"世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 3577)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Contrast media/contrast agents market is projected to grow at a CAGR of 3.8%.”
The global contrast media/contrast agents market is projected to reach USD 6.0 billion by 2024 from an estimated USD 5.0 billion in 2019, growing at a CAGR of 3.8% during the forecast period. The contrast media market has witnessed various advancements in products and their approvals to meet the needs of patients and radiologists worldwide.
Growth in the market can primarily be attributed to factors such as the increasing number of approvals for contrast agents and the rising volume of CT and MRI examinations globally. The growing number of research & funding activities for contrast agents and their applications provide immense opportunities for players in the contrast media market.

“The X-ray/CT procedures segment to hold the largest contrast media market share in 2019.”
Based on modality, the market is segmented into X-ray/CT, MRI, and ultrasound procedures. In 2019, X-ray/CT procedures segment is expected to command the largest share of the global contrast media market. The large share of this segment can be attributed to the increasing number of CT examinations across the globe, coupled with advancements in CT imaging technologies.

“The cardiovascular disorders segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on the indication, the contrast media market is categorized into cardiovascular disorders, cancer, gastrointestinal disorders, musculoskeletal disorders, neurological disorders, and nephrological disorders. The cardiovascular disorders segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Improvements in cardiac MRI procedures in cath labs, favorable reimbursement policies for contrast media used in cardiovascular diagnosis, and strong healthcare infrastructure in developed countries are some of the factors driving this segment.

“Asia Pacific to witness the highest growth during the forecast period.”
Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period of 2019–2024. Factors such as increasing R&D investments and favorable demographic scenario in China, rising aging population and cancer incidence in Japan, growing investments in the Indian radiology market, and growing focus of market players & increasing government support in other APAC countries are driving the growth of the contrast media market in this region.

Break of primary participants was as mentioned below:
 By Company Type: Tier I: 55%, Tier II: 25%, Tier III: 20%
 By Designation: C-Level Executives: 43%, Directors: 32%, Others: 25%
 By Region: North America: 38%, Europe: 23%, Asia Pacific : 29%, RoW: 10%
GE Healthcare (US), Bracco Imaging (Italy), Bayer HealthCare (Germany),Guerbet (France), Lantheus (US) were the leading players in the contrast media market.

Research Coverage
This report studies the Contrast Media/Contrast Agents market based on product, application, modality, indication, route of administration and region. The report also studies the different factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the Contrast Media/Contrast Agents market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the contrast media market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research Methodology
2.1.1.1 Secondary Research
2.1.1.2 Primary Research
2.1.2 Key Insights From Primary Sources
2.1.3 Market Size Estimation Methodology
2.1.4 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.1.5 Market Data Validation and Triangulation
2.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Contrast Media Market Overview
4.2 European Contrast Media Market, By Modality (2019)
4.3 Contrast Media Market Share, By Modality, 2019 vs. 2024
4.4 Contrast Media Market Share, By Route of Administration, 2019 vs. 2024
4.5 Contrast Media Market Share, By Indication, 2019 vs. 2024
4.6 Contrast Media Market Share, By Application, 2019 vs. 2024
4.7 Contrast Media Market Share, By Type, 2019 vs. 2024
4.8 Geographic Snapshot: Contrast Media Market
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Prevalence of Cancer and Cvds
5.2.1.2 Approvals of Contrast Agents
