"世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7470)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Fire testing market projected to grow at a CAGR of 6.4% from 2019 to 2024”
The global fire testing market is expected to grow from USD 6.3 billion in 2019 to USD 8.6 billion by 2024, at a CAGR of 6.4% during the forecast period. The fire testing market is growing, owing to an increase in demand for TIC services for applications such as automotive, construction and infrastructure, consumer goods, agriculture and food, transportation, and medical and life sciences.

“Testing services market to hold largest market share in 2019”
The fire testing market has been segmented into services and sourcing type. Based on service, the fire testing market has been segmented into testing, inspection, and certification. The major objective of fire testing services is to determine whether fire protection products meet minimum performance criteria as set out as per the legislation. Laboratory scale fire testing can help determine the fire performance of a product, thereby assisting manufacturers design products that are fire-resistant and have a lower spread of flame characteristic, hence the demand for testing services for fire testing has increased significantly.

“In-house sourcing held largest share in fire testing market during forecast period”
Majority of the fire testing, inspection, and certification are conducted in-house. This process is particularly evident in applications such as life sciences, utilities, and public sectors. Several companies have their own in-house capabilities, including full-service laboratories offering fire testing services for different sectors such as consumer goods and retail, building and construction, IT and telecom, agriculture and food, chemicals, energy & power, industrial and manufacturing, and medical and life sciences. The in-house fire testing market is expected to have a significant share as the majority of the companies have their own in-house testing facilities. In terms of technology, test and measurement equipment, and skilled personnel.

“APAC is largest and fastest-growing market during forecast period”
The growth in APAC for the fire testing market is increasing due to rapid industrialization and urbanization in countries such as China, India, and Japan. Also, this region is one of the biggest exporters of goods, products, and services. The population in this region is also enormous, and the number keeps on increasing at a steady rate. To sustain this, the manufacturing sector has to keep up with its growing demand for products and services. Thus, the growing demand for products and services will help to boost fire testing services in this region

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in computational photography marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 = 55%, Tier 2 = 20%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives =75% and Manager = 25%
• By Region: North America = 10%, Europe = 20%, APAC = 40%, and RoW = 30%

The major players in the fire testing market are SGS Group (Switzerland), Bureau Veritas (France), Intertek (UK), UL LLC (US), and DEKRA SE (Germany). Several other major players in the market are QIMA (Hong Kong), Applus+ (Spain), United Technologies (US), Element Materials Technology (UK), and International Fire Consultants Group (UK).

Research Coverage:
This research report categorizes the global fire testing based on service type, sourcing type, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the fire testing market and forecasts the same till 2024.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the fire testing market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes service launches and developments, acquisition, expansion, and partnership.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Fire Testing Market
4.2 Market, By Sourcing Type
4.3 Market in APAC, By Application
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of Safety Systems in Industries
5.2.1.2 Growing Automation in Buildings
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Fire Legislation Requirements and International Regulations for Fire Testing Services
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Smart City Concept
5.2.3.2 Stringent Government Norms
5.2.3.3 Increasing Demand for Construction Equipment
