"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 7458)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The market is expected to reach USD 3.9 billion by 2024, at a CAGR of 5.2% from 2019 to 2024
The global air circuit breaker market size is projected to reach USD 3.9 billion by 2024 from an estimated USD 3.0 billion in 2019, at a CAGR of 5.2% during the forecast period. The factors driving the market growth include the rising need for reliable & secure power supply and increasing share of renewable power in the electricity portfolio mix.

“Medium voltage segment dominates the global market”
The medium voltage segment is expected to be the largest air circuit breaker market, by voltage during the forecast period. This growth is evident owing to the rising demand for air circuit breakers from power distribution utilities as well as the favorable government policies to support renewable generation.

The medium-voltage air circuit breaker finds application in industrial power & distribution, renewables, and transportation to protect & control the power distribution network. According to the Indian Credit Rating Agency (ICRA), the domestic solar power capacity addition is expected at 7–7.5 GW (including about 1 GW of rooftop solar capacity) by 2020, based on tendering and awarding of projects. The increasing number of renewable integration projects and infrastructure developments are some of the factors responsible for augmenting the growth of the medium-voltage air circuit breaker industry.

“Residential applications dominate the global air circuit breaker market “
Although residential applications account for the smallest share of the global air circuit market, the segment is anticipated to witness the fastest growth during the forecast period due to the rising investments in residential construction. Upcoming technologies such as artificial intelligence and the Internet of Things use a sizable number of sensors and automation devices, which will be needed in the future for ease of operations and safety as well as reliability. Also, the support from government and banks through a low-interest rate for buying new properties has encouraged residential construction.

“Middle East & Africa in the air circuit breaker industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Asia Pacific accounted for majority of the global air circuit breaker market share, followed by North America. The Middle East & Africa market is projected to be the fastest-growing market during the forecast period, owing to rising investments towards renewable energy grid infrastructure development.

The government of Saudi Arabia is planning to restructure the country’s electricity network and has proposed to increase its electricity generating capacity to 120 GW by 2032 to meet the rapidly growing electricity demand. Additionally, Saudi Arabia is planning to add 41 GW from solar power, 18 GW from nuclear power, and 4 GW from other renewable sources to increase its power generation capacity. The Nigerian government aims to achieve the electrification rate of 75% by 2020 by connecting households through grid extensions as well as non-grid solutions such as renewables.
The governments of countries in the Middle East & African region are also investing heavily in infrastructure projects. As per the African Union’s Development Agency, plans are on track for a high-speed rail network connecting Africa from border to border by 2063.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key air circuit breaker market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–60%, Tier II–20%, and Tier III–20%
By Designation: C-Level–55%, Director Level–30%, and Others–15%
By Region: North America- 30%, Europe- 30%, Asia-Pacific 20%, Middle East & Africa- 10%, South America- 10%
Note: Others include sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:

The global air circuit breaker market is dominated by leading players that have an extensive regional presence. The leading players in the air circuit breaker industry are ABB (Switzerland), Siemens (Germany), Eaton (Ireland), Mitsubishi Electric (Japan), Schneider Electric (France), among others.

