"世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 3687)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing demand for donated blood, the rising number of blood donations, the growing prevalence of infectious diseases, and the increasing prevalence of newer pathogens are driving the overall growth of the blood screening market”
The blood screening market is projected to reach USD 3.3 billion by 2024 from USD 2.2 billion in 2019, at a CAGR of 8.7%. Growth in this market is driven by the increasing demand for donated blood, the rising number of blood donations, the growing prevalence of infectious diseases, and the increasing prevalence of newer pathogens. Technological advancements and developing economies are expected to present opportunities for growth for players in the blood screening market. However, the need to reduce blood screening prices is a major factor in challenging market growth.

“Nucleic Acid Testing (NAT) segment accounted for the larger share of the blood screening market, by technology, in 2018”
The blood screening market, by technology, has been segmented into nucleic acid testing (NAT), enzyme-linked immunosorbent assays (ELISA), rapid tests, western blot assays, and next-generation sequencing (NGS). The NAT segment dominates the blood screening market, by technology, primarily due to the increasing number of blood donations and the increasing adoption of NAT technology due to its higher sensitivity over other blood screening technologies. Based on type, the blood screening market for NAT is segmented into transcription-mediated amplification (TMA) and real-time PCR. Among these, the TMA segment accounts for the larger market share due to the higher sensitivity of this assay.

“Blood banks to register the highest growth in the blood screening market during the forecast period”
Based on end users, the blood screening market is segmented into blood banks and hospitals. The blood bank segment accounted for the larger market share in 2018 and is projected to witness a higher growth rate during the forecast period. This can be attributed to the increasing demand for donated blood, a growing number of organ transplantation surgeries, rising awareness regarding the safety of blood, increasing the number of donations worldwide, and growth in government funding to charitable trusts.

“North America will continue to dominate the blood screening market during the forecast period”
Based on region, the blood screening market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East and Africa. In 2018, North America accounted for the largest market share, followed by Europe. Factors such as the increasing demand for donated blood, the rising number of blood donations, the growing prevalence of infectious diseases, and the increasing prevalence of newer pathogens, the presence of high-quality infrastructure for hospitals and clinical laboratories, and the presence of major market players in the region are driving the growth of the blood screening market in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 36%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 19%
• By Designation: C-level – 33%, D-level – 40%, and Others – 27%
• By Region: North America – 39%, Europe – 28%, Asia Pacific – 19%, Latin America- 9% and the Middle East and Africa- 5%

Companies Profiled in the Report
Prominent players in the blood screening market include Grifols (Spain), F. Hoffmann-La Roche AG (Switzerland), Abbott Laboratories (US), BioMérieux (France), Bio-Rad Laboratories (US), Siemens Healthineers (Germany), Danaher Corporation (US), Thermo Fisher Scientific Inc. (US) ,Ortho Clinical Diagnostics, Inc. (US), Becton, Dickinson and Company (US), DiaSorin (Italy), GFE (Germany), Trinity Biotech (Ireland), Merck Millipore (Germany), GE Healthcare (US), Perkin Elmer (US), Bio-Techne Corporation (US), and J Mitra & Co. Pvt. Ltd (India).