5.2.1.3 Increasing Demand for Early Diagnosis and Rising Volume of Ct and Mri Examinations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Side-Effects and Allergic Reactions Associated With Contrast Agents
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Generic Contrast Media
5.2.3.2 Increasing Research
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Technological Advancements in Imaging Solutions
5.2.4.2 Restriction and Withdrawal of Linear Gadolinium-Based Contrast Agents
6 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Iodinated Contrast Media
6.2.1 Extensive Usage of Iodinated Contrast Media in Ct Examinations is A Key Factor Supporting Market Growth
6.3 Gadolinium-Based Contrast Media
6.3.1 APAC is the Fastest-Growing Market for Gadolinium-Based Contrast Media
6.4 Microbubble Contrast Media
6.4.1 Microbubble Contrast Media to Register the Highest Growth Rate During the Forecast Period
6.5 Barium-Based Contrast Media
6.5.1 Barium-Based Contrast Media Can Cause Adverse Effects in Patients, Owing to Which the Market is Projected to Decline
7 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Modality (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 X-Ray/Ct
7.2.1 X-Ray/Ct Accounts For The Largest Share of the Contrast Media Market
7.3 Magnetic Resonance Imaging
7.3.1 Growing Number of Mri Scanners and Increasing Mri Examinations are Likely to Drive Market Growth
7.4 Ultrasound
7.4.1 Ultrasound Contrast Agents Will Register the Highest Growth Rate During the Forecast Period
8 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Indication (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Cardiovascular Diseases
8.2.1 Cardiovascular Diseases Segment to Dominate the Contrast Media Market
8.3 Cancer
8.3.1 Asia Pacific is Expected to Register Relatively Higher Growth Owing to the High Cancer Prevalence in the Region
8.4 Gastrointestinal Disorders
8.4.1 Rising Prevalence of Gi Disorders to Support Market Growth
8.5 Musculoskeletal Disorders
8.5.1 Rising Incidence of Work-Related Musculoskeletal Disorders to Support Market Growth
8.6 Neurological Disorders
8.6.1 Rising Prevalence of Dementia Worldwide to Support Market Growth
8.7 Nephrological Disorders
8.7.1 Rising Prevalence of Esrd is Driving the Demand for Diagnostic Tools for Kidney Diseases
9 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Route of Administration (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Intravascular Route
9.2.1 Intravascular Route of Administration is Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
9.2.1.1 Intravenous (IV)
9.2.1.2 Intra-Arterial (IA)
9.3 Oral Route
9.3.1 North America to Dominate the Contrast Media Market for Oral Route of Administration
9.4 Rectal Route
9.4.1 Contrast Agents Administered Rectally are Liquid E-Z-Paque, Liquid Polibar Plus, and Micropaque
9.5 Other Routes of Administration
10 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Application (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 Radiology
10.2.1 Growing Number of Diagnostic Procedures to Drive the Contrast Media Market for Radiology Applications
10.3 Interventional Radiology
10.3.1 Increasing Popularity of Minimally Invasive Procedures to Support Market Growth
10.4 Interventional Cardiology
10.4.1 Rising Incidence of Cardiac Disorders to Drive the Demand for Interventional Cardiology Procedures
11 Contrast Media/Contrast Agents Market, By Region (Page No. – 76)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 The US Dominates the Global Contrast Media Market
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Investments in Improving Medical Imaging—A Major Factor Driving Market Growth in Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Presence of A Well-Developed Diagnostic Imaging Infrastructure is A Major Factor Supporting Market Growth in Germany
11.3.2 France
11.3.2.1 Increasing Prevalence of Cancer Will Drive the Market for Contrast Media in France
11.3.3.1 Increasing Investments in the Field of Diagnostic Imaging to Boost Market Growth
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Growing Prevalence of Cancer and Obesity Will Drive the Demand for Diagnostic Procedures in Italy
11.3.5 Spain
11.3.5.1 Shortage of Radiologists in the Country to Restrain Market Growth
11.3.6 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan Dominates the APAC Contrast Media Market
