"世界の押出ポリスチレン市場:用途別(基礎(地下および地下)、屋根、壁、床、天井)、エンドユーズ別(住宅、商業)、地域別(ヨーロッパ、北アメリカ、APAC、中東&アフリカ、南アメリカ)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7474)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の押出ポリスチレン市場:用途別(基礎(地下および地下)、屋根、壁、床、天井)、エンドユーズ別(住宅、商業)、地域別(ヨーロッパ、北アメリカ、APAC、中東&アフリカ、南アメリカ)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global extruded polystyrene market size is projected to grow at a CAGR of 4.0% between 2019 and 2024, in terms of value.”
The global XPS market size is projected to grow from USD 5.5 billion in 2019 to USD 6.7 billion by 2024, at a CAGR of 4.0% during the same period. The increasing infrastructure spending in line with numerous government initiatives across the world and the additional insulating properties of XPS are expected to drive the market growth. Availability of alternatives and strict government policies regarding flame retardant additives used in XPS are restraining the growth of the XPS industry.

“Based on application, the foundation segment is expected to lead the XPS industry during the forecast period.”
The foundation segment accounted for the majority of the XPS market share in 2018, and the trend is expected to continue during the forecast period. Increasing construction activities are expected to play a vital role in driving the growth of the segment. Insulating the entire house is very critical in order to save energy losses that can occur through basement or foundation. Energy loss through basement or foundation is calculated at one-third of the total energy lost through the infrastructure. Exterior basement or foundation insulation is performed underground to achieve best results. High compressive strength and moisture resistance properties of XPS makes it an ideal choice for basement and foundation insulation.

“The residential segment is expected to grow at a higher CAGR than commercial end use during the forecast period.”
When insulating buildings, floor space is considered to be the most important as a major portion of energy is lost through floors. Thus, effective insulation of floor space is considered very important while building construction. Moreover, energy losses in residential buildings are usually higher than in commercial buildings; thus, residential buildings are more insulated to conserve energy. Hence, the residential segment is expected to drive the demand for XPS in the future.

“Europe is expected to lead the XPS industry during the forecast period.”
The European region is projected to lead the extruded polystyrene market from 2019 to 2024, in terms of value. The region has emerged as one of the leading producers as well as consumers of XPS due to the huge demand for insulation materials in building and construction. The flourishing building & construction industry in the region and EU energy conservation goals are a few major factors that are driving the XPS industry in Europe. The market in Europe is heavily regulated and closely monitored to ensure a high level of protection for the environment and human health from the risks posed by chemicals that are added in the insulation products.

Breakup of Primary Interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 35%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level Executives – 27%, Directors – 33%, and Others – 40%
• By Region: Europe – 40%, North America – 35%, APAC – 17%, the Middle East & Africa – 5%, and South America – 2%

BASF SE (Germany), Synthos S.A. (Poland), DuPont de Nemours Inc. (US), Saint-Gobain Isover SA (France), Knauf Group (Insulation) (Germany), Owens Corning Inc. (US), TechnoNicol Corporation (Russia), Austrotherm GmbH (Austria), Ursa Insulation SA (Spain), Penoplex SPB LLC (Russia), Ravago Group (Luxembourg), Loyal Group (China), are the key players operating in the XPS market.

Research Coverage
This report provides a detailed segmentation of the XPS industry on the basis of application, end use, and region. Based on application, the XPS market has been segmented into foundation, roof, wall, floor & ceiling, and others. Based on end use, the XPS industry has been segmented into residential, commercial, and others. Based on region, the XPS market has been segmented into APAC, the Middle East & Africa, Europe, North America, and South America.

Reasons to Buy the Report
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analysis—industry analysis (industry trends), key players in the XPS market, and company profiles. These insights together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the XPS market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.

