"世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 1369)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing incidence and prevalence of neurological disorders and rising awareness of neurodegenerative disorders are the key factors driving the brain monitoring market.”
The global brain monitoring market is expected to reach 11.6 billion by 2024 from USD 8.7 billion in 2019, at a CAGR of 6.1% during the forecast period. Some factors responsible for the growth of this market are the increasing incidence of neurological disorders, rising awareness about neurodegenerative diseases, growth in the number of traumatic brain injuries, and increasing applications of brain monitoring in clinical trials. On the other hand, the shortage of trained professionals to effectively operate brain monitoring devices and unfavorable reimbursement policies are restraining the growth of this market.

“The devices segment is expected to account for the largest share of the brain monitoring devices market in 2019.”
By product, the global brain monitoring market is categorized into devices and accessories. The devices segment is expected to hold the largest share of the brain monitoring market in 2019. This is mainly due to the rising incidence of neurological, neurodegenerative, psychotic, and sleep disorders; the need for early diagnosis; the availability of innovative portable and wearable home-based monitoring devices; and increasing patient awareness.

“The electrodes segment to register the highest growth rate in the forecast period.”
The electrodes segment is expected to register the highest growth rate in the forecast period. Technological advancements have enhanced the tissue interface of electrodes and facilitated the development of cost-effective, high-performance electrodes in this market. In addition, the introduction of disposable electrodes has also greatly driven their adoption and the growth of this market segment.

“North America to be the largest regional segment in the brain monitoring market during the forecast period.”
On the basis of region, the global brain monitoring market is divided into North America, Europe, Asia, and the RoW. North America is expected to hold the largest share of the global brain monitoring market in 2019, while Asia is projected to be the fastest-growing region in the forecast period. Growth in the market in Asia is due to the growing geriatric population, the availability of low-cost labor and skilled manpower, increase in disposable incomes, rising prevalence of neurodegenerative disorders, and increasing government emphasis on healthcare reforms in the region.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:

• By Company Type: Tier 1 (28%), Tier 2 (42%), and Tier 3 (30%)
• By Designation: C-level (30%), D-level (34%), and Others (36%)
• By Region: North America (46%), Europe (25%), Asia (18%), and the RoW (11%)

List of Companies Profiled in the Report
• Advanced Brain Monitoring (US)
• Nihon Kohden Corporation (Japan)
• Natus Medical, Inc. (US)
• Philips Healthcare (Netherlands)
• GE Healthcare (US)
• Siemens Healthineers (Germany)
• Compumedics, Ltd. (Australia)
• Medtronic (Ireland)
• CAS Medical Systems, Inc. (US)
• Drägerwerk AG & Co. KGaA (Germany)
• Masimo Corporation (US)
• Spiegelberg GmbH & Co. KG (Germany)
• Cadwell Industries (US)
• NeuroWave Systems, Inc. (US)
• Nonin Medical, Inc. (US)
• Integra LifeSciences Corporation (US)
• Neurosoft (Russia)
• Rimed (US)

Research Coverage:
This report provides a study of the brain monitoring market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product, disease type, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of revenue numbers for the overall brain monitoring market and its subsegments. This report will also help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their business and make suitable go-to-market strategies. It will also enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 24)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 28)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data from Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data from Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Brain Monitoring: Market Overview
