"世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 3331)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The specialty fertilizers market is projected to grow at a CAGR of 6.4% from 2019 to 2025.
The global specialty fertilizers market is estimated to be valued at USD 36.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 52.4 billion by 2025, recording a CAGR of 6.4%. Factors such as the growing demand for high-efficiency fertilizers, the adoption of precision farming and protected agriculture, increasing environmental concerns, and rapid growth in greenhouse vegetable production are projected to drive the growth of this market.

The urea-ammonium nitrate (UAN) segment is projected to be the largest segment, by type, in the specialty fertilizers market during the forecast period.
UAN is gaining more popularity among liquid fertilizers, as it can be mixed with pesticides, herbicides, growth regulators, and other nutrients, thereby allowing farmers to reduce costs. Solutions of UAN are widely used as a source of nitrogen for plant nutrition. These solutions are extremely versatile as a source of plant nutrition. Due to its chemical properties, UAN is compatible with many other nutrients and agricultural chemicals and is frequently mixed with solutions containing phosphorus, potassium, and other essential plant nutrients.

The cereals & grains segment is projected to account for the largest market during the forecast period.
By crop type, the specialty fertilizers market is segmented into cereals & grains, oilseeds & pulses, fruits & vegetables, turf & ornamentals, and other segments. The dominance of the cereals & grains segment is attributed to the increasing consumption of liquid fertilizers for these crops, particularly in the Asian and North American countries. In addition, due to the increasing demand for crops, such as corn, wheat, rice, and sorghum, across various industries, the consumption of crop protection chemicals is projected to increase for improving the yield of these cereals. Due to these factors, the segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Asia Pacific accounted for the largest share in the specialty fertilizers market for the cereals & grains segment, majorly due to the high production of crops, including corn, wheat, and rice, in the US, China, India, and Japan.

The coated & encapsulated segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.
By technology, the specialty fertilizers market is segmented into slow-release, N-stabilizers, coated & encapsulated, and chelated. Coated & encapsulated specialty fertilizers are conventional soluble fertilizer materials with increasingly available nutrients, which after granulation, prilling, or crystallization, are given a protective (water-insoluble) coating to control the water penetration, thereby affecting the rate of dissolution and the nutrient release. The adoption of these fertilizers is increasing in the global market, particularly in China, the US, Japan, Canada, and Western Europe, due to the growing awareness about the benefits associated with coated fertilizers and government support provided by the nation, in terms of subsidies and policy amendments. Due to these factors, the segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.
The Asia Pacific market is estimated to account for the largest market share due to the rapid adoption of advanced technologies for improving the yield of crops in the region.

According to the FAOSTAT, the Asia Pacific region contributed to more than 60% of the global population in 2017, with China and India being two of the most populous countries in the world. Hence, the increase in food demand from this region has led to a surge in the use of specialty fertilizers. The growth rate of the Japanese market is also projected to be high as compared to that of the other regions, due to the adoption of precise and advanced systems for farming, as well as controlled-environment agriculture. There are more global players in the market that are focusing on entering the Asia Pacific region through the adoption of strategies, such as mergers & acquisitions or partnerships. The Asia Pacific market is projected to grow at the highest rate due to the increase in demand from countries, such as India and China. The high cost of these fertilizers is a key factor inhibiting the growth of the Asia Pacific market.

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1- 70%, Tier 2 – 11%, and Tier 3 -19%
 By Designation: C-level – 35%, Director level – 40%, and Others* – 25%
 By Region: Asia Pacific – 35%, South America – 15%, North America – 20%, Europe – 15%, Rest of the World (RoW)** – 15%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