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness on Fire Safety in Developing Countries
6 Fire Testing Market, By Service (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Testing
6.2.1 Fire Testing Allows Manufacturers to Understand Behavior of Materials and Products
6.3 Inspection
6.3.1 Fire Inspections are Conducted Yearly Or on Demand as Required
6.4 Certification
6.4.1 Certification Standards Differ From Country to Country for Different Sectors
6.5 Others
7 Fire Testing Market, By Sourcing Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 In-House
7.2.1 In-House Fire Testing Market in APAC Expected to Grow Owing to Growth of Manufacturing and Engineering Hubs
7.3 Outsourced
7.3.1 Privatization of State-Owned Laboratories Will Drive Growth of Outsourced Fire Testing Services
8 Fire Testing Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Consumer Goods and Retail
8.2.1 Fire Testing Services Help Determine How Devices React to Extreme Heat Or Fire to Ensure Safety of Consumers in Case of Fire
8.3 Agriculture and Food
8.3.1 Stringent Codes for Use of Equipment to Drive Market in Agriculture and Food Industry
8.4 Chemicals
8.4.1 Fire Testing Services Help Companies Understand Potential Risks Related to Fire Hazards
8.5 Construction and Infrastructure
8.5.1 Construction Material Testing to Drive Market in Construction & Infrastructure Market
8.6 Energy & Power
8.6.1 Demand for Fire Suppression Equipment in Power Generating Plants to Drive Market in Energy & Power Sector
8.7 Industrial and Manufacturing
8.7.1 Growing Number of Fire Incidents to Increase Demand for Fire Testing Services in Manufacturing Sector
8.8 Medical and Life Sciences
8.8.1 Increasing Demand for Medical Devices to Drive Market for Medical & Life Sciences Sector
8.9 Mining
8.9.1 Need for Safety in Mining Industry Will Drive Fire Testing Services in Future
8.10 Oil & Gas and Petroleum
8.10.1 Demand for Fire Safety Fosters Growth of Fire Testing Services in Future
8.11 Public Sector
8.11.1 Revised Fire and Life Safety Codes By Governments to Boost Fire Testing Service Market in Public Sector
8.12 Automotive
8.12.1 Component Fire Testing to Foster Growth of Fire Testing Services in Automotive Segment
8.13 Aerospace
8.13.1 Stringent Regulations, Standards, and Legislation to Drive Market in Aerospace and Defense Sector
8.14 Marine & Railway
8.14.1 Wide Range of Standards, Regulations, and Logistical Complexities to Drive Market in Marine & Railway Sector
8.15 Supply Chain and Logistics
8.15.1 Increasing Number of Warehouse Fires to Boost Market in Supply Chain & Logistics Sector
8.16 Others
8.16.1 Need to Ensure Safety of Sports and Leisure Equipment to Drive Fire Testing Services Market in Future
9 Geographic Analysis (Page No. – 98)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Booming Building and Construction Industry in The US to Drive The Need for Fire Testing Services
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Investments in Oil Sands, Lng, and Energy Infrastructure Drives Market in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Automotive & Medical Industries to Increase Demand for Fire Testing in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Demand for Renewable Energy Will Drive Market in Germany
9.3.2 UK
9.3.2.1 Construction Industry to Substantially Increase Demand for Fire Testing in UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Energy Sector in France to Boost Market Growth
9.3.4 Spain
9.3.4.1 Growing Pharmaceutical and Automobile Industries to Drive The Demand for Fire Testing Services in Spain
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Adoption of Advanced Manufacturing Techniques to Drive Demand for Fire Testing Services in Italy
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Construction Industry to Increase Demand for Market in APAC
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Smart City Projects Drive Market in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Fire Equipment Services Drives Market in India
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 Mining & Automotive Sector to Drive The Market for Fire Testing in South Korea
9.4.5 Australia
9.4.5.1 Consumer Segment to Boost The Market in Australia
9.4.6 Rest of APAC
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Growth in Mining Industry Will Drive Market in South American Countries
