"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4414)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global 3D cell culture market is projected to grow at a CAGR of 15.7% during the forecast period.”
The 3D cell culture market is projected to reach USD 1,846 million by 2024 from USD 892 million in 2019, at a CAGR of 15.7%. The growth in this market is primarily driven by the increasing focus on developing alternatives to animal testing, growing focus on personalized medicine, increasing incidence of chronic diseases, and the availability of funding for research. On the other hand, the lack of infrastructure for 3D cell-based research and the high cost of cell biology research are expected to limit market growth during the forecast period.

“The microfluidics-based 3D cell cultures segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on product, the 3D cell culture market is segmented into scaffold-based, scaffold-free, microfluidics-based, and magnetic & bioprinted 3D cell cultures. The microfluidics-based segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. Funding initiatives from various government and private investors are among the key factors driving the growth of this market.

“The cancer and stem cell research segment accounted for the largest share of the 3D cell culture market in 2018.”
On the basis of application, the 3D cell culture market is segmented into cancer & stem cell research, drug discovery & toxicology testing, and tissue engineering & regenerative medicine. The cancer & stem cell research segment accounted for the largest share of the market in 2018. The increasing prevalence of cancer and significant funding initiatives for cancer research from the government as well as the private sector are some of the major factors driving the growth of this application segment.

“Europe to witness high growth during the forecast period.”
Based on region, the 3D cell culture market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, and the Rest of the World (RoW). The European market is expected to grow at the highest CAGR owing to the growth of the pharmaceutical and biotechnology industry, increasing incidence of cancer, growing number of venture capital investments, strategic expansion of market players in the region, recent commercialization of microfluidic-based products, increasing presence of major market players, and the large number of research activities in the region.
The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1: 50%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 20%
• By Designation: C-level: 37%, D-level: 29%, and Others: 34%
• By Region: North America: 38%, Europe: 23%, Asia: 30%, and the RoW: 9%

List of companies profiled in this report
• Thermo Fisher Scientific (US)
• Corning Incorporated (US)
• Merck (Germany)
• Lonza AG (Switzerland)
• REPROCELL Incorporated (Japan)
• TissUse (Germany)
• InSphero (Switzerland)
• Synthecon (US)
• 3D Biotek (US)
• CN Bio (UK)
• Hamilton Company (US)
• MIMETAS (Netherlands)
• Emulate (US)
• Hµrel Corporation (US)
• QGel SA (Switzerland)
• SynVivo (US)
• Advanced BioMatrix (US)
• Greiner Bio-One International (Austria)
• PromoCell (Germany)

Research Coverage:
The report provides an overview of the 3D cell culture market. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments such as product, application, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the 3D cell culture market by providing them with the closest approximations of revenues for the overall market and its subsegments. This report will help stakeholders to understand the competitive landscape better and gain insights to position their businesses and help companies adopt suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information regarding key market drivers and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.3 Primary Sources
2.2.4 Key Insights From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation Methodology
2.3.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.4 Market Data Estimation and Triangulation
2.5 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 3D Cell Culture: Market Overview
4.2 Scaffold-Based 3D Cell Cultures Market, By Type, 2019–2024 (USD Million)
