"世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 7462)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing demand for biopharmaceuticals and rising life science R&D expenditure in biopharmaceuticals is expected to drive the overall growth of the single-use assemblies market.”
The single-use assemblies market is expected to grow from USD 805 million in 2019 to USD 1,825 million by 2024, at a CAGR of 16.5% during the forecast period. The single-use assemblies market is driven primarily by the increase in demand for biopharmaceuticals and rising expenditure for R&D in life science. However, the issues related to extractables and leachables are limiting market growth.

“Bag assemblies segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on product, the market is broadly segmented into bag assemblies, filtration assemblies, bottle assemblies, mixing system assemblies, and other products. The bag assembly segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period as it enables critical liquid handling in biomanufacturing and eliminates the time & cost of additional cleaning and sterilization, system set-up, maintenance, and validation.

“Filtration segment to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The single-use assemblies market, by the applications, has been categorized into cell culture and mixing, filtration, storage, sampling, fill-finish application and other applications (aseptic transfer and fluid management). The filtration segment is projected to register the highest growth rate during the forecast period. However, the filtration segment is expected to be the fastest-growing segment owing to economic, safety and time-to-market advantages.

“Asia Pacific region to account for the largest share of the global single-use assemblies market in 2019.”
Asia Pacific is estimated to account for the largest share of the global single-use assemblies market in 2019. Factors such as the increasing demand for generic drugs and biosimilars, significant investments by biopharmaceutical companies and CMOs in emerging Asia Pacific countries, and the growing focus on healthcare modernization, and demand for low-cost medicines are supporting the growth of the Asia Pacific single-use assemblies market.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the single-use assemblies market.
• By Respondent Type: Supply Side: 67%, Demand Side: 33%
• By Designation: C-level Executives: 25%, Directors: 18%, and Others: 57%
• By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 20%, and RoW: 10%
The single-use assemblies market comprises major players such as Sartorius Stedim Biotech (France), Thermo Fisher Scientific (US), Danaher (US), Merck Millipore (Germany)), and GE Healthcare (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the single-use assemblies market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the single-use assemblies market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, based on the product, solution, application, end-user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall single-use assemblies market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources: Single-Use Assemblies Market
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Single-Use Assemblies Market Overview
4.2 North America: Market Share, By Product & Country (2019)
4.3 Market, By Solution, 2017–2024
4.4 Market, By Application, 2019 vs. 2024
4.5 Market, By End User, 2019 vs. 2024
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Single-Use Assemblies Market: Drivers, Restraints, Opportunities, and Challenges
5.3 Drivers
5.3.1 Rapid Implementation and Low Risk of CROs s-Contamination
5.3.2 Increasing Biopharmaceutical R&D
5.4 Restraints
5.4.1 Issues Related to Extractables & Leachables
5.5 Opportunities
5.5.1 Emerging Countries
5.5.2 Patent Expiry
5.6 Challenges
5.6.1 Waste Disposal
5.7 Related Market Reports
5.7.1 Single-Use Bioprocessing Market Global Forecast to 2021
6 Single-Use Assemblies Market, By Product (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Bag Assemblies
6.2.1 Bag Assemblies Segment Dominates the Market
6.3 Filtration Assemblies
6.3.1 Increasing Focus on Reducing Contamination has Driven the Adoption of Filter Assemblies
6.4 Bottle Assemblies
6.4.1 Use of Bottle Assemblies Reduces Downtime and Turnaround Time—Key Advantages Driving Market Growth
6.5 Mixing System Assemblies
6.5.1 Flexibility in Multiproduct Manufacturing has Driven the Adoption of Mixing System Assemblies