9.5.2 Middle East
9.5.2.1 Construction Industry in Middle East Will Lead to Increasing Demand for Fire Testing
9.5.3 Africa
9.5.3.1 Mining and Infrastructure Development Will Boost Fire Testing Services in Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 124)
10.1 Overview
10.2 Market Rank Analysis, 2018
10.3 Competitive Situations and Trends
10.3.1 Service Launches
10.3.2 Others
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
10.5 Strength of Service Portfolio (For All 25 Players)
10.6 Business Strategy Excellence (For All 25 Players)
11 Company Profile (Page No. – 133)
11.1 Key Players
(Business Overview, Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 SGS Group
11.1.2 Bureau Veritas SA
11.1.3 UL LLC
11.1.4 Intertek
11.1.5 DEKRA SE
11.1.6 TUV SUD
11.1.7 QIMA
11.1.8 Applus+
11.1.9 United Technologies
11.1.10 Element Materials Technology
11.1.11 International Fire Consultants Group
* Business Overview, Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.2 Right-To Win
11.3 Other Players
11.3.1 DNV GL
11.3.2 BRE Group
11.3.3 TUV Rheinland
11.3.4 Rina
11.3.5 Mistras Group, Inc
11.3.6 Premier Technical Service Group PLC (PTSG)
11.3.7 F.E. Moran Fire Protection
11.3.8 STC Group
11.3.9 Kiwa
11.3.10 Fireflow Services, Inc
11.3.11 J. Meadows Fire & Sprinkler
11.3.12 Geyer Fire
11.3.13 Impact Fire Services
12 Appendix (Page No. – 169)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Report
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7470
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体およ電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の耐火試験市場:サービス種類別(テスト、検査、認証)、ソーシング種類別(社内、外部委託)、用途別(消費財&小売、化学、建設&インフラ、鉱業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ブラジルのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 過酢酸の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、過酢酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途(殺菌剤、滅菌剤、消毒剤)分析、最終用途産業(ヘルスケア、食品・飲料、水処理、パルプ・製紙)分析、過酢酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症サーベイランスソリューションの世界市場:ソフトウェア、サービス、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、感染症サーベイランスソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃腸治療の世界市場:種類別(先発医薬品、ジェネリック医薬品)、投与経路別、用途別(潰瘍性大腸炎、クローン病、GERD)、流通経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、胃腸治療の世界市場について調査・分析し、胃腸治療の世界市場動向、胃腸治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別胃腸治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のLED街路灯市場2015
    本調査レポートでは、世界のLED街路灯市場2015について調査・分析し、LED街路灯の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 希土類金属(レアメタル)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、希土類金属(レアメタル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、希土類金属(レアメタル)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフクリーニングガラスの世界市場予測(~2023年):水性、油性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフクリーニングガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、コーティングタイプ(水性、油性)別分析、用途(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)別分析、セルフクリーニングガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胆嚢がん治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、胆嚢がん治療法の世界市場について調べ、胆嚢がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、胆嚢がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(併用療法、単独療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は胆嚢がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・胆嚢がん治療法の市場状況 ・胆嚢がん治療法の市場規模 ・胆嚢がん治療法の市場予測 ・胆嚢がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(併用療法、単独療法) ・胆嚢がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 淋病治療薬の世界市場2017-2021:単独療法、併用療法
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、淋病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、淋病治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は淋病治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bharat Pharmaceuticals、GlaxoSmithKline、Merck、Pfizer等です。
  • 電動工具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動工具の世界市場について調査・分析し、電動工具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動工具シェア、市場規模推移、市場規模予測、電動工具種類別分析()、電動工具用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動工具の市場概観 ・電動工具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動工具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動工具の世界市場規模 ・電動工具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動工具のアメリカ市場規模推移 ・電動工具のカナダ市場規模推移 ・電動工具のメキシコ市場規模推移 ・電動工具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動工具のドイツ市場規模推移 ・電動工具のイギリス市場規模推移 ・電動工具のロシア市場規模推移 ・電動工具のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・電動工具の日本市場規模推移 ・電動工具の中国市場規模推移 ・電動工具の韓国市場規模推移 ・電動工具のインド市 …