4.3 Market Share, By End User & Region, 2018
4.4 Market: Geographic Growth Opportunities
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Increasing Focus on Developing Alternatives to Animal Testing
5.2.1.2 Growing Focus on Personalized Medicine
5.2.1.3 Increasing Incidence of Chronic Diseases
5.2.1.4 Availability of Funding for Research
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Infrastructure for 3D Cell-Based Research
5.2.2.2 High Cost of Cell Biology Research
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Microfluidics-Based 3D Cell Culture
5.2.3.2 Emerging Economies
5.2.3.3 Regenerative Medicine—An Alternative to Organ Transplantation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Consistency in 3D Cell Culture Products
6 3D Cell Culture Market, By Product (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Scaffold-Based 3D Cell Cultures
6.2.1 Hydrogels/ECM Analogs
6.2.1.1 Hydrogels/ECM Analogs Dominate the Scaffold-Based 3D Cell Cultures Market
6.2.2 Solid Scaffolds
6.2.2.1 Solid Scaffolds are Widely Adopted in Regenerative Medicine and Preclinical in Vitro Testing
6.2.3 Micropatterned Surfaces
6.2.3.1 Micropatterned Surfaces Enhance the Expression of Enzymes Levels and Drug Reactivity
6.3 Scaffold-Free 3D Cell Cultures
6.3.1 Low Attachment Plates
6.3.1.1 Low Attachment Plates are Expected to Grow at the Highest Rate in the Scaffold-Free 3D Cell Cultures Market
6.3.2 Hanging Drop Plates
6.3.2.1 Hanging Drop Plates are Widely Used in Stem Cell Differentiation and Cytotoxicity Research
6.3.3 3D Bioreactors
6.3.3.1 3D Bioreactors are Commonly Used for the Mass Production of Cells and Tissue Engineering Application
6.3.4 3D Petri Dishes
6.3.4.1 Europe Will Show the Highest Growth in the 3D Petri Dishes Market
6.4 Microfluidics-Based 3D Cell Cultures
6.4.1 Microfluidics-Based 3D Cell Cultures Will Grow at the Highest Rate in the Market
6.5 Magnetic & Bioprinted 3D Cell Cultures
6.5.1 3D Cell Culture Can Be Formed Without Media in Magnetic Levitation
7 3D Cell Culture Market, By Application (Page No. – 64)
7.1 Introduction
7.2 Cancer & Stem Cell Research
7.2.1 Rising Prevalence of Cancer is Supporting the Growth of This Application Segment
7.3 Drug Discovery & Toxicology Testing
7.3.1 Increasing Adoption of Personalized Medicines to Drive the Growth of This Market
7.4 Tissue Engineering & Regenerative Medicine
7.4.1 Europe is Expected to Register the Highest Growth in the Tissue Engineering & Regenerative Medicine Market
8 3D Cell Culture Market, By End User (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Stability and Long Lifespans of 3D Cell Culture Models have Driven Market Growth
8.3 Research Institutes
8.3.1 Increasing Government Funding for Research and High Prevalence of Cancer are Driving Market Growth
8.4 Cosmetics Industry
8.4.1 Focus on Developing Alternatives to Animal Testing is A Key Factor Driving Market Growth
8.5 Other End Users
9 3D Cell Culture Market, By Region (Page No. – 80)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Dominate the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Advancements in the Field of Regenerative Medicine to Drive Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Increasing Investment By Various Key Players and Growing Funding From Government Organizations to Drive the Market
9.3.2 UK
9.3.2.1 Growth in the Life Science Industry to Drive Market Growth in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Growth in the Biotechnology Industry to Drive Market Growth in France
9.3.4 RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan to Dominate the Asia Pacific Market
9.4.2 China
9.4.2.1 Government Support and Strategic Initiatives By Key Players to Strengthen the Biotechnology Sector in China
9.4.3 India
9.4.3.1 Growth in the Life Science Industry to Support Market Growth in India
9.4.4 RoAPAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 115)
10.1 Overview
10.2 Market Shares Analysis, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situation and Trends
10.4.1 Product Launches and Upgrades
10.4.2 Expansions
10.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships, Agreements, Alliances, and Collaborations
