"世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 2149)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global sterilization equipment market size is projected to register a CAGR of 7.0% during the forecast period.”
The global sterilization equipment market size is projected to reach USD 12.5 billion by 2024 from USD 8.9 million in 2019, at a CAGR of 7.0%. Growth in this industry is driven by the increasing number of surgeries performed, rising incidences of hospital-acquired infections, growth in the pharmaceutical and biotechnology industries, increasing outsourcing of sterilization services, and the growing focus on food sterilization and disinfection. On the other hand, harmful effects of ethylene oxide and end user non-compliance to sterilization standards are the burning issues in this market. Additionally, e-beam sterilization and emerging economies are offering growth opportunities for players in the market.

“The consumables and accessories segment is anticipated to grow at the fastest growth rate during the forecast period.”
The sterilization equipment market by product & services is categorized into instruments, consumables & accessories, and services. The consumables and accessories segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of this segment is mainly driven by the rising number of sterilization processes conducted, the growing importance of sterilization, and regulatory guidelines favoring the use of accessories.

“The pharmaceutical companies segment is estimated to grow at a rapid rate during the analysis period.”
On the basis of end users, the sterilization equipment market is segmented into hospitals and clinics, medical device companies, the food and beverage industry, pharmaceutical companies, and other end users. The pharmaceutical companies segment is expected to remain the fastest-growing segment of the global sterilization equipment market during the forecast period. Factors such as growth in the number of pharmaceutical companies & contract manufacturers and the demand for sterilization equipment in the pharmaceutical industry are driving the growth of this segment.

“Asia Pacific is estimated to register the highest CAGR during the study period.”
Geographically, the sterilization equipment market is dominated by North America and followed by Europe in 2018. However, the Asia Pacific region is estimated to grow at the fastest rate owing to an increasing number of hospitals and clinics, growing population, and government initiatives for infrastructural improvements of healthcare facilities.

Breakdown of Profiles of Primary Participants:
• By Company Type: Tier 1: 32%, Tier 2: 44%, and Tier 3: 24%
• By Designation: C-level: 30%, Director-level: 34%, and Others: 36%
• By Region: North America: 40%, Europe: 28%, Asia Pacific: 20%, and the Rest of the World: 12%

The key players in the sterilization equipment market include STERIS Corporation (US), Getinge Group (Sweden), 3M Company Group (US), Belimed AG (Switzerland), MMM Group (Germany), MATACHANA Group (Spain), Sotera Health (US), Cantel Medical (US), Advanced Sterilization Products (US), Cardinal Health (US), Tuttnauer (Netherlands), DE LAMA S.p.A. (Italy), SysTec GmbH (Germany), Steelco S.p.A. (Italy), Noxilizer, Inc. (US), Merck KGaA (Germany), Sartorius AG (Germany), E-BEAM Services, Inc. (US), Life Science Outsourcing, Inc. (US), Cosmed Group, Inc. (US), and Andersen Products, Inc. (US).

Research Coverage:
The report analyzes the sterilization equipment market by products and services, end user, and region. Apart from comprehensive geographic product analysis and market sizing, the report also provides a competitive landscape that covers the growth strategies adopted by market players over the last three years. In addition, the company profiles include the product portfolios, developments, and strategies adopted by prominent market players to maintain and increase their shares in the market. Market research data, current market size, and forecast of future trends will help key market players and new entrants to make the necessary decisions regarding product offerings, geographic focus, change in strategic approach, and levels of output to remain successful in the market.

