"世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 7456)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The soil testing equipment market is projected to grow at a CAGR of 10.8%.”
The global soil testing equipment market size is estimated to be valued at USD 3.3 billion in 2019 and is projected to reach USD 6.2 billion by 2025, at a CAGR of 10.8% from 2019 to 2025. The market is driven by factors such as the growing urbanization, industrialization, and organic farmlands.

“By end-user industry, the agriculture segment is projected to witness the fastest growth during the forecast period.”
The agriculture segment is projected to grow at the highest CAGR, as there is increasing adoption of soil testing equipment in farm management programs across various countries. Precision agriculture is the current trend that is aimed at optimizing the efficiency of fields by effective usage of operational processes. The development and adoption of precision farming over the years have promoted soil testing, which has become a basis for understanding the variations in the yield potential and the decision to add the right amount of fertility.

“By type of tests, the residual segment in the soil testing equipment market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
There are several types of tests for soil testing; these include chemical, physical, and residual. The soil testing market for residual elements, conducted across various sectors, such as the agriculture, construction, environment, and oil & gas industries, is projected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2025. The equipment largely used for residual testing are GC-MS, ICP-MS, AAS, and others.

“North America is projected to be the fastest-growing region in the soil testing equipment industry due to the presence of a large number of equipment providers and R&D funding.”
North America accounted for the majority of the global soil testing equipment market share in 2018. Several environment governing organizations have been actively contributing to market growth and enforced various environment protection policies. The North American testing soil testing equipment market addresses multiple environmental issues, such as climate change, acid rain reduction, industrialization, soil erosion, and construction.

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 35%, and Tier 3 – 30%
 By Designation: C-level – 26%, Directors – 37%, and Others* – 37%
 By Region: North America – 9%, Europe – 24%, Asia Pacific – 57%, and RoW** – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America, the Middle East, and Africa.
The three tiers of the companies are defined based on their total revenues as of 2016.

Leading players profiled in this report:
• Agilent Technologies (US)
• Thermo Fisher Scientific Inc. (US)
• Merck Group (Germany)
• PerkinElmer Inc. (US)
• Controls S.p.A (Italy)
• LaMotte Company (US)
• Geotechnical Testing Equipment UK Ltd (UK)
• Sun Labtek Equipments (I) Pvt. Ltd (India)
• Martin Lishman Ltd (UK)
• S.W. Cole (UK)
• Ele International (UK)
• Gilson Company Inc. (US)
• Humboldt Mfg. Co. (US)
• EIE Instruments Pvt. Ltd (India)
• Eurofins Scientific (Luxemburg)
• Alfa Testing Equipment (US)
• Matest (Italy)
• M&L Testing Equipments (Canada)
• Shambhavi Impex (India)

Research Coverage
This report segments the soil testing equipment market based on end-user industry, site, type of tests, degree of automation, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analysis—competitive landscape, end-user analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the soil testing equipment industry, high-growth regions, countries, industry trends, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the soil testing equipment industry
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolio details, and the key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the soil testing equipment market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Takeaways
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Soil Testing Equipment Market
4.2 Soil Testing Equipment Market: Major Regional Submarkets
4.3 North America: Soil Testing Equipment Market, By Type of Tests and Key Country
4.4 Soil Testing Equipment Market, By Type of Tests and Region
4.5 Soil Testing Equipment Market, By Type of Tests
