"世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 3581)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing funding and investments and growing industrial applications are expected to drive the overall growth of the hyperspectral imaging systems market.”
The global hyperspectral imaging (HSI) systems market is projected to reach USD 25.2 billion by 2024 from USD 11.1 billion in 2019, marking a CAGR of 17.8%. Market growth can largely be attributed to factors such as increasing funding and investments in this field and the growing industrial applications of HSI. The untapped market opportunities in emerging markets are also expected to provide growth opportunities for players in the market. On the other hand, data storage issues and the high costs associated with HSI systems are expected to limit adoption, thereby restricting market growth during the forecast period. Attaining super-resolution in a cost-effective manner is a major challenge faced by the industry, which may hamper market growth to a certain extent.

“The cameras segment is expected to dominate the market during the forecast period.”
On the basis of product, the hyperspectral imaging systems market is segmented into cameras and accessories. Cameras are expected to command a larger share of the hyperspectral imaging systems market, by product, in 2019. Technological advancements, the development of affordable hyperspectral imaging cameras, and the increasing adoption of hyperspectral technology for defense and industrial applications are driving the growth of the hyperspectral cameras segment.

“The life sciences and medical diagnostics segment will witness the highest growth in the hyperspectral imaging systems market.”
Based on application, the hyperspectral imaging systems market is segmented into military surveillance, remote sensing, machine vision & optical sorting, life sciences & medical diagnostics, and other applications (includes colorimetry, meteorology, thin-film manufacturing, and night vision). The military surveillance segment is estimated to account for the largest share of the hyperspectral imaging systems market in 2019, while the life sciences & medical diagnostics segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period. This is attributed to the increasing use of hyperspectral imaging in medical diagnosis and image-guided surgery.

“North America will dominate the market during the forecast period.”
Geographically, the hyperspectral imaging systems market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, and Rest of the World. In 2018, North America accounted for the largest share of the hyperspectral imaging systems market. The large share of this region can be attributed to the presence of highly developed research infrastructure, availability of technologically advanced imaging products, and growing adoption of hyperspectral imaging in military surveillance, environmental monitoring, mining, machine vision, and life sciences and diagnostics. The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type – Tier 1: 30%, Tier 2: 48%, and Tier 3: 22%
• By Designation – C-level: 28%, D-level: 33%, and Others: 39%
• By Region – North America: 32%, Europe: 30%, Asia Pacific: 23%, and Rest of the World: 15%
List of Companies Profiled in the Report
• Headwall Photonics, Inc. (US)
• Applied Spectral Imaging, Inc. (US)
• Corning Incorporated (US)
• Surface Optics Corporation (US)
• Norsk Elektro Optikk AS (Norway)
• Resonon, Inc. (US)
• Specim, Spectral Imaging Ltd. (Finland)
• Telops, Inc. (Canada)
• BaySpec, Inc. (US)
• Cubert GmbH (Germany)
• inno-spec GmbH (Germany)
• XIMEA GmbH (Germany)
• Brandywine Photonics (US)
• Photon Etc (Canada)
• imec (Belgium)
• Galileo Group, Inc. (US)
• Hypermed Imaging, Inc. (US)
• Camlin Group (Ireland)
• ChemImage Corporation (US)
• Raytheon (US)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global hyperspectral imaging systems market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product, technology, application, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall hyperspectral imaging systems market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.3.2 Markets Covered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation and Methodology
2.2.1 Primary-Based Market Estimation
2.2.2 Growth Forecast
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Hyperspectral Imaging Systems: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Market, By Application (2019)
4.3 Market for Remote Sensing Applications, By Type, 2019–2024
4.4 Market: Geographic Snapshot