The report provides insights into the following pointers:
 Market Penetration: Comprehensive information on XPS offered by top players in the XPS industry
 Product Development/Innovations: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the XPS market
 Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets – the report analyzes the market for XPS across various regions
 Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the XPS industry
 Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the XPS market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の押出ポリスチレン市場:用途別(基礎(地下および地下)、屋根、壁、床、天井)、エンドユーズ別(住宅、商業)、地域別(ヨーロッパ、北アメリカ、APAC、中東&アフリカ、南アメリカ)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitation
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Key Industry Insights
2.1.4 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities for Players in the XPS Market
4.2 XPS Market Size, By End Use
4.3 XPS Market Size, Developed vs. Developing Countries
4.4 APAC: XPS Market
4.5 XPS Market Attractiveness
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Regulations to Reduce Greenhouse Gas Emission
5.2.1.2 Development of Green Buildings
5.2.1.3 Reduction in Energy Consumption and Its Related Cost
5.2.1.4 Presence of Stringent Building Energy Codes
5.2.1.5 Rebates and Tax Credits
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Availability of High-Performance Substitutes
5.2.2.2 Volatility in Raw Material Prices
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Easy Recyclability of Polystyrene Products
5.2.3.2 High Energy Requirements
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rising Stringent Government Regulations
5.2.4.2 Lack of Awareness
5.3 Policy & Regulations
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
5.4.1 Threat of Substitutes
5.4.2 Bargaining Power of Buyers
5.4.3 Threat of New Entrants
5.4.4 Bargaining Power of Suppliers
5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Extruded Polystyrene Market, By End Use (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Residential
6.2.1 Increasing Population and Growing Urbanization to Drive the Demand for XPS in the Residential Segment
6.3 Commercial
6.3.1 Growing Demand for Commercial Construction Projects is Driving the XPS Market
6.4 Others (Roadways, Highways, Railways, Runways)
6.4.1 Growth and Development in the Infrastructure Sector to Drive the XPS Consumption in This Segment
7 Extruded Polystyrene Market, By Application (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Foundation
7.2.1 Energy Loss Through Basement Or Foundation is A Critical Issue for the Building Sector
7.3 Roof
7.3.1 XPS in Roof Eliminates the Chance of Water Condensation Within Building Assemblies
7.4 Wall
7.4.1 XPS Helps in Protecting the Overall Integrity of the Wall System
7.5 Floor & Ceiling
7.5.1 XPS in Floor & Ceiling Prevents Energy Loss By Hvac Systems
7.6 Others
7.6.1 Potential Opportunities for XPS in Pipes, Marine Insulation, and Utility Lines Insulation
8 Extruded Polystyrene Market, By Region (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 Energy Conservation Law in China to Reduce Energy Losses in Buildings is Driving the XPS Market
8.2.2 South Korea
8.2.2.1 Low Domestic Construction Activities Have Resulted in A Drop in XPS Demand in the Country
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Middle-Class Population and Urbanization Play A Crucial Role in Driving the Construction Industry
8.2.4 Japan
8.2.4.1 Stringent Energy Conservation Goals are Expected to Provide A Boost to the Building Insulation Sector in Japan
8.2.5 Thailand
8.2.5.1 New Residential Constructions are Expected to Have Thermal Insulation Due to Residential Building Standards
8.2.6 Indonesia
8.2.6.1 Manufacturers in the Country are Aggressively Adopting Sustainable Practices to Reduce Co2 Emission and Decrease Waste
8.2.7 Malaysia
8.2.7.1 The Country is Focusing More on Rural Projects and Manufacturing Sector, Thus Boosting the XPS Demand
8.2.8 Rest of APAC
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Increasing Focus on the Construction Industry to Drive the XPS Market in the Country
8.3.2 Poland
8.3.2.1 Polish Infrastructure Industry to Grow at the Highest Cagr
8.3.3 Russia
8.3.3.1 Demand for Thermal Insulation, Water-Resistant XPS Board, and Other Construction Materials to Drive the Russian XPS Market
8.3.4 Italy
8.3.4.1 New Construction Projects to Drive the Demand for XPS Market in the Country
8.3.5 Turkey
8.3.5.1 Growth in the Domestic Construction Sector to Boost the Demand for XPS in the Country
8.3.6 France
8.3.6.1 Eu Energy Conservation and Emission Reduction Goals are A Major Factor for the Growth of the XPS Market in the Country
8.3.7 Spain
8.3.7.1 The Construction Sector is Primarily Driven By the Residential Sector and the Growing Demand for Houses in Urban Areas
8.3.8 UK
8.3.8.1 New Residential and Commercial Infrastructure is Expected to Drive the XPS Market
8.3.9 Rest of Europe
