"世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 4001)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growth in the aerospace armor application segment is expected to drive the armor materials market.
In terms of value, the armor materials market is estimated to grow from USD 10.7 billion in 2019 to USD 15.2 billion by 2024, at a CAGR of 7.2%. Increasing security concerns in developing economies and increasing demand for homeland security are the major drivers of the armor materials market. Military modernization programs, security concerns, and political unrest worldwide have triggered the need for armors, thus boosting the armor materials market.

Asia Pacific is the most attractive market for armor materials, as China, India, South Korea, Japan, and Australia are spending heavily on defense activities owing to the rising conflicts and tensions with their neighboring countries. The Middle East & Africa has been suffering from severe political unrest, thus boosting the need for advanced armor materials.

Ceramics expected to be the fastest-growing segment of the armor materials market, in terms of volume and value, between 2019 and 2024
The ceramics segment is expected to witness the highest growth in terms of volume and value during the forecast period. Ceramic armor offers various advantages such as superior hardness, low weight, durability, design flexibility, and high resistance to creep and stress rupture at a temperature of up to 3,002. Ceramic armor is composed of ceramic and few fibers that withstand the blasts, and thus it is used in vehicles and body armors.

Advances and developments have compelled the defense industry worldwide to upgrade armor protection systems to counter the rising threats efficiently. The challenging defense armor vehicles have encouraged ceramic armor manufacturers to integrate many armor materials in a single solution to offer better protection while maintaining the overall weight of the vehicle and providing the solutions at a lower cost.

North America is the largest armor materials market.
In terms of value, North America is the largest market for armor materials, followed by Europe and Asia Pacific. Asia Pacific is the fastest-growing armor materials market. North America is estimated to continue its investment in soldier security owing to the on-going modernization programs. The US military is undertaking many equipment upgrading programs, which will continue to increase the demand for armor materials in the region. The US was a leading market in terms of consumption of armor materials because of its massive defense spending in 2018. The defense budget in the country is threefold larger than the budget allocated in China, which is the second-largest armor material consumer in the world. The US Air
Force has planned to purchase 70 F-35 fighter aircraft worth USD 10.3 billion, which is expected to increase the demand for armor materials. The US used add-on armor kits on vehicles, which made them heavyweight and posed concerns, such as lack of fuel efficiency, suspension failure, and issues pertaining to mobility and functionality. This has compelled the country to improve the armor designs and requirements, thereby increasing the demand for lightweight armor materials such as ceramics, composites, and para-aramid fibers.
• By Company Type: Tier 1 – 67%, Tier 22%, and Tier 11%
• By Designation: C-Level – 11%, D Level-16% , Others 73%
• By Region: Asia Pacific – 45%, Middle East & Africa – 21%, North America -20%, Europe – 12% South America – 2%

Note: Other designations include sales managers, marketing managers, and product managers.
The key players profiled in the report include DuPont de Nemours, Inc (US), Koninklijke DSM N.V (Netherlands), Honeywell International Inc. (US), 3M Company. (US), Saab AB (Sweden), Koninklijke Ten Cate BV (Netherlands), Compagnie de Saint-Gobain SA (France), Teijin Limited (Japan), Tata Steel Limited (India), Alcoa Inc. (US), and Allegheny Technologies, Inc (US).

