"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 7458)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The market is expected to reach USD 3.9 billion by 2024, at a CAGR of 5.2% from 2019 to 2024
The global air circuit breaker market size is projected to reach USD 3.9 billion by 2024 from an estimated USD 3.0 billion in 2019, at a CAGR of 5.2% during the forecast period. The factors driving the market growth include the rising need for reliable & secure power supply and increasing share of renewable power in the electricity portfolio mix.

“Medium voltage segment dominates the global market”
The medium voltage segment is expected to be the largest air circuit breaker market, by voltage during the forecast period. This growth is evident owing to the rising demand for air circuit breakers from power distribution utilities as well as the favorable government policies to support renewable generation.

The medium-voltage air circuit breaker finds application in industrial power & distribution, renewables, and transportation to protect & control the power distribution network. According to the Indian Credit Rating Agency (ICRA), the domestic solar power capacity addition is expected at 7–7.5 GW (including about 1 GW of rooftop solar capacity) by 2020, based on tendering and awarding of projects. The increasing number of renewable integration projects and infrastructure developments are some of the factors responsible for augmenting the growth of the medium-voltage air circuit breaker industry.

“Residential applications dominate the global air circuit breaker market “
Although residential applications account for the smallest share of the global air circuit market, the segment is anticipated to witness the fastest growth during the forecast period due to the rising investments in residential construction. Upcoming technologies such as artificial intelligence and the Internet of Things use a sizable number of sensors and automation devices, which will be needed in the future for ease of operations and safety as well as reliability. Also, the support from government and banks through a low-interest rate for buying new properties has encouraged residential construction.

“Middle East & Africa in the air circuit breaker industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Asia Pacific accounted for majority of the global air circuit breaker market share, followed by North America. The Middle East & Africa market is projected to be the fastest-growing market during the forecast period, owing to rising investments towards renewable energy grid infrastructure development.

The government of Saudi Arabia is planning to restructure the country’s electricity network and has proposed to increase its electricity generating capacity to 120 GW by 2032 to meet the rapidly growing electricity demand. Additionally, Saudi Arabia is planning to add 41 GW from solar power, 18 GW from nuclear power, and 4 GW from other renewable sources to increase its power generation capacity. The Nigerian government aims to achieve the electrification rate of 75% by 2020 by connecting households through grid extensions as well as non-grid solutions such as renewables.
The governments of countries in the Middle East & African region are also investing heavily in infrastructure projects. As per the African Union’s Development Agency, plans are on track for a high-speed rail network connecting Africa from border to border by 2063.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key air circuit breaker market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–60%, Tier II–20%, and Tier III–20%
By Designation: C-Level–55%, Director Level–30%, and Others–15%
By Region: North America- 30%, Europe- 30%, Asia-Pacific 20%, Middle East & Africa- 10%, South America- 10%
Note: Others include sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global air circuit breaker market is dominated by leading players that have an extensive regional presence. The leading players in the air circuit breaker industry are ABB (Switzerland), Siemens (Germany), Eaton (Ireland), Mitsubishi Electric (Japan), Schneider Electric (France), among others.

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the air circuit breaker market, by voltage, type, application, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the air circuit breaker market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
2 Research Methodology
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1. Attractive Opportunities in the Air Circuit Breaker Market
4.2. Air Circuit Breaker Market, By Region
4.3. Air Circuit Breaker Market, By Voltage
4.4. Air Circuit Breaker Market, By Type
4.5. Air Circuit Breaker Market, By Application
5 Market Overview
5.1. Introduction
5.2. Market Dynamics
5.2.1. Drivers
5.2.2. Restraints
5.2.3. Opportunities
5.2.4. Challenges
6 Air Circuit Breaker Market, By Voltage
6.1. Introduction
6.2. Low Voltage (<1 Kv)
6.3. Medium Voltage (1-15 Kv)
7 Air Circuit Breaker Market, By Type
7.1. Introduction
7.2. Air Blast Circuit Breaker
7.3. Plain Air Circuit Breaker
