"世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7469)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The fixed-wing VTOL UAV market is projected to grow at a CAGR of 19.7% during the forecast period.”
The fixed-wing VTOL UAV market is projected to grow from USD 498 million in 2019 to USD 3,583 million by 2030, at a CAGR of 19.7% during the forecast period. The increasing adoption of fixed-wing VTOL UAVs in the commercial and military verticals is one of the most significant factors expected to drive the growth of the market.

“Based on vertical, the military segment is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019.”
Based on vertical, the military segment is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019. The growth of the military segment can be attributed to the increasing adoption of fixed-wing VTOL UAVs in various military applications such as intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) and electronic warfare. These fixed-wing VTOL drones reduce collateral damage while hovering, searching, and identifying, which makes them an invaluable asset for the military, driving the growth of the fixed-wing VTOL UAV market.

“Based on MTOW, the <25 kilogram segment is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019.”
Based on MTOW, the <25 kilograms segment is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019. The growth of these segments is attributed to the increasing demand for low-weight unmanned platforms for commercial applications, the presence of manufacturers for fixed-wing VTOL UAV in this category, and the regulations pertaining to the use of unmanned platforms under <25 kilograms of weight.

“North America is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019.”
The North American region is estimated to lead the fixed-wing VTOL UAV market in 2019. The US and Canada are key countries considered for market analysis in this region. An increase in the defense expenditure of the US and Canada and the presence of major fixed-wing VTOL UAV manufacturers in North America are key factors contributing to the growth of the fixed-wing VTOL UAV market in this region.

Break-up of profiles of primary participants for this report:
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C Level – 35%, Manager Level – 40%, and Director Level – 25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, Asia Pacific – 20%, and RoW – 5%

Key players operating in the fixed-wing VTOL UAV market include ALTI UAS (South Africa), URKSPECSystems (Ukraine), Arcturus UAV (US), Vertical Technologies (Netherlands), Carbonix (Australia), Lockheed Martin (US), Textron Inc. (US), and Threod Systems (Estonia).

Research Coverage
This research study covers the segmentation of the fixed-wing VTOL UAV market on the basis of vertical (military, commercial, government & law enforcement, and consumer), mode of operation (remotely piloted, optionally piloted, and fully autonomous), range [Visual Line of Sight (VLOS), Extended Visual Line of Sight (EVLOS), and Beyond Line of Sight (BLOS)], MTOW (<25 kilograms, 25-100 kilograms, and >100 kilograms), endurance (<5 hours, 5-10 hours, >10 hours), and propulsion (electric, hybrid, gasoline). These segments and subsegments are mapped across regions such as North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, and the Rest of the World.

The report provides in-depth market intelligence regarding key factors such as the drivers, opportunities, and industry-specific challenges influencing the growth of the fixed-wing VTOL UAV market. It also offers an analysis of micromarkets with respect to individual growth trends, prospects, and their contribution to the fixed-wing VTOL UAV market.

Reasons to buy the report:
