"世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7454)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing adoption of AR and VR devices in automotive industry to drive growth of industrial wearables market”
The industrial wearables market size is projected to grow from USD 1.1 billion in 2019 to USD 8.6 billion by 2024, recording a CAGR of 50.2%. Growth of the industrial wearables market includes a high requirement for effective communication and collaborative working environment, increased interests of enterprises in utilizing AR technology especially in the production area and VR technology in specifically in training domain, and technological advancements and automation in manufacturing plants are driving the growth of the industrial wearables industry. However, constraints such as data security and privacy issues may hinder the market growth.

“Based on industry, automotive industry captured largest market share in 2018”
Vehicle manufacturing is an important phase in automotive wherein industrial wearables play a vital role. Manufacturing involves the assembly of hundreds or thousands of individual components appropriately and as fast as possible in a precisely coordinated sequence. Assembling such components is a tedious task that requires numerous instructions to be followed. Using AR, instructions can be projected onto a display. In repair and maintenance, wearables can be used to troubleshoot repairs and execute real-time communication with engineers. The adoption of industrial wearables in the automotive industry not only reduces the production time and decreases the development cost but also ensures efficient production planning, accurate production, and quality improvement & assurance. The aforementioned factors drive the demand for industrial wearables in the automotive industry.

“APAC to record highest growth rate in industrial wearables market during the forecast period”
APAC is expected to be the fastest-growing market for industrial wearables owing to the factors such as government initiatives including Made in China 2025 that support the adoption of industrial IoT and smart manufacturing technologies, government support for the adoption of advanced communication technologies including 5G, and use of AR glasses and other wearables in automotive and other critical industries to increase productivity while reducing operational costs. Investments by Chinese players in AR technology is also expected to drive the industrial wearables market in APAC. For instance, in 2016, Magic Leap (US) raised USD 794 million in a Series C round of funding, which was led by Alibaba (China). Moreover, players in the industrial wearables market invest significantly in R&D activities. For instance, in 2018, Huawei published a patent—Eyeglass Frame, which shows that the pair of AR glasses can be connected to a smartwatch, in the database of the World Intellectual Property Organization (WIPO).

In-depth interviews have been conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the industrial wearables marketplace.

• By Company Type: Tier 1 = 35%, Tier 2 = 45%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 40%, Directors = 35%, and Managers = 25%
• By Region: North America = 45%, APAC = 25%, Europe = 20%, and RoW = 10%

Major players in the industrial wearables market include Microsoft Corporation (US), Google (US), Seiko Epson Corporation (Japan), Vuzix (US), Magic Leap, Inc. (US), Apple Inc. (US), Fujitsu Ltd. (Japan), Honeywell International Inc. (US), Oculus VR (US), Samsung Electronics Co., Ltd. (South Korea), AsusTek Computer Inc. (Taiwan), Fitbit, Inc. (US), Fossil Group, Inc. (US), HTC Corporation (Taiwan), Olympus Corporation (Japan), Optinvent (France), RealWear (US), ThirdEye (US), Workerbase (Germany), and Zepcam (Netherlands).

The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the industrial wearables market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The report defines, describes, and forecasts the industrial wearables market based on device type, component, industry, and geography. It provides detailed information regarding factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the industrial wearables market. It also analyzes competitive developments such as product launches &developments, expansions, agreements, partnerships, collaborations, and acquisitions carried out by the key players to grow in the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this industry with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall industrial wearables market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Industrial Wearables Market
4.2 Market, By Device Type
4.3 Market in North America, By Device Type and Industry
4.4 Country-Wise Growth Rate of Market
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Requirement for Effective Communication and Collaborative Working Environment