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the air circuit breaker market, by voltage, type, application, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the air circuit breaker market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
2 Research Methodology
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1. Attractive Opportunities in the Air Circuit Breaker Market
4.2. Air Circuit Breaker Market, By Region
4.3. Air Circuit Breaker Market, By Voltage
4.4. Air Circuit Breaker Market, By Type
4.5. Air Circuit Breaker Market, By Application
5 Market Overview
5.1. Introduction
5.2. Market Dynamics
5.2.1. Drivers
5.2.2. Restraints
5.2.3. Opportunities
5.2.4. Challenges
6 Air Circuit Breaker Market, By Voltage
6.1. Introduction
6.2. Low Voltage (<1 Kv)
6.3. Medium Voltage (1-15 Kv)
7 Air Circuit Breaker Market, By Type
7.1. Introduction
7.2. Air Blast Circuit Breaker
7.3. Plain Air Circuit Breaker
8 Air Circuit Breaker Market, By Application
8.1. Introduction
8.2. Industrial
8.3. Commercial
8.4. Residential
9 Air Circuit Breaker Market, By Region
(USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 By Voltage
9.2.2 By Type
9.2.3 By Application
9.2.4 By Country
9.2.4.1 US
9.2.4.2 Canada
9.2.4.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 By Voltage
9.3.2 By Type
9.3.3 By Application
9.3.4 By Country
9.3.4.1 Germany
9.3.4.2 UK
9.3.4.3 France
9.3.4.4 Italy
9.3.4.5 Rest of Europe
9.4 Asia-Pacific
9.4.1 By Voltage
9.4.2 By Type
9.4.3 By Application
9.4.4 By Country
9.4.4.1 China
9.4.4.2 Japan
9.4.4.3 India
9.4.4.4 South Korea
9.4.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 South America
9.5.1 By Voltage
9.5.2 By Type
9.5.3 By Application
9.5.4 By Country
9.5.4.1 Brazil
9.5.4.2 Chile
9.5.4.3 Argentina
9.5.4.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 By Voltage
9.6.2 By Type
9.6.3 By Application
9.6.4 By Country
9.6.4.1 UAE
9.6.4.2 Saudi Arabia
9.6.4.3 Qatar
9.6.4.4 South Africa
9.6.4.5 Rest of Middle East & Africa
10 Competitive Landscape
10.1 Overview
10.2 Market Share, 2018
10.3 Competitive Landscape Mapping, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Developments
10.4.2 Investments & Expansions
10.4.3 Contracts & Agreements
10.4.4 Mergers & Acquisitions
10.4.5 Joint Venture/Partnerships/Collobarations/Strategic Alliance
10.4.6 Others
11 Company Profiles
11.1 Introduction
11.2 ABB
11.3 WEG Industries
11.4 Hyundai Electric
11.5 Eaton
11.6 Hitachi
11.7 Schneider Electric
11.8 Mitshubishi Electric
11.9 Siemens
11.10 Larsen & Toubro
11.11 Fuji Electric
11.12 Benergy
11.13 Resa Power
11.14 CG Power and Industrial Solutions
11.15 Legrand
11.16 Energypac
11.17 Romac Electrical Power Equipment
11.18 Havells
11.19 Federal Electric
11.20 LS Industrial Systems
11.21 C&S Electric
12 Appendix
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customisation
12.5 Releated Report
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 7458
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アプリケーションパフォーマンス管理市場規模、最終用途別(BFSI、小売、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場概要 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場環境 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場動向 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場規模 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:業界構造分析 ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:最終用途別(BFSI、小売、医療、その他) ・アプリケーションパフォーマンス管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アプリケーションパフォーマンス管理のアメリカ市場規模・予測 ・アプリケーションパフォーマンス管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・アプリケーションパフォーマンス管理のアジア市場規模・予測 ・アプ …
  • 世界のクロム金属粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロム金属粉市場2016について調査・分析し、クロム金属粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • クロマトグラフィー樹脂の世界市場:タイプ別、技法別(イオン交換、親和性)、最終用途別(製薬・バイオテクノロジー、食品・飲料)、セグメント予測
    クロマトグラフィー樹脂の世界市場は2025年には28億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、契約研究機関(CRO)と契約製造組織(CMO)の数が増加し、食品品質と安全性試験におけるクロマトグラフィーの使用が増えたことが考えられます。本調査レポートでは、クロマトグラフィー樹脂の世界市場について調査・分析し、クロマトグラフィー樹脂の世界市場動向、クロマトグラフィー樹脂の世界市場規模、市場予測、セグメント別クロマトグラフィー樹脂市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 統合システムの世界市場分析:製品別(統合プラットフォーム/ワークロードシステム、統合インフラシステム)、サービス別(統合・インストール、コンサルティング、メンテナンス・サポート)、用途別(BFSI、IT・テレコム、小売、製造、ヘルスケア)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、統合システムの世界市場について調査・分析し、統合システムの世界市場動向、統合システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別統合システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • eディスカバリソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、eディスカバリソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、eディスカバリソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアクリルアミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクリルアミド市場2016について調査・分析し、アクリルアミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術室用装置の世界市場分析・予測
