"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4414)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global 3D cell culture market is projected to grow at a CAGR of 15.7% during the forecast period.”
The 3D cell culture market is projected to reach USD 1,846 million by 2024 from USD 892 million in 2019, at a CAGR of 15.7%. The growth in this market is primarily driven by the increasing focus on developing alternatives to animal testing, growing focus on personalized medicine, increasing incidence of chronic diseases, and the availability of funding for research. On the other hand, the lack of infrastructure for 3D cell-based research and the high cost of cell biology research are expected to limit market growth during the forecast period.

“The microfluidics-based 3D cell cultures segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on product, the 3D cell culture market is segmented into scaffold-based, scaffold-free, microfluidics-based, and magnetic & bioprinted 3D cell cultures. The microfluidics-based segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. Funding initiatives from various government and private investors are among the key factors driving the growth of this market.

“The cancer and stem cell research segment accounted for the largest share of the 3D cell culture market in 2018.”
On the basis of application, the 3D cell culture market is segmented into cancer & stem cell research, drug discovery & toxicology testing, and tissue engineering & regenerative medicine. The cancer & stem cell research segment accounted for the largest share of the market in 2018. The increasing prevalence of cancer and significant funding initiatives for cancer research from the government as well as the private sector are some of the major factors driving the growth of this application segment.

“Europe to witness high growth during the forecast period.”
Based on region, the 3D cell culture market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, and the Rest of the World (RoW). The European market is expected to grow at the highest CAGR owing to the growth of the pharmaceutical and biotechnology industry, increasing incidence of cancer, growing number of venture capital investments, strategic expansion of market players in the region, recent commercialization of microfluidic-based products, increasing presence of major market players, and the large number of research activities in the region.
The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1: 50%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 20%
• By Designation: C-level: 37%, D-level: 29%, and Others: 34%
• By Region: North America: 38%, Europe: 23%, Asia: 30%, and the RoW: 9%

List of companies profiled in this report
• Thermo Fisher Scientific (US)
• Corning Incorporated (US)
• Merck (Germany)
• Lonza AG (Switzerland)
• REPROCELL Incorporated (Japan)
• TissUse (Germany)
• InSphero (Switzerland)
• Synthecon (US)
• 3D Biotek (US)
• CN Bio (UK)
• Hamilton Company (US)
• MIMETAS (Netherlands)
• Emulate (US)
• Hµrel Corporation (US)
• QGel SA (Switzerland)
• SynVivo (US)
• Advanced BioMatrix (US)
• Greiner Bio-One International (Austria)
• PromoCell (Germany)

Research Coverage:
The report provides an overview of the 3D cell culture market. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments such as product, application, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the 3D cell culture market by providing them with the closest approximations of revenues for the overall market and its subsegments. This report will help stakeholders to understand the competitive landscape better and gain insights to position their businesses and help companies adopt suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information regarding key market drivers and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.3 Primary Sources
2.2.4 Key Insights From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation Methodology
2.3.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.4 Market Data Estimation and Triangulation
2.5 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 3D Cell Culture: Market Overview
