"世界の熱可塑性ポリウレタン(TPU)市場:原料別(ポリオール、ジイソシアネート、ジオール)、種類別(ポリエステル、ポリエーテル、ポリカプロラクトン)、エンドユーズ産業別(履物、産業機械、自動車、エレクトロニクス、医療)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2290)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の熱可塑性ポリウレタン(TPU)市場:原料別(ポリオール、ジイソシアネート、ジオール)、種類別(ポリエステル、ポリエーテル、ポリカプロラクトン)、エンドユーズ産業別(履物、産業機械、自動車、エレクトロニクス、医療)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The TPU market is projected to register a CAGR of 7.1%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The market size of TPU is estimated at USD 2.5 billion in 2019 and is projected to reach USD 3.5 billion by 2024, at a CAGR of 7.1%. The growth of this market is attributed to increasing consumer spending and demand for high-performance materials. There is an increased demand for TPU in automotive and medical applications along with the increased consumer spending in emerging countries of APAC such as China, India, Indonesia, South Korea, and others. However, the high cost of TPU when compared to other conventional materials is restraining the growth of the TPU market. Technological advancements in the manufacturing of different grades of TPU with new properties are, however, providing growth opportunities for TPU manufacturers.

“Footwear industry to be the largest consumer of TPU.”
Footwear was the largest end-use industry of TPU in 2018. TPU is used to form various parts of footwear, such as upper yarns, midsoles/foam & cushioning, outsoles, eyelets, heel cups, logos, shanks & toe caps. Growing demands for comfort, performance, and durability, are driving the market in the footwear industry

“APAC is projected to be the largest TPU market during the forecast period.”
The APAC TPU market is projected to register the highest CAGR during the forecast period. The footwear market in APAC is driven by increased consumer spending, strong economic growth, greater disposable incomes, growing awareness of healthy lifestyles, popularity of sports footwear, and a growing sports-driven consumer base. The footwear market in APAC remains strong with the presence of Nike and Adidas in Japan, South Korea, and Taiwan.

This study was validated through primary interviews conducted with various industry experts worldwide. The primary sources were divided into three categories, namely, company type, designation, and region.

• By Company Type – Tier 1: 25%, Tier 2: 50%, and Tier 3: 25%
• By Designation – C Level: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
• By Region – APAC: 30%, Europe: 25%, North America: 20%, South America: 15%, and the Middle East & Africa: 10%

The report profiles several leading players of the TPU market such as BASF SE (Germany), Lubrizol Corporation (US), Covestro AG (Germany), Huntsman Corporation (US), Wanhua Industrial Group (China), COIM Group (Italy), American Polyfilm Inc. (US), Kuraray Co., Ltd (Japan), and Polyone Corporation (US). The report also includes detailed information about various growth strategies adopted by these key players to strengthen their position in the TPU market.

Research Coverage:
The report offers insights into the TPU market in the key regions. It aims at estimating the size of the TPU market during the forecast period and projects future growth of the market across various segments based on raw material, type, end-use industry, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the TPU market, along with company profiles, SWOT analysis, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in the TPU market by providing them with the closest approximations of revenues for the overall market and its various sub-segments. This report will help stakeholders obtain a better understanding of the competitive landscape and gain insights to enhance their businesses and devise suitable market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and help acquire information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities affecting the growth of the TPU market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の熱可塑性ポリウレタン(TPU)市場:原料別(ポリオール、ジイソシアネート、ジオール)、種類別(ポリエステル、ポリエーテル、ポリカプロラクトン)、エンドユーズ産業別(履物、産業機械、自動車、エレクトロニクス、医療)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondry Data
2.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for TPU in Automotive and Medical Industries
5.2.1.2 Replacement of Conventional Materials By TPU
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Higher Cost of TPU When Compared to Other Conventional Materials
