"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7468)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing need to minimize the risk of unauthorized access to platforms
The global railway platform security market size to grow from USD 1.7 billion in 2019 to USD 2.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 5.9% during the forecast period. The security of railway passengers is interlinked with the security and safety of railway assets, such as railway platforms and trains. Minimizing unauthorized access with the help of control systems ensures a high level of security of passengers and goods at the platform. Various measures are implemented to restrict unauthorized access. These measures include fencing for railway tracks, installation of CCTVs at high-risk locations, the provision of information to risk groups, and the intensification of supervision. Access control systems play an important role in preventing unauthorized access, as these systems automate entry and exit operations, and secure crucial areas. Moreover, the entry of unauthorized persons and a large number of visitors lead to unmanageable crowds on railway platforms, and the existence of unmanned multi-entry and exit points at stations causes security threats; hence, all these factors boost the need to minimize the risk of unauthorized access to platforms.

Among solutions, the platform edge doors/platform screen doors segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The term Platform Screen Doors (PSDs) is used to describe the provision of full height door systems, such as additional panels, to provide a complete seal between the platform and the track area of a station. These systems are normally required where climate control is the primary purpose, but they also provide a safety improvement as an additional benefit. Another type of system is named Platform Edge Doors (PEDs) as it does not form a complete division between platforms and tracks. Rather, the PED design forms a full or half height barrier along the platform edge but does not provide the air seal required for full climate control.

Under services, the professional services segment to hold a larger market size during the forecast period
The services offered by professionals, specialists, or experts to support businesses are known as professional services. These services include implementation and integration, and support and maintenance. Professionals use the latest techniques, comprehensive strategies, and skills to ensure the adoption of the right kind of security solutions required for railway platforms. They also offer assistance during the deployment of security solutions using industry-defined best practices.

Asia Pacific to be the fastest-growing region
Asia Pacific (APAC) is expected to be the fastest-growing region in the railway platform security market, due to the increasing adoption of advanced technologies, rising investments for digital transformation, and increasing GDP of APAC countries. A majority of the potential APAC economies such as Australia, Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India are rapidly investing in technological transformation. According to Business Line’s latest estimates, 30% of the global rail investment is localized in APAC. According to data published on the website of United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) in 2019, the length of Trans-Asian Railway network comprises 117,500 km of railway lines serving 28-member countries.

The break up of primary profiles is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C-level Executives – 33%, Directors – 25%, and Others – 42%
• By Region: North America – 38%, Europe – 19%, APAC – 14%, and RoW (29%)
The major vendors in the railway platform security market include Honeywell (US), Indra Sistemas (Spain), Huawei (China), Bosch (Germany), Atos (France), FLIR Systems (US) Axis Communications (US), telent (UK), Dahua Technology (China), Hikvision (China), STANLEY Access Technology (US), Wabtec (US), L&T Technology Services (India), Mitsubishi Electric (Japan), Genetec (Canada), Knorr-Bremse (Germany), Nabtesco (Japan), Senstar (Canada), Avnet (US), and Anixter (US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the railway platform security market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on solutions, services, applications, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall railway platform security market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the railway platform security market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Railway Platform Security Market