4.6 Soil Testing Equipment Market, By Degree of Automation
4.7 Soil Testing Equipment Market, By Site
5 Market Overview (Page No. – 45)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need for Good Farm Management Program
5.2.1.1.1 Rapid Adoption of Precision Farming to Fuel the Demand for Soil Testing Equipment
5.2.1.2 Industrialization and Intensification of Agriculture Led to the Demand for Environmental Soil Testing
5.2.1.3 Demand for Faster and Reliable Test Results to Drive the Demand for Advanced Soil Testing Equipment
5.2.1.3.1 Chemical Outbreaks in the World Have Led to Increased Frequency of Residual Soil Testing
5.2.1.3.2 Growth in Techniques for On-Site Testing
5.2.1.4 Impact of Soil Pollution on Food Supply Chain Ecosystem
5.2.1.4.1 Budget Allocation and Spending on Food Safety
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Adoption of Advanced Testing Methods Proportional to the Price of Sampling
5.2.2.2 Heavy Duty on Test Kits
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Development of Multi-Residual Testing Technologies
5.2.3.2 Growth in Potential in Emerging Markets of Asian, African, and Other Developing Countries
5.2.3.2.1 Government Initiatives and A Favorable Regulatory Scenario
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty in Standardizing the Normal Level of Residual Concentrations
5.2.4.1.1 Varying Test Results With Different Test Methods
6 Soil Testing Equipment Market, By End-Use Industry (Page No. – 55)
6.1 Introduction
6.2 Agriculture
6.2.1 Rising Cases of Soil Pollution and the Adoption of Preventive Measures to Drive the Growth of the Market
6.3 Construction
6.3.1 Strong Fdi in the Construction Industry in the Asia Pacific Region to Drive the Growth of the Market
6.4 Others
6.4.1 Growing Environmental Awareness in Countries Such as the US and the UK to Drive the Growth of the Market
7 Soil Testing Equipment Market, By Type of Tests (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Physical Tests
7.2.1 Rapid Urbanization in China and India to Drive the Market for Physical Tests
7.2.1.1 Shear Strength Equipment
7.2.1.2 Leachability Equipment
7.2.1.3 Plasticity Equipment
7.2.1.4 Permeability Equipment
7.3 Residual Tests
7.3.1 Growing Awareness Among Consumers About the Presence of Pesticide Residues in Fresh Fruits & Vegetables to Drive the Growth of the Market
7.3.1.1 GC-MS
7.3.1.2 ICP-MS
7.4 Chemical Tests
7.4.1 Growing Adoption of Wastewater Irrigation Techniques Propelling the Growth of Chemical Tests
7.4.1.1 Ph Meters
7.4.1.2 Salinity Testing Equipment
7.4.1.3 Test Kits & Reagents
8 Soil Testing Equipment Market, By Degree of Automation (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Manual
8.2.1 On-Site Soil Testing and A Certain Category of Tests Performed Using Manual Equipment
8.2.1.1 Sampling Kits
8.2.1.2 Sand Pouring Cylinder
8.2.1.3 Auger
8.2.1.4 Others
8.3 Automatic
8.3.1 Automatic Equipment Types, Such as Penetrometer, Permeability Apparatus, and Compactors, Driving the Soil Testing Equipment Market
8.3.1.1 Penetrometer
8.3.1.2 Permeability Apparatus
8.3.1.3 Compactor
8.3.1.4 Others (Load Frame and Split Spoon Sampler)
8.4 Semi-Automatic
8.4.1 Growing Availability of Semi-Automatic Equipment for Soil Testing and Better Infrastructure Driving the Market for Semi-Automatic Equipment
8.4.1.1 California Bearing Ratio Apparatus
8.4.1.2 Direct Shear Apparatus
8.4.1.3 Plastic Limit Device
8.4.1.4 Others
9 Soil Testing Equipment Market, By Site (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Laboratory
9.2.1 Laboratory Equipment, Such as Consolidator, Direct Shear Apparatus, and Triaxial Shear Apparatus, Driving the Market
9.2.1.1 Consolidator
9.2.1.2 Direct Shear Apparatus
9.2.1.3 Triaxial Shear Test Apparatus
9.2.1.4 Others (Cone Penetrometer and California Bearing Ratio)
9.3 On-Site
9.3.1 Growing Need for Physical Tests Driving the Market for On-Site Testing Equipment
9.3.1.1 Penetration-Resistance Apparatus
9.3.1.2 Pressure Meter Apparatus
9.3.1.3 Plate-Bearing Apparatus
9.3.1.4 Others
10 Soil Testing Equipment Market, By Region (Page No. – 79)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Presence of A Large Number of Key Players and Research Funds for Technological Advancements Leading to Market Growth
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Urbanization and Government Initiatives for Environmental Soil Protection are Driving the Market