4.2 Scaffold-Based 3D Cell Cultures Market, By Type, 2019–2024 (USD Million)
4.3 Market Share, By End User & Region, 2018
4.4 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Increasing Focus on Developing Alternatives to Animal Testing
5.2.1.2 Growing Focus on Personalized Medicine
5.2.1.3 Increasing Incidence of Chronic Diseases
5.2.1.4 Availability of Funding for Research
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Infrastructure for 3D Cell-Based Research
5.2.2.2 High Cost of Cell Biology Research
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Microfluidics-Based 3D Cell Culture
5.2.3.2 Emerging Economies
5.2.3.3 Regenerative Medicine—An Alternative to Organ Transplantation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Consistency in 3D Cell Culture Products
6 3D Cell Culture Market, By Product (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Scaffold-Based 3D Cell Cultures
6.2.1 Hydrogels/ECM Analogs
6.2.1.1 Hydrogels/ECM Analogs Dominate the Scaffold-Based 3D Cell Cultures Market
6.2.2 Solid Scaffolds
6.2.2.1 Solid Scaffolds are Widely Adopted in Regenerative Medicine and Preclinical in Vitro Testing
6.2.3 Micropatterned Surfaces
6.2.3.1 Micropatterned Surfaces Enhance the Expression of Enzymes Levels and Drug Reactivity
6.3 Scaffold-Free 3D Cell Cultures
6.3.1 Low Attachment Plates
6.3.1.1 Low Attachment Plates are Expected to Grow at the Highest Rate in the Scaffold-Free 3D Cell Cultures Market
6.3.2 Hanging Drop Plates
6.3.2.1 Hanging Drop Plates are Widely Used in Stem Cell Differentiation and Cytotoxicity Research
6.3.3 3D Bioreactors
6.3.3.1 3D Bioreactors are Commonly Used for the Mass Production of Cells and Tissue Engineering Application
6.3.4 3D Petri Dishes
6.3.4.1 Europe Will Show the Highest Growth in the 3D Petri Dishes Market
6.4 Microfluidics-Based 3D Cell Cultures
6.4.1 Microfluidics-Based 3D Cell Cultures Will Grow at the Highest Rate in the Market
6.5 Magnetic & Bioprinted 3D Cell Cultures
6.5.1 3D Cell Culture Can Be Formed Without Media in Magnetic Levitation
7 3D Cell Culture Market, By Application (Page No. – 64)
7.1 Introduction
7.2 Cancer & Stem Cell Research
7.2.1 Rising Prevalence of Cancer is Supporting the Growth of This Application Segment
7.3 Drug Discovery & Toxicology Testing
7.3.1 Increasing Adoption of Personalized Medicines to Drive the Growth of This Market
7.4 Tissue Engineering & Regenerative Medicine
7.4.1 Europe is Expected to Register the Highest Growth in the Tissue Engineering & Regenerative Medicine Market
8 3D Cell Culture Market, By End User (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Stability and Long Lifespans of 3D Cell Culture Models have Driven Market Growth
8.3 Research Institutes
8.3.1 Increasing Government Funding for Research and High Prevalence of Cancer are Driving Market Growth
8.4 Cosmetics Industry
8.4.1 Focus on Developing Alternatives to Animal Testing is A Key Factor Driving Market Growth
8.5 Other End Users
9 3D Cell Culture Market, By Region (Page No. – 80)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Dominate the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Advancements in the Field of Regenerative Medicine to Drive Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Increasing Investment By Various Key Players and Growing Funding From Government Organizations to Drive the Market
9.3.2 UK
9.3.2.1 Growth in the Life Science Industry to Drive Market Growth in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Growth in the Biotechnology Industry to Drive Market Growth in France
9.3.4 RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan to Dominate the Asia Pacific Market
9.4.2 China
9.4.2.1 Government Support and Strategic Initiatives By Key Players to Strengthen the Biotechnology Sector in China
9.4.3 India
9.4.3.1 Growth in the Life Science Industry to Support Market Growth in India
9.4.4 RoAPAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 115)
10.1 Overview
10.2 Market Shares Analysis, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situation and Trends
10.4.1 Product Launches and Upgrades
10.4.2 Expansions
10.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships, Agreements, Alliances, and Collaborations