4.2 Market, By Component, 2019
4.3 Market, By Solution, 2017–2024
4.4 Market, By Service, 2019 vs 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need to Minimize the Risk of Unauthorized Access to Platforms
5.2.1.2 Rising Need for Enhanced Staff Security for Public and Passenger Safety
5.2.1.3 Increasing Need for Additional Support and Advanced Solutions for Security Management
5.2.1.4 Growing Need for Platform Security Due to the Increasing Instances of Suicides
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Heavy Infrastructure Investments Required for Platform Security
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Smart City Initiatives Boost Platform Security
5.2.3.2 Growing Public–Private Partnership Investment for Enhanced Platform Security
5.2.3.3 Requirement of Object Identification Through Artificial Intelligence
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Growing Privacy and Security Concerns Leading to Numerous Threats to Platform Security
5.2.4.2 Rising Cases of False Alarms
5.3 Impact of Disruptive Technologies
5.3.1 Artificial Intelligence
5.3.2 Internet of Things
5.4 Connected Markets
5.4.1 Physical Security Market
5.4.2 Perimeter Intrusion Detection System Market
5.5 Emerging Safety Practices
5.5.1 Platform Screen Doors
5.5.2 Blue LED Lights and Mirrors
6 Railway Platform Security Market, By Component (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Sensors
6.2.1.1 Microwave Sensors
6.2.1.2 Infrared Sensors
6.2.1.3 Fiber Optic Sensors
6.2.1.4 Radar Sensors
6.2.1.5 Other Sensors
6.2.2 Video Surveillance Systems
6.2.2.1 Software
6.2.2.1.1 Intelligent Video Analytics
6.2.2.1.2 Video Management Software
6.2.2.2 Hardware
6.2.2.2.1 Camera
6.2.2.2.1.1 Analog Camera
6.2.2.2.1.2 IP Camera
6.2.2.2.2 Storage Device
6.2.3 Platform Edge Doors/Platform Screen Doors
6.2.4 Alert/Alarm Systems
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 System Integration and Deployment
6.3.1.2 Support and Maintenance
6.3.2 Managed Services
7 Railway Platform Security Solutions Market, By Application (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Subways
7.3 Trains
8 Railway Platform Security Market, By Region (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.2 Canada
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.2 Spain
8.3.3 Germany
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 India
8.4.2 China
8.4.3 Japan
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Middle East and Africa
8.5.2 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 102)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Partnerships
9.2.2 New Product Launches
9.2.3 Acquisitions
9.2.4 Business Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 107)
10.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.2 Honeywell
10.3 Indra Sistemas
10.4 Huawei
10.5 Bosch
10.6 ATOS
10.7 FLIR Systems
10.8 Axis Communications
10.9 Telent
10.10 Dahua Technology
10.11 Hikvision
10.12 STANLEY Access Technology
10.13 WabTec Corporation
10.14 L&T Technology Services
10.15 Mitsubishi Electric
10.16 Genetec
10.17 Knorr-Bremse
10.18 Nabtesco
10.19 Senstar
10.20 Avnet
10.21 Anixter
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 145)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7468
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信およびIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • リップケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リップケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リップケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SAMSUNG SDI、BYD Company、LG Chem、A123 Systems、Panasonic Automotive and Industrial systems等です。
