"世界の通信サービス保証市場:ソリューション別(製品(障害およびイベント管理、パフォーマンス管理)およびサービス)、オペレーター種類別(モバイルおよび固定)、展開種類別(オンプレミスおよびクラウド)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2937)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の通信サービス保証市場:ソリューション別(製品(障害およびイベント管理、パフォーマンス管理)およびサービス)、オペレーター種類別(モバイルおよび固定)、展開種類別(オンプレミスおよびクラウド)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing number of cellular/mobile subscribers, and large-scale implementation of Software-Defined Networking (SDN) and Network Function Virtualization (NFV) to drive the growth of Telecom Service Assurance (TSA) market
The global TSA market size is expected to grow from 5.7 billion in 2019 to USD 8.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 9.4% during the forecast period. The growing mobile subscriber base is fueling the growth of TSA market. An increase in the use of smartphones leads to tremendous growth in wireless data traffic, and there is a need for TSA solutions to manage this growing traffic volume. Exponential growth in the global Internet Protocol (IP) traffic and cloud traffic, and growing complexities in communication network ecosystem by Internet of Things (IoT) and 5G technologies are expected to offer huge market opportunities for TSA vendors in the next 5 years. However, the concerns over data privacy may hamper the market growth.

Among the services, the professional services segment is expected to account for the higher market share during the forecast period
By service, the professional services segment is expected to account for the higher market share during the forecast period. Professional services help in successful solution deployment across complex environments. Professional services teams have strong and in-depth consulting expertise in multi-vendor and multi-technology network management, as well as reporting and optimization. These services further help lower the risk, reduce the complexity, and increase the Return on Investment (RoI), as they can be easily customized, are accessible, and can deliver the maximum product assurance.

Among the operator types, the mobile operator segment to record the higher growth rate during the forecast period
In the TSA market by operator type, mobile operators are expected to record the higher CAGR during the forecast period. The total number of mobile operators is 750 around the world, as per the report by GSMA. Due to increased competition, the mobile operator focuses on network, service, and end-user related data to deliver optimal service performance and customer experience management. TSA solutions help both the fixed and mobile operators gain full network visibility with a clear and unified view of their customers’ experience, thereby ensuring quality of service and quality of experience for voice, data, Voice over Long-Term Evolution (VoLTE), Short Message Service (SMS), fixed mobile, and broadband services.

Among regions, APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. An increasing number of mobile subscribers in the region play a key role in the creation of demand for quality telecommunication services. Telecommunication companies in the region are expected to boost the Quality of Service (QoS). According to the report, The Mobile Economy Asia Pacific 2019, published by Global System for Mobile communication (GSMA), mobile technologies and services generated 5.3% of the total Gross Domestic Product (GDP) across APAC, in 2018. The report further stated, at the end of 2018, 1.9 billion people across APAC were connected to mobile internet with the addition of 200 million new subscribers as compared to its earlier year. Additionally, according to the report, two-third of the new subscribers are expected to be from India and China by 2025. Hence, increasing mobile subscriptions and growing mobile technologies and services are the factors driving the growth of TSA market in APAC. Moreover, the presence of growing economies, such as China, Japan, and India, which are rapidly implementing the latest technologies due to the increasing internet penetration and improving customer demand is also considered to be a key factor for the growth of TSA market in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the TSA market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-Level – 40, Directors -35%, Managers – 15%, Others-10%
• By Region: North America – 45%, APAC – 30%, Europe – 15%, and RoW – 10%
The following key TSA vendors are profiled in the report:
• Broadcom (CA Technologies) (US)