5.2.1.2 Increased Interests of Enterprises in Utilizing AR Technology Especially in Production ARea and VR Technology in Specifically in Training Domain
5.2.1.3 Technological Advancements and Automation in Manufacturing Plants
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Data Security and Privacy Issues
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Trend of Industry 4.0 and Smart Manufacturing
5.2.3.2 Growing Significance of Wearables in Warehouse Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skills and Expertise to Manage Connected Devices
6 Industrial Wearables Market, By Device Type (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 AR Glasses
6.2.1 AR Glasses to Lead Market During 2019–2024
6.3 VR Headsets
6.3.1 VR Headsets are Used Primarily to Ensure Smooth Conduction of Employee Training
6.4 Smartwatches
6.4.1 Industrial Smartwatches Send Alerts About Required Tasks to Be Done and Improve Product Quality By Providing Accurate Information to Workers
6.5 Smart Bands
6.5.1 Smart Bands Help in Effective Management of Workers’ Health and Safety
6.6 Others
6.6.1 Smart Clothing
6.6.2 Wearable Cameras
7 Industrial Wearables Market, By Component (Page No. – 72)
7.1 Introduction
7.2 Processors and Memory Modules
7.2.1 Processors and Memory Modules Likely to Command Market in Coming Years
7.3 Optical Systems and Displays
7.3.1 Oled Displays Gaining Traction for Wearables
7.4 Electromechanicals, Cases, and Frames
7.4.1 Electromechanical Components Ensure Support and Rigidity of Devices
7.5 Touchpads and Sensors
7.5.1 Touchpads and Sensors Ensure Smooth Monitoring of Different Health Parameters and Functioning of Wearable Devices
7.6 Connectivity Components
7.6.1 Connectivity Components are Critical for Transmitting Data to Different Devices
7.7 Camera Modules
7.7.1 Increased Application of Camera Modules in Different Industrial Wearables
7.8 Others
8 Applications of Industrial Wearables (Page No. – 77)
8.1 Introduction
8.2 Field Repair Services
8.3 Operation and Assembly
8.4 Employee Monitoring
8.5 Warehouse Management
8.6 Emergency Response
8.7 Employee Training
9 Industrial Wearables Market, By Industry (Page No. – 79)
9.1 Introduction
9.2 Automotive
9.2.1 Increasing Adoption of New Technologies to Improve Productivity and Quality Drives Market Growth
9.3 Aerospace & Defense
9.3.1 Need for Real-Time Assistance in Complex Assembly Operations Drives Demand for Industrial Wearables
9.4 Manufacturing
9.4.1 Industrial Wearables are Used to Reduce Downtime and Enhance Operational Efficiency
9.5 Oil & Gas
9.5.1 Critical Industries Require Safe Working Environment to Ensure Proper Functioning
9.6 Power & Energy
9.6.1 Growing Use of Wearable and AR Technologies to Increase Productivity and Reduce Workplace Hazards Augments Market Growth for Power & Energy
9.7 Chemicals
9.7.1 Rising Adoption of Industrial Wearables to Streamline Supply Chain Accelerates Growth of Market for Chemicals Industry
9.8 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 103)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Presence of Leading Providers of Industrial Wearables in Country to Propel Market Growth
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Adoption of Modern Technologies By Process and Discrete Industries to Provide Growth Opportunities to Canadian Market for Industrial Wearables
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Implementation of Cutting-Edge Technologies to Create Prospects for New Technologies
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 German Automotive Industry, Being Early Adopter of Advanced Technologies, to Boost Growth of Industrial Wearables Market
10.3.2 UK
10.3.2.1 Deployment of Smart Manufacturing and Industry 4.0 Technologies in Different Industries to Create Opportunity for Market
10.3.3 France
10.3.3.1 Aerospace Industry in France Creates Ample Opportunities for Players in Industrial Wearables Market
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Collaborations and Strategic Partnerships Within Different Government Bodies Provide Chance to Italian Market to Grow
10.3.5 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Need to Adopt Effective Automation Strategy and Government Support to Facilitate Industrial Revolution Would Accelerate Demand for Industrial Wearables
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Automotive, Consumer Electronics, and Industrial Sectors Likely to Contribute Most to Market Growth in Japan
10.4.3 India
10.4.3.1 Digital Transformation of Industries to Boost Industrial Wearable Market Growth in India
10.4.4 South Korea
10.4.4.1 Government Support to Modernize Manufacturing Industry Open Doors for Market
10.4.5 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Adoption of Technologies for Improving Industrial Supply Chain to Create Demand for Industrial Wearables