10.4.5 Other Strategies
11 Company Profiles (Page No. – 121)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
11.1 Thermo Fisher Scientific
11.2 Corning Incorporated
11.3 Merck KGaA
11.4 Lonza Group
11.5 REPROCELL
11.6 3D Biotek LLC
11.7 Emulate, Inc.
11.8 CN Bio Innovations Limited
11.9 Hamilton Company
11.1 Insphero AG
11.11 Kirkstall, Ltd.
11.12 MIMETAS BV
11.13 TissUse GmbH
11.14 Synthecon Incorporated
11.15 QGel SA
11.16 Other Key Players
11.16.1 Greiner Bio-One International GmbH
11.16.2 Promocell GmbH
11.16.3 Advanced Biomatrix, Inc.
11.16.4 Hµrel Corporation
11.16.5 Synvivo, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 150)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4414
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の3D細胞培養市場:製品別(ハイドロゲル、ハンギングドロップ、バイオリアクター、マイクロフルイディクス、磁気浮上)、用途別(がん、幹細胞、毒性学、組織工学)、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、化粧品)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • タイミングリレー(限時継電器)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、タイミングリレー(限時継電器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイマー別分析、設置タイプ別分析、機能別分析、需要先別分析、タイミングリレー(限時継電器)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルTVの世界市場
    本資料は、デジタルTVの世界市場について調べ、デジタルTVの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(HDTV、SDTV、EDTV、その他)分析、解像度別(720P、1080P、4K、その他)分析、サイズ別(11”-32”、33”-42”、44”-50”)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco Systems Inc.、Desire2Learn、AWE Acquisition Inc.、Blackboard Inc.、Pearson Plc、SumTotal Systems Inc.、Tata Interactive Systems、Smart Technologies、Saba Software Inc.、Promethean Inc.、Wall Family Enterprise 、McGraw-Hill Education、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルTVの世界市場概要 ・デジタルTVの世界市場環境 ・デジタルTVの …
  • オーガニックでんぷんの北米市場
  • 血栓除去機器の世界市場
    当調査レポートでは、血栓除去機器の世界市場について調査・分析し、血栓除去機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血栓除去機器の世界市場:市場動向分析 - 血栓除去機器の世界市場:競争要因分析 - 血栓除去機器の世界市場:用途別 ・末梢血管用 ・神経血管用 ・心臓血管用 - 血栓除去機器の世界市場:製品別 ・超音波血栓除去機器 ・流体力学的血栓除去機器 ・機械的/破砕的血栓除去機器 ・吸引型血栓除去機器 - 血栓除去機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・病院および外科センター ・研究所および学術機関 ・その他 - 血栓除去機器の世界市場:主要地域別分析 - 血栓除去機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血栓除去機器のヨーロッパ市場規模 - 血栓除去機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血栓除去機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 太陽電池の世界市場2016-2020:リチウムイオン電池、鉛蓄電池、ナトリウム系電池
    当調査レポートでは、太陽電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、太陽電池の世界市場規模及び予測、電池種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レーダ装置の世界市場:CWレーダ、パルスレーダ
    当調査レポートでは、レーダ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、用途別分析、範囲別分析、構成品別分析、レーダ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用洗濯機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用洗濯機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用洗濯機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リモコンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモコンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テレコムエンタープライズサービスの世界市場
    当調査レポートでは、テレコムエンタープライズサービスの世界市場について調査・分析し、テレコムエンタープライズサービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上式、インクジェット式、シリンジ式、レーザー式)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車用コンバーチブルルーフシステム市場:車両種類別、ルーフ種類別、地域別
    本調査レポートは自動車用コンバーチブルルーフシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、車両種類別(定性)(ラグジュアリーカー、セミラグジュアリーカー)分析、ルーフ種類別(ソフトトップ、ハードトップ)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・自動車用コンバーチブルルーフシステムの世界市場:車両種類別(定性)(ラグジュアリーカー、セミラグジュアリーカー) ・自動車用コンバーチブルルーフシステムの世界市場:ルーフ種類別(ソフトトップ、ハードトップ) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ハイブリッドファイバー同軸ケーブル(Hybrid Fiber Coaxial:HFC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ハイブリッドファイバー同軸ケーブル(Hybrid Fiber Coaxial:HFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(トランシーバー、アンプ、エンコーダー、変調器、RFコンバイナー、スプリッター、光ノード、光ファイバーケーブル、同軸/銅線ケーブル)分析、用途(デジタルテレビ、ブロードバンド)分析、ハイブリッドファイバー同軸ケーブル(Hybrid Fiber Coaxial:HFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭酸カドミウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭酸カドミウム市場2015について調査・分析し、炭酸カドミウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アウトドア用カウンター・シンクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アウトドア用カウンター・シンクの世界市場について調査・分析し、アウトドア用カウンター・シンクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アウトドア用カウンター・シンクシェア、市場規模推移、市場規模予測、アウトドア用カウンター・シンク種類別分析()、アウトドア用カウンター・シンク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アウトドア用カウンター・シンクの市場概観 ・アウトドア用カウンター・シンクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アウトドア用カウンター・シンクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アウトドア用カウンター・シンクの世界市場規模 ・アウトドア用カウンター・シンクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アウトドア用カウンター・シンクのアメリカ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのカナダ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのメキシコ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • キルギスのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • バイオチップの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界の静脈内注入ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内注入ポンプ市場2015について調査・分析し、静脈内注入ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車業界におけるIIoTの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車業界におけるIIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車業界におけるIIoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場