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Replacement of Pvc in Medical Application By TPU
5.2.3.2 Emerging Market for Bio-Based TPU
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Volatility in Raw Material Prices of TPU
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Intensity of Competitive Rivalry
5.3.2 Bargaining Power of Buyers
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Threat of New Entrants
5.4 Patent Analysis
6 Thermoplastic Polyurethane Market, By Raw Material (In Terms of USD Million and Kilotons)
6.1 Introduction
6.2 Diisocyanate
6.2.1 Providing Reactivity and Curing Properties to TPU Will Boost the Market
6.3 Polyols
6.3.1 The Properties to Form Soft, Elastic Polymers to Drive the Market
6.4 Diols
6.4.1 Providing Varying Degrees of Toughness to TPU is Driving the Market
7 Thermoplastic Polyurethane Market, By Type (In Terms of USD Million and Kilotons)
7.1 Introduction
7.2 Polyester
7.2.1. Cost Effectiveness and Good Resistance Properties Will Drive the Market
7.3 Polyether
7.3.1. Good Impingement Abrasion Resistance and Good Hydrolytic Stability to Boost the Market
7.4 Polycaprolactone
7.4.1. Inherent Toughness and Good Abrasion Resistance to Spur the Market
8 Thermoplastic Polyurethane Market, By End Use Industry (In Terms of USD Million and Kilotons)
8.1 Introduction
8.2 Footwear
8.2.1 Need for Comfort, Performance, and Durability in Footwear Drives the Market
8.2.2 Shoe
8.2.3 Sole
8.2.4 Slipper
8.3 Industrial Machiery
8.3.1 Good Abrasion Resistance, Impact Strength, High Tear and Tensile Strength Properties for Use in Demanding Situations to Drive the Market
8.3.2 Seals & Gaskets
8.3.3 Belts & Profiles
8.3.4 Wheels & Rollers
8.4 Automotive
8.4.1 High Performance Material Such as TPU and Cfrtp to Boost the Market
8.4.2 Interior Body Parts
8.4.3 Exterior Body Parts
8.5 Medical
8.5.1 Low Temperature Flexibility, Resistance to Microbial Activity and Plasticizer Free TPU to Spur the Market
8.5.2 Catheters
8.5.3 Medical Device Housing
8.5.4 Wound Care Products
8.6 Electronics
8.6.1 Flame Retardant Properties of TPU to Fuel the Market
8.6.2 Wires & Cables
8.6.3 Electronic Devices
8.7 Others
8.7.1 Consumer Goods
8.7.2 Building & Construction
8.7.3 Textile
9 Thermoplastic Polyurethane Market, By Region (In Terms of USD Million and Kilotons)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1
9.2.1.1 US
9.2.1.1.1 Presence of Various Manufacturing Sector is Going to Spur the Market
9.2.1.2 Canada
9.2.1.1.2 The Growing Demand for Strong, Light Weight Material in Automotive Manufacturing is Going to Boost the Market
9.2.1.3 Mexico
9.2.1.1.3 The Growing Industries and Increasing Investments is Going to Drive the Market
9.3 Europe
9.3.1
9.3.1.1 Germany
9.3.1.1.1 The Presence of Leading TPU Manufacturers and Automotive Industry, Fuels the Market
9.3.1.2 France
9.3.1.1.2 The Strong Automotive, Industrial Manufacturing, and Chemical Sector, Boosts the Market
9.3.1.3 UK
9.3.1.1.3 The Growing Manufacturing and Healthcare Sector is Going to Spur the Market
9.3.1.4 Italy
9.3.1.1.4 The Growing Domestic Demand and Growing Industrial Sector to Boost the Market
9.3.1.5 Spain
9.3.1.1.5 The Growth in Manufacturing of Automotive, Electronics, and Pharmaceutical to Drive the Market
9.3.1.6 Russia
9.3.1.1.6 Economic Growth With Infrastructural Developments is Going to Fuel The Market
9.3.1.7 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1
9.4.1.1 China
9.4.1.1.1 The Strong Presence of Footwear and Automotive Industry With the Presence of Various TPU Manufacturers is Driving the Market
9.4.1.2 India
9.4.1.2.1 Growth in Footwear Industry Due to Favourable Economic Growth and Rising Population is Fuelling the Market
9.4.1.3 Japan
9.4.1.3.1 The Well-Established Automotive Sector of Japan is Driving the Market
9.4.1.4 South Korea
9.4.1.4.1 Strong Presence of Electronics Industry is Driving the Market
9.4.1.5 Thailand
9.4.1.5.1 Increased Investments of Automotive Manufacturers in Thailand Boost the Market
9.4.1.6 Indonesia
9.4.1.6.1 Growth in the Footwear Industry of Indonesia to Boost the Market
9.4.1.7 Taiwan
9.4.1.7.1 The Strong Presence of Industrial Manufacturing is Driving the Market
9.4.1.8 Rest of Asia-Pacific
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Country Market Size
9.5.1.1 Saudi Arabia
9.5.1.1.1 Growing Manufacturing Sector and Diversifying Economy, to Fuel the Market
9.5.1.2 South Africa
9.5.1.2.1 The Presence of Manufacturing Sectors to Boost the Market