11.4.2 China
11.4.2.1 High Incidence of Cancer and Strokes Will Support the Market for Contrast Media in China
11.4.3 India
11.4.3.1 Growing Investments in the Indian Radiology Market Will Propel Market Growth
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
12 Competitive Landscape (Page No. – 115)
12.1 Introduction
12.2 Market Share Analysis
12.3 Right-To-Win
12.4 Competitive Leadership Mapping
12.4.1 Visionary Leaders
12.4.2 Innovators
12.4.3 Dynamic Differentiators
12.4.4 Emerging Companies
12.5 Competitive Scenario
12.5.1 Product Launches & Approvals
12.5.2 Expansions
12.5.3 Acquisitions
12.5.4 Partnerships & Agreements
13 Company Profiles (Page No. – 123)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Mnm View)*
13.1 GE Healthcare
13.2 Bracco Imaging S.P.A
13.3 Bayer AG
13.4 Guerbet Group
13.5 Lantheus Medical Imaging, Inc.
13.6 Daiichi Sankyo
13.7 Unijules Life Sciences
13.8 J.B. Chemicals and Pharmaceuticals Ltd.
13.9 Sanochemia
13.10 Magnus Health
13.11 Taejoon Pharm
13.12 Jodas Expoim
13.13 Nano Therapeutics Pvt. Ltd.
13.14 Kiran X-Ray
13.15 Interpharma Praha A.S.
13.16 Imax Diagnostic Imaging Limited
13.17 Yangtze River Pharmaceutical Group (YRPG)
13.18 Spago Nanomedical AB
13.19 Subhra Pharma Pvt. Ltd.
13.20 M. Biotech Limited
13.21 Mri Contrast Agents: Product Comparison
13.22 CT Contrast Agents: Product Comparison
13.23 Ultrasound Contrast Agents: Product Comparison
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Mnm View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 157)
14.1 Discussion Guide
14.2 Available Customizations
14.3 Related Reports
14.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 3577
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の造影剤/コントラスト剤市場:種類別(ヨウ素化、ガドリニウム、バリウム、およびマイクロバブル)、処置別(X線/ CT、MRI、および超音波)、用途別(放射線学、インターベンショナル放射線学、インターベンショナル心臓学)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 廃棄物管理の世界市場:都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物
    当調査レポートでは、廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物)分析、サービス(収集&廃棄)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・廃棄物管理の世界市場:廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物) ・廃棄物管理の世界市場:サービス(収集&廃棄) ・廃棄物管理の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 外用鼻腔拡張テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、外用鼻腔拡張テープの世界市場について調査・分析し、外用鼻腔拡張テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別外用鼻腔拡張テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、外用鼻腔拡張テープ種類別分析(成人用、子供用)、外用鼻腔拡張テープ用途別分析(鼻詰まり、いびき、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・外用鼻腔拡張テープの市場概観 ・外用鼻腔拡張テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・外用鼻腔拡張テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・外用鼻腔拡張テープの世界市場規模 ・外用鼻腔拡張テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・外用鼻腔拡張テープのアメリカ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのカナダ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのメキシコ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・外用鼻腔拡張テープのドイツ市場規模推移 ・外用鼻腔拡張テープのイギリス市場規模推移 ・外用鼻腔拡張 …
  • チップマウンターの世界市場:スルーホール実装技術(THT)、面実装技術(SMT)
    当調査レポートでは、チップマウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チップマウンターの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 3Dスキャナーの世界市場
    当調査レポートでは、3Dスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、フィードバインダーの世界市場規模が2019年48億ドルから2025年59億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフィードバインダー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他)分析、由来別(ナチュラル、合成)分析、家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフィードバインダー市場:種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他) ・世界のフィードバインダー市場:由来別(ナチュラル、合成) ・世界のフィードバインダー市場:家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他) ・世界のフィードバインダー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 世界の高級ヨット市場2015