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global blood screening market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product & service, technology, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall blood screening market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, opportunities, and trends.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Research Design
2.3 Secondary Data
2.3.1 Secondary Sources
2.4 Primary Data
2.4.1 Key Data From Primary Sources
2.5 Market Size Estimation
2.5.1 Bottom-Up Approach
2.5.2 Top-Down Approach
2.5.3 Growth Forecast
2.6 Market Breakdown and Data Triangulation
2.7 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Blood Screening Market Overview
4.2 Asia Pacific: Blood Screening Market Share, By End User & Country (2018)
4.3 Blood Screening Market, By Product & Service, 2019 vs. 2024 (USD Billion)
4.4 Geographical Snapshot of the Blood Screening Market
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Donated Blood and Rising Number of Blood Donations
5.2.1.2 Rising Prevalence of Infectious Diseases and Emergence of Newer Pathogens
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Technological Advancements
5.2.2.2 Emerging Economies
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Need for Reducing Blood Screening Prices
6 Blood Screening Market, By Product & Service (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Reagents & Kits
6.2.1 NAT Reagents & Kits
6.2.1.1 High Sensitivity and Rising Use of NAT are Boosting Demand for Related Reagents and Kits
6.2.1.2 Enzymes & Polymerases
6.2.1.3 Standards & Controls
6.2.1.4 Probes & Primers
6.2.1.5 Buffers, Nucleotides, & Solutions
6.2.1.6 Labeling & Detection Reagents
6.2.2 Elisa Reagents & Kits
6.2.2.1 Ease of Use and Cost-Effectiveness of Elisa Reagents & Kits Will Drive Market Growth
6.2.2.2 Immunosorbents
6.2.2.3 Controls
6.2.2.4 Conjugates
6.2.2.5 Substrates
6.2.2.6 Sample Diluents & Wash Solutions
6.2.3 Other Reagents & Kits
6.2.3.1 Increasing Use of Western Blot Tests and Rapid Tests Will Drive the Growth of This Market Segment
6.3 Instruments
6.3.1 Rental Purchase
6.3.1.1 Convenience and Cost-Effectiveness of Renting Instruments has Resulted in Greater End-User Preference
6.3.2 Outright Purchase
6.3.2.1 Availability of Government Support Will Increase the Outright Purchase of Instruments
6.4 Software & Services
6.4.1 Increasing Adoption of Instruments Will Drive the Demand for Related Software and Services
7 Blood Screening Market, By Technology (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Nucleic Acid Testing
7.2.1 Transcription-Mediated Amplification
7.2.1.1 High Sensitivity of These Assays to Support Market Growth
7.2.2 Real-Time Polymerase Chain Reaction
7.2.2.1 Real-Time PCR Procedures Provide More Accurate and Effective Results as Compared to Conventional PCR
7.3 Enzyme-Linked Immunosorbent Assay
7.3.1 Chemiluminescence Immunoassay
7.3.1.1 Clia is Ultrasensitive, Automated, and A Good Alternative to Conventional Methodologies
7.3.2 Fluorescent Immunoassay
7.3.2.1 Rising Demand for Safer and Stable Reagents and the Development of Novel Markers to Support the Growth of This Market Segment
7.3.3 Colorimetric Immunoassays
7.3.3.1 CI Offers Low Sensitivity as It Uses Vulnerable/Limited Signal Amplification Strategies
7.4 Rapid Tests
7.4.1 Rising Awareness About Rapid Tests in Emerging Countries to Drive Market Growth
7.5 Western Blot Assay
7.5.1 Growing Prevalence of TTIS in Developing Countries has Resulted in the Increased Demand for Western Blot Assays
7.6 Next-Generation Sequencing
7.6.1 Ngs is an Emerging Technology in the Blood Screening Market
8 Blood Screening Market, By End User (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 Blood Banks
8.2.1 Blood Banks Hold the Largest Share of the Blood Screening Market
8.3 Hospitals
8.3.1 Increasing Number of Surgical Procedures Will Drive the Growth of the Hospitals Segment
9 Blood Screening Market, By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the Global Blood Screening Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Volume of Surgical Procedures Performed and High Burden of Cancer to Support Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Largest Market for Blood Screening Technologies in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Prevalence of Hiv to Support Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Government Support to Prevent Transmission of Hiv and Other Infections Will Drive Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Italy is Witnessing an Increase in the Number of Blood Donors