** RoW includes the Middle East and Africa.

Leading players profiled in this report
• Nutrien, Ltd. (Canada)
• Yara International ASA (Norway)
• Israel Chemical Ltd. (Israel)
• K+S Aktiengesellschaft (Germany)
• Sociedad Química y Minera de Chile (SQM) (Chile)
• The Mosaic Company (US)
• EuroChem Group (Switzerland)
• CF Industries Holdings, Inc. (US)
• OCP Group (Morocco)
• OCI Nitrogen (Netherlands)
• Wilbur-Ellis (US), Compass Minerals (US)
• Kugler (US), Haifa Group (Israel)
• COMPO Expert GmbH (Germany)
• AgroLiquid (US)
• Plant Food Company, Inc. (US)
• Coromandel International Ltd (India)
• Deepak Fertilizers & Petrochemicals Corporation Ltd. (India)
• Nufarm (Australia), and Brandt (US)

Research Coverage
This report segments the specialty fertilizers market on the basis of crop type, technology, type, form, application method, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the specialty fertilizers market, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the specialty fertilizers market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the specialty fertilizers market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Market
4.2 Specialty Fertilizers Market, By Type
4.3 Asia Pacific: Specialty Fertilizers Market, 2018
4.4 Specialty Fertilizers Market, By Technology & Region, 2018
4.5 Specialty Fertilizers Market Share: Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Macro Indicators
5.2.1 Rising Market Demand for High-Value Crops
5.2.2 Limited Availability of Arable Land
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 The Need for High-Efficiency Fertilizers
5.3.1.2 Uniform Nutrient Application
5.3.1.3 Rising Environmental Concerns to Encourage the Adoption of Specialty Fertilizers
5.3.1.4 Increasing Adoption of Precision-Farming Technology
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Growth of the Organic Fertilizers Industry
5.3.2.2 Cost Ineffectiveness
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Strong Growth in Emerging Economies
5.3.3.2 Growing Nutrient Deficiency and Rising Importance of Specialty Nutrients
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Awareness Among Farmers
5.3.4.2 Limited Adoption of Controlled-Release Technology
5.4 Regulatory Framework
5.4.1 North America
5.4.1.1 US
5.4.1.2 Canada
5.4.2 Europe
5.4.3 Australia
5.4.4 China
5.4.5 India
5.4.6 South Africa
5.4.7 Israel
6 Specialty Fertilizers Market, By Type (Page No. – 55)
6.1 Introduction
6.2 Urea-Ammonium Nitrate (UAN)
6.2.1 UAN is Widely Used as A Key Source for Nitrogen Deficiency
6.3 Calcium Ammonium Nitrate (CAN)
6.3.1 Calcium Ammonium Nitrate is One of the High-Quality Top-Dressing Fertilizers
6.4 Monoammonium Phosphate (MAP)
6.4.1 Monoammonium Phosphate has Multiple Applications Across All Crops
6.5 Sulfate of Potash (SOP) (Potassium Sulfate)
6.5.1 Excellent Source of Potassium and Sulfur
6.6 Potassium Nitrate
6.6.1 Increasing Application in High-Value Cash Crops
6.7 Others
7 Specialty Fertilizers Market, By Technology (Page No. – 65)
7.1 Introduction
7.2 Coated & Encapsulated
7.2.1.1 Increase in the Application of Coated Fertilizers for Cultivating High-Value Crops has Led to A Surge in Demand for Specialty Fertilizers in Developed Countries
7.3 Slow Release Fertilizer
7.3.1 Slow-Release Fertilizers Help in Stimulating the Root Growth in Plants, Which is A Key Factor Driving the Growth of the Asia Pacific Market
7.4 Chelated
7.4.1 Chelated Specialty Fertilizers Provide Essential Nutrients for the Better Yield of Crops
7.5 N-Stabilizers
7.5.1 The Cost-Effective Feature and High Scope for Product Development to Increase the Supply of Advanced Technical Products During the Forecast Period 70
8 Specialty Fertilizers Market, By Application Method (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Fertigation
8.2.1 Growing Adoption of Irrigation Systems to Drive the Market for Fertigation
8.3 Foliar
8.3.1 Foliar Segment Projected to Dominate the Asia Pacific Region During the Forecast Period
8.4 Soil
8.4.1 Broadcasting is the Most Common Soil Application Method Used for Applying Specialty Fertilizers to Open Field Crops
