"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7450)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Force sensor market to grow at CAGR of 5.5% during 2019–2024”
The force sensor market is projected to grow from USD 1.8 billion in 2019 to USD 2.3 billion by 2024, at a CAGR of 5.5%. Rising demand for industrial robots and growing safety features in automotive are the key factors driving the growth of the force sensor market.

“Manufacturing applications to hold largest size of force sensor market during forecast period”
The market for manufacturing applications is expected to hold the largest size during the forecast period. The industrial sector includes manufacturing and process industries such as semiconductor, automotive, and aerospace & defense. The large-scale implementation of sensors across various industries for the purpose of generating data and monitoring facilities are expected to offer lucrative growth opportunities in this application.

“Piezoelectric force sensor to hold largest share of force sensor market in 2019”
Piezoelectric force sensor is expected to hold the largest share of the market in 2019. Piezoelectric sensors detect changes in pressure, acceleration, temperature, strain, and force and convert the acquired data to an electrical charge. Hence, it is mostly used in applications involving flex motions, touch, vibrations, and shock measurement. Piezoelectric sensors are used in various industries, such as healthcare, aerospace, and consumer electronics, as well as nuclear instrumentation.

“APAC to dominate force sensor market in 2019”
APAC would dominate the force sensor market in 2019. APAC has huge growth potential for the force sensor market. The growth of the market in this region can be attributed to the tremendous growth of automotive, food & beverages, manufacturing, and bulk material handling industries in emerging economies such as China, Japan, India, and South Korea. China is a key contributor to the growth of the force sensor market in APAC owing to its huge industrial and manufacturing sectors.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the force sensor market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1= 35%, Tier 2 = 45%, and Tier 3 =20%
• By Designation: C-level Executives =35%, Directors =25%, Others = 40%
• By Region: North America = 45%, Europe = 20%, APAC = 30%, and RoW = 5%

METTLER TOLEDO (US), Spectris (US), Flintec (Sweden), Vishay Precision Group (US), Honeywell (US), Gefran (Germany), Siemens (Germany), TE Connectivity (Switzerland), Senata Technologies (US), Kistler (Switzerland), BCM Sensor Technologies (Belgium), Baumer Group (Switzerland), Tekscan (US), Lorrenz Messtechnik (Germany), Futek Advanced Sensor Technology (US), Taiwan Alpha Electronic (Taiwan), Texas Instruments (US), ABB (Switzerland), Uneo (Taiwan), and Priamus System Technologies (Switzerland) are a few major companies dominating the force sensor market.

Research Coverage:
This research report categorizes the global force sensor market based on application, operation, force type, technology, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the force sensor industry and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the force sensors market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product development and launch, partnership, and merger.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Inclusions and Exclusions
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Interviews With Experts
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.1.3.3 Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in Force Sensor Market
4.2 Market in Europe, By Country and Application
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Operation
4.5 Market, By Force Type
4.6 Market, By Technology
4.7 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Industrial Robots
5.2.1.2 Growing Developments in Iiot
5.2.1.3 Growing Safety Features in Automobiles
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complex Manufacturing Process of Load Cell
5.2.2.2 Price Competitive Market
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increased Adoption of Force Sensors in Consumer Goods and Wearables
