"世界のデータガバナンス市場:コンポーネント別、展開モデル別、組織規模別、用途別(リスク管理、インシデント管理、コンプライアンス管理)、業種別(製造、ヘルスケア、BFSI)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4995)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデータガバナンス市場:コンポーネント別、展開モデル別、組織規模別、用途別(リスク管理、インシデント管理、コンプライアンス管理)、業種別(製造、ヘルスケア、BFSI)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global data governance market size to grow at a CAGR of 21.5% during the forecast period
The data governance market size is projected to grow from USD 1.8 billion in 2019 to USD 4.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 21.5% during the forecast period. The data governance market is driven by growing regulatory compliance and privacy concerns for data security. However, the integration of data from data silos may hinder the growth of the data governance market.

Services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
The data governance market, by component, is segmented into solutions and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The services considered in the report are professional services and managed services. The growth of this segment can be attributed to the increasing deployment of data governance solutions, which leads to increasing the demand for pre- and post-deployment services, as these solutions require training due to technical complexities.

Manufacturing vertical to grow at the highest CAGR during the forecast period
The data governance market by vertical has been segmented into Banking, Financial Services and Insurance (BFSI), construction and engineering, energy and utilities, government, healthcare, manufacturing, mining and natural resources, retail and consumer goods, telecom and IT, transportation and logistics, others (education, research, travel and hospitality, and real estate). The manufacturing segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, due to the emerging need to keep an eye on various factors, such as quality, risks related to non-compliance with EHS regulations, labor laws, and quality mandates, and risks pertaining to the supply chain, production maintenance, and so on.

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The region is becoming a new hotspot in the data governance market, due to the increasing digitalization in the country and the enforcement of several regulatory compliances. Moreover, the monetary authority of Singapore has guidelines on cybersecurity, while the Chinese government requires certification of information security products. The countries in Southeast Asia also have the most mature data governance practices tend to be the most advanced local implementations of BCBS 239.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the data governance market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of the key players offering data governance solutions and services. It profiles major vendors in the global data governance market. The major vendors are IBM (US), Oracle (US), SAP (US), SAS (US), Collibra (US), Varinos (US), Talend (US), Informatica (US), Information Builders (US), Alation (US), Ataccama (Canada), TIBCO (US), TopQuadrant (US), Infogix (US), Magnitude Software (US), Denodo (US), Syncsort (US), Data Advantage Group (US), erwin (US), Global IDs (US), Global Data Excellence (Switzerland), Reltio (US), and IRI (US). It also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the data governance market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the data governance market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as component, deployment model, organization size, application, vertical, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall data governance market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデータガバナンス市場:コンポーネント別、展開モデル別、組織規模別、用途別(リスク管理、インシデント管理、コンプライアンス管理)、業種別(製造、ヘルスケア、BFSI)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Inclusions and Exclusions
1.3.2 Market Segmentation
1.3.3 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Data Governance Market
4.2 Data Governance Market: Top 3 Applications
4.3 Market: By Region
4.4 Market in North America, By Component and Deployment Model
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Regulatory Compliance and Privacy Concerns for Data Security
5.2.1.2 Increasing Demand to Ensure High Data Quality and Lineage Throughout an Organization’s Data Life Cycle
5.2.1.3 Improving Bi and Analytics to Decrease Customer Risks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Integration of Data From Data Silos
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Applications of AI in Data Governance