The fixed-wing VTOL UAV market report focuses on various levels of analyses—industry analysis, market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; high-growth regions and countries, and their respective regulatory policies; and drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The fixed-wing VTOL UAV market report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Information regarding the competitive landscape of the fixed-wing VTOL UAV market
• Market Sizing: The estimated market size in 2019 and projection of the market from 2019 to 2025
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the fixed-wing VTOL UAV market
• Market Overview: Market dynamics and subsequent analysis of associated trends as well as drivers, restraints, opportunities, and challenges prevailing in the fixed-wing VTOL UAV market
• Market Development: Comprehensive information about lucrative markets – the report analyzes the market for fixed-wing VTOL UAVs across various regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the fixed-wing VTOL UAV market
• Regional Analysis: Factors influencing the market share of North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, and Rest of the World
• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading market players


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 24)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Definition & Scope
2.2.1 Segments and Subsegments
2.2.2 Segment Definition
2.2.2.1 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Vertical
2.2.2.2 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Mode of Operation
2.2.2.3 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Range
2.2.2.4 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By MTOW
2.3 Research Approach & Methodology
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.1.1 Approach for Fixed-Wings VTOL UAV Market
2.3.1.2 Regional Split of Fixed-Wings VTOL UAV Market
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 39)
4 Premium Insights (Page No. – 42)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Fixed-Wings VTOL UAV Market
4.2 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Propulsion
4.3 North America Fixed-Wings VTOL UAV Market, By Vertical
4.4 Fixed-Wings VTOL UAV Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use of Fixed Wing VTOL UAVs in Civil & Commercial Applications
5.2.1.2 Growing Use of Fixed Wing VTOL UAVs in Military Applications
5.2.1.2.1 Increasing Use of Fixed Wing VTOL UAVs in Life-Threatening Military Missions
5.2.1.2.2 Increasing Use of Modern Warfare Techniques By Defense Forces
5.2.1.3 Increasing Use of Fixed Wing VTOL UAVs in Advanced Patrolling of Marine Borders
5.2.1.4 Growing Use of Fixed Wing VTOL UAVs to Counter Terrorism
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Increased Deployment of Fixed Wing VTOL UAVs to Carry Out Aerial Remote Sensing
5.2.2.2 Technological Developments in the Field of Drone Payloads
5.2.2.3 Use of Fixed Wing VTOL UAVs for Cargo Delivery in Military and Commercial Applications
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Lack of Proper Air Traffic Management for UAVs
5.2.3.2 Restrictions Imposed on the Commercial Use of UAVs in Various Countries
5.2.3.3 Possible Threats to Safety and Violation of Privacy
5.2.3.4 Lack of Skilled & Trained Personnel to Operate Fixed Wing VTOL UAVs
6 Industry Trends (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Technology Trends
6.2.1 Artificial Intelligence
6.2.2 Use of Advanced Materials in Manufacturing UAVs
6.2.3 Multi-Sensor Data Fusion for Navigation
6.2.4 Use of Sense & Avoid Technology
6.2.5 Development of Superior Computing Technologies
6.2.6 Drone Payloads
6.2.7 Wireless Charging
6.2.8 Computer Vision
6.2.9 Machine Learning-Powered Analytics
6.2.10 Connected Drones
6.3 Fixed-Wing VTOL UAV Ecosystem
6.3.1 Major Fixed-Wing VTOL UAV Products
6.3.2 Level of Autonomy
6.3.2.1 Level 1
6.3.2.2 Level 2
6.3.2.3 Level 3
6.3.2.4 Level 4
6.3.2.5 Level 5
6.3.3 Maturity Mapping of Drone Technologies
6.3.4 Maturity Mapping of Commercial Drone Applications
6.3.5 Interconnected UAV Solutions
6.3.6 Country-Wise Drone Regulations
