"世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2801)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global concrete admixtures market size is projected to grow at a CAGR of 9.3% between 2019 and 2024, in terms of value.”
The global concrete admixtures market size is projected to grow from USD 15.4 billion in 2019 to USD 24.0 billion by 2024, at a CAGR of 9.3%, between 2019 and 2024. The increasing infrastructure spending in line with numerous government initiatives across the world and the added physical and chemical benefits of admixtures is expected to drive market growth Established infrastructure in developed countries and unstable economic cycles are restraining the growth of the concrete admixtures industry.

“Based on product type, the superplasticizers segment is expected to lead the concrete admixtures industry during the forecast period.”
The superplasticizers accounted for the majority of the concrete admixtures market share in 2018 and the trend is expected to continue during the forecast period between 2019 and 2024. Increasing construction activities are expected to play a vital role in driving he growth of the segment.

Superplasticizers, or high-range water reducers (HRWR), reduce water content by 12-30%, and can be added to concrete with a low-to-normal slump and water-cement ratio to make high-slump flowing concrete. These admixtures improve the workability of the concrete to a great extent than the conventional water-reducing admixtures. Superplasticizers are added to concrete just before its use, which makes it convenient for the user to control the discharge of concrete and reduce slump.

“Infrastructure is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The infrastructure sector develops in tandem with the growth and development of the global economy. The increasing demand for infrastructure development and the easy availability of debt financing have led to a strong focus on this sector. Infrastructure projects are mainly funded by governments, globally, to ensure good public infrastructure, which, in collaboration with the private sector, keeps the economy in a good shape. The introduction and implementation of various government initiatives around the globe for infrastructure development to support sustainable economic growth of their countries is driving the concrete admixtures market growth.

“APAC is expected to lead the concrete admixtures industry during the forecast period.”
The APAC region is projected to lead the concrete admixtures market from 2019 to 2024, in terms of value. APAC has emerged as one of the leading producers as well as consumers of concrete admixtures due to rapid industrialization and urbanization. The economic growth in the APAC region, particularly in emerging markets, such as India, Taiwan, Indonesia, Malaysia, Thailand, and Vietnam, is contributing to the increase in the number of infrastructure projects, which is expected to drive the demand for concrete admixtures in the construction industry.

Breakup of Primary Interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C-Level Executives – 30%, Directors – 60%, and Others – 10%
• By Region: North America – 35%, Europe – 20%, APAC – 30%, South America – 5% and Middle East & Africa – 10%

BASF SE (Germany), SIKA AG (Switzerland), GCP Applied Technologies (US), RPM International Inc. (US), Fosroc International Inc. (UK), Mapei S.P.A (Italy), CICO Technologies Ltd. (India), CHRYSO S.A.S (France), Concrete Additives and Chemicals Pvt. Ltd. (India), and Rhein-Chemotechnik GmbH (Germany) are the key players operating in the concrete admixtures market.

Research Coverage
This report provides detailed segmentation of the concrete admixtures market on the basis of the product type, end-use sector, and region. Based on product type, the concrete admixtures market has been segmented into superplasticizers, normal plasticizers, accelerating admixtures, retarding admixtures, air-entraining admixtures, water-proofing admixtures and others (coloring agents, corrosion inhibitors, flame retardants, and fibers). Based on end-use sector, the concrete admixtures market has been segmented into residential, commercial, and infrastructure. Based on region, the concrete admixtures market has been segmented into APAC, the Middle East & Africa, Europe, North America, and South America.

Reasons to Buy the Report
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analysis—industry analysis (industry trends), key players in the concrete admixtures market, and company profiles. These insights together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the concrete admixtures market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.