9 Specialty Fertilizers Market, By Crop Type (Page No. – 77)
9.1 Macroindicators
9.1.1 Crop Cultivation Pattern
9.2 Connected Market: Npk (N+P2 O5 +K2o) Fertilizers
9.3 Introduction
9.4 Cereals & Grains
9.4.1 Cereals & Grains Segment Continues to Be the Largest in the Market in Asian and North American Countries
9.4.1.1 Corn
9.4.1.2 Wheat
9.4.1.3 Rice
9.4.1.4 Others
9.5 Oilseeds & Pulses
9.5.1.1 Oilseeds & Pulses are Gaining Wide Importance as Cash Crops Due to the High Adoption of Nitrate-Based Specialty Fertilizer Applications
9.5.1.2 Soybean
9.5.1.3 Canola
9.5.1.4 Others
9.6 Fruits & Vegetables
9.6.1 Growers Need to Produce More in Limited Arable Land, Owing to Which the Application of Specialty Fertilizers in Fruits & Vegetables is Increasing in Developing Countries
9.6.1.1 Roots & Tubers
9.6.1.2 Citrus Fruits
9.6.1.3 Brassicas
9.6.1.4 Others
9.7 Turf & Ornamentals
9.7.1 Specialty Fertilizers Help in Stimulating the Root Growth in Turf Grass, Which is One of the Driving Factors for the Market in Asia Pacific
9.8 Others
10 Specialty Fertilizers Market, By Form (Page No. – 94)
10.1 Introduction
10.2 Dry
10.2.1 Longer Shelf Life and Ease of Availability Boost the Consumption of Dry Specialty Fertilizers
10.3 Liquid
10.3.1 Ease of Application Drives the Market for Liquid Specialty Fertilizers
11 Specialty Fertilizers Market, By Region (Page No. – 98)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Established Players in the Market are Focusing on Developing Specialty Fertilizer Products
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increased Demand for Crop-Specific Fertilizers Drives the Demand for Specialty Fertilizers
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Increasing Government Focus on Wider Applications of Specialty Fertilizers Drives the Market in Mexico
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Reducing Arable Land in the Country has Increased the Demand for Specialty Fertilizers in the Country
11.3.2 France
11.3.2.1 Increase in the Export of Processed Food Products Projected to Drive the Demand for Specialty Fertilizers During the Forecast Period
11.3.3 Poland
11.3.3.1 Rising Imports of Consumer-Oriented Food Products to Drive the Growth of the Market in Poland
11.3.4 UK
11.3.4.1 Heavy Dependence of the Feed Industry on Domestically Produced Cereals Driving Demand
11.3.5 Russia
11.3.5.1 Increasing Consumption of Nitrogenous Specialty Fertilizers Set to Boost the Growth of the Market in Russia
11.3.6 Italy
11.3.6.1 Growing Demand for Cereals & Grains for Feed and Food to Drive the Growth in the Market
11.3.7 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 High Growth in Consumption of Ammonium- and Phosphorus-Based Specialty Fertilizers
11.4.2 India
11.4.2.1 Growing Market for Ammonium- and Nitrate-Based Fertilizers to Drive the Adoption of Innovative Specialty Fertilizers in the Country
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Advance Agricultural Practices are Driving the Growth of the Specialty Fertilizers Market
11.4.4 Australia & New Zealand
11.4.4.1 Increasing Consumption of Specialty Fertilizers and Decreasing Arable Land are the Key Factors Driving the Market in the Country
11.4.5 Vietnam
11.4.5.1 Increasing Agricultural Productivity and Improvement in Farmer Income Driving the Specialty Fertilizers Market
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Brazil is the Largest Consumer of Specialty Fertilizers in the Region
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 MAP is A Largely Consumed Specialty Fertilizer in the Country
11.5.3 Rest of South America
11.6 Rest of the World (RoW)
11.6.1 South Africa
11.6.1.1 High Growth in Consumption of Phosphate Specialty Fertilizers Observed in the Country
11.6.2 Turkey
11.6.2.1 Increase in the Area Harvested for Various Crops Boosting the Demand for Specialty Fertilizers
11.6.3 Others in RoW
12 Competitive Landscape (Page No. – 146)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.3 Competitive Leadership Mapping (Start-Up/SME)