10.5.2 Middle East & Africa
10.5.2.1 Implementation of Advanced Technologies in Oil & Gas and Mining Industries Offer Opportunity to Market
11 Competitive Landscape (Page No. – 118)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.2.1 Product Launches
11.2.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
11.2.3 Expansions
11.2.4 Acquisitions
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Players
11.4 Strength of Product Portfolio
11.5 Business Strategy Excellence
12 Company Profiles (Page No. – 126)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 Key Players
12.2.1 Microsoft
12.2.2 Google
12.2.3 Epson
12.2.4 Vuzix
12.2.5 Magic Leap
12.2.6 Apple Inc.
12.2.7 Fujitsu
12.2.8 Honeywell
12.2.9 Oculus VR (Facebook)
12.2.10 Samsung Electronics Co., Ltd.
12.3 Right to Win
12.4 Other Key Players
12.4.1 Asus
12.4.2 Fitbit
12.4.3 Fossil
12.4.4 HTC
12.4.5 Olympus
12.4.6 Optinvent
12.4.7 RealWear
12.4.8 Thirdeye
12.4.9 Workerbase
12.4.10 Zepcam
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 157)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7454
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の産業用ウェアラブル装置市場:装置種類別(ARメガネ、VRヘッドセット、スマートウォッチ、スマートバンド)、産業別(自動車、航空宇宙、製造、石油&ガス、電力&エネルギー)、コンポーネント別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のホウ化ジルコニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のホウ化ジルコニウム市場2016について調査・分析し、ホウ化ジルコニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラズマエッチング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラズマエッチング装置市場2015について調査・分析し、プラズマエッチング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シングルサインオン(SSO)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、シングルサインオン(SSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、シングルサインオン(SSO)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CNCコントローラーの世界市場予測(~2023年):CNCマシニングセンタ、CNCターニングセンタ
    当調査レポートでは、CNCコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、装置別分析、機械種類別分析、産業別分析、地域別分析、CNCコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食肉検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食肉検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査対象(病原菌、種、アレルゲン、GMO、マイコトキシン、重金属、残留獣医薬)別分析、サンプル(肉、シーフード)別分析、技術(PCR、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、分光法)別分析、食肉検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別
    MarketsandMarkets社は、安定同位体標識化合物の世界市場規模が2019年269百万ドルから2024年312百万ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の安定同位体標識化合物市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、種類別(水素-2、炭素-13、酸素-18、窒素-15、その他の安定同位体)分析、用途別(研究用途、臨床診断、産業用途、その他の用途)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、病院および診断センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(水素-2、炭素-13、酸素-18、窒素-15、その他の安定同位体) ・世界の安定同位体標識化合物市場:用途別(研究用途、臨床診断、産業用途、その他の用途) ・世界の安定同位体標識化合物市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオテクノロジー企業、学術研究機関、病院お …
  • 世界のイソマルトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソマルトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、イソマルトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の車線逸脱警報システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の車線逸脱警報システム市場2015について調査・分析し、車線逸脱警報システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動光計測の世界市場
    当調査レポートでは、自動光計測の世界市場について調査・分析し、自動光計測の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場は、2019年の推定23億米ドルから2024年には42億米ドルに達し、この期間中12.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、患者中心の医療への関心の高まり、医療費の増加を抑制するニーズの高まり、患者の治療と安全性を向上させるための政府の取り組み、ヘルスケア相互運用性に対する政府の資金援助、さらにはヘルスケアインフラの改善が考えられます。一方で、一貫したデータがないことで複雑さが増すこと、訓練を受けた医療IT専門家が不足していること、そしてデータのプライバシーに関する懸念は、市場が抱える課題です。当調査レポートでは、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(EHR相互運用性、健康情報交換、企業)分析、相互運用性レベル(基礎的、構造的、意味的)分析、エンドユーザー分析、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届け …
  • ワークフロー管理システムの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、ソフトウェア別、サービス別、導入種類別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ワークフロー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入種類別分析、ワークフロー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 世界及び欧州の電気自動車(EV)市場-分析及び展望(~2022年)
  • アスペルギルス症(Aspergillosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の概要 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • トルコの水力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • ガラス基板の世界市場予測(~2022年):ホウケイ酸ガラス、シリコン、セラミック、石英ガラス、クォーツガラス基板
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガラス基板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ガラス基板の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、船舶用補助エンジン市場規模、エンジン種類別(ディーゼルエンジン、ガスエンジン)分析、エンジン容量別(500~1,500kW、1,501kW以上、500kW未満)分析、船舶タイプ別(タンカー、コンテナ船、ばら積み貨物船、一般貨物船、旅客クルーズ船、自動車運搬船、RO-RO船)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・船舶用補助エンジンの世界市場概要 ・船舶用補助エンジンの世界市場環境 ・船舶用補助エンジンの世界市場動向 ・船舶用補助エンジンの世界市場規模 ・船舶用補助エンジンの世界市場:業界構造分析 ・船舶用補助エンジンの世界市場:エンジン種類別(ディーゼルエンジン、ガスエンジン) ・船舶用補助エンジンの世界市場:エンジン容量別(500~1,500kW、1,501kW以上、500kW未満) ・船舶用補助エンジンの世界市場:船舶タイプ別(タンカー、コンテナ船、 …