6.6 Other Products
7 Single-Use Assemblies Market, By Solution (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Standard Solutions
7.2.1 Standard Solutions Account for the Larger Share of the Market
7.3 Customized Solutions
7.3.1 The Adoption of Customized Solutions is Limited and Only Arises in Case of Material Compatibility Issues Or Nonstandard Quality Requirements
8 Single-Use Assemblies Market, By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Filtration
8.2.1 Filtration Dominated the Applications Market in 2018
8.3 Cell Culture & Mixing
8.3.1 North America is Expected to Hold the Largest Share of the Cell Culture & Mixing Application Segment
8.4 Storage
8.4.1 Bag Assemblies and Bottle Assemblies are Widely Used for Storage
8.5 Sampling
8.5.1 Strict Guidelines for Drug Safety are Supporting the Market Growth for Sampling
8.6 Fill-Finish Applications
8.6.1 Reduced Risk of Contamination Due to Negligible Involvement of Operators has Propelled the Demand for Single-Use Assemblies in Fill-Finish Applications
8.7 Other Applications
9 Single-Use Assemblies Market, By End User (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Biopharmaceutical & Pharmaceutical Companies
9.2.1 Increase in Biologics Production is Driving the Demand for Single-Use Assemblies
9.3 Contract Research Organizations & Contract Manufacturing Organizations
9.3.1 Increasing Outsourcing of R&D Services By Pharmaceutical & Biopharmaceutical Companies to Support Market Growth
9.4 Academic & Research Institutes
9.4.1 Growing Pharma-Academia Collaborations Will Drive the Uptake of Single-Use Assemblies in Academic & Research Institutes
10 Single-Use Assemblies Market, By Region (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The US Dominates the North American Market
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increasing Demand for Biopharmaceuticals is Supporting the Growth of the Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increase in Biopharmaceutical Sales is Expected to Support Market Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 New Drug Developments to Propel the Demand for Single-Use Assemblies in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 Increase in Biopharmaceutical Manufacturing to Drive the Demand for Single-Use Assemblies in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Significant Investments By Biopharmaceutical Companies & CMOS in Emerging APAC Countries to Drive Market Growth
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 98)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Key Product Launches
11.4.2 Key Acquisitions
11.4.3 Key Partnerships, Agreements, & Collaborations
11.4.4 Key Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 103)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Sartorius Stedim Biotech
12.2 Thermo Fisher Scientific
12.3 Danaher Corporation
12.4 Merck Millipore
12.5 GE Healthcare
12.6 Avantor, Inc.
12.7 Parker Hannifin Corporation
12.8 Saint-Gobain
12.9 Repligen Corporation
12.1 Corning Incorporated
12.11 Entegris
12.12 Lonza
12.13 Other Companies
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 7462
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の溶剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶剤市場2015について調査・分析し、溶剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用作動システムの世界市場:油圧式システム、電動式システム、空気式システム
    当調査レポートでは、航空機用作動システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用作動システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のn-ブタン市場2016について調査・分析し、n-ブタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アスタキサンチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アスタキサンチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、アスタキサンチン種類別分析(天然、人口)、アスタキサンチン用途別分析(栄養補助食品、化粧品、飲食料品、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アスタキサンチンの市場概観 ・アスタキサンチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アスタキサンチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アスタキサンチンの世界市場規模 ・アスタキサンチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アスタキサンチンのアメリカ市場規模推移 ・アスタキサンチンのカナダ市場規模推移 ・アスタキサンチンのメキシコ市場規模推移 ・アスタキサンチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アスタキサンチンのドイツ市場規模推移 ・アスタキサンチンのイギリス市場規模推移 ・アスタキサンチンのロシア市場 …
  • インテリジェント自動販売機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント自動販売機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント自動販売機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の液体麦芽エキス市場2015
