"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7468)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing need to minimize the risk of unauthorized access to platforms
The global railway platform security market size to grow from USD 1.7 billion in 2019 to USD 2.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 5.9% during the forecast period. The security of railway passengers is interlinked with the security and safety of railway assets, such as railway platforms and trains. Minimizing unauthorized access with the help of control systems ensures a high level of security of passengers and goods at the platform. Various measures are implemented to restrict unauthorized access. These measures include fencing for railway tracks, installation of CCTVs at high-risk locations, the provision of information to risk groups, and the intensification of supervision. Access control systems play an important role in preventing unauthorized access, as these systems automate entry and exit operations, and secure crucial areas. Moreover, the entry of unauthorized persons and a large number of visitors lead to unmanageable crowds on railway platforms, and the existence of unmanned multi-entry and exit points at stations causes security threats; hence, all these factors boost the need to minimize the risk of unauthorized access to platforms.

Among solutions, the platform edge doors/platform screen doors segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The term Platform Screen Doors (PSDs) is used to describe the provision of full height door systems, such as additional panels, to provide a complete seal between the platform and the track area of a station. These systems are normally required where climate control is the primary purpose, but they also provide a safety improvement as an additional benefit. Another type of system is named Platform Edge Doors (PEDs) as it does not form a complete division between platforms and tracks. Rather, the PED design forms a full or half height barrier along the platform edge but does not provide the air seal required for full climate control.

Under services, the professional services segment to hold a larger market size during the forecast period
The services offered by professionals, specialists, or experts to support businesses are known as professional services. These services include implementation and integration, and support and maintenance. Professionals use the latest techniques, comprehensive strategies, and skills to ensure the adoption of the right kind of security solutions required for railway platforms. They also offer assistance during the deployment of security solutions using industry-defined best practices.

Asia Pacific to be the fastest-growing region
Asia Pacific (APAC) is expected to be the fastest-growing region in the railway platform security market, due to the increasing adoption of advanced technologies, rising investments for digital transformation, and increasing GDP of APAC countries. A majority of the potential APAC economies such as Australia, Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India are rapidly investing in technological transformation. According to Business Line’s latest estimates, 30% of the global rail investment is localized in APAC. According to data published on the website of United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) in 2019, the length of Trans-Asian Railway network comprises 117,500 km of railway lines serving 28-member countries.

The break up of primary profiles is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C-level Executives – 33%, Directors – 25%, and Others – 42%
• By Region: North America – 38%, Europe – 19%, APAC – 14%, and RoW (29%)
The major vendors in the railway platform security market include Honeywell (US), Indra Sistemas (Spain), Huawei (China), Bosch (Germany), Atos (France), FLIR Systems (US) Axis Communications (US), telent (UK), Dahua Technology (China), Hikvision (China), STANLEY Access Technology (US), Wabtec (US), L&T Technology Services (India), Mitsubishi Electric (Japan), Genetec (Canada), Knorr-Bremse (Germany), Nabtesco (Japan), Senstar (Canada), Avnet (US), and Anixter (US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the railway platform security market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on solutions, services, applications, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall railway platform security market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the railway platform security market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Railway Platform Security Market
4.2 Market, By Component, 2019
4.3 Market, By Solution, 2017–2024