  • セルソーティング(細胞選別)の世界市場予測(~2021年):セルソーター、試薬、消耗品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルソーティング(細胞選別)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、セルソーティング(細胞選別)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生物製剤の世界市場分析:由来別(微生物、哺乳類)、製品別(モノクローナル抗体、ワクチン、組換えタンパク質、アンチセンス、RNAi、分子治療)、病気の種類別、製造法別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、生物製剤の世界市場について調査・分析し、生物製剤の世界市場動向、生物製剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別生物製剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電力取引の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力取引の世界市場について調べ、電力取引の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力取引の市場規模をセグメンテーション別(種類別(前日取引、日中取引)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社は電力取引の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力取引の市場状況 ・電力取引の市場規模 ・電力取引の市場予測 ・電力取引の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(前日取引、日中取引) ・電力取引の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 透明導電膜の世界市場予測(~2026):用途別(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、液晶表示ディスプレー、ウェアラブル機器)、材料別(ITOコーティングガラス、ITOコーティングPET、金属メッシュ、銀ナノワイヤ、カーボンナノチューブ)、地域別
    当調査レポートでは、透明導電膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、材料別分析、地域別分析、透明導電膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の聴診器市場2015
    本調査レポートでは、世界の聴診器市場2015について調査・分析し、聴診器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アレルギー診断および治療の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のアレルギー診断および治療市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・アレルギー診断および治療の世界市場:イントロダクション ・アレルギー診断および治療の世界市場:市場概観 ・アレルギー診断および治療の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・アレルギー診断および治療の世界市場:セグメント別市場分析 ・アレルギー診断および治療の世界市場:主要地域別市場分析 ・アレルギー診断および治療の世界市場:関連企業分析
  • ドイツの装具市場動向(~2021)
  • 世界のSOC検査装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のSOC検査装置市場2015について調査・分析し、SOC検査装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの感染症検査市場動向(~2021)
  • ダイエットサプリメントの世界市場分析:植物、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素
    本調査レポートでは、ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、ダイエットサプリメントの世界市場動向、ダイエットサプリメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別ダイエットサプリメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアロゾル冷媒の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エアロゾル冷媒の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゾル冷媒市場規模、製品別(アルミニウム、鋼)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアロゾル冷媒の世界市場概要 ・エアロゾル冷媒の世界市場環境 ・エアロゾル冷媒の世界市場動向 ・エアロゾル冷媒の世界市場規模 ・エアロゾル冷媒の世界市場:業界構造分析 ・エアロゾル冷媒の世界市場:製品別(アルミニウム、鋼) ・エアロゾル冷媒の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアロゾル冷媒のアメリカ市場規模・予測 ・エアロゾル冷媒のヨーロッパ市場規模・予測 ・エアロゾル冷媒のアジア市場規模・予測 ・エアロゾル冷媒の主要国分析 ・エアロゾル冷媒の世界市場:意思決定フレームワーク ・エアロゾル冷媒の世界市場:成長要因、課題 ・エアロゾル冷媒の世界市場:競争環境 ・エアロゾル冷媒の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 屋外ビデオウォールの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、屋外ビデオウォールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外ビデオウォール市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋外ビデオウォールの世界市場概要 ・屋外ビデオウォールの世界市場環境 ・屋外ビデオウォールの世界市場動向 ・屋外ビデオウォールの世界市場規模 ・屋外ビデオウォールの世界市場:業界構造分析 ・屋外ビデオウォールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋外ビデオウォールの北米市場規模・予測 ・屋外ビデオウォールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋外ビデオウォールのアジア太平洋市場規模・予測 ・屋外ビデオウォールの主要国分析 ・屋外ビデオウォールの世界市場:意思決定フレームワーク ・屋外ビデオウォールの世界市場:成長要因、課題 ・屋外ビデオウォールの世界市場:競争環境 ・屋外ビデオウォールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • パーソナルケア製品用包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パーソナルケア製品用包装市場規模、素材別(プラスチック、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場概要 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場環境 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場動向 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場規模 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:業界構造分析 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:素材別(プラスチック、金属、その他) ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パーソナルケア製品用包装のアメリカ市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装のアジア市場規模・予測 ・パーソナルケア製品用包装の主要国分析 ・パーソナルケア製品用包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・パーソナルケア製品用包装の世界市場 …
  • 発泡性防炎塗料の世界市場分析:技術別(水ベース、溶媒ベース、エポキシベース)、用途別(炭化水素、セルロース)、エンドユーザー別(建設、石油・ガス、自動車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、発泡性防炎塗料の世界市場について調査・分析し、発泡性防炎塗料の世界市場動向、発泡性防炎塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡性防炎塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の概要 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 世界の医療用踏み台市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用踏み台市場2016について調査・分析し、医療用踏み台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スターター培養の世界市場予測:微生物別、用途別、組成別、フォーム別
