"世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 4805)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The nucleating and clarifying agents market is projected to grow at a CAGR of 6.1% between 2019 and 2024
The global nucleating and clarifying agents market is estimated to be USD 2.8 billion in 2019 and is projected to reach USD 3.8 billion by 2024, at a CAGR of 6.1% from 2019 to 2024. Increasing consumption of plastic across the globe and growth in packaging applications are the main factors that have led to the growth the nucleating and clarifying agents industry. Increasing awareness about negative impact of plastics is restraining the growth of the market.

The powder form segment is projected to grow at the highest CAGR in the nucleating and clarifying agents market during the forecast period
The powder segment is estimated to account for the largest share in 2019. The powder segment accounts for the largest market share in 2018, owing to capability to generate a smooth texture on the final product surface and reduce the phenomenon of pinhole, big ripple, and snow pattern caused by static defects. The powder form of nucleating and clarifying agents is in the form of small particles that offer large surface areas and reduce difficulties while compounding with other chemicals or polymers.

The PP segment is expected to lead the nucleating and clarifying agents market during the forecast period
Based on the polymer, the PP segment is estimated to account for the largest share of the market in 2019. PP is a semi-crystalline polymer and takes a long time to crystallize while processing. Thus, nucleating and clarifying agents are used to accelerate the crystallization rate, improve optical properties, and increase the rate of production. The demand for nucleating and clarifying agents for PP polymers is expected to increase due to an increase in the market for packaging and consumer products.

The packaging segment is expected to lead the nucleating and clarifying agents market during the forecast period
The packaging segment is anticipated to be the largest market for nucleating and clarifying agents during the forecast period in terms of value and volume. Nucleating and clarifying agents are required in packaging applications to enhance mechanical properties, thermal stability, and impart transparency to the final products, which are expected to drive the market for packaging application. The major drivers that aid growth of the packaging application are rapid urbanization, changing consumer lifestyle, economic trends, rising health consciousness among different classes of consumers, and developments in packaging materials and technologies.

Asia Pacific market is projected to witness the highest growth between 2019 and 2024
By region, the Asia Pacific nucleating and clarifying agents market is expected to grow at the highest rate between 2019 and 2024. The market growth in this region is attributed mainly to the higher purchasing power of the population, which has led to an increase in the demand for packaged food and superior quality consumer products, in turn, driving the market for nucleating and clarifying agents in the region during the forecast period.

Breakdown of primary interviews for the report on the Nucleating and clarifying agents market

• By Company Type – Tier 1 – 11%, Tier 2 –33%, and Tier 3 – 56%
• By Designation – C-Level – 20%, D-Level Executives – 10%, and Others – 70%
• By Region –Asia Pacific – 14%, Europe – 29%, North America – 36%, Middle East & Africa – 14% South America – 7%,
Some of the leading manufacturers of Nucleating and clarifying agents profiled in this report include Milliken & Company (US), ADEKA CORPORATION (Japan), BASF SE (Germany), Clariant AG (Switzerland), PolyOne Corporation (US), Imerys S.A. (France), Zibo Rainwell Chemical Industry Co., Ltd. (China), GCH Technology Co., Ltd. (China), Plastiblends India Limited (India), and New Japan Chemical Co., Ltd. (Japan).

Research Coverage
This report covers the nucleating and clarifying agents market by form, polymer, application, and region. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this report focuses on various levels of analyses, such as industry analysis (industry trends) and company profiles. These insights together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape, emerging and high-growth segments, high-growth regions, and drivers, restraints, opportunities, and challenges in the nucleating and clarifying agents market.

