"世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7475)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increase in adoption of plantation intelligence (PI) and data mining by farmers and reduction in the wastage of resources and manpower.”
The global smart plantation management systems market size is projected to grow from USD 1.1 billion in 2019 to USD 1.5 billion by 2025, recording a compound annual growth rate (CAGR) of 5.8% during the forecast period. The major factors driving the growth of the smart plantation management systems market include increasing adoption of plantation intelligence (PI) and data mining by farmers and reduction in the wastage of resources and manpower. However, high capital investment in the development of smart plantation management systems is expected to hinder the market growth.

“The irrigation systems segment dominates the smart plantation management systems throughout the forecasted period.”
Smart irrigation systems control and monitor the water scheduling for the plantation crops based on the data collected by the sensors. It reduces the amount of water needed for irrigation, resulting in the reduction of operation costs, specifically for large farmlands. According to the tests by the Irrigation Association (IA) and the International Center for Water Technology (California), smart irrigation systems save around 20% more water than traditional irrigation systems, which is one of the major factors driving its demand in the market.

“The software segment is projected to grow at a higher growth rate during the forecast period.”
The software used in smart plantation management systems helps the farmers and plant growers to manage and analyze the data collected from the fields via sensors. Various field operations, such as harvesting, fertigation, and irrigation, can be efficiently monitored and controlled with software, which saves time and increases crop yield. The software makes it possible for the farmers to control and manage their fields with the help of a smartphone, or a laptop, thereby eliminating the need to visit the fields frequently. These factors are expected to drive the growth of the software segment.

“The Asia Pacific accounted for the largest market share in 2018.”
The Asia Pacific region accounted for the largest market share in 2018. This dominance is due to the large cultivation of plantation crops, which include tea, sugarcane, and cotton. Furthermore, this region is characterized by government support to promote the Internet of Things (IoT) in farming, adverse climatic conditions, rise in concerns toward the environment, decrease in productivity, and reduction in the number of farmlands. China is estimated to account for the major market share due to the presence of large cultivation areas for plantation crops, specifically for tea, sugarcane, and fruits.

A wide presence of manufacturers in the region is also driving market growth. The main players operating in the region include Netafim (Israel), Deere & Company (US), Synelixis Solutions (Greece), and AgroWebLab Co., Ltd (China).

In-depth interviews were conducted with CXOs, managers, and key executives from various key organizations operating in the smart plantation management systems.

• By Department: Sales/Marketing: 60%, CXOs: 30%, and production/procurement: 10%
• By Designation: Managers: 65%, CXOs: 25%, and Executives: 10%
• By Region/Country: The Middle East: 40%, Asia Pacific: 30%, South America: 20%, and US: 10%

The smart plantation management systems comprise major players such as Robert Bosch (Germany), Deere & Company (US), Netafim (Israel), Synelixis Solutions (Greece), DTN (US), AgroWebLab Co., Ltd (AWL) (China), Tevatronics (Israel), SemiosBio Technologies (Canada), WaterBit (US), Phytech (Israel), Rivulis (Israel), Jain Irrigation Systems (India), Hidrosoph (Portugal), and AquaSpy (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these players in the smart plantation management systems, with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The study covers the smart plantation management systems market across segments. It aims at estimating the market size and its growth potential across different segments such as type, crop, component, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall smart plantation management systems and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Segmentation
