"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7450)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Force sensor market to grow at CAGR of 5.5% during 2019–2024”
The force sensor market is projected to grow from USD 1.8 billion in 2019 to USD 2.3 billion by 2024, at a CAGR of 5.5%. Rising demand for industrial robots and growing safety features in automotive are the key factors driving the growth of the force sensor market.

“Manufacturing applications to hold largest size of force sensor market during forecast period”
The market for manufacturing applications is expected to hold the largest size during the forecast period. The industrial sector includes manufacturing and process industries such as semiconductor, automotive, and aerospace & defense. The large-scale implementation of sensors across various industries for the purpose of generating data and monitoring facilities are expected to offer lucrative growth opportunities in this application.

“Piezoelectric force sensor to hold largest share of force sensor market in 2019”
Piezoelectric force sensor is expected to hold the largest share of the market in 2019. Piezoelectric sensors detect changes in pressure, acceleration, temperature, strain, and force and convert the acquired data to an electrical charge. Hence, it is mostly used in applications involving flex motions, touch, vibrations, and shock measurement. Piezoelectric sensors are used in various industries, such as healthcare, aerospace, and consumer electronics, as well as nuclear instrumentation.

“APAC to dominate force sensor market in 2019”
APAC would dominate the force sensor market in 2019. APAC has huge growth potential for the force sensor market. The growth of the market in this region can be attributed to the tremendous growth of automotive, food & beverages, manufacturing, and bulk material handling industries in emerging economies such as China, Japan, India, and South Korea. China is a key contributor to the growth of the force sensor market in APAC owing to its huge industrial and manufacturing sectors.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the force sensor market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1= 35%, Tier 2 = 45%, and Tier 3 =20%
• By Designation: C-level Executives =35%, Directors =25%, Others = 40%
• By Region: North America = 45%, Europe = 20%, APAC = 30%, and RoW = 5%

METTLER TOLEDO (US), Spectris (US), Flintec (Sweden), Vishay Precision Group (US), Honeywell (US), Gefran (Germany), Siemens (Germany), TE Connectivity (Switzerland), Senata Technologies (US), Kistler (Switzerland), BCM Sensor Technologies (Belgium), Baumer Group (Switzerland), Tekscan (US), Lorrenz Messtechnik (Germany), Futek Advanced Sensor Technology (US), Taiwan Alpha Electronic (Taiwan), Texas Instruments (US), ABB (Switzerland), Uneo (Taiwan), and Priamus System Technologies (Switzerland) are a few major companies dominating the force sensor market.

Research Coverage:
This research report categorizes the global force sensor market based on application, operation, force type, technology, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the force sensor industry and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the force sensors market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product development and launch, partnership, and merger.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Inclusions and Exclusions
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Interviews With Experts
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.1.3.3 Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in Force Sensor Market
4.2 Market in Europe, By Country and Application
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Operation
4.5 Market, By Force Type
4.6 Market, By Technology
4.7 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Industrial Robots
5.2.1.2 Growing Developments in Iiot
5.2.1.3 Growing Safety Features in Automobiles
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complex Manufacturing Process of Load Cell
5.2.2.2 Price Competitive Market
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increased Adoption of Force Sensors in Consumer Goods and Wearables