Research Coverage
This report segments the market for armor materials based on materials type, application, and region and provides estimations of volume (kiloton) and value (USD million) for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, services, key strategies, associated with the market for armor materials.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the armor materials market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on armor materials offered by top players in the global market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for armor materials across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global armor materials market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the armor materials market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Primary Data
2.1.2 Breakdown of Primary Interviews
2.1.3 Key Industry Insights
2.1.4 Secondary Data
2.2 Research Approach
2.3 Base Number Calculation
2.3.1 Market Calculation, By Application
2.3.2 Market Calculation, By Region
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Market Forecast
2.4.1.1 Armor Materials Market: Factors Considered for Estimation and Forecasting
2.5 Limitations
2.6 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Significant Opportunities in the Armor Materials Market
4.2 Armor Materials Market in APAC, By Country and Application, 2018
4.3 Armor Materials Market, By Material Type
4.4 Armor Materials Market, By Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.1.1 Industrial Shift Analysis
5.1.1.1 Technology Trends
5.1.2 Active Protection Systems
5.1.2.1 Soft Kill Technology
5.1.2.2 Electro-Optical Jammers
5.1.2.3 Hard Kill Technology
5.1.3 Electric Armor
5.1.4 See-Through Armor (STA)
5.1.5 Adaptiv–Camouflage Systems
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Security Concerns in Developing Countries
5.2.1.2 Growing Demand for Homeland Security
5.2.1.3 Development of Lethal Ammunition and Weapons
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Government Regulations
5.2.2.2 Failure to Provide Complete Protection
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Military Modernization Programs
5.2.3.2 Need for Lightweight Armor
5.2.3.3 Changing Battlefield Scenario
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Development of Other Types of Armor
5.2.4.2 High Cost of Lightweight Armor Materials
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Armor Materials Market, By Material Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Metals & Alloys
6.2.1 Increasing Demand for Lightweight Alloys is Resulting in the Replacement of Ballistic Steel By Aluminum and Other Lightweight Alloys
6.2.1.1 High-Density Steel
6.2.1.2 Aluminum
6.2.1.3 Titanium
6.3 Ceramics
6.3.1 Ceramics are Most Preferred in Body Armor Due to High Ballistic Resistance, Low Weight, and Durability
6.3.1.1 Aluminum Oxide
6.3.1.2 Silicon Carbide
6.3.1.3 Boron Carbide
6.4 Composites
6.4.1 Composite Materials are Used in Armors for Their High Mechanical Strength and Stiffness
6.4.1.1 Fibers
6.4.1.2 Fabrics
6.4.1.3 Matrix Materials
6.4.1.4 Prepregs
6.4.1.5 Hybrid Composites
6.4.1.6 3d Composites
6.5 Para-Aramid Fiber
6.5.1 Para-Aramid Fiber has Ultra-High Strength, as Well as A Highly Oriented and Rigid Molecular Structure
6.6 Ultra-High-Molecular-Weight Polyethylene (Uhmwpe)
6.6.1 There is an Increasing Demand for Uhmwpe in the Developing Countries
6.7 Fiberglass
6.7.1 Fiberglass is Emerging as an Alternative to Aramid Fiber
6.8 Others
7 Armor Materials Market, By Application (Page No. – 69)
7.1 Introduction
7.2 Vehicle Armor