  • レビー小体型認知症(Lewy body Dementia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるレビー小体型認知症(Lewy body Dementia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、レビー小体型認知症(Lewy body Dementia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・レビー小体型認知症(Lewy body Dementia)の概要 ・レビー小体型認知症(Lewy body Dementia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のレビー小体型認知症(Lewy body Dementia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レビー小体型認知症(Lewy body Dementia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 世界の鶏肉加工機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の鶏肉加工機械市場2015について調査・分析し、鶏肉加工機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのプロセスオイル市場予測(~2020)
  • デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤の概要 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼアルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 板金装置の世界市場:金属切削装置、金属成形装置、溶接装置
    当調査レポートでは、板金装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、板金装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 調整気相包装(MAP)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、調整気相包装(MAP)の世界市場について調査・分析し、調整気相包装(MAP)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:市場動向分析 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:競争要因分析 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:用途別 ・即席食品 ・乳製品 ・鶏肉,魚肉,肉製品 ・果物・野菜 ・パン・菓子 ・その他 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:技術別 ・真空装置 ・深絞り機 ・トレーシール機 ・袋シール機 ・水平・垂直包装機 ・その他 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:気体別 ・酸素 ・チッ素 ・二酸化炭素 ・その他 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:材料別 ・EVA ・ポリエチレン ・配向ポリエチレンテレフタラート ・ポリアミド ・その他 - 調整気相包装(MAP)の世界市場:主要地域別分析 - 調整気相包装(MAP)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 調整気相包装(MAP)のヨーロッパ市場規模 - 調整気相包装(MAP)のアジア市場規 …
  • 高性能自動車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、高性能自動車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高性能自動車市場規模、製品別(非電気自動車、電気自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高性能自動車の世界市場概要 ・高性能自動車の世界市場環境 ・高性能自動車の世界市場動向 ・高性能自動車の世界市場規模 ・高性能自動車の世界市場:業界構造分析 ・高性能自動車の世界市場:製品別(非電気自動車、電気自動車) ・高性能自動車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高性能自動車のアメリカ市場規模・予測 ・高性能自動車のヨーロッパ市場規模・予測 ・高性能自動車のアジア市場規模・予測 ・高性能自動車の主要国分析 ・高性能自動車の世界市場:意思決定フレームワーク ・高性能自動車の世界市場:成長要因、課題 ・高性能自動車の世界市場:競争環境 ・高性能自動車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 射撃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、射撃の世界市場について調査・分析し、射撃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別射撃シェア、市場規模推移、市場規模予測、射撃種類別分析(空気銃、エアピストル)、射撃用途別分析(ゲーム/クレー射撃、狩猟、競技)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・射撃の市場概観 ・射撃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・射撃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・射撃の世界市場規模 ・射撃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・射撃のアメリカ市場規模推移 ・射撃のカナダ市場規模推移 ・射撃のメキシコ市場規模推移 ・射撃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・射撃のドイツ市場規模推移 ・射撃のイギリス市場規模推移 ・射撃のロシア市場規模推移 ・射撃のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・射撃の日本市場規模推移 ・射撃の中国市場規模推移 ・射撃の韓国市場規模推移 ・射撃のインド市場規模推移 ・射撃の東南アジア市場規模 …
  • 世界及び日本の食物繊維市場2017-2022
  • プリンテッドセンサの世界市場:バイオセンサ、タッチセンサ、画像センサ、温度センサ
    当調査レポートでは、プリンテッドセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、印刷技術別分析、用途別分析、地域別分析、プリンテッドセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 5G試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、5G試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、5G試験装置市場規模、製品別(オシロスコープ、信号発生器、信号解析器、ネットワーク解析器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・5G試験装置の世界市場概要 ・5G試験装置の世界市場環境 ・5G試験装置の世界市場動向 ・5G試験装置の世界市場規模 ・5G試験装置の世界市場:業界構造分析 ・5G試験装置の世界市場:製品別(オシロスコープ、信号発生器、信号解析器、ネットワーク解析器、その他) ・5G試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・5G試験装置のアメリカ市場規模・予測 ・5G試験装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・5G試験装置のアジア市場規模・予測 ・5G試験装置の主要国分析 ・5G試験装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・5G試験装置の世界市場:成長要因、課題 ・5G試験装置の世界市場:競争環境 ・5G試験装置の世界市場:関連企業情報(ベンダ …