9.5.1.4 Rest of Middle East
9.6 South America
9.6.1
9.6.1.1 Brazil
9.6.1.1.1 The Increased Sale of Automobiles, to Boost the Market
9.6.1.2 Argentina
9.6.1.1.1 The Growing Economy and Increasing Demand Will Drive the Market
9.6.1.4 Rest of South America
10 Competitive Landscape
10.1 Overview
10.2 Market Ranking of Players
10.3 Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launch
10.4.2 Investment & Expansion
10.4.3 Merger & Acquisition
10.4.4 Partnership
11 Company Profiles*
(Overview, Financial*, Products & Services, Strategy, and Developments)
11.1 BASF
11.2 Lubrizol
11.3 Covestro
11.4 Huntsman
11.5 Wanhua
11.6 Polyone
11.7 Epaflex
11.8 Coim
11.9 Hexpol AB
11.10 Kuraray
11.11 Other Players
11.11.1 Americal Polyfilm
11.11.2 Mitsui Chemicals
11.11.3 Novotex
11.11.4 Statex
11.11.5 Songwon
11.11.6 Taiwan Pu Corporation
11.11.7 Sanyo Corporation
12 Appendix

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の熱可塑性ポリウレタン(TPU)市場:原料別(ポリオール、ジイソシアネート、ジオール)、種類別(ポリエステル、ポリエーテル、ポリカプロラクトン)、エンドユーズ産業別(履物、産業機械、自動車、エレクトロニクス、医療)、地域別
【発行日】2019年11月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2290
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の熱可塑性ポリウレタン(TPU)市場:原料別(ポリオール、ジイソシアネート、ジオール)、種類別(ポリエステル、ポリエーテル、ポリカプロラクトン)、エンドユーズ産業別(履物、産業機械、自動車、エレクトロニクス、医療)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 食品・飲料用包装機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料用包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料用包装機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 境界セキュリティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの概要 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のCysLT亜類型1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ産業におけるRTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノセンサーの世界市場2017-2021:化学ナノセンサー、機械的ナノセンサー、バイオロジカルナノセンサー
    当調査レポートでは、ナノセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノセンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 賦形剤の世界市場2012–2025:製品別(ポリマー(MCC、アルファでんぷん、デンプングリコール酸ナトリウム、CMC、HPMC、MC、ポビドン)、アルコール、ミネラル、砂糖・ゼラチン)
    本調査レポートでは、賦形剤の世界市場について調査・分析し、賦形剤の世界市場動向、賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品用ガスの世界市場:タイプ別(二酸化炭素、窒素、その他)、用途別(凍結&冷却、包装&炭酸化)、エンドユーザー別(飲料、肉&シーフード、および包装製品)
    当調査レポートでは、食品用ガスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場ランドスケープ ・食品用ガスの世界市場:タイプ別(二酸化炭素、窒素、その他) ・食品用ガスの世界市場:用途別(凍結&冷却、包装&炭酸化) ・食品用ガスの世界市場:エンドユーザー別(飲料、肉&シーフード、および包装製品) ・食品用ガスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Leukemia (CML))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性骨髄性白血病(Chronic Myelocytic Le …
  • 世界の乳製品用酵素カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、乳製品用酵素の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、乳製品用酵素市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、乳製品用酵素のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のメタクリル酸市場2015
    本調査レポートでは、中国のメタクリル酸市場2015について調査・分析し、メタクリル酸の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非常警報・避難システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非常警報・避難システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非常警報・避難システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈穿刺法処置の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、静脈穿刺法処置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、成功率別分析、静脈種類別分析、需要先別分析、地域別分析、静脈穿刺法処置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の感染症検査市場動向(~2021)
  • スペシャリティ保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スペシャリティ保険の世界市場について調査・分析し、スペシャリティ保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スペシャリティ保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、スペシャリティ保険種類別分析()、スペシャリティ保険用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スペシャリティ保険の市場概観 ・スペシャリティ保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スペシャリティ保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スペシャリティ保険の世界市場規模 ・スペシャリティ保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スペシャリティ保険のアメリカ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のカナダ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のメキシコ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スペシャリティ保険のドイツ市場規模推移 ・スペシャリティ保険のイギリス市場規模推移 ・スペシャリティ保険のロシア市場規模推移 ・スペシャ …