The report provides insights on the following pointers:
 Market Penetration: Comprehensive information on concrete admixtures offered by top players in the concrete admixtures industry
 Product Development/Innovations: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the concrete admixtures market
 Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets – the report analyzes the market for concrete admixtures across various regions
 Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the concrete admixtures industry
 Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the concrete admixtures market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Units Considered
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Concrete Admixtures Market
4.2 Concrete Admixtures Market, By Product Type
4.3 Concrete Admixtures Market, Developed vs Developing Countries
4.4 APAC: Concrete Admixtures Market, By Product Type and End-Use Sectors
4.5 Concrete Admixtures Market: By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Dynamics
5.1.2 Drivers
5.1.2.1 Emerging Construction Industry With Huge Growth Potential in the Developing Countries
5.1.2.2 Growing Urbanization Trend
5.1.2.3 Improved Quality and Economics of Construction
5.1.3 Restraints
5.1.3.1 Established Infrastructure in Developed Countries
5.1.3.2 Unstable Economic Cycles
5.1.4 Opportunities
5.1.4.1 Utilization of Ready-Mix Concrete (RMC) in Developing Countries
5.1.5 Challenges
5.1.5.1 Lack of Technical Guidance and R&D
5.1.5.2 Unstable Cost of Raw Materials and Energy
5.1.5.3 Stricter Environmental Regulations
5.1.5.4 Lack of Awareness Among End Users
5.1.5.5 Substandard Products
5.2 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.1 Threat of New Entrants
5.2.2 Threat of Substitutes
5.2.3 Bargaining Power of Buyers
5.2.4 Bargaining Power of Suppliers
5.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.3 Macroeconomic Indicators
5.3.1 Introduction
5.3.2 Trends and Forecast of GDP
5.3.3 Trends and Forecast in the Construction Industry
6 Concrete Admixtures Market, By Product Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Mineral Admixtures
6.2.1 Fly Ash
6.2.1.1 Low Calcium Fly Ash is Preferred Due to Low Reactivity
6.2.2 Granulated Blast Furnace Slag
6.2.2.1 Improved Workability and Water Reduction are the Prominent Properties of This Cementitious Material
6.2.3 Silica Fume
6.2.3.1 Use of Silica Fume Increases the Weight of Cement By 15%
6.2.4 Rice Husk Ash
6.2.4.1 Apart From Using Rice Husk Ash as Admixture in Concrete, It is Also Used to Make Bricks
6.3 Chemical Admixtures
6.3.1 Superplasticizers
6.3.1.1 Improves Workability of the Concrete to A Great Extent Compared to Other Conventional Admixtures
6.3.2 Normal Plasticizers
6.3.2.1 Reduces 15-20% Water Usage, Provides Strength, and Improves Workability of Concrete
6.3.3 Accelerating Admixtures
6.3.3.1 Reduces Segregation, Increases Density & Strength, Improves the Curing Rate of Cement By Providing Uniform Curing During Summer and Winter
6.3.4 Retarding Admixtures
6.3.4.1 Used to Obtain Architectural Finish in the Interior Surface of the Structure to Delay the Hardening of the Cement/Concrete Layer
6.3.5 Air-Entraining Admixtures
6.3.5.1 Uniform Dispersion of Air in the Concrete Restricts Water Flow Between Cement Particles and Formation of Capillaries
6.3.6 Water-Proofing Admixtures
6.3.6.1 Used in Construction of Reservoirs, Sewage, Tanks, Tunnels, Manholes and Other Water Retaining Structures/Floors to Prevent Water Leakages
6.3.7 Other Concrete Admixtures
7 Concrete Admixtures Market, By End-Use Sector (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Residential
7.2.1 Rise in Population and Rapid Urbanization have Increased the Development of Residential Sector in Urban Areas
7.3 Commercial
7.3.1 Higher Costs and Greater Complexity of Commercial Buildings have Resulted in Less Competitors in Commercial Sector
7.4 Infrastructure
7.4.1 Growth and Development in the Infrastructure Sector Boosts the Global Economy