5.2.3.2 Adoption of Devops Across All Company Software
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complexities in Governing Security Across BYOD and Cloud Platforms
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.3.4 Use Case: Scenario 4
5.3.5 Use Case: Scenario 5
5.3.6 Use Case: Scenario 6
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 California Consumer Privacy Act
5.4.3 Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996
5.4.4 Health Information Technology for Economic and Clinical Health Act
5.4.5 European Market Infrastructure Regulation
5.4.6 Basel Committee on Banking Supervision 239 Compliance
5.4.7 Sarbanes-Oxley Act of 2002
5.4.8 Personal Data Protection Act
6 Data Governance Market, By Application (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Incident Management
6.3 Process Management
6.4 Compliance Management
6.5 Risk Management
6.6 Audit Management
6.7 Data Quality and Security Management
6.8 Others
7 Market, By Component (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Solutions
7.3 Services
7.3.1 Managed Services
7.3.2 Professional Services
8 Data Governance Market, By Deployment Model (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.3 Cloud
9 Market, By Organization Size (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Businesses
9.3 Large Enterprises
10 Data Governance Market, By Vertical (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services and Insurance
10.3 Retail and Consumer Goods
10.4 Government
10.5 Healthcare
10.6 Manufacturing
10.7 Telecom and IT
10.8 Energy and Utilities
10.9 Construction and Engineering
10.10 Mining and Natural Resources
10.11 Transportation and Logistics
10.12 Others
11 Data Governance Market, By Region (Page No. – 84)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.2 Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.2 France
11.3.3 Germany
11.3.4 Spain
11.3.5 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.2 Singapore
11.4.3 India
11.4.4 Australia and New Zealand
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Latin America
11.5.1 Brazil
11.5.2 Mexico
11.5.3 Rest of Latin America
11.6 Middle East and Africa
11.6.1 Middle East
11.6.2 Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 129)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionary Leaders
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Strength of Product Portfolio
12.3 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles (Page No. – 133)
13.1 Introduction
13.2 IBM
(Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, Organic Growth Strategies, Inorganic Growth Strategies, and SWOT Analysis)
13.3 Oracle
13.4 SAP
13.5 SAS
13.6 Collibra
13.7 Informatica
13.8 Talend
13.9 TopQuadrant
13.10 Information Builders
13.11 Alation
13.12 TIBCO
13.13 Varonis
13.14 Erwin
13.15 Data Advantage Group
13.16 Syncsort
13.17 Infogix
13.18 Magnitude Software
13.19 Ataccama
13.20 Reltio
13.21 Global Data Excellence
13.22 Global IDs
13.23 Innovative Routines International
13.24 Denodo
*Details on Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, Organic Growth Strategies, Inorganic Growth Strategies, and SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13.25 Right-To-Win
14 Appendix (Page No. – 187)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customization
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデータガバナンス市場:コンポーネント別、展開モデル別、組織規模別、用途別(リスク管理、インシデント管理、コンプライアンス管理)、業種別(製造、ヘルスケア、BFSI)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4995
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信およびIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデータガバナンス市場:コンポーネント別、展開モデル別、組織規模別、用途別(リスク管理、インシデント管理、コンプライアンス管理)、業種別(製造、ヘルスケア、BFSI)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用PROFINETの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用PROFINETの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用PROFINETの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用PROFINETの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Belden• CISCO• HMS• Moxa• Siemens等です。
  • サーマルセラミックスの世界市場:セラミック繊維、断熱レンガ
    当調査レポートでは、サーマルセラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーマルセラミックス市場規模、製品別(セラミック繊維、断熱レンガ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Mitsubishi Chemical, Morgan Advanced Materials, RHI Magnesita, Unifraxなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーマルセラミックスの世界市場概要 ・サーマルセラミックスの世界市場環境 ・サーマルセラミックスの世界市場動向 ・サーマルセラミックスの世界市場規模 ・サーマルセラミックスの世界市場:業界構造分析 ・サーマルセラミックスの世界市場:製品別(セラミック繊維、断熱レンガ) ・サーマルセラミックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーマルセラミックスの北米市場規模・予測 ・サーマルセラミックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーマルセラミックスのアジア太平洋市場規模・ …