10.4.5 Other Strategies
11 Company Profiles (Page No. – 121)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
11.1 Thermo Fisher Scientific
11.2 Corning Incorporated
11.3 Merck KGaA
11.4 Lonza Group
11.5 REPROCELL
11.6 3D Biotek LLC
11.7 Emulate, Inc.
11.8 CN Bio Innovations Limited
11.9 Hamilton Company
11.1 Insphero AG
11.11 Kirkstall, Ltd.
11.12 MIMETAS BV
11.13 TissUse GmbH
11.14 Synthecon Incorporated
11.15 QGel SA
11.16 Other Key Players
11.16.1 Greiner Bio-One International GmbH
11.16.2 Promocell GmbH
11.16.3 Advanced Biomatrix, Inc.
11.16.4 Hµrel Corporation
11.16.5 Synvivo, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 150)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4414
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 農業用グローバッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業用グローバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用グローバッグ市場規模、製品別分析、素材別(ポリエチレン、布)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用グローバッグの世界市場概要 ・農業用グローバッグの世界市場環境 ・農業用グローバッグの世界市場動向 ・農業用グローバッグの世界市場規模 ・農業用グローバッグの世界市場:業界構造分析 ・農業用グローバッグの世界市場:製品別 ・農業用グローバッグの世界市場:素材別(ポリエチレン、布) ・農業用グローバッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用グローバッグの北米市場規模・予測 ・農業用グローバッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農業用グローバッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・農業用グローバッグの主要国分析 ・農業用グローバッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・農業用グローバッグの世界市場:成長要因、課題 ・農業用グローバッグの世界 …
  • 農業用ドローンの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、農業用ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、構成品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他)、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車排気システムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルタ(GPF)、その他)分析、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他) ・自動車排気システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル) ・自動車排気システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車&商用車) ・自動車排気システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のウルトラキャパシタ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウルトラキャパシタ市場2015について調査・分析し、ウルトラキャパシタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸カリウム市場2016について調査・分析し、炭酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリフェニレンエーテル(PPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリフェニレンエーテル(PPE)市場2016について調査・分析し、ポリフェニレンエーテル(PPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用/業務用/産業用床洗浄機(スクラバー)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用/業務用/産業用床洗浄機(スクラバー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用/業務用/産業用床洗浄機(スクラバー)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 顧客関係管理(CRM)の世界市場分析:展開別、企業規模別、用途別(BFSI、小売、ヘルスケア、テレコム&IT、ディスクリート型製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顧客関係管理(CRM)の世界市場について調査・分析し、顧客関係管理(CRM)の世界市場動向、顧客関係管理(CRM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別顧客関係管理(CRM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッケージング塗料用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、機能別(スリップ剤、帯電防止剤、防曇剤、アンチブロッキング剤、抗菌剤)分析、剤形別(水溶性、油溶性、パウダーベース)分析、用途別(食品、工業、ヘルスケア、消費財)分析、パッケージング塗料用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波式気泡検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波式気泡検知器市場2015について調査・分析し、超音波式気泡検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノ印刷技術装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノ印刷技術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ印刷技術装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ボールベアリング(玉軸受)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボールベアリング(玉軸受)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • システムトレードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、システムトレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムトレードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿道炎(Urethritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尿道炎(Urethritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿道炎(Urethritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尿道炎(Urethritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・尿道炎(Urethritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・尿道炎(Urethritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尿道炎(Urethritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尿道炎(Urethritis)治療薬剤
  • 民間用・軍用パラシュートの世界市場:円形、ラムエアー、正方形・十字形、ドローグ
    Technavio社の本調査レポートでは、民間用・軍用パラシュートの世界市場について調べ、民間用・軍用パラシュートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間用・軍用パラシュートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(円形、ラムエアー、正方形・十字形、ドローグ)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は民間用・軍用パラシュートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間用・軍用パラシュートの市場状況 ・民間用・軍用パラシュートの市場規模 ・民間用・軍用パラシュートの市場予測 ・民間用・軍用パラシュートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(円形、ラムエアー、正方形・十字形、ドローグ) ・民間用・軍用パラシュートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企 …
  • 世界の高分子アルミ電解コンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子アルミ電解コンデンサ市場2015について調査・分析し、高分子アルミ電解コンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術室用装置・用品の世界市場