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Agricultural Investments Led to the Growth of the Soil Testing Equipment Market
10.3 Asia Pacific
10.3.1 China
10.3.1.1 Farm Management Programs Have Enhanced the Need for Soil Testing in the Country
10.3.2 India
10.3.2.1 Advancing Precision Farming Technology and Urbanization Led to the Growth of the Soil Testing Equipment Market
10.3.3 Japan
10.3.3.1 Advancements in Precision Farming, Nutrient Mapping, and Field Robotics Have Driven the Market for Soil Testing Equipment
10.3.4 Australia & New Zealand
10.3.4.1 Growth in Organic Agricultural Land in the Two Countries Led the Market to Witness Growth
10.3.5 Rest of Asia Pacific
10.4 Europe
10.4.1 Germany
10.4.1.1 Environmental Protection Policies Propelled the Need for Soil Testing
10.4.2 UK
10.4.2.1 Growing Concerns for Soil Erosion and Pollution Compelled the Need for Soil Testing
10.4.3 France
10.4.3.1 The Intensification of Agriculture to Meet the Food Demand Increased the Frequency of Soil Testing
10.4.4 Italy
10.4.4.1 Environmental Regulations in Place and Fertilizer Cost Reduction Have Driven the Soil Testing Equipment Market
10.4.5 Spain
10.4.5.1 Stringent Regulatory Framework and R&D Initiatives are Promoting the Usage of Soil Testing Equipment
10.4.6 Rest of Europe
10.5 Rest of the World (RoW)
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increasing Industrial Activities Led to the Increased Frequency of Soil Testing to Adhere to International Environmental Standards
10.5.2 Argentina
10.5.2.1 Frequency and Advancements in Soil Testing are Driving the Market in the Country
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 The Need for Agricultural Productivity to Meet the Food Demand Supply Led the Market
10.5.4 Middle East
10.5.4.1 Need for Construction and Sanitation Fuels the Demand for Soil Testing Equipment in the Region
10.5.5 Others in RoW
11 Competitive Landscape (Page No. – 125)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players, 2018
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 132)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Agilent Technologies
12.2 Thermo Fisher Scientific
12.3 Merck Group
12.4 Perkinelmer Inc.
12.5 Controls S.P.A
12.6 Lamotte Company
12.7 Geotechnical Testing Equipment UK Ltd
12.8 Sun Labtek Equipment (I) Pvt. Ltd
12.9 Martin Lishman Ltd
12.10 S.W. Cole
12.11 ELE International
12.12 Gilson Company Inc.
12.13 Humboldt MFG. Co.
12.14 Eie Instruments Pvt. Ltd.
12.15 Eurofins Scientific
12.16 Aimil Ltd.
12.17 Alfa Testing Equipment
12.18 Matest
12.19 M & L Testing Equipment
12.20 Shambhavi Impex
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 167)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 7456
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • カルボヒドラーゼの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルボヒドラーゼの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルボヒドラーゼ市場規模、用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルボヒドラーゼの世界市場概要 ・カルボヒドラーゼの世界市場環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場動向 ・カルボヒドラーゼの世界市場規模 ・カルボヒドラーゼの世界市場:業界構造分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他) ・カルボヒドラーゼの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カルボヒドラーゼのアメリカ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのヨーロッパ市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼのアジア市場規模・予測 ・カルボヒドラーゼの主要国分析 ・カルボヒドラーゼの世界市場:意思決定フレームワーク ・カルボヒドラーゼの世界市場:成長要因、課題 ・カルボヒドラーゼの世界市場:競争環境 ・カルボヒドラーゼの世界市場:関連企業情報 …
  • 医療用カートの世界市場2014-2025:製品別(モバイルコンピューティングカート、壁掛け式ワークステーション、医薬品カート、医療用保管コラム、キャビネット・付属器具)、タイプ別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、医療用カートの世界市場について調査・分析し、医療用カートの世界市場動向、医療用カートの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 太陽光駆動型UAVの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、太陽光駆動型UAVの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽光駆動型UAVの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は太陽光駆動型UAVの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AeroVironment、Airbus、Alphabet、Facebook、Thales Group等です。
