"世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 5286)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Functional safety market to exhibit significant growth during 2019–2024”
The functional safety market is estimated to grow from USD 4.6 billion in 2019 to USD 7.1 billion by 2024, at a CAGR of 8.8%. The key factors driving the market’s growth include strict mandates for safety regulations, surging demand for safety systems in the oil & gas industry, high requirement for reliable safety systems to ensure personnel and asset protection, and rise in industrial revolution 4.0. However, high investment required for installing functional safety systems and lack of awareness and complexity of standards will likely restrain the growth.

“Market for fire & gas monitoring systems to grow at highest CAGR during forecast period“
The fire and gas monitoring system market is estimated to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. Fire and gas safety systems continuously monitor fire or combustible/toxic gas leakages and provide early warning to prevent escalations. By implementing functional safety-certified fire and gas systems, plants can meet their safety and critical infrastructure protection requirements. The IEC 61511 and ANSI/ISA standards are increasingly being followed in various process industries, thereby contributing to the high growth of the market for fire & gas systems.

“Oil & gas industry to hold major share of functional safety market during forecast period”
The oil & gas industry is expected to hold the majority market share from 2019 to 2024. The oil & gas industry faces different types of risks and hazards, thereby giving rise to serious accidents that might have an adverse impact on people, assets, and environment. In avoiding such incidents, functional safety becomes a matter of utmost importance. Various safety instrumented systems are used in the oil & gas industry. For instance, ESDs are used to minimize the consequences of emergencies by shutting down systems and equipment and isolating hydrocarbon inventories, electrical equipment, and emergency ventilation control. Further, HIPPS are used to safeguard pipelines, vessels, and process packages against overpressure.

“Europe to be largest market for functional safety systems during forecast period”
Europe is expected to lead the global functional safety market, in terms of size, from 2019 to 2024. The functional safety and functional safety requirements are stringent in Europe; these regulatory standards and safety directives in the region are driving the growth of the market for functional safety in Europe. A few key market players, such as ABB (Switzerland), Omron (Japan), and Siemens (Germany), offer safety solutions and services to manufacturing companies in Europe.

Break-up of primary participants’ profile:
• By Company Type – Tier 1 = 52%, Tier 2 = 31%, and Tier 3 = 17%
• By Designation – C-level = 47%, Director-level = 31%, and Manager-level = 22%
• By Region – North America = 44%, Europe =25%, APAC = 21%, South America = 5%, and MEA = 5%
The key players in the market include Emerson (US), Honeywell (US), Rockwell (US), ABB (Switzerland), Schneider (France), Yokogawa (Japan), General Electric (US), Hima Paul (US), Omron (Japan), Siemens (Germany), and Others.
The global functional safety market is segmented into offering, system, industry, and geography. The market, by system, is segmented into emergency shutdown system (ESD), fire & gas monitoring system, high integrity pressure protection system (HIPPS), burner management system (BMS), and turbomachinery control (TMC). Based on offering, the functional safety market has been split into component and service. The industries studied in the report include oil & gas, power generation, chemicals, food & beverages, pharmaceuticals, metal & mining, water & wastewater, and others. The functional safety market is segmented into 4 regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on offering, system, industry, and geography have been conducted to give an overall view of the functional safety market.