  • 包装用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、包装用ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自転車用カーボンフレームの世界市場
    当調査レポートでは、自転車用カーボンフレームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用カーボンフレームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチパラメータ患者監視装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者監視装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マルチパラメータ患者監視装置の概要 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:開発段階別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:セグメント別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:領域別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:規制Path別分析 ・マルチパラメータ患者監視装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別マルチパラメータ患者監視装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・マルチパラメータ患者監視装置の最近動向
  • 米州の構造用接着剤市場予測(~2021)
  • 凝集剤及び凝固剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝集剤及び凝固剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝集剤及び凝固剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の製造におけるIoT市場規模・予測、2017-2025:ソリューション別(ネットワーク管理、データ管理、デバイス管理、アプリケーション管理・スマート監視)、サービス別(プロフェッショナルサービス・マネージドサービス)、用途別、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の製造におけるIoT市場について調査・分析し、世界の製造におけるIoT市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の製造におけるIoT関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 関節リウマチ(RA)治療薬の世界市場予測・分析
  • 投与ポンプの世界市場:ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他)、用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料)
    本市場調査レポートでは投与ポンプについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他)分析、用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・投与ポンプの世界市場:ポンプ種類別(ダイヤフラムポンプ、ピストンポンプ、その他) ・投与ポンプの世界市場:用途別(水および廃水処理、石油およびガス、化学プロセス、医薬品、食品および飲料) ・投与ポンプの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場2016-2026:嚢胞性線維症膜貫通調節因子(CFTR)モジュレータ、タンパク質転写モジュレータ、膵酵素生成物(PEP)
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界主要国におけるゴム化合物市場2018-2023
    本調査レポートでは、ゴム化合物の世界市場について調査・分析し、ゴム化合物の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ゴム化合物の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ゴム化合物の世界市場概要 ・ゴム化合物の企業別市場シェア ・ゴム化合物の地域別市場規模 ・ゴム化合物の種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・ゴム化合物の用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材) ・ゴム化合物の主要企業分析 ・ゴム化合物の北米市場規模 ・ゴム化合物の米国市場規模 ・ゴム化合物の南米市場規模 ・ゴム化合物の欧州市 …
  • 胃炎(Gastritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃炎(Gastritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃炎(Gastritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃炎(Gastritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃炎(Gastritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃炎(Gastritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃炎(Gastritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃炎(Gastritis)治療薬剤
  • 接地棒の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、接地棒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、接地棒の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTデバイス管理の世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション別、サービス別、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTデバイス管理の世界市場について調査・分析し、IoTデバイス管理の世界市場動向、IoTデバイス管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別IoTデバイス管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の乳製品用酵素カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、乳製品用酵素の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、乳製品用酵素市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、乳製品用酵素のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • ビデオエンコーダの世界市場予測(~2023年):シングル、多重チャンネル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビデオエンコーダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、チャンネル数別分析、装着タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、ビデオエンコーダの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテナボードの世界市場2020-2024
    「コンテナボードの世界市場2020-2024」は、コンテナボードについて市場概要、市場規模、製品別(リサイクル、バージン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コンテナボードの世界市場:製品別(リサイクル、バージン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のクルミ製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のクルミ製品市場2015について調査・分析し、クルミ製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高速度鋼(ハイス)の世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高速度鋼(ハイス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、高速度鋼(ハイス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 照準ポッドの世界市場:タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド)、プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機)、地域別予測
    本資料は、照準ポッドの世界市場について調べ、照準ポッドの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド)分析、プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・照準ポッドの世界市場概要 ・照準ポッドの世界市場環境 ・照準ポッドの世界市場動向 ・照準ポッドの世界市場規模 ・照準ポッドの世界市場規模:タイプ別(FLIR・レーザー照準ポッド、レーザー照準ポッド、FLIR照準ポッド、レーザースポット追跡照準ポッド) ・照準ポッドの世界市場規模:プラットフォーム別(戦闘機、無人航空機、戦闘ヘリコプター、爆撃機) ・照準ポッドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・照準ポッドの北米市場規模・予測 ・照準ポッドのアメリカ市場規模・予測 ・照準ポッドのヨーロッパ市場規模・予測 ・照準ポッドのアジア市場規模・予測 ・照 …
  • バスドアシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バスドアシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バスドアシステム市場規模、技術別(空気式バスドアシステム、電気式バスドアシステム)分析、ドア別分析、バス別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bode sud, Continental, Masats, Rotex Automation, Schaltbau Holding, Ventura Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バスドアシステムの世界市場概要 ・バスドアシステムの世界市場環境 ・バスドアシステムの世界市場動向 ・バスドアシステムの世界市場規模 ・バスドアシステムの世界市場:業界構造分析 ・バスドアシステムの世界市場:技術別(空気式バスドアシステム、電気式バスドアシステム) ・バスドアシステムの世界市場:ドア別 ・バスドアシステムの世界市場:バス別 ・バスドアシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バスドアシステムの北米市場規模・ …
  • ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場について調べ、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場規模をセグメンテーション別(製品別(非可塑化PVC、可塑化PVC、塩素化PVC)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場状況 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場規模 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの市場予測 ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非可塑化PVC、可塑化PVC、塩素化PVC) ・ポリ塩化ビニル (PVC) パイプの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・ …
  • 凍結乾燥装置およびサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、凍結乾燥装置およびサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凍結乾燥装置およびサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アドバンスト創傷ケアの世界市場:製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置)、用途別(慢性創傷、急性創傷)、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)
    本市場調査レポートではアドバンスト創傷ケアについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置)分析、用途別(慢性創傷、急性創傷)分析、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:用途別(慢性創傷、急性創傷) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 熱交換器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱交換器市場規模、製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器)分析、最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱交換器の世界市場概要 ・熱交換器の世界市場環境 ・熱交換器の世界市場動向 ・熱交換器の世界市場規模 ・熱交換器の世界市場:業界構造分析 ・熱交換器の世界市場:製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器) ・熱交換器の世界市場:最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他) ・熱交換器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱交換器のアメリカ市場規模・予測 ・熱交換器のヨーロッパ市場規模・予測 ・熱交換器のアジア市場規模・予測 ・熱交換器の主要国分析 ・熱交換器の世界市場:意思決定フ …
  • スマートパーキングシステムの世界市場
    当調査レポートでは、スマートパーキングシステムの世界市場について調査・分析し、スマートパーキングシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車ビッグデータの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、自動車ビッグデータの世界市場について調査・分析し、自動車ビッグデータの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 自動車ビッグデータ市場の概要 3. 自動車ビッグデータの世界市場2016-2026 4. 世界の自動車ビッグデータ2次市場予測2016-2026 5. 主要10か国の自動車ビッグデータ市場予測2016-2026 6. 自動車ビッグデータ世界市場のSWOT分析 7. 自動車ビッグデータの主要企業 8. 結論および提言 9. 用語集
  • Boone Electric Cooperative:発電所および企業SWOT分析2015
  • Anti-CD80抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD80抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD80抗体の概要 ・Anti-CD80抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD80抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD80抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD80抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 薬用キノコの世界市場2018-2022
    薬用キノコは薬効、機能特性、栄養特性を持ち、病気の予防、緩和、治癒および栄養補助として使用されるキノコの一種です。薬用キノコの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9.2%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Banken Champignons、Four Sigmatic、Hokkaido Reishi Co、Nyishar、Sayan Chaga、Swadeshi Mushroom Spawnなどです。 当調査レポートでは、薬用キノコの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薬用キノコ市場規模、製品別(霊芝、チャーガ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薬用キノコの世界市場概要 ・薬用キノコの世界市場環境 ・薬用キノコの世界市場動向 ・薬用キノコの世界市場規模 ・薬用キノコの世界市場:業界構造分析 ・薬用キノコの世界市場:製品別(霊芝、チャーガ、その他) ・薬用キノコの世界市場:地域別市場規模・ …
  • 業績評価・管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業績評価・管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業績評価・管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオガス・バイオメタンの世界市場:種類別(発酵、気化)、用途別(発電、自動車、家庭用)、地域別予測
    本資料は、バイオガス・バイオメタンの世界市場について調べ、バイオガス・バイオメタンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(発酵、気化)分析、用途別(発電、自動車、家庭用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGasrec Ltd.、EnviTech Biogas AG、Planet Biogas Global GmbH、CNG Services Ltd.、SGN、Future Biogas Limited、VERBIO、MagneGas、Gazasia Ltd.、Biogas Products Ltd.、Schmack Carbotech GmbH、SoCalGas、ETW ENERGIETECHNIK GMBH、ORBITAL、J V Energenなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオガス・バイオメタンの世界市場概要 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場環境 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場動向 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場 …
  • 溶媒の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、溶媒の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロバイダー別分析、プレイヤー別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"