    当調査レポートでは、手術室用装置・用品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・手術室用装置・用品の世界市場:装置種類別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:用品種類別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・手術室用装置・用品のアメリカ市場規模予測 ・手術室用装置・用品のヨーロッパ市場規模予測 ・手術室用装置・用品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 食券・従業員給付ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食券・従業員給付ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食券・従業員給付ソリューション市場規模、用途別(職権、従業員給付)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場概要 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場環境 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場動向 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場規模 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:用途別(職権、従業員給付) ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食券・従業員給付ソリューションの北米市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのアジア太平洋市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションの主要国分析 ・食券・従業員給付ソリュー …
  • ホームシアターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ホームシアターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホームシアター市場規模、製品別(スピーカー、サウンドバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホームシアターの世界市場概要 ・ホームシアターの世界市場環境 ・ホームシアターの世界市場動向 ・ホームシアターの世界市場規模 ・ホームシアターの世界市場:業界構造分析 ・ホームシアターの世界市場:製品別(スピーカー、サウンドバー) ・ホームシアターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホームシアターのアメリカ市場規模・予測 ・ホームシアターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ホームシアターのアジア市場規模・予測 ・ホームシアターの主要国分析 ・ホームシアターの世界市場:意思決定フレームワーク ・ホームシアターの世界市場:成長要因、課題 ・ホームシアターの世界市場:競争環境 ・ホームシアターの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • パワーバンクの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーバンク市場規模、バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池)分析、製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他)分析、ポートタイプ別(USBポート2個、USBポート1個、USBポート3個以上)分析、容量レンジ別(15500mAh以上、12500-15499mAh、9500-12499mAh、6500-9499mAh、3500-6499mAh)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ パワーバンクの世界市場:市場動向分析 ・ パワーバンクの世界市場:競争要因分析 ・ パワーバンクの世界市場:バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池) ・ パワーバンクの世界市場:製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他) ・ パワーバンク …
  • 浄水器の世界市場:RO浄水器、グラビティ式浄水器、UV浄水器
    当調査レポートでは、浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浄水器の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クエン酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クエン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クエン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ファンシーヤーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファンシーヤーンの世界市場について調査・分析し、ファンシーヤーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファンシーヤーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ファンシーヤーン種類別分析(シェニール糸、ささべり糸、輪奈糸、星糸、スラブヤーン、その他)、ファンシーヤーン用途別分析(縫製産業、服飾用付属品、カーペット、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファンシーヤーンの市場概観 ・ファンシーヤーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファンシーヤーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファンシーヤーンの世界市場規模 ・ファンシーヤーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ファンシーヤーンのアメリカ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのカナダ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのメキシコ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ファンシーヤーンのドイツ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのイギ …
  • 世界のランドリートロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のランドリートロリー市場2016について調査・分析し、ランドリートロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場:デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース)、タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS)、最終用途別(専門診療所・通院外科診療所、病院)、地域別予測
    本資料は、眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場について調べ、眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界規模、市場動向、市場環境、デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース)分析、タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS)分析、最終用途別(専門診療所・通院外科診療所、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場概要 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場環境 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場動向 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模 ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模:デリバリーモデル別(オンプレミス、Web・クラウドベース) ・眼科用PACS(医療用画像管理システム)の世界市場規模:タイプ別(統合型PACS、スタンドアロン型PACS) ・眼科用PACS(医療用画像管理システム) …
  • ITロボット・オートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、ITロボット・オートメーションの世界市場について調査・分析し、ITロボット・オートメーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 通信事業者のデジタル広告戦略
  • マイコプラズマ検査の世界市場予測(~2022年):検査キット、試薬、装置、技術、用途、需要先
    当調査レポートでは、マイコプラズマ検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、マイコプラズマ検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 弾薬取り扱いシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、弾薬取り扱いシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、弾薬取り扱いシステム市場規模、銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲)分析、装填方法別(非結合、結合)分析、コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他)分析、プラットフォーム別(海、航空、陸)分析、作動形態別(半自動式、自動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:装填方法別(非結合、結合) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場 …