6.3.7 Drone Insurance
6.4 Patent Analysis
7 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Vertical (Page No. – 64)
7.1 Introduction
7.2 Military
7.2.1 Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance (ISR)
7.2.1.1 Increasing Investment in Development of Advanced Surveillance Fixed-Wing VTOL UAVs for Military Vertical By Emerging Players
7.2.2 Combat Operations
7.2.2.1 Growing Demand for the Launch of Precision Guided-Munition From UAV Platforms
7.2.3 Battle Damage Management
7.2.3.1 Spending on R&D to Develop Unmanned Aerial Platforms to Reduce Collateral Damage is Increasing
7.3 Government & Law Enforcement
7.3.1 Border Management
7.3.1.1 Development of Specialized Products By Fixed-Wing VTOL UAV Manufacturers for Border Management Applications is Increasing
7.3.2 Traffic Monitoring
7.3.2.1 Growing Traffic is Leading to Increased Real-Time Monitoring Using Unmanned Aerial Platforms to Track Accidents
7.3.3 Firefighting & Disaster Management
7.3.3.1 Increasing Demand for Higher Payload Capacity in Firefighting & Disaster Management Activities
7.3.4 Search & Rescue
7.3.4.1 Use of Unmanned Aerial Platforms for Search & Rescue Operations By Local Police Authorities is Rising
7.3.5 Police Operations & Investigation
7.3.5.1 Use of Advanced UAVs in Crime Scene Investigation By Local Police Departments is Driving the Segment
7.3.6 Maritime Security
7.3.6.1 Demand for Coastal Surveillance Using Unmanned Aerial Platforms is Increasing
7.4 Commercial
7.4.1 Remote Sensing
7.4.1.1 Development of High-Altitude Fixed-Wing VTOL UAVs is Leading to Increased Use in Remote Sensing Applications
7.4.2 Inspection & Monitoring
7.4.2.1 Rising Need for Inspection & Monitoring Activities in Oil & Gas and Mining Industries
7.4.3 Product Delivery
7.4.3.1 Increasing Demand for Fixed-Wing VTOL UAVs for Product Delivery
7.4.4 Surveying & Mapping
7.4.4.1 Fixed-Wing VTOL UAVs Equipped With Advanced Payloads are Helping Companies Reduce Operational Costs of Surveying and Mapping
7.4.5 Aerial Imaging
7.4.5.1 Increasing Use of Unmanned Aerial Platforms in the Film Industry and Journalism Drive the Aerial Imaging Segment
7.4.6 Agriculture
7.4.6.1 Increasing Demand for Crop Monitoring, Inspection, and Pesticide Spraying Applications Resulting in the Growth of Fixed-Wings VTOL UAV Market
7.4.7 Others
8 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Range (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Visual Line of Sight Fixed-Wing VTOL UAVs
8.2.1 The Growing Demand for Commercial Drones is Expected to Fuel the Growth of the Visual Line of Sight Fixed-Wing VTOL UAVs Market
8.3 Extended Visual Line of Sight UAVs
8.3.1 Extended Visual Line of Sight Fixed-Wing VTOL UAVs are Majorly Used in Military and Commercial Verticals Such as Surveying, Mapping, Inspection, Precision Agriculture, Scientific Research, Among Others
8.4 Beyond Line of Sight Fixed-Wing VTOL UAVs
8.4.1 Presence of Major Manufacturers Such As, Vertical Technologies, ALTI UAS, Textron, Among Others Witnessed the Demand for Beyond Line of Sight Fixed-Wing VTOL UAVs
9 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By MTOW (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 <25 Kilograms
9.2.1 Countries Such as the US and China Use of <25 Kilograms MTOW Fixed-Wing VTOL UAVs for Commercial Applications
9.3 25-100 Kilograms
9.3.1 25 Kilograms But Less Than 100 Kilograms are Widely Used for ISR Applications in the Military Vertical
9.4 >100 Kilograms
9.4.1 >100 Kilograms are Majorly Used in Military Applications Such as Combat, ISR, and Battlefield Management for Fixed-Wing VTOL UAV
10 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Endurance (Page No. – 80)
10.1 Introduction
10.2 <5 Hours
10.2.1 Demand for <5 Hour Fixed-Wing VTOL UAVs is Increasing in Surveying & Mapping Applications
10.3 5-10 Hours
10.3.1 Major Manufacturers Offer UAVs With 5-10 Hours Endurance for Commercial and Military Applications