• A value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the functional safety market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the functional safety market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenues of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary & Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Interviews With Experts
2.1.3.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3.3 Key Industry Insights
2.1.3.4 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Functional Safety Market
4.2 Market, By System
4.3 Market, By Component
4.4 Market, By Service
4.5 Market, By Offering
4.6 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Strict Mandates for Safety Regulations
5.2.1.2 Surging Demand for Safety Systems in Oil & Gas Industry
5.2.1.3 High Requirement for Reliable Safety Systems to Ensure Personnel and Asset Protection
5.2.1.4 Rise in Industrial Revolution 4.0
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Investment Required for Installing Functional Safety Systems
5.2.2.2 Lack of Awareness and Complexity of Standards
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Acceptance of Workplace Safety Standards in Emerging Economies
5.2.3.2 Increasing Usage of Industrial Internet of Things (Iiot) Creating Opportunities for the Market
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Complexity of Safety Applications
5.2.4.2 Lack of Functional Safety Certified Workforce
5.3 Safety Integrity Level (SIL)
5.3.1 Functional Safety Standards
5.3.1.1 IEC 61508
5.3.1.2 IEC 61511
5.3.1.3 IEC 62061
5.3.1.4 IEC 62443
5.3.2 Adoption of Different Technologies in Functional Safety
5.4 Process Flow Analysis of Functional Safety
6 Functional Safety Market, By System (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Emergency Shutdown System (ESD)
6.2.1 Emergency Shutdown Systems Held Largest Size of Functional Safety Market in 2018
6.3 Fire & Gas Monitoring
6.3.1 Fire and Gas Monitoring System Mainly Used to Prevent and Lower After-Effects of Fire Accidents
6.4 High Integrity Pressure Protection System (HIPPS)
6.4.1 Rising Demand for Reliable Safety Solutions for Personnel and Asset Protection in High-Pressure Environments Triggers HIPPS Market Growth
6.5 Burner Management System (BMS)
6.5.1 BMS Helps in Reliable Monitoring, Operations, and Maintenance of All Assets in Plants
6.6 Turbomachinery Control (TMC)
6.6.1 TMC Provides Tight Control Over the Speed of Steam, Hydro, and Gas Turbines
7 Functional Safety Market, By Offering (Page No. – 79)
7.1 Introduction
7.2 Component
7.2.1 Safety Sensor
7.2.1.1 Safety Sensors Hold Largest Share of Functional Safety Market
7.2.2 Programmable Safety System
7.2.2.1 Programmable Safety Systems to Grow at Highest Rate During Forecast Period
7.2.3 Safety Controller/Module/Relay
7.2.3.1 High Requirement of Safety Components in Functional Safety Systems
7.2.4 Safety Switch
7.2.4.1 Functional Safety Switches are Used to Protect Equipment and Users During Hazardous Situations
7.2.5 Emergency Stop Device
7.2.5.1 Emergency Stop Devices have Wide Range of Safety Applications in Industries
7.2.6 Final Control Element
7.2.6.1 Demand for Final Control Element in Oil & Gas and Power Generation Industries to Continue to Rise in Future
7.2.7 Others
7.3 Service
7.3.1 Testing, Inspection, and Certification
7.3.1.1 Market for TIC Services to Grow at Highest CAGR From 2019 to 2024
7.3.2 Maintenance
7.3.2.1 Maintenance Services to Continue to Hold Largest Size of Functional Safety Market During 2019–2024
7.3.3 Training and Consulting
7.3.3.1 Training and Consulting Services are Gaining Pace With Rising Adoption of HIPPS in Process Plants
8 Functional Safety Market, By Industry (Page No. – 99)
8.1 Introduction
8.2 Oil & Gas
8.2.1 Oil & Gas Industry to Account for Largest Market Share
8.3 Food & Beverages
8.3.1 Food & Beverages Industry Employ Functional Safety Owing to Regulatory Issues
8.4 Pharmaceuticals
8.4.1 Pharmaceutical Companies Implement Functional Safety to Prevent Potential Hazards
8.5 Chemicals
8.5.1 Demand for Safety and Reliability in Chemicals Industry Propels Growth for Functional Safety Market
8.6 Power Generation
8.6.1 Power Generation Industry Uses Functional Safety for Protecting Plants From Hazard
8.7 Metals & Mining
8.7.1 Functional Safety System Helps Ensure Efficient and Safe Production in Metals & Mining Industry
8.8 Water & Wastewater
8.8.1 Functional Safety Helps in Improving Operational Efficiency and Saving Operational Costs of Water & Wastewater Treatment Plants
8.9 Others
9 Geographic Analysis (Page No. – 118)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Hold Largest Size of Market in North America During Forecast Period