12.3.1 Progressive Companies
12.3.2 Starting Blocks
12.3.3 Responsive Companies
12.3.4 Dynamic Companies
12.4 Competitive Scenario
13 Company Profiles (Page No. – 158)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Nutrien, Ltd.
13.2 Yara International Asa
13.3 Icl
13.4 K+S Aktiengesellschaft
13.5 Sociedad Química Y Minera De Chile (SQM)
13.6 The Mosaic Company
13.7 Eurochem Group
13.8 CF Industries Holdings, Inc.
13.9 Nufarm
13.10 OCI Nitrogen
13.11 OCP Group
13.12 Coromandel International Limited
13.13 Deepak Fertilizers and Petrochemicals Corporation Limited
13.14 Kugler
13.15 Haifa Group
13.16 Compo Expert GmbH
13.17 Wilbur-Ellis Company LLC
13.18 Brandt
13.19 Agroliquid
13.20 Plant Food Company, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 212)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 3331
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の特殊肥料市場:種類別(UAN、CAN、MAP、硫酸カリウム、硝酸カリウム)、適用方法別(土壌、葉、および施肥)、フォーム別(乾燥および液体)、作物種類別、技術別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の実験室用ろ過市場:製品別(フィルターアセンブリ、フィルターメディアアクセサリー)、技術別(限外ろ過、精密ろ過、ナノろ過、RO)、エンドユーザー別(医薬品、バイオ医薬品会社、飲食店)、地域別
    MarketsandMarkets社は、実験室用ろ過の世界市場規模が2019年25億ドルから2025年41億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の実験室用ろ過市場を広く調査・分析し、市場概要、業界インサイト、製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー)分析、技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界インサイト ・世界の実験室用ろ過市場:製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー) ・世界の実験室用ろ過市場:技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過) ・世界の実験室用ろ過市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所) ・世界の実験室用ろ過市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • モバイル及びウェブイベント分析の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル及びウェブイベント分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル及びウェブイベント分析の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック基複合材料(CMC)の世界市場予測(~2026年):酸化物/酸化物、SiC/SiC、炭素/炭素
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セラミック基複合材料(CMC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、セラミック基複合材料(CMC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卓球用品の世界市場:ラケット、ボール、卓球台
    当調査レポートでは、卓球用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓球用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レモネード飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レモネード飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レモネード飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 レモネード飲料は、主な原材料としてレモンやレモン濃縮物を使って作られた飲料です。レモネード味は、ソフトドリンク、ジュースその他で一般的に使用されています。レモン味以外にも、ラズベリー、イチゴ、その他の味を使ったレモネードもあります。Technavio社はレモネード飲料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Britvic• THE COCA-COLA COMPANY• Dr Pepper Snapple• PepsiCo等です。
  • 世界の子宮頸癌診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、子宮頸癌診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・子宮頸癌診断・検査装置の概要 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別子宮頸癌診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・子宮頸癌診断・検査装置の最近動向
  • 円板刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、円板刃の世界市場について調査・分析し、円板刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別円板刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、円板刃種類別分析(平型、凹面型)、円板刃用途別分析(OEM、交換用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・円板刃の市場概観 ・円板刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・円板刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・円板刃の世界市場規模 ・円板刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・円板刃のアメリカ市場規模推移 ・円板刃のカナダ市場規模推移 ・円板刃のメキシコ市場規模推移 ・円板刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・円板刃のドイツ市場規模推移 ・円板刃のイギリス市場規模推移 ・円板刃のロシア市場規模推移 ・円板刃のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・円板刃の日本市場規模推移 ・円板刃の中国市場規模推移 ・円板刃の韓国市場規模推移 ・円板刃のインド市場規模推移 ・円板 …
  • エンドウでん粉の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンドウでん粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(食品・飲料、飼料、ペットフード、工業用)分析、機能別(結合・増粘、ゲル化、テクスチャライジング、膜形成)分析、グレード別分析、エンドウでん粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用照明の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳虚血(Brain Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳虚血(Brain Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳虚血(Brain Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳虚血(Brain Ischemia)の概要 ・脳虚血(Brain Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳虚血(Brain Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳虚血(Brain Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • AIガバナンスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、AIガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション(プラットフォーム及びソフトウェアツール)およびサービス)分析、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、政府および防衛、通信、小売、および自動車)分析、AIガバナンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、AIガバナンスの世界市場規模が2019年51百万ドルから2025年316百万ドルまで年平均44.3%成長すると予測しています。