  • 放射線症候群治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、放射線症候群治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線症候群治療市場規模、疾患別(HSC症候群、CNS症候群、GI症候群、心血管系疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・放射線症候群治療の世界市場概要 ・放射線症候群治療の世界市場環境 ・放射線症候群治療の世界市場動向 ・放射線症候群治療の世界市場規模 ・放射線症候群治療の世界市場:業界構造分析 ・放射線症候群治療の世界市場:疾患別(HSC症候群、CNS症候群、GI症候群、心血管系疾患) ・放射線症候群治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・放射線症候群治療の北米市場規模・予測 ・放射線症候群治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・放射線症候群治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・放射線症候群治療の主要国分析 ・放射線症候群治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・放射線症候群治療の世界市場:成長要因、課題 ・放射線症候群治療の世界市場:競争環 …
  • 韓国の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 不織布テープの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、不織布テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、粘着タイプ別(アクリル、ゴム、シリコン)分析、下地材別(ポリエステル、紙)分析、最終用途産業別(医療・衛生、電気・電子、自動車・輸送)分析、不織布テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 迅速診断機器の世界市場:血糖値検査、心血管代謝検査、感染症検査、妊娠検査、毒物検査、便潜血検査、凝固検査
    当調査レポートでは、迅速診断機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、迅速診断機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、保険業界におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、保険業界におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・保険業界におけるブロックチェーンの北米市場規模・予測 ・保険業界におけるブロック …
  • ココナッツパウダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ココナッツパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツパウダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 工業用サンドブラスト装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用サンドブラスト装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用サンドブラスト装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用サンドブラスト装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Clemco Industries、Midwest Finishing Systems、Ningbo Qianfeng Machinery Company、Trinity Tool Company等です。
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、ホームセキュリティソリューションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:建物種類別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの北米市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの欧州市場規模 ・ホームセキュリティソリューションのアジア市場規模 ・ホームセキュリティソリューションの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動料金収受(ATC)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、自動料金収受(ATC)の世界市場について調査・分析し、自動料金収受(ATC)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動料金収受(ATC)の世界市場:市場動向分析 - 自動料金収受(ATC)の世界市場:競争要因分析 - 自動料金収受の世界市場:用途別 ・市街 ・高速道路 - 自動料金収受の世界市場:種類別 ・全電気式自動料金収受(AET) ・自動料金収受(ETC) - 自動料金収受の世界市場:技術別 ・専用狭域通信(DSRC) ・無線IDタグ(RFID) ・ビデオ分析 ・衛星測位システム(GNSS)/GPS - 自動料金収受の世界市場:製品別 ・車種自動識別(AVC) ・車両自動認識(AVI) ・その他 - 自動料金収受(ATC)の世界市場:主要地域別分析 - 自動料金収受(ATC)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動料金収受(ATC)のヨーロッパ市場規模 - 自動料金収受(ATC)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動料金収受(ATC)の世界市場:主な市 …
  • 水中ポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水中ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水中ポンプの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニコチンガムの世界市場予測(~2020)
  • ブラジルの整形外科処置動向(~2021)
  • 産業用安全の世界市場予測(~2024年)
    産業用安全の世界市場は、2019年の33億米ドルから2024年には54億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。一方で、危険な環境おける機器の自動化や保守には多額の投資が必要なことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、産業用安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品の種類(ESD、HIPPS、TMC、BMS、F&GM)分析、コンポーネント(安全センサー、安全スイッチ、プログラム可能な安全システム、安全弁、非常停止装置)分析、産業分析、産業用安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙ロボティクスの世界市場予測(~2022):種類別(スカラ、円筒、多関節、直交)、構成要素別、技術別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、航空宇宙ロボティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、構成要素別分析、技術別分析、用途別分析、航空宇宙ロボティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)市場規模、製品別(ユニタリーPLC、モジュラーPLC、ラックマウントPLC)分析、エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業、建築オートメーション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Mitsubishi Electric, OMRON, Rockwell Automation, Schneider Electric, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場概要 ・プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場環境 ・プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場動向 ・プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場規模 ・プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の世界市場:業界構造分析 ・ …
  • 窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場予測2019-2024