4.2 Brain Monitoring Market, By Product
4.3 Brain Monitoring Market, By End User
4.4 Geographic Snapshot of the Global Brain Monitoring Market
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Incidence and Prevalence of Neurological Disorders
5.2.1.2 Rising Awareness of Neurodegenerative Disorders
5.2.1.3 Growing Incidence of Traumatic Brain Injuries
5.2.1.4 Increasing Applications in Clinical Trials
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Complex Brain Monitoring Procedures and Devices
5.2.2.2 Unfavorable Reimbursement Policies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Non-Invasive and Minimally Invasive Devices
5.2.3.2 Expanding Therapeutic Applications of Brain Monitoring Devices
5.2.3.3 Growing Healthcare Market in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Shortage of Trained Professionals
5.2.4.2 Issues Related to Product Approval and Commercialization
6 Brain Monitoring Market, By Product (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Devices
6.2.1 Brain Monitoring Devices Market, By Type
6.2.1.1 MRI Scanners
6.2.1.1.1 Research Efforts Focusing on Technological Advancements like Ai for Image Analysis Will Drive Market Growth
6.2.1.2 Ct Scanners
6.2.1.2.1 High Preference for CT among Physicians for Brain Disease Progression Monitoring to Drive Market Growth
6.2.1.3 EEG Devices
6.2.1.3.1 Growing Applications of EEG and the Rising Number of Specialized Facilities Are Key Growth Drivers in This Market
6.2.1.4 Pet Scanners
6.2.1.4.1 Introduction of Novel Radiopharmaceutical Tracers Has Driven the Use of Pet in Brain Disease Monitoring
6.2.1.5 Sleep Monitoring Devices
6.2.1.5.1 Rising Incidence of Sleep Disorders Is Boosting the Demand for Sleep Monitoring
6.2.1.6 Cerebral Oximeters
6.2.1.6.1 Growing Cases of Hypoxia during Surgical Procedures Are Likely to Drive Market Growth
6.2.1.7 EMG Devices
6.2.1.7.1 High Demand for EMG Devices Is Mainly Due to the Increasing Prevalence of Neuromuscular Diseases
6.2.1.8 Intracranial Pressure Monitors
6.2.1.8.1 Fatal Consequences of High ICP Make Monitoring Important
6.2.1.9 Meg Devices
6.2.1.9.1 High Implementation and Maintenance Costs of Meg Devices Are Likely to Hinder Market Growth
6.2.1.10 TCD Devices
6.2.1.10.1 Rising Prevalence of Strokes and Cerebrovascular Disorders Will Contribute to Market Growth
6.2.2 Brain Monitoring Devices Market, By Procedure
6.2.2.1 Devices for Non-Invasive Procedures
6.2.2.1.1 Drawbacks of Invasive Monitoring Are Driving the Demand for Devices for Non-Invasive Procedures
6.2.2.2 Devices for Invasive Procedures
6.2.2.2.1 Higher Accuracy of Devices Used for Invasive Procedures Has Ensured Their Adoption
6.2.3 Brain Monitoring Devices Market, By Type of Modality
6.2.3.1 Portable Devices
6.2.3.1.1 Growing Application of Portable Devices in Home Care Settings to Drive Makret Growth
6.2.3.2 Fixed Devices
6.2.3.1.1 High Installation and Maintainance Cost of Fixed Devices Likely to Hinder Market Growth
6.3 Accessories
6.3.1 Brain Monitoring Accessories Market, By Type
6.3.1.1 Electrodes
6.3.1.1.1 Electrodes Market, By Type
6.3.1.1.1.1 Wet Electrodes
6.3.1.1.1.1.1 Flexibility and High Quality of Signal Recording Are Driving the Adoption of Wet Electrodes
6.3.1.1.1.2 Dry Electrodes
6.3.1.1.1.2.1 Technological Advancements and Non-Requirement for Skin Preparation Have Made Dry Electrodes Popular
6.3.1.1.1.3 Needle Electrodes
6.3.1.1.1.3.1 Needle Electrodes Can Provide More Accurate Signals for Disease Assessment
6.3.1.2 Sensors
6.3.1.2.1 Increasing Patient Preference for Non-Invasive Procedures to Drive the Market for Sensors