7.2.1 Increasing Demand for Armored Vehicles is Due to the Rising Instances of Cross-Border Conflicts
7.3 Aerospace Armor
7.3.1 High Investments By Air Forces of Various Countries is Driving the Market in Aerospace Armor
7.4 Body Armor
7.4.1 Rise in Homeland Security Concerns, Along With the Increased Need for Protection Systems By Law Enforcement Agencies, is Driving the Market in This Segment
7.5 Civil Armor
7.5.1 Increasing Safety Concerns of Civilians is Driving the Market
7.6 Marine Armor
7.6.1 Ceramic Armor Materials are Most Preffered in Marine Armor Applications
8 Armor Materials Market, By Region (Page No. – 84)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 High Military Spending and Constant Research for Upgrading Army and Military Equipment is Driving the Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 The Demand for Armored Vehicles is Driven By the Military Modernization Program in the Country
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Increasing Investments By Major Foreign Investors and Shift in Manufacturing Facilities of Defense Industries are Crucial for the Market Growth
8.3 Europe
8.3.1 Russia
8.3.1.1 The Country is Witnessing Increasing Investments in Military Modernization Programs
8.3.2 France
8.3.2.1 Efforts to Modernize Its Old Fleet of Armored Vehicles is Expected to Favor the Market Growth
8.3.3 UK
8.3.3.1 Increasing Investment in Homeland Security is Promising for the Growth of the Market
8.3.4 Germany
8.3.4.1 Growing Procurement of Defense Equipment and Vehicles is Contributing to the Market Growth
8.3.5 Italy
8.3.5.1 The Country is A Leading Producer of Military and Army Aircraft
8.3.6 Poland
8.3.6.1 Growing Spending on the Procurement of New Military Equipment is Favorable for the Market
8.3.7 Rest of Europe
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 The Country is A Leader in R&D Spending for the Development of New and Advanced Armored Vehicles
8.4.2 India
8.4.2.1 Increasing Defense Budget is Leading to Growth in Spending on Better Armor Systems in the Country
8.4.3 South Korea
8.4.3.1 Military Equipment and Vehicle Modernization Programs, Along With Increasing Conflict With North Korea, are the Driving Factors
8.4.4 Japan
8.4.4.1 High-End Indigenous Military Technologies are Increasing the Demand for Armor Materials
8.4.5 Australia
8.4.5.1 The Government is Focusing on Continuous Advancements in the Armed Forces and Home Security Forces
8.4.6 Indonesia
8.4.6.1 Indonesia is an Emerging Armor Materials Market
8.4.7 Philippines
8.4.7.1 Future Planning to Increase Military Spending is Driving the Armor Materials Market
8.4.8 Rest of APAC
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Israel
8.5.1.1 Israel has Emerged as A Lucrative Market for Armor Materials in the Middle East & Africa
8.5.2 Saudi Arabia
8.5.2.1 Saudi Arabia is the Seventh-Largest Defense Spending Country Globally and is Constantly Working on Advanced Military Technologies
8.5.3 UAE
8.5.3.1 There are Significant Investments in Armored Vehicle Capabilities in the Country
8.5.4 Algeria
8.5.4.1 The Country is Increasing Its Defense and Security Budget to Strengthen Its Military Forces
8.5.5 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 The Country is A Lucrative Market for Armor Materials Owing to Increase in Several Threats, Including Gang Wars and Other Crime-Related Incidents 124
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Increasing Procurement of Armored Vehicles is Being Witnessed in the Country
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 127)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Share Analysis
