"世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 5279)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Industry 4.0 market projected to grow at 16.9% CAGR from 2019 to 2024”
The Industry 4.0 market is estimated to be valued USD 71.7 billion in 2019 and is expected to reach USD 156.6 billion by 2024, at a CAGR of 16.9% from 2019 to 2024. Increasing adoption of the industrial internet worldwide in manufacturing units, growing focus on enhanced efficiency of machinery and systems, and reduced production costs play a significant role in the growth of the market worldwide. Also, the growing demand for industrial robotics is expected to fuel the growth of the Industry 4.0 market.

“Internet of Things market is expected to hold largest market share during forecasted period”
IoT is accelerating the speed of modernization in the manufacturing industry. IoT helps the industry to solve challenges such as safety, transportation efficiency, and infrastructure challenges. For instance, IoT is driving the automotive industry space through innovations such as autonomous cars, intelligent transportation infrastructure, and smart fleet management. Moreover, increasing penetration of the internet in technologically advancing economies and growing adoption of wireless sensors and networks across major end-user applications such as healthcare, retail, consumer electronics, industrial, and automotive and transportation has resulted in the growth of the IoT market.

“5G technology is expected to grow at highest CAGR during forecasted period”
In industrial automation, IoT and M2M communication are the key technologies. Massive applications based on these technologies require high-speed networking, low-latency communication, ultra-fast response times, and a large number of simultaneously connected smart devices. The 5G network is a key enabler of IoT, providing a platform to connect all devices to the internet for using high-speed data transmission and processing.

“North America is expected to be a lucrative market for industry 4.0 during forecasted period”
Industries are opting for digitization and connecting functions and processes, such as supply chain, product development planning, and products across the value chain. The US is expected to be the major contributor to the Industry 4.0 market in North America as it offers a large industrial base and high production capacity of companies. In the technological sphere, the US has been a leader in adopting and applying technologies. Continuous investment in the manufacturing industry in the US would enable the country to continue to retain its technological superiority. 3D printing is now being widely used by manufacturing industries such as automotive, aerospace, and industrial equipment to develop tools, molds, and casts, as well as to develop and repair machinery parts that allow manufacturers to maximize functional integration and consistency while minimizing costs.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in Industry 4.0 marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 = 40%, Tier 2 = 25%, and Tier 3 = 35%
• By Designation: C-level Executives = 45%, Directors = 25%, and Others = 30%
• By Region: North America = 55%, Europe = 20%, APAC = 15%, and RoW = 10
The major players in the Industry 4.0 market are ABB (Switzerland), Mitsubishi (Japan), Yaskawa (Japan), KUKA (Germany), FANUC (Japan), General Electric (US), IBM (US), Cisco (US), Microsoft (US), Stratasys (US), Google (US), Intel (US), HP (US), Siemens (Germany), Ansys (US), AIBrain (US), SAP (US), Amazon Web Services (US), and General Vision (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global Industry 4.0 market on the basis of technology (including offering, application, and end users) and region. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to Industry 4.0 market and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the Industry 4.0 market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. The report helps stakeholders to understand the value-chain of the Industry 4.0 market along with recent case studies.
4. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes product launch, acquisition, collaboration, expansion, and partnership.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Inclusion and Exclusion
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Geographic Scope
1.4.3 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Industry 4.0 Market
4.2 Market, By Technology
4.3 Market, By Technology and Region
4.4 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Adoption of Industrial Internet Worldwide
5.3.1.2 Growing Demand for Industrial Robots
5.3.1.3 Increasing Focus on Enhanced Efficiency and Reduced Production Costs
5.3.1.4 Rising Adoption of Industrial Robots for Cost-Effective and Enhanced Quality Production
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Significant Capital Investments Required to Upgrade Traditional Systems
5.3.2.2 Lack of Cost-Benefit Analysis of Industry 4.0 Solutions
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 3D Printing to Enhance Manufacturing and Supply Chain Management
5.3.3.2 Advent of Collaborative Robots
5.3.3.3 Adoption of Big Data Analytics By Enterprises for Cybersecurity
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Standardization in Communication Interfaces and Protocols
5.3.4.2 Instances of Data Security Breaches
5.3.4.3 Shortage of Skilled Workforce

6 Industry 4.0 Market, By Technology (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 3D Printing
6.2.1 By Offering
6.2.1.1 3D Printing Material
6.2.1.2 3D Printers
6.2.1.3 Software
6.2.2 By Application
6.2.2.1 Prototyping
6.2.2.2 Tooling
6.2.2.3 Functional Part Manufacturing
6.2.3 By End-User Industry
6.2.3.1 Energy & Power
6.2.3.2 Automotive
6.2.3.3 Electronics
6.2.3.4 Aerospace & Defense
6.2.3.5 Healthcare
6.2.3.6 Foundry
6.3 Industrial Robotics
6.3.1 By Offering
6.3.1.1 Collaborative Industrial Robots
6.3.1.2 Articulated Robots
6.3.1.3 Cylindrical Robots
6.3.1.4 Scara Robots
6.3.1.5 Parallel Robots
6.3.1.6 Cartesian Robots
6.3.1.7 Others
6.3.1.7.1 Spherical Robot
6.3.1.7.2 Swing-Arm Robot
6.3.2 By Application
6.3.2.1 Handling
6.3.2.2 Welding & Soldering
6.3.2.3 Assembling & Disassembling
6.3.2.4 Dispensing
6.3.2.5 Processing
6.3.3 By End-User Industry
6.3.3.1 Automotive
6.3.3.2 Chemicals
6.3.3.3 Pharmaceuticals
6.3.3.4 Food & Beverages
6.3.3.5 Semiconductor
6.3.3.6 Manufacturing
6.3.3.7 Pharmaceuticals & Cosmetics
6.3.3.8 Aerospace & Defense
6.4 Blockchain
6.4.1 By Application
6.4.1.1 Predictive Maintenance
6.4.1.2 Asset Tracking and Management
6.4.1.3 Business Process Optimization
6.4.1.4 Logistics and Supply Chain Management
6.4.1.5 Real-Time Workforce Tracking and Management
6.4.1.6 Quality Control and Compliance
6.4.1.7 Counterfeit Management
6.4.2 By End-User Industry
6.4.2.1 Energy & Power
6.4.2.2 Pharmaceuticals
6.4.2.3 Food & Beverages
6.4.2.4 Automotive
6.4.2.5 Aerospace & Defense
6.4.2.6 Manufacturing
6.5 Internet of Things (IoT)
6.5.1 By Offering
6.5.1.1 Sensors
6.5.1.2 Nodes
6.5.1.3 Actuators
6.5.1.4 Gateways
6.5.2 By End-User Industry
6.5.2.1 Automotive
6.5.2.2 Electronics
6.5.2.3 Oil & Gas
6.5.2.4 Energy & Power
6.5.2.5 Chemicals
6.5.2.6 Pharmaceuticals
6.5.2.7 Food & Beverages
6.5.2.8 Manufacturing
6.6 Artificial Intelligence (AI)
6.6.1 By Offering
6.6.1.1 Processors/Hardware
6.6.1.2 Software
6.6.2 By Application
6.6.2.1 Predictive Maintenance & Machinery Inspection
6.6.2.2 Material Movement
6.6.2.3 Production Planning
6.6.2.4 Field Services
6.6.2.5 Reclamation
6.6.2.6 Quality Control