  • 無線周波数(RF)信号発生器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、無線周波数(RF)信号発生器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無線周波数(RF)信号発生器市場規模、用途別(電気通信、航空宇宙・防衛、機械、エレクトロニクス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場概要 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場環境 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場動向 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場規模 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:業界構造分析 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:用途別(電気通信、航空宇宙・防衛、機械、エレクトロニクス) ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無線周波数(RF)信号発生器の北米市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器のアジア太平洋市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器の …
  • ハイブリッド画像検査装置の世界市場2017-2021:PET/CT、SPECT/CT、PET/MRI
    当調査レポートでは、ハイブリッド画像検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド画像検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プリント基板用コネクタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プリント基板用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリント基板用コネクタの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの心臓補助装置市場(~2021)
  • 収益サイクル管理(RCM)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、収益サイクル管理(RCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、構成要素別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 医療用エクソスケルトンの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、種類別(動力源付き、パッシブ)、モビリティ別(固定型、可搬型)、四肢別、地域別予測
    本資料は、医療用エクソスケルトンの世界市場について調べ、医療用エクソスケルトンの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、タイプ別(動力源付き、パッシブ)分析、モビリティ別(固定型、可搬型)分析、四肢別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用エクソスケルトンの世界市場概要 ・医療用エクソスケルトンの世界市場環境 ・医療用エクソスケルトンの世界市場動向 ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模 ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:タイプ別(動力源付き、パッシブ) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:モビリティ別(固定型、可搬型) ・医療用エクソスケルトンの世界市場規模:四肢別 ・医療用エクソスケルトンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用エクソスケルトンの北米市場規模・予測 ・医療用エクソスケルトンのアメ …
  • 金属粉末の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属粉末の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 金属粉末は、微粉末状にした金属を指し、溶射、焼結部品の製造、プラスチックの充填、その他関連した用途に使用されます。金属粉末はまた、粉末冶金(PM)に応用されています。粉末冶金の利点としては、従来の機械装置による無駄な廃棄物を無くし、合金部品の種類を増やしてくれる可能性があります。Technavio社は金属粉末の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcoa, • ATI, • BASF, • Rio Tinto, • Sandvik.等です。
  • ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場予測(~2021年):ポリマー、金属、セラミックス
    当調査レポートでは、ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、機能別分析、需要先別分析、ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食品用固化防止剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用固化防止剤市場2015について調査・分析し、食品用固化防止剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015について調査・分析し、自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の無水フッ化水素(AHF)市場-分析及び展望(~2022年)
  • 高機能繊維の世界市場予測(~2021年):炭素繊維、アラミド繊維、PBI、PPS、ガラス繊維、セラミックス
    当調査レポートでは、高機能繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、高機能繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィギュアスケート用品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フィギュアスケート用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フィギュアスケート用品市場規模、製品別(フィギュアスケート、アクセサリー)分析、製品別(フィギュアスケート、アクセサリー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Athletic Shoe, Jackson Ultima Shoes, ROCES, Rollerblade, SP-Teriなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フィギュアスケート用品の世界市場概要 ・フィギュアスケート用品の世界市場環境 ・フィギュアスケート用品の世界市場動向 ・フィギュアスケート用品の世界市場規模 ・フィギュアスケート用品の世界市場:業界構造分析 ・フィギュアスケート用品の世界市場:製品別(フィギュアスケート、アクセサリー) ・フィギュアスケート用品の世界市場:製品別(フィギュアスケート、アクセサリー) ・フィギュアスケート用品の世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 太陽光発電BOS(Balance of System)の世界市場:市場規模、技術動向、コスト分析、主要国分析
  • 圧縮空気処理の世界市場:製品別(フィルタ、ドライヤー、アフタークーラー)、用途別、地域別予測