• Ericsson (Sweden)
• HPE (US)
• NEC Corporation (Japan)
• Nokia (Finland)
• Accenture (Ireland)
• Amdocs (US)
• Comarch S.A. (Poland)
• Huawei (China)
• IBM (US)
• NETSCOUT (US)
• Spirent (UK)
• TEOCO (US)
• MYCOM OSI (UK)
• EXFO(US)
• Intracom Telecom (Greece)
• RADCOM (Israel)
• Anritsu (Japan)
• VMware (US)
• Centina (US)
• Infovista (US)
• Arris International Limited (US)
• Enghouse Networks (Canada)
• VIAVI (US)

Research Coverage
The TSA market by solution, deployment type, operator type, and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the global TSA market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders/new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the TSA market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の通信サービス保証市場:ソリューション別(製品(障害およびイベント管理、パフォーマンス管理)およびサービス)、オペレーター種類別(モバイルおよび固定)、展開種類別(オンプレミスおよびクラウド)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Global Telecom Service Assurance Market Estimation Methodology and Key Assumptions
2.3.1 Method 1: Based on Companies’ Revenue Generation From Telecom Service Assurance Solutions (Top Down)
2.3.2 Method 2: Vertical Level (Bottom Up)
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Telecom Service Assurance Market
4.2 Market, By Solution, 2019
4.3 North America: Market, By Operator Type and Deployment Type, 2019
4.4 Asia Pacific: Market, By Operator Type and Deployment Type, 2019
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Number of Cellular/Mobile Subscribers
5.2.1.2 Growing Need of Operators to Automate Network Operations Due to High Customer Churn and Low Arpu From Voice and Data Services
5.2.1.3 Large-Scale Implementation of SDN and NFV
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concerns Over Data Privacy
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Exponential Growth in the Global IP Traffic and Cloud Traffic
5.2.3.2 Growing Complexities in Communication Network Ecosystem By IoT and 5G Technologies
5.2.3.3 Launch of Vowifi Services By Telecom Operators to Protect Their Lucrative Voice Businesses
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complexity and Cost Involved in Upgrading Traditional Network Infrastructure
5.2.4.2 In-House Service Assurance Solutions Used By Service Providers
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.3.2 Health Level Seven
5.3.3 Digital Imaging and Communications in Medicine
5.3.4 General Data Protection Regulation
5.3.5 Gramm–Leach–Bliley Act
5.3.6 The International Organization for Standardization 27001
5.4 Use Cases
6 Telecom Service Assurance Market, By Solution (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Products
6.2.1 Fault and Event Management
6.2.1.1 Fault and Event Management to Facilitate Efficient Network Visibility By Minimizing the Number of Network Issues and Downtime
6.2.2 Performance Management
6.2.2.1 Performance Management to Enhance Customer Experience By Proactively Detecting Irregular Network Behavior and Service Degradations in Near Real Time
6.2.3 Quality and Service Management
6.2.3.1 Quality and Service Management to Transform Traditional Network-Centric Telecom Monitoring Into Customer-Centric Telecom Service Quality Management
6.2.4 Intelligent Assurance and Analytics
6.2.4.1 Intelligent Assurance and Analytics Embrace Ai and Ml Technology for Real-Time Service Reporting and Assurance
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Need for In-Depth Consulting Expertise in Multi-Vendor and Multi-Technology Network Management, Reporting, and Optimization to Drive the Demand for Professional Services
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Growing Need for Increased Efficiency and Profitability to Boost the Demand for Managed Services
7 Market, By Operator Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Mobile Operator
7.2.1 Exponential Traffic Growth in Wireless Network to Boost the Adoption of Telecom Service Assurance Solutions Among Mobile Operators
7.3 Fixed Operator
7.3.1 Need to Provide Better Connectivity and Secured Services Driving the Adoption of Telecom Service Assurance Solutions Among Fixed Operators
8 Market, By Deployment Type (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Benefits of Better Control Over System and Data to Boost the Adoption of On-Premises Telecom Service Assurance Solutions
8.3 Cloud
8.3.1 Low Cost and Easy Deployment to Fuel the Adoption of Cloud-Based Telecom Service Assurance Solutions