10.4 >10 Hours
10.4.1 Demand for High Endurance Fixed-Wing VTOL UAVs is Rising in Military and Government & Law Enforcement Applications
11 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Mode of Operation (Page No. – 83)
11.1 Introduction
11.2 Remotely Piloted
11.2.1 Countries Such as Brazil, the Gulf of Mexico, West Africa, are the Key Prospect Markets for Aerial Exploration, Thereby Leading to Increased Demand for Remotely Operated Fixed-Wing VTOL UAVs
11.3 Optionally Piloted
11.3.1 Optionally Piloted Fixed-Wing VTOL Used in Applications Such as National Safety & Security, Combat Missions, Product Delivery, Precision Agriculture, Surveying & Mapping, Among Others
11.4 Fully Autonomous
11.4.1 Growth of the Fully Autonomous Can Be Attributed to the High Spending of the US Army on the R&D of Fixed-Wing VTOL UAVs
12 Fixed-Wing VTOL UAV Market, By Propulsion Type (Page No. – 87)
12.1 Introduction
12.2 Electric
12.2.1 Increasing Demand for Maintenance Free Propulsion is Expected to Fuel the Demand for Electric Fixed-Wing VTOL UAV
12.3 Hybrid
12.3.1 Hybrid Propulsion is Increasingly Used in Military and Commercial Applications
12.4 Gasoline
12.4.1 Increasing Demand for Heavyweight Fixed-Wing VTOL May Lead to Adoption of Gasoline Based Propulsion System
13 Fixed-Wing VTOL UAV Adjacent Market (Page No. – 90)
13.1 Introduction
13.2.1.1 Increasing Demand for Fixed-Wing Ctol UAV’s Like Tactical and Hale, Male, Combat UAV’s From Armed Forces
13.2.2 Short Takeoff Landing (STOL) UAVs
13.2.2.1 Rising Demand for Fixed-Wing Short Take-Off UAV’s for Coastal Surveillance
13.3 Drone Analytics Market, By Application
13.3.1 Thermal Detection
13.3.1.1 Growing Use of Thermographic Inspection Across Industries Such as Agriculture, Mining, Construction, and Oil & Gas
13.3.2 Geolocation Tagging
13.3.2.1 Industries Such as Mining & Quarrying, Oil & Gas, and Construction Using Geolocation Tagging to Combine Geographical Metadata With Images Or Videos Captured By Drones
13.3.3 Aerial Monitoring
13.3.3.1 Growing Demand for Aerial Inspection in the Agriculture & Forestry, Insurance, Utility, Telecommunication, Oil & Gas, Transportation, and Scientific Research Sectors
13.3.4 Ground Exploration
13.3.4.1 Increasing Demand for Ground Exploration in Construction and Mining Sector
13.3.5 Volumetric Calculations
13.3.5.1 Volumetric Analysis Tools Increasing Used By Professionals and Small Businesses and Enterprises
13.3.6 3D Modeling
13.3.6.1 Development of Customised Solutions for 3D Modelling in Construction, Agriculture and Insurance Industries
13.3.7 Others
13.4 Drone Analytics Market, By Type
13.4.1 On-Premises
13.4.1.1 Increasing Use of On-Premises Type of Drone Analytics in Oil & Gas and Energy Sectors to Analyse Critical Data
13.4.2 On-Demand
13.4.2.1 Rising Demand for Cloud Based Services in Construction, Mining & Quarrying, Insurance, and Agriculture Industries Sectors
13.5 Drone Services Market, By Application
13.5.1 Aerial Photography & Remote Sensing
13.5.1.1 Advances in the Miniaturization of Instrumentation and Data Systems, have Resulted in Increased Demand in the Remote Sensing
13.5.2 Data Acquisition & Analytics
13.5.2.1 Drones are Being Used in Data Acquisition Applications to Collect, Analyse, and Distribute Aerial Data
13.5.3 Mapping & Surveying
13.5.3.1 Reduction in Time to Collect Precise Data Using Drones for Mapping & Surveying Applications in Mining, Quarries, Dense Forests, Infrastructure Sites, and Agriculture Sectors
13.5.4 3D Modeling
13.5.4.1 Rising Need for 3D Modelling in Industries Such as Industries Such as Construction, Real Estate, Agriculture, and Surveying
13.5.5 Disaster Risk Management & Mitigation
13.5.5.1 Increasing Number of Service Providers Providing Services in Search & Rescue Operations
13.5.6 Inspection & Environmental Monitoring
13.5.6.1 Drones are Increasing Used to Collect High-Resolution Images By Scientists for Environmental Inspection & Monitoring
13.5.7 Others