  • アタパルジャイトの世界市場予測2019-2024
    「アタパルジャイトの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、コロイド状、吸着など、用途別には、Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アタパルジャイトのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アタパルジャイトの世界市場概要(サマリー) ・アタパルジャイトの企業別販売量・売上 ・アタパルジャイトの企業別市場シェア ・アタパルジャイトの世界市場規模:種類別(コロイド状、吸着) ・アタパルジャイトの世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Others) ・アタパルジャイトの米州市場規模( …
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・腎細胞癌の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・腎細胞癌の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・腎細胞癌治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・腎細胞癌治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・腎細胞癌治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・腎細胞癌治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 臨床試験管理システム(CTMS)の世界市場分析:タイプ別(企業、現場)、送達モード別(ウェブベース、クラウドベース、オンプレミス)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、CRO、医療機器企業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床試験管理システム(CTMS)の世界市場について調査・分析し、臨床試験管理システム(CTMS)の世界市場動向、臨床試験管理システム(CTMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験管理システム(CTMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用エアコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用エアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用エアコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動光計測の世界市場
    当調査レポートでは、自動光計測の世界市場について調査・分析し、自動光計測の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 貯水装置の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、貯水装置の世界市場規模が2019年156億ドルから2024年205億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、貯水装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他)分析、用途別(水圧破砕貯蔵&収集、オンサイト水&廃水収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備&貯蔵、雨水収集&収集、その他)分析、エンドユーズ産業別(市町村、産業、商業、住宅)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・貯水装置の世界市場:材料別(コンクリート、スチール、グラスファイバー、プラスチック、その他) ・貯水装置の世界市場:用途別(水圧破砕貯蔵&収集、オンサイト水&廃水収集、飲料水貯蔵、火災抑制予備&貯蔵、雨水収集&収集、その他) ・貯水装置の世界市場:エンドユーズ産業別(市町村、産業、商業、住宅) ・貯水装置の世界市場:地 …
  • 日本の発電市場2016
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場予測(~2021年):大豆メチルエステル(SME)、菜種メチルエステル(RME)、椰子油メチルエステル(PME)
    当調査レポートでは、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デメララ糖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デメララ糖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デメララ糖市場規模、製品別(一般型、キューブ型)分析、エンドユーザー別(食品サービス・包装食品・飲料製造業者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Associated British Foods, Florida Crystals, Guyana Sugar, India Tree, Mauritius Sugar Syndicate, Natura Sugarsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デメララ糖の世界市場概要 ・デメララ糖の世界市場環境 ・デメララ糖の世界市場動向 ・デメララ糖の世界市場規模 ・デメララ糖の世界市場:業界構造分析 ・デメララ糖の世界市場:製品別(一般型、キューブ型) ・デメララ糖の世界市場:エンドユーザー別(食品サービス・包装食品・飲料製造業者) ・デメララ糖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・デメララ糖の北米市場規模・予測 ・デメララ糖 …
  • ファイバーレーザーの世界市場2020-2024
    「ファイバーレーザーの世界市場2020-2024」は、ファイバーレーザーについて市場概要、市場規模、用途別(材料加工、高度な応用、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ファイバーレーザーの世界市場:用途別(材料加工、高度な応用、ヘルスケア、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 屋上太陽光発電の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、屋上太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上太陽光発電市場規模、技術別(薄膜、結晶シリコン)分析、用途別(オフグリッド、グリッド接続)分析、エンドユーザー別(住宅、非住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:市場動向分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:競争要因分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:技術別(薄膜、結晶シリコン) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:用途別(オフグリッド、グリッド接続) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:エンドユーザー別(住宅、非住宅) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:主要地域別分析 ・ 屋上太陽光発電の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 屋上太陽光発電のヨーロッパ市場規模 ・ 屋上太陽光発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・屋上太陽光発電の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • パレットの世界市場:木製パレット、プラスチック製パレット、金属製パレット、段ボール紙製パレット