9 Telecom Service Assurance Market, By Region (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Growing Demand for 5G Technology and Services to Boost the Growth of Market in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increasing Investment By Canadian Telecom Operators in Advanced Technologies to Boost the Growth of Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Presence of Large Number of Cloud Service Providers and Government Initiatives to Boost the Growth of Market in the UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 High Demand for Strong Internet Connectivity Among Businesses to Boost the Growth of Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Government Initiatives for Smart City Projects and Increasing Adoption of IoT to Drive the Growth of Market in France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 High Adoption of 5G Technology to Fuel the Growth of Market in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Rapid Adoption of Advanced Technologies and High Mobile Subscription to Drive the Growth of Market in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives for Enhancing Digital Infrastructure to Boost the Growth of Market in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Middle East and Africa
9.5.1 Middle East and North Africa
9.5.1.1 Increasing Adoption of Telecommunication Services to Drive the Growth of Market in Mena
9.5.2 Sub-Saharan Africa
9.5.2.1 Increasing Investment By Telecom Players to Boost the Growth of Market in the Sub-Saharan Africa
9.6 Latin America
9.6.1 Mexico
9.6.1.1 Government Initiatives and Demand for Strong Internet Connectivity to Boost the Growth of Market in Mexico
9.6.2 Brazil
9.6.2.1 Development of 5G Infrastructure in the Country to Drive the Growth of Market in Brazil
9.6.3 Rest of Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 98)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.1.1 Definition
10.2.1.2 List of Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.2.1 Definition
10.2.2.2 List of Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.3.1 Definition
10.2.3.2 List of Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.2.4.1 Definition
10.2.4.2 List of Emerging Companies
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 External Factors
11 Company Profiles (Page No. – 101)
11.1 Introduction
11.2 Broadcom (CA Technologies)
(Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.3 Ericsson
11.4 HPE
11.5 NEC
11.6 Amdocs
11.7 Accenture
11.8 Comarch SA
11.9 Huawei
11.10 Nokia
11.11 IBM
11.12 NETSCOUT
11.13 Spirent Communications
11.14 TEOCO Corporation
11.15 MYCOM OSI
11.16 EXFO
11.17 Intracom Telecom
11.18 RADCOM
11.19 Anritsu
11.20 VMware
11.21 Centina Systems
11.22 Infovista
11.23 Arris
11.24 Enghouse Networks
11.25 VIAVI Solutions
*Details on Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 132)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の通信サービス保証市場:ソリューション別(製品(障害およびイベント管理、パフォーマンス管理)およびサービス)、オペレーター種類別(モバイルおよび固定)、展開種類別(オンプレミスおよびクラウド)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2937
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信およびIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の通信サービス保証市場:ソリューション別(製品(障害およびイベント管理、パフォーマンス管理)およびサービス)、オペレーター種類別(モバイルおよび固定)、展開種類別(オンプレミスおよびクラウド)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 塗料添加剤の世界市場:レオロジー調節剤、分散剤、湿潤剤、耐衝撃性改良剤、消泡剤
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、形状別分析、種類別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)、シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)
    本資料は、自動車用シートの世界市場について調べ、自動車用シートの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用シートの世界市場概要 ・自動車用シートの世界市場環境 ・自動車用シートの世界市場動向 ・自動車用シートの世界市場規模 ・自動車用シートの世界市場:市場シェア ・自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革) ・自動車用シートの世界市場:シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート) ・自動車用シートの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用シートの世界市場:車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG) ・自動車用シートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用シートの北米市 …