The report provides insights on the following:
• Market Penetration: Comprehensive information on various raw materials and processes of Nucleating and clarifying agents offered by top players operating in the market

• Product Development/Innovation: Detailed insights into upcoming developments in Nucleating and clarifying agents, R&D activities, and new applications in various end-use industries in the market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative and emerging markets across different regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the nucleating and clarifying agents market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the nucleating and clarifying agents market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Market Definition and Scope
2.2 Base Number Calculation
2.3 Forecast Number Calculation
2.4 Market Engineering Process
2.4.1 Top-Down Approach
2.4.2 Bottom-Up Approach
2.5 Assumptions
2.6 Research Data
2.6.1 Secondary Data
2.6.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.6.2 Primary Data
2.6.2.1 Key Data From Primary Sources
2.6.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.6.2.3 Key Industry Insights
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Nucleating and Clarifying Agents Market
4.2 Nucleating and Clarifying Agents Market By Polymer
4.3 Nucleating and Clarifying Agents Market By Application and By Region
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Consumption of Plastics
5.2.1.2 Rise in the Consumption of Polymers in Packaging Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increasing Awareness About the Negative Impact of Plastics
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rise in Pharmaceutical Applications
5.2.3.2 Rise in Recycling Plastic Waste
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 ApproPRIAte Dosage of Nucleating and Clarifying Agents
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Nucleating and Clarifying Agents Market, By Product (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Nucleating Agents
6.3 Clarifying Agents
6.4 Major Nucleating and Clarifying Agents
6.4.1 Carboxylate Acid Salts
6.4.2 Talc
6.4.3 Sorbitol Derivatives
6.4.4 Rosin Type Agents
7 Nucleating and Clarifying Agents Market, By Form (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Powder
7.2.1 The Ability to Reduce Particle Size and Difficulties in Compounding is Expected to Drive the Market
7.3 Granules
7.3.1 Better Flow Properties and Increased Compressibility are Expected to Drive the Market
7.4 Liquid
7.4.1 The Higher Tendency to Migrate Into the Material Surface is Projected to Drive the Market for Liquid Nucleating and Clarifying Agents
8 Nucleating and Clarifying Agents Market, By Polymer (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Polypropylene
8.2.1 Increase in the Applications of PP in Packaging and Consumer Products is Expected to Drive the Market
8.3 Polyethylene
8.3.1 Rising Demand for Increase in the Production Rate of Pe Polymer is Projected to Propel the Market
8.4 Polyethylene Terephthalate
8.4.1 Rising Demand for Transparent Packaging for Food & Beverages is Expected to Drive the Market for Pet Nucleating and Clarifying Agents
8.5 Others
8.5.1 Increase in Demand for the Automotive Application is Leading the Market for Other Polymer Nucleating and Clarifying Agents
9 Nucleating and Clarifying Agents Market, By Application (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.2 Packaging
9.2.1 Increasing Demand for Transparent Food & Beverage Packaging is Projected to Drive the Market
9.3 Consumer Products
9.3.1 Increasing Demand, Reducing Processing Cycle Time, and Higher Productivity in the Manufacture of Consumer Products is Projected to Drive the Market
9.4 Automotive
9.4.1 Rising Consumption of Plastics in the Automotive Application is Expected to Drive the Market
9.5 Electronics
9.5.1 Increasing Demand for Reduced Processing Cycle Time and Enhanced Productivity of Plastics Used in Electronics Applications is Projected to Drive the Market
9.6 Others
9.6.1 Increasing Consumption of Plastics in Building & Construction, Pharmaceuticals, and Agriculture is Expected to Drive the Market
10 Nucleating and Clarifying Agents Market, By Region (Page No. – 63)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 China is Expected to Lead the Asia Pacific Nucleating and Clarifying Agents Market