  • 50Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における50Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・50Sリボソーマルサブユニット阻害剤の概要 ・50Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の50Sリボソーマルサブユニット阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・50Sリボソーマルサブユニット阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・50Sリボソーマルサブユニット阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ロボット式薬局用調剤機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ロボット式薬局用調剤機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ロボット式薬局用調剤機器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電熱ケーブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電熱ケーブルの世界市場について調査・分析し、電熱ケーブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電熱ケーブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、電熱ケーブル種類別分析(自動調節加熱ケーブル、定電力加熱ケーブル、ミネラル絶縁加熱ケーブル、表皮効果加熱トレーシングケーブル)、電熱ケーブル用途別分析(産業用、住居用、業務用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電熱ケーブルの市場概観 ・電熱ケーブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電熱ケーブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電熱ケーブルの世界市場規模 ・電熱ケーブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電熱ケーブルのアメリカ市場規模推移 ・電熱ケーブルのカナダ市場規模推移 ・電熱ケーブルのメキシコ市場規模推移 ・電熱ケーブルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電熱ケーブルのドイツ市場規模推移 ・電熱ケーブルのイギリス市場規模推移 ・電熱ケーブルのロ …
  • 農業経営管理ソフトウェアの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、農業経営管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機乳清タンパク質の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、有機乳清タンパク質の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機乳清タンパク質市場規模、用途別(栄養補給食品、飲食料品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有機乳清タンパク質の世界市場概要 ・有機乳清タンパク質の世界市場環境 ・有機乳清タンパク質の世界市場動向 ・有機乳清タンパク質の世界市場規模 ・有機乳清タンパク質の世界市場:業界構造分析 ・有機乳清タンパク質の世界市場:用途別(栄養補給食品、飲食料品) ・有機乳清タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機乳清タンパク質の北米市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質のアジア太平洋市場規模・予測 ・有機乳清タンパク質の主要国分析 ・有機乳清タンパク質の世界市場:意思決定フレームワーク ・有機乳清タンパク質の世界市場:成長要因、課題 ・有機乳清タンパク質の世界市場:競争環境 ・有機乳清タンパク質の世 …
  • 眼科用薬および装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 遠隔医療の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、遠隔医療の世界市場について調査・分析し、遠隔医療の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・遠隔医療の世界市場:市場動向分析 ・遠隔医療の世界市場:競争要因分析 ・遠隔医療の世界市場:技術別分析/市場規模 ・遠隔医療の世界市場:用途別分析/市場規模 ・遠隔医療の世界市場:種類別分析/市場規模 ・遠隔医療の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・遠隔医療の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・遠隔医療の世界市場:地域別分析/市場規模 ・遠隔医療の北米市場規模 ・遠隔医療の欧州市場規模 ・遠隔医療のアジア市場規模 ・遠隔医療の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ワクチン受託製造の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、ワクチン受託製造の世界市場について調査・分析し、ワクチン受託製造の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ワクチン受託製造の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ワクチン受託製造の世界市場:セグメント別市場分析 ・ワクチン受託製造の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • マシンビジョンの世界市場:提供別、用途別(品質保証、測定、識別)、製品別(PCベース、スマートカメラベース)、最終用途別、セグメント予測
    マシンビジョンの世界市場は2025年には182億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.7%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これは、市場の成長を促進する要因の1つになると考えられています。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、マシンビジョンの世界市場について調査・分析し、マシンビジョンの世界市場動向、マシンビジョンの世界市場規模、市場予測、セグメント別マシンビジョン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯科用3Dスキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歯科用3Dスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用3Dスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歯科用3Dスキャナーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Danaher• Dentsply Sirona• PLANMECA OY等です。
  • 石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用フレキシブルパイプの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水処理用化学製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水処理用化学製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水処理用化学製品市場規模、用途別(地方自治体向け水処理、発電、パルプ・紙、石油・ガス、その他)分析、種類別(凝固剤・凝集剤、腐食・スケール抑制剤、殺生物剤、pH調整剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水処理用化学製品の世界市場概要 ・水処理用化学製品の世界市場環境 ・水処理用化学製品の世界市場動向 ・水処理用化学製品の世界市場規模 ・水処理用化学製品の世界市場:業界構造分析 ・水処理用化学製品の世界市場:用途別(地方自治体向け水処理、発電、パルプ・紙、石油・ガス、その他) ・水処理用化学製品の世界市場:種類別(凝固剤・凝集剤、腐食・スケール抑制剤、殺生物剤、pH調整剤、その他) ・水処理用化学製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水処理用化学製品のアメリカ市場規模・予測 ・水処理用化学製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・水処理用化学製品のア …
  • 超音波センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超音波センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain)の概要 ・化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性疼痛(Chemotherapy Induced Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性疼痛 …