13.6 Drone Services Market, By Type
13.6.1 Drone Platform Services
13.6.1.1 Increasing Demand for Industry Specific Solutions Such as Aerial Photography & Remote Sensing, Aerial Mapping & Surveying, Aerial Inspection & Environmental Monitoring Fuel the Growth of Drone Platforms Services
13.6.2 Drone Mro Services
13.6.2.1 Rising Incidents of Drone Accidents Will Lead to the Growth of Drone Mro Services
13.6.3 Drone Training & Education Services
13.6.3.1 With the Growing Commercial Drone Fleet There is A Demand for Remote Pilot Training and Education Services
13.7 Anti-Drone Market, By Application
13.7.1 Detection
13.7.1.1 Advancement in Metal-Oxide-Semiconductor (CMOS) Image Sensors, Acoustical Sensors, and Near-Infrared Charge-Coupled Device (CCD) Image Sensors is Feeling the Detection Application
13.7.2 Detection & Disruption
13.7.2.1 Increasing Demand for Detection & Disruption Solutions Due to Advancement in Drone Technology
13.8 Anti-Drone Market, By Technology
13.8.1 Laser Systems
13.8.1.1 Development of Advanced Laser-Based Anti-Drones to Increase the Targeting Capability of Anti-Drone Systems
13.8.2 Kinetic Systems
13.8.2.1 Kinetic System Includes the Use of A Gun, Missile, and Ammunition to Shoot Down A Drone
13.8.3 Electronic Systems
13.8.3.1 Development in Radar, Sensor, and Gps Technologies is Expected to Fuel the Froth of the Electronics Systems
14 Regional Analysis (Page No. – 107)
14.1 Introduction
14.2 North America
14.2.1 US
14.2.1.1 Increasing Adoption of Fixed-Wing VTOL UAVs in Commercial and Military Applications is Driving the US Market
14.2.2 Canada
14.2.2.1 Stringent Regulations and Licensing Requirements Restrain the Growth of the Fixed-Wings VTOL UAV Market in Canada
14.3 Europe
14.3.1 UK
14.3.1.1 Technological Advancements and Changing Regulatory Policies are Expected to Drive the Fixed-Wing VTOL UAVs Market in the UK
14.3.2 France
14.3.2.1 Government Initiatives to Support the Development of Fixed-Wing VTOL UAV Capabilities are Expected to Fuel the Market in France
14.3.3 Germany
14.3.3.1 Increasing Demand for Logistics and Delivery Services By Advanced Aerial Platforms in Germany Drives Market Growth
14.3.4 Italy
14.3.4.1 Rising Demand for Uas for Border Surveillance, Intelligence Gathering, and Maritime Patrol Drives Market Growth in Italy
14.3.5 Russia
14.3.5.1 Increasing Spending on Procurement of Technologically Advanced Unmanned Aerial Platforms By Russian Armed Forces
14.3.6 Sweden
14.3.6.1 Growing Procurement of Advanced Unmanned Platforms for Commercial Applications Drives the Market in Sweden
14.3.7 Rest of Europe
14.4 Asia Pacific
14.4.1 China
14.4.1.1 Growing Adoption of Fixed-Wing VTOL UAV for Military Applications in the Country Drives the Market in China
14.4.2 Japan
14.4.2.1 Increasing Use of Fixed-Wing VTOL UAVs for Monitoring, Spraying, and Surveying Applications in Japan Drives Demand for Them
14.4.3 India
14.4.3.1 Increasing Demand for Advanced Military UAVs is Leading to Indigenous Development of Fixed-Wing VTOL UAVs in India
14.4.4 South Korea
14.4.4.1 Growing Adoption of Fixed-Wing VTOL UAV By Armed Forces in Surveillance and Monitoring Applications Drives Market Growth in South Korea
14.4.5 Australia
14.4.5.1 Growing Use of Fixed-Wing VTOL UAVs for Commercial Applications Such as Product Delivery, Agriculture, and Search & Rescue Boosts Demand in Australia
14.4.6 Rest of Asia Pacific
14.5 Middle East
14.5.1 Saudi Arabia
14.5.1.1 Increasing Demand for Fixed-Wing VTOL UAVs Drives the Market in Saudi Arabia
14.5.2 Israel
14.5.2.1 Increased Spending in Research & Development of Fixed-Wing VTOL UAVs for Military and Commercial Applications Drives the Market in Israel
14.5.3 Turkey
14.5.3.1 Increasing Focus on Indigenization of Fixed-Wing VTOL UAV Platforms and Subsystems Drives the Market in Turkey
14.5.4 UAE
14.5.4.1 Increasing Procurement of Fixed-Wing VTOL UAVs for Military and Law Enforcement Applications Drives the Market in the UAE