8 Concrete Admixtures Market Size, By Region (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 China’s Construction Industry to Expand By 5.9% in 2019 and 6.1% By 2020, Driven By the Railway Construction Projects
8.2.2 India
8.2.2.1 Cement Demand in India is Expected to Reach 550-600 Million Tonnes Per Annum (MTPA) By 2025, Supported By the Government’s Infrastructure Projects
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Superplasticizers and Normal Plasticizers are Used in Most Concretes in Japan to Endure Natural Calamities
8.2.4 South Korea
8.2.4.1 The Government’s Increased Investment on the Healthcare and Education Sectors are Expected to Boost the Concrete Admixtures Market
8.2.5 Rest of APAC
8.3 The Middle East & Africa
8.3.1 Egypt
8.3.1.1 Increasing Demand for Housing to Accommodate the Increasing Population Will Boost the Concrete Admixtures Market
8.3.2 Iran
8.3.2.1 Country Aims to Increase Its Annual Cement Production Capacity to Accommodate 20-Year Vision Plan (2025)
8.3.3 Saudi Arabia
8.3.3.1 Government has Made Huge Investments in Infrastructure Development to Boost Tourism
8.3.4 United Arab Emirates (UAE)
8.3.4.1 Increased Crude Oil Production Helps to Drive Investment in Construction Industry
8.3.5 Rest of Middle East & Africa
8.4 Europe
8.4.1 Turkey
8.4.1.1 Cement Sector Contributes to the Growth of Turkey’s Economy
8.4.2 Italy
8.4.2.1 The Production of Cement in Italy is Expected to Remain Stable in the Near Future
8.4.3 Poland
8.4.3.1 Poland is the Fastest Growing-Economy in the European Union (EU)
8.4.4 Spain
8.4.4.1 Transport Infrastructure and Increase in Housing Units Boost the Concrete Admixtures Market
8.4.5 Germany
8.4.5.1 Implementation of Increasing Stringent Environmental Regulations have Increased the Production of Cement and Concrete Admixtures in the Country
8.4.6 France
8.4.6.1 Government’s Focus on the Development of Affordable Houses as Well as Renewable Energy Infrastructure Will Contribute to the Demand for Concrete Admixtures
8.4.7 UK
8.4.7.1 Government of UK has Invested USD 764 Billion Under National Infrastructure and Construction Pipeline (NICP) for the Next 10 Years to Improve the Infrastructure in Energy, Transport, and Other Sectors
8.4.8 Rest of Europe
8.5 North America
8.5.1 US
8.5.1.1 Positive Trends in the Residential Market are Boosting the Construction Industry Growth
8.5.2 Mexico
8.5.2.1 Government’s Promise to Increase the Growth of GDP By 4% in 2019, Through Infrastructure Development Will Increase the Demand for Concrete Admixtures
8.5.3 Canada
8.5.3.1 Government Plans to Provide Financial Help to First-Time Home Buyers and Development of the Country’s Transport Infrastructure Under the Transportation 2030 Program Will Boost the Demand for Concrete Admixtures
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Investment Partnership Program has Promoted the Private Sector Participation in Infrastructure Development
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 China-Built Projects in the Country have Improved the Livelihood and Created Employment Opportunities
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 120)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Ranking Analysis
9.5.1 BASF SE
9.5.2 SIKA AG
9.5.3 GCP Applied Technologies
9.5.4 RPM International Inc.
9.5.5 Fosroc International Ltd.
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 New Product Development/Launch
9.6.2 Merger & Acquisition
9.6.3 Investment & Expansion
9.6.4 Partnership & Collaboration
10 Company Profiles (Page No. – 133)
10.1 BASF SE
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Functional Materials & Solutions Segment
10.1.3 Products, Customers, and Applications
10.1.4 Products Offered
10.1.5 Recent Developments
10.1.6 SWOT Analysis
10.1.7 BASF SE’s Right to Win
10.2 SIKA AG
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Products Offered
10.2.3 Recent Developments
10.2.4 SWOT Analysis
10.2.5 SIKA Ag’s Right to Win
10.3 GCP Applied Technologies Inc.
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Specialty Construction Chemicals Segment