Key Benefits of Buying the Report:
This report will enable both established firms and new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help these firms garner greater market shares. Firms purchasing the report can use anyone, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market shares.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the sterilization equipment market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the product approvals, R&D activities, and product launches in the sterilization equipment industry
• Competitive Assessment: In-depth assessment of the market strategies, geographic and business segments, and product portfolios of the leading players in the sterilization equipment market
• Market Development: Detailed information about emerging markets.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the sterilization equipment market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Secondary Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2 Primary Data
2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.3.3 Growth Forecast
2.4 Data Triangulation Methodology
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Sterilization Equipment Market Overview
4.2 North America: Market, By Product & Service (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Sterilization Equipment Market
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Incidence of Hospital-Acquired Infections
5.2.1.2 Rising Number of Surgical Procedures
5.2.1.3 Rising Focus on Food Sterilization and Disinfection
5.2.1.4 Growth in the Pharmaceutical and Biotechnology Industries
5.2.1.5 Increasing Outsourcing of Sterilization Services
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 E-Beam Sterilization
5.2.2.2 Emerging Markets
5.2.3 Burning Issues
5.2.3.1 Harmful Effects of Ethylene Oxide
5.2.3.2 Non-Compliance to Sterilization Standards
6 Sterilization Equipment Market, By Product & Service (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Sterilization Instruments
6.2.1 Heat/High-Temperature Sterilization Instruments
6.2.1.1 Moist Heat/Steam Sterilization Instruments
6.2.1.1.1 Moist Heat Sterilization is One of the Oldest Heat Sterilization Techniques Used
6.2.1.2 Dry Heat Sterilization Instruments
6.2.1.2.1 Increasing Usage in Laboratory Glassware Sterilization Will Drive Market Growth
6.2.2 Low-Temperature Sterilization Instruments
6.2.2.1 Hydrogen Peroxide Sterilization Instruments
6.2.2.1.1 Hydrogen Peroxide Sterilization Instruments Dominate the Low-Temperature Sterilization Instruments Market
6.2.2.2 Ethylene Oxide Sterilization Instruments
6.2.2.2.1 Eto is Widely Used for Plastic Products/Packaging That May Be Discolored By Irradiation
6.2.2.3 Ozone-Based Sterilization Instruments
6.2.2.3.1 Cost Savings and Lack of Residue Have Made Ozone-Based Sterilization Popular Among Stakeholders
6.2.2.4 Formaldehyde Sterilization Instruments
6.2.2.4.1 Effectiveness of Formaldehyde Sterilizers to Sterilize Heat-Sensitive Goods is Expected to Boost the Market
6.2.2.5 Other Low-Temperature Sterilization Instruments
6.2.3 Ionizing Radiation Sterilization Instruments
6.2.3.1 Gamma Radiation Sterilization Instruments
6.2.3.1.1 Safety, Reliability, and High Effectiveness of Gamma Radiation Sterilization Have Driven Its Adoption
6.2.3.2 E-Beam Radiation Sterilization Instruments
6.2.3.2.1 E-Beam Radiation Sterilization Instruments Will Witness High Adoption in the Coming Years
6.2.4 Filtration Sterilization Instruments
6.2.4.1 Wide Use of Filtration Sterilization in Pharmaceutical and Food Industry Will Boost Market Growth
6.3 Sterilization Services
6.3.1 Ethylene Oxide Sterilization Services
6.3.1.1 Ethylene Oxide Sterilization Services Dominate the Sterilization Services Market
6.3.2 Gamma Radiation Sterilization Services
6.3.2.1 Increasing Use of Gamma Radiation Sterilization Services in the Life Science Industry Will Drive Market Growth
6.3.3 E-Beam Sterilization Services
6.3.3.1 E-Beam Sterilization Services to Register the Highest Growth During the Forecast Period
6.3.4 Steam Sterilization Services
6.3.4.1 Limited Application of Steam Sterilization has Affected Market Growth
6.3.5 Other Sterilization Services
6.4 Sterilization Consumables and Accessories
6.4.1 Sterilization Indicators
6.4.1.1 Chemical Indicators
6.4.1.1.1 Chemical Indicators Dominate the Sterilization Indicators Market, By Type
6.4.1.2 Biological Indicators
6.4.1.2.1 Biological Indicators Will Register the Highest CAGR in the Sterilization Indicators Market
6.4.2 Pouches
6.4.2.1 The Increasing Demand for Pouches is Attributed to Their Single-Use Nature and Short Shelf-Life
6.4.3 Lubricants
6.4.3.1 Increasing Number of Surgeries Have Driven Demand for Lubricants
6.4.4 Sterilization Accessories
6.4.4.1 Growing Awareness of Sterilization is Driving Demand for Accessories
7 Sterilization Equipment Market, By End User (Page No. – 67)
7.1 Introduction
7.2 Hospitals & Clinics
7.2.1 Hospitals & Clinics are the Largest End Users of Sterilization Equipment