6.3.1.3 Pastes & Gels
6.3.1.3.1 Development of Novel Gels & Pastes Is Likely to Drive Market Growth
6.3.1.4 Caps
6.3.1.4.1 Extended Application of Infacaps for Premature Babies to Offer New Opportunities for Market Players
6.3.1.5 Batteries
6.3.1.5.1 Increasing Usage of Portable Devices Will Drive Market Growth in This Segment
6.3.1.6 Cables
6.3.1.6.1 Technological Developments for Increasing the Capabilities and Lifespan of Cables Will Drive Market Growth
6.3.1.7 Other Accessories
6.3.2 Brain Monitoring Accessories Market, By Usability
6.3.2.1 Disposable Accessories
6.3.2.1.1 Growing Physician Preference for Disposable Accessories Is Driving Market Growth
6.3.2.2 Reusable Accessories
6.3.2.2.1 High Usage of Reusable Accessories in Developing Countries Will Drive Market Growth
7 Brain Monitoring Market, By Medical Condition (Page No. – 100)
7.1 Introduction
7.2 Traumatic Brain Injury
7.2.1 Growing Incidence of TBI across the Globe to Drive Market Growth
7.3 Stroke
7.3.1 Growing Awareness about Strokes and Their Treatment Options to Support Market Growth
7.4 Dementia
7.4.1 Government Initiatives to Promote Awareness of Dementia—A Major Factor Driving Market Growth
7.5 Headache Disorders
7.5.1 Neuroimaging Techniques Are Used for the Evaluation of Headache Disorders in Clinical Practices
7.6 Sleep Disorders
7.6.1 Growing Incidence of Sleep Disorders to Drive Market Growth
7.7 Parkinson’s Disease
7.7.1 Increasing Prevalence of Parkinson’s disease to Drive Market Growth
7.8 Epilepsy
7.8.1 Large Population Deprived of Accurate Treatment for Epilepsy to Offer Growth Opportunities for Players in the Brain Monitoring Market
7.9 Huntington’s Disease
7.9.1 Availability of Advanced Methodologies for Diagnosis to Aid Market Growth
7.1 Other Diseases
8 Brain Monitoring Market, By End User (Page No. – 116)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Hospitals Are the Major End Users in the Global Brain Monitoring Market
8.3 Neurology Centers
8.3.1 Preference for the Diagnosis and Treatment of Brain Disorders at Neurology Centers Is Increasing Among Patients
8.4 Ambulatory Surgery Centers (ASCS) & Clinics
8.4.1 Patients Are Increasingly Opting for Ambulatory Surgery Centers & Clinics as a More Convenient Alternative to Hospital-Based Outpatient Procedures
8.5 Diagnostic Centers
8.5.1 Diagnostic Centers Offer Diagnosis and Treatment Options for Various Neurological Conditions
8.6 Other End Users
9 Brain Monitoring Market, By Region (Page No. – 125)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Brain Monitoring Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Number of Hospitals and Surgical Centers Are Expected to Drive the Demand for Brain Monitoring Systems in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 High Burden of Alzheimer’s in the Country Will Support Market Growth
9.3.2 France
9.3.2.1 France to Witness the Highest Growth in the European Brain Monitoring Market during the Forecast Period
9.3.3 UK
9.3.3.1 Increasing Investments By Public and Private Sectors Play An Important Role in the Growth of the Brain Monitoring Market in the UK
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia
9.4.1 Japan
9.4.1.1 High Incidence of Neurological Disorders Owing to the Large Geriatric Population Will Drive Market Growth
9.4.2 China
9.4.2.1 China to Register the Highest Growth in the Brain Monitoring Market from 2019 to 2024
9.4.3 India
9.4.3.1 Improving Healthcare Infrastructure in the Country Will Support
9.4.4 Rest of Asia
9.5 Rest of the World (Row)
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 High Cost of Brain Monitoring and Imaging Modalities to Hamper
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Strengthening of the Healthcare Infrastructure in the Region to Support Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 180)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situation and Trends