    本調査レポートでは、世界の液体麦芽エキス市場2015について調査・分析し、液体麦芽エキスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジャム/ゼリー/保存食の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ジャム/ゼリー/保存食の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジャム/ゼリー/保存食の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型マネージドサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド型マネージドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド型マネージドサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車テレマティクスの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、自動車テレマティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車テレマティクスの世界市場規模:技術別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:コネクティビティ種類別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:用途別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:システム別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:サービス別分析 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • サウジアラビアの整形外科補綴市場見通し
  • 世界のD/Aコンバータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のD/Aコンバータ市場2016について調査・分析し、D/Aコンバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 残留農薬検査の世界市場予測(~2022): 除草剤、殺虫剤、殺菌剤
    当調査レポートでは、残留農薬検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、技術別分析、クラス別分析、検査対象食品別分析、残留農薬検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用レーザ市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用レーザ市場2015について調査・分析し、眼科用レーザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのアクリル酸市場(~2019)
  • 世界の石油精製用触媒市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油精製用触媒市場2015について調査・分析し、石油精製用触媒の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用保護具の世界市場2017-2021:ヘルメット、ジャケット、手袋、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAero Design & MFG、Alpinestars、Dainese等です。
  • パーソナルケア製品用包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パーソナルケア製品用包装市場規模、素材別(プラスチック、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場概要 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場環境 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場動向 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場規模 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:業界構造分析 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:素材別(プラスチック、金属、その他) ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パーソナルケア製品用包装のアメリカ市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装のアジア市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装の主要国分析 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・パーソナルケア製品用包装の世界市場 …
  • テストステロン補充療法の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テストステロン補充療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テストステロン補充療法市場規模、製品別(注射、局所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テストステロン補充療法の世界市場概要 ・テストステロン補充療法の世界市場環境 ・テストステロン補充療法の世界市場動向 ・テストステロン補充療法の世界市場規模 ・テストステロン補充療法の世界市場:業界構造分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:製品別(注射、局所、その他) ・テストステロン補充療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テストステロン補充療法の北米市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のアジア太平洋市場規模・予測 ・テストステロン補充療法の主要国分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:意思決定フレームワーク ・テストステロン補充療法の世界市場:成長要因、課題 ・テストステロ …
  • 自動車燃料供給システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車燃料供給システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車燃料供給システム市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車燃料供給システムの世界市場概要 ・自動車燃料供給システムの世界市場環境 ・自動車燃料供給システムの世界市場動向 ・自動車燃料供給システムの世界市場規模 ・自動車燃料供給システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車燃料供給システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車燃料供給システムの北米市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車燃料供給システムの主要国分析 ・自動車燃料供給システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車燃料供給システムの世界市場:成長要因、課題 ・自動車燃料供給システ …
  • 自動車触媒コンバーターの世界市場2018-2022
    全世界で、約90%の乗用車に触媒コンバーターが装備されています。世界の自動車産業は、2017年に70億8,500万台の乗用車を販売し、2016年に比べて1.93%の成長率を記録しました。地域別には、アジア太平洋地域(APAC)が世界の乗用車販売を約40億7,400万台でシェアの過半数を占め、続いて欧州が約17億9,300万台、南北アメリカは約11億3,000万台です。中国、米国、日本が世界の乗用車販売台数を伸ばし、2017年には販売台数の約50%を占めています。従って、乗用車の販売台数の増加によって、自動車触媒コンバーターの世界市場の成長が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Continental、FAURECIA、Magneti Marelli、Tenneco、Eberspächer、Katconなどです。 当調査レポートでは、自動車触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車触媒コンバーター市場規模、車両別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致 …
  • 世界のPVインバータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のPVインバータ市場2016について調査・分析し、PVインバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水系耐火塗料市場2016