    当調査レポートでは、パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水痘(Chicken Pox):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における水痘(Chicken Pox)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、水痘(Chicken Pox)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・水痘(Chicken Pox)の概要 ・水痘(Chicken Pox)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の水痘(Chicken Pox)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・水痘(Chicken Pox)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・水痘(Chicken Po …
  • 使い捨ておむつのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、使い捨ておむつのヨーロッパ市場について調査・分析し、使い捨ておむつのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビデオ分析の世界市場2014–2025:種類別(ソフトウェア、ハードウェア)、展開別(オンクラウド、オンプレミス)、用途別(境界侵入検知、群集管理、顔認識)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、ビデオ分析の世界市場について調査・分析し、ビデオ分析の世界市場動向、ビデオ分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別ビデオ分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の伝導度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の伝導度計市場2015について調査・分析し、伝導度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホップ市場:種類別、地域別
    本調査レポートはホップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(アロマホップ、ビターホップ)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ホップの世界市場:種類別(アロマホップ、ビターホップ) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム
    当調査レポートでは、高耐熱フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ラベルの世界市場予測(~2021年):警告ラベル、資産管理タグ、耐候性ラベル、ブランドラベル
    当調査レポートでは、産業用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、産業別分析、印刷技術別分析、産業用ラベルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓構造デバイスの世界市場予測(~2023年):心臓弁装置、オクルーダー・デリバリーシステム、弁形成リング、付属品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、心臓構造デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(心臓弁装置、オクルーダー・デリバリーシステム、弁形成リング、付属品)分析、処置(置換、修復)分析、心臓構造デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷却塔の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、冷却塔の世界市場について調査・分析し、冷却塔の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 冷却塔の世界市場:市場動向分析 - 冷却塔の世界市場:競争要因分析 - 冷却塔の世界市場:材料別 ・コンクリート ・繊維強化プラスチック(FRP) ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・木材 ・スチール - 冷却塔の世界市場:用途別 ・化学 ・発電 ・石油化学薬品・石油・ガス ・飲食料品 ・HVACR ・医薬品・研究所 ・プロセス冷却 - 冷却塔の世界市場:熱交換方式別 イントロダクション ・白煙低減型冷却塔 ・乾式冷却塔 ・節水型冷却塔 ・蒸発式冷却塔 ・その他 - 冷却塔の世界市場:建設様式別 ・工場併設型 ・フィールド設置型 - 冷却塔の世界市場:塔タイプ別 ・ハイブリッド冷却塔 ・密閉型冷却塔 ・開放型冷却塔 ・自然通気型冷却塔 ・人口通風型冷却塔 - 冷却塔の世界市場:主要地域別分析 - 冷却塔の北米市場規模(アメリカ市場等) - 冷却塔のヨーロッパ市場規模 - 冷却塔のアジア市場規模(日本市 …
  • 小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、小売業向けセルフスキャニングソリューション市場規模、最終用途別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、クラブハウスストア、その他(専門店、百貨店、ドラッグストア、免税店))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場概要 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場環境 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場動向 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場規模 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場:業界構造分析 ・小売業向けセルフスキャニングソリューションの世界市場:最終用途別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、クラブハウスストア、その他(専門店、百貨店、ドラッグストア、免税店 …
  • アメリカの位置情報ベース検索・広告市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの位置情報ベース検索・広告市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの位置情報ベース検索・広告市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 北米の整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • ホットドリンクの世界市場2017-2021:コーヒー系飲料、お茶系飲料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホットドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ホットドリンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はホットドリンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Associated British Foods (ABF)、JACOBS DOUWE EGBERTS (JDE)、Keurig Green Mountain (KGM)、Tata Global Beverages (TGB)、Unilever等です。
  • 公衆衛生管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、公衆衛生管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、公衆衛生管理市場規模、作動形態別(クラウドベース、ウェブベース、オンプレミス)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(患者支援、自動化患者中心メディカルホーム(PCMH)、再入院の削減、患者の健康・従事程度の向上、予約日に来院しない患者比率の削減)分析、エンドユーザー別(雇用者グループ、医療提供者、医療サービス利用者、政府機関省庁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 公衆衛生管理の世界市場:市場動向分析 ・ 公衆衛生管理の世界市場:競争要因分析 ・ 公衆衛生管理の世界市場:作動形態別(クラウドベース、ウェブベース、オンプレミス) ・ 公衆衛生管理の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ 公衆衛生管理の世界市場:用途別(患者支援、自動化患者中心メディカルホーム(PCMH)、再入院の削減、患者の健康・ …