    「窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平ヒーター、円筒型(チューブ)ヒーターなど、用途別には、Medical Device、Aerospace、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。窒化アルミニウムセラミックヒーターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場概要(サマリー) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの企業別販売量・売上 ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの企業別市場シェア ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場規模:種類別(平ヒーター、円筒型(チューブ)ヒーター) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの世界市場規模:用途別(Medical Device、Aerospace、Other) ・窒化アルミニウムセラミックヒーターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・窒化アルミニウムセラミックヒータ …
  • ライダーの世界市場:空中LiDAR、地上LiDAR、UAV LiDAR
    当調査レポートでは、ライダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、構成品別分析、用途別分析、サービス別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体ろ過の世界市場予測(~2023年):ポリマー、コットン、アラミド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液体ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、ファブリック材料別(ポリマー、コットン、アラミド)分析、ろ過媒体別(織布、不織布)分析、エンドユーザー別(地方自治体、食品・飲料、鉱業)分析、液体ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭部固定・安定化装置の世界市場:製品別(固定装置、安定化装置)、最終用途別(病院、ASC)、セグメント予測
    頭部固定・安定化装置の世界市場は2025年には26億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.6%で成長すると予測されています。神経障害や交通事故の増加により、予測期間中の頭蓋底手術および固定・安定化装置に対する需要増加が見込まれます。本調査レポートでは、頭部固定・安定化装置の世界市場について調査・分析し、頭部固定・安定化装置の世界市場動向、頭部固定・安定化装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別頭部固定・安定化装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アレルギー検査の世界市場:アッセイキット、装置、イムノアッセイ分析装置、ルミノメーター、ELISA分析機、食物アレルゲン、薬物アレルゲン、吸入性アレルゲン
    当調査レポートでは、アレルギー検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、アレルゲン種類別分析、検査種類別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の概要 ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のプリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 子供用超音波の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、子供用超音波の世界市場について調査・分析し、子供用超音波の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・子供用超音波の世界市場規模:年齢グループ別分析 ・子供用超音波の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の矯正用品市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正用品市場2015について調査・分析し、矯正用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用珪砂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用珪砂の世界市場について調査・分析し、工業用珪砂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用珪砂シェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用珪砂種類別分析(40メッシュ未満、40-70メッシュ、71メッシュ以上)、工業用珪砂用途別分析(水圧破砕、ガラス製造、鋳造、製陶・耐火物質、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用珪砂の市場概観 ・工業用珪砂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用珪砂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用珪砂の世界市場規模 ・工業用珪砂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用珪砂のアメリカ市場規模推移 ・工業用珪砂のカナダ市場規模推移 ・工業用珪砂のメキシコ市場規模推移 ・工業用珪砂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用珪砂のドイツ市場規模推移 ・工業用珪砂のイギリス市場規模推移 ・工業用珪砂のロシア市場規模推移 ・工業用珪砂のアジア市場分析(日本、中国、 …
  • 業務用トースターの世界市場
    当調査レポートでは、業務用トースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用トースターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て血液バッグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、使い捨て血液バッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て血液バッグの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・地域別分析 ・エンドユーザー別市場分類 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • レーダー製造の世界市場:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)、地域別予測
    本資料は、レーダー製造の世界市場について調べ、レーダー製造の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・レーダー製造の世界市場概要 ・レーダー製造の世界市場環境 ・レーダー製造の世界市場動向 ・レーダー製造の世界市場規模 ・レーダー製造の世界市場規模:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用) ・レーダー製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーダー製造の北米市場規模・予測 ・レーダー製造のアメリカ市場規模・予測 ・レーダー製造のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーダー製造のアジア市場規模・予測 ・レーダー製造の日本市場規模・予測 ・レーダー製造の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 飛行機の飛行制御システムの世界市場:コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、、タイプ別(商用固定翼、軍用固定翼、軍用UAV、回転翼)、技術別(フライバイワイヤー、パワーバイワイヤー、油圧機械式、デジタルフライバイワイヤー)、エンドユーザー別(ラインフィット、レトロフィット)、プラットフォーム別(固定翼、回転翼)、地域別予測
    本資料は、飛行機の飛行制御システムの世界市場について調べ、飛行機の飛行制御システムの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、分析、タイプ別(商用固定翼、軍用固定翼、軍用UAV、回転翼)分析、技術別(フライバイワイヤー、パワーバイワイヤー、油圧機械式、デジタルフライバイワイヤー)分析、エンドユーザー別(ラインフィット、レトロフィット)分析、プラットフォーム別(固定翼、回転翼)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飛行機の飛行制御システムの世界市場概要 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場環境 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場動向 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場規模 ・飛行機の飛行制御システムの世界市場規模:コンポーネント別(コックピット制御、プライマリFCC、二次FCC、アクチュエータ、待機姿勢・エアデータ基準装置)、 ・飛行機の飛 …
  • フランスの装具市場動向(~2021)