5.2.3.2 Growing Popularity of Piezoelectric Devices for Power Generation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Regulatory Barriers
6 Force Sensor Market, By Application (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Manufacturing
6.2.1 Automobile Component Manufacturers Striving to Bring Innovation in Industry With Optimum Production Plan of Manufacturing Highest Quality Automobiles and Spare Parts
6.3 Energy & Power
6.3.1 Piezoelectric Force Sensors That are Capable of Detecting Both Compressive and Tension Force are Popular in Energy & Power Applications
6.4 Pharmacuticals
6.4.1 Honeywell (US) is A Dominant Company in Pharmaceuticals Market
6.5 Chemicals
6.5.1 Moisture-Proof and Chemical-Resistant Strain Gauges are Used for Monitoring Applications
6.6 Oil & Gas
6.6.1 Load Monitoring System Used in Oil & Gas Industry Provides Accurate Measurements of Load and Can Be Customized to Meet Client Requirements
6.7 Mining
6.7.1 Safety is of Utmost Importance in Mining Companies
6.8 Others
7 Force Sensor Market, By Operation (Page No. – 68)
7.1 Introduction
7.2 Analog
7.2.1 Analog Load Cells Use Strain Gauge to Measure Strain Or Compression
7.3 Digital
7.3.1 Digital Load Cell Uses Surface Acoustic Wave to Measure Load
8 Force Sensor Market, By Force Type (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Compression
8.2.1 Applications of Compression-Based Force Sensors are Based on Force Type
8.3 Tension
8.3.1 Materials Research, Tensile Testing, and Rope and Wire Tension Measurement, Among Others, are Major Applications of Tension-Based Force Sensors
8.4 Compression and Tension
8.4.1 Kistler A Dominant Vendor in Piezoelectric Force Sensor Market
9 Force Sensor Market, By Technology (Page No. – 78)
9.1 Introduction
9.2 Piezoelectric Force Sensor
9.2.1 Acquired Data Can Be Converted to Electrical Charge By Piezoelectric Sensors
9.3 Strain Gauge
9.3.1 Strain Gauge is Capable of Detecting Force, Pressure, Tension, and Weight
9.4 Load Cell
9.4.1 Load Cell Generates Electrical Signals on Applying Force
9.5 Capacitive Force Sensor
9.5.1 Capacitive Sensors are Capable of High-Resolution Measurement of Position Or Change in Position of Any Conductive Target
9.6 Magnetoelastic Force Sensor
9.6.1 Magnetoelastic Force Sensor Commercially Viable Options Than Strain Gauge
9.7 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 90)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 North American Manufacturing Sector Dependent on Dominant US Economy
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada Dominated By Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Significant Increase in Automation in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1.1 UK Homes Largest Number of Load Monitoring Companies
10.3.2 France
10.3.2.1 Growth of Industrial Manufacturing in France Aided By Higher Margins, Improved Economic Outlook, and Better Financing Conditions
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Vehicle Manufacturers in Germany have Higher Demand for Load Monitoring Systems
10.3.4 Rest of Europe
10.3.4.1 Presence of Highly Advanced Technologies and Rising Number of Manufacturing Facilities Support Adoption of Force Sensors
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Rapid Industrial Manufacturing Growth in China Driven By Increasing Demand for Consumer Products
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Automotive Industry of Japan Among Prominent Industries Across the World
10.4.3 Rest of APAC
10.4.3.1 Increasing Demand for Load Monitoring Systems Due to Rapid Industrialization and Urbanization
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Government Support for Industrial Development in South America to Increase Foreign Investments
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Increasing Demand for Force Sensors in Oil & Gas Industry for Worker’s Safety and Smooth Operations
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Agriculture and Automotive Market in Africa Gaining Pace and Driving Need for Advanced Manufacturing and Processing Facilities
11 Competitive Landscape (Page No. – 109)
11.1 Introduction
11.2 Ranking Analysis of Players in Force Sensor Market
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Strength of Product Portfolio (26 Companies)