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Strict Government Regulations Drive Market in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Abundance of Oil & Gas Reserves in Mexico to Offer Opportunities for Functional Safety Manufacturers
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Mandate for Safety Regulations Propels Demand for Functional Safety System and Services in Uk
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany to Hold Largest Size of Market in Europe During Forecast Period
9.3.3 France
9.3.3.1 Stringent Safety Requirements are Driving Market in France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Oil & Gas and Chemicals are Major End-User Industries for Functional Safety in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Fast-Growing Process Industries in Japan are Adhering to Safety Standards
9.4.3 India
9.4.3.1 Market in India to Grow at Highest CAGR During Forecast Period
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 Stringent Law to Prevent Industrial Accidents Drives Market in South Korea
9.4.5 Rest of APAC
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 South America to Be Booming Market for Functional Safety
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Middle East Held Larger Size of Market for Oil & Gas Industry in 2018
10 Competitive Landscape (Page No. – 139)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis: Functional Safety Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionaries
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio
10.5 Business Strategy Excellence
10.6 Competitive Situation & Trends
10.6.1 Contracts, Agreements, and Partnerships
10.6.2 Product Launches & Developments
10.6.3 Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 151)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Schneider Electric
11.1.2 Honeywell
11.1.3 ABB
11.1.4 Rockwell
11.1.5 Hima Paul
11.1.6 Yokogawa
11.1.7 Emerson Electric
11.1.8 GE
11.1.9 Omron
11.1.10 Siemens Ag
11.2 Right to Win
11.3 Other Key Players
11.3.1 Johnson Controls
11.3.2 Balluff GmbH
11.3.3 Mogas Industries
11.3.4 Pietro Fiorentini (Arvan SRL)
11.3.5 Frames Group
11.3.6 Schlumberger
11.3.7 Intertek
11.3.8 Dekra SE
11.3.9 TUV SUD
11.3.10 TUV Rheinland
11.3.11 SGS Group
11.3.12 Exida
11.3.13 Velan Inc
11.3.14 Paladon Systems Ltd.
11.3.15 Proserv Ingenious Simplicity
*Details on Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 191)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide—Functional Safety Market
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別
【発行日】2019年11月29日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 5286
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精巣がん(Testicular Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・精巣がん(Testicular Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の精巣がん(Testicular Cancer)治療薬剤
  • ロシアのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • アクティブ水耕栽培システムの世界市場予測2019-2024
    「アクティブ水耕栽培システムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、水耕ドリップシステム、洪水・排水システム、N.F.T. (薄膜水耕)、水耕栽培システムなど、用途別には、Commercial、Residentialなどに区分してまとめた調査レポートです。アクティブ水耕栽培システムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アクティブ水耕栽培システムの世界市場概要(サマリー) ・アクティブ水耕栽培システムの企業別販売量・売上 ・アクティブ水耕栽培システムの企業別市場シェア ・アクティブ水耕栽培システムの世界市場規模:種類別(水耕ドリップシステム、洪水・排水システム、N.F.T. (薄膜水耕)、水耕栽培システム) ・アクティブ水耕栽培システムの世界市場規模:用途別(Commercial、Residential) ・アクティブ水耕栽培システムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アクティブ水耕栽培システムのアジ …
  • シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はシグナル・インテリジェンス(SIGINT)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BAE Systems、Elbit Systems、General Dynamics、Northrop Grumman、Saab等です。
  • 線量測定器の世界市場
    当調査レポートでは、線量測定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、線量測定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPVDC市場2015
    本調査レポートでは、世界のPVDC市場2015について調査・分析し、PVDCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイエット用サプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ダイエット用サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエット用サプリメントの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ波装置の世界市場予測(~2022年):アクティブマイクロ波装置、パッシブマイクロ波装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロ波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、周波数別分析、用途別分析、地域別分析、マイクロ波装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レブリン酸の世界市場予測(~2021): 可塑剤、医薬品&化粧品
    当調査レポートでは、レブリン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、レブリン酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体廃棄物管理の世界市場: 発生源別(住宅、商業施設)、産業別、サービス別(収集、輸送)
