機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冠動脈ステントの世界市場分析:製品別(ベアメタルステント、薬物溶出ステント、生体吸収性血管スキャフォールド)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場動向、冠動脈ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別冠動脈ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場:技術別(イオン交換 – 疎水性、ヒドロキシアパタイト)、最終用途別(医薬品・バイオテクノロジー)、セグメント予測
    ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場は2025年には1億3030万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モノクローナル抗体の分離におけるクロマトグラフィー樹脂の使用の増加、医薬品製造受託機関(CMO)と医薬品開発受託機関(CRO)の増加が考えられます。本調査レポートでは、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場について調査・分析し、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場動向、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場規模、市場予測、セグメント別ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の農業用膜市場2016
    本調査レポートでは、世界の農業用膜市場2016について調査・分析し、農業用膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飛行機の飛行制御システムの世界市場:コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、、タイプ別(商用固定翼、軍用固定翼、軍用UAV、回転翼)、技術別(フライバイワイヤー、パワーバイワイヤー、油圧機械式、デジタルフライバイワイヤー)、エンドユーザー別(ラインフィット、レトロフィット)、プラットフォーム別(固定翼、回転翼)、地域別予測
    本資料は、飛行機の飛行制御システムの世界市場について調べ、飛行機の飛行制御システムの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、分析、タイプ別(商用固定翼、軍用固定翼、軍用UAV、回転翼)分析、技術別(フライバイワイヤー、パワーバイワイヤー、油圧機械式、デジタルフライバイワイヤー)分析、エンドユーザー別(ラインフィット、レトロフィット)分析、プラットフォーム別(固定翼、回転翼)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飛行機の飛行制御システムの世界市場概要 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場環境 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場動向 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場規模 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場規模:コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、 ・飛行機の飛 …
  • アルミダイカスト機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミダイカスト機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミダイカスト機械市場規模、製品別(HPDC、LPDC、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミダイカスト機械の世界市場概要 ・アルミダイカスト機械の世界市場環境 ・アルミダイカスト機械の世界市場動向 ・アルミダイカスト機械の世界市場規模 ・アルミダイカスト機械の世界市場:業界構造分析 ・アルミダイカスト機械の世界市場:製品別(HPDC、LPDC、その他) ・アルミダイカスト機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミダイカスト機械のアメリカ市場規模・予測 ・アルミダイカスト機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルミダイカスト機械のアジア市場規模・予測 ・アルミダイカスト機械の主要国分析 ・アルミダイカスト機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・アルミダイカスト機械の世界市場:成長要因、課題 ・アルミダイカスト機械の世界市場:競争環境 …
  • ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリマー改質セメント系コーティング市場規模、用途別(住居、インフラ)分析、ポリマー種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Arkema Group, Akzo Nobel, BASF, DowDuPont, Sikaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場概要 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場環境 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場動向 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場規模 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場:業界構造分析 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場:用途別(住居、インフラ) ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場:ポリマー種類別 ・ポリマー改質セメント系コーティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリマー改質セメント系 …
  • 土壌水分センサの世界市場:石膏ブロック、GMS、テンシオメーター、プローブ、静電容量センサ、TDT
    当調査レポートでは、土壌水分センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、土壌水分センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油貯蔵の世界市場展望(~2020):石油貯蔵ターミナル容量および投資予測
  • ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場:製品・サービス別(試薬・アッセイ、キット、器具、消耗品・付属品、ソフトウェア)、用途別(標的同定・バリデーション、一次・二次スクリーニング、毒性評価、その他)、エンドユーザー別(製薬会社・バイオテクノロジー企業、学術・政府機関、CRO、その他)、地域別予測
    本資料は、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場について調べ、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(試薬・アッセイ、キット、器具、消耗品・付属品、ソフトウェア)分析、用途別(標的同定・バリデーション、一次・二次スクリーニング、毒性評価、その他)分析、エンドユーザー別(製薬会社・バイオテクノロジー企業、学術・政府機関、CRO、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場概要 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場環境 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場動向 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場規模 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場規模:製品・サービス別(試薬・アッセイ、キット、器具、消耗品・付属品、ソフトウェア) ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市 …