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Adoption of NAT Technology Will Support Market Growth
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China has A High Prevalence of Infectious Diseases
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan has Witnessed an Increase in the Adoption of Advanced Blood Screening Technologies
9.4.3 India
9.4.3.1 Increasing Number of Road Accidents Will Support Market Growth
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Rising Number of Blood Donations Will Propel Market Growth
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Increasing Incidence of Cancer Will Support the Growth of This Market
9.5.2 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Rising Prevalence of Infectious Diseases Will Drive Market Growth in the Region
10 Competitive Landscape (Page No. – 114)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.2.1 Market Share Analysis for NAT Blood Screening, 2018
10.2.2 Market Share Analysis for Total Blood Screening, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations (2017–2019)
10.3.2 Product Launches (2017–2019)
10.3.3 Expansions (2017–2019)
10.3.4 Acquisitions (2017–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping (2019)
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 122)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Grifols
11.2 F. Hoffmann-La Roche
11.3 Abbott Laboratories
11.4 Biomérieux
11.5 Bio-Rad Laboratories
11.6 Becton, Dickson and Company
11.7 Danaher Corporation
11.8 Ortho Clinical Diagnostics
11.9 Siemens Healthineers
11.10 Thermo Fisher Scientific
11.11 Diasorin
11.12 GE Healthcare
11.13 Merck KGaA
11.14 Perkinelmer
11.15 Bio-Techne
11.16 GFE
11.17 Trinity Biotech
11.18 J. Mitra Diagnostics Pvt. Ltd.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 159)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 3687
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の血液スクリーニング市場:技術別(核酸増幅、(リアルタイムPCR)、ELISA(化学発光免疫測定法)、ラピッドテスト、ウエスタンブロット)、製品別(機器、試薬&キット、ソフトウェア)、エンドユーザー別(血液銀行、病院)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 細胞培養培地・血清・試薬の世界市場
    当調査レポートでは、細胞培養培地・血清・試薬の世界市場について調査・分析し、細胞培養培地・血清・試薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 医薬品製造委託の世界市場2016-2026
  • 世界のターボチャージャー(ガソリン)市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボチャージャー(ガソリン)市場2015について調査・分析し、ターボチャージャー(ガソリン)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハプティック技術(触覚技術)の世界市場予測(~2022年):アクチュエータ、ドライバー、マイクロコントローラー、ソフトウェア
    当調査レポートでは、ハプティック技術(触覚技術)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、フィードバック別分析、用途別分析、地域別分析、ハプティック技術(触覚技術)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用センサーの世界市場分析:製品別(圧力センサー、温度センサー、イメージセンサー、加速度センサー、バイオセンサー、流量センサー、SQUIDセンサー)、使用分野別(手術、診断、治療、モニタリング)、エンドユーザー別(病院、医院、養護施設、在宅医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用センサーの世界市場について調査・分析し、医療用センサーの世界市場動向、医療用センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 軍用アンテナの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、軍用アンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍用アンテナ市場規模、プラットフォーム別(陸上、航空、海洋)分析、種類別(進行波アンテナ、開口アンテナ、アレーアンテナ、ダイポールアンテナ、ループアンテナ、モノポールアンテナ)分析、用途別(遠隔測定法、監視、通信、ナビゲーション、衛星通信、電子戦)分析、帯域別(極高周波(EHF)、超高周波(SHF)、極超短波(UHF)、超短波(VHF)、高周波)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 軍用アンテナの世界市場:市場動向分析 ・ 軍用アンテナの世界市場:競争要因分析 ・ 軍用アンテナの世界市場:プラットフォーム別(陸上、航空、海洋) ・ 軍用アンテナの世界市場:種類別(進行波アンテナ、開口アンテナ、アレーアンテナ、ダイポールアンテナ、ループアンテナ、モノポールアンテナ) ・ 軍用アンテナの世界市場:用途別(遠隔測定法、監視、通信、ナビゲーション、衛星通信、電子戦) ・ 軍 …
  • 北米の水貯蔵システム市場:材料別(コンクリート、スチール、プラスチック、グラスファイバー)、用途別、エンドユーズ産業別(市、産業、住宅、商業)、国家別(米国、カナダ、メキシコ)
    MarketsandMarkets社は、水貯蔵システムの北米市場規模が2019年34億ドルから2024年41億ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。当資料では、北米の水貯蔵システム市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他)分析、用途別(水圧破砕貯蔵および収集、敷地内の水および廃水の収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備および貯蔵、雨水収集および収集、その他)分析、エンドユーズ別(市、産業、商業、住宅)分析、地域別分析、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・北米のヘルスケアにおけるIoT市場:材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他) ・北米のヘルスケアにおけるIoT市場:用途別(水圧破砕貯蔵および収集、敷地内の水および廃水の収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備および貯蔵、雨水収集および収集、その他) ・北米のヘルスケアにおけるIoT市場:エンドユーズ別(市、産業、商業、住宅) ・北米 …
  • 組み立て式 (RTA) 家具の欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、組み立て式 (RTA) 家具の欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組み立て式 (RTA) 家具の欧州市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 Technavio社は組み立て式 (RTA) 家具の欧州市場が2017-2021年期間中に年平均4.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dorel Industries• Inter IKEA Systems• Tvilum等です。