14.5.5 Rest of Middle East
14.6 Rest of the World
14.6.1 Latin America
14.6.1.1 Presence of Major Manufacturers of Fixed-Wing VTOL UAVs Drives the Market in Latin America
14.6.2 Africa
14.6.2.1 R&D Projects in South Africa are Expected to Drive the Market
15 Competitive Landscape (Page No. – 142)
15.1 Introduction
15.2 Competitive Leadership Mapping
15.2.1 Visionary Leaders
15.2.2 Innovators
15.2.3 Dynamic Differentiators
15.2.4 Emerging Companies
15.3 Major Players in Fixed-Wings VTOL UAV Market
15.4 Competitive Scenario
15.4.1 New Product Development
15.4.2 Contracts
15.4.3 Joint Ventures and Partnerships
16 Company Profiles (Page No. – 149)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
16.1 ALTI UAS
16.2 UKRSPECSystems
16.3 Arcturus UAV, Inc
16.4 Vertical Technologies
16.5 Carbonix
16.6 Zerotech
16.7 Ideaforge
16.8 Quantum-Systems GmbH
16.9 Bluebird Aero Systems Ltd
16.10 Elroy Air
16.11 AVY
16.12 Autel Robotics
16.13 ULC Robotics
16.14 A-Techsyn
16.15 Lockheed Martin Corporation
16.16 Textron Inc.
16.17 Threod Systems
16.18 Height Technologies
16.19 Sunbirds
16.20 Latitude Engineering
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
17 Appendix (Page No. – 183)
17.1 Discussion Guide
17.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
17.3 Related Reports
17.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7469
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の固定翼VTOL UAV市場:業種別(軍事、政府&法執行機関、商業)、推進力別(電気、ハイブリッド、ガソリン)、動作モード別(VLOS、EVLOS、BVLOS)、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 5G技術市場および通信・IoT市場への影響
  • 電気自動車用充電器の世界市場:AC充電器、DC充電器、ワイヤレス充電器
    当調査レポートでは、電気自動車用充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車用充電器の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 胎児・新生児ケア装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • アルミニウムの世界市場:エンドユーザー別(輸送、建築&建設、電気工学、消費財、箔&包装、機械&装置、その他)、加工方法別(圧延、鋳物、押出成形、鍛造、顔料&粉末、ロッド&バー)、シリーズ別(シリーズ1、シリーズ2、シリーズ3、シリーズ4、シリーズ5、シリーズ6、シリーズ7、シリーズ8)
    本調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、エンドユーザー別(輸送、建築&建設、電気工学、消費財、箔&包装、機械&装置、その他)分析、加工方法別(圧延、鋳物、押出成形、鍛造、顔料&粉末、ロッド&バー)分析、シリーズ別(シリーズ1、シリーズ2、シリーズ3、シリーズ4、シリーズ5、シリーズ6、シリーズ7、シリーズ8)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・アルミニウムの世界市場:エンドユーザー別(輸送、建築&建設、電気工学、消費財、箔&包装、機械&装置、その他) ・アルミニウムの世界市場:加工方法別(圧延、鋳物、押出成形、鍛造、顔料&粉末、ロッド&バー) ・アルミニウムの世界市場:シリーズ別(シリーズ1、シリーズ2、シリーズ3、シリーズ4、シリーズ5、シリーズ6、シリーズ7、シリーズ8) ・アルミニウムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 航空機構造の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、航空機構造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、構成品別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、航空機構造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートメーターデータ管理の米国市場:構成要素別(ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、用途別(電気、ガス、水)
    本調査レポートでは、スマートメーターデータ管理の米国市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソフトウェア、サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(電気、ガス、水)分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・スマートメーターデータ管理の米国市場:構成要素別(ソフトウェア、サービス) ・スマートメーターデータ管理の米国市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・スマートメーターデータ管理の米国市場:用途別(電気、ガス、水) ・競争状況 ・企業概要
  • ブラジルの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))のフェーズ3治験薬の状況 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬の市場規模(販売予測) ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬剤
  • 世界の振動フィーダ市場2016
    本調査レポートでは、世界の振動フィーダ市場2016について調査・分析し、振動フィーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳がん治療薬の世界市場:モノクローナル抗体、ホルモン、化学療法、キナーゼ阻害剤、その他
  • 中国の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 固体酸化物燃料電池の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、固体酸化物燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、固体酸化物燃料電池市場規模、種類別(平板型、薄膜型、管型)分析、用途別(ポータブル、輸送、固定)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 固体酸化物燃料電池の世界市場:市場動向分析 ・ 固体酸化物燃料電池の世界市場:競争要因分析 ・ 固体酸化物燃料電池の世界市場:種類別(平板型、薄膜型、管型) ・ 固体酸化物燃料電池の世界市場:用途別(ポータブル、輸送、固定) ・ 固体酸化物燃料電池の世界市場:主要地域別分析 ・ 固体酸化物燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 固体酸化物燃料電池のヨーロッパ市場規模 ・ 固体酸化物燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・固体酸化物燃料電池の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:アメリカの治療薬市場
  • 世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016について調査・分析し、自動車用ロードセンシングバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動出入国管理の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動出入国管理の世界市場について調査・分析し、自動出入国管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動出入国管理の世界市場:市場動向分析 - 自動出入国管理の世界市場:競争要因分析 - 自動出入国管理の世界市場:用途別 ・Land Ports ・空港 ・海港 - 自動出入国管理の世界市場:コンポーネント別 ・ソフトウェア ・サービス ・ハードウェア - 自動出入国管理の世界市場:ソリューション別 ・自動出入国管理キオスク ・自動出入国管理E-ゲート - 自動出入国管理の世界市場:主要地域別分析 - 自動出入国管理の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動出入国管理のヨーロッパ市場規模 - 自動出入国管理のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動出入国管理の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • LED蛍光体の世界市場
    当調査レポートでは、LED蛍光体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED蛍光体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クレアチニン測定の世界市場予測(~2023年):キット、試薬
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クレアチニン測定の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(キット、試薬)別分析、テスト種類別分析、サンプル別分析、需要先別分析、クレアチニン測定の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場:原材料別、用途別(住宅、商業、官庁、施設、産業)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドロワー冷蔵庫の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドロワー冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドロワー冷蔵庫の世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別