  • 気象予報システム及びソリューションの世界市場:予測範囲別(短期、中期、長期)、コンポーネント別、最終用途別(企業、防衛・軍事)、セグメント予測
    本調査レポートでは、気象予報システム及びソリューションの世界市場について調査・分析し、気象予報システム及びソリューションの世界市場動向、気象予報システム及びソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別気象予報システム及びソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カジノ運営システムの世界市場:用途別(セキュリティ・監視、会計・現金管理、プレーヤーの追跡、資産管理、マーケティング)、セグメント予測
    カジノ運営システムの世界市場は2025年には11,7億2,670万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率14.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、カジノ施設への需要および社会的受容の高まりが考えられます。また、カジノフロア全体で技術的に高度なソリューションおよびシステムを使用することにより業務効率が向上し、さらなる市場成長がもたらされます。本調査レポートでは、カジノ運営システムの世界市場について調査・分析し、カジノ運営システムの世界市場動向、カジノ運営システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別カジノ運営システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用診断スキャンツールの世界市場予測:診断装置、診断ソフトウェア、修理・診断データ
    当調査レポートでは、自動車用診断スキャンツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、車両種類別分析、地域別分析、自動車用診断スキャンツールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸水銀(I)の世界市場
    当調査レポートでは、硫酸水銀(I)の世界市場について調査・分析し、硫酸水銀(I)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 硫酸水銀(I)の世界市場:市場動向分析 - 硫酸水銀(I)の世界市場:競争要因分析 - 硫酸水銀(I)の世界市場:用途別 ・標準的な電池 ・太陽電池 ・燃料電池 ・その他 - 硫酸水銀(I)の世界市場:エンドユーザー別 ・電気通信産業 ・医療およびヘルスケア産業 ・自動車産業 ・家電 - 硫酸水銀(I)の世界市場:主要地域別分析 - 硫酸水銀(I)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 硫酸水銀(I)のヨーロッパ市場規模 - 硫酸水銀(I)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・硫酸水銀(I)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車触媒コンバーターの世界市場2018-2022
    全世界で、約90%の乗用車に触媒コンバーターが装備されています。世界の自動車産業は、2017年に70億8,500万台の乗用車を販売し、2016年に比べて1.93%の成長率を記録しました。地域別には、アジア太平洋地域(APAC)が世界の乗用車販売を約40億7,400万台でシェアの過半数を占め、続いて欧州が約17億9,300万台、南北アメリカは約11億3,000万台です。中国、米国、日本が世界の乗用車販売台数を伸ばし、2017年には販売台数の約50%を占めています。従って、乗用車の販売台数の増加によって、自動車触媒コンバーターの世界市場の成長が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Continental、FAURECIA、Magneti Marelli、Tenneco、Eberspächer、Katconなどです。 当調査レポートでは、自動車触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車触媒コンバーター市場規模、車両別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致 …
  • ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)膜の世界市場:疎水性PTFE膜、親水性PTFE膜
    当調査レポートでは、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型酸素濃縮器の世界市場
    当調査レポートでは、携帯型酸素濃縮器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:酸素デリバリシステム別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:販売チャネル別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:技術別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・携帯型酸素濃縮器のアメリカ市場規模予測 ・携帯型酸素濃縮器のヨーロッパ市場規模予測 ・携帯型酸素濃縮器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ポーランドのポリエチレンテレフタレート(PET)パッケージング市場予測
  • SIPトランキングサービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、SIPトランキングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、組織サイズ(小規模ビジネス、中規模ビジネス、企業)分析、エンドユーザー(卸売業、BFSI、ヘルスケア、政府、ハイテク、小売、教育)分析、SIPトランキングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MEPサービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEPサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEPサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペクトル分析器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スペクトル分析器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スペクトル分析器市場規模、エンドユーザー別(通信、航空宇宙・防衛、機械、半導体・電子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anritsu, Keysight Technologies, ROHDE&SCHWARZ, Teradyne, VIAVI Solutionsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スペクトル分析器の世界市場概要 ・スペクトル分析器の世界市場環境 ・スペクトル分析器の世界市場動向 ・スペクトル分析器の世界市場規模 ・スペクトル分析器の世界市場:業界構造分析 ・スペクトル分析器の世界市場:エンドユーザー別(通信、航空宇宙・防衛、機械、半導体・電子) ・スペクトル分析器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スペクトル分析器の北米市場規模・予測 ・スペクトル分析器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スペクトル分析器のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 経口避妊薬の世界市場
    当調査レポートでは、経口避妊薬の世界市場について調査・分析し、経口避妊薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ジオシンセティックスの世界市場
    当調査レポートでは、ジオシンセティックスの世界市場について調査・分析し、ジオシンセティックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 中国の低周波治療装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の低周波治療装置市場2015について調査・分析し、低周波治療装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マウスウォッシュ(洗口液)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、システム・ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 住宅用ケーブルの世界市場:電線、データケーブル
    Technavioが発行した当調査レポートでは、住宅用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用ケーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は住宅用ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Belden、General Cable Technologies、Nexans、NKT group、Polycab、Prysmian Group等です。
  • 日本の肩関節置換処置動向(~2021)
  • 仮想現実コンテンツ作成の世界市場:コンテンツタイプ別(ビデオ、360度写真、ゲーム)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、最終用途セクター(不動産、旅行とホスピタリティ、メディアとエンターテイメント、ヘルスケア、小売、ゲーム、自動車、その他)