  • 陸上移動無線(LMR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、陸上移動無線(LMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、陸上移動無線(LMR)の世界市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル衛星サービス(MSS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリー管理システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用バッテリー管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バッテリー管理システム市場規模、用途別(ハイブリッド車、バッテリー電気自動車、その他(ディーゼル、ガソリン、CNG等)分析、バッテリー種類別(リチウムイオン、Ni-Mh、鉛酸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場概要 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場環境 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場動向 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場規模 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:用途別(ハイブリッド車、バッテリー電気自動車、その他(ディーゼル、ガソリン、CNG等) ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン、Ni-Mh、鉛酸) ・自動車用バッテリー管理システムの世界市場:地域別 …
  • アナリティクス・オブ・シングスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、産業別分析、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力容器の世界市場:ボイラー、原子炉、セパレーター
    当調査レポートでは、圧力容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、種類別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エピジェネティクスの世界市場:技術別、用途別(腫瘍、非腫瘍)、製品別(試薬、装置、酵素、キット、サービス)、セグメント予測
    エピジェネティクスの世界市場は2023年には220億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エピジェネティックな改変をベースとするがんおよびその他疾患の拡大が考えられます。本調査レポートでは、エピジェネティクスの世界市場について調査・分析し、エピジェネティクスの世界市場動向、エピジェネティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別エピジェネティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)
    MarketsandMarkets社は、コンクリート修理モルタルの世界市場規模が2019年21億ドルから2024年28億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコンクリート修理モルタル市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(ポリマー変性セメント(PMC)モルタル、エポキシ系モルタル)分析、グレード別(構造的、非構造的)分析、適用方法別(ハンド/トロール、注ぐ、散布)分析、最終用途産業別(建物&駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、マリン)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(ポリマー変性セメント(PMC)モルタル、エポキシ系モルタル) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:グレード別(構造的、非構造的) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:適用方法別(ハンド/トロール、注ぐ、散布) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:最終用途産業別(建物&駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、マ …
  • 家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)、地域別予測
    本資料は、家庭用Wi-Fiルーターの世界市場について調べ、家庭用Wi-Fiルーターの世界規模、市場動向、市場環境、デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)分析、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場概要 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場環境 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場動向 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:ルーター別(アップリンクポート、標準ポート) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用Wi-Fiルーターの北米市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアジア市場規模・予測 ・家庭用W …
  • 防爆形モーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、防爆形モーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防爆形モーター市場規模、最終用途別(石油・ガス、化学・石油化学、鉱業・金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防爆形モーターの世界市場概要 ・防爆形モーターの世界市場環境 ・防爆形モーターの世界市場動向 ・防爆形モーターの世界市場規模 ・防爆形モーターの世界市場:業界構造分析 ・防爆形モーターの世界市場:最終用途別(石油・ガス、化学・石油化学、鉱業・金属、その他) ・防爆形モーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防爆形モーターのアメリカ市場規模・予測 ・防爆形モーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・防爆形モーターのアジア市場規模・予測 ・防爆形モーターの主要国分析 ・防爆形モーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・防爆形モーターの世界市場:成長要因、課題 ・防爆形モーターの世界市場:競争環境 ・防爆形モーターの世界市場:関連企業情報(ベン …
  • ビスポークユニットの世界市場:エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ)
    本資料は、ビスポークユニットの世界市場について調べ、ビスポークユニットの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビスポークユニットの世界市場概要 ・ビスポークユニットの世界市場環境 ・ビスポークユニットの世界市場動向 ・ビスポークユニットの世界市場規模 ・ビスポークユニットの世界市場:市場シェア ・ビスポークユニットの世界市場:エンドユーザー別(高生産性キッチン、スター付きレストラン、商業バー&レストラン、プレミアムカフェ) ・ビスポークユニットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビスポークユニットの北米市場規模・予測 ・ビスポークユニットのアメリカ市場規模・予測 ・ビスポークユニットのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビスポークユニットのアジア市場規模・予測 ・関連企業情報
  • データセンターラックPDUの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターラックPDUの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターラックPDUの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の概要 ・特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
  • モビリティスクーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モビリティスクーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モビリティスクーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 透明セラミックスの世界市場:単結晶透明セラミックス、多結晶透明セラミックス、その他
    当調査レポートでは、透明セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、エンドユーザー(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場2014-2025:治療別(化学療法、ハイパーCVAD、リンカーレジメン、標的療法、放射線療法)