    MarketsandMarkets社は、土壌試験装置の世界市場規模が2019年33億ドルから2025年62億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。本書は、世界の土壌試験装置市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(農業、建設、その他)分析、試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験)分析、自動化程度別(手動、自動、半自動)分析、現場別(研究室、オンサイト)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の土壌試験装置市場:エンドユーズ産業別(農業、建設、その他) ・世界の土壌試験装置市場:試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験) ・世界の土壌試験装置市場:自動化程度別(手動、自動、半自動) ・世界の土壌試験装置市場:現場別(研究室、オンサイト) ・世界の土壌試験装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 内視鏡装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、内視鏡装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、内視鏡装置市場規模、用途別(腹腔鏡検査、GI、その他)分析、製品別(内視鏡、付属品・その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen, HOYA, KARL STORZ, Medtronic, Olympus, Strykerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・内視鏡装置の世界市場概要 ・内視鏡装置の世界市場環境 ・内視鏡装置の世界市場動向 ・内視鏡装置の世界市場規模 ・内視鏡装置の世界市場:業界構造分析 ・内視鏡装置の世界市場:用途別(腹腔鏡検査、GI、その他) ・内視鏡装置の世界市場:製品別(内視鏡、付属品・その他) ・内視鏡装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・内視鏡装置の北米市場規模・予測 ・内視鏡装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・内視鏡装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・内視鏡装置の主要国分析 ・内視鏡装置の …
  • プロセス自動化・計器装備のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、プロセス自動化・計器装備のヨーロッパ市場について調査・分析し、プロセス自動化・計器装備のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のホルムアルデヒドスカベンジヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のホルムアルデヒドスカベンジヤー市場2015について調査・分析し、ホルムアルデヒドスカベンジヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車遠隔診断の世界市場見通し2016-2022:ロードサイドアシスタンス、自動衝突通報、車両追跡、車両状態警告
    当調査レポートでは、自動車遠隔診断の世界市場について調査・分析し、自動車遠隔診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車遠隔診断の世界市場:市場動向分析 ・自動車遠隔診断の世界市場:競争要因分析 ・自動車遠隔診断の世界市場:コネクティビティ別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車遠隔診断の北米市場規模 ・自動車遠隔診断の欧州市場規模 ・自動車遠隔診断のアジア市場規模 ・自動車遠隔診断の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 空港キヨスクの世界市場
    当調査レポートでは、空港キヨスクの世界市場について調査・分析し、空港キヨスクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動ブームバリアシステムの世界市場予測2019-2024
    「自動ブームバリアシステムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、油圧式、電気機械式など、用途別には、Residential、Commercial、Public and Industrial Car Parks、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動ブームバリアシステムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動ブームバリアシステムの世界市場概要(サマリー) ・自動ブームバリアシステムの企業別販売量・売上 ・自動ブームバリアシステムの企業別市場シェア ・自動ブームバリアシステムの世界市場規模:種類別(油圧式、電気機械式) ・自動ブームバリアシステムの世界市場規模:用途別(Residential、Commercial、Public and Industrial Car Parks、Others) ・自動ブームバリアシステムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動ブームバリアシステムのア …
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・注意欠陥多動性障害(ADHD)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場について調査・分析し、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場動向、OTTデバイス及びOTTサービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別OTTデバイス及びOTTサービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のレイモンドミル市場2016
    本調査レポートでは、世界のレイモンドミル市場2016について調査・分析し、レイモンドミルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カルボン酸エステルの世界市場
    当調査レポートでは、カルボン酸エステルの世界市場について調査・分析し、カルボン酸エステルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オーストラリアの免疫化学検査市場動向(~2021)
  • NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:市場動向分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:競争要因分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:種類別 ・肝線維症バイオマーカー ・血清バイオマーカー ・酸化ストレスバイオマーカー ・アポトーシスバイオマーカー ・その他 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:最終用途別 ・病院 ・製薬・医薬品開発受託機関(CRO) ・学術研究機関 ・診断検査研究所 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの世界市場:主要地域別分析 - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマーカーの北米市場規模(アメリカ市場等) - NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)バイオマ …
  • 航空サイバーセキュリティの世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、航空サイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空サイバーセキュリティの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空サイバーセキュリティの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空サイバーセキュリティの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ココナッツウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • リハビリ用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リハビリ用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リハビリ用ロボット市場規模、製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リハビリ用ロボットの世界市場概要 ・リハビリ用ロボットの世界市場環境 ・リハビリ用ロボットの世界市場動向 ・リハビリ用ロボットの世界市場規模 ・リハビリ用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット) ・リハビリ用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リハビリ用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのアジア市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットの主要国分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・リハビリ用ロボットの世界市場:成長要因、課題 ・リハビリ用 …
  • ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)血液検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbott, Danaher, EKF Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, Siemens Healthcare, Sysmexなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)血液検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)血液検 …