10.2.2 India
10.2.2.1 Rapid Industrialization and Increasing Disposable Income of the Population and Availability of Cheap Labor are Expected to Drive the Market
10.2.3 Japan
10.2.3.1 Increase in Demand for High Quality and Appealing Packaging is Propelling the Market in Japan
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 Increase in the Consumption of Plastics in Food & Beverages Packaging and Electronic Applications is Expected to Drive the Market in South Korea
10.2.5 Indonesia
10.2.5.1 Increase in the Demand for Plastics for the Automotive Application is Expected to Drive the Market
10.2.6 Thailand
10.2.6.1 Increase in the Demand for Plastic for the Automotive Application is Expected to Drive the Market
10.2.7 Taiwan
10.2.7.1 Expansion of the Plastics Industry is Expected to Drive the Market in Taiwan
10.2.8 Rest of Asia Pacific
10.2.8.1 Rising Population, Increasing Urbanization, and Growing Industrialization are Projected to Propel the Market in the Rest of Asia Pacific
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Rise in Demand for Durable and Innovative Product Packaging is Expected to Drive the Market in Germany
10.3.2 Russia
10.3.2.1 Increase in Fdi is Expected to Drive the Market in Russia
10.3.3 Italy
10.3.3.1 Increase in Demand for Food Packaging Expected to Drive the Market in Italy
10.3.4 France
10.3.4.1 Initiatives to use Recycled Plastics are Expected to Drive the Market in France
10.3.5 UK
10.3.5.1 Rising Demand for Plastics in Building & Construction Applications Expected to Propel the Market in the UK
10.3.6 Spain
10.3.6.1 Increase in Demand for Packaging Applications is Projected to Drive the Market in the Country
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Increase in the Consumption of Plastics in Various Applications is Expected to Propel the Market in Rest of Europe
10.4 North America
10.4.1 US
10.4.1.1 Increase in Demand for Nucleating and Clarifying Agents From the Polymer Industry is Expected to Drive the Market in the US
10.4.2 Mexico
10.4.2.1 Increasing Imports of Plastic Raw Material and Resins are Expected to Drive the Market in Mexico
10.4.3 Canada
10.4.3.1 Increase in Demand for High Quality and Appealing Packaging Propels the Market in Canada
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Increase in Sales of Automotive Vehicles is Expected to Propel the Market in the Country
10.5.2 Iran
10.5.2.1 Rise in Plastic Consumption in Automotive, Consumer, and Construction Applications is Expected to Drive the Market
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 Growth of the Economy is Projected to Drive the South Africa Market
10.5.4 Rest of Middle East & Africa
10.5.4.1 Increase in the Consumption of Plastics is Expected to Drive the Market in the Rest of Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Standards of Living are Expected to Propel the Market in Brazil
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Increase in Recycling Polymers is Expected to Lead Market Growth in Argentina
10.6.3 Rest of South America
10.6.3.1 Increase in the Consumption of Plastics is Expected to Drive the Market in Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 111)
11.1 Competitive Leadership Mapping
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 Strength of Product Portfolio
11.3 Business Strategy Excellence
11.4 Market Share of Key Players in the Nucleating and Clarifying Agents Market, 2018
12 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, and Right to Win)*
12.1 Milliken & Company
12.2 ADEKA CORPORATION
12.3 BASF SE
12.4 Clariant AG
12.5 Polyone Corporation
12.6 Imerys S.A.
12.7 Zibo Rainwell Chemical Industry Co., Ltd.
12.8 GCH Technology Co., Ltd.
12.9 Plastiblends India Limited
12.10 New Japan Chemical Co., Ltd.
12.11 Polyvel Inc.
12.12 HPL Additives Limited
12.13 Ceronas GmbH & Co. Kg
12.14 Hallstar Innovations Corp.
12.15 Rich Yu Chemical Co., Ltd.
12.16 L. Brüggemann GmbH & Co. Kg
12.17 Everspring Chemical Co., Ltd.
12.18 Reedy Chemical Foam & Specialty Additives
12.19 Teknor Apex Company, Inc.
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, and Right to Win Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.20 Other Players