5.2.3.2 Growing Popularity of Piezoelectric Devices for Power Generation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Regulatory Barriers
6 Force Sensor Market, By Application (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Manufacturing
6.2.1 Automobile Component Manufacturers Striving to Bring Innovation in Industry With Optimum Production Plan of Manufacturing Highest Quality Automobiles and Spare Parts
6.3 Energy & Power
6.3.1 Piezoelectric Force Sensors That are Capable of Detecting Both Compressive and Tension Force are Popular in Energy & Power Applications
6.4 Pharmacuticals
6.4.1 Honeywell (US) is A Dominant Company in Pharmaceuticals Market
6.5 Chemicals
6.5.1 Moisture-Proof and Chemical-Resistant Strain Gauges are Used for Monitoring Applications
6.6 Oil & Gas
6.6.1 Load Monitoring System Used in Oil & Gas Industry Provides Accurate Measurements of Load and Can Be Customized to Meet Client Requirements
6.7 Mining
6.7.1 Safety is of Utmost Importance in Mining Companies
6.8 Others
7 Force Sensor Market, By Operation (Page No. – 68)
7.1 Introduction
7.2 Analog
7.2.1 Analog Load Cells Use Strain Gauge to Measure Strain Or Compression
7.3 Digital
7.3.1 Digital Load Cell Uses Surface Acoustic Wave to Measure Load
8 Force Sensor Market, By Force Type (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Compression
8.2.1 Applications of Compression-Based Force Sensors are Based on Force Type
8.3 Tension
8.3.1 Materials Research, Tensile Testing, and Rope and Wire Tension Measurement, Among Others, are Major Applications of Tension-Based Force Sensors
8.4 Compression and Tension
8.4.1 Kistler A Dominant Vendor in Piezoelectric Force Sensor Market
9 Force Sensor Market, By Technology (Page No. – 78)
9.1 Introduction
9.2 Piezoelectric Force Sensor
9.2.1 Acquired Data Can Be Converted to Electrical Charge By Piezoelectric Sensors
9.3 Strain Gauge
9.3.1 Strain Gauge is Capable of Detecting Force, Pressure, Tension, and Weight
9.4 Load Cell
9.4.1 Load Cell Generates Electrical Signals on Applying Force
9.5 Capacitive Force Sensor
9.5.1 Capacitive Sensors are Capable of High-Resolution Measurement of Position Or Change in Position of Any Conductive Target
9.6 Magnetoelastic Force Sensor
9.6.1 Magnetoelastic Force Sensor Commercially Viable Options Than Strain Gauge
9.7 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 90)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 North American Manufacturing Sector Dependent on Dominant US Economy
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada Dominated By Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Significant Increase in Automation in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 UK Homes Largest Number of Load Monitoring Companies
10.3.2 France
10.3.2.1 Growth of Industrial Manufacturing in France Aided By Higher Margins, Improved Economic Outlook, and Better Financing Conditions
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Vehicle Manufacturers in Germany have Higher Demand for Load Monitoring Systems
10.3.4 Rest of Europe
10.3.4.1 Presence of Highly Advanced Technologies and Rising Number of Manufacturing Facilities Support Adoption of Force Sensors
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Rapid Industrial Manufacturing Growth in China Driven By Increasing Demand for Consumer Products
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Automotive Industry of Japan Among Prominent Industries Across the World
10.4.3 Rest of APAC
10.4.3.1 Increasing Demand for Load Monitoring Systems Due to Rapid Industrialization and Urbanization
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Government Support for Industrial Development in South America to Increase Foreign Investments
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Increasing Demand for Force Sensors in Oil & Gas Industry for Worker’s Safety and Smooth Operations
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Agriculture and Automotive Market in Africa Gaining Pace and Driving Need for Advanced Manufacturing and Processing Facilities
11 Competitive Landscape (Page No. – 109)
11.1 Introduction
11.2 Ranking Analysis of Players in Force Sensor Market
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Strength of Product Portfolio (26 Companies)
