"世界のケトン市場:用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア)、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル、ラズベリーケトン)、フォーム別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7457)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のケトン市場:用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア)、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル、ラズベリーケトン)、フォーム別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The ketone market is projected to grow at a CAGR of 6.3% from 2019 to 2025.
The global ketone market is estimated to be valued at USD 443 million in 2019 and is projected to reach USD 640 million by 2025, recording a CAGR of 6.3%. The increase in the consumption of convenience food, rise in health consciousness among consumers, and multifunctionalities of ketones are some of the major factors that have led to an increase in its applications and surge in demand for ketone supplements. These factors are projected to drive the growth of the global ketone market.

The supplement segment is projected to be the largest segment in the ketone market during the forecast period.
Ketone increasingly finds application in supplements, food & beverages, and cosmetics & personal care products. It is gaining popularity as a popular solution for weight loss. In addition, the exogeneous ketone supplements are projected to enhance the performance of athletes and sportsperson, which makes it a popular alternative among sports enthusiasts as compared to caffeinated energy drinks, which have certain side effects as well. With the increase in the trend of healthy living and the rise in disposable income, consumers are encouraged to spend on luxury food products, apart from the conventional source of nutrients.

The ketone salts segment to witness the fastest growth in the market during the forecast period.
By supplement type, the ketone market is segmented into ketone salts, ketone esters, ketone oil, and raspberry ketones. The ketone salts segment held the largest market share, in terms of value and volume, in 2018. This segment is projected to witness high growth due to the increasing consumer preferences, as various companies are focusing on marketing their products. As compared to ketone esters, extraction procedures for ketone salts are easier. On the other hand, esters are difficult to extract and are offered at higher prices. A few companies can afford high capital investments and have started the production of ketone esters. Esters are premium products, and hence, the adoption of ketone esters is quite less among the consumers.

North America is estimated to account for the largest market share due to its high demand from the US.
The application of ketone salts is increasing in the US, as a dietary supplement, particularly among the younger population and athletes. Companies entering this market are focusing on increasing the production of ketones due to its high demand. In addition, the cost of these sales is comparatively low, which further increases its consumption in comparison to the other supplement types. Hence, North America dominated the ketone salts market in 2018. Further, the sales remain high attributed to its support in weight loss regimes. Due to these factors, ketone salts are gaining traction among the younger population in the Asian countries, thereby offering high growth opportunities in the region.

Break-up of Primaries
 By Designation: CXO – 45%, Manager – 33%, and Executive – 22%
 By Value Chain: Manufacturers – 10%, End-users – 90%
 By Region: US – 70%, India – 10%, UK – 10%, China – 10%
Leading players profiled in this report
• Perfect Keto (US)
• HVMN Inc (US)
• BPI Sports (US)
• Ketologic (US)
• Pruvit (US)
• Ketone Aid Inc. (US)
• Compound Solution Inc. (US)
• Sapien Body (US)
• Zhou Nutrition (US)
• Know Brainer Foods (US)
• Finaflex (US)
• ION Labs (US)
• Keto & Company (US)
• Boli Naturals (US)
• Volken Chemicals (India)
• Union Pharmpro Company Limited (China)
• Nutrex Research (US)
• Ancient Nutrition (US)
• Zenwise Health (US)
• Ketond Nutrition LLC (US)

Research Coverage
This report segments the ketone market into application, supplement type, form, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the ketone market, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the ketone market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the ketone market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のケトン市場:用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア)、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル、ラズベリーケトン)、フォーム別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Ketone Market