10.4.1 Product Launches
10.4.2 Acquisitions
10.4.3 Other Strategies
11 Company Profiles (Page No. – 187)
11.1 Natus Medical, Inc.
11.2 Nihon Kohden Corporation
11.3 Philips Healthcare
11.4 GE Healthcare
11.5 Siemens Healthineers
11.6 Compumedics Limited
11.7 Medtronic Plc
11.8 Cas Medical Systems, Inc.
11.9 Advanced Brain Monitoring, Inc.
11.1 Drägerwerk Ag & Co. Kgaa
11.11 Masimo Corporation
11.12 Spiegelberg Gmbh & Co. Kg.
11.13 Cadwell Industries, Inc.
11.14 Neurowave Systems, Inc.
11.15 Nonin
11.16 Other Key Players
11.16.1 Integra Lifesciences Corporation
11.16.2 Neurosoft
11.16.3 Rimed
11.16.4 Emotiv
11.16.5 Cognionics, Inc.
12 Appendix (Page No. – 221)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: MarketsandMarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)
【発行日】2019年11月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 1369
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 食物アレルゲン検査の世界市場
    当調査レポートでは、食物アレルゲン検査の世界市場について調査・分析し、食物アレルゲン検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食物アレルゲン検査の世界市場:市場動向分析 - 食物アレルゲン検査の世界市場:競争要因分析 - 食物アレルゲン検査の世界市場:製品別 ・ベビーフード ・パン&菓子製品 ・飲料 ・インスタント食品 ・乳製品 ・加工食品 ・シーフード&肉製品 - 食物アレルゲン検査の世界市場:技術別 ・バイオセンサーをベースとするもの ・免疫測定法をベースとするもの/ELISA(酵素免疫測定法) ・PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)をベースとするもの ・その他 - 食物アレルゲン検査の世界市場:原因別 ・卵 ・魚 ・牛乳 ・ナッツ ・ピーナッツ&大豆 ・甲殻類 ・ツリーナッツ ・小麦 ・グルテン - 食物アレルゲン検査の世界市場:主要地域別分析 - 食物アレルゲン検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食物アレルゲン検査のヨーロッパ市場規模 - 食物アレルゲン検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場 …
  • ヘッジトリマーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘッジトリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッジトリマーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパの金属加工油剤市場について調査・分析し、ヨーロッパの金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自生粉砕ミルの世界市場予測2019-2024
    「自生粉砕ミルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、湿式、乾式など、用途別には、Metal Mining、Non-Metal Miningなどに区分してまとめた調査レポートです。自生粉砕ミルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自生粉砕ミルの世界市場概要(サマリー) ・自生粉砕ミルの企業別販売量・売上 ・自生粉砕ミルの企業別市場シェア ・自生粉砕ミルの世界市場規模:種類別(湿式、乾式) ・自生粉砕ミルの世界市場規模:用途別(Metal Mining、Non-Metal Mining) ・自生粉砕ミルの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自生粉砕ミルのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自生粉砕ミルの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自生粉砕ミルの中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・自生粉砕ミル市場の成長要因 …
  • 圧迫療法の世界市場予測(~2022年):ストッキング、包帯、ラップ、ブレース、ポンプ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、圧迫療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場予測2019-2024
    「航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、パレット、コンテナなど、用途別には、Civil Air Transport、Cargo Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物ULD(Unit Load Device)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場概要(サマリー) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別販売量・売上 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別市場シェア ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:種類別(パレット、コンテナ) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:用途別(Civil Air Transport、Cargo Air Transport、O …
  • 自動害虫モニタリングシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動害虫モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動害虫モニタリングシステム市場規模、エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者) ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動害虫モニタリングシステムのヨーロッパ市場規模 ・ 自動害虫モニタリングシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ESRアナライザの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ESRアナライザの世界市場について調査・分析し、ESRアナライザの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ESRアナライザシェア、市場規模推移、市場規模予測、ESRアナライザ種類別分析(Big Sample Numbers、Small Sample Numbers)、ESRアナライザ用途別分析(科学研究用途、医療用途、教育用途、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ESRアナライザの市場概観 ・ESRアナライザのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ESRアナライザのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ESRアナライザの世界市場規模 ・ESRアナライザの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ESRアナライザのアメリカ市場規模推移 ・ESRアナライザのカナダ市場規模推移 ・ESRアナライザのメキシコ市場規模推移 ・ESRアナライザのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ESRアナライザのドイツ市場規模推移 ・ESR …