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 Contract & Agreement
9.6.2 New Product Launch
9.6.3 Merger & Acquisition
9.6.4 Investment & Expansion
9.6.5 Partnership & Collaboration
10 Company Profiles (Page No. – 140)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Company Strategy, MnM View)*
10.1 Dupont De Nemours, Inc.
10.2 Koninklijke Dsm N.V.
10.3 Honeywell International Inc.
10.4 3M Company
10.5 Saab AB
10.6 Koninklijke Ten Cate Bv
10.7 Compagnie De Saint-Gobain Sa
10.8 Teijin Limited
10.9 Tata Steel
10.10 Alcoa Corporation
10.11 Allegheny Technologies, Inc.
10.12 Ceramtec
10.13 Coorstek Inc.
10.14 Morgan Advanced Materials
10.15 Cerco Corporation
10.16 AGY Holding Corp.
10.17 PPG Industries, Inc.
10.18 Safariland, LLC
10.19 Leeco Steel, LLC
10.20 Armorworks Enterprises, LLC
10.21 Other Companies
10.21.1 Xeracarb Ltd.
10.21.2 Waco Composites
10.21.3 At&F Advanced Metals LLC
10.21.4 Protective Structures, Ltd.
10.21.5 CPS Technologies, Corp.
10.21.6 Surmet Corporation
10.21.7 JPS Composites Materials
10.21.8 Schunk Carbon Technology
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Company Strategy, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 179)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 4001
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国のサファイアインゴット市場2015
    本調査レポートでは、中国のサファイアインゴット市場2015について調査・分析し、サファイアインゴットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DIY工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DIY工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 対話型システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、対話型システムの世界市場について調べ、対話型システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、対話型システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(テキスト、音声)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は対話型システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・対話型システムの市場状況 ・対話型システムの市場規模 ・対話型システムの市場予測 ・対話型システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(テキスト、音声) ・対話型システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 巡視船の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、巡視船の世界市場について調べ、巡視船の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、巡視船の市場規模をセグメンテーション別(種類別(有人巡視船、無人巡視船)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は巡視船の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・巡視船の市場状況 ・巡視船の市場規模 ・巡視船の市場予測 ・巡視船の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(有人巡視船、無人巡視船) ・巡視船の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 化成肥料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、化成肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、作物タイプ別分析、形状別分析、地域別分析、化成肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 回生ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、回生ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、回生ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別回生ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、回生ブレーキシステム種類別分析()、回生ブレーキシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・回生ブレーキシステムの市場概観 ・回生ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・回生ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・回生ブレーキシステムの世界市場規模 ・回生ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・回生ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・回生ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・回生ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・回生ブレーキシステ …
  • ノルウェーの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 世界のファックス市場2016
    本調査レポートでは、世界のファックス市場2016について調査・分析し、ファックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮内膜症(Endometriosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮内膜症(Endometriosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮内膜症(Endometriosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮内膜症(Endometriosis)の概要 ・子宮内膜症(Endometriosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮内膜症(Endometriosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮内膜症(Endometriosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO)、用途別(食品、飲料産業、飼料産業)
    当調査レポートでは、テクスチャード大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、性質別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO) ・テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:用途別(食品、飲料産業、飼料産業) ・テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のマニキュア道具市場2015
    本調査レポートでは、世界のマニキュア道具市場2015について調査・分析し、マニキュア道具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ)、用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種)、プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー)