12.20.1 Shanxi Oriental Faith Tech Co. Ltd.
12.20.2 Techmer Pm, LLC
12.20.3 Sino Additive Technology
12.20.4 Grafe Advanced Polymers GmbH
12.20.5 Jiaxing Beihua Polymer Auxiliary Co., Ltd.
12.20.6 Polychem Alloy
13 Appendix (Page No. – 156)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 4805
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の核形成剤&清澄剤市場:フォーム別(粉末、顆粒、液体)、ポリマー別(ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエチレンテレフタレート)、用途別(包装、消費者製品、自動車、電子機器)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 特殊化学品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊化学品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊化学品市場規模、最終用途別(農薬、ポリマー・プラスチック添加剤、建設用化学品、電子化学品、工業用・施設用洗浄剤、界面活性剤、特殊コーティング剤、潤滑油・油田用化学品、織物用化学品、食品添加物、接着剤・シーラント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊化学品の世界市場概要 ・特殊化学品の世界市場環境 ・特殊化学品の世界市場動向 ・特殊化学品の世界市場規模 ・特殊化学品の世界市場:業界構造分析 ・特殊化学品の世界市場:最終用途別(農薬、ポリマー・プラスチック添加剤、建設用化学品、電子化学品、工業用・施設用洗浄剤、界面活性剤、特殊コーティング剤、潤滑油・油田用化学品、織物用化学品、食品添加物、接着剤・シーラント、その他) ・特殊化学品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊化学品のアメリカ市場規模・予測 ・特殊化学品のヨーロッパ市場規模・予測 ・特殊 …
  • 日本の輸液装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、日本の輸液装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本の輸液装置市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタロセン市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタロセン市場2015について調査・分析し、メタロセンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水酸化カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水酸化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水酸化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 近接センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、近接センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近接センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物向け創傷治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動物向け創傷治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動物向け創傷治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 対話型フラットパネルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、対話型フラットパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、対話型フラットパネルの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 天然脂肪酸の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、天然脂肪酸の世界市場について調査・分析し、天然脂肪酸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 天然脂肪酸の世界市場:市場動向分析 - 天然脂肪酸の世界市場:競争要因分析 - 天然脂肪酸の世界市場:原材料別 ・大豆油 ・原油 ・ヤシ油 ・パーム核油 ・ココナッツオイル ・その他 - 天然脂肪酸の世界市場:酸の種類別 ・蒸留脂肪酸 ・ ステアリン酸 ・ トール油脂肪酸 ・ オレイン酸 ・ fractionated脂肪酸 - 天然脂肪酸の世界市場:エンドユーザー別 ・化粧品・パーソナルケア製品 ・油田 ・潤滑油 ・石鹸・洗剤 ・ゴム・プラスチック ・家庭用 ・その他 - 天然脂肪酸の世界市場:主要地域別分析 - 天然脂肪酸の北米市場規模(アメリカ市場等) - 天然脂肪酸のヨーロッパ市場規模 - 天然脂肪酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・天然脂肪酸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ライフサイエンス分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ライフサイエンス分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(予測、記述、規範)分析、用途別(マーケティング、コンプライアンス、R&D、ファーマコビジランス、SCM)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、デリバリー別(オンプレミス、クラウド)分析、ライフサイエンス分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ライフサイエンス分析の世界市場規模が2019年193億ドルから2024年332億ドルまで年平均11.5%成長すると予測しています。
  • マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シグマ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシグマ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シグマ1受容体アゴニストの概要 ・シグマ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のシグマ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シグマ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シグマ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カーダンパーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、カーダンパーの世界市場について調査・分析し、カーダンパーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - カーダンパーの世界市場:市場動向分析 - カーダンパーの世界市場:競争要因分析 - カーダンパーの世界市場:エンドユーザー別 鉄鉱石部門 石炭部門 水質保全部門 建設 非金属鉱物部門 その他のエンドユーザー - カーダンパーの世界市場:製品別 二重ブリッジダンプカー 単ブリッジダンプカー その他の製品 - カーダンパーの世界市場:主要地域別分析 - カーダンパーの北米市場規模(アメリカ市場等) - カーダンパーのヨーロッパ市場規模 - カーダンパーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・カーダンパーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 光通信学の世界市場分析:製品別(光導波路、光変調器、光インターコネクション、LED、波長分割多重フィルタ、光検出器、レーザー、増幅器)、用途別(消費者家電、ディスプレイ、安全防衛技術、通信、計測、センシング、医療とヘルスケア、高性能コンピューティング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光通信学の世界市場について調査・分析し、光通信学の世界市場動向、光通信学の世界市場規模、市場予測、セグメント別光通信学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品保存料の世界市場:種類(天然&化学)、機能(抗菌、抗酸化)、用途(油脂、パン屋、乳製品&冷凍食品、スナック、肉、鳥肉&魚介類、菓子、飲料)