4.2 Ketone Market, By Region, 2019 vs 2025
4.3 Ketone Market, By Supplement Type, 2019 vs 2025
4.4 Ketone Market, By Form, 2019 vs 2025 (USD Million)
4.5 North America: Ketone Market, By Application and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Supply Chain Analysis
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Exogenous Ketones to Support the Ketosis Process
5.3.1.2 New Product Launches for Keto Supplements to Remain High
5.3.1.3 Ketones to Gain Prominence in the Market Due to Their Various Health Benefits
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 High Price of Ketone Supplements to Inhibit the Adoption in Developing Economies
5.3.2.2 Side-Effects and Risks Associated With the Consumption of Ketones
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Use of Ketones to Create Growth Opportunities for Manufacturers in the Beverage Industry
5.3.3.2 High Growth Potential of Manufacturers in Markets Such as Asia Pacific and South America
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 High R&D Cost and Technical Difficulties in the Manufacturing Process
5.3.4.2 Increasing Focus and Investment on Improving the Flavor of Ketone Products
5.4 YC & YCC Shift
5.5 Clinical Study
5.5.1 Impact of Exogenous Ketones on Patients Suffering From Migraine (University Hospital, Switzerland)
5.5.2 Impact of Exogenous Ketones on the Blood Glucose Levels (Sponsor – Augusta University, Funding – Pruvit Ventures)
5.6 Pricing Analysis of Bhb Ketone Supplements
6 Ketone Market, By Application (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Supplements
6.2.1 Ketone Supplements Play an Important Role in Sports Beverages, as They Enhance the Physical Performance of Athletes
6.3 Food & Beverages
6.3.1 Rising Health Awareness Among Consumers to Drive the Demand for Ketone-Infused Food & Beverage Products
6.4 Cosmetics & Personal Care Products
6.4.1 Raspberry Ketone Finds Increasing Application in Cosmetics & Personal Care Products Due to Its Various Properties
7 Ketone Market, By Supplement Type (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Ketone Salts
7.2.1 Dietary Supplements are the Most Preferred Application for Ketone Salts
7.3 Ketone Esters
7.3.1 Being A Premium Product, Adoption of These Products is Limited
7.4 Ketone Oils
7.4.1 Demand for Ketone Oil has Been Growing in Food & Beverages
7.5 Raspberry Ketones
7.5.1 Cosmetic Industry has Been Conducting Research on the Application of Raspberry Ketones
8 Ketone Market, By Form (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Solid
8.2.1 Solid is the Most Preferred Formulation for Ketone Products Owing to Its Better Storage Properties
8.3 Liquid and Semi-Liquid
8.3.1 Liquid is the Purest and Fastest Metabolizing Source of Ketone
9 Ketone Market, By Region (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The Availability of Innovative Ketone-Based Food Products in Food Outlets, Restaurants, and Local Stores to Drive the Ketone Market in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Local Players to Dominate the Ketone Market in the Country
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Social Media to Encourage the Demand for Ketone-Based Products in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Ketones are Rapidly Replacing Caffeine in Energy Drinks Due to Their Side-Effects on Health
9.3.2 France
9.3.2.1 Intake of Ketone Bodies Or Supplements Helps in Curing Chronic Diseases Such as Alzheimer’s
9.3.3 Italy
9.3.3.1 High Caffeine Levels in the Diet Simultaneously Increase Health Risks, Due to Which Ketones are Replacing Caffeine in Energy Drinks
9.3.4 UK
9.3.4.1 UK Government Regulations on Caffeine-Rich Products Create Opportunities for Ketone-Based Beverages
9.3.5 Netherlands
9.3.5.1 Ketone-Infused Supplements have Improved the Performance of Athletes
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 The Market for Ketone Supplements in China is Extremely Fragmented With Generic Players
9.4.2 India
9.4.2.1 Keto Diet in India has Been Gaining Popularity, Which Creates an Opportunity for Ketone-Based Products
9.4.3 Australia & New Zealand
9.4.3.1 Us-Based Ketone Manufacturers have Been Expanding in This Market
9.4.4 Japan
9.4.4.1 Premium Cosmetic Products are Highly Adopted in the Country, and Hence Ketone-Based Cosmetic Products have Huge Opportunities for Growth
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.1.1 Close Proximity to the US Can Accelerate the Awareness of Ketone-Based Products in Brazil and Argentina
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Unfavorable Economic Conditions Can Hinder the Adoption of Ketone-Based Products