    当調査レポートでは、仮想現実コンテンツ作成の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンテンツタイプ別分析、コンポーネント別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・仮想現実コンテンツ作成の世界市場:コンテンツタイプ別(ビデオ、360度写真、ゲーム) ・仮想現実コンテンツ作成の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・仮想現実コンテンツ作成の世界市場:エンドユーザー別(不動産、旅行とホスピタリティ、メディアとエンターテイメント、ヘルスケア、小売、ゲーム、自動車、その他) ・仮想現実コンテンツ作成の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入り軸付きトウモロコシ市場規模、製品別(生鮮トウモロコシ、冷凍トウモロコシ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場概要 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場環境 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場動向 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場規模 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場:製品別(生鮮トウモロコシ、冷凍トウモロコシ) ・パッケージ入り軸付きトウモロコシの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入り軸付きトウモロコシのアジア市場規模・予測 ・パッケージ入り軸付きトウ …
  • ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場について調査・分析し、ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:技術別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:ハイブリッド車別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:車両種類別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:エンジン種類別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:ストローク種類別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:販売チャンネル別分析 ・ガソリン直噴エンジン(GDI)機構の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • フレキシブルパイプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルパイプ市場規模、製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン)分析、種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他)分析、材質別(ポリアミド(PA)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ステンレス鋼、ゴム、その他)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、エンドユーザー別(製造業、水処理、石油・ガス、採鉱、化学・石油製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルパイプの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン) ・ フレキシブルパイプの世界市場:種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他) ・ フレキシブルパイプ …
  • 世界のひまわり油市場2015
    本調査レポートでは、世界のひまわり油市場2015について調査・分析し、ひまわり油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポールの世界市場について調査・分析し、ポールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポールシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポール種類別分析(ウォーキング用、トラッキング用)、ポール用途別分析(登山用、ハイキング用、日常用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポールの市場概観 ・ポールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポールの世界市場規模 ・ポールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポールのアメリカ市場規模推移 ・ポールのカナダ市場規模推移 ・ポールのメキシコ市場規模推移 ・ポールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポールのドイツ市場規模推移 ・ポールのイギリス市場規模推移 ・ポールのロシア市場規模推移 ・ポールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ポールの日本市場規模推移 ・ポールの中国市場規模推移 ・ポールの韓国市場規模推移 ・ポ …
  • 請負電子製造・設計サービスの世界市場分析:サービス別(設計、組立、製造)、エンドユーザー別(ヘルスケア、自動車、航空宇宙、テレコム)、地域別、セグメント予測、2015 – 2025
    本調査レポートでは、請負電子製造・設計サービスの世界市場について調査・分析し、請負電子製造・設計サービスの世界市場動向、請負電子製造・設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別請負電子製造・設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用軸継手の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用軸継手の世界市場について調査・分析し、自動車用軸継手の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用軸継手の世界市場:市場動向分析 - 自動車用軸継手の世界市場:競争要因分析 - 自動車用軸継手の世界市場:製品別 ・軟質の軸継手 ・硬質の軸継手 - 自動車用軸継手の世界市場:流通経路別 ・アフターマーケット ・相手先商標製品の製造会社(OEM) - 自動車用軸継手の世界市場:車両の種類別 ・乗用車 ・小型商用車 ・大型商用車 - 自動車用軸継手の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用軸継手の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用軸継手のヨーロッパ市場規模 - 自動車用軸継手のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用軸継手の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 外部装甲の世界市場分析:タイプ別(可動式、設置式)、技術別(駆動系[空気圧アクチュエータ、油圧アクチュエータ、電動サーボ、電動アクチュエータ、フルメカニカル、形状記憶合金アクチュエータ、燃料電池])、用途別(ヘルスケア、軍事、産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外部装甲の世界市場について調査・分析し、外部装甲の世界市場動向、外部装甲の世界市場規模、市場予測、セグメント別外部装甲市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 堅牢型携帯端末の世界市場
    当調査レポートでは、堅牢型携帯端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、堅牢型携帯端末の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 細胞解析の世界市場:細胞解析装置(PCR、HCS、分光光度計、顕微鏡、セルカウンター)、消耗品(アッセイ、試薬、マイクロプレート)
    当調査レポートでは、細胞解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、消耗品別分析、プロセス別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分子診断の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分子診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストの概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のVAD市場2015について調査・分析し、VADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 三輪車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、三輪車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、三輪車の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"