    本調査レポートでは、世界の水系耐火塗料市場2016について調査・分析し、水系耐火塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のテレビボックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のテレビボックス市場2015について調査・分析し、テレビボックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 角膜厚測定の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、角膜厚測定の世界市場について調べ、角膜厚測定の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、角膜厚測定の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非ハンドヘルド、ハンドヘルド)、用途別(屈折矯正手術、緑内障診断)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は角膜厚測定の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・角膜厚測定の市場状況 ・角膜厚測定の市場規模 ・角膜厚測定の市場予測 ・角膜厚測定の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非ハンドヘルド、ハンドヘルド) ・市場セグメンテーション:用途別(屈折矯正手術、緑内障診断) ・角膜厚測定の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 医療装置用ラベリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療装置用ラベリングの世界市場規模が2017年699.1億ドルから2026年1兆3759.8億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療装置用ラベリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療装置用ラベリング市場規模、材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類)分析、ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル種類)分析、用途別(使い捨て消耗品、監視・診断機器、治療機器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:市場動向分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:競争要因分析 ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類) ・ 医療装置用ラベリングの世界市場:ラベル種類別(スリーブラベル、感圧ラベル、インモールドラベル、接着剤付きラベル、その他のラベル …
  • ドイツの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 多要素認証(MFA)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、多要素認証(MFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、多要素認証(MFA)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は多要素認証(MFA)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均22.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Entrust• Gemalto• RSA Security• SecureAuth• VASCO Data Security International等です。
  • 製造業における人工知能(AI)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、製造業における人工知能(AI)の世界市場について調べ、製造業における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、製造業における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は製造業における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・製造業における人工知能(AI)の市場状況 ・製造業における人工知能(AI)の市場規模 ・製造業における人工知能(AI)の市場予測 ・製造業における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他) ・製造業における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 末期腎不全(末期腎疾患):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末期腎不全(末期腎疾患)の概要 ・末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末期腎不全(末期腎疾患)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、ナノ ワイヤー電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料種類別(シリコン、ゲルマニウム、遷移金属酸化物、金)分析、産業別(家電、自動車、航空、エネルギー、医療機器)分析、ナノ ワイヤー電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナノ ワイヤーの世界市場規模が2019年53百万ドルから2026年243百万ドルまで年平均35.7%成長すると予測しています。
  • スペインの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋上太陽光発電の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、屋上太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上太陽光発電市場規模、技術別(薄膜、結晶シリコン)分析、用途別(オフグリッド、グリッド接続)分析、エンドユーザー別(住宅、非住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:市場動向分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:競争要因分析 ・ 屋上太陽光発電の世界市場:技術別(薄膜、結晶シリコン) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:用途別(オフグリッド、グリッド接続) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:エンドユーザー別(住宅、非住宅) ・ 屋上太陽光発電の世界市場:主要地域別分析 ・ 屋上太陽光発電の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 屋上太陽光発電のヨーロッパ市場規模 ・ 屋上太陽光発電のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・屋上太陽光発電の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • サイレージ添加物の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サイレージ添加物の世界市場について調査・分析し、サイレージ添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サイレージ添加物の世界市場:市場動向分析 - サイレージ添加物の世界市場:競争要因分析 - サイレージ添加物の世界市場:添加物別 ・化学抑制剤 ・吸収剤 ・酸添加剤 ・酵素 ・栄養 ・有機酸塩 ・接種剤 - サイレージ添加物の世界市場:用途別 ・穀物栽培 ・豆 ・その他 - サイレージ添加物の世界市場:主要地域別分析 - サイレージ添加物の北米市場規模(アメリカ市場等) - サイレージ添加物のヨーロッパ市場規模 - サイレージ添加物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・サイレージ添加物の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 中国のテクスチャー・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、中国のテクスチャー・ワックス市場2015について調査・分析し、テクスチャー・ワックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場:製品別(PEMFC、PAFC、SOFC、MCFC)、用途別(固定式、輸送用、ポータブル)、セグメント予測
    燃料電池の世界市場は2025年には248億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率20.9%で成長すると予測されています。エネルギー多様化への国際的な圧力により、代替エネルギーに対する積極的な投資環境が提唱されています。本調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、燃料電池の世界市場動向、燃料電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別燃料電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポーランドのポリエチレンテレフタレート(PET)パッケージング市場予測