  • 外側上顆炎治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外側上顆炎治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外側上顆炎治療市場規模、種類別(非外科治療、外科治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外側上顆炎治療の世界市場概要 ・外側上顆炎治療の世界市場環境 ・外側上顆炎治療の世界市場動向 ・外側上顆炎治療の世界市場規模 ・外側上顆炎治療の世界市場:業界構造分析 ・外側上顆炎治療の世界市場:種類別(非外科治療、外科治療) ・外側上顆炎治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外側上顆炎治療の北米市場規模・予測 ・外側上顆炎治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外側上顆炎治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・外側上顆炎治療の主要国分析 ・外側上顆炎治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・外側上顆炎治療の世界市場:成長要因、課題 ・外側上顆炎治療の世界市場:競争環境 ・外側上顆炎治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業用モノのインターネット(IoT)市場規模・予測2017-2025:構成要素別(ソリューション、サービス、プラットフォーム)、エンドユーズ別(製造、電力・パワー、石油・ガス、ヘルスケア、ロジスティクス・運送業、農業)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、産業用モノのインターネット(IoT)市場について調査・分析し、産業用モノのインターネット(IoT)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、産業用モノのインターネット(IoT)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のガスタービン市場規模・予測2017-2025:技術別(オープンサイクル・混合サイクル)、電力定格別(40MW未満、40-120MW、120-300MW、300Mより上)、デザインタイプ別(重工業・航空転用型)、用途別(電力発電・石油・ガス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のガスタービン市場について調査・分析し、世界のガスタービン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のガスタービン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 矯正歯科は、並びが悪い歯・顎のずれを正常な位置に修正する歯科治療です。矯正治療を行うことによって、口腔の衛生が保ちやすくなる結果口腔の健康が向上する上、審美面でも効果があります。Technavio社は矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dentsply Sirona• Danaher• Patterson Companies• Henry Schein• GC Corporation等です。
  • M2M通信の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、M2M通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、M2M通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の運輸・物流部門のIoT市場2019
    本調査レポートでは、世界の運輸・物流部門のIoT市場2019について調査・分析し、運輸・物流部門のIoTの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、運輸・物流部門のIoTのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、運輸・物流部門のIoTメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・運輸・物流部門のIoTの市場概要 ・運輸・物流部門のIoTの上流・下流市場分析 ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸 …
  • 工業用酵素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用酵素の世界市場について調査・分析し、工業用酵素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用酵素シェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用酵素種類別分析(糖化酵素、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)、工業用酵素用途別分析(飲食料品、洗剤、飼料、織物、紙・パルプ、バイオエネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用酵素の市場概観 ・工業用酵素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用酵素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用酵素の世界市場規模 ・工業用酵素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用酵素のアメリカ市場規模推移 ・工業用酵素のカナダ市場規模推移 ・工業用酵素のメキシコ市場規模推移 ・工業用酵素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用酵素のドイツ市場規模推移 ・工業用酵素のイギリス市場規模推移 ・工業用酵素のロシア市場規模推移 ・工業用酵素のアジア市場分析( …
  • 世界のLVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のLVAD市場2015について調査・分析し、LVADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイスキーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ウイスキーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウイスキーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用空調管理システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、民間航空機用空調管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用空調管理システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、オーバーザトップサービス(OTT)の世界市場規模が2019年816億ドルから2024年1569億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場を統合的に調査・分析し、市場概要、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース)分析、種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、ビデオオンデマンド、通信、その他)分析、ストリーミング装置別(スマートフォン&タブレット、デスクトップ&ラップトップ、インターネットプロトコルテレビ&コンソール)分析、サービス業種別(メディア&エンターテイメント、教育&学習、ゲーム、サービスユーティリティ)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース) ・世界のオーバーザトップサービス( …
  • 自動車用ディスクブレーキの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ディスクブレーキの世界市場について調査・分析し、自動車用ディスクブレーキの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:種類別 ・ピストン対向型 ・フローティングキャリパー型 - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:用途別 ・中型&大型商用車(HCVs) ・乗用車 ・小型商用車(LCVs) - 自動車用ディスクブレーキの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ディスクブレーキの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ディスクブレーキのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ディスクブレーキのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用ディスクブレーキの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 空気式ネブライザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、空気式ネブライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気式ネブライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 季節限定チョコレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、季節限定チョコレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、季節限定チョコレートの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 世界の液体麦芽エキス市場2015