  • マルチクラウド管理の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マルチクラウド管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、サービス種類別分析、導入形態別分析、地域別分析、マルチクラウド管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リテールクラウドの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、リテールクラウドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、サービス別分析、企業規模別分析、地域別分析、リテールクラウドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬剤溶出ステント(DES)の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場について調査・分析し、バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:市場動向分析 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:競争要因分析 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:製品別 標準 エアゾール 非スプレー/低圧力 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:バルブ種別 メスバルブ オスバルブ - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:容器種類別 ブリキ皿 鋼鉄 プラスティック アルミニウム - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:容量別 500ml以上 275ml – 500ml 100ml – 275ml 30ml – 100ml 30ml 以下 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:用途別 自動車及び産業 化粧品及び個人健康管理 食品及び飲料品 家庭管理 製薬業 - バッグオンバルブ(BOV)技術の世界市場:主要地域別分析 - バッグオ …
  • 石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業における産業用バルブ市場規模、製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場概要 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場環境 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場動向 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場規模 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他) ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業における産業用バルブのヨーロッ …
  • 神経内視鏡装置の世界市場2018–2025:手術の種類別(脳室内、経頭蓋、経鼻)、デバイス種類別(剛性、軟性)、用途別
    本調査レポートでは、神経内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、神経内視鏡装置の世界市場動向、神経内視鏡装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経内視鏡装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のボールベアリング(玉軸受)市場2016
    本調査レポートでは、世界のボールベアリング(玉軸受)市場2016について調査・分析し、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド・アプリケーション・セキュリティーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストの概要 ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヘッジホッグシグナル伝達経路アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の臨床化学分析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、臨床化学分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・臨床化学分析装置の概要 ・臨床化学分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:領域別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別臨床化学分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・臨床化学分析装置の最近動向
  • 自動車用リレーの世界市場分析:製品別(PCBリレー、プラグインリレー)、用途別(パワートレインシステム、ボディ・シャーシ、便利、安全・セキュリティ、ドライバ情報)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、自動車用リレーの世界市場について調査・分析し、自動車用リレーの世界市場動向、自動車用リレーの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用リレー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のシステム統合市場規模・予測2017-2025:エンドユーズ別(BFSI、ヘルスケア、防衛・セキュリティ、小売、IT・テレコム、石油・ガス)、サービス別(コンサルティング、インフラストラクチャー・統合)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のシステム統合市場について調査・分析し、世界のシステム統合市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のシステム統合関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • データレイクの世界市場:データ・ディレクトリー、データ統合、データレイク分析、データ可視化
    当調査レポートでは、データレイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、業務機能別分析、サービス別分析、導入方式別分析、データレイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場分析:製品別(石油・ガス[ブタジエン回収、BTX抽出]、医薬品[溶剤、浸透増強剤]、電子、塗料・コーティング、農薬)、地域別、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場について調査・分析し、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場動向、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別N-メチル-2-ピロリドン(NMP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 性病(STD)検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 手術部位感染管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、手術部位感染管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術部位感染管理市場規模、感染種類別(深部切開手術部位感染症(SSI)、臓器/腔手術部位感染症(SSI)、表層切開手術部位感染症(SSI))分析、手術別(帝王切開、胃バイパス、白内障手術、歯科修復、その他)分析、製品別(外科用スクラブ、外科用潅注、バリカン、皮膚用製品ソリューション、手術用手袋、その他)分析、エンドユーザー別(外来外科センター、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 手術部位感染管理の世界市場:市場動向分析 ・ 手術部位感染管理の世界市場:競争要因分析 ・ 手術部位感染管理の世界市場:感染種類別(深部切開手術部位感染症(SSI)、臓器/腔手術部位感染症(SSI)、表層切開手術部位感染症(SSI)) ・ 手術部位感染管理の世界市場:手術別(帝王切開、胃バイパス、白内障手術、歯科修復、その他) ・ 手術部位感染管理の世界市場:製品別(外科用スクラ …
  • 中国の住宅ローン市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の住宅ローン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の住宅ローン市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電池セパレーターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電池セパレーターの世界市場について調べ、電池セパレーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電池セパレーターの市場規模をセグメンテーション別(電池種類別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電池セパレーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電池セパレーターの市場状況 ・電池セパレーターの市場規模 ・電池セパレーターの市場予測 ・電池セパレーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:電池種類別(リチウムイオン電池、鉛蓄電池、その他) ・電池セパレーターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ロシアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • パレットの世界市場:木製パレット、プラスチック製パレット、金属製パレット、段ボール紙製パレット