4.4 Market, By Service, 2019 vs 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need to Minimize the Risk of Unauthorized Access to Platforms
5.2.1.2 Rising Need for Enhanced Staff Security for Public and Passenger Safety
5.2.1.3 Increasing Need for Additional Support and Advanced Solutions for Security Management
5.2.1.4 Growing Need for Platform Security Due to the Increasing Instances of Suicides
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Heavy Infrastructure Investments Required for Platform Security
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Smart City Initiatives Boost Platform Security
5.2.3.2 Growing Public–Private Partnership Investment for Enhanced Platform Security
5.2.3.3 Requirement of Object Identification Through Artificial Intelligence
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Growing Privacy and Security Concerns Leading to Numerous Threats to Platform Security
5.2.4.2 Rising Cases of False Alarms
5.3 Impact of Disruptive Technologies
5.3.1 Artificial Intelligence
5.3.2 Internet of Things
5.4 Connected Markets
5.4.1 Physical Security Market
5.4.2 Perimeter Intrusion Detection System Market
5.5 Emerging Safety Practices
5.5.1 Platform Screen Doors
5.5.2 Blue LED Lights and Mirrors
6 Railway Platform Security Market, By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Sensors
6.2.1.1 Microwave Sensors
6.2.1.2 Infrared Sensors
6.2.1.3 Fiber Optic Sensors
6.2.1.4 Radar Sensors
6.2.1.5 Other Sensors
6.2.2 Video Surveillance Systems
6.2.2.1 Software
6.2.2.1.1 Intelligent Video Analytics
6.2.2.1.2 Video Management Software
6.2.2.2 Hardware
6.2.2.2.1 Camera
6.2.2.2.1.1 Analog Camera
6.2.2.2.1.2 IP Camera
6.2.2.2.2 Storage Device
6.2.3 Platform Edge Doors/Platform Screen Doors
6.2.4 Alert/Alarm Systems
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 System Integration and Deployment
6.3.1.2 Support and Maintenance
6.3.2 Managed Services
7 Railway Platform Security Solutions Market, By Application (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Subways
7.3 Trains
8 Railway Platform Security Market, By Region (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.2 Canada
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.2 Spain
8.3.3 Germany
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 India
8.4.2 China
8.4.3 Japan
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Middle East and Africa
8.5.2 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 102)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Partnerships
9.2.2 New Product Launches
9.2.3 Acquisitions
9.2.4 Business Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 107)
10.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.2 Honeywell
10.3 Indra Sistemas
10.4 Huawei
10.5 Bosch
10.6 ATOS
10.7 FLIR Systems
10.8 Axis Communications
10.9 Telent
10.10 Dahua Technology
10.11 Hikvision
10.12 STANLEY Access Technology
10.13 WabTec Corporation
10.14 L&T Technology Services
10.15 Mitsubishi Electric
10.16 Genetec
10.17 Knorr-Bremse
10.18 Nabtesco
10.19 Senstar
10.20 Avnet
10.21 Anixter
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 145)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7468
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信およびIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • イギリスの体外式除細動器市場(~2021)
  • 抗菌ガラスの世界市場分析:有効成分別(銀、その他)、用途別(病院、食品・飲料、軍事施設、家庭用)、分析とセグメント予測 -2020
    本調査レポートでは、抗菌ガラスの世界市場について調査・分析し、抗菌ガラスの世界市場動向、抗菌ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別抗菌ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の計装チューブ市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは計装チューブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・計装チューブの世界市場:エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の天然ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の天然ワックス市場2015について調査・分析し、天然ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊ファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊ファイバー市場2015について調査・分析し、特殊ファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別
  • 工業用ボイラーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、工業用ボイラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ボイラー市場規模、エンドユーザー別(飲食品、化学・石油化学、紙・パルプ、石油・ガス、発電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ボイラーの世界市場概要 ・工業用ボイラーの世界市場環境 ・工業用ボイラーの世界市場動向 ・工業用ボイラーの世界市場規模 ・工業用ボイラーの世界市場:業界構造分析 ・工業用ボイラーの世界市場:エンドユーザー別(飲食品、化学・石油化学、紙・パルプ、石油・ガス、発電、その他) ・工業用ボイラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ボイラーの北米市場規模・予測 ・工業用ボイラーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・工業用ボイラーのアジア太平洋市場規模・予測 ・工業用ボイラーの主要国分析 ・工業用ボイラーの世界市場:意思決定フレームワーク ・工業用ボイラーの世界市場:成長要因、課題 ・工業用ボイラーの世界市場:競 …
  • B型肝炎ウイルス(Hepatitis B):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)のフェーズ3治験薬の状況 ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬の市場規模(販売予測) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のB型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬剤
  • BaaS(クラウド型ブロックチェーンサービス)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、BaaS(クラウド型ブロックチェーンサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素(ツール、サービス)別分析、用途別分析、企業規模別分析、産業別分析、BaaS(クラウド型ブロックチェーンサービス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低床ハイブリッドバスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、低床ハイブリッドバスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、低床ハイブリッドバスの世界市場規模及び予測、ハイブリッドパワートレーン別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC医薬品(市販薬)の世界市場予測2016-2026
  • 電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場:消費者のタイプ別(B2B、B2C)、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)、提供別(製品、サービス)、地域別予測
    本資料は、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場について調べ、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界規模、市場動向、市場環境、消費者のタイプ別(B2B、B2C)分析、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)分析、提供別(製品、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdvance Auto Parts、 Alibaba Group、 Amazon Inc.、AutoZone Inc.、National Automotive Parts Association、DENSO Corporation、Pep Boys、U.S. Auto Parts Network Inc.、EBay Inc.、Rakuten Commerce LLC、Cdiscount、Das Ersatzteil GmbH、ERA SPA、CATI SpA、AliExpressなどです …
  • 世界の運輸・物流部門のIoT市場2019
    本調査レポートでは、世界の運輸・物流部門のIoT市場2019について調査・分析し、運輸・物流部門のIoTの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、運輸・物流部門のIoTのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、運輸・物流部門のIoTメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・運輸・物流部門のIoTの市場概要 ・運輸・物流部門のIoTの上流・下流市場分析 ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸 …
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場分析:原材料別(PANベース、ピッチベース)、製品別(熱硬化性CFRP、熱可塑性CFRP)、用途別(自動車、航空宇宙・防衛、風力タービン、スポーツ用品、成形・合成、建設、圧力容器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場動向、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭素繊維強化プラスチック(CFRP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場規模及び予測、OEM/アフターマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のテイルパイプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のテイルパイプ市場2016について調査・分析し、テイルパイプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオガス・バイオメタンの世界市場:種類別(発酵、気化)、用途別(発電、自動車、家庭用)、地域別予測
    本資料は、バイオガス・バイオメタンの世界市場について調べ、バイオガス・バイオメタンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(発酵、気化)分析、用途別(発電、自動車、家庭用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGasrec Ltd.、EnviTech Biogas AG、Planet Biogas Global GmbH、CNG Services Ltd.、SGN、Future Biogas Limited、VERBIO、MagneGas、Gazasia Ltd.、Biogas Products Ltd.、Schmack Carbotech GmbH、SoCalGas、ETW ENERGIETECHNIK GMBH、ORBITAL、J V Energenなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオガス・バイオメタンの世界市場概要 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場環境 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場動向 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場 …
  • 世界の補聴器市場2016
    本調査レポートでは、世界の補聴器市場2016について調査・分析し、補聴器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオランザピン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオランザピン市場2015について調査・分析し、オランザピンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機検査装置の世界市場:油圧系統、電気系統、通気系統
    当調査レポートでは、航空機検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートビルディングの世界市場予測(~2022年):ビルディング自動化ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートビルディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、ビルタイプ別分析、地域別分析、スマートビルディングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 過圧揚水の世界市場:タイプ別(水圧破砕、セメンチング)、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別予測
    本資料は、過圧揚水の世界市場について調べ、過圧揚水の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(水圧破砕、セメンチング)分析、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・過圧揚水の世界市場概要 ・過圧揚水の世界市場環境 ・過圧揚水の世界市場動向 ・過圧揚水の世界市場規模 ・過圧揚水の世界市場規模:タイプ別(水圧破砕、セメンチング) ・過圧揚水の世界市場規模:抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井) ・過圧揚水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・過圧揚水の北米市場規模・予測 ・過圧揚水のアメリカ市場規模・予測 ・過圧揚水のヨーロッパ市場規模・予測 ・過圧揚水のアジア市場規模・予測 ・過圧揚水の日本市場規模・予測 ・過圧揚水の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 自己免疫疾患診断の世界市場の規模および予測:タイプ別(全身性自己免疫疾患診断、局所自己免疫疾患診断)、地域別、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、自己免疫疾患診断の世界市場動向、自己免疫疾患診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別自己免疫疾患診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界の大豆ミール市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆ミール市場2015について調査・分析し、大豆ミールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 自動車用イーサネット の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用イーサネット の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用イーサネット の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属キレートの世界市場2017-2021:農業、工業・家庭、水処理、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、金属キレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属キレートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金属キレートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzoNobel、BASF、Nufarm、Syngenta、The DOW Chemical Company等です。