    当調査レポートでは、食品保存料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、食品保存料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアロプリノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアロプリノール市場2016について調査・分析し、アロプリノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界のスマートメーター市場2016について調査・分析し、スマートメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装用テープの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用テープの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 妊娠検査機器の世界市場:排卵予測キット、妊娠モニター(尿ベース、唾液ベース、基礎体温)
    当調査レポートでは、妊娠検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、購買形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用食品切断機(フードカッター)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用食品切断機(フードカッター)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用食品切断機(フードカッター)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用食品切断機(フードカッター)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• EMURA FOOD MACHINE• FAM• GEA Group• TREIF Maschinenbau • Urschel Laboratories等です。
  • テレビ及び映画商品の世界市場:アパレル、玩具、アクセサリー、ゲーム、装飾
    当調査レポートでは、テレビ及び映画商品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレビ及び映画商品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤーラインサービスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ワイヤーラインサービスの世界市場について調査・分析し、ワイヤーラインサービスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ワイヤーラインサービスの世界市場:市場動向分析 - ワイヤーラインサービスの世界市場:競争要因分析 - ワイヤーラインサービスの世界市場:サービスの種類 ・坑井介入 ・完成 ・検層 - ワイヤーラインサービスの世界市場:技術別 ・送電線 ・スリックライン - ワイヤーラインサービスの世界市場:技術 ・沖合 ・陸上 - ワイヤーラインサービスの世界市場:ホール別 ・裸坑 ・ケーシング坑 - ワイヤーラインサービスの世界市場:主要地域別分析 - ワイヤーラインサービスの北米市場規模(アメリカ市場等) - ワイヤーラインサービスのヨーロッパ市場規模 - ワイヤーラインサービスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ワイヤーラインサービスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装済みかぼちゃクラフトビール市場規模、製品別(ボトル入、缶入り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場概要 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場環境 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場動向 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場規模 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:業界構造分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:製品別(ボトル入、缶入り) ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのアメリカ市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールのアジア市場規模・予測 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの主要国分析 ・包装済みかぼちゃクラフトビールの世界市 …
  • 耐食コーティング(CPC)&耐酸ライニング(APL)のオーストラリア市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • スマート複合材料の世界市場2015-2022
  • マガジン出版の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、マガジン出版の世界市場について調べ、マガジン出版の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マガジン出版の市場規模をセグメンテーション別(種類別(プリント、デジタル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はマガジン出版の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マガジン出版の市場状況 ・マガジン出版の市場規模 ・マガジン出版の市場予測 ・マガジン出版の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(プリント、デジタル) ・マガジン出版の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のインテリジェント・モーター・コントローラ市場2016
    本調査レポートでは、世界のインテリジェント・モーター・コントローラ市場2016について調査・分析し、インテリジェント・モーター・コントローラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害市場:日本の治療薬市場
  • 3Dプリンティング用セラミックスの世界市場:ガラス、溶融シリカ、石英
    当調査レポートでは、3Dプリンティング用セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、3Dプリンティング用セラミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの発電市場2016
  • 船舶用燃料噴射装置の世界市場:燃料噴射器、燃料バルブ、燃料ポンプ、電子制御ユニット(ECU)