    本調査レポートでは、世界の液体麦芽エキス市場2015について調査・分析し、液体麦芽エキスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のBOPETラミネートフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のBOPETラミネートフィルム市場2016について調査・分析し、BOPETラミネートフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場:有機臭素、臭化水素酸、清澄塩水
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 禁煙補助薬の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、禁煙補助薬の世界市場について調査・分析し、禁煙補助薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・禁煙補助薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・禁煙補助薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・禁煙補助薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 間質性膀胱炎治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、間質性膀胱炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、間質性膀胱炎治療薬市場規模、種類別(経口治療、膀胱内治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場概要 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場環境 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場動向 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場規模 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:種類別(経口治療、膀胱内治療) ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・間質性膀胱炎治療薬の北米市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬の主要国分析 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:競争環境 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • UAV用ソフトウェアの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、UAV用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、UAV用ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • EMEA地域のIoT市場予測(~2021):構成要素別(プラットフォーム、サービス、ソフトウェアソリューション)、用途別(ビル&ホームオートメーション、スマートエネルギー、スマートマニュファクチャリング、コネクテッドロジスティクス、スマートリテール、コネクテッドヘルス)、地域別(ヨーロッパ、中東アフリカ諸国)
  • 世界の腹腔鏡ハサミ市場2016
    本調査レポートでは、世界の腹腔鏡ハサミ市場2016について調査・分析し、腹腔鏡ハサミの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の回転油圧アクチュエータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の回転油圧アクチュエータ市場2015について調査・分析し、回転油圧アクチュエータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カルミンの世界市場:用途別(飲料、ベーカリー・菓子類、乳製品・冷凍製品、肉類、油脂)、セグメント予測
    カルミンの世界市場は2025年には2600万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品および飲料業界からカルミン独特の赤色が求められていることが考えられます。また、代用品がないことも今後の製品需要を押し上げる要因となるでしょう。本調査レポートでは、カルミンの世界市場について調査・分析し、カルミンの世界市場動向、カルミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別カルミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブロメラインの世界市場2014–2025:用途別(ヘルスケア、肉類・魚介類、栄養補助食品)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、ブロメラインの世界市場について調査・分析し、ブロメラインの世界市場動向、ブロメラインの世界市場規模、市場予測、セグメント別ブロメライン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IT支援医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、IT支援医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IT支援医療市場規模、ソフトウェア別(付属情報システム、医療事務管理情報システム(AIS)、臨床情報システム(CIS))分析、サービス別(m-ヘルス、遠隔医療サービス)分析、エンドユーザー別(医療従事者、個人、医師、公的/私的医療機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ IT支援医療の世界市場:市場動向分析 ・ IT支援医療の世界市場:競争要因分析 ・ IT支援医療の世界市場:ソフトウェア別(付属情報システム、医療事務管理情報システム(AIS)、臨床情報システム(CIS)) ・ IT支援医療の世界市場:サービス別(m-ヘルス、遠隔医療サービス) ・ IT支援医療の世界市場:エンドユーザー別(医療従事者、個人、医師、公的/私的医療機関、その他) ・ IT支援医療の世界市場:主要地域別分析 ・ IT支援医療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ IT支援医療のヨ …
  • アジア太平洋の海洋防衛市場2016-2026
    当調査レポートでは、アジア太平洋の海洋防衛市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. アジア太平洋海洋防衛市場の概要 3. アジア太平洋海洋防衛市場2016-2026 4. アジア太平洋海洋防衛2次市場予測2016-2026 5. 主要国のアジア太平洋海洋防衛市場予測2016-2026 6. アジア太平洋海洋防衛市場のSWOT分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. アジア太平洋海洋防衛企業主要16社 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 栄養補助食品の世界市場2014-2025:製品別(サプリ、機能性食品、機能性飲料)、地域別(北アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場動向、栄養補助食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別栄養補助食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電動搾乳器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動搾乳器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動搾乳器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電動搾乳器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ameda• Medela• Philips Avent• Pigeon等です。
  • バイオスティミュラントの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、バイオスティミュラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、有効成分別(腐植物質、アミノ酸、海藻抽出物、微生物改良剤)分析、作物種類別(果物・野菜、穀物、芝・鑑賞植物)分析、適用法別分析、形状別分析、バイオスティミュラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋係留システムの世界市場
    当調査レポートでは、海洋係留システムの世界市場について調査・分析し、海洋係留システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場
    当調査レポートでは、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場について調査・分析し、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の概要 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"