10.3.3 The Specialty Construction Chemicals Product Portfolio
10.3.4 Products Offered
10.3.5 Recent Development
10.3.6 GCP Applied Technologies’ Right to Win
10.4 RPM International Inc.
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Products Offered
10.4.3 RPM International Inc.’S Right to Win
10.5 Fosroc International Ltd
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Products Offered
10.5.3 Recent Developments
10.5.4 Fosroc International Ltd’s Right to Win
10.6 Mapei S.P.A
10.6.1 Overview
10.6.2 Products Offered
10.6.3 Mapei S.P.A’s Right to Win
10.7 CICO Technologies Ltd
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Products Offered
10.7.3 CICO Technologies Ltd’s Right to Win
10.8 CHRYSO S.A.S.
10.8.1 Overview
10.8.2 Products Offered
10.8.3 Recent Developments
10.8.4 CHRYSO S.A.S’s Right to Win
10.9 Concrete Additives and Chemicals Pvt. Ltd.
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Products Offered
10.9.3 Concrete Additives and Chemicals Pvt. Ltd. Right to Win
10.10 Rhein-Chemotechnik GmbH
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Products Offered
10.10.3 Rhein-Chemotechnik GmbH’s Right to Win
10.11 Other Companies
10.11.1 Weber Saint-Gobain
10.11.2 Polisan Kimya San. A.S.
10.11.3 Shandong Wanshan Chemical Co. Ltd.
10.11.4 Sakshi Chem Sciences Pvt. Ltd.
10.11.5 Fritz-Pak Corporation
10.11.6 Fuclear Technologies Inc.
10.11.7 Ha-Be Betonchemie
10.11.8 Lanya Concrete Admixtures
10.11.9 Muhu (China) Construction Materials Co., Ltd.
10.11.10 Cormix International Limited
11 Appendix (Page No. – 165)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2801
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のコンクリート混和剤市場:製品種類別(流動化剤、通常の可塑剤、加速、遅延、空気連行、防水)、エンドユーズセクター別(住宅、商業、インフラ)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • Akt2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAkt2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Akt2阻害剤の概要 ・Akt2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAkt2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Akt2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Akt2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリッドスケールエネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • SCRパワーコントローラーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、SCRパワーコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、制御方法別分析、産業別分析、地域別分析、SCRパワーコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の概要 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 世界のタングステン濃縮物市場2016
    本調査レポートでは、世界のタングステン濃縮物市場2016について調査・分析し、タングステン濃縮物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酪酸の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、酪酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酪酸の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 基油の世界市場:自動車オイル、工業用オイル、金属加工油、グリース、油圧油
    当調査レポートでは、基油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーシャルメディアセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ソーシャルメディアセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別(モニタリング、脅威インテリジェンス、リスク管理)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、組織規模別、垂直産業別分析、ソーシャルメディアセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界の段ボール市場2016
    本調査レポートでは、世界の段ボール市場2016について調査・分析し、段ボールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用塗料の世界市場2017-2021:商用航空機、軍用航空機、一般航空機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空宇宙用塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空宇宙用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Akzo Nobel、Hentzen Coatings、PPG Industries、Sherwin-Williams等です。
  • 安全プレフィルド注射器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、安全プレフィルド注射器の世界市場について調査・分析し、安全プレフィルド注射器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別安全プレフィルド注射器シェア、市場規模推移、市場規模予測、安全プレフィルド注射器種類別分析(ガラス製、プラスチック製)、安全プレフィルド注射器用途別分析(皮下(Sub-Q)、筋肉内(IM)、静脈内 (IV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・安全プレフィルド注射器の市場概観 ・安全プレフィルド注射器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・安全プレフィルド注射器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・安全プレフィルド注射器の世界市場規模 ・安全プレフィルド注射器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・安全プレフィルド注射器のアメリカ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のカナダ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のメキシコ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・安全 …