  • 世界の歯科用バイオマテリアル市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、歯科用バイオマテリアルのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯科用バイオマテリアルの概要 ・歯科用バイオマテリアルの開発動向:開発段階別分析 ・歯科用バイオマテリアルの開発動向:セグメント別分析 ・歯科用バイオマテリアルの開発動向:領域別分析 ・歯科用バイオマテリアルの開発動向:規制Path別分析 ・歯科用バイオマテリアルの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別歯科用バイオマテリアルの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・歯科用バイオマテリアルの最近動向
  • 潜水艦発射ミサイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潜水艦発射ミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦発射ミサイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バタフライ弁の世界市場:種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁)、仕組別(中心バタフライ弁、偏心バタフライ弁)、機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ)、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他)
    本資料は、バタフライ弁の世界市場について調べ、バタフライ弁の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁)分析、機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バタフライ弁の世界市場概要 ・バタフライ弁の世界市場環境 ・バタフライ弁の世界市場動向 ・バタフライ弁の世界市場規模 ・バタフライ弁の世界市場:種類別(高性能バタフライ弁、ライニングバタフライ弁) ・バタフライ弁の世界市場:仕組別(中心バタフライ弁、偏心バタフライ弁) ・バタフライ弁の世界市場:機能別(オン/オフバルブ、制御バルブ) ・バタフライ弁の世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学薬品、水・廃水、その他) ・バタフライ弁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バタフライ弁の北米市場規模・予測 ・バタフライ弁のアメリカ市場規模・予測 ・バタフ …
  • 偽造防止用パッケージの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、偽造防止用パッケージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、偽造防止用パッケージ市場規模、機能別(隠し機能、法医学的機能、顕在機能、不正開封防止、トラック&トレース、その他)分析、技術別(タグおよびラベル、印刷、その他)分析、用途別(工業用・自動車用、銀行・保険業・金融機関、服飾、消費財、化粧品・パーソナルケア製品、電子機器パッケージ、食品・飲料、政府・教育機関、医療機器・医薬品、石油・ガス、スポーツ用品・美容用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:市場動向分析 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:競争要因分析 ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:機能別(隠し機能、法医学的機能、顕在機能、不正開封防止、トラック&トレース、その他) ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:技術別(タグおよびラベル、印刷、その他) ・ 偽造防止用パッケージの世界市場:用途別(工業用・自動車用、銀行 …
  • 血友病A・血友病Bの組換え因子補充療法:世界の薬剤市場予測・分析
  • K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、K-12向けメーカースペースマテリアル市場規模、製品別(ロボットツールキット、組立材料、アート・工芸、その他)分析、学校レベル別(中学校、小学校、高校)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Basic Fun!, Follett, GoldieBlox, littleBits, LEGO Group, Stratasys, SparkFun Electronics, Spheroなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場概要 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場環境 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場動向 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場規模 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界市場:業界構造分析 ・K-12向けメーカースペースマテリアルの世界 …
  • 世界の配線用遮断器(MCCB)市場2015
    本調査レポートでは、世界の配線用遮断器(MCCB)市場2015について調査・分析し、配線用遮断器(MCCB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ベアリングの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ベアリングの世界市場について調査・分析し、自動車用ベアリングの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用ベアリングの世界市場規模:原材料別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:チャンネルタイプ別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:ベアリング種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:用途別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 人工授精の世界市場
    当調査レポートでは、人工授精の世界市場について調査・分析し、人工授精の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工授精の世界市場:市場動向分析 - 人工授精の世界市場:競争要因分析 - 人工授精の世界市場:技術別 ・子宮頸管内授精(ICI) ・卵管内授精(ITI) ・子宮腔内授精(IUI) ・腟内精液注入法(IVI) ・その他 - 人工授精の世界市場:種類別 ・配偶者間人工授精(AIH) ・非配偶者間人工授精(AID) - 人工授精の世界市場:製品別 ・自宅用妊娠補助道具 ・授精用キット ・付属品 ・究極の授精用キット ・基本的な授精用キット ・その他のディスポーザブル製品 - 人工授精の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・病院 ・自宅用 ・不妊治療センター ・その他 - 人工授精の世界市場:主要地域別分析 - 人工授精の北米市場規模(アメリカ市場等) - 人工授精のヨーロッパ市場規模 - 人工授精のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・人工授精の世界市場:主な市場開拓 - 関連企 …
  • カーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 カーリングとは、競技者がアイスシート上でカーリングストーンを滑らせて行う氷上競技です。4人ずつ2チームで行われます。体格の強さを必要としないので様々な年齢層の人に、レクレーションとしても人気があります。最も魅力的なスポーツとして、カーリングは氷上のチェス等と呼ばれています。Technavio社はカーリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Andrew Kay & Co (Curling Stones)• Asham Curling Supplies• BalancePlus Sliders• Goldline Curling• Olson Curling等です。
  • カーペットの世界市場:素材別(ナイロン、オレフィン、ポリエステル、その他)、エンドユーザー別(住宅、商業)、販売経路別(ハイパーマーケット&スーパーマーケット、専門店&オンライン販売経路)、価格帯別(安価、高級)
    本調査レポートでは、カーペットの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、素材別(ナイロン、オレフィン、ポリエステル、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、販売経路別(ハイパーマーケット&スーパーマーケット、専門店&オンライン販売経路)分析、価格帯別(安価、高級)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・カーペットの世界市場:素材別(ナイロン、オレフィン、ポリエステル、その他) ・カーペットの世界市場:エンドユーザー別(住宅、商業) ・カーペットの世界市場:販売経路別(ハイパーマーケット&スーパーマーケット、専門店&オンライン販売経路) ・カーペットの世界市場:価格帯別(安価、高級) ・カーペットの世界市場:地域別 ・企業概要
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"