8 Air Circuit Breaker Market, By Application
8.1. Introduction
8.2. Industrial
8.3. Commercial
8.4. Residential
9 Air Circuit Breaker Market, By Region
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 By Voltage
9.2.2 By Type
9.2.3 By Application
9.2.4 By Country
9.2.4.1 US
9.2.4.2 Canada
9.2.4.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 By Voltage
9.3.2 By Type
9.3.3 By Application
9.3.4 By Country
9.3.4.1 Germany
9.3.4.2 UK
9.3.4.3 France
9.3.4.4 Italy
9.3.4.5 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 By Voltage
9.4.2 By Type
9.4.3 By Application
9.4.4 By Country
9.4.4.1 China
9.4.4.2 Japan
9.4.4.3 India
9.4.4.4 South Korea
9.4.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 South America
9.5.1 By Voltage
9.5.2 By Type
9.5.3 By Application
9.5.4 By Country
9.5.4.1 Brazil
9.5.4.2 Chile
9.5.4.3 Argentina
9.5.4.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 By Voltage
9.6.2 By Type
9.6.3 By Application
9.6.4 By Country
9.6.4.1 UAE
9.6.4.2 Saudi Arabia
9.6.4.3 Qatar
9.6.4.4 South Africa
9.6.4.5 Rest of Middle East & Africa
10 Competitive Landscape
10.1 Overview
10.2 Market Share, 2018
10.3 Competitive Landscape Mapping, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Developments
10.4.2 Investments & Expansions
10.4.3 Contracts & Agreements
10.4.4 Mergers & Acquisitions
10.4.5 Joint Venture/Partnerships/Collobarations/Strategic Alliance
10.4.6 Others
11 Company Profiles
11.1 Introduction
11.2 ABB
11.3 WEG Industries
11.4 Hyundai Electric
11.5 Eaton
11.6 Hitachi
11.7 Schneider Electric
11.8 Mitshubishi Electric
11.9 Siemens
11.10 Larsen & Toubro
11.11 Fuji Electric
11.12 Benergy
11.13 Resa Power
11.14 CG Power and Industrial Solutions
11.15 Legrand
11.16 Energypac
11.17 Romac Electrical Power Equipment
11.18 Havells
11.19 Federal Electric
11.20 LS Industrial Systems
11.21 C&S Electric
12 Appendix
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customisation
12.5 Releated Report
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 7458
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • インドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • バイオ農薬の世界市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬の世界市場について調査・分析し、バイオ農薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 生体吸収性ポリマーの世界市場2017-2021:バイオポリエステル、アグロポリマー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、生体吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体吸収性ポリマーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は生体吸収性ポリマーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCorbion、Evonik Industries、Foster Corporation、KLS Martin、Poly-Med等です。
  • ロシアの外傷固定市場動向(~2021)
  • 水性塗料の世界市場:樹脂別(アクリル、ポリウレタン、エポキシ、アルキド、ポリエステル、PTFE、PVDC、PVDF、その他)、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、水性塗料の世界市場について調査・分析し、水性塗料の世界市場動向、水性塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別水性塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場:アダルトグッズ、避妊具、潤滑剤、ランジェリー、妊娠テスト
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電動手術器具市場2019
    本調査レポートでは、世界の電動手術器具市場2019について調査・分析し、電動手術器具の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電動手術器具のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電動手術器具メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電動手術器具の市場概要 ・電動手術器具の上流・下流市場分析 ・電動手術器具のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電動手術器具の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電動手術器具の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電動手術器具の北米市場:市場予測(生産 …
  • 組織アブレーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、組織アブレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組織アブレーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプライン安全の世界市場:技術、ソリューション、サービス、産業、地域
    当調査レポートでは、パイプライン安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、パイプライン安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリプロピレン(PP)吸収性衛生製品の世界市場分析:技術別、用途別(ベビーおむつ、女性用衛生用品、大人用失禁用製品)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2012 – 2022
    本調査レポートでは、ポリプロピレン(PP)吸収性衛生製品の世界市場について調査・分析し、ポリプロピレン(PP)吸収性衛生製品の世界市場動向、ポリプロピレン(PP)吸収性衛生製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリプロピレン(PP)吸収性衛生製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 圧力スイッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、圧力スイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(機械式、ソリッドステート)分析、圧力範囲別(100バール未満、100~400バール、400バール超)分析、用途別(HVAC、監視・制御、安全・警報システム、油圧・空気圧)分析、エンドユーザー別分析、圧力スイッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州の床用塗料(塗り床材)市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の床用塗料(塗り床材)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、欧州の床用塗料(塗り床材)市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊肥料の世界市場
    当調査レポートでは、特殊肥料の世界市場について調査・分析し、特殊肥料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊肥料の世界市場:市場動向分析 - 特殊肥料の世界市場:競争要因分析 - 特殊肥料の世界市場:作物別 ・芝地&鑑賞植物 ・果物&野菜 ・穀物&油料種子 ・その他 - 特殊肥料の世界市場:肥料の種類別 ・尿素 ・尿素硝酸アンモニウム(30%) ・硫酸カリウム ・塩化カリウム ・硝酸カリウム ・リン酸 ・1カリウムリン酸塩(MKP) ・第一リン酸アンモニウム(MAP) ・硝酸アンモニウム ・窒素およびリン酸の粒状肥料(GNP) ・リン酸およびカリウムの粒状肥料(GPK) ・その他 - 特殊肥料の世界市場:用途別 ・水耕 ・園芸 ・葉面用の栄養素 ・ 滴下施肥法 ・水産養殖 ・その他 - 特殊肥料の世界市場:主要地域別分析 - 特殊肥料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊肥料のヨーロッパ市場規模 - 特殊肥料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊肥料の世界市場:主な市場開拓 …