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Drivers
5.1.1.1 Increasing Funding and Investments
5.1.1.2 Growing Industrial Applications of Hyperspectral Imaging
5.1.2 Market Restraints
5.1.2.1 Data Storage Challenges and High Costs
5.1.3 Market Opportunities
5.1.3.1 Untapped Market Opportunities in Emerging Countries
5.1.4 Market Challenges
5.1.4.1 Attaining Super-Resolution in A Cost-Effective Manner
6 Hyperspectral Imaging Systems Market, By Product (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Cameras
6.2.1 Hyperspectral Imaging Cameras to Witness the Highest Growth Owing to Their Increasing Applications in Defense & Industrial Applications
6.3 Accessories
6.3.1 Increase in the Adoption of Hyperspectral Imaging Systems to Support the Adoption of Associated Accessories
7 Hyperspectral Imaging Systems Market, By Technology (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Pushbroom
7.2.1 Pushbroom Technology Segment Dominates the Market
7.3 Snapshot
7.3.1 Snapshot Segment to Witness the Highest Growth During the Forecast Period
7.4 Other Technologies
8 Hyperspectral Imaging Systems Market, By Application (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 Military Surveillance
8.2.1 Military Surveillance is the Largest Application Segment of the Market
8.3 Remote Sensing
8.3.1 Agriculture
8.3.1.1 Agriculture is the Largest & Fastest-Growing Segment of the Remote Sensing Applications Market
8.3.2 Mining/Mineral Mapping
8.3.2.1 Hyperspectral Imaging Systems Can Accurately Map Areas That are Spectrally Unique at the Surface to Produce Comprehensive Mineral Maps
8.3.3 Environmental Monitoring
8.3.3.1 Hyperspectral Imaging Systems in Environmental Monitoring are Used to Monitor Natural Disasters
8.3.4 Other Remote Sensing Applications
8.4 Life Sciences & Medical Diagnostics
8.4.1 Life Sciences & Medical Diagnostics Segment to Register the Highest Growth During the Forecast Period
8.5 Machine Vision & Optical Sorting
8.5.1 Growing Focus on Automation to Increase Productivity in Various Industries Will Drive the Market for Machine Vision and Optical Sorting
8.6 Other Applications
9 Hyperspectral Imaging Systems Market, By Region (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Rising Government Investments and Continuous Technological Developments Will Drive the Market in the Country
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Dominates the European Market for Hyperspectral Imaging Systems
9.3.2 France
9.3.2.1 Rising Interest in Expanding the Applications of Hyperspectral Imaging is Driving Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Growing Interest in Deploying Hyperspectral Imaging in Research Applications to Drive Market Growth in the UK
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Implementation of Hyperspectral Imaging Technology in New Application Areas Will Drive the Italian Market
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Advancements in Research are Supporting the Growth of the Spanish Market
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Holds the Largest Share of the Market in the Asia Pacific
9.4.2 China
9.4.2.1 China Will Register the Highest CAGR During the Forecast Period in the Asia Pacific Hyperspectral Imaging Market
9.4.3 India
9.4.3.1 Increased Research Will Drive Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 98)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking
10.3 Competitive Situation and Trends
10.3.1 Partnerships, Agreements, & Collaborations (2016–2019)
10.3.2 Product Launches (2016–2019)
10.3.3 Acquisitions (2016–2019)
10.3.4 Expansions (2016–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping (2019)
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 105)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Headwall Photonics, Inc.
11.2 Specim, Spectral Imaging Ltd.
11.3 Norsk Elektro Optikk as (NEO)
11.4 Resonon, Inc.
11.5 Corning Incorporated
11.6 Telops
11.7 Applied Spectral Imaging
11.8 Bayspec, Inc.
11.9 Surface Optics Corporation
11.10 Chemimage Corporation
11.11 Cubert GmbH
11.12 Raytheon
11.13 Galileo Group, Inc.
11.14 Hypermed Imaging, Inc.
11.15 Inno-Spec
11.16 Camlin Group Ltd.
11.17 IMEC
11.18 Other Players
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 134)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 3581
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場:製品別(カメラ、アクセサリー)、技術別(スナップショット、プッシュほうき)、用途別(軍事監視、リモートセンシング、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の自動車用ワイヤーハーネス市場:用途別(エンジン、シャーシ、キャビン、ボディ&照明、HVAC、バッテリー、シート、サンルーフ、ドア)、伝送種類別(データおよび電気)、カテゴリ別、ICE&電気自動車別、コンポーネント別、材料別、地域別