  • 細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬剤
  • 自動トレイローディング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動トレイローディング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動トレイローディング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコバルト粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のコバルト粉市場2016について調査・分析し、コバルト粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート照明市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート照明市場2015について調査・分析し、スマート照明の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スリップリングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スリップリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スリップリング市場規模、用途別(商工業、航空宇宙・防衛・海洋、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スリップリングの世界市場概要 ・スリップリングの世界市場環境 ・スリップリングの世界市場動向 ・スリップリングの世界市場規模 ・スリップリングの世界市場:業界構造分析 ・スリップリングの世界市場:用途別(商工業、航空宇宙・防衛・海洋、その他) ・スリップリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スリップリングの北米市場規模・予測 ・スリップリングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スリップリングのアジア太平洋市場規模・予測 ・スリップリングの主要国分析 ・スリップリングの世界市場:意思決定フレームワーク ・スリップリングの世界市場:成長要因、課題 ・スリップリングの世界市場:競争環境 ・スリップリングの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中国のレゼクトスコープ市場2015
    本調査レポートでは、中国のレゼクトスコープ市場2015について調査・分析し、レゼクトスコープの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸セリウムアンモニウムの世界市場分析:用途別(実験室、フォトマスク、液晶ディスプレイ)、セグメント予測 -2022
    本調査レポートでは、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場について調査・分析し、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場動向、硝酸セリウムアンモニウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別硝酸セリウムアンモニウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの概要 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のMT-1メラトニン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・MT-1メラトニン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヨーロッパ主要国の頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの概要 ・プロゲステロン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロゲステロン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロゲステロン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロゲステロン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アメリカの衛星ベース地球観測(EO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの衛星ベース地球観測(EO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの衛星ベース地球観測(EO)市場規模及び予測、産業別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 耐食性樹脂の世界市場動向・予測:エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、ポリウレタン樹脂、ビニルエステル樹脂
    当調査レポートでは、耐食性樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、耐食性樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド航空機の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、コネクテッド航空機の世界市場について調査・分析し、コネクテッド航空機の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. コネクテッド航空機世界市場の概要 3. コネクテッド航空機世界市場 4. 世界のコネクテッド航空機2次市場予測 5. 主要地域のコネクテッド航空機市場予測 6. コネクテッド航空機市場のSWOT分析 7. コネクテッド航空機世界市場における主要企業10社 8. 結論 9. 用語集
  • D-アミノ酸の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、D-アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、D-アミノ酸市場規模、製品別(D-バリン、D-ロイシン、D-フェニルアラニン、D-アラニン、D-グルタミン酸、その他)分析、用途別(化粧品、食品・飲料、医薬品、動物飼料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ D-アミノ酸の世界市場:市場動向分析 ・ D-アミノ酸の世界市場:競争要因分析 ・ D-アミノ酸の世界市場:製品別(D-バリン、D-ロイシン、D-フェニルアラニン、D-アラニン、D-グルタミン酸、その他) ・ D-アミノ酸の世界市場:用途別(化粧品、食品・飲料、医薬品、動物飼料、その他) ・ D-アミノ酸の世界市場:主要地域別分析 ・ D-アミノ酸の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ D-アミノ酸のヨーロッパ市場規模 ・ D-アミノ酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・D-アミノ酸の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • テールリフトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、テールリフトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テールリフト市場規模、製品別(カンチレバーリフト、スライダーテールリフト、トラックアウェイリフト、コラムリフト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テールリフトの世界市場概要 ・テールリフトの世界市場環境 ・テールリフトの世界市場動向 ・テールリフトの世界市場規模 ・テールリフトの世界市場:業界構造分析 ・テールリフトの世界市場:製品別(カンチレバーリフト、スライダーテールリフト、トラックアウェイリフト、コラムリフト) ・テールリフトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テールリフトの北米市場規模・予測 ・テールリフトのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テールリフトのアジア太平洋市場規模・予測 ・テールリフトの主要国分析 ・テールリフトの世界市場:意思決定フレームワーク ・テールリフトの世界市場:成長要因、課題 ・テールリフトの世界市場:競争環境 ・テ …