  • 白血病治療薬の世界市場:慢性リンパ性白血病、急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病
    当調査レポートでは、白血病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、白血病治療薬の世界市場規模及び予測、疾患種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トンネル掘削機械(TBM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トンネル掘削機械(TBM)の世界市場について調査・分析し、トンネル掘削機械(TBM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トンネル掘削機械(TBM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、トンネル掘削機械(TBM)種類別分析()、トンネル掘削機械(TBM)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トンネル掘削機械(TBM)の市場概観 ・トンネル掘削機械(TBM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トンネル掘削機械(TBM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トンネル掘削機械(TBM)の世界市場規模 ・トンネル掘削機械(TBM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トンネル掘削機械(TBM)のアメリカ市場規模推移 ・トンネル掘削機械(TBM)のカナダ市場規模推移 ・トンネル掘削機械(TBM)のメキシコ市場規模推移 ・トンネル掘削機械(TBM)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・トンネル掘削機械(TBM …
  • インドの農薬市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの農薬市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの農薬市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成皮革の世界市場予測(~2026):種類別(ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、バイオベース)、需要先別
    当調査レポートでは、合成皮革の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、合成皮革の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食用油脂の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、食用油脂の世界市場について調査・分析し、食用油脂の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の紫外線LED(UV-LED)市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線LED(UV-LED)市場2015について調査・分析し、紫外線LED(UV-LED)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車NVH(騒音・振動・ハーシュネス)材料の世界市場2017-2021:ポリウレタン、混紡繊維、 繊維ガラス、ポリエステル繊維、ニトリルブタジエンゴム(NBR)、ポリプロピレン、PVC、合成繊維、綿織物
    当調査レポートでは、自動車NVH(騒音・振動・ハーシュネス)材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車NVH(騒音・振動・ハーシュネス)材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:ディスプレイ、スマート・サーモスタット、スマート・プラグ、負荷制御スイッチ
    当調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、機器別分析、用途別分析、産業別分析、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオマスボイラの世界市場
    当調査レポートでは、バイオマスボイラの世界市場について調査・分析し、バイオマスボイラの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 航空監視の世界市場予測(~2023年):LiDAR、レーダー、画像システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、航空監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの血栓管理装置市場見通し
  • 産業用スケール抑制剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用スケール抑制剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スケール抑制剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業用AIの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業用AIの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業用AI市場規模、導入別(オンプレミス、クラウドベース)分析、エンドユーザー別(広告・メディア・エンターテインメント、医療・生命科学、BFSI、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Alphabet, Amazon.com, IBM, Intel, Microsoftなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業用AIの世界市場概要 ・企業用AIの世界市場環境 ・企業用AIの世界市場動向 ・企業用AIの世界市場規模 ・企業用AIの世界市場:業界構造分析 ・企業用AIの世界市場:導入別(オンプレミス、クラウドベース) ・企業用AIの世界市場:エンドユーザー別(広告・メディア・エンターテインメント、医療・生命科学、BFSI、その他) ・企業用AIの世界市場:地域別市場規模・分析 ・企業用AIの北米市場規模・予測 ・企業用AIのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • 世界のライトタワー市場2016
    本調査レポートでは、世界のライトタワー市場2016について調査・分析し、ライトタワーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤の概要 ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 商用車用エアフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用エアフィルターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術創感染(Surgical Wound Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の概要 ・手術創感染(Surgical Wound Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の手術創感染(Surgical Wound Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・手術創感染(Surgical Wound Infectio …
  • トンネルオートメーションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、トンネルオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンポーネント別(HVAC、照明・電源、信号)分析、提供内容別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、トンネルのタイプ別(鉄道トンネル、高速道路・道路のトンネル)分析、トンネルオートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオサージェリーの世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、バイオサージェリーの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・バイオサージェリー産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・バイオサージェリーの市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・バイオサージェリーの製品パイプライン分析 ・バイオサージェリーの治験動向 ・主要企業分析 ・バイオサージェリーの世界市場規模予測 ・バイオサージェリーの地域別市場規模予測
  • タッチパネルコントローラの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、タッチパネルコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチパネルコントローラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:タッチパネル技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:用途別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:インターフェース別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:スクリーンサイズ別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の分子生物学用キット市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用キット市場2015について調査・分析し、分子生物学用キットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用装具・補綴の世界市場予測2019-2024