11.5 Business Strategy Excellence (26 Companies)
11.6 Competitive Scenario
11.6.1 Product Launches and Developments
11.6.2 Mergers
11.6.3 Partnerships, Collaborations, Alliances, and Joint Ventures
12 Company Profiles (Page No. – 119)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Mettler Toledo
12.1.2 Spectris
12.1.3 Flintec
12.1.4 Vishay Precision Group
12.1.5 Honeywell
12.1.6 Gefran
12.1.7 Siemens
12.1.8 TE Connectivity
12.1.9 Sensata Technologies
12.1.10 Kistler
12.1.11 Bcm Sensor Technologies
12.1.12 Baumer Group
12.1.13 Tekscan
12.1.14 Lorrenz Messtechnik GmbH
12.1.15 Futek Advanced Sensor Technology
12.2 Other Players
12.2.1 Taiwan Alpha Electronic.
12.2.2 Texas Instruments
12.2.3 ABB
12.2.4 Uneo
12.2.5 Priamus System Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 149)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別
【発行日】2019年11月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7450
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • デジタルサイネージの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルサイネージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルサイネージ市場規模、用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他)分析、製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AU Optronics, Daktronics, HP, Panasonic, SAMSUNG ELECTRONICSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルサイネージの世界市場概要 ・デジタルサイネージの世界市場環境 ・デジタルサイネージの世界市場動向 ・デジタルサイネージの世界市場規模 ・デジタルサイネージの世界市場:業界構造分析 ・デジタルサイネージの世界市場:用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他) ・デジタルサイネージの世界市場:製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・デジタルサイネージの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルサイネージの …
  • 世界のオンライン広告市場:検索、ディスプレイ、モバイル、RTBソーシャルネットワーキング、ビデオ
  • スペインの股関節再建市場動向(~2021)
  • イギリスの麻酔器市場動向(~2021)
  • 実験室オートメーションの世界市場予測
    当調査レポートでは、実験室オートメーションの世界市場について調査・分析し、実験室オートメーションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・実験室オートメーションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・実験室オートメーションの世界市場:セグメント別市場分析 ・実験室オートメーションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のラマンスペクトロスコピー市場2016
    本調査レポートでは、世界のラマンスペクトロスコピー市場2016について調査・分析し、ラマンスペクトロスコピーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のペンディメタリン市場2015
    本調査レポートでは、中国のペンディメタリン市場2015について調査・分析し、ペンディメタリンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の体外式除細動器市場(~2021)
  • 世界の亜麻糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜麻糸市場2015について調査・分析し、亜麻糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の概要 ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋肉消耗疾患(Muscle Wasting Disorde …
  • 石灰岩の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石灰岩の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石灰岩市場規模、エンドユーザー別(建設、工業生産、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石灰岩の世界市場概要 ・石灰岩の世界市場環境 ・石灰岩の世界市場動向 ・石灰岩の世界市場規模 ・石灰岩の世界市場:業界構造分析 ・石灰岩の世界市場:エンドユーザー別(建設、工業生産、農業、その他) ・石灰岩の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石灰岩の北米市場規模・予測 ・石灰岩のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石灰岩のアジア太平洋市場規模・予測 ・石灰岩の主要国分析 ・石灰岩の世界市場:意思決定フレームワーク ・石灰岩の世界市場:成長要因、課題 ・石灰岩の世界市場:競争環境 ・石灰岩の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中電圧モーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中電圧モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中電圧モーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 中電圧モーターは、出力範囲が25MWから75MWで駆動するモーターです。中電圧モーターは、様々な生産工程において非常に有益です。具体例としては、器具の負荷を下げ、騒音レベルを下げ、炭素放出量を下げ、エンドユーザーの工程の管理を容易にし、機械的なメンテナンスを最小限に抑え、有害業務を容易にすることが挙げられます。Technavio社は中電圧モーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• WEG• GE• TOSHIBA• TECO-Westinghouse 等です。
  • 3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の世界市場予測2019-2024
    「3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、MOPA ≥99.0%、MOPA ≥99.5%、その他など、用途別には、Dyes (Disperse Blue 60)、Pharmaceutical Intermediates、Corrosion Inhibitor、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。3-メトキシプロピルアミン (MOPA)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の世界市場概要(サマリー) ・3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の企業別販売量・売上 ・3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の企業別市場シェア ・3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の世界市場規模:種類別(MOPA ≥99.0%、MOPA ≥99.5%、その他) ・3-メトキシプロピルアミン (MOPA)の世界市場規模:用途別(Dyes ( …
  • ヒトインスリンの世界市場:ヒトインスリン薬、ヒトインスリン・デリバリーデバイス
    当調査レポートでは、ヒトインスリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、薬別分析、種類別分析、デリバリーデバイス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の感染症検査市場動向(~2021)