  • 研摩ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、研摩ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研摩ロボット市場規模、最終用途別(自動車部門、金属・機械部門、航空宇宙・防衛部門、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研摩ロボットの世界市場概要 ・研摩ロボットの世界市場環境 ・研摩ロボットの世界市場動向 ・研摩ロボットの世界市場規模 ・研摩ロボットの世界市場:業界構造分析 ・研摩ロボットの世界市場:最終用途別(自動車部門、金属・機械部門、航空宇宙・防衛部門、その他) ・研摩ロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・研摩ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・研摩ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・研摩ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・研摩ロボットのアジア市場規模・予測 ・研摩ロボットの主要国分析 ・研摩ロボットの世界市場:意思決定フレームワ …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の気道装置・麻酔装置市場
  • 水泳プールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水泳プールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳プールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、装置別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トランスミッション用シールの世界市場2017-2021:ラジアルシャフトシール、アキシャルクランプシール、メタルフェースシール、カセットシール、Vリングシール、トラックピンシール
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、トランスミッション用シールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トランスミッション用シールの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超軽量飛行機市場2015
    本調査レポートでは、世界の超軽量飛行機市場2015について調査・分析し、超軽量飛行機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エッジ分析の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エッジ分析の世界市場について調査・分析し、エッジ分析の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エッジ分析の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・エッジ分析の世界市場規模:展開モデル別分析 ・エッジ分析の世界市場規模:用途別分析 ・エッジ分析の世界市場規模:種類別分析 ・エッジ分析の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・エッジ分析の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 農産物迅速検査サービスの世界市場:種類別(技術別、汚染物質別)、用途別(肉類・水産物、乳製品、果物・野菜、穀物、ナッツ、種子・香辛料、作物、その他)、地域別予測
    本資料は、農産物迅速検査サービスの世界市場について調べ、農産物迅速検査サービスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(技術別、汚染物質別)分析、用途別(肉類・水産物、乳製品、果物・野菜、穀物、ナッツ、種子・香辛料、作物、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSGS 、Bureau Veritas、Intertek、Eurofins、TUV SUD、Merieux Nutriscience、ALS Limited、AsueQuality 、Microbac Laboratories、Genetic ID、Romer Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農産物迅速検査サービスの世界市場概要 ・農産物迅速検査サービスの世界市場環境 ・農産物迅速検査サービスの世界市場動向 ・農産物迅速検査サービスの世界市場規模 ・農産物迅速検査サービスの世界市場規模:種類別(技術別、汚染物質別) ・農産物迅速検査サービスの世界市場規模:用途別(肉類・水 …
  • 使い捨て食器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、使い捨て食器の世界市場について調査・分析し、使い捨て食器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別使い捨て食器シェア、市場規模推移、市場規模予測、使い捨て食器種類別分析(使い捨てカップ、使い捨て皿、使い捨てボウル、使い捨てカトラリー)、使い捨て食器用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・使い捨て食器の市場概観 ・使い捨て食器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・使い捨て食器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・使い捨て食器の世界市場規模 ・使い捨て食器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・使い捨て食器のアメリカ市場規模推移 ・使い捨て食器のカナダ市場規模推移 ・使い捨て食器のメキシコ市場規模推移 ・使い捨て食器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・使い捨て食器のドイツ市場規模推移 ・使い捨て食器のイギリス市場規模推移 ・使い捨て食器のロシア市場規模推移 ・使い捨て食器のアジア市場分析(日本 …
  • バタフライ弁の世界市場:種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁)、仕組別(中心バタフライ弁、偏心バタフライ弁)、機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ)、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他)
    本資料は、バタフライ弁の世界市場について調べ、バタフライ弁の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁)分析、機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バタフライ弁の世界市場概要 ・バタフライ弁の世界市場環境 ・バタフライ弁の世界市場動向 ・バタフライ弁の世界市場規模 ・バタフライ弁の世界市場:種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁) ・バタフライ弁の世界市場:仕組別(中心バタフライ弁、偏心バタフライ弁) ・バタフライ弁の世界市場:機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ) ・バタフライ弁の世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他) ・バタフライ弁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バタフライ弁の北米市場規模・予測 ・バタフライ弁のアメリカ市場規模・予測 ・バタフ …