7.3 Medical Device Companies
7.3.1 Medical Devices are Primarily Sterilized Using Heat Sterilization & Low-Temperature Sterilization Methods
7.4 Pharmaceutical Companies
7.4.1 Growth in the Pharmaceutical Industry to Drive the Adoption of Sterilization Equipment
7.5 Food & Beverage Companies
7.5.1 Increasing Incidence of Foodborne Diseases to Support Market Growth
7.6 Other End Users
8 Sterilization Equipment Market, By Region (Page No. – 75)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 USD
8.2.1.1 The USD Will Dominate the North American Sterilization Equipment Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Increasing Number of Procedures Will Drive Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Germany Accounts for the Largest Share of the European Sterilization Equipment Market
8.3.2 France
8.3.2.1 Rising Incidence of Hais Will Drive Market Growth
8.3.3 UK
8.3.3.1 Growing Patient Population and Rising Surgical Volume are Key Drivers for Market Growth
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Rising Geriatric Population in Italy Will Support Market Growth
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Growing Prevalence of Chronic Diseases is A Key Growth Driver in the Spanish Market
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.1.1 Growing Geriatric Population and Increasing Incidence of Chronic Diseases are Expected to Drive the Market in Japan
8.4.2 China
8.4.2.1 China to Account for the Largest Share of the APAC Market During the Forecast Period
8.4.3 India
8.4.3.1 Infrastructural Improvements and Rising Number of Hospitals are Driving Market Growth
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Latin America
8.5.1 Brazil
8.5.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share of the Latin American Sterilization Equipment Market
8.5.2 Mexico
8.5.2.1 Rising Disease Prevalence and Growing Geriatric Population are Contributing to Market Growth in Mexico
8.5.3 Rest of Latin America
8.6 Middle East and Africa
8.6.1 Healthcare Infrastructure Improvements to Support Market Growth in the Middle East
9 Competitive Landscape (Page No. – 145)
9.1 Overview
9.2 Market Share Analysis, 2018
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Expansions
9.3.2 Product Launches/Approvals
9.3.3 Partnerships and Agreements
9.3.4 Acquisitions
9.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
9.4.1 Visionary Leaders
9.4.2 Innovators
9.4.3 Dynamic Differentiators
9.4.4 Emerging Companies
10 Company Profiles (Page No. – 151)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
10.1 Steris Corporation
10.2 Getinge Group
10.3 Advanced Sterilization Products
10.4 3M Company Group
10.5 Belimed AG(A Metall Zug Group Company)
10.6 MMM Group
10.7 Matachana Group
10.8 Sotera Health
10.9 Cantel Medical
10.10 Cardinal Health
10.11 Tuttnauer
10.12 Andersen Products, Inc.
10.13 Steelco S.P.A.
10.14 Merck KgaA
10.15 Noxilizer, Inc.
10.16 DE Lama Spa
10.17 Cosmed Group, Inc.
10.18 E-Beam Services, Inc.
10.19 Life Science Outsourcing, Inc.
10.20 Systec GmbH
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 188)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)
【発行日】2019年11月29日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 2149
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アジアの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 光センサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • アレルギー免疫療法の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アレルギー免疫療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アレルギー免疫療法の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 5Gチップセットの世界市場予測(~2026年):RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、5Gチップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、IC種類(RFIC、ASIC、セルラーC、mmWave IC)別分析、動作周波数別分析、製品(デバイス、CPE、ネットワークインフラ装置)別分析、需要先別分析、5Gチップセットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有線インターフェイスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、有線インターフェイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンポーネント種類(USB、HDMI、Thunderbolt、DisplayPort)分析、デバイス分析、有線インターフェイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維の世界市場予測(~2026):連続炭素繊維、炭素長繊維、炭素短繊維
    当調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、原料別分析、形状別分析、需要先別分析、炭素繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硝酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硝酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、硝酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RETタンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるRETタンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・RETタンパク質阻害剤の概要 ・RETタンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のRETタンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・RETタンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・RETタンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場について調査・分析し、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 調理不要の栄養治療食および補助食(RUTFおよびRUSF)の世界市場:タイプ別(RUTF、RUSF)、産業別(ユニセフ、WFP、NGO)、販売チャネル別、地域別予測