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Approach One (Based on Type, By Region)
2.2.2 Approach Two (Based on Global Market)
2.3 Data Triangulation
2.4 Breakdown of Primaries
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Smart Plantation Management Systems Market
4.2 Smart Plantation Management Systems Market: Major Regional Submarkets
4.3 Asia Pacific: Smart Plantation Management Systems Market, By Type and Key Country
4.4 Smart Plantation Management Systems Market, By Type and Region
4.5 Smart Plantation Management Systems Market, By Crop
4.6 Smart Plantation Management Systems Market, By Component
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Adoption of Plantation Intelligence (Pi) and Data Mining By Farmers
5.2.1.2 Reduction in the Wastage of Resources and Manpower
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment in the Deployment of Smart Plantation Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth in the Adoption of Smart Plantation Management Systems in Emerging Regions
5.2.3.2 The Advent of Big Data in Agriculture Farms
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Data Aggregation and Lack of Awareness Associated With Smart Plantation Management Systems
5.3 Value Chain
5.4 Yc Shift for Deere & Company
6 Smart Plantation Management Systems Market, By Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Irrigation Systems
6.2.1 Deployment of Irrigation Systems for A Wide Range of Plantation Crops Expected to Drive Their Demand
6.3 Plant Growth Monitoring Systems
6.3.1 Significant Usage of Plant Growth Monitoring Systems in Fruit Crops Expected to Drive Their Market Growth
6.4 Harvesting Systems
6.4.1 Increasing Farm Mechanization Driving the Market for Smart Harvesting Systems
7 Smart Plantation Management Systems Market, By Crop (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Coffee
7.2.1 Increasing Consumption of Coffee is Expected to Drive the Production of Coffee, in Turn, Driving the Demand for Smart Plantation Management Systems
7.3 Oilseeds
7.3.1 Large-Scale Irrigation Requirement of Oilseeds Plantation is Expected to Drive the Market for Smart Plantation Management Systems
7.4 Sugarcane
7.4.1 Difficulty in Accessing and Managing the Sugarcane Crop is Expected to Drive the Usage of Smart Plantation Management Systems
7.5 Cotton
7.5.1 Increasing Pressure to Adopt Better Practices in Cotton Farming Drives the Usage of Smart Plantation Management Systems
7.6 Fruits
7.6.1 Technological Development & Deployment for Fruits to Drive the Market Growth
7.7 Others
7.7.1 Increasing Pest Infestation and Diseases in Crops to Drive the Smart Plantation Management Systems Market
8 Smart Plantation Management Systems Market, By Component (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 Hardware
8.2.1 Advancement in Software Systems Driving the Growth of Hardware Components
8.3 Software
8.3.1 Inclination Toward the Adoption of Efficient Agricultural Practices
9 Smart Plantation Management Systems Market, By Region (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Increased Adoption of Automated Technologies to Drive Market Growth
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growth in Controlled Plantation Spaces to Propel Market Growth
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 With A Wide Variety of Plantation Crops, Mexico Presents Huge Growth Opportunities for Smart Plantation Management Systems
9.3 Europe
9.3.1 Spain
9.3.1.1 Water Shortage Due to Climate Change Propelling the Demand for Smart Plantation Management Systems in Spain
9.3.2 Italy
9.3.2.1 Rising Awareness and Demand for Better-Quality Fruits Expected to Boost the Usage of Smart Plantation Management Systems
9.3.3 France
9.3.3.1 Demand for Quality Output Expected to Drive the Demand for Smart Plantation Management Systems
9.3.4 Germany
9.3.4.1 Consumer Focus on Sustainable Agriculture
9.3.5 Rest of Europe
9.3.5.1 Demand for Quality Output Expected to Increase the Adoption of Smart Plantation Management Systems
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Adoption of Smart Technologies to Conserve Natural Resources
9.4.2 Australia & New Zealand
9.4.2.1 Government Support to Fuel the Demand for Smart Plantation Management Systems
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Acute Shortage of Labor is Expected to Drive the Demand for Smart Plantation Management Systems
9.4.4 India