    MarketsandMarkets社は、スターター培養の世界市場規模が2019年964百万ドルから2025年1314百万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スターター培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、微生物別(細菌、酵母、カビ)分析、用途別(乳製品および乳製品、肉およびシーフード)分析、組成別(複数系統混合、単一系統、複数系統)分析、フォーム別分析、スターター培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーキングメーターの世界市場:種類別(パーキングメーター(シングルスペース用)、パーキングキオスク(マルチスペース用))、用途別(政府機関、病院、公園、交通システム、モール・スタジアム、その他)、地域別予測
    本資料は、パーキングメーターの世界市場について調べ、パーキングメーターの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(パーキングメーター(シングルスペース用)、パーキングキオスク(マルチスペース用))分析、用途別(政府機関、病院、公園、交通システム、モール・スタジアム、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCale Access AB、CivicsSmart Inc.、IPS Group Inc.、LocoMobi Inc.、J.J. MacKay Canada Limited、METRIC Group Ltd.、Parkeon S.A.S.、Parking BOXX、POM Inc.、Ventek International 、Worldwide Parking Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パーキングメーターの世界市場概要 ・パーキングメーターの世界市場環境 ・パーキングメーターの世界市場動向 ・パーキングメーターの世界市場規 …
  • 中国のLNG給油所市場2015
    本調査レポートでは、中国のLNG給油所市場2015について調査・分析し、LNG給油所の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のキッチン流し台市場2015
    本調査レポートでは、世界のキッチン流し台市場2015について調査・分析し、キッチン流し台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)市場規模、用途別(消費者、事業)分析、DOCSIS(ケーブルによるデータサービスインタフェース標準)別(DOCSIS3.1システム標準、DOCSIS3.0以下システム標準)分析、種類別(統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)、ケーブルモデム終端システム(CMTS))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)の世界市場:市場動向分析 ・ ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統合型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)の世界市場:競争要因分析 ・ ケーブルモデム終端システム(CMTS)及び統 …
  • デンマークの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 車輪型掘削機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、車輪型掘削機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、車輪型掘削機の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調べ、自動車用ディスプレイシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ディスプレイシステムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット)、種類別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ディスプレイシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ディスプレイシステムの市場状況 ・自動車用ディスプレイシステムの市場規模 ・自動車用ディスプレイシステムの市場予測 ・自動車用ディスプレイシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット) ・市場セグメンテーション:種類別 ・自動車用ディスプレイシステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析   …
  • 世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別
    MarketsandMarkets社は、プラント資産管理(PAM)の世界市場規模が2019年55億ドルから2024年94億ドルまで年平均11.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のプラント資産管理(PAM)市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、提供別(ソフトウェアソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、資産種類別(生産資産、自動化資産)分析、産業別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェアソリューション、サービス) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:展開モード別(オンプレミス、クラウドベース) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:資産種類別(生産資産、自動化資産) ・世界のプラント資産管理(PAM)市場:産業別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • 高周波(RF)フィルターの世界市場2017-2021:携帯電話向け、GPS装置向け、タブレット向け、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高周波(RF)フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高周波(RF)フィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高周波(RF)フィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBroadcom、Qorvo、Murata Manufacturing、TDK等です。
  • 産業用Vベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用Vベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用Vベルトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NFCシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、NFCシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、NFCシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の整形外科用バイオマテリアル市場2015
    本調査レポートでは、世界の整形外科用バイオマテリアル市場2015について調査・分析し、整形外科用バイオマテリアルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手動蘇生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動蘇生器市場2015について調査・分析し、手動蘇生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドマネージドサービスの世界市場:ビジネスサービス、ネットワークサービス、セキュリティサービス、データセンターサービス、モビリティサービス
    当調査レポートでは、クラウドマネージドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、導入形態別分析、企業サイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのギリシャ市場
  • 自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ウインドシールド(フロントガラス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015