    本資料は、圧縮空気処理の世界市場について調べ、圧縮空気処理の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(フィルタ、ドライヤー、アフタークーラー)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・圧縮空気処理の世界市場概要 ・圧縮空気処理の世界市場環境 ・圧縮空気処理の世界市場動向 ・圧縮空気処理の世界市場規模 ・圧縮空気処理の世界市場規模:製品別(フィルタ、ドライヤー、アフタークーラー) ・圧縮空気処理の世界市場規模:用途別 ・圧縮空気処理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・圧縮空気処理の北米市場規模・予測 ・圧縮空気処理のアメリカ市場規模・予測 ・圧縮空気処理のヨーロッパ市場規模・予測 ・圧縮空気処理のアジア市場規模・予測 ・圧縮空気処理の日本市場規模・予測 ・圧縮空気処理の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別
    MarketsandMarkets社は、核形成剤&清澄剤の世界市場規模が2019年28億ドルから2024年38億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本書は、世界の核形成剤&清澄剤市場について調査・分析し、市場概要、製品別(造核剤、清澄剤、主な造核剤および清澄剤)分析、フォーム別(粉末、顆粒、液体)分析、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、その他)分析、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の核形成剤&清澄剤市場:製品別(造核剤、清澄剤、主な造核剤および清澄剤) ・世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体) ・世界の核形成剤&清澄剤市場:ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート、その他) ・世界の核形成剤&清澄剤市場:用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器、その他) ・世界の核形成剤&清澄剤市場:地域別 ・競合環境 ・企 …
  • トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トイドローンおよびクワッドコプター市場規模、技術別(リモート操作、半自律的、自律的)分析、製品別(回転翼、固定翼、ハイブリッド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場概要 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場環境 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場動向 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場規模 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場:業界構造分析 ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場:技術別(リモート操作、半自律的、自律的) ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場:製品別(回転翼、固定翼、ハイブリッド) ・トイドローンおよびクワッドコプターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トイドローンおよびクワッドコプターの北米市場規模・予測 ・トイドロ …
  • 消磁システムの世界市場予測(~2023年):消磁、測定、船体消磁
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、消磁システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション(消磁、測定、船体消磁)別分析、エンドユーザー(OEM、サービス、アフターマーケット)別分析、船舶タイプ(MCMV、OPV、FAC、潜水艦、フリゲート艦、コルベット艦、駆逐艦、航空母艦、水陸両用車)別分析、消磁システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維の世界市場予測(~2026):連続炭素繊維、炭素長繊維、炭素短繊維
    当調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、原料別分析、形状別分析、需要先別分析、炭素繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨密度計の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、骨密度計の世界市場規模が2019年247百万ドルから2024年311百万ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、骨密度計の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(デュアルエネルギーX線吸収法スキャナー、末梢骨密度計)分析、用途別(骨粗鬆症及び骨減少症診断、嚢胞性線維症診断、慢性腎疾患診断、体組成測定、関節リウマチ診断)分析、エンドユーザー別(病院及び専門クリニック、診断及び画像センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・骨密度計の世界市場:種類別(デュアルエネルギーX線吸収法スキャナー、末梢骨密度計) ・骨密度計の世界市場:用途別(骨粗鬆症及び骨減少症診断、嚢胞性線維症診断、慢性腎疾患診断、体組成測定、関節リウマチ診断) ・骨密度計の世界市場:エンドユーザー別(病院及び専門クリニック、診断及び画像センター、そ …
  • 中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015について調査・分析し、酸化亜鉛ナノ粒子の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ループス治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ループス治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ループス治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 介入性心臓治療機器の世界市場予測(~2022年):血管形成術、カテーテル、プラーク・モディフィケーション、血行動態フロー変更、ガイドワイヤー、イントロデューサーシース
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、介入性心臓治療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、地域別分析、介入性心臓治療機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-8受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-8受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-8受容体拮抗薬の概要 ・IL-8受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-8受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-8受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-8受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマート農業・畜産の世界市場2014-2025:タイプ別(精密農業、畜産監視、スマート温室、その他)、提供別、用途別
    本調査レポートでは、スマート農業・畜産の世界市場について調査・分析し、スマート農業・畜産の世界市場動向、スマート農業・畜産の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート農業・畜産市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 湿度センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、湿度センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿度センサー市場規模、用途別(工業、家電、HVACシステム、気候試験室、石油・ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・湿度センサーの世界市場概要 ・湿度センサーの世界市場環境 ・湿度センサーの世界市場動向 ・湿度センサーの世界市場規模 ・湿度センサーの世界市場:業界構造分析 ・湿度センサーの世界市場:用途別(工業、家電、HVACシステム、気候試験室、石油・ガス、その他) ・湿度センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・湿度センサーのアメリカ市場規模・予測 ・湿度センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・湿度センサーのアジア市場規模・予測 ・湿度センサーの主要国分析 ・湿度センサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・湿度センサーの世界市場:成長要因、課題 ・湿度センサーの世界市場:競争環境 ・湿度センサーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の住血吸虫症市場2019