    当調査レポートでは、船舶用燃料噴射装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、構成品別分析、HP範囲別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の蘇生用マスク市場2015
    本調査レポートでは、世界の蘇生用マスク市場2015について調査・分析し、蘇生用マスクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ハードウェアベース、仮想)分析、サービス別(統合・実装、トレーニング、サポート、およびメンテナンス)分析、組織規模別(SME、大企業)分析、業種別分析、アプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アプリケーション デリバリー コントローラー(ADC)の世界市場規模が2019年24億ドルから2024年39億ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。
  • 世界のインパクトプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のインパクトプリンター市場2015について調査・分析し、インパクトプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接電源供給の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶接電源供給の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶接電源供給市場規模、エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶接電源供給の世界市場概要 ・溶接電源供給の世界市場環境 ・溶接電源供給の世界市場動向 ・溶接電源供給の世界市場規模 ・溶接電源供給の世界市場:業界構造分析 ・溶接電源供給の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他) ・溶接電源供給の世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶接電源供給の北米市場規模・予測 ・溶接電源供給のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・溶接電源供給のアジア太平洋市場規模・予測 ・溶接電源供給の主要国分析 ・溶接電源供給の世界市場:意思決定フレームワーク ・溶接電源供給の世界市場:成長要因、課題 ・溶接電源供給の世界市場:競争環境 ・溶接電源供給の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、 …
  • 臓器移植合併症の治療薬開発パイプライン分析2018
  • 防爆性照明用LEDランプの世界市場予測2015-2022
  • 薫製魚の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、薫製魚の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薫製魚市場規模、処理方法別(温薫魚、冷薫魚)分析、製品別(スモークサーモン、薫製サバ、薫製ニシン、燻製マス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薫製魚の世界市場概要 ・薫製魚の世界市場環境 ・薫製魚の世界市場動向 ・薫製魚の世界市場規模 ・薫製魚の世界市場:業界構造分析 ・薫製魚の世界市場:処理方法別(温薫魚、冷薫魚) ・薫製魚の世界市場:製品別(スモークサーモン、薫製サバ、薫製ニシン、燻製マス、その他) ・薫製魚の世界市場:地域別市場規模・分析 ・薫製魚の北米市場規模・予測 ・薫製魚のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・薫製魚のアジア太平洋市場規模・予測 ・薫製魚の主要国分析 ・薫製魚の世界市場:意思決定フレームワーク ・薫製魚の世界市場:成長要因、課題 ・薫製魚の世界市場:競争環境 ・薫製魚の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、嚢胞性線維症(CF症)治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートコミュニティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートコミュニティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコミュニティの世界市場規模及び予測、ITソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保護具のイギリス市場2016-2020
    当調査レポートでは、保護具のイギリス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護具のイギリス市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の保育器市場2015
    本調査レポートでは、世界の保育器市場2015について調査・分析し、保育器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星アンテナの世界市場予測(~2022年):パラボラリフレクター、フラットパネル、FRP、ホーンアンテナ
    当調査レポートでは、衛星アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アンテナ種類別分析、構成品別分析、プラットフォーム別分析、周波数別分析、衛星アンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの関節鏡検査装置市場見通し
  • PVDFメンブレンの世界市場予測(~2022年):疎水性、親水性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PVDFメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、PVDFメンブレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 組み込みセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、組み込みセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、セキュリティタイプ別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、組み込みセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 棚置型ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、棚置型ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、棚置型ロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、組立、溶接、表面処理・仕上げ、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(自動車部門、自動車部門以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・棚置型ロボットの世界市場概要 ・棚置型ロボットの世界市場環境 ・棚置型ロボットの世界市場動向 ・棚置型ロボットの世界市場規模 ・棚置型ロボットの世界市場:業界構造分析 ・棚置型ロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、組立、溶接、表面処理・仕上げ、その他) ・棚置型ロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・棚置型ロボットの世界市場:エンドユーザー別(自動車部門、自動車部門以外) ・棚置型ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・棚置型ロボットのアメリカ市場規模・予測 …
  • 世界の矯正装置市場:膝装具、足首用装具、上肢用装具
  • 下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)の概要 ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"