9.4.4.1 Advancement in Technology and Increasing Concerns for Sustainability
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.4.5.1 Extensive Research and Development Projects
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.2 Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 102)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Market Share Analysis
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product/Technology Launches
10.4.2 Acquisitions
10.4.3 Agreements, Collaborations & Partnerships
10.4.4 Investments
11 Company Profiles (Page No. – 108)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Robert Bosch
11.2 Deere & Company
11.3 Netafim
11.4 Synelixis Solutions
11.5 DTN
11.6 Agroweblab Co., Ltd
11.7 Tevatronics
11.8 Semiosbio Technologies
11.9 Waterbit
11.10 Phytech
11.11 Rivulis
11.12 Jain Irrigation Systems
11.13 Hidrosoph
11.14 Aquaspy
11.15 AG Leader Technology
11.16 Teejet Technologies
11.17 Crop Metrics
11.18 Topcon Group
11.19 Raven Industries
11.20 Agjunction
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 137)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7475
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場:天然糸(動物糸、植物糸)、人工糸(ポリエステル、ナイロン、アクリル、ビスコース)
    当調査レポートでは、テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートハブ(Smart Hub)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマート・ハブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・ハブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート・ハブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LG Electronics、Logitech、SmartThings、WINK LABS等です。
  • 教室用ウェアラブル技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教室用ウェアラブル技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教室用ウェアラブル技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン識別システムの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、ドローン識別システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのレーザ切断機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アメリカのレーザ切断機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのレーザ切断機市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 走査型電子顕微鏡の世界市場:最終用途別、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、走査型電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、走査型電子顕微鏡の世界市場動向、走査型電子顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別走査型電子顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 半導体生産装置の東南アジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体生産装置の東南アジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体生産装置の東南アジア市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体生産装置の東南アジア市場が2017-2021年期間中に年平均9.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASML, • Applied Materials, • Tokyo Electron, • KLA-Tencor, • Lam Research等です。
  • POC脂質検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、POC脂質検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、POC脂質検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質発現の世界市場分析:発現システム別(原核細胞、哺乳動物細胞)、製品別(試薬、コンピテントセル)、用途別(治療、工業用)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、タンパク質発現の世界市場について調査・分析し、タンパク質発現の世界市場動向、タンパク質発現の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質発現市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のミネラルオイル潤滑油市場2015
    本調査レポートでは、世界のミネラルオイル潤滑油市場2015について調査・分析し、ミネラルオイル潤滑油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、サービスタイプ別(試験、検査、認証)分析、調達タイプ別(社内、外注)分析、用途別(車両検査サービス、テレマティクス、電気系統・コンポーネント)分析、自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空カプセルの世界市場予測(~2023年):ゼラチン、非ゼラチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、空カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ゼラチン、非ゼラチン)分析、機能別(徐放性、遅延放出性)分析、用途別(抗生物質、ビタミン、制酸剤)分析、エンドユーザー別(医薬品、栄養補助食品、化粧品)分析、空カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 迷走神経刺激療法(VNS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、迷走神経刺激療法(VNS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、迷走神経刺激療法(VNS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用コネクティッド・ヘルメットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートバイ用コネクティッド・ヘルメットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用コネクティッド・ヘルメットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のリール・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のリール・ケーブル市場2015について調査・分析し、リール・ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、抗菌繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、活性剤別(合成有機化合物、金属および金属塩、バイオベース)分析、用途別(医療用テキスタイル、アパレル、ホームテキスタイル)分析、ファブリック別(綿、ポリエステル、ポリアミド)分析、抗菌繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、抗菌繊維の世界市場規模が2019年95億ドルから2024年123億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。