  • パウチ包装機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パウチ包装機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パウチ包装機械市場規模、製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パウチ包装機械の世界市場概要 ・パウチ包装機械の世界市場環境 ・パウチ包装機械の世界市場動向 ・パウチ包装機械の世界市場規模 ・パウチ包装機械の世界市場:業界構造分析 ・パウチ包装機械の世界市場:製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械) ・パウチ包装機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パウチ包装機械の北米市場規模・予測 ・パウチ包装機械のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・パウチ包装機械のアジア太平洋市場規模・予測 ・パウチ包装機械の主要国分析 ・パウチ包装機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・パウチ包装機械の世界市場:成長要因、課題 ・パウチ包装機械の世界市場:競争環境 ・パウチ包装機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 軍用回転翼航空機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、軍用回転翼航空機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍用回転翼航空機市場規模、種類別(攻撃型ヘリコプター、海上ヘリコプター、多任務ヘリコプター、偵察用ヘリコプター、訓練用ヘリコプター、輸送用ヘリコプター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 軍用回転翼航空機の世界市場:市場動向分析 ・ 軍用回転翼航空機の世界市場:競争要因分析 ・ 軍用回転翼航空機の世界市場:種類別(攻撃型ヘリコプター、海上ヘリコプター、多任務ヘリコプター、偵察用ヘリコプター、訓練用ヘリコプター、輸送用ヘリコプター) ・ 軍用回転翼航空機の世界市場:主要地域別分析 ・ 軍用回転翼航空機の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 軍用回転翼航空機のヨーロッパ市場規模 ・ 軍用回転翼航空機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・軍用回転翼航空機の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場2014-2025:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 照明器具用安定器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、照明器具用安定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、照明器具用安定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリアクリルアミドの世界市場予測(~ 2021):アニオン性ポリアクリルアミド、カチオンポリアクリルアミド、非イオン性ポリアクリルアミド
    当調査レポートでは、ポリアクリルアミドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ポリアクリルアミドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラーフリーザーの世界市場2017-2021:医療、商用、軍事、家庭用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ソーラーフリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラーフリーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はソーラーフリーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CONNEXA ENERGY、EcoSolarCool、SunDanzer、Unique Off-Grid Appliances等です。
  • 産業用潤滑剤の世界市場分析:製品別(プロセスオイル、一般オイル、金属加工用オイル、エンジンオイル)、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、産業用潤滑剤の世界市場動向、産業用潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電子カルテの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、電子カルテの世界市場について調査・分析し、電子カルテの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子カルテの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子カルテの世界市場:セグメント別市場分析 ・電子カルテの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 実験室用ガラス製器具およびプラスチック製器具の世界市場:ピペット、フラスコ、容器、ペトリ皿、スライド、ビーカー、ラック、収納箱
    当調査レポートでは、実験室用ガラス製器具およびプラスチック製器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウインタースポーツ用品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ウインタースポーツ用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウインタースポーツ用品市場規模、用途別(スキー、アイスホッケー、スノーボード、フィギュアスケート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウインタースポーツ用品の世界市場概要 ・ウインタースポーツ用品の世界市場環境 ・ウインタースポーツ用品の世界市場動向 ・ウインタースポーツ用品の世界市場規模 ・ウインタースポーツ用品の世界市場:業界構造分析 ・ウインタースポーツ用品の世界市場:用途別(スキー、アイスホッケー、スノーボード、フィギュアスケート) ・ウインタースポーツ用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウインタースポーツ用品の北米市場規模・予測 ・ウインタースポーツ用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ウインタースポーツ用品のアジア太平洋市場規模・予測 ・ウインタースポーツ用品の主要国分析 ・ウインタースポーツ用品の世界市場:意思決定フレー …
  • 重症虚血肢(Critical Limb Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の概要 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 生体認証式POS端末の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生体認証式POS端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体認証式POS端末の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型ロケットランチャーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、携帯型ロケットランチャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯型ロケットランチャーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はシグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BAE Systems、Elbit Systems、General Dynamics、Northrop Grumman、Saab等です。
  • 中心血管アクセス装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、中心血管アクセス装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・中心血管アクセス装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・中心血管アクセス装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・中心血管アクセス装置の製品パイプライン分析 ・中心血管アクセス装置の治験動向 ・主要企業分析 ・中心血管アクセス装置の世界市場規模予測 ・中心血管アクセス装置の地域別市場規模予測
  • プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の概要 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 鉄スクラップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鉄スクラップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄スクラップの世界市場規模及び予測、種類別分析、ソース別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺内視鏡検査機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肺内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肺内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用スリーパーチェア市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用スリーパーチェア市場2015について調査・分析し、医療用スリーパーチェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 梅毒(Syphilis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、梅毒(Syphilis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・梅毒(Syphilis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・梅毒(Syphilis)のフェーズ3治験薬の状況 ・梅毒(Syphilis)治療薬の市場規模(販売予測) ・梅毒(Syphilis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・梅毒(Syphilis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の梅毒(Syphilis)治療薬剤