6.6.2.7 Energy & Power
6.6.2.8 Pharmaceuticals
6.6.2.9 Food & Beverages
6.6.2.10 Automotive
6.6.2.11 Electronics
6.6.2.12 Aerospace & Defense
6.6.2.13 Healthcare
6.7 Industrial Metrology
6.7.1 By Offering
6.7.1.1 CMM
6.7.1.2 ODS
6.7.1.2.1 Laser Scanner
6.7.1.2.2 Laser Tracker
6.7.1.3 Software
6.7.2 By Application
6.7.2.1 Quality Control & Inspection
6.7.2.2 Reverse Engineering
6.7.2.3 Mapping & Modeling
6.7.3 By End-User Industry
6.7.3.1 Automotive
6.7.3.2 Semiconductor
6.7.3.3 Aerospace & Defense
6.7.3.4 Manufacturing
6.8 Digital Twin
6.8.1 By Type
6.8.1.1 Product Digital Twin
6.8.1.2 Process Digital Twin
6.8.1.3 System Digital Twin
6.8.2 By End-User Industry
6.8.2.1 Energy & Utilities
6.8.2.2 Oil & Gas
6.8.2.3 Automotive
6.8.2.4 Aerospace & Defense
6.8.2.5 Healthcare
6.8.2.6 Home & Commercial
6.9 Augmented Reality & Virtual Reality
6.9.1 By Offering
6.9.1.1 Sensors
6.9.1.1.1 Accelerometer
6.9.1.1.2 Gyroscope
6.9.1.1.3 Magnetometer
6.9.1.2 Display and Projectors
6.9.1.3 Cameras
6.9.1.4 Software
6.9.2 By End-User Industry
6.9.2.1 Energy & Power
6.9.2.2 Automotive
6.9.2.3 Aerospace & Defense
6.9.2.4 Healthcare
6.9.2.5 Electronics
6.1 5G
7 Geographic Analysis (Page No. – 117)
7.1 Introduction
7.2 North America
7.2.1 US
7.2.1.1 Increasing Manufacturing Base Accounts for Large Industry 4.0 Market in US
7.2.2 Canada
7.2.2.1 Canadian Market is Driven By Growing Small- and Medium-Sized Enterprises in Region
7.2.3 Mexico
7.2.3.1 Growing Impetus From Government to Increase Manufacturing is Propelling Demand for Industry 4.0 Technologies in Mexico
7.3 Europe
7.3.1 Germany
7.3.1.1 Government Initiatives to Promote Smart Factory in Germany Drives Market in Region
7.3.2 UK
7.3.2.1 Growing Market for IoT Propels the Growth of Industry 4.0 in UK
7.3.3 France
7.3.3.1 Increasing Government Investments in Cloud Computing and IoT in France
7.3.4 Spain
7.3.4.1 Government Funding Contributes to Growth of Industry 4.0 Market in Spain
7.3.5 Italy
7.3.5.1 Government to Invest in Cloud Computing and IoT in France
7.3.6 Rest of Europe
7.3.6.1 Rising Manufacturing Base in Rest of Europe Offers Lucrative Market for Industry 4.0
7.4 APAC
7.4.1 China
7.4.1.1 Increasing Labor Cost in the Country Leads to Adoption of Advanced Connected Solutions in Industries
7.4.2 Japan
7.4.2.1 Ongoing Developments in Smart Manufacturing Processes in Country to Boost Market
7.4.3 India
7.4.3.1 Make in India Campaign to Encourage Manufacturing Industry of the Country
7.4.4 South Korea
7.4.4.1 Increasing Investments By South Korean Government Encourages Growth of Market
7.4.5 Rest of APAC
7.5 RoW
7.5.1 Middle East & Africa
7.5.1.1 Market Growth in Middle East Due to High Adoption of Advanced Manufacturing Solutions in Oil & Gas Industry
7.5.2 South America
7.5.2.1 Increasing IoT Penetration in Brazil and Argentina Drives Market in South America
8 Competitive Landscape (Page No. – 128)
8.1 Overview
8.2 Market Ranking Analysis 2019: Industry 4.0 Market
8.3 Recent Developments
8.3.1 Product Launches
8.3.2 Partnerships, Contracts, Agreements, and Collaborations
8.3.3 Mergers & Acquisitions
8.3.4 Expansions
8.4 Competitive Leadership Mapping
8.4.1 Visionary Leaders
8.4.2 Dynamic Differentiators
8.4.3 Innovators
8.4.4 Emerging Companies
8.5 Business Strategies Excellence (27 Companies)
8.6 Strength of Product Portfolio (27 Companies)
9 Company Profiles (Page No. – 138)
(Business Overview, Products/Software/Solutions/Software Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