  • 整形外科用手術台の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、 整形外科用手術台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 整形外科用手術台の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は 整形外科用手術台の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allen Medical Systems • AMTAI Medical Equipment• INFIMED • medifa• Trumpf Medical 等です。
  • 世界の集光型太陽熱発電市場規模・予測2017-2025技術別(パラボラ‐トラフ・リニアフレネル反射器、ソーラーディッシュ、ソーラータワー)、構成要素別(ソーラーフィールド、パワーブロック・熱貯蔵)、エンドユーザー別(ユーティリティ、EOR・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の集光型太陽熱発電市場について調査・分析し、世界の集光型太陽熱発電市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の集光型太陽熱発電関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 紙加工機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、紙加工機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紙加工機の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場:コンポーネント別(トランスミッター、センサー、インスリンポンプ)、最終用途別(病院、在宅医療)、セグメント予測
    持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場は2024年には10億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、糖尿病の拡大や、新しい高度な糖尿病治療装置の導入が考えられます。持続グルコース測定装置は、体内の血糖値レベルをリアルタイムかつ効果的に測定します。記録された測定データは、無線ネットワークを介して受信者に送信されます。これは、指定された期間にわたって血糖値レベルを追跡するのに役立ちます。本調査レポートでは、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場について調査・分析し、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場動向、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別持続グルコース測定(CGM)システム・装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 真空包装の世界市場                 
    当調査レポートでは、真空包装の世界市場について調査・分析し、真空包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 真空包装の世界市場:市場動向分析 - 真空包装の世界市場:競争要因分析 - 真空包装の世界市場:包装の種類別 ・半硬質の包装材 ・硬質の包装材 ・軟質の包装材 - 真空包装の世界市場:機械の種類別 ・外部型真空シーラー ・トレイ用シール包装機 ・熱成形機 ・その他 - 真空包装の世界市場:処理別 ・真空シュリンク包装 ・真空スキン包装 ・その他 - 真空包装の世界市場:包装素材別 ・ポリ塩化ビニリデン(PVDC) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリエステル(PET) ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリアミド(PA) ・ポリエチレン(PE) ・その他 - 真空包装の世界市場:用途別 ・医薬品用 ・工業製品 ・食品および飲料 ・消費財の包装 ・ヘルスケア ・その他 - 真空包装の世界市場:主要地域別分析 - 真空包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 真空包装のヨーロッパ市場規模 - 真空包装のアジア …
  • アルゼンチンのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 血管造影用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管造影用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管造影用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリントアイウェアの世界市場予測2019-2024
    「3Dプリントアイウェアの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属など、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプリントアイウェアのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプリントアイウェアの世界市場概要(サマリー) ・3Dプリントアイウェアの企業別販売量・売上 ・3Dプリントアイウェアの企業別市場シェア ・3Dプリントアイウェアの世界市場規模:種類別(ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属) ・3Dプリントアイウェアの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・3Dプリントアイウェアの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・3Dプリントアイウェアのアジア市場規模(日本、中 …
  • 韓国のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 頭部・頚部の再発性扁平上皮癌:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における頭部・頚部の再発性扁平上皮癌の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、頭部・頚部の再発性扁平上皮癌治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・頭部・頚部の再発性扁平上皮癌の概要 ・頭部・頚部の再発性扁平上皮癌の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の頭部・頚部の再発性扁平上皮癌治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・頭部・頚部の再発性扁平上皮癌治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・頭部・頚部の再発性扁平上皮癌治療薬開発 …
  • 抗真菌薬の世界市場
    当調査レポートでは、抗真菌薬の世界市場について調査・分析し、抗真菌薬の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 抗真菌薬の世界市場:市場動向分析 - 抗真菌薬の世界市場:競争要因分析 - 抗真菌薬の世界市場:治療対象の症状別 ・カンジダ症 ・皮膚糸状菌症 ・アスペルギルス症 ・その他 - 抗真菌薬の世界市場:製品の形態別 ・液体またはスプレー ・シャンプー ・ジェル ・注射液 ・錠剤(丸薬) ・クリーム - 抗真菌薬の世界市場:薬の種類別 ・ポリエン ・アゾール ・アリルアミン ・エキノカンジン ・その他 - 抗真菌薬の世界市場:流通経路別 ・小売薬局 ・専門科のクリニック ・電子商取引 ・院内薬局 - 抗真菌薬の世界市場:主要地域別分析 - 抗真菌薬の北米市場規模(アメリカ市場等) - 抗真菌薬のヨーロッパ市場規模 - 抗真菌薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・抗真菌薬の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • インドのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • IoTノード及びゲートウェイの世界市場予測(~2023年):プロセッサ、接続IC、センサ、メモリデバイス、ロジックデバイス
    当調査レポートでは、IoTノード及びゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、IoTノード及びゲートウェイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシアン化ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のシアン化ナトリウム市場2015について調査・分析し、シアン化ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機酸の世界市場予測(~2022年):酢酸、クエン酸、ギ酸、乳酸、プロピオン酸、アスコルビン酸、グルコン酸、フマル酸