  • 血栓症(Thrombosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血栓症(Thrombosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血栓症(Thrombosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血栓症(Thrombosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・血栓症(Thrombosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・血栓症(Thrombosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血栓症(Thrombosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血栓症(Thrombosis)治療薬剤
  • ヒト肝臓モデルの世界市場:タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング)、地域別予測
    本資料は、ヒト肝臓モデルの世界市場について調べ、ヒト肝臓モデルの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヒト肝臓モデルの世界市場概要 ・ヒト肝臓モデルの世界市場環境 ・ヒト肝臓モデルの世界市場動向 ・ヒト肝臓モデルの世界市場規模 ・ヒト肝臓モデルの世界市場規模:タイプ別(肝臓オルガノイド、Liver-on-a-chip(肝臓機能チップ)、2Dモデル、動物モデル、3Dバイオプリンティング) ・ヒト肝臓モデルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒト肝臓モデルの北米市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのアメリカ市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルのアジア市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルの日本市場規模・予測 ・ヒト肝臓モデルの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • RTLSのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、RTLSのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTLSのアメリカ市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、ソリューション別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カシアガムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カシアガムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カシアガム市場規模、エンドユーザー別(食品、工業生産、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カシアガムの世界市場概要 ・カシアガムの世界市場環境 ・カシアガムの世界市場動向 ・カシアガムの世界市場規模 ・カシアガムの世界市場:業界構造分析 ・カシアガムの世界市場:エンドユーザー別(食品、工業生産、その他) ・カシアガムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カシアガムの北米市場規模・予測 ・カシアガムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カシアガムのアジア太平洋市場規模・予測 ・カシアガムの主要国分析 ・カシアガムの世界市場:意思決定フレームワーク ・カシアガムの世界市場:成長要因、課題 ・カシアガムの世界市場:競争環境 ・カシアガムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート体重計・体組成計・BMI計市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、価格帯別($100以上、$100以下)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場概要 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場環境 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場動向 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場規模 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:業界構造分析 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:価格帯別($100以上、$100以下) ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート体重計・体組成計・BMI計のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 世界の携帯電話コネクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯電話コネクター市場2015について調査・分析し、携帯電話コネクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用屋外貯蔵製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用屋外貯蔵製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Lifetime Products、Newell Brands、ShelterLogic、Suncast等です。
  • 世界の分娩監視装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、分娩監視装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・分娩監視装置の概要 ・分娩監視装置の開発動向:開発段階別分析 ・分娩監視装置の開発動向:セグメント別分析 ・分娩監視装置の開発動向:領域別分析 ・分娩監視装置の開発動向:規制Path別分析 ・分娩監視装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別分娩監視装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・分娩監視装置の最近動向
  • 使い捨て注射器の世界市場分析:タイプ別(従来型シリンジ、安全シリンジ)、用途別(予防注射、治療注射)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、使い捨て注射器の世界市場について調査・分析し、使い捨て注射器の世界市場動向、使い捨て注射器の世界市場規模、市場予測、セグメント別使い捨て注射器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の硫酸銅市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸銅市場2015について調査・分析し、硫酸銅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 世界のイソホロン市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソホロン市場2016について調査・分析し、イソホロンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乳児用おしゃぶり市場2015
    本調査レポートでは、世界の乳児用おしゃぶり市場2015について調査・分析し、乳児用おしゃぶりの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電の世界市場:種類別(薄膜、多結晶シリコン膜、単結晶シリコン膜)、地域別予測
    本資料は、太陽光発電の世界市場について調べ、太陽光発電の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(薄膜、多結晶シリコン膜、単結晶シリコン膜)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFirst Solar Inc.、Suntech Power co.、Sharp Corporation、Hanwha Q Cells Co. Ltd. 、JA Solar holdings Co Ltd.、Trina Solar Ltd.、Yingli solar、ACCIONA Energy、Canadian Solar Inc.、SunPower Corporation 、Jinko solar holding Co. ltd.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽光発電の世界市場概要 ・太陽光発電の世界市場環境 ・太陽光発電の世界市場動向 ・太陽光発電の世界市場規模 ・太陽光発電の世界市場規模:種類別(薄膜、多結晶シリコン膜、単結晶シリコン膜) ・太陽光発電の世界 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"