    本資料は、調理不要の栄養治療食および補助食(RUTFおよびRUSF)の世界市場について調べ、調理不要の栄養治療食および補助食(RUTFおよびRUSF)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(RUTF、RUSF)分析、産業別(ユニセフ、WFP、NGO)分析、販売チャネル別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMana Nutritive Aid Products、Nutriset SAS、Valid Nutrition、InnoFaso、GC Rieber Compact AS、Tabatchnik Fine Foods、Edesia USA、Diva Nutritional Products、Hilina、Insta Products、NutriVita Foods、Kaira District Cooperative、Meds & Food for Kids、Nuflower Foods and Nutrition Pvt.、Samil Industrial Co. …
  • 自動車サーマルシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車サーマルシステムの世界市場について調査・分析し、自動車サーマルシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 冷凍ベーカリーの世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、冷凍ベーカリーの世界市場について調査・分析し、冷凍ベーカリーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場予測2019-2024
    「動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、塞栓コイル、バルーン・ステント支援コイル、アクセス・デリバリーデバイス、動脈瘤クリップ、分流器など、用途別には、Hospitals、Clinics、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動脈瘤コイル塞栓術装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場概要(サマリー) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の企業別販売量・売上 ・動脈瘤コイル塞栓術装置の企業別市場シェア ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場規模:種類別(塞栓コイル、バルーン・ステント支援コイル、アクセス・デリバリーデバイス、動脈瘤クリップ、分流器) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Others) ・動脈瘤コイル塞栓術装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動脈瘤コイル塞栓術装置のアジア市場規模( …
  • 大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024
    「大麻ベースアルコール飲料の世界市場2020-2024」は、大麻ベースアルコール飲料について市場概要、市場規模、製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン)分析、用途別分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:製品別(大麻入りビール、大麻入りスピリッツ、大麻入りワイン) ・大麻ベースアルコール飲料の世界市場:用途別 ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • CNG自動車の世界市場
    当調査レポートでは、CNG自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNG自動車の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の分光計市場2015について調査・分析し、分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLEDドライバー市場2016
    本調査レポートでは、世界のLEDドライバー市場2016について調査・分析し、LEDドライバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコンアノード電池の世界市場見通し2016-2022:角柱型、パウチ型、円筒型
    当調査レポートでは、シリコンアノード電池の世界市場について調査・分析し、シリコンアノード電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・シリコンアノード電池の世界市場:市場動向分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:競争要因分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:種類別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:用途別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:容量別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:地域別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の北米市場規模 ・シリコンアノード電池の欧州市場規模 ・シリコンアノード電池のアジア市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 結膜炎治療薬の世界市場:細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎
    当調査レポートでは、結膜炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、結膜炎治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、種類別分析、パイプライン分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モーター保護用回路遮断器の世界市場2017-2021:中電圧、低電圧
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モーター保護用回路遮断器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、モーター保護用回路遮断器の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモーター保護用回路遮断器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEaton、General Electric、Rockwell Automation、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 世界のワイヤレスオーディオレシーバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のワイヤレスオーディオレシーバー市場2015について調査・分析し、ワイヤレスオーディオレシーバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場
    当調査レポートでは、モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機ペットフードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、有機ペットフードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、有機ペットフードの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 軍用センサーの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、軍用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(インテリジェンス・偵察、通信・航法、戦闘作戦、電子戦、標的認識、指揮統制、監視)分析、プラットフォーム別分析、コンポーネント別分析、軍用センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、軍用センサーの世界市場規模が2019年247億ドルから2025年332億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。
  • 接着促進剤の世界市場:シラン、無水マレイン酸、塩素化ポリオレフィン、チタン酸塩、ジルコン酸塩
    当調査レポートでは、接着促進剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キャリブレーションサービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、キャリブレーションサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャリブレーションサービス市場規模、タイプ別(サードパーティーサービス、社内ラボ、相手先商標製造会社(OEM))分析、サービス別(電子、物理・寸法、機械、熱力学)分析、エンドユーザー別(工業 ・自動車、電子機器製造、航空宇宙・防衛、通信、バイオ医薬・医薬品、材料生産、農業・食品生産、高度技術、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:市場動向分析 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:競争要因分析 ・ キャリブレーションサービスの世界市場:タイプ別(サードパーティーサービス、社内ラボ、相手先商標製造会社(OEM)) ・ キャリブレーションサービスの世界市場:サービス別(電子、物理・寸法、機械、熱力学) ・ キャリブレーションサービスの世界市場:エンドユーザー別(工業 ・自動車、電子機器製造、航空宇宙・防衛、 …
  • 世界の工業用チョコレート市場2015