  • 世界の溶接用消耗品市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶接用消耗品市場2015について調査・分析し、溶接用消耗品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィブリノーゲン検査の世界市場2016-2020
  • ステアリングコラム装置の世界市場
    当調査レポートでは、ステアリングコラム装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ステアリングコラム装置の世界市場:ステアリング装置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:コラム種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:ピボット配置別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ステアリングコラム装置のアメリカ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のヨーロッパ市場規模予測 ・ステアリングコラム装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • クラスDオーディオ・アンプの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、クラスDオーディオ・アンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、需要先別分析、地域別分析、クラスDオーディオ・アンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 圧迫療法の世界市場分析:技術別(静的圧縮、動的圧縮療法)、製品別(圧縮ポンプ、ストッキング、包帯、テープ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、圧迫療法の世界市場動向、圧迫療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧迫療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用床清掃機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用床清掃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用床清掃機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボットカー/無人車の世界市場分析、セグメント予測
    本調査レポートでは、ロボットカー/無人車の世界市場について調査・分析し、ロボットカー/無人車の世界市場動向、ロボットカー/無人車の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボットカー/無人車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 肺炎ワクチンの世界市場:ワクチン種類別(肺炎球菌複合ワクチン、肺炎球菌多糖ワクチン)、製品種類別(Prevnar 13、Synflorix、Pneumovax 23)、セクター別(公共、民間)、流通チャンネル別(流通パートナー企業、非政府組織・政府当局)
    本資料は、肺炎ワクチンの世界市場について調べ、肺炎ワクチンの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、ワクチン種類別(肺炎球菌複合ワクチン、肺炎球菌多糖ワクチン)分析、セクター別(公共、民間)分析、流通チャンネル別(流通パートナー企業、非政府組織・政府当局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・肺炎ワクチンの世界市場概要 ・肺炎ワクチンの世界市場環境 ・肺炎ワクチンの世界市場動向 ・肺炎ワクチンの世界市場規模 ・肺炎ワクチンの世界市場:市場シェア ・肺炎ワクチンの世界市場:ワクチン種類別(肺炎球菌複合ワクチン、肺炎球菌多糖ワクチン) ・肺炎ワクチンの世界市場:製品種類別(Prevnar 13、Synflorix、Pneumovax 23) ・肺炎ワクチンの世界市場:セクター別(公共、民間) ・肺炎ワクチンの世界市場:流通チャンネル別(流通パートナー企業、非政府組織・政府当局) ・肺炎ワクチンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・肺炎ワクチンの北 …
  • 二酸化チタンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二酸化チタンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二酸化チタンの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料添加剤の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、燃料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 燃料添加剤の世界市場:市場動向分析 - 燃料添加剤の世界市場:競争要因分析 - 燃料添加剤の世界市場:用途別 ・アフターマーケット向け燃料添加剤 ・航空機用燃料添加剤 ・混合,輸送,保管用燃料添加剤 ・ディーゼル用燃料添加剤 ・ガソリン用燃料添加剤 ・重油用燃料添加剤 ・その他 - 燃料添加剤の世界市場:種類別 ・アンチアイシング燃料添加剤 ・酸化防止剤 ・セタン価向上剤 ・低温流動性向上剤 ・さび止め ・付着物制御添加剤 ・染料とマーカー ・潤滑性向上剤 ・オクタン価向上剤 ・安定性向上剤 ・その他 - 燃料添加剤の世界市場:主要地域別分析 - 燃料添加剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 燃料添加剤のヨーロッパ市場規模 - 燃料添加剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・燃料添加剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 産業ロボットのアジア太平洋市場
  • 暗視装置の世界市場
    当調査レポートでは、暗視装置の世界市場について調査・分析し、暗視装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 暗視装置の世界市場:市場動向分析 - 暗視装置の世界市場:競争要因分析 - 暗視装置の世界市場:装置別 ・暗視スコープ ・暗視ゴーグル ・暗視カメラ ・その他 - 暗視装置の世界市場:部品別 ・接眼レンズ ・前部レンズ ・高圧電源 ・イメージ増強管 ・マイクロチャネルプレート ・蛍光面 ・光電陰極 ・その他 - 暗視装置の世界市場:技術別 ・赤外線照明 ・サーマルイメージング ・イメージ増強管 - 暗視装置の世界市場:用途別 ・隠れている物の検知 ・ナビゲーション ・軍事 ・狩猟 ・超常現象研究 ・セキュリティー ・監視 ・その他 - 暗視装置の世界市場:主要地域別分析 - 暗視装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 暗視装置のヨーロッパ市場規模 - 暗視装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・暗視装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • エビ養殖飼料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エビ養殖飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エビ養殖飼料市場規模、種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料)分析、成分別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エビ養殖飼料の世界市場概要 ・エビ養殖飼料の世界市場環境 ・エビ養殖飼料の世界市場動向 ・エビ養殖飼料の世界市場規模 ・エビ養殖飼料の世界市場:業界構造分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料) ・エビ養殖飼料の世界市場:成分別 ・エビ養殖飼料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エビ養殖飼料の北米市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のアジア太平洋市場規模・予測 ・エビ養殖飼料の主要国分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:意思決定フレームワーク ・エビ養殖飼料の世界市場:成長要因、課題 ・エビ養殖飼料の世界市場:競争環境 ・エビ養殖飼料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • 顔認証の世界市場