  • ロボット手術システムの世界市場:器具・アクセサリー、システム、サービス
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボット手術システムの世界市場について調べ、ロボット手術システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボット手術システムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(器具・アクセサリー、システム、サービス)、用途別(婦人科、一般手術、泌尿器科、心臓手術、その他)、エンドユーザー別(病院、ASC))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はロボット手術システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロボット手術システムの市場状況 ・ロボット手術システムの市場規模 ・ロボット手術システムの市場予測 ・ロボット手術システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(器具・アクセサリー、システム、サービス) ・市場セグメンテーション:用途別(婦人科、一般手術、泌尿器科、心臓手術、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院、ASC) …
  • 世界の平面検出器市場2016
    本調査レポートでは、世界の平面検出器市場2016について調査・分析し、平面検出器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陸上移動無線(LMR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、陸上移動無線(LMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陸上移動無線(LMR)の世界市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素生成の世界市場:水蒸気メタン改質、部分酸化、石炭気化、水電解
    当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・ワイヤレスセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 桂皮油の世界市場:タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他)、用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品)、地域別予測
    本資料は、桂皮油の世界市場について調べ、桂皮油の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他)分析、用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNew Health Group Inc、Young Living Essential Oils、Floracopeia、Mountain Rose Herbs、Bulk Apothecary、Plant Therapy、Eden Botanicals、Piping Rock、The Plant Guru、Sun Essential Oils、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・桂皮油の世界市場概要 ・桂皮油の世界市場環境 ・桂皮油の世界市場動向 ・桂皮油の世界市場規模 ・桂皮油の世界市場規模:タイプ別(セイロン産シナモン、中国産シナモン、その他) ・桂皮油の世界市場規模:用途別(医療、アロマテラピー、パーソナルケア用品) …
  • 電気泳動システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電気泳動システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気泳動システム市場規模、技術別(ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Bio-Rad Laboratories, GENERAL ELECTRIC, Lonza, Merck KGaA, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気泳動システムの世界市場概要 ・電気泳動システムの世界市場環境 ・電気泳動システムの世界市場動向 ・電気泳動システムの世界市場規模 ・電気泳動システムの世界市場:業界構造分析 ・電気泳動システムの世界市場:技術別(ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動) ・電気泳動システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気泳動システムの北米市場規模・予測 ・電気泳動システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気泳動シ …
  • 化粧品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭酸ジエチル(DEC)市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸ジエチル(DEC)市場2016について調査・分析し、炭酸ジエチル(DEC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー(パン類)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベーカリー(パン類)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベーカリー(パン類)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 潜水艦の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潜水艦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 潜水艦とは、国家の海上警備に必要不可欠と考えられており、攻撃・防衛両方の目的で使用されます。潜水艦は高いアジリティとステルス能力を持つように設計されており、ミサイルや水雷といった強力な武器を搭載しています。Technavio社は潜水艦の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• General Dynamics• Saab• DCNS• DSME• Huntington Ingalls Industries 等です。
  • 高純度石英の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高純度石英の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高純度石英市場規模、エンドユーザー別(半導体、ソーラー、照明、光学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高純度石英の世界市場概要 ・高純度石英の世界市場環境 ・高純度石英の世界市場動向 ・高純度石英の世界市場規模 ・高純度石英の世界市場:業界構造分析 ・高純度石英の世界市場:エンドユーザー別(半導体、ソーラー、照明、光学、その他) ・高純度石英の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高純度石英の北米市場規模・予測 ・高純度石英のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高純度石英のアジア太平洋市場規模・予測 ・高純度石英の主要国分析 ・高純度石英の世界市場:意思決定フレームワーク ・高純度石英の世界市場:成長要因、課題 ・高純度石英の世界市場:競争環境 ・高純度石英の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"