    当調査レポートでは、水痘生ワクチンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、用途別分析、プロバイダー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ) ・水痘生ワクチンの世界市場:用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種) ・水痘生ワクチンの世界市場:プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー) ・水痘生ワクチンの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界の医療用ベッド付属品市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用ベッド付属品市場2015について調査・分析し、医療用ベッド付属品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒアルロン酸の世界市場分析:製品別(単回注射、3回注射、5回注射)、用途別(皮膚充填剤、変形性関節症、眼科、膀胱尿管逆流)、原材料別(グレード[医薬グレード、化粧品グレード、食品グレード]、由来[動物ベース、動物以外ベース])、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヒアルロン酸の世界市場について調査・分析し、ヒアルロン酸の世界市場動向、ヒアルロン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒアルロン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 造影剤注入装置の世界市場2014-2025:製品別(注入システム、消耗品)、タイプ別(シングルヘッド、デュアルヘッド、シリンジレス注射器)、用途別、最終用途別
    本調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、造影剤注入装置の世界市場動向、造影剤注入装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別造影剤注入装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロ‐グリッド(小規模発電網)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マイクロ‐グリッド(小規模発電網)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提要方式別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、マイクロ‐グリッド(小規模発電網)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペルーの市場見通し(~2021年)
  • 有機腐食防止剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、有機腐食防止剤の世界市場について調査・分析し、有機腐食防止剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別有機腐食防止剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、有機腐食防止剤種類別分析()、有機腐食防止剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・有機腐食防止剤の市場概観 ・有機腐食防止剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・有機腐食防止剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・有機腐食防止剤の世界市場規模 ・有機腐食防止剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・有機腐食防止剤のアメリカ市場規模推移 ・有機腐食防止剤のカナダ市場規模推移 ・有機腐食防止剤のメキシコ市場規模推移 ・有機腐食防止剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・有機腐食防止剤のドイツ市場規模推移 ・有機腐食防止剤のイギリス市場規模推移 ・有機腐食防止剤のロシア市場規模推移 ・有機腐食防止剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • サウジアラビアの心臓人工弁市場見通し
  • 肥料散布機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、肥料散布機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肥料散布機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 一軸ねじポンプの世界市場:出力別、用途別、地域別予測
    本資料は、一軸ねじポンプの世界市場について調べ、一軸ねじポンプの世界規模、市場動向、市場環境、出力別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・一軸ねじポンプの世界市場概要 ・一軸ねじポンプの世界市場環境 ・一軸ねじポンプの世界市場動向 ・一軸ねじポンプの世界市場規模 ・一軸ねじポンプの世界市場規模:出力別 ・一軸ねじポンプの世界市場規模:用途別 ・一軸ねじポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・一軸ねじポンプの北米市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのアメリカ市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのヨーロッパ市場規模・予測 ・一軸ねじポンプのアジア市場規模・予測 ・一軸ねじポンプの日本市場規模・予測 ・一軸ねじポンプの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 中国の特殊目的UAV市場2015
    本調査レポートでは、中国の特殊目的UAV市場2015について調査・分析し、特殊目的UAVの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動パーキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、自動化レベル別(半自動、完全自動)分析、エンドユーザー別(商業、住宅、混合使用)分析、システム別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プラットフォーム別分析、自動パーキングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動パーキングシステムの世界市場規模が2019年13億万ドルから2027年36億万ドルまで年平均13.1%成長すると予測しています。
  • プロセスオイルの世界市場予測(~2023年)
    予測期間中のプロセスオイル市場で最も大きくけん引した用途は、タイヤ・ゴムセグメントです。この分野は、プロセスオイルの世界市場における潜在的な用途の1つで、2018年から2023年の予測期間中にも成長が見込まれています。この分野の成長は、自動車産業におけるキャリアオイル、可塑剤、防塵剤および加工助剤としてのプロセスオイルの需要増加に起因すると考えられています。 タイヤ・ゴム分野は2018年から2023年の予測期間中に2番目に高い年平均成長率で成長すると予測されています。当調査レポートでは、プロセスオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(芳香族、パラフィン系、ナフテン系、非発がん性)分析、用途別(タイヤ・ゴム、ポリマー、パーソナルケア用品、テキスタイル)分析、プロセスオイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 送電塔の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、送電塔の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、送電塔の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は送電塔の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kalpataru Power Transmission Limited、KEC International、Nanjing Daji Group等です。
  • 世界のポータブル超音波システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル超音波システム市場2015について調査・分析し、ポータブル超音波システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホームフレグランスの世界市場:製品別(ディフューザー、スプレー、香料入りのろうそく、その他)、流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインストア、コンビニエンスストアなど)
    当調査レポートでは、ホームフレグランスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、流通経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ホームフレグランスの世界市場:製品別(ディフューザー、スプレー、香料入りのろうそく、その他) ・ホームフレグランスの世界市場:流通チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインストア、コンビニエンスストアなど) ・ホームフレグランスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 乳清タンパク質成分の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、乳清タンパク質成分の世界市場について調査・分析し、乳清タンパク質成分の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・乳清タンパク質成分の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・乳清タンパク質成分の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳清タンパク質成分の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アルミニウム押出製品の世界市場予測(~2021年):圧延仕上、パウダーコーティング、陽極酸化