    当調査レポートでは、有機酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、有機酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー市場規模、バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他)分析、車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車)分析、機能別(照明・点火、電気推進)分析、販売経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン(LI-Ion)、鉛酸、 ニッケル水素(NI-MH)、ナトリウムイオン、ガソリン、ニッケルカドミウム、その他) ・ 自動車用バッテリーの世界市場:車両種類別(電気自動車、商用車、プレミアム車、乗用車、小型車、高級車、中型車) ・ 自動車用 …
  • 透明エレクトロニクスの世界市場:用途別(タッチディスプレイ、光学的被覆、太陽光電池)、最終用途別(運輸、民生機器、エネルギーソース、その他)、地域別予測
    本資料は、透明エレクトロニクスの世界市場について調べ、透明エレクトロニクスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(タッチディスプレイ、光学的被覆、太陽光電池)分析、最終用途別(運輸、民生機器、エネルギーソース、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・透明エレクトロニクスの世界市場概要 ・透明エレクトロニクスの世界市場環境 ・透明エレクトロニクスの世界市場動向 ・透明エレクトロニクスの世界市場規模 ・透明エレクトロニクスの世界市場規模:用途別(タッチディスプレイ、光学的被覆、太陽光電池) ・透明エレクトロニクスの世界市場規模:最終用途別(運輸、民生機器、エネルギーソース、その他) ・透明エレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・透明エレクトロニクスの北米市場規模・予測 ・透明エレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・透明エレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・透明エレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・透明エレクトロニ …
  • ライドシェアの世界市場:種類別(通勤のライドシェア、ダイナミックライドシェア、固定長距離ライドシェア)、距離別(都市内、都市間)、ターゲット層別(通勤者、家族、その他)、所有者別(個人所有、企業所有、ビジネス所有)、ビジネスモデル別(P2P(ピアツーピア)、B2B(対企業)、B2C(対消費者))、地域別予測
    本資料は、ライドシェアの世界市場について調べ、ライドシェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(通勤のライドシェア、ダイナミックライドシェア、固定長距離ライドシェア)分析、距離別(都市内、都市間)分析、ターゲット層別(通勤者、家族、その他)分析、所有者別(個人所有、企業所有、ビジネス所有)分析、ビジネスモデル別(P2P(ピアツーピア)、B2B(対企業)、B2C(対消費者))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはUber、Lyft、Didi、Gett、Grab、Ola (Ani Technologies)、Blablacar、Intel、Tomtom、Aptiv、Densoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ライドシェアの世界市場概要 ・ライドシェアの世界市場環境 ・ライドシェアの世界市場動向 ・ライドシェアの世界市場規模 ・ライドシェアの世界市場規模:種類別(通勤のライドシェア、ダイナミックライドシェア、固定長距離ライドシェア) ・ライドシェ …
  • 世界の硫黄被覆尿素市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫黄被覆尿素市場2016について調査・分析し、硫黄被覆尿素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無線アンテナの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、無線アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線アンテナの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無線アンテナの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Fractus Antennas、Pulse Electronics、Taoglas、YAGEO等です。
  • クラウドストレージのアジア太平洋市場
  • 磁気センサーの世界市場
    当調査レポートでは、磁気センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁気センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食物繊維の世界市場分析:由来別(全粒粉製品、果物、野菜)、製品別(可溶性、不溶性)、用途別(食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、食物繊維の世界市場について調査・分析し、食物繊維の世界市場動向、食物繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別食物繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原薬(API)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、原薬(API)の世界市場について調査・分析し、原薬(API)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 原薬(API)の世界市場:市場動向分析 - 原薬(API)の世界市場:競争要因分析 - 原薬の世界市場:原薬種類別 ・合成化学原薬 ・バイオ原薬 ・高活性原薬(HPAPI) - 原薬の世界市場:製造種類別 ・自家用製造 ・委託製造 - 原薬の世界市場:治療用途別 ・抗感染薬 ・心臓血管・造血系 ・中枢神経系・神経疾患 ・糖尿病 ・内分泌学 ・消化器疾患 ・ホルモン障害 ・代謝異常 ・筋骨格障害 ・腎臓 ・腫瘍学 ・眼科 ・整形外科的障害 ・肺臓学 - 原薬(API)の世界市場:主要地域別分析 - 原薬(API)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 原薬(API)のヨーロッパ市場規模 - 原薬(API)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・原薬(API)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 短腸症候群(SBS)治療の世界市場
    当調査レポートでは、短腸症候群(SBS)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、短腸症候群(SBS)治療の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用触媒の世界市場予測2019-2024
    「自動車用触媒の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ツーウェイ、三元など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicle、Motorcycleなどに区分してまとめた調査レポートです。自動車用触媒のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動車用触媒の世界市場概要(サマリー) ・自動車用触媒の企業別販売量・売上 ・自動車用触媒の企業別市場シェア ・自動車用触媒の世界市場規模:種類別(ツーウェイ、三元) ・自動車用触媒の世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle、Motorcycle) ・自動車用触媒の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動車用触媒のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動車用触媒の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動車用触媒の中東・アフリ …
  • 掘削廃棄物管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、掘削廃棄物管理の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インテリジェントタイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用インテリジェントタイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インテリジェントタイヤの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモーターコントロールセンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーターコントロールセンター市場2015について調査・分析し、モーターコントロールセンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリブタジエンの世界市場予測(~2022年):固体状ポリブタジエン、液状ポリブタジエン