  • 中国の乳房用X線診断装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の乳房用X線診断装置市場2015について調査・分析し、乳房用X線診断装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体レーザーの世界市場
    当調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、半導体レーザーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のモーション検出器市場2016
    本調査レポートでは、世界のモーション検出器市場2016について調査・分析し、モーション検出器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用バイオセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用バイオセンサー市場2015について調査・分析し、医療用バイオセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 接着促進剤の世界市場2017-2021:シラン、無水マイレン酸、塩素化ポリオレフィン
    当調査レポートでは、接着促進剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、接着促進剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肝硬変治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、肝硬変治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肝硬変治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム板の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルミニウム板の世界市場について調査・分析し、アルミニウム板の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルミニウム板シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルミニウム板種類別分析( 2XXX、5XXX、 6XXX、 7XXX、その他)、アルミニウム板用途別分析(航空宇宙産業、鉄道産業、造船、海洋工学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルミニウム板の市場概観 ・アルミニウム板のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルミニウム板のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルミニウム板の世界市場規模 ・アルミニウム板の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルミニウム板のアメリカ市場規模推移 ・アルミニウム板のカナダ市場規模推移 ・アルミニウム板のメキシコ市場規模推移 ・アルミニウム板のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アルミニウム板のドイツ市場規模推移 ・アルミニウム板のイギリス市場規模推移 ・アルミニウム板の …
  • アセトンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アセトンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アセトンの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル捺染印刷インク市場規模・予測2017-2025:用途別(衣類・ガーメント、家庭用、技術用テキスタイル、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデジタル捺染印刷インク市場について調査・分析し、世界のデジタル捺染印刷インク市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデジタル捺染印刷インク関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 慢性特発性便秘(CIC)治療薬のアジア太平洋市場
  • カジノゲーム装置の世界市場2017-2021:カジノテーブル、スロットマシーン、ゲームチップ、ビデオポーカー機械
    当調査レポートでは、カジノゲーム装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲーム装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 喘息用スペーサーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、喘息用スペーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喘息用スペーサー市場規模、流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喘息用スペーサーの世界市場概要 ・喘息用スペーサーの世界市場環境 ・喘息用スペーサーの世界市場動向 ・喘息用スペーサーの世界市場規模 ・喘息用スペーサーの世界市場:業界構造分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア) ・喘息用スペーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・喘息用スペーサーの北米市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・喘息用スペーサーの主要国分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・喘息用スペーサーの世界市場:成長要因、課題 ・喘息用スペーサーの世界市場:競争環境 ・喘息用スペーサーの …
  • DNAプローブベース診断の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、DNAプローブベース診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DNAプローブベース診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はDNAプローブベース診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott Laboratories、F. Hoffmann La Roche、GE Healthcare、Thermo Fisher Scientific等です。
  • ロボット医用画像システムの世界市場:X線、超音波、MRI、CTスキャン
    当調査レポートでは、ロボット医用画像システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット医用画像システム市場規模、製品別(X線、超音波、MRI、CTスキャン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Electric, Hitachi, Midea Group, Siemens, Titan Medicalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボット医用画像システムの世界市場概要 ・ロボット医用画像システムの世界市場環境 ・ロボット医用画像システムの世界市場動向 ・ロボット医用画像システムの世界市場規模 ・ロボット医用画像システムの世界市場:業界構造分析 ・ロボット医用画像システムの世界市場:製品別(X線、超音波、MRI、CTスキャン) ・ロボット医用画像システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット医用画像システムの北米市場規模・予測 ・ロボット医用画像システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ロボット …
  • マスターバッチの世界市場2014-2025:タイプ別、担体ポリマー別(PP、PE、PVC、PET)、最終用途別(包装、建設、日用品、自動車、農業)、地域別
    本調査レポートでは、マスターバッチの世界市場について調査・分析し、マスターバッチの世界市場動向、マスターバッチの世界市場規模、市場予測、セグメント別マスターバッチ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品・飲料用金属缶の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、食品・飲料用金属缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、食品・飲料用金属缶の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場2017-2021:発電、送電、変電所オートメーション、配電
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギーグリッド管理用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエネルギーグリッド管理用IoTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均35.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAccenture、Cisco、Intel、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 世界のテニスシューズ市場2015
    本調査レポートでは、世界のテニスシューズ市場2015について調査・分析し、テニスシューズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートテキスタイルの世界市場2016-2023
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophic Lateral Sclerosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の筋萎縮性側索硬化症(ALS/Amyotrophi …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"