11.5 Business Strategy Excellence (26 Companies)
11.6 Competitive Scenario
11.6.1 Product Launches and Developments
11.6.2 Mergers
11.6.3 Partnerships, Collaborations, Alliances, and Joint Ventures
12 Company Profiles (Page No. – 119)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Mettler Toledo
12.1.2 Spectris
12.1.3 Flintec
12.1.4 Vishay Precision Group
12.1.5 Honeywell
12.1.6 Gefran
12.1.7 Siemens
12.1.8 TE Connectivity
12.1.9 Sensata Technologies
12.1.10 Kistler
12.1.11 Bcm Sensor Technologies
12.1.12 Baumer Group
12.1.13 Tekscan
12.1.14 Lorrenz Messtechnik GmbH
12.1.15 Futek Advanced Sensor Technology
12.2 Other Players
12.2.1 Taiwan Alpha Electronic.
12.2.2 Texas Instruments
12.2.3 ABB
12.2.4 Uneo
12.2.5 Priamus System Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 149)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別
【発行日】2019年11月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7450
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の力センサー市場:用途別、技術別(圧電力センサー、ひずみゲージ、ロードセル、容量性力センサー、磁気弾性力センサー)、操作別、力種類別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 反応モニタリングの世界市場予測(~2022年):分光法、クロマトグラフィー、熱量測定法、滴定法、XRD
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、反応モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、モード別分析、需要先別分析、地域別分析、反応モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、デバイス種類別(ウェアラブル、埋め込み可能)分析、コンポーネント別(ディスプレイ、アプリケーションプロセッサ、メモリ、電気機械、インターフェース、センサー)分析、用途別(医療、フィットネス&スポーツ、セキュリティ、軍事)分析、ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ボディエリアネットワーク(BAN)の世界市場規模が2019年91億万ドルから2024年158億万ドルまで年平均11.7%成長すると予測しています。
  • 有機質肥料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、有機質肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機質肥料市場規模、用途別(果物・野菜、穀類、油料種子・豆類、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有機質肥料の世界市場概要 ・有機質肥料の世界市場環境 ・有機質肥料の世界市場動向 ・有機質肥料の世界市場規模 ・有機質肥料の世界市場:業界構造分析 ・有機質肥料の世界市場:用途別(果物・野菜、穀類、油料種子・豆類、その他) ・有機質肥料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機質肥料の北米市場規模・予測 ・有機質肥料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・有機質肥料のアジア太平洋市場規模・予測 ・有機質肥料の主要国分析 ・有機質肥料の世界市場:意思決定フレームワーク ・有機質肥料の世界市場:成長要因、課題 ・有機質肥料の世界市場:競争環境 ・有機質肥料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BioStar Renewables、Co …
  • ポリエステルポリオールの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ポリエステルポリオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエステルポリオールの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリエステルポリオールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Huntsman International、INVISTA、Purinova、SEHOTECH、Stepan Company等です。
  • オゾン発生装置の世界市場
    当調査レポートでは、オゾン発生装置の世界市場について調査・分析し、オゾン発生装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オゾン発生装置の世界市場:市場動向分析 - オゾン発生装置の世界市場:競争要因分析 - オゾン発生装置の世界市場:技術別 ・コロナ放電(CD)によるオゾン生成 ・低温プラズマによるオゾン生成 - オゾン発生装置の世界市場:用途別 ・水産養殖 ・研究所設備 ・医療用 ・持ち運び可能な水処理 ・半導体 ・スイミングプール ・廃水処理 - オゾン発生装置の世界市場:産業別 ・自動車 ・建設 ・ヘルスケア ・エネルギー&公益事業 ・食品&飲料 ・製造 ・その他 - オゾン発生装置の世界市場:主要地域別分析 - オゾン発生装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - オゾン発生装置のヨーロッパ市場規模 - オゾン発生装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・オゾン発生装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 骨肉腫(Osteosarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨肉腫(Osteosarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨肉腫(Osteosarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬剤
  • 自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場予測(~2023年):ABC eゲート、ABCキオスク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、プロアントシアニジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来別(クランベリー、グレープシード、パインバーク)分析、用途別(医薬品・栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品、機能性食品・飲料)分析、種類別(タイプA・タイプB)分析、プロアントシアニジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プロアントシアニジンの世界市場規模が2019年198百万ドルから2025年280百万ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 産業用スケール抑制剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用スケール抑制剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スケール抑制剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュールチラーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、モジュールチラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(空冷、水冷)分析、用途別(商業、産業、住宅)分析、モジュールチラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、モジュールチラーの世界市場規模が2019年26億万ドルから2024年35億万ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 医療用カートの世界市場