    MarketsandMarkets社は、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模が2019年433億ドルから2027年554億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。本書は、世界の自動車用ワイヤーハーネス市場について調査・分析し、市場概要、カテゴリー別(一般ワイヤ、耐熱ワイヤ、シールドワイヤ、チューブワイヤ)分析、用途別(エンジンハーネス、シャーシワイヤリングハーネス、ボディおよび照明用ハーネス、HVACワイヤリングハーネス、ダッシュボード/キャビンハーネス、バッテリーワイヤリングハーネス、シートワイヤリングハーネス、サンルーフワイヤリングハーネス、ドアワイヤリングハーネス)分析、コンポーネント別(コネクタ、ワイヤ、端子、その他)分析、材料種類別(金属、光ファイバー)分析、ICE&電気自動車別(乗用車、小型商用車(LCV)、バス、トラック)分析、48vアーキテクチャ別(必要、インパクト)分析、電気自動車&用途別(バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車、燃料電池電気自動車(FCEV))分析、地域別分析、競合環境、企業概要な …
  • クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場
    当調査レポートでは、クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場について調査・分析し、クロマトグラフィー用付属品/消耗品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エタノール燃料バスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エタノール燃料バスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エタノール燃料バスの世界市場規模及び予測、市場シェア、エタノールソース別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 沿岸警備の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、沿岸警備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、構造別分析、地域別分析、沿岸警備の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パレットコンベヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パレットコンベヤの世界市場について調査・分析し、パレットコンベヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パレットコンベヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、パレットコンベヤ種類別分析()、パレットコンベヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パレットコンベヤの市場概観 ・パレットコンベヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パレットコンベヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パレットコンベヤの世界市場規模 ・パレットコンベヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パレットコンベヤのアメリカ市場規模推移 ・パレットコンベヤのカナダ市場規模推移 ・パレットコンベヤのメキシコ市場規模推移 ・パレットコンベヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パレットコンベヤのドイツ市場規模推移 ・パレットコンベヤのイギリス市場規模推移 ・パレットコンベヤのロシア市場規模推移 ・パレットコンベヤのアジア市場分析(日本、中 …
  • 株式売買ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、株式売買ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、株式売買ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上車両(UGV)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、無人地上車両(UGV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、種類別分析、サイズ別分析、地域別分析、無人地上車両(UGV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック製卵容器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プラスチック製卵容器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチック製卵容器市場規模、製品別(トレイ、カートン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プラスチック製卵容器の世界市場概要 ・プラスチック製卵容器の世界市場環境 ・プラスチック製卵容器の世界市場動向 ・プラスチック製卵容器の世界市場規模 ・プラスチック製卵容器の世界市場:業界構造分析 ・プラスチック製卵容器の世界市場:製品別(トレイ、カートン) ・プラスチック製卵容器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチック製卵容器の北米市場規模・予測 ・プラスチック製卵容器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・プラスチック製卵容器のアジア太平洋市場規模・予測 ・プラスチック製卵容器の主要国分析 ・プラスチック製卵容器の世界市場:意思決定フレームワーク ・プラスチック製卵容器の世界市場:成長要因、課題 ・プラスチック製卵容器の世界市場:競争環境 ・プ …
  • 重症筋無力症の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、重症筋無力症の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、重症筋無力症市場規模、治療法別(迅速免疫療法、薬物治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 重症筋無力症の世界市場:市場動向分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:競争要因分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:治療法別(迅速免疫療法、薬物治療) ・ 重症筋無力症の世界市場:主要地域別分析 ・ 重症筋無力症の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 重症筋無力症のヨーロッパ市場規模 ・ 重症筋無力症のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・重症筋無力症の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 電波暗室の世界市場予測2019-2024
    「電波暗室の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、自由音場、半自由音場など、用途別には、Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。電波暗室のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・電波暗室の世界市場概要(サマリー) ・電波暗室の企業別販売量・売上 ・電波暗室の企業別市場シェア ・電波暗室の世界市場規模:種類別(自由音場、半自由音場) ・電波暗室の世界市場規模:用途別(Automotive、Electronics、Aerospace、Scientific Research、Military、Others) ・電波暗室の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・電波暗室のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・電波暗室の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • 室内空気質ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、室内空気質ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、室内空気質ソリューション市場規模、製品別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Aeroqual, DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll Rand (Trane), TSI, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・室内空気質ソリューションの世界市場概要 ・室内空気質ソリューションの世界市場環境 ・室内空気質ソリューションの世界市場動向 ・室内空気質ソリューションの世界市場規模 ・室内空気質ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・室内空気質ソリューションの世界市場:製品別(機器、サービス) ・室内空気質ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・室内空気質ソリューションの北米市場規模・予測 ・室内空気質ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模 …