  • 自動車ディスプレイ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車ディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有害生物防除サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、有害生物防除サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、有害生物防除サービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数駆動(VFD)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、可変周波数駆動(VFD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、可変周波数駆動(VFD)市場規模、種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場概要 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場環境 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場動向 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場規模 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:業界構造分析 ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:種類別(低電圧ドライブ、中電圧ドライブ) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料、上下水処理、石油・ガス、発電、鉱業・金属、その他) ・可変周波数駆動(VFD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・可変周波数駆動(VFD)の北米市場規模・予測 ・可変周波数駆動(VFD)のヨーロッ …
  • 咽頭炎(Pharyngitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における咽頭炎(Pharyngitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、咽頭炎(Pharyngitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・咽頭炎(Pharyngitis)の概要 ・咽頭炎(Pharyngitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の咽頭炎(Pharyngitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・咽頭炎(Pharyngitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・咽頭炎(Pha …
  • フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場:種類別(固体、中空粒子)、材料別(フライアッシュ、ガラス、セラミック、金属、高分子)、用途別(石油・ガス、医療技術、塗料・コーティング剤、自動車、建設用複合材料、化粧品・パーソナルケア用品、航空宇宙、ライフサイエンス・バイオテクノロジー)、地域別予測
    本資料は、フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場について調べ、フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(固体、中空粒子)分析、材料別(フライアッシュ、ガラス、セラミック、金属、高分子)分析、用途別(石油・ガス、医療技術、塗料・コーティング剤、自動車、建設用複合材料、化粧品・パーソナルケア用品、航空宇宙、ライフサイエンス・バイオテクノロジー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場概要 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場環境 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場動向 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模 ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模:種類別(固体、中空粒子) ・フライアッシュ(セノスフェア)ミクロスフェアの世界市場規模:材料別(フライアッシ …
  • 産業用ヒートポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ヒートポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 排水管洗浄剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、排水管洗浄剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、排水管洗浄剤市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品種類別(液体・ゲル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・排水管洗浄剤の世界市場概要 ・排水管洗浄剤の世界市場環境 ・排水管洗浄剤の世界市場動向 ・排水管洗浄剤の世界市場規模 ・排水管洗浄剤の世界市場:業界構造分析 ・排水管洗浄剤の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・排水管洗浄剤の世界市場:製品種類別(液体・ゲル、その他) ・排水管洗浄剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・排水管洗浄剤の北米市場規模・予測 ・排水管洗浄剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・排水管洗浄剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・排水管洗浄剤の主要国分析 ・排水管洗浄剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・排水管洗浄剤の世界市場:成長要因、課題 ・排水管洗浄剤の世界市場:競争環境 ・排水管洗浄剤 …
  • 摩擦調整剤の世界市場2019-2023
    摩擦調整剤は、機械部品間の摩擦低減用の潤滑剤に添加される極性分子です。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、摩擦調整剤市場の世界市場が3.82%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Afton Chemical、BASF、Berkshire Hathaway、Chevron Corporation、Croda International、LANXESSなどです。 当調査レポートでは、摩擦調整剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、摩擦調整剤市場規模、種類別(有機、無機)分析、用途別(輸送機関用潤滑油、産業用潤滑剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・摩擦調整剤の世界市場概要 ・摩擦調整剤の世界市場環境 ・摩擦調整剤の世界市場動向 ・摩擦調整剤の世界市場規模 ・摩擦調整剤の世界市場:業界構造分析 ・摩擦調整剤の世界市場:種類別(有機、無機) ・摩擦調整剤の世界市場:用途別(輸送機関 …
  • カルシウムプロピオン酸塩の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルシウムプロピオン酸塩の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルシウムプロピオン酸塩市場規模、製品別(乾燥、液体)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADDCON, Impextraco, Kemin Industries, Macco Organiques, Niacetなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場概要 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場環境 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場動向 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場規模 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:業界構造分析 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:製品別(乾燥、液体) ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:用途別 ・カルシウムプロピオン酸塩の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カルシウムプロピオン酸塩の北米市場規模・予測 ・カルシウムプロピオン酸塩のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 韓国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • インバータ・デューティ・モーターの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、インバータ・デューティ・モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの関節鏡検査装置市場見通し
  • 化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の概要 ・化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性貧血(Chemotherapy Induced Anemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • 次世代がん診断の世界市場予測
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、次世代がん診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代がん診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代がん診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代がん診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"