    「動物用装具・補綴の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、装具、補綴など、用途別には、Veterinary Clinic、Rehabilitation Center、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動物用装具・補綴のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物用装具・補綴の世界市場概要(サマリー) ・動物用装具・補綴の企業別販売量・売上 ・動物用装具・補綴の企業別市場シェア ・動物用装具・補綴の世界市場規模:種類別(装具、補綴) ・動物用装具・補綴の世界市場規模:用途別(Veterinary Clinic、Rehabilitation Center、Others) ・動物用装具・補綴の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動物用装具・補綴のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・動物用装具・補綴の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・動 …
  • 医療用ディスプレイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用ディスプレイ市場規模、製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ディスプレイの世界市場概要 ・医療用ディスプレイの世界市場環境 ・医療用ディスプレイの世界市場動向 ・医療用ディスプレイの世界市場規模 ・医療用ディスプレイの世界市場:業界構造分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:製品別(液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)) ・医療用ディスプレイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ディスプレイの北米市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ディスプレイのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ディスプレイの主要国分析 ・医療用ディスプレイの世界市場:意思決定フレームワーク ・医療用ディスプレイの世界市場:成長要因、 …
  • M2M通信の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、M2M通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、M2M通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超硬材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超硬材料の世界市場について調査・分析し、超硬材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超硬材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、超硬材料種類別分析()、超硬材料用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超硬材料の市場概観 ・超硬材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超硬材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超硬材料の世界市場規模 ・超硬材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超硬材料のアメリカ市場規模推移 ・超硬材料のカナダ市場規模推移 ・超硬材料のメキシコ市場規模推移 ・超硬材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超硬材料のドイツ市場規模推移 ・超硬材料のイギリス市場規模推移 ・超硬材料のロシア市場規模推移 ・超硬材料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・超硬材料の日本市場規模推移 ・超硬材料の中国市場規模推移 ・超硬材料の韓国市場規模推移 ・超硬材料のインド市 …
  • 食道炎(Esophagitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道炎(Esophagitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道炎(Esophagitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道炎(Esophagitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・食道炎(Esophagitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・食道炎(Esophagitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道炎(Esophagitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道炎(Esophagitis)治療薬剤
  • 世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016について調査・分析し、塩素酸カリウム(99.8%)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 狭心症治療薬の世界市場2017-2021:β遮断薬、カルシウムチャネル遮断薬、硝酸薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、狭心症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、狭心症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は狭心症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAstraZeneca、Gilead、Novartis、Pfizer等です。
  • 世界のシンチレーションカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシンチレーションカメラ市場2015について調査・分析し、シンチレーションカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康・ウェルネスの世界市場:ウェルネス観光、予防・個人健康、フィットネス装置
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康・ウェルネスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用フィルムの世界市場分析:カラーフィルム、塗装保護フィルム、NVHフィルム、ラップフィルム
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、自動車用フィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用フィルムの世界市場動向、自動車用フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乳化剤の世界市場予測(~2021年):バイオ乳化剤、合成乳化剤
    当調査レポートでは、乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の遺伝子検査市場動向(~2021)
  • ロボット掘削の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロボット掘削の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット掘削市場規模、製品別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Huisman Equipment, Nabors Industries, RIGID ROBOTICS, Siemens, Teradyneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット掘削の世界市場概要 ・ロボット掘削の世界市場環境 ・ロボット掘削の世界市場動向 ・ロボット掘削の世界市場規模 ・ロボット掘削の世界市場:業界構造分析 ・ロボット掘削の世界市場:製品別(ハードウェア、ソフトウェア) ・ロボット掘削の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・ロボット掘削の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット掘削の北米市場規模・予測 ・ロボット掘削のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ロボット掘削のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 親水性塗料の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、親水性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、基材別分析、需要先別分析、地域別分析、親水性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動マテリアルハンドリングの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリングの世界市場について調査・分析し、自動マテリアルハンドリングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:市場動向分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:競争要因分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:オペレーション別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの北米市場規模・分析 ・自動マテリアルハンドリングの欧州市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングのアジア市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 天然ガス商用車の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、天然ガス商用車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然ガス商用車の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"