    本調査レポートでは、世界の工業用チョコレート市場2015について調査・分析し、工業用チョコレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の概要 ・急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性前骨髄球性白血病(Acute Promyelocytic Leukemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • オフグリッド・エネルギー貯蔵システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オフグリッド・エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフグリッド・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模及び予測、バッテリー技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・移植片対宿主病(GVHD)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 産業用ギヤボックスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ギヤボックスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLED蛍光体市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED蛍光体市場2015について調査・分析し、LED蛍光体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia)の概要 ・気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の気管支肺異形成症(Bronchopulmonary Dysplasia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・気管支肺異形成症( …
  • 石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 親水性コーティングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、親水性コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、親水性コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は親水性コーティングの世界市場が2016-2020年期間中に年平均6.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAculon、Biocoat、Harland Medical Systems、Hydromer、DSM等です。
  • カラー化粧品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、カラー化粧品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カラー化粧品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 接地装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、接地装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、接地装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 黒鉛(グラファイト)の世界市場予測(~2022年):天然黒鉛、人造黒鉛
    当調査レポートでは、黒鉛(グラファイト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、黒鉛(グラファイト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力スイッチの世界市場:タイプ別(電気機械式、ソリッドステート)、圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超)、用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧)、エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業)、地域別予測
    本資料は、圧力スイッチの世界市場について調べ、圧力スイッチの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(電気機械式、ソリッドステート)分析、圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超)分析、用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧)分析、エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・圧力スイッチの世界市場概要 ・圧力スイッチの世界市場環境 ・圧力スイッチの世界市場動向 ・圧力スイッチの世界市場規模 ・圧力スイッチの世界市場規模:タイプ別(電気機械式、ソリッドステート) ・圧力スイッチの世界市場規模:圧力範囲別(100バール未満、100〜400バール、400バール超) ・圧力スイッチの世界市場規模:用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧) ・圧力スイッチの世界市場規模:エンドユーザー別(自動車・輸送、プロセス・製造業、商業) ・圧力 …
  • ノンシュガー甘味料の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ノンシュガー甘味料の世界市場について調査・分析し、ノンシュガー甘味料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:市場動向分析 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:競争要因分析 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ノンシュガー甘味料の北米市場規模 ・ノンシュガー甘味料の欧州市場規模 ・ノンシュガー甘味料のアジア市場規模 ・ノンシュガー甘味料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 磁気センサーの世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「磁気センサーの世界市場2020-2024」は、磁気センサーについて市場概要、市場規模、用途別(自動車、産業、家電、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・磁気センサーの世界市場:用途別(自動車、産業、家電、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 環境センサーの世界市場予測(~2023年):温度、湿度、大気質、水質、集積、UV、土壌水分
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、環境センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(温度、湿度、大気質、水質、集積、UV、土壌水分)分析、垂直産業別(政府、商業、工業、住宅、民生機器、企業)分析、環境センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工採油の世界市場予測:水中電動ポンプ、ロッドリフト、プログレッシブキャビティポンプ、ガスリフト
    当調査レポートでは、人工採油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、仕組み別分析、用途別分析、地域別分析、人工採油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場
    当調査レポートでは、ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場:導入別分析/市場規模 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)のアメリカ市場規模予測 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)のヨーロッパ市場規模予測 ・ウェブリアルタイム通信(WebRTC)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アジアの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • ポリアクリル酸エチルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリアクリル酸エチルの世界市場について調査・分析し、ポリアクリル酸エチルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリアクリル酸エチルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリアクリル酸エチル種類別分析(ポリアクリル酸エチル28、ポリアクリル酸エチル32、ポリアクリル酸エチル40、その他)、ポリアクリル酸エチル用途別分析(シリコンゴム、高純度シリカ、ビトリファイ結合剤、シリカゲル材、塗料・コーティング、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリアクリル酸エチルの市場概観 ・ポリアクリル酸エチルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリアクリル酸エチルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリアクリル酸エチルの世界市場規模 ・ポリアクリル酸エチルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリアクリル酸エチルのアメリカ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのカナダ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのメキシコ市場規模推移 ・ポリアクリル酸エチルのヨーロッ …
  • 瘢痕治療の世界市場分析:製品別(局所、レーザー、注射)、瘢痕別(ストレッチマーク、萎縮、拘縮、肥大およびケロイド瘢痕)、エンドユーザー別(病院、診療所、小売薬局)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、瘢痕治療の世界市場について調査・分析し、瘢痕治療の世界市場動向、瘢痕治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別瘢痕治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"