    本調査レポートでは、液体廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、液体廃棄物管理の世界市場動向、液体廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラフティング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラフティング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラフティング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピメトロジン市場2015
    本調査レポートでは、世界のピメトロジン市場2015について調査・分析し、ピメトロジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DDoS保護の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、DDoS保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、地域別分析、DDoS保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットサービスの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接、組立てライン
    当調査レポートでは、産業ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜ジュースの世界市場2014–2025:製品別(果物ジュース、果物と野菜ミックス、野菜ジュース)、地域別
    本調査レポートでは、果物・野菜ジュースの世界市場について調査・分析し、果物・野菜ジュースの世界市場動向、果物・野菜ジュースの世界市場規模、市場予測、セグメント別果物・野菜ジュース市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 平面状ガラスの世界市場予測(~2022年):フロートガラス、圧延ガラス、板ガラス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、平面状ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、平面状ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトセメントの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ホワイトセメントの世界市場について調べ、ホワイトセメントの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ホワイトセメントの市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭用、商業用、インフラ用)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はホワイトセメントの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ホワイトセメントの市場状況 ・ホワイトセメントの市場規模 ・ホワイトセメントの市場予測 ・ホワイトセメントの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(家庭用、商業用、インフラ用) ・ホワイトセメントの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のエタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のエタノール市場2015について調査・分析し、エタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂質栄養の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、脂質栄養の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂質栄養の世界市場:市場動向分析 - 脂質栄養の世界市場:競争要因分析 - 脂質栄養の世界市場:形状別 ・液状 ・粉末 - 脂質栄養の世界市場:由来別 ・植物性 ・動物性 - 脂質栄養の世界市場:種類別 ・中鎖脂肪酸トリグリセリド (MCTs) ・オメガ6 ・オメガ3 ・大鎖脂肪酸トリグリセリド (LCTs) ・その他 - 脂質栄養の世界市場:販売チャネル別 ・ 間接チャネル ・ 直接チャネル - 脂質栄養の世界市場:用途別 ・動物栄養 ・乳児用調製粉乳 ・医薬品 ・食物栄養価の強化 ・栄養補助食品・機能性食品 ・飲料・食品 ・ペットフード ・その他 - 脂質栄養の世界市場:主要地域別分析 - 脂質栄養の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂質栄養のヨーロッパ市場規模 - 脂質栄養のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂質栄養の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 避雷針の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、避雷針の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コックピット用電子製品の世界市場予測(~2022年):HUD、情報ディスプレイ、情報機器・ナビゲーション、インスツルメントクラスタ、テレマチックス
    当調査レポートでは、コックピット用電子製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、燃料別分析、地域別分析、コックピット用電子製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコーン油市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリコーン油市場2016について調査・分析し、シリコーン油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用酵素の世界市場:種類別(ホスファターゼ、デヒドロゲナーゼ、プロテアーゼ、スルファターゼ、その他)、製品の種類別(肥沃度改善用、成長促進用)、作物の種類別(穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、芝生・観賞植物、その他)、地域別予測
    本資料は、農業用酵素の世界市場について調べ、農業用酵素の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ホスファターゼ、デヒドロゲナーゼ、プロテアーゼ、スルファターゼ、その他)分析、製品の種類別(肥沃度改善用、成長促進用)分析、作物の種類別(穀類、油糧種子・豆類、果物・野菜、芝生・観賞植物、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNovozymes A/S、 Syngenta AG 、 BASF SE、 Agrinos as 、 Stoller USA Inc. 、 Bioworks, Inc.、 Agri Life 、 Bayer Cropscience AG 、 Monsanto Company 、E. I. Du Pont De Nemours and Companyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業用酵素の世界市場概要 ・農業用酵素の世界市場環境 ・農業用酵素の世界市場動向 ・農業用酵素の世界市場規模 ・農業用酵素の世界市場規模:種類 …
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • 自動車用オイルポンプの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用オイルポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用オイルポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction)の概要 ・左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の左心室機能不全(Left Ventricular Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・左心室機 …
  • 抗菌薬の世界市場:セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド系薬、カルバペネム系薬
  • 世界のデータセンター向け液浸冷却市場分析・予測
    本調査レポートでは、世界のデータセンター向け液浸冷却市場について調査・分析し、世界のデータセンター向け液浸冷却市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ホワイトバイオテクノロジーの世界市場分析:製品別(バイオ燃料、バイオマテリアル、生化学、工業用酵素)、用途別(バイオエネルギー、食品・飼料添加物、医薬品原料、パーソナルケア・家庭用品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場動向、ホワイトバイオテクノロジーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ホワイトバイオテクノロジー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エジプトの装具市場見通し
  • フレーバー及びレグランスの世界市場:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(食品香料、香粧品香料)、地域別