    当調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ポリブタジエンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 可食包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、可食包装の世界市場について調査・分析し、可食包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 可食包装の世界市場:市場動向分析 - 可食包装の世界市場:競争要因分析 - 可食包装の世界市場:材料別 合成フィルム 液体 ポリサッカライド タンパクフィルム 界面活性剤 - 可食包装の世界市場:エンドユーザー別 製薬業 F&B 製造業 その他のエンドユーザー - 可食包装の世界市場:主要地域別分析 - 可食包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 可食包装のヨーロッパ市場規模 - 可食包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・可食包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 大腸菌(E. Coli)検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大腸菌(E. Coli)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大腸菌(E. Coli)検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 暗視ゴーグルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暗視ゴーグルの世界市場について調査・分析し、暗視ゴーグルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暗視ゴーグルシェア、市場規模推移、市場規模予測、暗視ゴーグル種類別分析(イメージインテンシファイア、サーマルイメージ)、暗視ゴーグル用途別分析(工業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暗視ゴーグルの市場概観 ・暗視ゴーグルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暗視ゴーグルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暗視ゴーグルの世界市場規模 ・暗視ゴーグルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暗視ゴーグルのアメリカ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのカナダ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのメキシコ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・暗視ゴーグルのドイツ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのイギリス市場規模推移 ・暗視ゴーグルのロシア市場規模推移 ・暗視ゴーグルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • POS端末の世界市場:製品別(固定、モバイル)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、導入形態別(クラウド、オンプレミス)、アプリケーション別、セグメント予測
    本調査レポートでは、POS端末の世界市場について調査・分析し、POS端末の世界市場動向、POS端末の世界市場規模、市場予測、セグメント別POS端末市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 爪真菌症(Onychomycosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における爪真菌症(Onychomycosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、爪真菌症(Onychomycosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・爪真菌症(Onychomycosis)の概要 ・爪真菌症(Onychomycosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の爪真菌症(Onychomycosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・爪真菌症(Onychomycosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • インターロイキン-10受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-10受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-10受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-10受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-10受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-10受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-10受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フローコンピューターの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(輸送、電力、環境工学、石油・ガス、その他)、タイプ別(有線、無線)、地域別予測
    本資料は、フローコンピューターの世界市場について調べ、フローコンピューターの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(輸送、電力、環境工学、石油・ガス、その他)分析、タイプ別(有線、無線)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies, LLC、ABB、Cameron International、Emerson、Schneider Electric.、Yokogawa、Honeywell International、Thermo fisher Scientific、Dynamic Flow Computers.、FMC Technologies、Kessler Ellis Products、KROHNE Group、OMNI Flow Computers, Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フローコンピューターの世界市場概要 ・フロ …
  • インスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インスリン様増殖因子2阻害剤の概要 ・インスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインスリン様増殖因子2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インスリン様増殖因子2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インスリン様増殖因子2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 認知障害(Cognitive Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における認知障害(Cognitive Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、認知障害(Cognitive Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・認知障害(Cognitive Disorders)の概要 ・認知障害(Cognitive Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の認知障害(Cognitive Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・認知障害(Cognitive Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 藻類オイルの世界市場分析:グレード別(燃料、食料、飼料)、用途別(バイオ燃料、栄養補助食品、F&B、動物飼料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米・MEA)、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、藻類オイルの世界市場について調査・分析し、藻類オイルの世界市場動向、藻類オイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別藻類オイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 台湾の心臓血管補綴装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"