9.1 Key Players
9.1.1 ABB LTD.
9.1.2 Mitsubishi Electric Corp.
9.1.3 Yaskawa
9.1.4 KUKA
9.1.5 FANUC
9.1.6 General Electric Company
9.1.7 International Business Machines Corporation
9.1.8 Cisco Systems, Inc.
9.1.9 Microsoft Corporation
9.1.10 Stratasys LTD.
9.1.11 Google.
9.1.12 Intel Corporation
9.1.13 Hewlett Packard Enterprise Company
9.1.14 Siemens AG
9.1.15 Ansys
9.2 Other Key Players
9.2.1 AIBrain
9.2.2 SAP
9.2.3 Amazon Web Services
9.2.4 General Vision
*Details on Business Overview, Products/Software/Solutions/Software Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
9.3 Right to Win
10 Appendix (Page No. – 186)
10.1 Insights From Industry Experts
10.2 Discussion Guide
10.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
10.4 Available Customization
10.5 Related Reports
10.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 5279
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無針式ドラックデリバリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無針式ドラックデリバリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、無針式ドラックデリバリーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド採掘の世界市場:コネクテッドアセット、コネクテッドロジスティクス、コネクテッドコントロールシステム、セーフティ・セキュリティ、遠隔管理ソリューション
    当調査レポートでは、コネクテッド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、形態別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁接着テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、絶縁接着テープの世界市場について調査・分析し、絶縁接着テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別絶縁接着テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、絶縁接着テープ種類別分析()、絶縁接着テープ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・絶縁接着テープの市場概観 ・絶縁接着テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・絶縁接着テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・絶縁接着テープの世界市場規模 ・絶縁接着テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・絶縁接着テープのアメリカ市場規模推移 ・絶縁接着テープのカナダ市場規模推移 ・絶縁接着テープのメキシコ市場規模推移 ・絶縁接着テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・絶縁接着テープのドイツ市場規模推移 ・絶縁接着テープのイギリス市場規模推移 ・絶縁接着テープのロシア市場規模推移 ・絶縁接着テープのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 結膜炎治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、結膜炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、結膜炎治療薬市場規模、種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・結膜炎治療薬の世界市場概要 ・結膜炎治療薬の世界市場環境 ・結膜炎治療薬の世界市場動向 ・結膜炎治療薬の世界市場規模 ・結膜炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:種類別(アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎) ・結膜炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結膜炎治療薬の北米市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・結膜炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・結膜炎治療薬の主要国分析 ・結膜炎治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・結膜炎治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・結膜炎治療薬の世界市場:競争環境 ・結膜炎治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 宇宙用SATCOM装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、宇宙用SATCOM装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(トランスポンダー、トランシーバー、コンバーター、アンプ、アンテナ)分析、衛星種類別(キューブサット、小、中、大)分析、エンドユーザー別(商業、政府、軍事)分析、用途別分析、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模が2019年28億ドルから2025年70億ドルまで年平均16.8%成長すると予測しています。
  • 鼻閉(Nasal Congestion):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、鼻閉(Nasal Congestion)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・鼻閉(Nasal Congestion):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・鼻閉(Nasal Congestion)のフェーズ3治験薬の状況 ・鼻閉(Nasal Congestion)治療薬の市場規模(販売予測) ・鼻閉(Nasal Congestion)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・鼻閉(Nasal Congestion)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の鼻閉(Nasal Congestion)治療薬剤
  • トラクター用エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トラクター用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トラクター用エンジンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポルフィリン症(Porphyria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポルフィリン症(Porphyria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポルフィリン症(Porphyria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポルフィリン症(Porphyria)の概要 ・ポルフィリン症(Porphyria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポルフィリン症(Porphyria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポルフィリン症(Porphyria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 歯痛(Dental Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における歯痛(Dental Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、歯痛(Dental Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・歯痛(Dental Pain)の概要 ・歯痛(Dental Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の歯痛(Dental Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・歯痛(Dental Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・歯痛(Dental Pai …
  • 不溶性食物繊維の世界市場予測(~2022年):セルロース、ヘミセルロース、キチン質、キトサン、リグニン、繊維/ぬか類、難消化性澱粉
    当調査レポートでは、不溶性食物繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、不溶性食物繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療モビリティ・ソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、医療モビリティ・ソリューションの世界市場について調査・分析し、医療モビリティ・ソリューションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のリラグルチド市場2015
    本調査レポートでは、世界のリラグルチド市場2015について調査・分析し、リラグルチドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タペットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、タペットの世界市場について調査・分析し、タペットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タペットの世界市場規模:エンジン容量別分析 ・タペットの世界市場規模:種類別分析 ・タペットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・タペットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用ラベルの世界市場:警告ラベル、ドーム型ラベル、資産ラベル