    本調査レポートでは、世界の住血吸虫症市場2019について調査・分析し、住血吸虫症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、住血吸虫症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、住血吸虫症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・住血吸虫症の市場概要 ・住血吸虫症の上流・下流市場分析 ・住血吸虫症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・住血吸虫症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・住血吸虫症の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・住血吸虫症の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出 …
  • 構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、構造用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別(溶剤ベース、水ベース)分析、樹脂別(エポキシ、ポリウレタン、アクリル、MMA、シアノアクリレート)分析、用途別(建築および建設、自動車、風力エネルギー、航空宇宙)分析、構造用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、構造用接着剤の世界市場規模が2019年140億ドルから2024年194億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。
  • 心ペースメーカーの世界市場
    当調査レポートでは、心ペースメーカーの世界市場について調査・分析し、心ペースメーカーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • データ統合・データ品質ツールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データ統合・データ品質ツールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データ統合・データ品質ツール市場規模、最終用途別(大企業、政府機関、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場概要 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場環境 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場動向 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場規模 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場:業界構造分析 ・データ統合・データ品質ツールの世界市場:最終用途別(大企業、政府機関、中小企業) ・データ統合・データ品質ツールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・データ統合・データ品質ツールのアメリカ市場規模・予測 ・データ統合・データ品質ツールのヨーロッパ市場規模・予測 ・データ統合・データ品質ツールのアジア市場規模・予測 ・データ統合・データ品質ツールの主要国分析 ・データ統合・データ品質ツールの世界市 …
  • 教育部門におけるデジタルサイネージ(電子看板)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育部門におけるデジタルサイネージ(電子看板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育部門におけるデジタルサイネージ(電子看板)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 香辛料の世界市場:コショウ、トウガラシ、生姜、シナモン、クミン、ウコン、ナツメグ、メース、カルダモン、コリアンダー、クローブ
    当調査レポートでは、香辛料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレス充電の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレス充電の世界市場について調査・分析し、ワイヤレス充電の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレス充電の世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレス充電の世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレス充電の世界市場:距離別分析/市場規模 ・ワイヤレス充電の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ワイヤレス充電の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレス充電の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレス充電の北米市場規模・分析 ・ワイヤレス充電の欧州市場・分析 ・ワイヤレス充電のアジア市場・分析 ・ワイヤレス充電の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 膣鏡の世界市場
    当調査レポートでは、膣鏡の世界市場について調査・分析し、膣鏡の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 膣鏡の世界市場:市場動向分析 - 膣鏡の世界市場:競争要因分析 - 膣鏡の世界市場:製品別 ・光学式膣鏡 ・ビデオ膣鏡 ・電子膣鏡 - 膣鏡の世界市場:エンドユーザー別 ・診断研究所 ・病院 ・婦人科のクリニック - 膣鏡の世界市場:用途別 ・健康診断 ・子宮頸がん診断 ・その他 - 膣鏡の世界市場:主要地域別分析 - 膣鏡の北米市場規模(アメリカ市場等) - 膣鏡のヨーロッパ市場規模 - 膣鏡のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・膣鏡の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のトリクロロイソシアヌル酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリクロロイソシアヌル酸市場2015について調査・分析し、トリクロロイソシアヌル酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 身体装着用カメラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、身体装着用カメラの世界市場について調査・分析し、身体装着用カメラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別身体装着用カメラシェア、市場規模推移、市場規模予測、身体装着用カメラ種類別分析(記録用タイプ、記録・ライブストリーミングタイプ)、身体装着用カメラ用途別分析(地域警察、法執行機関、一般利用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・身体装着用カメラの市場概観 ・身体装着用カメラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・身体装着用カメラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・身体装着用カメラの世界市場規模 ・身体装着用カメラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・身体装着用カメラのアメリカ市場規模推移 ・身体装着用カメラのカナダ市場規模推移 ・身体装着用カメラのメキシコ市場規模推移 ・身体装着用カメラのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・身体装着用カメラのドイツ市場規模推移 ・身体装着用カメラのイギリス市場規模推移 ・身体装 …
  • 世界のホイールハブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のホイールハブ市場2016について調査・分析し、ホイールハブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無機シンチレータの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・無機シンチレータの世界市場:イントロダクション ・無機シンチレータの世界市場:市場概観 ・無機シンチレータの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・無機シンチレータの世界市場:セグメント別市場分析 ・無機シンチレータの世界市場:用途別分析/市場規模 ・無機シンチレータの世界市場:種類別分析/市場規模 ・無機シンチレータの世界市場:主要地域別市場分析 ・無機シンチレータの世界市場:関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"