    当調査レポートでは、顔認証の世界市場について調査・分析し、顔認証の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品タイプ別(ホワイト、グレー、ブラック)分析、最終用途産業別(建築・建設、パッケージング、その他)分析、発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイル接着剤および石材接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、化学成分別分析、用途別分析、建設種類別分析、地域別分析、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 静止画像の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、静止画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静止画像の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モジュラーロボットの世界市場予測(~2023年):関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュラーロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ロボットタイプ別(関節モジュラーロボット、SCARAモジュラーロボット、協調モジュラーロボット)分析、産業別(自動車、電気・電子、プラスチック、ゴム・化学品)分析、モジュラーロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場2016-2020:技術的企業向けMラーニング、非技術的企業向けMラーニング
    当調査レポートでは、企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用シートの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、航空機用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、航空機種類別分析、シート種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、航空機用シートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リチウムの世界市場:炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム濃縮物、リチウム金属、ブチルリチウム、塩化リチウム
    当調査レポートでは、リチウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リチウムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴマ種子の世界市場2018-2022
    ゴマ種子は、健康上の効果の高い油糧種子です。木の実の風味で、多くの料理に使用され、原形のまま食されるのが一般的です。ゴマ種子の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率2.14%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Orienco、Selet Hulling、SunOpta、TAMPICO TRADING、WHOLEFOOD EARTHなどです。 当調査レポートでは、ゴマ種子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴマ種子市場規模、製品別(白ゴマ、黒ゴマ、その他)分析、販売チャネル別(食料品店、コンビニエンスストア、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゴマ種子の世界市場概要 ・ゴマ種子の世界市場環境 ・ゴマ種子の世界市場動向 ・ゴマ種子の世界市場規模 ・ゴマ種子の世界市場:業界構造分析 ・ゴマ種子の世界市場:製品別(白ゴマ、黒ゴマ、その他) ・ゴマ種子の世界市場 …
  • ベトナムのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 消費者向けテレマティクスの世界市場
    当調査レポートでは、消費者向けテレマティクスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・消費者向けテレマティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:産業別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・消費者向けテレマティクスのアメリカ市場規模予測 ・消費者向けテレマティクスのヨーロッパ市場規模予測 ・消費者向けテレマティクスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動運転タクシーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動運転タクシーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動運転タクシー市場規模、自動運転レベル別(レベル3、レベル4・5)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Fiat Chrysler Automobiles, Ford Motor Company, Renault, Tesla, Volvo carなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動運転タクシーの世界市場概要 ・自動運転タクシーの世界市場環境 ・自動運転タクシーの世界市場動向 ・自動運転タクシーの世界市場規模 ・自動運転タクシーの世界市場:業界構造分析 ・自動運転タクシーの世界市場:自動運転レベル別(レベル3、レベル4・5) ・自動運転タクシーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動運転タクシーの北米市場規模・予測 ・自動運転タクシーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動運転タクシーのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動運転タクシーの主要国分析 ・ …
  • 動物創傷ケアの世界市場予測:縫合糸、シーラント、接着剤、フィルム、フォーム、ハイドロゲル、ハイドロコロイド包帯、包帯、絆創膏、吸収剤、テープ、NPWTデバイス
    当調査レポートでは、動物創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、動物別分析、需要先別分析、地域別分析、動物創傷ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州の授乳用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の授乳用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の授乳用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの心臓補助装置市場見通し
  • 世界のイットリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のイットリウム市場2016について調査・分析し、イットリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DIPスイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、DIPスイッチの世界市場について調査・分析し、DIPスイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別DIPスイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、DIPスイッチ種類別分析(回転式、スライド式、ロッカー式)、DIPスイッチ用途別分析(家電、遠距離通信、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・DIPスイッチの市場概観 ・DIPスイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・DIPスイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・DIPスイッチの世界市場規模 ・DIPスイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・DIPスイッチのアメリカ市場規模推移 ・DIPスイッチのカナダ市場規模推移 ・DIPスイッチのメキシコ市場規模推移 ・DIPスイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・DIPスイッチのドイツ市場規模推移 ・DIPスイッチのイギリス市場規模推移 ・DIPスイッチのロシア市場規模推移 ・DIPスイッチのアジア …
  • 低温クーラーの世界市場:ギフォード・マクマホン冷凍機、パルス管冷凍機、スターリング冷凍機、ジュール・トムソン冷凍機、ブレイトン冷凍機
    当調査レポートでは、低温クーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライトプロジェクターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ライトプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライトプロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"