  • オートバイ用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用センサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sensata Technologies • Continental• Delphi Automotive• DENSO • Robert Bosch等です。
  • ストック・ミュージックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ストック・ミュージックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストック・ミュージックの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マグネトロンの世界市場2016-2020:家電、通信用
    当調査レポートでは、マグネトロンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マグネトロンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光インタコネクトの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、光インタコネクトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、インタコネクトレベル別分析、ファイバーモード別分析、製品別分析、用途別分析、光インタコネクトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フレグランス/香水の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、フレグランス/香水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレグランス/香水の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ピレトリンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ピレトリンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ピレトリン市場規模、製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5)分析、用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理)分析、害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ピレトリンの世界市場:市場動向分析 ・ ピレトリンの世界市場:競争要因分析 ・ ピレトリンの世界市場:製品別(ピレトリン0.2、ピレトリン0.5) ・ ピレトリンの世界市場:用途別(医薬品、農業、獣医、動物衛生、森林保護、家庭用、商業用・工業用、公衆衛生、病害管理) ・ ピレトリンの世界市場:害虫種類別(鱗翅目、鞘翅目、ダニ、双翅目、吸汁害虫、その他) ・ ピレトリンの世界市場:主要地域別分析 ・ ピレトリンの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ピレトリンのヨーロッパ市場規模 ・ ピレトリンのアジア市場規模 …
  • プライベートセキュリティサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プライベートセキュリティサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プライベートセキュリティサービス市場規模、サービス別(人的警備、電子保安システム、キャッシュサービス)分析、エンドユーザー別(個人、住居、金融機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allied Universal, Brink's, G4S, SECOM, Securitas, Security & Intelligence Services (India)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場概要 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場環境 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場動向 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場規模 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場:業界構造分析 ・プライベートセキュリティサービスの世界市場:サービス別(人的警備、電子保安システム、キャ …
  • 世界の股関節再建装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、股関節再建装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・股関節再建装置の概要 ・股関節再建装置の開発動向:開発段階別分析 ・股関節再建装置の開発動向:セグメント別分析 ・股関節再建装置の開発動向:領域別分析 ・股関節再建装置の開発動向:規制Path別分析 ・股関節再建装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別股関節再建装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・股関節再建装置の最近動向
  • 工業包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工業包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水圧プレス市場2016
    本調査レポートでは、世界の水圧プレス市場2016について調査・分析し、水圧プレスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場予測(~2022年):窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料、微量栄養素
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 爆発物検知技術の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、爆発物検知技術の世界市場について調査・分析し、爆発物検知技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・爆発物検知技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・爆発物検知技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・爆発物検知技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • エビの世界市場:冷凍えび、エビ缶詰、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、エビの世界市場について調べ、エビの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、エビの市場規模をセグメンテーション別(製品別(冷凍えび、エビ缶詰、その他)、流通チャンネル別、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はエビの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・エビの市場状況 ・エビの市場規模 ・エビの市場予測 ・エビの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(冷凍えび、エビ缶詰、その他) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別 ・エビの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自律型無人潜水機 (AUV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、General Dynamics、Kongsberg Maritime、Lockheed Martin、Saab、Thales Group等です。