    本調査レポートでは、世界の高級ヨット市場2015について調査・分析し、高級ヨットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属製キャップ・クロージャの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属製キャップ・クロージャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属製キャップ・クロージャの世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エコノマイザーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、エコノマイザーの世界市場について調査・分析し、エコノマイザーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エコノマイザーの世界市場:市場動向分析 - エコノマイザーの世界市場:競争要因分析 - エコノマイザーの世界市場:種類別 ・エアサイドエコノマイザー ・液体エコノマイザー - エコノマイザーの世界市場:用途別 ・ボイラー ・データセンター ・HVAC ・発電所 ・冷却 - エコノマイザーの世界市場:業界別 ・工業 ・商業 - エコノマイザーの世界市場:主要地域別分析 - エコノマイザーの北米市場規模(アメリカ市場等) - エコノマイザーのヨーロッパ市場規模 - エコノマイザーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エコノマイザーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動給餌システムの世界市場予測(~2023年)
    自動給餌システムの世界市場は、2018年の約51億米ドルから2023年には約74億米ドルに達し、7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、農場所有者が操業コストや損失を削減するために手作業による給餌を自動化することを選好する傾向にあることが考えられます。一方で、ステークホルダーは、給餌装置および給餌ラインの標準化の欠如という大きな課題に直面しています。さらに、初期の設置における資本金規制が厳しいことから、中小規模の農場は給餌プロセスの自動化を敬遠する可能性があります。当調査レポートでは、自動給餌システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜(反芻動物、ブタ、家禽)分析、機能(管理、調合、充填、スクリーニング)分析、提供分析、技術分析、自動給餌システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトラック用タイヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラック用タイヤ市場2015について調査・分析し、トラック用タイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ヒートポンプの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ヒートポンプ市場規模、エンドユーザー別(紙・パルプ、飲食料品、化学品、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ヒートポンプの世界市場概要 ・産業用ヒートポンプの世界市場環境 ・産業用ヒートポンプの世界市場動向 ・産業用ヒートポンプの世界市場規模 ・産業用ヒートポンプの世界市場:業界構造分析 ・産業用ヒートポンプの世界市場:エンドユーザー別(紙・パルプ、飲食料品、化学品、自動車、その他) ・産業用ヒートポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ヒートポンプの北米市場規模・予測 ・産業用ヒートポンプのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ヒートポンプのアジア太平洋市場規模・予測 ・産業用ヒートポンプの主要国分析 ・産業用ヒートポンプの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用ヒートポンプの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 学生用顕微鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学生用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生用顕微鏡の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロアントシアニジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、プロアントシアニジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来別(クランベリー、グレープシード、パインバーク)分析、用途別(医薬品・栄養補助食品、パーソナルケア・化粧品、機能性食品・飲料)分析、種類別(タイプA・タイプB)分析、プロアントシアニジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プロアントシアニジンの世界市場規模が2019年198百万ドルから2025年280百万ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 腫瘍壊死因子アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子アゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 合成紙の世界市場:製品別(BOPP、HDPE、PET)、用途別(ラベル、ラベルなし)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、合成紙の世界市場について調査・分析し、合成紙の世界市場動向、合成紙の世界市場規模、市場予測、セグメント別合成紙市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、家庭用ベビー動き監視モニターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用視野計の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、眼科用視野計の世界市場について調べ、眼科用視野計の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、眼科用視野計の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)、製品別(静的、組み合わせ、キネティック)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は眼科用視野計の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・眼科用視野計の市場状況 ・眼科用視野計の市場規模 ・眼科用視野計の市場予測 ・眼科用視野計の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他) ・市場セグメンテーション:製品別(静的、組み合わせ、キネティック) ・眼科用視野計の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の可溶性食物繊維市場2015
    本調査レポートでは、世界の可溶性食物繊維市場2015について調査・分析し、可溶性食物繊維の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクロフィリン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクロフィリン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクロフィリン阻害剤の概要 ・サイクロフィリン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクロフィリン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクロフィリン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクロフィリン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 燃料電池商用車(FCCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料電池商用車(FCCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Renault、Toyota Motor Corporation等です。