  • ボクシング用品の世界市場2017-2021:ボクシンググローブ、防具、トレーニング器具
    当調査レポートでは、ボクシング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボクシング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のO-アニシジン市場2016
    本調査レポートでは、世界のO-アニシジン市場2016について調査・分析し、O-アニシジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場について調査・分析し、ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヘキサメチレンジイソシアネートシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヘキサメチレンジイソシアネート種類別分析()、ヘキサメチレンジイソシアネート用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの市場概観 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの世界市場規模 ・ヘキサメチレンジイソシアネートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヘキサメチレンジイソシアネートのアメリカ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのカナダ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのメキシコ市場規模推移 ・ヘキサメチレンジイソシアネートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ガラス状タイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガラス状タイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラス状タイルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冷媒市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 世界のテレビ・ビデオサービス市場: 地上波、衛星、ケーブル、IPTV、DVD、ブルーレイ、VoD
  • アメリカの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • 断熱クーラーの世界市場予測2019-2024
    「断熱クーラーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、乾式空気冷却器、液体クーラーなど、用途別には、Industrial、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。断熱クーラーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・断熱クーラーの世界市場概要(サマリー) ・断熱クーラーの企業別販売量・売上 ・断熱クーラーの企業別市場シェア ・断熱クーラーの世界市場規模:種類別(乾式空気冷却器、液体クーラー) ・断熱クーラーの世界市場規模:用途別(Industrial、Commercial) ・断熱クーラーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・断熱クーラーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・断熱クーラーの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・断熱クーラーの中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・断熱クーラー市場の成長 …
  • 農業用カメラ・監視システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業用カメラ・監視システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用カメラ・監視システム市場規模、種類別(屋内農園向け、屋外農園向け)分析、用途別(極暑、灌漑不足、水過剰、過剰栽培、不適当施肥、その他)分析、エンドユーザー別(業務用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:市場動向分析 ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:競争要因分析 ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:種類別(屋内農園向け、屋外農園向け) ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:用途別(極暑、灌漑不足、水過剰、過剰栽培、不適当施肥、その他) ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:エンドユーザー別(業務用、家庭用) ・ 農業用カメラ・監視システムの世界市場:主要地域別分析 ・ 農業用カメラ・監視システムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 農業用カメラ・監視システムのヨーロッパ市場規模 …
  • ポリ尿素の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポリ尿素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリ尿素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリ尿素の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Covestro、Huntsman、PPG Industries、The Sherwin-Williams等です。
  • シンガポールのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • セラミックファイバーの世界市場:RCF、多結晶繊維、生体内耐久性繊維
    当調査レポートでは、セラミックファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックファイバーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RTDティーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、RTDティーの世界市場について調査・分析し、RTDティーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別RTDティーシェア、市場規模推移、市場規模予測、RTDティー種類別分析(ガラス製ボトル、PETボトル、缶、その他)、RTDティー用途別分析(オントレード、オフトレード)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・RTDティーの市場概観 ・RTDティーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・RTDティーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・RTDティーの世界市場規模 ・RTDティーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・RTDティーのアメリカ市場規模推移 ・RTDティーのカナダ市場規模推移 ・RTDティーのメキシコ市場規模推移 ・RTDティーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・RTDティーのドイツ市場規模推移 ・RTDティーのイギリス市場規模推移 ・RTDティーのロシア市場規模推移 ・RTDティーのアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • 世界主要国における冷蔵・冷凍ショーケース市場2018-2023
    本調査レポートでは、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場について調査・分析し、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(冷蔵タイプ、冷凍タイプ)、用途別市場規模(飲料、食品、医療、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・冷蔵・冷凍ショーケースの世界市場概要 ・冷蔵・冷凍ショーケースの企業別市場シェア ・冷蔵・冷凍ショーケースの地域別市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの種類別市場規模(冷蔵タイプ、冷凍タイプ) ・冷蔵・冷凍ショーケースの用途別市場規模(飲料、食品、医療、その他) ・冷蔵・冷凍ショーケースの主要企業分析 ・冷蔵・冷凍ショーケースの北米市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの米国市場規模 ・冷蔵・冷凍ショーケースの南米市場規模 ・冷蔵・ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"