    本調査レポートでは、世界のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015について調査・分析し、PLD(プログラマブルロジックデバイス)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 口腔ケア/口腔衛生の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、口腔ケア/口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(歯ブラシ(手動、電動、バッテリー駆動)、歯磨き粉、うがい薬、デンタルフロス、歯用ホワイトニング)分析、流通チャネル別(消費者ストア、小売薬局、電子商取引)分析、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、口腔ケア/口腔衛生の世界市場規模が2019年445億ドルから2025年533億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • 世界の産業用無線送信機市場
  • 有機肥料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、有機肥料の世界市場について調査・分析し、有機肥料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・有機肥料の世界市場規模:形状別分析 ・有機肥料の世界市場規模:原材料種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:資源別分析 ・有機肥料の世界市場規模:作物種類別分析 ・有機肥料の世界市場規模:用途別分析 ・有機肥料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ジェスチャー認識の世界市場2014-2025:技術別(接触ベース、非接触)、産業別(自動車、消費者用電子製品、ヘルスケア)、地域別
    本調査レポートでは、ジェスチャー認識の世界市場について調査・分析し、ジェスチャー認識の世界市場動向、ジェスチャー認識の世界市場規模、市場予測、セグメント別ジェスチャー認識市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEコネクティビティ(ネットワーク接続)の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 低圧断路器の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、低圧断路器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、マウント別分析、電圧別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ用保護装備の世界市場:製品種類別(ヘルメット・その他のヘッドギア、パッド、ガード、チェストプロテクター・グローブ、保護メガネ、顔面保護・マウスガード)、保護範囲別(頭・顔、体幹・胸部、上肢、下肢)、流通チャンネル別(専門小売店、複数小売店、オンライン、その他)
    本資料は、スポーツ用保護装備の世界市場について調べ、スポーツ用保護装備の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ヘルメット・その他のヘッドギア、パッド、ガード、チェストプロテクター・グローブ、保護メガネ、顔面保護・マウスガード)分析、流通チャンネル別(専門小売店、複数小売店、オンライン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スポーツ用保護装備の世界市場概要 ・スポーツ用保護装備の世界市場環境 ・スポーツ用保護装備の世界市場動向 ・スポーツ用保護装備の世界市場規模 ・スポーツ用保護装備の世界市場:市場シェア ・スポーツ用保護装備の世界市場:製品種類別(ヘルメット・その他のヘッドギア、パッド、ガード、チェストプロテクター・グローブ、保護メガネ、顔面保護・マウスガード) ・スポーツ用保護装備の世界市場:保護範囲別(頭・顔、体幹・胸部、上肢、下肢) ・スポーツ用保護装備の世界市場:流通チャンネル別(専門小売店、複数小売店、オンラ …
  • 世界の仮想ルーター市場2019
    本調査レポートでは、世界の仮想ルーター市場2019について調査・分析し、仮想ルーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、仮想ルーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、仮想ルーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・仮想ルーターの市場概要 ・仮想ルーターの上流・下流市場分析 ・仮想ルーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターの北米市場:市場予測(生産 …
  • 食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場2020-2024
    「食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場2020-2024」は、食品産業用パルス電場(PEF)システムについて市場概要、市場規模、用途別(液体食品、固形食品)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場:用途別(液体食品、固形食品) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • バックミラーの世界市場:機能タイプ別(電力制御、死角検知、自動折りたたみ式、自動調光、暖房)、取り付け場所別(車体、ドア)、製品タイプ別(従来型、スマート)、ミラータイプ別(内装、外装)、車両タイプ別 (商用車、乗用車)、地域別予測
    本資料は、バックミラーの世界市場について調べ、バックミラーの世界規模、市場動向、市場環境、機能タイプ別(電力制御、死角検知、自動折りたたみ式、自動調光、暖房)分析、取り付け場所別(車体、ドア)分析、製品タイプ別(従来型、スマート)分析、ミラータイプ別(内装、外装)分析、車両タイプ別 (商用車、乗用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バックミラーの世界市場概要 ・バックミラーの世界市場環境 ・バックミラーの世界市場動向 ・バックミラーの世界市場規模 ・バックミラーの世界市場規模:機能タイプ別(電力制御、死角検知、自動折りたたみ式、自動調光、暖房) ・バックミラーの世界市場規模:取り付け場所別(車体、ドア) ・バックミラーの世界市場規模:製品タイプ別(従来型、スマート) ・バックミラーの世界市場規模:ミラータイプ別(内装、外装) ・バックミラーの世界市場規模:車両タイプ別 (商用車、乗用車) ・バックミラーの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 銅管の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、銅管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銅管の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オリゴヌクレオチド合成の世界市場予測2021:プライマー、プローブ、カスタム、デザイン済み、試薬、装置
    当調査レポートでは、オリゴヌクレオチド合成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品・サービス別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、オリゴヌクレオチド合成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 気象予報サービスの世界市場予測(~2021):短期、中期、長期予報
    当調査レポートでは、気象予報サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、産業別分析、目的別分析、予報種類別分析、地域別分析、気象予報サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 同軸ケーブルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、同軸ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、同軸ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は同軸ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBelden、General Cable、LS Cable & System、Nexans、Prysmian Group、Sumitomo Electric Industries等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"