    当調査レポートでは、リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場:機能別分析/市場規模 ・リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・リテールアナリティクス(小売分析)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・リテールアナリティクス(小売分析)のアメリカ市場規模予測 ・リテールアナリティクス(小売分析)のヨーロッパ市場規模予測 ・リテールアナリティクス(小売分析)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のUV塗料市場規模・予測2017-2025:構成要素別(モノマー、オリゴマー、光開始剤・その他)、種類別(木材、プラスチック、紙、コンフォーマル、表示、OPV)、エンドユーザー別(産業用塗料、電子機器、グラフィックアート)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のUV塗料市場について調査・分析し、世界のUV塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のUV塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 電気油圧式サーボ弁の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気油圧式サーボ弁の世界市場について調査・分析し、電気油圧式サーボ弁の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気油圧式サーボ弁シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気油圧式サーボ弁種類別分析(ノズルフラッパ弁、ジェット弁、動弁 )、電気油圧式サーボ弁用途別分析(航空宇宙産業、製鋼工業、電力事業、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気油圧式サーボ弁の市場概観 ・電気油圧式サーボ弁のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気油圧式サーボ弁のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気油圧式サーボ弁の世界市場規模 ・電気油圧式サーボ弁の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気油圧式サーボ弁のアメリカ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のカナダ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のメキシコ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気油圧式サーボ弁のドイツ市場規模推移 ・電気油圧 …
  • 中国の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • ニコチン依存症(Nicotine Addiction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるニコチン依存症(Nicotine Addiction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ニコチン依存症(Nicotine Addiction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ニコチン依存症(Nicotine Addiction)の概要 ・ニコチン依存症(Nicotine Addiction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン依存症(Nicotine Addiction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン依存症(Nicotine Addiction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の概要 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心血管危険因子(C …
  • ソーシャルメディア分析の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ソーシャルメディア分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、構成要素別分析、種類別分析、産業別分析、ソーシャルメディア分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの整形外科処置動向(~2021)
  • 間質性膀胱炎治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、間質性膀胱炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、間質性膀胱炎治療薬市場規模、種類別(経口治療、膀胱内治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場概要 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場環境 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場動向 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場規模 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:種類別(経口治療、膀胱内治療) ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・間質性膀胱炎治療薬の北米市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・間質性膀胱炎治療薬の主要国分析 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:競争環境 ・間質性膀胱炎治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 表面実装技術装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、表面実装技術装置の世界市場について調査・分析し、表面実装技術装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 表面実装技術装置の世界市場:市場動向分析 - 表面実装技術装置の世界市場:競争要因分析 - 表面実装技術装置の世界市場:装置別 半田付け装置 装着機 点検装置 清掃機 修理及び再処理装置 画像印刷機 - 表面実装技術装置の世界市場:構成材料別 トランジスタ及びダイオード 受動表面実装装置 統合サーキット - 表面実装技術装置の世界市場:サービス別 購買後サービス デザイン 試験及び試作品 供給網サービス - 表面実装技術装置の世界市場:用途別 宇宙航空及び防衛 家電 産業 エネルギーと動力システム 通信 医療 自動車 その他の用途 - 表面実装技術装置の世界市場:主要地域別分析 - 表面実装技術装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 表面実装技術装置のヨーロッパ市場規模 - 表面実装技術装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・表面実装技術装置の世界市場:主な市 …
  • ブラジルの整形外科処置動向(~2021)
  • 世界の4Kセットトップボックス市場規模・予測2017-2025:商品別(OTT、DTT、サテライト、IPTV・ハイブリッド)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の4Kセットトップボックス市場について調査・分析し、世界の4Kセットトップボックス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の4Kセットトップボックス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ワイン物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイン物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイン物流市場規模、サービス別(輸送、倉庫業・付加価値サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイン物流の世界市場概要 ・ワイン物流の世界市場環境 ・ワイン物流の世界市場動向 ・ワイン物流の世界市場規模 ・ワイン物流の世界市場:業界構造分析 ・ワイン物流の世界市場:サービス別(輸送、倉庫業・付加価値サービス) ・ワイン物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイン物流のアメリカ市場規模・予測 ・ワイン物流のヨーロッパ市場規模・予測 ・ワイン物流のアジア市場規模・予測 ・ワイン物流の主要国分析 ・ワイン物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・ワイン物流の世界市場:成長要因、課題 ・ワイン物流の世界市場:競争環境 ・ワイン物流の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スパイス・調味料の世界市場:用途別(肉・鶏肉製品、軽食・インスタント食品、スープ・ソース・ドレッシング、ベーカリー・菓子類、冷凍食品、飲料、その他)、種類別(コショウ、トウガラシ、生姜、シナモン、クミン、ターメリック、ナツメグ・メース、カルダモン、コリアンダー、クローブ、その他)、地域別予測