  • ワイヤレス充電の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレス充電の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の偽造防止包装技術市場規模・予測2017-2025:技術別(コーディング・印刷、RFID、ホログラム、セキュリティラベル、パッケージングデザイン)、使用方法の特徴別(トラック・トレース、タンパーエビデンス、明示的・非明示的、フォレンジック(デジタル鑑定)マーカー)、エンドユーズ別セクター(医薬品、食品・飲料、コスメティクス・パーソナルケア、家電)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の偽造防止包装技術市場について調査・分析し、世界の偽造防止包装技術市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の偽造防止包装技術関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のトップ10自動車アフターマーケット部品市場
  • 地面保護マットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、地面保護マットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、地面保護マットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気生理学装置の世界市場予測2017-2026:モニタリング装置(心エコー検査、診断用カテーテル、ホルター心電計、イベントモニター)および治療装置(ペースメーカー、ICD、アブレーションカテーテル、CRT-Ds、CRT-P)の収益予測
    当調査レポートでは、電気生理学装置の世界市場について調査・分析し、電気生理学装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 白内障用装置の世界市場:IOL、OVD、水晶体乳化機器、フェムト秒レーザ、白内障治療
    当調査レポートでは、白内障用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、白内障用装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の概要 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・強迫性障害(Obs …
  • リファビッシュ医療機器の世界市場2019-2023
    医療分野における民営化の増加に伴い、リファビッシュ医療機器の需要が高まっています。医療部門における民営化は、政府が医療部門に効果的に投資できないことや、より優れた医療サービスのイノベーションと技術に対する高い需要のために急速に増加しています。 例えば、サウジアラビアは2018年2月に医療民営化プログラムを開始しました。 同様に、2018年8月に、Koninklijke Philipsは、医療業界向けに患者中心のモニタリングソリューションを開発し、商品化している米国の医療技術企業Xhale Assuranceを買収しました。 Technavioのアナリストは、リファビッシュ医療機器の世界市場が2023年までに10%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Block Imaging、Canon、General Electric、Koninklijke Philips、Siemens Healthineersなどです。 当調査レポートでは、リファビッシュ医療機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リファビッシュ医療機器市場規模、製品別(画像診断装置、低 …
  • アメリカのガソリン市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのガソリン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのガソリン市場規模及び予測、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経芽細胞腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、神経芽細胞腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、神経芽細胞腫治療薬市場規模、製品別(化学療法、免疫療法、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場概要 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場環境 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場動向 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場規模 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:製品別(化学療法、免疫療法、その他) ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経芽細胞腫治療薬の北米市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬の主要国分析 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:競争環境 ・神経芽細胞腫治 …
  • 産業用洗浄剤の世界市場:キレート剤、溶剤、界面活性剤、pH調整剤、可溶化剤/ヒドロトロープ
    当調査レポートでは、産業用洗浄剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、成分別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍学向けコンパニオン診断の世界市場分析・予測
  • 商業航空機用車輪の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、商業航空機用車輪の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業航空機用車輪市場規模、用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業航空機用車輪の世界市場概要 ・商業航空機用車輪の世界市場環境 ・商業航空機用車輪の世界市場動向 ・商業航空機用車輪の世界市場規模 ・商業航空機用車輪の世界市場:業界構造分析 ・商業航空機用車輪の世界市場:用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機) ・商業航空機用車輪の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業航空機用車輪の北米市場規模・予測 ・商業航空機用車輪のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業航空機用車輪のアジア太平洋市場規模・予測 ・商業航空機用車輪の主要国分析 ・商業航空機用車輪の世界市場:意思決定フレームワーク ・商業航空機用車輪の世界市場:成長要因、課題 ・商業航空機用車輪の世界市場:競争環境 ・商業航 …
  • 特殊油脂の世界市場2017-2021:製菓、製パン、乳製品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊油脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は特殊油脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bunge、Cargill、IFFCO、IOI Loders Croklaan、Wilmar International等です。