    本調査レポートでは、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場について調査・分析し、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場動向、急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別急性リンパ・リンパ芽球性白血病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 溶解空気浮上システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶解空気浮上システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶解空気浮上システム市場規模、用途別(工業用、地方自治体用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶解空気浮上システムの世界市場概要 ・溶解空気浮上システムの世界市場環境 ・溶解空気浮上システムの世界市場動向 ・溶解空気浮上システムの世界市場規模 ・溶解空気浮上システムの世界市場:業界構造分析 ・溶解空気浮上システムの世界市場:用途別(工業用、地方自治体用) ・溶解空気浮上システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶解空気浮上システムのアメリカ市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムのアジア市場規模・予測 ・溶解空気浮上システムの主要国分析 ・溶解空気浮上システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・溶解空気浮上システムの世界市場:成長要因、課題 ・溶解空気浮上システムの世界市場:競争環境 ・溶解空気 …
  • Radio over Fiber(RoF)の世界市場2018-2022
    Radio over Fiber(RoF)は、光ファイバー上で無線周波数を変調してファイバーネットワークを使用するために使用される技術です。より多くのユーザーや関連するサービスを対象にできるように、モバイルおよび固定のセルラーネットワークの両方において、無線媒体を介してブロードバンドサービスやインタラクティブマルチメディアサービスを提供するために使用されます。Radio over Fiber(RoF)の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率11.27%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、APIC Corporation、EMCORE、Finisar、HUBER+SUHNER、RFOpticなどです。 当調査レポートでは、Radio over Fiber(RoF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Radio over Fiber(RoF)市場規模、用途別(衛星通信、防衛、テレコム、その他)分析、製品別(0〜2.9GHz、3〜7GHz、8〜17GHz、18〜29GHz、30GHz以上)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッ …
  • かみそり刃の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、かみそり刃の世界市場について調査・分析し、かみそり刃の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別かみそり刃シェア、市場規模推移、市場規模予測、かみそり刃種類別分析()、かみそり刃用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・かみそり刃の市場概観 ・かみそり刃のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・かみそり刃のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・かみそり刃の世界市場規模 ・かみそり刃の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・かみそり刃のアメリカ市場規模推移 ・かみそり刃のカナダ市場規模推移 ・かみそり刃のメキシコ市場規模推移 ・かみそり刃のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・かみそり刃のドイツ市場規模推移 ・かみそり刃のイギリス市場規模推移 ・かみそり刃のロシア市場規模推移 ・かみそり刃のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・かみそり刃の日本市場規模推移 ・かみそり刃の中国市場規模推移 ・かみそり …
  • 電線の世界市場:低圧電線、中圧電線、高圧電線
    当調査レポートでは、電線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電線の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビルオートメーション&制御システムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ビルオートメーション&制御システムの世界市場について調査・分析し、ビルオートメーション&制御システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:市場動向分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:競争要因分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ビルオートメーション&制御システムの北米市場規模・分析 ・ビルオートメーション&制御システムの欧州市場・分析 ・ビルオートメーション&制御システムのアジア市場・分析 ・ビルオートメーション&制御システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 中国の太陽電池モジュール用接続ボックス市場2015
    本調査レポートでは、中国の太陽電池モジュール用接続ボックス市場2015について調査・分析し、太陽電池モジュール用接続ボックスの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーン・キレート剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーン・キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用燃料噴射装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用燃料噴射装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用燃料噴射装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015について調査・分析し、サイズ排除クロマトグラフィー樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュール型データセンタの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、モジュール型データセンタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺炎検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 体形矯正装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、体形矯正装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・体形矯正装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・体形矯正装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・体形矯正装置の製品パイプライン分析 ・体形矯正装置の治験動向 ・主要企業分析 ・体形矯正装置の世界市場規模予測 ・体形矯正装置の地域別市場規模予測
  • Xバンドレーダーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、Xバンドレーダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Xバンドレーダー市場規模、種類別(海上配備型、モバイル型)分析、システムコンポーネント別(通信システム、コマンド・コントロールシステム)分析、アレイ別(パッシブ電子走査アレイ(PESA)、パッシブ電子走査アレイ(AESA))分析、用途別(政府、商業、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ Xバンドレーダーの世界市場:市場動向分析 ・ Xバンドレーダーの世界市場:競争要因分析 ・ Xバンドレーダーの世界市場:種類別(海上配備型、モバイル型) ・ Xバンドレーダーの世界市場:システムコンポーネント別(通信システム、コマンド・コントロールシステム) ・ Xバンドレーダーの世界市場:アレイ別(パッシブ電子走査アレイ(PESA)、パッシブ電子走査アレイ(AESA)) ・ Xバンドレーダーの世界市場:用途別(政府、商業、防衛) ・ Xバンドレーダーの世界市場:主要地域別 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"