  • フロアー・パッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フロアー・パッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フロアー・パッドの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 便槽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便槽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便槽の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用複合材料の世界市場2017-2021:高分子マトリックス複合材料、金属マトリックス複合材料、セラミックスマトリックス複合材料
    当調査レポートでは、自動車用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPETスキャナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のPETスキャナー市場2015について調査・分析し、PETスキャナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハニカム芯材の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハニカム芯材の世界市場について調査・分析し、ハニカム芯材の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハニカム芯材の世界市場規模:製品種類別分析 ・ハニカム芯材の世界市場規模:用途別分析 ・ハニカム芯材の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハニカム芯材の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • エンタープライズ・モビリティの世界市場
    当調査レポートでは、エンタープライズ・モビリティの世界市場について調査・分析し、エンタープライズ・モビリティの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 超純水の世界市場:超純水装置/材料/サービス、超純水用途、地域別分析
    当調査レポートでは、超純水の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、装置別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 赤外線撮像の世界市場
    当調査レポートでは、赤外線撮像の世界市場について調査・分析し、赤外線撮像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 赤外線撮像の世界市場:市場動向分析 - 赤外線撮像の世界市場:競争要因分析 - 赤外線撮像の世界市場:波長別 ・遠赤外線 ・長波赤外線 ・中波赤外線 ・近赤外線 ・短波赤外線 - 赤外線撮像の世界市場:部品別 ・赤外線センサー ・赤外検出器 ・赤外線レンズシステム ・その他 - 赤外線撮像の世界市場:種類別 ・固定赤外線撮像製品 ・持ち運び可能な赤外線撮像製品 - 赤外線撮像の世界市場:用途別 ・航空宇宙および防衛 ・自動車 ・家電 ・消火 ・産業用 ・医療用 ・監視 - 赤外線撮像の世界市場:技術別 ・冷却赤外線技術 ・非冷却赤外線技術 - 赤外線撮像の世界市場:主要地域別分析 - 赤外線撮像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 赤外線撮像のヨーロッパ市場規模 - 赤外線撮像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・赤外線撮像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 生分解性マルチフィルムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生分解性マルチフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生分解性マルチフィルム市場規模、組成別(ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)配合でんぷん、ポリ乳酸(PLA)配合でんぷん、でんぷん、その他)分析、穀物種類別(花・植物、果物・野菜、穀物・油糧種子)分析、生分解性プラスチック別(制御分解マスターバッチ、熱可塑性でんぷん(TPS)、脂肪族・芳香族コポリエステル(AAC))分析、販売経路別(B2C、B2B)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:市場動向分析 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:競争要因分析 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:組成別(ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)配合でんぷん、ポリ乳酸(PLA)配合でんぷん、でんぷん、その他) ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:穀物種類別(花・植物、果物・野菜、穀物・油糧種子) ・ 生分解性マルチフィルムの世界市 …
  • 世界のトップ10高成長複合材料市場
  • ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレンテレフタラート(PET)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のインタラクティブホワイトボード(電子黒板)市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 学生RFID追跡の世界市場
    当調査レポートでは、学生RFID追跡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生RFID追跡の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺水腫(Pulmonary Edema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺水腫(Pulmonary Edema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺水腫(Pulmonary Edema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬剤
  • 自動車用エアバッグの世界市場2016-2020:カーテンエアバッグ、フロントエアバッグ
    当調査レポートでは、自動車用エアバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用エアバッグの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーバンクの世界市場予測:容量別、USBポート単位別、インジケーター別、バッテリー種類別
    MarketsandMarkets社は、パワーバンクの世界市場規模が2019年95億ドルから2024年179億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、容量別(1,000–5,000 mAh、5,001–10,000 mAh、10,001–15,000 mAh、15,001–20,000 mAh、20,001 mAhより上)分析、USBポート単位別分析、インジケーター別分析、バッテリー種類別分析、パワーバンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート教室用書画カメラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート教室用書画カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート教室用書画カメラの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧料用顔料の世界市場予測(~2022年):構成(有機、無機)、種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、化粧料用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、化粧料用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • IoTチップの世界市場予測(~2022):ハードウェア別(プロセッサ、センサー、接続IC、メモリー機器、ロジック機器)、最終用途別(ウェアラブル機器、ビルディングオートメーション、産業、自動車・輸送、その他)、地域別
    当調査レポートでは、IoTチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ハードウェア別分析、用途別分析、地域別分析、IoTチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のVAD市場2015について調査・分析し、VADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗生物質の世界市場2017-2021:天然、半合成、合成
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、抗生物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗生物質の世界市場規模及び予測、用途別分析、作用機序別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は抗生物質の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAllergan、GlaxoSmithKline、Merck、Pfizer等です。