  • 自動ドアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動ドアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動ドア市場規模、製品別(スライドドア、スイングドア、アコーディオンドア、回転ドア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動ドアの世界市場概要 ・自動ドアの世界市場環境 ・自動ドアの世界市場動向 ・自動ドアの世界市場規模 ・自動ドアの世界市場:業界構造分析 ・自動ドアの世界市場:製品別(スライドドア、スイングドア、アコーディオンドア、回転ドア、その他) ・自動ドアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動ドアの北米市場規模・予測 ・自動ドアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動ドアのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動ドアの主要国分析 ・自動ドアの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動ドアの世界市場:成長要因、課題 ・自動ドアの世界市場:競争環境 ・自動ドアの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、ASSA ABLOY、dor …
  • 世界及び日本のPOPディスプレイ市場2017-2022
  • インタラクティブディスプレイの世界市場予測(~2024年)
    インタラクティブディスプレイの世界市場は、2019年の97億米ドルから2024年には138億米ドルに達し、この期間中7.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ゲーミフィケーションやデジタル教室に対する需要の増加、小売業界におけるインタラクティブディスプレイの採用の拡大、ディスプレイ価格の低下、インタラクティブ製品の容易な入手可能性、ならびに学習・プレゼンテーション・サイネージ・ウェイファインディング(サイン)および発券といった様々な用途にインタラクティブディスプレイを使用することによるエンドユーザーエンゲージメントの強化が考えられます。一方で、タッチテーブルのカスタマイズには高いコストがかかること、そして教育分野におけるインタラクティブホワイトボード(IWB)の導入が進んでいないことは、市場の成長を妨げる可能性があります。当調査レポートでは、インタラクティブディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(キオスク、ホワイトボード、テーブル、ビデオウォール、モニター)分析、パネルサイズ …
  • アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他)、流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース)
    当調査レポートでは、アフターサンケア製品の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、プライスポイント別分析、フォーム別分析、流通経路別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・市場動向 ・アフターサンケア製品の世界市場:プライスポイント別(マスアフターサン、プレミアムアフターサン)、フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:フォーム別(クリーム、ジェル、ローション、エッセンシャルオイル、その他) ・アフターサンケア製品の世界市場:流通経路別(小売薬局、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース) ・アフターサンケア製品の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • 世界のHVAC(暖房・換気・空調)装置市場
  • 家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場2017-2021:衣類スチーマー、衣類乾燥機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Haier Electronics Group、Koninklijke Philips、LG Electronics、Robert Bosch、SAMSUNG、Whirlpool等です。
  • 世界の原子炉市場2015
    本調査レポートでは、世界の原子炉市場2015について調査・分析し、原子炉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ARRIS International• Cisco Systems• Huawei Technologies等です。
  • サプライチェーン分析の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、サプライチェーン分析の世界市場について調査・分析し、サプライチェーン分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・サプライチェーン分析の世界市場:市場動向分析 ・サプライチェーン分析の世界市場:競争要因分析 ・サプライチェーン分析の世界市場:導入別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:用途別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・サプライチェーン分析の北米市場規模 ・サプライチェーン分析の欧州市場規模 ・サプライチェーン分析のアジア市場規模 ・サプライチェーン分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • オフショア掘削の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、オフショア掘削の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オフショア掘削市場規模、用途別(浅水掘削、深水掘削、超深海掘削)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オフショア掘削の世界市場概要 ・オフショア掘削の世界市場環境 ・オフショア掘削の世界市場動向 ・オフショア掘削の世界市場規模 ・オフショア掘削の世界市場:業界構造分析 ・オフショア掘削の世界市場:用途別(浅水掘削、深水掘削、超深海掘削) ・オフショア掘削の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オフショア掘削の北米市場規模・予測 ・オフショア掘削のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オフショア掘削のアジア太平洋市場規模・予測 ・オフショア掘削の主要国分析 ・オフショア掘削の世界市場:意思決定フレームワーク ・オフショア掘削の世界市場:成長要因、課題 ・オフショア掘削の世界市場:競争環境 ・オフショア掘削の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 高級ネイルポリッシュの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、高級ネイルポリッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高級ネイルポリッシュの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 世界のしゅう酸ニッケル市場2015
    本調査レポートでは、世界のしゅう酸ニッケル市場2015について調査・分析し、しゅう酸ニッケルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)市場規模、サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場概要 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場環境 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場動向 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他) ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場 …