    当調査レポートでは、パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パレットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 酸素療法装置の世界市場予測(~2022年):製品(酸素源装置(濃縮装置、シリンダー)、酸素デリバリー装置)、ポータビリティ(定置式、可搬式)、用途(慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、喘息、嚢胞性線維症 (CF)、肺炎)、エンドユーザー別(病院、在宅医療)
    当調査レポートでは、酸素療法装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、酸素療法装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体のベトナム市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体のベトナム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体のベトナム市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体のベトナム市場が2017-2021年期間中に年平均19.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Hitachi• Intel• Saigon Semiconductor Technology• STMicroelectronics等です。
  • 多機能キャリブレーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、多機能キャリブレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、多機能キャリブレーター市場規模、製品別(ベンチトップ式、手持ち式、ポータブル式、デスクトップ式、固定式)分析、用途別(電気計測・キャリブレーション、温度計測・キャリブレーション、圧力計測・キャリブレーション)分析、エンドユーザー別(社内保守、第三者サービスプロバイダー、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:市場動向分析 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:競争要因分析 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:製品別(ベンチトップ式、手持ち式、ポータブル式、デスクトップ式、固定式) ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:用途別(電気計測・キャリブレーション、温度計測・キャリブレーション、圧力計測・キャリブレーション) ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:エンドユーザー別(社内保守、第三者サービスプロバイダー、OEM …
  • 液状代用乳の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液状代用乳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(医薬品、非医薬品)分析、家畜別(子牛、子豚、子猫、子犬、仔馬、子ヤギ、子羊)分析、液状代用乳の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージボイラーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パッケージボイラーの世界市場について調査・分析し、パッケージボイラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - パッケージボイラーの世界市場:市場動向分析 - パッケージボイラーの世界市場:競争要因分析 - パッケージボイラーの世界市場:種類別 ・電子ボイラー ・煙管パッケージボイラー ・水管パッケージボイラー ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:デザイン別 ・Aタイプパッケージボイラー ・Dタイプパッケージボイラー ・Oタイプパッケージボイラー - パッケージボイラーの世界市場:燃料別 ・バイオマス ・ガス ・石油 ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:業界別 ・化学 ・飲食品 ・石油・ガス ・パルプ・紙 ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:主要地域別分析 - パッケージボイラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - パッケージボイラーのヨーロッパ市場規模 - パッケージボイラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・パッケージボイラーの世界市場:主 …
  • ミリ波技術の世界市場予測(~2023年):スキャナシステム、通信装置
    当調査レポートでは、ミリ波技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、周波数別分析、用途別分析、地域別分析、ミリ波技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器メンテナンスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療機器メンテナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、ベンダー種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリメチルアミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリメチルアミン市場2015について調査・分析し、トリメチルアミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テレケア(遠隔健康管理)装置市場規模、製品別(ウェアラブルデバイス、家具型センサー装置、環境型知覚装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場概要 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場環境 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場動向 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場規模 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場:業界構造分析 ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場:製品別(ウェアラブルデバイス、家具型センサー装置、環境型知覚装置) ・テレケア(遠隔健康管理)装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テレケア(遠隔健康管理)装置のアメリカ市場規模・予測 ・テレケア(遠隔健康管理)装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・テレケア(遠隔健康管理)装置のアジア市場規模・予測 ・テレケア(遠隔健康管理)装置 …
  • 世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別
    MarketsandMarkets社は、データレイクの世界市場規模が2019年79憶ドルから2024年201億ドルまで年平均20.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータレイク市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ソリューション、データ検出、データ統合&管理、データレイク分析、データ可視化、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業務機能別(マーケティング、セールス、オペレーション、ファイナンス、人材)分析、業種別(BFSI、通信&IT、小売&eコマース、ヘルスケア&ライフサイエンス、製造、エネルギー&ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、政府、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のデータレイク市場:コンポーネント別(ソリューション、データ検出、データ統合&管理、データレイク分析、データ可視化、サービス) ・世界のデータレ …