    当調査レポートでは、医療用カートの世界市場について調査・分析し、医療用カートの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医療用カートの世界市場:市場動向分析 - 医療用カートの世界市場:競争要因分析 - 医療用カートの世界市場:製品別 ・医療用カート/ワークステーション ・壁掛け式ワークステーション ・医療用収納コラム、キャビネット、付属品 ・移動可能なコンピューター・ワークステーション/カート ・医薬品用カート - 医療用カートの世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・在宅看護および長期的治療センター ・医師のオフィスまたはクリニック ・その他 - 医療用カートの世界市場:主要地域別分析 - 医療用カートの北米市場規模(アメリカ市場等) - 医療用カートのヨーロッパ市場規模 - 医療用カートのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医療用カートの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • グリーン・バイオ溶剤の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 自動車用複合材料の世界市場予測2016-2026
  • 運動維持手術の世界市場:人工椎間板、人工腰椎板、椎間スペーサー
    当調査レポートでは、運動維持手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、運動維持手術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイドロゲルドレッシングのヨーロッパ市場2020-2024
  • 膝用パッドの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、膝用パッドの世界市場について調べ、膝用パッドの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、膝用パッドの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個々、産業用)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は膝用パッドの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・膝用パッドの市場状況 ・膝用パッドの市場規模 ・膝用パッドの市場予測 ・膝用パッドの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(個々、産業用) ・膝用パッドの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 食品安全性検査の世界市場動向・予測:従来式技術、簡易型検査、PCRベース検査、イムノアッセイベース検査
  • アイスクリームの世界市場
    当調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイスクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機用シートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用シートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用シート市場規模、航空機別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機)分析、キャビンクラス別(エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aviointeriors, Geven, JAMCO, Rockwell Collins (B/E Aerospace), Zodiac Aerospaceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用シートの世界市場概要 ・商用航空機用シートの世界市場環境 ・商用航空機用シートの世界市場動向 ・商用航空機用シートの世界市場規模 ・商用航空機用シートの世界市場:業界構造分析 ・商用航空機用シートの世界市場:航空機別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機) ・商用航空機用シートの世界市場:キャビンクラス別(エコノミークラス、プ …
  • Nav1.7遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNav1.7遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Nav1.7遮断薬の概要 ・Nav1.7遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のNav1.7遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Nav1.7遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Nav1.7遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レーザー育毛治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー育毛治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー育毛治療市場規模、最終用途別(男性向け、女性向け)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー育毛治療の世界市場概要 ・レーザー育毛治療の世界市場環境 ・レーザー育毛治療の世界市場動向 ・レーザー育毛治療の世界市場規模 ・レーザー育毛治療の世界市場:業界構造分析 ・レーザー育毛治療の世界市場:最終用途別(男性向け、女性向け) ・レーザー育毛治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー育毛治療のアメリカ市場規模・予測 ・レーザー育毛治療のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザー育毛治療のアジア市場規模・予測 ・レーザー育毛治療の主要国分析 ・レーザー育毛治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー育毛治療の世界市場:成長要因、課題 ・レーザー育毛治療の世界市場:競争環境 ・レーザー育毛治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 温水循環コントロールの世界市場:装置別(バルブ、アクチュエーター、コントロールパネル、フローコントローラー、その他)、設置別(設置別、レトロフィット設置)、区分別(住宅、商業、工業)、地域別予測
    本資料は、温水循環コントロールの世界市場について調べ、温水循環コントロールの世界規模、市場動向、市場環境、装置別(バルブ、アクチュエーター、コントロールパネル、フローコントローラー、その他)分析、設置別(設置別、レトロフィット設置)分析、区分別(住宅、商業、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・温水循環コントロールの世界市場概要 ・温水循環コントロールの世界市場環境 ・温水循環コントロールの世界市場動向 ・温水循環コントロールの世界市場規模 ・温水循環コントロールの世界市場規模:装置別(バルブ、アクチュエーター、コントロールパネル、フローコントローラー、その他) ・温水循環コントロールの世界市場規模:設置別(設置別、レトロフィット設置) ・温水循環コントロールの世界市場規模:区分別(住宅、商業、工業) ・温水循環コントロールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・温水循環コントロールの北米市場規模・予測 ・温水循環コントロールのアメリカ市場 …