10 Competitive Landscape (Page No. – 110)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping (Key Players)
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Competitive Benchmarking
10.3.1 Strength of Product Portfolio
10.3.2 Business Strategy Excellence
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launches
10.4.2 Expansions & Investments
10.4.3 Joint Ventures, Agreements, and Partnerships
11 Company Profiles (Page No. – 118)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Perfect Keto
11.2 HVMN Inc.
11.3 BPI Sports
11.4 Ketologic
11.5 Pruvit Ventures, Inc
11.6 Ketoneaid Inc
11.7 Compound Solutions, Inc.
11.8 Sapien Body
11.9 Zhou Nutrition.
11.10 Know Brainer Foods
11.11 Finaflex
11.12 Ion Labs
11.13 Keto and Company
11.14 Boli Naturals
11.15 Volkem Chemical Llp
11.16 Union Pharmpro Co Limited
11.17 Nutrex Research
11.18 Ancient Nutrition
11.19 Zenwise Health
11.20 Ketond LLC.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 146)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のケトン市場:用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア)、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル、ラズベリーケトン)、フォーム別、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7457
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のケトン市場:用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア)、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル、ラズベリーケトン)、フォーム別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アジアの在宅医療市場:血圧モニター、心拍数モニター、排卵検査キット、HIV検査、ECG、EKG、EEG、補聴器、人工呼吸器、杖、歩行器、車いす
    当調査レポートでは、アジアの在宅医療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、主要国別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のストップ・スタート自動車市場2015
    本調査レポートでは、世界のストップ・スタート自動車市場2015について調査・分析し、ストップ・スタート自動車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セノスフェアの世界市場:グレー・セノスフェア、ホワイト・セノスフェア
    当調査レポートでは、セノスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用清掃器具・清掃用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用清掃器具・清掃用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用清掃器具・清掃用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016
    本調査レポートでは、世界のストリートスィーパ(街路清掃車)市場2016について調査・分析し、ストリートスィーパ(街路清掃車)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光アイソレータの世界市場予測・分析
  • 産業ロボット用電源装置の世界市場2017-2021:インバーター電源 、バッテリー・付属品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業ロボット用電源装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業ロボット用電源装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業ロボット用電源装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はESAB、Fronius International、Lincoln Electric、Panasonic、Yaskawa Motoman等です。
  • ポータブルエアコンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポータブルエアコンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブルエアコン市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、最終用途別(住宅用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、De’Longhi Appliances, Electrolux, LG Electronics , Midea , Olimpia Splendid などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブルエアコンの世界市場概要 ・ポータブルエアコンの世界市場環境 ・ポータブルエアコンの世界市場動向 ・ポータブルエアコンの世界市場規模 ・ポータブルエアコンの世界市場:業界構造分析 ・ポータブルエアコンの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ポータブルエアコンの世界市場:最終用途別(住宅用、商業用) ・ポータブルエアコンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポータブルエアコンの北米市場規模・予測 ・ポータブルエアコンのヨーロッパ …
  • マイクロセグメンテーションの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)、セキュリティタイプ別(ネットワーク、データベース、アプリケーション)、導入タイプ別、組織別、地域別予測
    本資料は、マイクロセグメンテーションの世界市場について調べ、マイクロセグメンテーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)分析、セキュリティタイプ別(ネットワーク、データベース、アプリケーション)分析、導入タイプ別分析、組織別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・マイクロセグメンテーションの世界市場概要 ・マイクロセグメンテーションの世界市場環境 ・マイクロセグメンテーションの世界市場動向 ・マイクロセグメンテーションの世界市場規模 ・マイクロセグメンテーションの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・マイクロセグメンテーションの世界市場規模:サービス別(マネージド、プロフェッショナル) ・マイクロセグメンテーションの世界市場規模:セキュリティタイプ別(ネットワーク、データベース、アプリケーション) ・マイクロセグメンテーションの世界市 …
  • 工作機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工作機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工作機械市場規模、最終用途別(自動車、産業機械、精密工学、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工作機械の世界市場概要 ・工作機械の世界市場環境 ・工作機械の世界市場動向 ・工作機械の世界市場規模 ・工作機械の世界市場:業界構造分析 ・工作機械の世界市場:最終用途別(自動車、産業機械、精密工学、輸送、その他) ・工作機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・工作機械のアメリカ市場規模・予測 ・工作機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・工作機械のアジア市場規模・予測 ・工作機械の主要国分析 ・工作機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・工作機械の世界市場:成長要因、課題 ・工作機械の世界市場:競争環境 ・工作機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中国の低周波治療装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の低周波治療装置市場2015について調査・分析し、低周波治療装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 吹付コンクリートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、吹付コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、吹付コンクリートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノセンサの世界市場