  • 入浴・シャワー製品のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 産業用大量梱包の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用大量梱包の世界市場について調査・分析し、産業用大量梱包の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用大量梱包の世界市場:市場動向分析 - 産業用大量梱包の世界市場:競争要因分析 - 産業用大量梱包の世界市場:用途別 化学物質及び薬物 ビルディング及び建設 飲料食品 石油及び潤滑油 自動車 その他の用途 - 産業用大量梱包の世界市場:梱包種類別 ドラム IBCS ズダ袋 バケツ 木枠 ジェリ缶 - 産業用大量梱包の世界市場:材料別 ダンボール紙 プラスチック 金属 木材 - 産業用大量梱包の世界市場:主要地域別分析 - 産業用大量梱包の北米市場規模(アメリカ市場等) - 産業用大量梱包のヨーロッパ市場規模 - 産業用大量梱包のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・産業用大量梱包の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 動物ワクチンの世界市場
    当調査レポートでは、動物ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物ワクチンの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルドース還元酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルドース還元酵素阻害剤の概要 ・アルドース還元酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルドース還元酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルドース還元酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルドース還元酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 食品検査向けPCRシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品検査向けPCRシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品検査向けPCRシステム市場規模、製品別(消費財、器具)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、bioMérieux, Bio-Rad Laboratories, BIOTECON Diagnostics, QIAGEN, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場概要 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場環境 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場動向 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場規模 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:業界構造分析 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:製品別(消費財、器具) ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品検査向けPCRシステムの北米市場規模・予測 ・食品検査向けPCRシステムのヨーロッパ・中東・アフ …
  • 世界のスマート・ラベル市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート・ラベル市場2015について調査・分析し、スマート・ラベルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用バイオマテリアルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、整形外科用バイオマテリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、整形外科用バイオマテリアル市場規模、用途別(関節置換、骨接合術、オルソバイオロジクス、脊椎インプラント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場概要 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場環境 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場動向 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場規模 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場:業界構造分析 ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場:用途別(関節置換、骨接合術、オルソバイオロジクス、脊椎インプラント) ・整形外科用バイオマテリアルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・整形外科用バイオマテリアルの北米市場規模・予測 ・整形外科用バイオマテリアルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・整形外科用バイオマテリアルのアジア太平洋市場規模・予測 ・整形外科用バイオマテリアルの主要国 …
  • 空気・ガス漏れ検知器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、空気・ガス漏れ検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気・ガス漏れ検知器の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の湿度センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の湿度センサ市場2016について調査・分析し、湿度センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの外傷固定処置動向(~2021)
  • ネブライザーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ネブライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネブライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はネブライザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Allied Healthcare、BD、Omron Healthcare、PARI Medical、Koninklijke Philips等です。
  • 人財管理(HCM)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、人財管理(HCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入方式別分析、地域別分析、人財管理(HCM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用ラックサーバーの世界市場予測(~2021):ソリューション、サービス、段タイプ、データセンタータイプ
    当調査レポートでは、データセンター用ラックサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、段タイプ別分析、データセンタータイプ別分析、データセンター用ラックサーバーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エンジンオイルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用エンジンオイルの世界市場について調査・分析し、自動車用エンジンオイルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用エンジンオイルの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用エンジンオイルの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用エンジンオイルの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のバスタブ(浴槽)市場2015
    本調査レポートでは、世界のバスタブ(浴槽)市場2015について調査・分析し、バスタブ(浴槽)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鍛造の世界市場2017-2021:型鍛造、自由鍛造、シームレスリング
    当調査レポートでは、鍛造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鍛造の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"