  • 世界のECG機器市場規模・予測2017-2025種類別(ECG監視システム、穂ルター監視システム、イベント監視システム、ECGストレス検査システム)、技術別(ポータブルECGシステム、無線ECGシステム)、リードタイプ別(シングルリードECG、12リードECG、3-6リードECG)、エンドユーザー別(ホームベースユーザー、病院)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のECG機器市場について調査・分析し、世界のECG機器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のECG機器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気通信におけるバッテリーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、電気通信におけるバッテリーの世界市場について調べ、電気通信におけるバッテリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気通信におけるバッテリーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電気通信におけるバッテリーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気通信におけるバッテリーの市場状況 ・電気通信におけるバッテリーの市場規模 ・電気通信におけるバッテリーの市場予測 ・電気通信におけるバッテリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(鉛蓄電池、リチウムイオン電池、その他) ・電気通信におけるバッテリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 農業用酵素の世界市場予測(~2022年):ホスファターゼ、デヒドロゲナーゼ、スルファターゼ
    当調査レポートでは、農業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、製品別分析、作物別分析、地域別分析、農業用酵素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、水素添加炭化水素樹脂の世界市場について調査・分析し、水素添加炭化水素樹脂の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 水素添加炭化水素樹脂の概要 3. 水素添加炭化水素樹脂の世界市場2016-2026 4. 用途別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 5. 需要先産業別の水素添加炭化水素樹脂世界市場2016-2026 6. 主要国の水素添加炭化水素樹脂市場予測2016-2026 7. 水素添加炭化水素樹脂市場のSWOT分析2016-2026 8. 専門家の意見 9. 水素添加炭化水素樹脂市場における主要企業2016 10. 結論
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(建物、市民インフラ、産業、石油およびガス)分析、エンドユーザー別(AEC、請負業者、施設管理者)分析、プロジェクト別分析、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場規模が2019年49億ドルから2024年89億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • ホルタ・モニタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホルタ・モニタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホルタ・モニタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はホルタ・モニタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Koninklijke Philips、GE Healthcare、Spacelabs Healthcare、Mortara Instrument等です。
  • 高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場予測(~2022年):フィールドイニシエーター、ロジックソルバー、バルブ、アクチュエータ
    当調査レポートでは、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)充電インフラの世界市場分析:充電装置別(低速充電器、高速充電器)、コネクタ別(CHAdeMO、複合充電システム)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場動向、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車(EV)充電インフラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PTFEフィルムの世界市場予測(~2022年):技術、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFEフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、PTFEフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタルカムパウダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のタルカムパウダー市場2015について調査・分析し、タルカムパウダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セノスフェアの世界市場:グレー・セノスフェア、ホワイト・セノスフェア
    当調査レポートでは、セノスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別先進運転支援システム(ADAS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、先進運転支援システム(ADAS)種類別分析(アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱警告(LDW)システム、駐車アシスト、死角検知、その他)、先進運転支援システム(ADAS)用途別分析(乗用車、小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・先進運転支援システム(ADAS)の市場概観 ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模 ・先進運転支援システム(ADAS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・先進運転支援システム(ADAS)のアメリカ市場規模推移 ・先進 …
  • ボディードライヤーの世界市場:種類別(壁掛け式、床置き式)、エンドユーズ別(住宅、商業)
    本資料は、ボディードライヤーの世界市場について調べ、ボディードライヤーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(壁掛け式、床置き式)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ボディードライヤーの世界市場概要 ・ボディードライヤーの世界市場環境 ・ボディードライヤーの世界市場動向 ・ボディードライヤーの世界市場規模 ・ボディードライヤーの世界市場:市場シェア ・ボディードライヤーの世界市場:種類別(壁掛け式、床置き式) ・ボディードライヤーの世界市場:エンドユーズ別(住宅、商業) ・ボディードライヤーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボディードライヤーの北米市場規模・予測 ・ボディードライヤーのアメリカ市場規模・予測 ・ボディードライヤーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ボディードライヤーのアジア市場規模・予測 ・ボディードライヤーの日本市場規模・予測 ・ボディードライヤーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • クラウド型VDIの世界市場:導入別(民間、公的、複合型)、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)、地域別予測
    本資料は、クラウド型VDIの世界市場について調べ、クラウド型VDIの世界規模、市場動向、市場環境、導入別(民間、公的、複合型)分析、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウド型VDIの世界市場概要 ・クラウド型VDIの世界市場環境 ・クラウド型VDIの世界市場動向 ・クラウド型VDIの世界市場規模 ・クラウド型VDIの世界市場規模:導入別(民間、公的、複合型) ・クラウド型VDIの世界市場規模:最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他) ・クラウド型VDIの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド型VDIの北米市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアジア市場規模・予測 ・クラウド型VDIの日本市場規模・予測 ・クラウド型VDIの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"