  • 次世代シーケンシングの世界市場分析:用途別(HLA検査、出生前検査、腫瘍学、特発性および感染症)、技術別(全ゲノム配列、全エクソーム配列、標的配列決定および再配列)、ワークフロー別(NGSプレシーケンシング、NGSシーケンシング、NGSデータ解析)、セグメント予測
    本調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場動向、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベーカーミキサーの世界市場2017-2021:スパイラルミキサー、プラネタリーミキサー
    当調査レポートでは、ベーカーミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベーカーミキサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可変コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の可変コンデンサ市場2015について調査・分析し、可変コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスポーツカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツカメラ市場2015について調査・分析し、スポーツカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の減圧弁市場2015
    本調査レポートでは、世界の減圧弁市場2015について調査・分析し、減圧弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、イベント管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア(イベント登録および発券ソフトウェア、イベントプランニングソフトウェア、イベントマーケティングソフトウェア)およびサービス)分析、展開タイプ別分析、組織サイズ別分析、エンドユーザー別分析、イベント管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、イベント管理ソフトウェアの世界市場規模が2019年57億万ドルから2024年114億万ドルまで年平均15.0%成長すると予測しています。
  • 航空貨物パレットの世界市場予測2019-2024
    「航空貨物パレットの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ローワーデッキ、メインデッキなど、用途別には、Cargo Air Transport、Civil Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物パレットのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物パレットの世界市場概要(サマリー) ・航空貨物パレットの企業別販売量・売上 ・航空貨物パレットの企業別市場シェア ・航空貨物パレットの世界市場規模:種類別(ローワーデッキ、メインデッキ) ・航空貨物パレットの世界市場規模:用途別(Cargo Air Transport、Civil Air Transport、Other) ・航空貨物パレットの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空貨物パレットのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空貨物パレットの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリ …
  • 世界のフミン酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のフミン酸市場2016について調査・分析し、フミン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)窓の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)窓の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)窓の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ANDERSEN • JELD-WEN• PELLA • YKK• Ply Gem等です。
  • 心臓マーカー検査・PoCの世界市場分析・予測
  • ソーラーランタン懐中電灯の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ソーラーランタン懐中電灯の世界市場について調査・分析し、ソーラーランタン懐中電灯の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ソーラーランタン懐中電灯シェア、市場規模推移、市場規模予測、ソーラーランタン懐中電灯種類別分析(100ルーメン未満、100-199ルーメン、200-299ルーメン、300ルーメン以上)、ソーラーランタン懐中電灯用途別分析(個人用途、商用用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ソーラーランタン懐中電灯の市場概観 ・ソーラーランタン懐中電灯のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ソーラーランタン懐中電灯のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ソーラーランタン懐中電灯の世界市場規模 ・ソーラーランタン懐中電灯の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ソーラーランタン懐中電灯のアメリカ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のカナダ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のメキシコ市場規模推移 ・ソーラーランタン懐中電灯のヨーロッパ市場分析( …
  • 自動車産業のメガトレンド分析
  • 航空宇宙材料の世界市場:種類別(複合、金属、プラスチック)、用途別(内部&外部)、航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙)
    本調査レポートでは、航空宇宙材料の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(複合、金属、プラスチック)分析、用途別(内部&外部)分析、航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・航空宇宙材料の世界市場:種類別(複合、金属、プラスチック) ・航空宇宙材料の世界市場:用途別(内部&外部) ・航空宇宙材料の世界市場:航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙) ・航空宇宙材料の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ベーカリー&シリアルのアイルランド市場
  • 建設用複合材料の世界市場2014-2025:繊維別(炭素繊維、ガラス繊維、その他)、レジン別(熱可塑性、熱硬化性)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、建設用複合材料の世界市場について調査・分析し、建設用複合材料の世界市場動向、建設用複合材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別建設用複合材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • ノルウェーの装具市場見通し
  • ニオブの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ニオブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニオブの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はニオブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Advanced Metallurgical Group、Anglo American、CBMM、Magris Resources、Global Advanced Metals等です。
  • コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場
    当調査レポートでは、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場について調査・分析し、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、エンドユーズ用途別(スマートフォン、ADAS、カメラ、ドローン、AR / VR製品)分析、業種別(家電、自動車、セキュリティ、および監視)分析、製作プロセス別分析、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、VPU(ビジュアルプロセッシングユニット)の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年32億ドルまで年平均18.7%成長すると予測しています。
  • 家庭用掃除用品の世界市場:清掃器、食器用洗剤、トイレ掃除製品、洗浄剤
    当調査レポートでは、家庭用掃除用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用掃除用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"