  • データセンタ・インターコネクトの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、データセンタ・インターコネクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、データセンタ・インターコネクトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 在宅医療用酸素濃縮器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、在宅医療用酸素濃縮器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、在宅医療用酸素濃縮器市場規模、製品別(ポータブル型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場概要 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場環境 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場動向 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場規模 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:業界構造分析 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:製品別(ポータブル型、固定型) ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・在宅医療用酸素濃縮器のアメリカ市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器のヨーロッパ市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器のアジア市場規模・予測 ・在宅医療用酸素濃縮器の主要国分析 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:意思決定フレームワーク ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:成長要因、課題 ・在宅医療用酸素濃縮器の世界市場:競争環境 ・在宅医療 …
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハウチワマメの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハウチワマメの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハウチワマメ市場規模、用途別(飼料、飲食料品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハウチワマメの世界市場概要 ・ハウチワマメの世界市場環境 ・ハウチワマメの世界市場動向 ・ハウチワマメの世界市場規模 ・ハウチワマメの世界市場:業界構造分析 ・ハウチワマメの世界市場:用途別(飼料、飲食料品、その他) ・ハウチワマメの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハウチワマメのアメリカ市場規模・予測 ・ハウチワマメのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハウチワマメのアジア市場規模・予測 ・ハウチワマメの主要国分析 ・ハウチワマメの世界市場:意思決定フレームワーク ・ハウチワマメの世界市場:成長要因、課題 ・ハウチワマメの世界市場:競争環境 ・ハウチワマメの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ニッケル合金の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、ニッケル合金の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ニッケル合金シェア、市場規模推移、市場規模予測、ニッケル合金種類別分析(ロングタイプ、フラットタイプ)、ニッケル合金用途別分析(航空宇宙、発電、石油・ガス、化学、電子、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ニッケル合金の市場概観 ・ニッケル合金のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ニッケル合金のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ニッケル合金の世界市場規模 ・ニッケル合金の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ニッケル合金のアメリカ市場規模推移 ・ニッケル合金のカナダ市場規模推移 ・ニッケル合金のメキシコ市場規模推移 ・ニッケル合金のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ニッケル合金のドイツ市場規模推移 ・ニッケル合金のイギリス市場規模推移 ・ニッケル合金のロシア市場規模推移 ・ニッケル合金のアジア市場分析(日本、 …
  • 口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の概要 ・口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の口腔咽頭カンジダ症(Oropharyngeal Candidiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・口腔咽頭カンジダ症 …
  • ピープロテイン加工装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピープロテイン加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピープロテイン加工装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピープロテイン加工装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ANDRITZ、Bühler、GEA Group、SATAKE等です。
  • 油圧アクチュエータの世界市場:リニアアクチエ−タ、回転アクチュエータ
    当調査レポートでは、油圧アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧アクチュエータの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドリンククーラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドリンククーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドリンククーラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はドリンククーラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(4.28%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Danby• Electrolux• Haier• LG Electronics• Whirlpool等です。
  • 免税小売の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、免税小売の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、免税小売市場規模、流通経路別(空港、国境・繁華街・ホテル内店舗、クルーズ船・フェリー・港湾、鉄道駅・その他)分析、製品別(衣類・アクセサリー・高級品・電子装置、化粧品・香水、ワイン・スピリッツ、たばこ、菓子・高級食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dubai Duty Free, Dufry, Lagardère Group (Lagardère), Lotte Shopping, LVMHなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・免税小売の世界市場概要 ・免税小売の世界市場環境 ・免税小売の世界市場動向 ・免税小売の世界市場規模 ・免税小売の世界市場:業界構造分析 ・免税小売の世界市場:流通経路別(空港、国境・繁華街・ホテル内店舗、クルーズ船・フェリー・港湾、鉄道駅・その他) ・免税小売の世界市場:製品別(衣類・アクセサリー・高級品・電子装置、化粧品・香水、ワイン・ス …
  • 世界の製造におけるIoT市場規模・予測、2017-2025:ソリューション別(ネットワーク管理、データ管理、デバイス管理、アプリケーション管理・スマート監視)、サービス別(プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の製造におけるIoT市場について調査・分析し、世界の製造におけるIoT市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の製造におけるIoT関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スポーツ観光の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スポーツ観光の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ観光の世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツ観光の世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAC Sport• Great Atlantic Sports Travel• ITC Sports Travel• TUI等です。