  • 局所薬品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、局所薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、局所薬品市場規模、製品別(半固体、液体、固体)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allergan, Bayer, Bausch Health, GlaxoSmithKline, Nestléなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・局所薬品の世界市場概要 ・局所薬品の世界市場環境 ・局所薬品の世界市場動向 ・局所薬品の世界市場規模 ・局所薬品の世界市場:業界構造分析 ・局所薬品の世界市場:製品別(半固体、液体、固体) ・局所薬品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・局所薬品の北米市場規模・予測 ・局所薬品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・局所薬品のアジア太平洋市場規模・予測 ・局所薬品の主要国分析 ・局所薬品の世界市場:意思決定フレームワーク ・局所薬品の世界市場:成長要因、課題 ・局所薬品の世界市場:競争環境 ・局所薬品の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 産業用制御システム(ICS)セキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用制御システム(ICS)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別(ファイアウォール、マルウェア対策・ウイルス対策、IAM、暗号化、ホワイトリスト登録、セキュリティコンフィギュレーション管理、DDoS、IDS・IPS)分析、サービス別分析、セキュリティタイプ別分析、産業別分析、産業用制御システム(ICS)セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヘルペス後神経痛(Postherpetic Neuralgia)治療薬剤
  • FMCG(日用品)産業におけるビックデータ活用戦略
  • 溶剤再生の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、溶剤再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶剤再生の世界市場規模及び予測、設備種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の真空遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空遮断器市場2015について調査・分析し、真空遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • eSIMの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、eSIMの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、eSIM市場規模、用途別(自動車、消費者製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Gemalto, Infineon Technologies, Deutsche Telekom, STMicroelectronics, NXP Semiconductorsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・eSIMの世界市場概要 ・eSIMの世界市場環境 ・eSIMの世界市場動向 ・eSIMの世界市場規模 ・eSIMの世界市場:業界構造分析 ・eSIMの世界市場:用途別(自動車、消費者製品、その他) ・eSIMの世界市場:地域別市場規模・分析 ・eSIMの北米市場規模・予測 ・eSIMのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・eSIMのアジア太平洋市場規模・予測 ・eSIMの主要国分析 ・eSIMの世界市場:意思決定フレームワーク ・eSIMの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界の鶏肉加工機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の鶏肉加工機械市場2015について調査・分析し、鶏肉加工機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ乳酸の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • バイオエタノールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオエタノール市場規模、供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオエタノールの世界市場概要 ・バイオエタノールの世界市場環境 ・バイオエタノールの世界市場動向 ・バイオエタノールの世界市場規模 ・バイオエタノールの世界市場:業界構造分析 ・バイオエタノールの世界市場:供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他) ・バイオエタノールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオエタノールのアメリカ市場規模・予測 ・バイオエタノールのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオエタノールのアジア市場規模・予測 ・バイオエタノールの主要国分析 ・バイオエタノールの世界市場:意思決定フレームワーク ・バイオエタノールの世界市場:成長要因、課題 ・バイオエタノールの世界市場:競争環境 ・バイオエタノールの世界市場:関連企業 …
  • 外科用開創器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用開創器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用開創器市場規模、製品別(ハンドヘルド型、留置型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用開創器の世界市場概要 ・外科用開創器の世界市場環境 ・外科用開創器の世界市場動向 ・外科用開創器の世界市場規模 ・外科用開創器の世界市場:業界構造分析 ・外科用開創器の世界市場:製品別(ハンドヘルド型、留置型) ・外科用開創器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用開創器の北米市場規模・予測 ・外科用開創器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用開創器のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用開創器の主要国分析 ・外科用開創器の世界市場:意思決定フレームワーク ・外科用開創器の世界市場:成長要因、課題 ・外科用開創器の世界市場:競争環境 ・外科用開創器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen、BD、 …
  • 抗真菌薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、抗真菌薬の世界市場について調査・分析し、抗真菌薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 農業用トラクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業用トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用トラクター市場規模、種類別(車輪トラクター、歩行牽引トラクター)分析、馬力別(250HP以上、181HP~250HP、121HP~180HP、81HP~120HP、40HP~80HP、40HP、40HP未満)分析、エンジン容量別(高排気量、中排気量、低排気量)分析、製品別(四輪駆動、二輪駆動、全輪駆動、自動運転、その他)分析、機器種類別(脱穀機、回転機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業用トラクターの世界市場:市場動向分析 ・ 農業用トラクターの世界市場:競争要因分析 ・ 農業用トラクターの世界市場:種類別(車輪トラクター、歩行牽引トラクター) ・ 農業用トラクターの世界市場:馬力別(250HP以上、181HP~250HP、121HP~180HP、81HP~120HP、40HP~80HP、40HP、40HP未満) ・ 農業用トラクターの世界市場:エ …
  • HVAC(空調)絶縁の世界市場2016-2020:発泡プラスチック、ウール
    当調査レポートでは、HVAC(空調)絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(空調)絶縁の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Epedigreeソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Epedigreeソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Epedigreeソフトウェアの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"