  • がんの支持療法薬剤の世界市場:治療クラス別(G-CSF、ビスホスホネート、制吐薬、オピオイド、NSAID、ESA)、主要市場別、ベンダーの展望別、セグメント予測
    がんの支持療法薬剤の世界市場は2022年には235億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率1.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん治療に伴う多くの副作用、バイオシミラーの使用増加、医療支出の増加、効果的な治療法(標的治療、カスタマイズされた治療など)が利用可能になったことなどが考えられます。本調査レポートでは、がんの支持療法薬剤の世界市場について調査・分析し、がんの支持療法薬剤の世界市場動向、がんの支持療法薬剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別がんの支持療法薬剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の塩素酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩素酸カリウム市場2015について調査・分析し、塩素酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、飲料パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・飲料パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・飲料パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・飲料パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・飲料パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のウォーターカットモニター市場:セクター別(上流、中流、下流)、場所別(オンショア、オフショア)、用途別(ウェルテスト、分離容器、LACT、タンクファーム&パイプライン、MPFM用、精製所)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ウォーターカットモニターの世界市場規模が2019年188百万ドルから2024年241百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。本書は、世界のウォーターカットモニター市場について調査・分析し、市場概要、セクター別(上流、中流、下流)分析、場所別(オンショア、オフショア)分析、用途別(分離容器、LACT、Mpfmアプリケーション、タンクファーム&パイプライン、ウェルテスト、製油所、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のウォーターカットモニター市場:セクター別(上流、中流、下流) ・世界のウォーターカットモニター市場:場所別(オンショア、オフショア) ・世界のウォーターカットモニター市場:用途別(分離容器、LACT、Mpfmアプリケーション、タンクファーム&パイプライン、ウェルテスト、製油所、その他) ・世界のウォーターカットモニター市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 韓国の肩関節置換処置動向(~2021)
  • 自動車衝突修理の世界市場:製品類型別(塗料・コーティング、消耗品、予備部品)、車種別、サービスチャネル別(DIY(自己修理方式)、DIFM(業者依頼方式(部品は自己調達))、OE(業者依頼方式 (部品調達も依頼))           
    本調査レポートでは、自動車衝突修理の世界市場について調査・分析し、自動車衝突修理の世界市場動向、自動車衝突修理の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車衝突修理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 多坑井掘削の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、多坑井掘削の世界市場について調査・分析し、多坑井掘削の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・多坑井掘削の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・多坑井掘削の世界市場:セグメント別市場分析 ・多坑井掘削の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ベネズエラの市場見通し(~2021年)
  • 細菌性皮膚および皮膚組織感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性皮膚および皮膚組織感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性皮膚および皮膚組織感染症治療薬剤
  • 敗血症性ショック(Septic Shock):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・敗血症性ショック(Septic Shock):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・敗血症性ショック(Septic Shock)のフェーズ3治験薬の状況 ・敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬の市場規模(販売予測) ・敗血症性ショック(Septic Shock)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・敗血症性ショック(Septic Shock)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬剤
  • 極低温バイアルの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「極低温バイアルの世界市場2020-2024」は、極低温バイアルについて市場概要、市場規模、種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・極低温バイアルの世界市場:種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の持続的血糖モニタリングシステム市場規模・予測2017-2025:構成要素別s(トランスミッター・レシーバー、統合インスリンパンプ、・センサー)、人工統計別(子供の人口、大人の人口)、エンドユーザー別(自宅用ヘルスケア、診断センター/クリニック、ICUs)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の持続的血糖モニタリングシステム市場について調査・分析し、世界の持続的血糖モニタリングシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の持続的血糖モニタリングシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 卵代替材料の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:デンプン、ミルクプロテイン、大豆製品、藻類粉、タンパク質
  • 泡ガラスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、泡ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(オープンセル・クローズドセル)分析、プロセス別(物理的および化学的)分析、用途別(建築&産業用絶縁および化学処理システム)分析、エンドユーズ産業別(建築&建設および産業)分析、泡ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、泡ガラスの世界市場規模が2019年1503キロトンから2024年1964キロトンまで年平均5.5%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"