    当調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 商用航空機の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、商用航空機の世界市場について調査・分析し、商用航空機の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・商用航空機の世界市場規模:航空機種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンジン種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・商用航空機の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ドイツの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 地理空間解析の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、地理空間解析の世界市場について調査・分析し、地理空間解析の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・地理空間解析の世界市場規模:技術別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:用途別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:種類別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • エピペンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エピペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エピペンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削機械の世界市場:製品別(クローラー、ホイール付き、ミニ・コンパクト)、用途別(建設)、セグメント予測
    掘削機械の世界市場は2025年には564億6,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、掘削や整地のための掘削機の需要が建設機械事業者間で急増していることが考えられます。本調査レポートでは、掘削機械の世界市場について調査・分析し、掘削機械の世界市場動向、掘削機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別掘削機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナツメヤシ加工機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ナツメヤシ加工機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ナツメヤシ加工機械市場規模、製品別(ピッチング機器、燻蒸機器、包装機器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場概要 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場環境 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場動向 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場規模 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:業界構造分析 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:製品別(ピッチング機器、燻蒸機器、包装機器) ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ナツメヤシ加工機械のアメリカ市場規模・予測 ・ナツメヤシ加工機械のヨーロッパ市場規模・予測 ・ナツメヤシ加工機械のアジア市場規模・予測 ・ナツメヤシ加工機械の主要国分析 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:成長要因、課題 ・ナツメヤシ加工機械の世界市場:競争環境 ・ナツメヤシ加 …
  • エアロスタット(軽航空機)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアロスタット(軽航空機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアロスタット(軽航空機)の世界市場規模及び予測、ペイロード 別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • X線検出器の世界市場予測(~2022年):FPD、CSI、GADOX、CCD、ラインスキャン
    当調査レポートでは、X線検出器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、パネル別分析、用途別分析、地域別分析、X線検出器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨ておむつの北米市場
    本調査レポートでは、使い捨ておむつの北米市場について調査・分析し、使い捨ておむつの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • グルテンフリー包装食品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、グルテンフリー包装食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グルテンフリー包装食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用推進エンジンの世界市場2019-2023
    船舶用推進エンジンは、船舶の移動のために推進力を生成します。このレポートでは、ディーゼルまたはガスを燃料源とする船舶用推進エンジンについて考察しています。船舶用推進エンジンの市場収益は、2019〜2023年の間、約80億米ドルにも上ると予測されています。 主な分析対象企業は、Caterpillar、Cummins、Kawasaki Heavy Industries、MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES、Wärtsilä、YANMARなどです。 当調査レポートでは、船舶用推進エンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、船舶用推進エンジン市場規模、種類別(ディーゼル、ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・船舶用推進エンジンの世界市場概要 ・船舶用推進エンジンの世界市場環境 ・船舶用推進エンジンの世界市場動向 ・船舶用推進エンジンの世界市場規模 ・船舶用推進エンジンの世界市場:業界構造分析 ・船舶用推進エンジン …
  • 呼吸保護装置(RPE)の世界市場:濾過式呼吸用保護具(APR)、自給式呼吸器(SCBA)
    当調査レポートでは、呼吸保護装置(RPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼吸保護装置(RPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りスプラウトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りスプラウトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りスプラウト市場規模、製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場概要 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場環境 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場動向 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場規模 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:製品別(豆もやし、メキャベツ、アルファルファ) ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りスプラウトのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトのアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りスプラウトの主要国分析 ・パッケージ入りスプラウトの世界市場:意思決定フレームワーク ・パッケージ入り …
  • 乳製品代替の世界市場分析:製品別(大豆、アーモンドミルク、ライスミルク)、剤形別(プレーン、味付)、用途別(食品、飲料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、乳製品代替の世界市場について調査・分析し、乳製品代替の世界市場動向、乳製品代替の世界市場規模、市場予測、セグメント別乳製品代替市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のプログルミド市場2015
    本調査レポートでは、中国のプログルミド市場2015について調査・分析し、プログルミドの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • E-スクーターの世界市場2020-2024
    「E-スクーターの世界市場2020-2024」は、E-スクーターについて市場概要、市場規模、電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・E-スクーターの世界市場:電池種類別(密閉型鉛蓄電池、リチウムイオン電池) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • アジアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 骨接合装置の世界市場分析:タイプ別(内部 – ネジ・プレート、ワイヤー・ピン、髄内ロッド・釘、脊柱固定装置; 外部骨折固定、骨延長)、材料別(分解性・非分解性)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、骨接合装置の世界市場について調査・分析し、骨接合装置の世界市場動向、骨接合装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨接合装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 濃縮ジュースの世界市場:果物ジュース、野菜ジュース
    当調査レポートでは、濃縮ジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、成分別分析、ブランド別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学イメージング装置の世界市場:製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)、地域別予測