    当調査レポートでは、アルミニウム押出製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、需要先別分析、アルミ合金別分析、地域別分析、アルミニウム押出製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 水溶性塗料の世界市場:水溶性ペンキ、エマルジョン・ラテックス塗料、アルキド塗料
    当調査レポートでは、水溶性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水溶性塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカプセル化の世界市場:技術別(乳剤、スプレー)、用途別(医薬品、ホームケア・パーソナルケア)、コーティング剤別
    本調査レポートでは、マイクロカプセル化の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化の世界市場動向、マイクロカプセル化の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロカプセル化市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の血栓管理装置市場(~2021)
  • APT攻撃対策の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、APT攻撃対策の世界市場について調査・分析し、APT攻撃対策の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 食品用ガスの世界市場:タイプ別(二酸化炭素、窒素、その他)、用途別(凍結&冷却、包装&炭酸化)、エンドユーザー別(飲料、肉&シーフード、および包装製品)
    当調査レポートでは、食品用ガスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場ランドスケープ、タイプ別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場ランドスケープ ・食品用ガスの世界市場:タイプ別(二酸化炭素、窒素、その他) ・食品用ガスの世界市場:用途別(凍結&冷却、包装&炭酸化) ・食品用ガスの世界市場:エンドユーザー別(飲料、肉&シーフード、および包装製品) ・食品用ガスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のDAB染色溶液市場2016
    本調査レポートでは、世界のDAB染色溶液市場2016について調査・分析し、DAB染色溶液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高吸収性ポリマーの世界市場:用途別(女性用衛生用品、ベビー用おむつ、農業、成人用失禁用品)、セグメント予測
    高吸収性ポリマーの世界市場は2025年には121億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ベビー用おむつ、成人用失禁用品、農業、女性用衛生用品などのさまざまな用途で使用される機会が増えたことが考えられます。本調査レポートでは、高吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、高吸収性ポリマーの世界市場動向、高吸収性ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別高吸収性ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンタープライズ向け5Gの世界市場予測(2026年)
    エンタープライズ向け5Gの世界市場は、2020年の23億米ドルから2026年には317億米ドルに達し、この期間中54.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エンタープライズ向け5Gのコネクティビティプラットフォームが単一のネットワークで複数の業界を可能にすると予測されていること、エンタープライズ向け5Gのユニファイドネットワークが業界横断的な接続と産業用アプリケーション開発を促進する可能性を備えているということ、そして通信ネットワークにおいてソフトウェア実装の重要性の高まりが予測されていることが考えられます。一方で、この市場の主な制約は、企業におけるコネクティビティ技術として事実上採用されているWi-Fi通信技術の成長、および企業ネットワークの所有と管理に関する権限の欠如です。当調査レポートでは、エンタープライズ向け5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、アクセス機器別(無線ノード、サービスノード、DAS)分析、コアネットワーク技術別(SDN、NFV)分析、サービス別(プラットフォーム、ソ …
  • 世界の小型天然ガス自動車(NGV)市場2015
    本調査レポートでは、世界の小型天然ガス自動車(NGV)市場2015について調査・分析し、小型天然ガス自動車(NGV)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 油田ケーシングスプールの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田ケーシングスプールの世界市場について調べ、油田ケーシングスプールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田ケーシングスプールの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は油田ケーシングスプールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田ケーシングスプールの市場状況 ・油田ケーシングスプールの市場規模 ・油田ケーシングスプールの市場予測 ・油田ケーシングスプールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田ケーシングスプールの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 世界の細管レオメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の細管レオメーター市場2016について調査・分析し、細管レオメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパイプライン監視システム市場:技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁気フラックス、光ファイバー)、エンドユーズ産業別(原油&精製石油、水&廃水)、ソリューション別、パイプ種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、パイプライン監視システムの世界市場規模が2019年46億ドルから2024年65億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。本書は、世界のパイプライン監視システム市場について調査・分析し、市場概要、パイプ種類別(金属パイプ、非金属パイプ、その他)分析、技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁束漏れ、光ファイバー技術、その他)分析、ソリューション別(リーク検出、動作状態、パイプライン破損検出、その他)分析、エンドユーズ産業別(原油・精製石油、水・廃水、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパイプライン監視システム市場:パイプ種類別(金属パイプ、非金属パイプ、その他) ・世界のパイプライン監視システム市場:技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁束漏れ、光ファイバー技術、その他) ・世界のパイプライン監視システム市場:ソリューション別(リーク検出、動作状態、パイプライン破損検出、その他) ・世界のパイプライン …
  • ポーランドの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • ウィメンズヘルス(女性医療)薬の世界市場
  • 世界の放射線硬化製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の放射線硬化製品市場2015について調査・分析し、放射線硬化製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、乳製品パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・乳製品パッケージングの世界市場:種類別分析/市場規模 ・乳製品パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・乳製品パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・乳製品パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・乳製品パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・乳製品パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・乳製品パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ナルコレプシー(Narcolepsy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ナルコレプシー(Narcolepsy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)のフェーズ3治験薬の状況 ・ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬の市場規模(販売予測) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ナルコレプシー(Narcolepsy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬剤
  • 世界のラドン測定器市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"