    本資料は、スパイス・調味料の世界市場について調べ、スパイス・調味料の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(肉・鶏肉製品、軽食・インスタント食品、スープ・ソース・ドレッシング、ベーカリー・菓子類、冷凍食品、飲料、その他)分析、種類別(コショウ、トウガラシ、生姜、シナモン、クミン、ターメリック、ナツメグ・メース、カルダモン、コリアンダー、クローブ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、Mccormick & Company、Olam International、Ajinomoto Co. Inc.、Associated British Foods PLC、Kerry Group PLC、Ariake Japan Co. Ltd.、Sensient Technologies、Dohler Group、SHS Group、Worlee Gruppe、Everest Spices、Zhumadian Wang shou …
  • 糖尿病ケア装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、糖尿病ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病ケア装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は糖尿病ケア装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott Laboratories、Becton Dickinson、LifeScan、Roche Diagnostics等です。
  • クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場
    当調査レポートでは、クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クライアントSSD(ソリッドステートドライブ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の携帯型X線装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の携帯型X線装置市場2015について調査・分析し、携帯型X線装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 室内空気品質(IAQ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、室内空気品質(IAQ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、室内空気品質(IAQ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用デバイス市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 男性用化粧用品・洗面用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、男性用化粧用品・洗面用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、男性用化粧用品・洗面用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場について調査・分析し、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム シェア、市場規模推移、市場規模予測、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム 種類別分析()、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の市場概観 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場規模 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のアメリカ市場規模推移 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のカナダ市場規模推移 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリ …
  • 食品乾燥器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、食品乾燥器の世界市場について調査・分析し、食品乾燥器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別食品乾燥器シェア、市場規模推移、市場規模予測、食品乾燥器種類別分析(伝導型、対流式、放熱型)、食品乾燥器用途別分析(加工食品、肥料、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・食品乾燥器の市場概観 ・食品乾燥器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・食品乾燥器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・食品乾燥器の世界市場規模 ・食品乾燥器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・食品乾燥器のアメリカ市場規模推移 ・食品乾燥器のカナダ市場規模推移 ・食品乾燥器のメキシコ市場規模推移 ・食品乾燥器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・食品乾燥器のドイツ市場規模推移 ・食品乾燥器のイギリス市場規模推移 ・食品乾燥器のロシア市場規模推移 ・食品乾燥器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・食品乾燥器の日本市場規 …
  • バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の概要 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • レベルセンサーの世界市場:接触式レベルセンサー、非接触式レベルセンサー
    当調査レポートでは、レベルセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、需要先別分析、モニタリングタイプ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築プロジェクト管理ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、建築プロジェクト管理ソフトウェア種類別分析(パソコンインストール型ソフトウェア、携帯端末インストール型ソフトウェア、クラウドベースソフトウェア)、建築プロジェクト管理ソフトウェア用途別分析(ゼネラルコントラクター、個人建設マネージャー、請負業者 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの市場概観 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場規模 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・建築プ …
  • 植物油の世界市場2016-2020:パーム油、大豆油、キャノーラ油、ひまわり油
    当調査レポートでは、植物油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物油の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 温室栽培の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、温室栽培市場規模、用途別分析、製品別(プラスチック、ガラス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dalsem, Industries Harnois, Netafim, Richel Group, Ridder, Van der Hoevenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・温室栽培の世界市場概要 ・温室栽培の世界市場環境 ・温室栽培の世界市場動向 ・温室栽培の世界市場規模 ・温室栽培の世界市場:業界構造分析 ・温室栽培の世界市場:用途別 ・温室栽培の世界市場:製品別(プラスチック、ガラス) ・温室栽培の世界市場:地域別市場規模・分析 ・温室栽培の北米市場規模・予測 ・温室栽培のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・温室栽培のアジア太平洋市場規模・予測 ・温室栽培の主要国分析 ・温室栽培の世界市場:意思決定フレームワーク ・温室栽培の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • イオンミリング装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、イオンミリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電子顕微鏡種類別(SEM、TEM、FIB)分析、サンプル材料別分析、用途別(半導体製造、地質学研究所、医学研究所)分析、イオンミリング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、イオンミリング装置の世界市場規模が2019年15億万ドルから2024年23億万ドルまで年平均8.5%成長すると予測しています。
  • アフリカの給油カード市場分析
  • マイクロ熱電併給の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、マイクロ熱電併給の世界市場について調査・分析し、マイクロ熱電併給の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - マイクロ熱電併給の世界市場:市場動向分析 - マイクロ熱電併給の世界市場:競争要因分析 - マイクロ熱電併給の世界市場:用途別 産業用 住宅用 - マイクロ熱電併給の世界市場:種類別 燃料電池基盤 エンジン基盤 - マイクロ熱電併給の世界市場:技術別 プロトン交換膜燃料電池(PEMFC) スターリングエンジン 内燃機関エンジン 固体酸化物燃料電池 (SOFC) ランキンサイクルエンジン - マイクロ熱電併給の世界市場:主要地域別分析 - マイクロ熱電併給の北米市場規模(アメリカ市場等) - マイクロ熱電併給のヨーロッパ市場規模 - マイクロ熱電併給のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・マイクロ熱電併給の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"