  • フォトレジストの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体吸収性ポリマーの世界市場分析:製品別(ポリ乳酸(PLA)、ポリグリコール酸(PGA)、ポリカプロラクトン、多糖類、タンパク質)、用途別(薬物送達、、整形外科)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生体吸収性ポリマーの世界市場について調査・分析し、生体吸収性ポリマーの世界市場動向、生体吸収性ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別生体吸収性ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハブモーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハブモーター市場規模、モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター)分析、出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下)分析、設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ)分析、販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)分析、冷却方法別(空気冷却、水冷)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ハブモーターの世界市場:市場動向分析 ・ ハブモーターの世界市場:競争要因分析 ・ ハブモーターの世界市場:モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター) ・ ハブモーターの世界市場:出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下) ・ ハブモーターの世界市場:設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ) ・ ハブモーターの世界市場:販売チャネル別(OEM、アフターマーケット) ・ ハブモーターの世 …
  • 大豆食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大豆食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場について調査・分析し、自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:市場動向分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:競争要因分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:製品別 ・加圧ダイカスト ・セミソリッドダイカスト ・スクイズ併用ダイカスト ・真空ダイカスト - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:用途別 ・ボディアッセンブリー ・エンジン部品 ・トランスミッション用部品 ・その他 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:主要地域別分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストのヨーロッパ市場規模 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイ …
  • 液体処理技術の世界市場:製品別(自動ワークステーション、小型デバイス、消耗品)、タイプ別(自動、手動、半自動)、用途別、地域別予測
    本資料は、液体処理技術の世界市場について調べ、液体処理技術の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(自動ワークステーション、小型デバイス、消耗品)分析、タイプ別(自動、手動、半自動)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・液体処理技術の世界市場概要 ・液体処理技術の世界市場環境 ・液体処理技術の世界市場動向 ・液体処理技術の世界市場規模 ・液体処理技術の世界市場規模:製品別(自動ワークステーション、小型デバイス、消耗品) ・液体処理技術の世界市場規模:タイプ別(自動、手動、半自動) ・液体処理技術の世界市場規模:用途別 ・液体処理技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・液体処理技術の北米市場規模・予測 ・液体処理技術のアメリカ市場規模・予測 ・液体処理技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・液体処理技術のアジア市場規模・予測 ・液体処理技術の日本市場規模・予測 ・液体処理技術の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 中小企業向けオンライン融資プラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業向けオンライン融資プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業向けオンライン融資プラットフォームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 防空・ミサイル防衛用レーダー(AMDR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、防空・ミサイル防衛用レーダー(AMDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防空・ミサイル防衛用レーダー(AMDR)の世界市場規模及び予測、プラットフォーム別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスクリューポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクリューポンプ市場2015について調査・分析し、スクリューポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲脊椎手術の世界市場2016-2020:インプラント、器具、バイオマテリアル
    当調査レポートでは、低侵襲脊椎手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低侵襲脊椎手術の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の生薬市場2016
    本調査レポートでは、世界の生薬市場2016について調査・分析し、生薬の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電圧/無効電力管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電圧/無効電力管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別(配布、送信、および生成)分析、コンポーネント別(ハードウェア・ソフトウェアおよびサービス)分析、エンドユーザー別(電気ユーティリティおよび産業)分析、電圧/無効電力管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電圧/無効電力管理の世界市場規模が2019年427百万ドルから2024年568百万ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
  • 農業用機器の世界市場:用途別(収穫・脱穀、種蒔き・植え付け)、製品別(トラクター、収穫機)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、農業用機器の世界市場について調査・分析し、農業用機器の世界市場動向、農業用機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コールドカットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コールドカットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コールドカットの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 運動維持手術の世界市場:人工椎間板、人工腰椎板、椎間スペーサー
    当調査レポートでは、運動維持手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、運動維持手術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動グレージング市場規模・予測2017-2025:、商品別(ポリカーボネート、強化ガラス・ラミネートグラス)、用途別(サイドライト、フロントガラス・リアガラス、サンルーフ)、エンドユーズ別(LCV、HCV、乗用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動グレージング市場について調査・分析し、世界の自動グレージング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動グレージング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業用ロボットセルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ロボットセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業用ロボットセルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットセルとは、ロボット、制御装置、部品ポジショナーなどの周辺機械、そして安全な環境などを含む一貫したシステムです。ロボットワークセルとも呼ばれています。センサーの小型化及びロボット技術の更なる発展により、将来的にロボットの価格は下がり、産業用ロボット及びサービス用ロボットの売り上げが急増すると見込まれています。Technavio社は産業用ロボットセルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• FANUC• Genesis Systems Group• RobotWorx• Yaskawa Motoman等です。
  • 世界の酸化漂白剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化漂白剤市場2015について調査・分析し、酸化漂白剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"