    本調査レポートでは、フレーバー及びレグランスの世界市場について調査・分析し、フレーバー及びレグランスの世界市場動向、フレーバー及びレグランスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フレーバー及びレグランス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター
    当調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、農業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三ふっ化ほう素市場2016
    本調査レポートでは、世界の三ふっ化ほう素市場2016について調査・分析し、三ふっ化ほう素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 飼料用トレースミネラル(キレート化)の世界市場予測(~2022年):亜鉛、鉄、マンガン、コバルト、クロミウム、銅
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料用トレースミネラル(キレート化)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用トレースミネラル(キレート化)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲノム工学の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゲノム工学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲノム工学の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両用補助電源システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉄道車両用補助電源システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道車両用補助電源システム市場規模、製品別(高速鉄道車両、機関車、鉄道車両)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場概要 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場環境 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場動向 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場規模 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:業界構造分析 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:製品別(高速鉄道車両、機関車、鉄道車両) ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉄道車両用補助電源システムのアメリカ市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムのアジア市場規模・予測 ・鉄道車両用補助電源システムの主要国分析 ・鉄道車両用補助電源システムの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • フランスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 超音波試験の世界市場:TOFD法、フェーズドアレイ、浸せき試験、ガイド波試験
    当調査レポートでは、超音波試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、装置別分析、サービス別分析、産業別分析、超音波試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場
    当調査レポートでは、CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CBRN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)対応の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎移植(Kidney Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎移植(Kidney Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎移植(Kidney Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎移植(Kidney Transplantation)治療薬剤
  • 世界のLED蛍光体市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED蛍光体市場2015について調査・分析し、LED蛍光体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 床用接着剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、床用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、床用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳波計(EEG)・筋電計(EMG)市場規模、製品別(脳波計、筋電計)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場概要 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場環境 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場動向 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場規模 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:業界構造分析 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:製品別(脳波計、筋電計) ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のアメリカ市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のヨーロッパ市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)のアジア市場規模・予測 ・脳波計(EEG)・筋電計(EMG)の主要 …
  • ウエハ洗浄装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ウエハ洗浄装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、装置種類別分析、用途別分析、ウェハサイズ別分析、地域別分析、ウエハ洗浄装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴーシェ病治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、ゴーシェ病治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・ゴーシェ病の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・ゴーシェ病治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • イギリスの膝関節置換処置動向(~2021)
  • 産業用屋内天井クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用屋内天井クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用屋内天井クレーン市場規模、用途別分析、製品別(二重桁、単一桁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eilbeck Cranes, GH Crane & Components, GORBEL, KITO, Konecranes, Mazzella Companiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場概要 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場環境 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場動向 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場規模 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:業界構造分析 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:用途別 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:製品別(二重桁、単一桁) ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用屋内天井クレーンの北米市場規模・予測 ・産業用屋内天井クレーンのヨーロッパ・中東 …
  • レーザ材料の世界市場
    当調査レポートでは、レーザ材料の世界市場について調査・分析し、レーザ材料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 親水コロイドの世界市場:ゼラチン、キサンタン、カラゲーニン、アルジネート、寒天、ペクチン、グアー、イナゴマメ、アラビアガム、CMC
    当調査レポートでは、親水コロイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"