  • 中国の真空リクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国の真空リクローザ市場2015について調査・分析し、真空リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の模型玩具市場2015
    本調査レポートでは、中国の模型玩具市場2015について調査・分析し、模型玩具の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオーディオケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のオーディオケーブル市場2015について調査・分析し、オーディオケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アビオニクス用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アビオニクス用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アビオニクス用センサーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 熱ショックタンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における熱ショックタンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・熱ショックタンパク質阻害剤の概要 ・熱ショックタンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の熱ショックタンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・熱ショックタンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・熱ショックタンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のリン化アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のリン化アルミニウム市場2016について調査・分析し、リン化アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用3Dプリンティング(3D製造)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、産業用3Dプリンティング(3D製造)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、プロセス別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用副子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、整形外科用副子の世界市場について調査・分析し、整形外科用副子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別整形外科用副子シェア、市場規模推移、市場規模予測、整形外科用副子種類別分析(繊維ガラス、ポリエステル、その他)、整形外科用副子用途別分析(病院、整形外科クリニック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・整形外科用副子の市場概観 ・整形外科用副子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・整形外科用副子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・整形外科用副子の世界市場規模 ・整形外科用副子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・整形外科用副子のアメリカ市場規模推移 ・整形外科用副子のカナダ市場規模推移 ・整形外科用副子のメキシコ市場規模推移 ・整形外科用副子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・整形外科用副子のドイツ市場規模推移 ・整形外科用副子のイギリス市場規模推移 ・整形外科用副子のロシア市場規模推移 ・整形外科用副子のアジ …
  • 世界のスーパーキャパシタ市場
  • 世界のインジェクション・マニホールド市場2015
    本調査レポートでは、世界のインジェクション・マニホールド市場2015について調査・分析し、インジェクション・マニホールドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アフェレーシス装置の世界市場分析:用途別(腎疾患、血液学、神経学)、手順別(血栓塞栓症、LDL-アフェレーシス、血小板凝集症、白血球フェレーシス、光フェオレシス、赤血球凝集症)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、アフェレーシス装置の世界市場について調査・分析し、アフェレーシス装置の世界市場動向、アフェレーシス装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別アフェレーシス装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 構内配線の世界市場:製品タイプ別(銅ケーブル、光ファイバーケーブル)、用途別(LAN、データセンター)、業種別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、構内配線の世界市場について調査・分析し、構内配線の世界市場動向、構内配線の世界市場規模、市場予測、セグメント別構内配線市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Doosan Heavy Industries Vietnam、Henan Hengyuan Crane Machinery Group、Konecranes、Liebherr Group、SANY GROUP等です。
  • 実験室用キャビネットの世界市場:バイオセイフティーキャビネット、ラミナーフローキャビネット
    当調査レポートでは、実験室用キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用キャビネットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙・板紙包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、紙・板紙包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紙・板紙包装市場規模、種類別(柔軟紙、板紙、段ボール箱)分析、グレード別(ラベル紙、SBS(漂白硫酸塩ボード)、グラシン紙・耐脂紙、裏白チップボール、折り畳み箱用ボール紙、塗工・無漂白クラフトボール紙、その他)分析、用途別(医療品、食品、飲料、パーソナルケア・ホームケア用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 紙・板紙包装の世界市場:市場動向分析 ・ 紙・板紙包装の世界市場:競争要因分析 ・ 紙・板紙包装の世界市場:種類別(柔軟紙、板紙、段ボール箱) ・ 紙・板紙包装の世界市場:グレード別(ラベル紙、SBS(漂白硫酸塩ボード)、グラシン紙・耐脂紙、裏白チップボール、折り畳み箱用ボール紙、塗工・無漂白クラフトボール紙、その他) ・ 紙・板紙包装の世界市場:用途別(医療品、食品、飲料、パーソナルケア・ホームケア用品、その他) ・ 紙・板紙包装の世界市場:主要地 …
  • 抗レトロウイルス療法の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、抗レトロウイルス療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、抗レトロウイルス療法の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は抗レトロウイルス療法の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Gilead、ViiV Healthcare、Janssen Pharmaceuticals、F. Hoffmann-La Roche等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"