    当調査レポートでは、ナノセンサの世界市場について調査・分析し、ナノセンサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ロボットカー/無人車の世界市場分析、セグメント予測
    本調査レポートでは、ロボットカー/無人車の世界市場について調査・分析し、ロボットカー/無人車の世界市場動向、ロボットカー/無人車の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボットカー/無人車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非小細胞性肺癌治療の世界市場
    当調査レポートでは、非小細胞性肺癌治療の世界市場について調査・分析し、非小細胞性肺癌治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用ラベリング機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用ラベリング機械の世界市場規模が2017年21.5億ドルから2026年31.7億ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用ラベリング機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ラベリング機械市場規模、種類別(シュリンクスリーブ/ストレッチスリーブラベラー、接着剤ベースラベラー、自己粘着性/感圧接着剤)分析、エンドユーザー別(製薬、食品・飲料、消費財、化粧品・パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用ラベリング機械の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用ラベリング機械の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用ラベリング機械の世界市場:種類別(シュリンクスリーブ/ストレッチスリーブラベラー、接着剤ベースラベラー、自己粘着性/感圧接着剤) ・ 自動車用ラベリング機械の世界市場:エンドユーザー別(製薬、食品・飲料、消費財、化粧品・パーソナル …
  • アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場規模及び予測、需要先(産業)別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ファクタリングの世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、ファクタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファクタリングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハースの世界市場予測(~2023年):暖炉、ストーブ、インサート
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、燃料種類別分析、製品(暖炉、ストーブ、インサート)別分析、デザイン別分析、用途別分析、ハースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場予測2019-2024
    「1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場概要(サマリー) ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの企業別販売量・売上 ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの企業別市場シェア ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmac …
  • 世界の溶剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶剤市場2015について調査・分析し、溶剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場について調べ、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(単独療法、併用療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はHER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場状況 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場規模 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の市場予測 ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(単独療法、併用療法) ・HER2(ヒト上皮成長因子受容体2)阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グロ …
  • 腸球菌感染症(Enterococcus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の概要 ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬 …
  • 産業用フロアスクラバーの世界市場
    当調査レポートでは、産業用フロアスクラバーの世界市場について調査・分析し、産業用フロアスクラバーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ガス分析器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ガス分析器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガス分析器市場規模、用途別(石油・ガス、医薬品、電力、食品・飲料、化学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ガス分析器の世界市場:市場動向分析 ・ ガス分析器の世界市場:競争要因分析 ・ ガス分析器の世界市場:用途別(石油・ガス、医薬品、電力、食品・飲料、化学、その他) ・ ガス分析器の世界市場:主要地域別分析 ・ ガス分析器の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ガス分析器のヨーロッパ市場規模 ・ ガス分析器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ガス分析器の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場について調査・分析し、電気自動車充電機器(EVSE)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 電気自動車(EV)充電スタンドの概要 3. EV充電インフラの世界市場 4. 国別EV充電インフラ市場予測 5. EV充電インフラ世界市場の機会と脅威を考慮したPESTEL分析 6. 専門家の意見 7. EVSE世界市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • スウェーデンの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 世界のカプセル内視鏡市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、カプセル内視鏡のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カプセル内視鏡の概要 ・カプセル内視鏡の開発動向:開発段階別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:セグメント別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:領域別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:規制Path別分析 ・カプセル内視鏡の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別カプセル内視鏡の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・カプセル内視鏡の最近動向
  • 滅菌技術の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、滅菌技術の世界市場について調査・分析し、滅菌技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 滅菌技術の世界市場:市場動向分析 - 滅菌技術の世界市場:競争要因分析 - 滅菌技術の世界市場:種類別 ・化学的滅菌 ・濾過減菌 ・放射線滅菌 ・温熱殺菌 - 滅菌技術の世界市場:用途別 ・調剤 ・医療機器 ・生命科学 ・その他 - 滅菌技術の世界市場:エンドユーザー別 ・食品・飲料 ・病院 ・医療機器 ・調剤 ・その他 - 滅菌技術の世界市場:主要地域別分析 - 滅菌技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 滅菌技術のヨーロッパ市場規模 - 滅菌技術のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・滅菌技術の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の溶射塗料市場規模・予測2017-2025:商品別(磨耗、メタル、ポリマー、セラミック、炭化、インターメタリック)、技術別(プラズマスプレー、コールドスプレー、HVOF、フレームスプレー・電気アークスプレー)、用途別(自動車、航空宇宙、印刷、医療、産業用ガスタービン、・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の溶射塗料市場について調査・分析し、世界の溶射塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の溶射塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場予測(~2022年):SCR触媒、DEFタンク、インジェクター、供給モジュール、センサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成品別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工スーパーフルーツの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:リンゴ、ブドウ、アサイー、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー
  • 医療機器向け抗菌コーティング市場におけるビジネスモデル分析
    当調査レポートでは、医療機器向け抗菌コーティング市場におけるビジネスモデルについて調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・医療機器向け抗菌コーティングの市場 ・ビジネスモデル ・企業別ビジネスモデル分析 - 主要パートナー - 主要活動 - 主なリソース (資源) - バリュープロポジション (提供価値) - 販売チャネル - 顧客セグメント - 顧客管理 - 収益源 - 競争戦略
  • 免疫療法治療薬の世界市場予測(~2021):薬種類別(成人用ワクチン、チェックポイント阻害剤、インターフェロンアルファ)、治療分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、免疫療法治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、薬種類別分析、治療分野別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫療法治療薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノ技術対応航空機電源ソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus• NASA• Sila Nanotechnologies• Cella Energy等です。
  • ヴェトロニクスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ヴェトロニクスの世界市場について調査・分析し、ヴェトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ヴェトロニクスの世界市場:市場動向分析 - ヴェトロニクスの世界市場:競争要因分析 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:車種別 水陸両用装甲車 歩兵戦闘車 主力戦車 装甲人員輸送車 装輪装甲輸送車(MRAP) 軽装甲機動車 その他の車種 - ヴェトロニクスの世界市場見通し:補足システム別 軍用通信、指揮統制システム(C3) センサー及び制御システム 動力システム 通信及びナビゲーションシステム 観測及び表示システム 車両防衛システム 兵器管理システム - ヴェトロニクスの世界市場見通し:用途別 国土防衛 自衛 - ヴェトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - ヴェトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - ヴェトロニクスのヨーロッパ市場規模 - ヴェトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ヴェトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 術中画像装置の世界市場予測(~2021):モバイルCアーム、CT、MRI、超音波装置
    当調査レポートでは、術中画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、術中画像装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるWntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のWntシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Wntシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アニメーションの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、アニメーションの世界市場について調査・分析し、アニメーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アニメーションの世界市場:市場動向分析 - アニメーションの世界市場:競争要因分析 - アニメーションの世界市場:用途別 ・モーションキャプチャ ・ストップモーション ・3Dアニメーション映画 - アニメーションの世界市場:種類別 ・コンピューター生成画像 (CGI) ・ウェブアニメーション ・2Dアニメーション ・法人向けサービス ・視覚効果 - アニメーションの世界市場:主要地域別分析 - アニメーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - アニメーションのヨーロッパ市場規模 - アニメーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アニメーションの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 複合碍子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、複合碍子の世界市場について調査・分析し、複合碍子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別複合碍子シェア、市場規模推移、市場規模予測、複合碍子種類別分析(サスペンション、ラインポスト、ブレースラインポスト、水平V、旋回ブレースポスト、絶縁腕木)、複合碍子用途別分析(低圧線、高圧線・中圧線、発電所・変電所)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・複合碍子の市場概観 ・複合碍子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・複合碍子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・複合碍子の世界市場規模 ・複合碍子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・複合碍子のアメリカ市場規模推移 ・複合碍子のカナダ市場規模推移 ・複合碍子のメキシコ市場規模推移 ・複合碍子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・複合碍子のドイツ市場規模推移 ・複合碍子のイギリス市場規模推移 ・複合碍子のロシア市場規模推移 ・複合碍子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • 生物テロ防御のアメリカ市場見通し2022
  • 手術用画像装置の世界市場予測(~2022年):イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネルディテクターCアーム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、手術用画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、手術用画像装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブディスプレイの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インタラクティブディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インタラクティブディスプレイ市場規模、技術別(発光ダイオード(LED)、液晶ディスプレイ(LCD))分析、製品別(インタラクティブフラットパネルディスプレイ、インタラクティブビデオウォール、インタラクティブホワイトボード、インタラクティブモニター、インタラクティブキオスク、インタラクティブテーブル、その他)分析、用途別(エンターテインメント、輸送・物流、医療、ホスピタリティ、教育、政府・企業、産業、小売・Eコマース、広告、軍事・防衛、オートメーション、その他)分析、パネルサイズ別(17インチ-32インチ、32インチ-65インチ、65インチ以上)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:市場動向分析 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:競争要因分析 ・ インタラクティブディスプレイの世界市場:技術別(発光ダイ …
  • ハンガリーの脊椎手術装置市場見通し
  • 胆管ステントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、胆管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胆管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液バンク用冷蔵庫の米国市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液バンク用冷蔵庫の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液バンク用冷蔵庫の米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットの北米市場
  • インメモリOLAPデータベースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インメモリOLAPデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インメモリOLAPデータベースの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーマイトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベーマイトの世界市場について調査・分析し、ベーマイトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベーマイトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベーマイト種類別分析(0
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"