  • リン酸亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リン酸亜鉛の世界市場について調査・分析し、リン酸亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リン酸亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、リン酸亜鉛種類別分析(高含有、低含有)、リン酸亜鉛用途別分析(水性防食塗料、溶剤系防食塗料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リン酸亜鉛の市場概観 ・リン酸亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リン酸亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リン酸亜鉛の世界市場規模 ・リン酸亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リン酸亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のカナダ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リン酸亜鉛のドイツ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のイギリス市場規模推移 ・リン酸亜鉛のロシア市場規模推移 ・リン酸亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リン酸亜鉛の日本市場規 …
  • テレコム分析の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、展開別(クラウド&オンプレミス)、組織規模別(大企業&中小企業)、用途別(顧客管理、ネットワーク管理、販売&マーケティング管理、リスク&コンプライアンス管理、その他)
    本調査レポートでは、テレコム分析の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、展開別(クラウド&オンプレミス)分析、組織規模別(大企業&中小企業)分析、用途別(顧客管理、ネットワーク管理、販売&マーケティング管理、リスク&コンプライアンス管理、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・テレコム分析の世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・テレコム分析の世界市場:展開別(クラウド&オンプレミス) ・テレコム分析の世界市場:組織規模別(大企業&中小企業) ・テレコム分析の世界市場:用途別(顧客管理、ネットワーク管理、販売&マーケティング管理、リスク&コンプライアンス管理、その他) ・テレコム分析の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 電子タバコの世界市場:製品別(充電式、モジュラー式、使い捨て)、販売チャネル別(小売、オンライン)、コンポーネント別、セグメント予測
    電子タバコの世界市場は2025年には471億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率23.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、若者の間で電子タバコ人気が急上昇していることが考えられます。本調査レポートでは、電子タバコの世界市場について調査・分析し、電子タバコの世界市場動向、電子タバコの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子タバコ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工心臓(VAD)の世界市場予測
    当調査レポートでは、人工心臓(VAD)の世界市場について調査・分析し、人工心臓(VAD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・人工心臓(VAD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・人工心臓(VAD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・人工心臓(VAD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • デジタルOOH(屋外広告)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルOOH(屋外広告)の世界市場について調べ、デジタルOOH(屋外広告)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルOOH(屋外広告)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(小売、レクリエーション、銀行業、交通手段、教育、その他の用途)、種類別(店内広告、屋外広告)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルOOH(屋外広告)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場状況 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場規模 ・デジタルOOH(屋外広告)の市場予測 ・デジタルOOH(屋外広告)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(小売、レクリエーション、銀行業、交通手段、教育、その他の用途) ・市場セグメンテーション:種類別(店内広告、屋外広告) ・デジタルOOH(屋外広告)の顧客状 …
  • 紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬剤
  • 自己免疫疾患の世界市場:疾患別(限局性、全身性)、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)、地域別予測
    本資料は、自己免疫疾患の世界市場について調べ、自己免疫疾患の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(限局性、全身性)分析、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)分析、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbott Laboratories、Active Biotech、Eli Lilly、Bristol-Myers Squibb、AstraZeneca plc、Pfizer、Biogen Idec、Lupin Limited、GlaxoSmithKline、Amgen、4SC、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、AutoImmune Inc.、Johnson & Johnson、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己免疫疾患の世界市場概要 ・自己免疫疾患の世界市場環境 …
  • ピックアップトラックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ピックアップトラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピックアップトラックの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • FRP(繊維強化プラスチック)グレーチングの世界市場予測(~2021年):ポリエステル、ビニル・エステル、フェノール樹脂
    当調査レポートでは、FRP(繊維強化プラスチック)グレーチングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、プロセス別分析、用途別分析、需要先別分析、FRP(繊維強化プラスチック)グレーチングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスピルリナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のスピルリナ市場2016について調査・分析し、スピルリナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオメンブレンの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、原材料別分析、製造方法別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品コーティングの世界市場予測(~2023年):バッター、小麦粉
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(バッター、小麦粉)分析、用途別(ベーカリー、スナック)分析、装置タイプ別(コーター・アプリケーター、エンローバー)分析、形態別(乾燥、液体)分析、食品コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"