    本資料は、核医学イメージング装置の世界市場について調べ、核医学イメージング装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)分析、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)分析、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCMR Naviscan Corporation、DDD-Diagnostic A/S、Digirad Corporation、GE Healthcare、Mediso Medical Imaging System Ltd.、Neusoft Medical Systems Co. Ltd.、Philips Healthcare、Siemens AG、Surgiceye GmbHなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・核医学イメージング装置の世界市場概要 ・核医学イメージング装置の世界市場環境 …
  • 金属酸化物ナノ粒子の世界市場:二酸化けい素ナノ粒子、酸化アルミニウムナノ粒子、二酸化チタンナノ粒子
    当調査レポートでは、金属酸化物ナノ粒子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属酸化物ナノ粒子の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺腫(Goiter):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺腫(Goiter)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺腫(Goiter):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺腫(Goiter)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺腫(Goiter)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺腫(Goiter)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺腫(Goiter)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺腫(Goiter)治療薬剤
  • 世界のパワートレイン市場2015
    本調査レポートでは、世界のパワートレイン市場2015について調査・分析し、パワートレインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ループキャリブレーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ループキャリブレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ループキャリブレーター市場規模、最終用途別(サードパーティサービス、インハウス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ループキャリブレーターの世界市場概要 ・ループキャリブレーターの世界市場環境 ・ループキャリブレーターの世界市場動向 ・ループキャリブレーターの世界市場規模 ・ループキャリブレーターの世界市場:業界構造分析 ・ループキャリブレーターの世界市場:最終用途別(サードパーティサービス、インハウス) ・ループキャリブレーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ループキャリブレーターのアメリカ市場規模・予測 ・ループキャリブレーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ループキャリブレーターのアジア市場規模・予測 ・ループキャリブレーターの主要国分析 ・ループキャリブレーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・ループキャリブレーターの世界市場:成長 …
  • 大量輸送機関(道路・鉄道)向けスマートソリューションの世界市場予測(~2021):技術別(音量制限AVLS、車両情報制御装置TIS、電動パワーステアリングEPS、インテリジェント車両取り組み)、部品別(CCTVカメラ、全地球測位システムGPS、表示、自動停止通知・Wi-Fi)、 用途別、地域別
    当調査レポートでは、大量輸送機関(道路・鉄道)向けスマートソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、技術別分析、部品別分析、用途別分析、地域別分析、大量輸送機関(道路・鉄道)向けスマートソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用安定剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、食品用安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用サスペンションコイルスプリング市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場概要 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場環境 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場動向 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場規模 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場:業界構造分析 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用サスペンションコイルスプリングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用サスペンションコイルスプリングの北米市場規模・予測 ・自動車用サスペンションコイルスプリングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用サスペンションコイルスプリングのアジア太 …
  • 湿式創傷包帯の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「湿式創傷包帯の世界市場2020-2024」は、湿式創傷包帯について市場概要、市場規模、製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・湿式創傷包帯の世界市場:製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の脳脊髄液管理装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、脳脊髄液管理装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳脊髄液管理装置の概要 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:開発段階別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:セグメント別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:領域別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:規制Path別分析 ・脳脊髄液管理装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別脳脊髄液管理装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・脳脊髄液管理装置の最近動向
  • アルミラミネートフィルムの世界市場予測2019-2024
    「アルミラミネートフィルムの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、熱加工、ドライ加工 など、用途別には、Li-ion battery、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミラミネートフィルムのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミラミネートフィルムの世界市場概要(サマリー) ・アルミラミネートフィルムの企業別販売量・売上 ・アルミラミネートフィルムの企業別市場シェア ・アルミラミネートフィルムの世界市場規模:種類別(熱加工、ドライ加工 ) ・アルミラミネートフィルムの世界市場規模:用途別(Li-ion battery、Other) ・アルミラミネートフィルムの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミラミネートフィルムのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミラミネートフィルムの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アルミ …
  • 世界の創傷治療用シーラント市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷治療用シーラント市場2015について調査・分析し、創傷治療用シーラントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTソフトウェア市場およびOEMエコシステム:機会、課題、市場予測
  • RV車用バッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RV車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RV車用バッテリーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 庭・芝用ツールの世界市場:芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー
    Technavio社の本調査レポートでは、庭・芝用ツールの世界市場について調べ、庭・芝用ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、庭・芝用ツールの市場規模をセグメンテーション別(製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー)、エンドユーザ別(家庭用、商業用)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は庭・芝用ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・庭・芝用ツールの市場状況 ・庭・芝用ツールの市場規模 ・庭・芝用ツールの市場予測 ・庭・芝用ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・庭・芝用ツールの …
  • 世界の神経内科用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経内科用デバイス市場2015について調査・分析し、神経内科用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"