8.4 North America
8.4.1 US
8.4.1.1 Growth of the Residential Housing Sector to Drive the XPS Market in the Country
8.4.2 Canada
8.4.2.1 Growth of the Economy and Construction Industry to Drive the XPS Market in the Country
8.4.3 Mexico
8.4.3.1 The Boost From the Government for Green Buildings is Expected to Increase the Demand for Sustainable Construction Materials in the Country
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Saudi Arabia is Promoting Foreign and Private Investments in the Country, Giving A Boost to the Construction Industry
8.5.2 Qatar
8.5.2.1 Robust Growth in the Construction Sector is Expected to Generate Demand for XPS in the Country
8.5.3 UAE
8.5.3.1 Large Scope for New Infrastructural Development to Drive the XPS Market
8.5.4 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Investment Partnership Program has Promoted the Private Sector Participation in Infrastructure Development
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Favorable Construction Outlook to Drive the Country’s XPS Market
8.6.3 Colombia
8.6.3.1 Demand for High-Performance, Cost-Effective, and Environmentally Advanced Building Products to Drive the XPS Market
8.6.4 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 105)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Product Launch
9.3.2 Expansion
9.3.3 Acquisition & Technology Development
10 Company Profiles (Page No. – 110)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 BASF SE
10.2 Synthos SA
10.3 Kingspan Group Plc
10.4 Dupont De Nemours, Inc.
10.5 Owens Corning
10.6 Saint-Gobain Isover SA
10.7 The Ravago Group
10.8 Versalis S.P.A.
10.9 Knauf Group (Insulation)
10.10 Technonicol Corporation
10.11 Austrotherm GmbH
10.12 Ursa Insulation, SA
10.13 Penoplex SPB LLC
10.14 Loyal Group
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 132)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の押出ポリスチレン市場:用途別(基礎(地下および地下)、屋根、壁、床、天井)、エンドユーズ別(住宅、商業)、地域別(ヨーロッパ、北アメリカ、APAC、中東&アフリカ、南アメリカ)
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7474
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の押出ポリスチレン市場:用途別(基礎(地下および地下)、屋根、壁、床、天井)、エンドユーズ別(住宅、商業)、地域別(ヨーロッパ、北アメリカ、APAC、中東&アフリカ、南アメリカ)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ケーブル市場動向:ケーブルは新たな超高速アクセス市場におけるリーダーシップを維持できるか?
  • 無人水上艇(USV)の世界市場予測(~2023年)
    無人水上艇(USV)の市場は、2018年の534百万米ドルから2023年には1,020百万米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は13.8%と予測されているます。ISR、水質モニタリング、および海上保安と脅威に対する需要の増加、さらには海洋データとマッピングの必要性は、この市場の成長を後押しする原動力となると考えられています。無人水上艇に対するさまざまなメーカーの関心の高まりを受けて、この市場への投資が増加しています。政府機関および民間機関は、これまでと同様に高度かつ高効率な無人水上艇の製造と開発に大きく投資しています。当調査レポートでは、無人水上艇(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別(ISR、MCM、海洋学、水路学)分析、システム別(推進、通信、ペイロード、シャーシ)分析、タイプ別(水上艇、潜水艇)分析、動作モード別分析、無人水上艇(USV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(拡張現実、バーチャルリアリティ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場について調査・分析し、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場動向、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 気管支炎(Bronchitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における気管支炎(Bronchitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、気管支炎(Bronchitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・気管支炎(Bronchitis)の概要 ・気管支炎(Bronchitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の気管支炎(Bronchitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・気管支炎(Bronchitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・気管支炎(Br …
  • LED照明モジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LED照明モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED照明モジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊油脂の世界市場:種類別(特殊脂肪、特殊油)、用途別、形状別、機能別、地域別予測
    本資料は、特殊油脂の世界市場について調べ、特殊油脂の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(特殊脂肪、特殊油)分析、用途別分析、形状別分析、機能別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・特殊油脂の世界市場概要 ・特殊油脂の世界市場環境 ・特殊油脂の世界市場動向 ・特殊油脂の世界市場規模 ・特殊油脂の世界市場規模:種類別(特殊脂肪、特殊油) ・特殊油脂の世界市場規模:用途別 ・特殊油脂の世界市場規模:形状別 ・特殊油脂の世界市場規模:機能別 ・特殊油脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊油脂の北米市場規模・予測 ・特殊油脂のアメリカ市場規模・予測 ・特殊油脂のヨーロッパ市場規模・予測 ・特殊油脂のアジア市場規模・予測 ・特殊油脂の日本市場規模・予測 ・特殊油脂の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ゲーム産業におけるバーチャルリアリティ(仮想現実)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゲーム産業におけるバーチャルリアリティ(仮想現実)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ゲーム産業におけるバーチャルリアリティ(仮想現実)の世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 行動リハビリの世界市場の規模および予測:用途別(不安、気分障害、物質乱用、人格、注意欠陥障害)、医療現場別(入院患者、家庭内、外来患者)、動向の分析 2014-2025
    本調査レポートでは、行動リハビリの世界市場について調査・分析し、行動リハビリの世界市場動向、行動リハビリの世界市場規模、市場予測、セグメント別行動リハビリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 石油コークスの世界市場:製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス)、用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他)、地域別予測
    本資料は、石油コークスの世界市場について調べ、石油コークスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス)分析、用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・石油コークスの世界市場概要 ・石油コークスの世界市場環境 ・石油コークスの世界市場動向 ・石油コークスの世界市場規模 ・石油コークスの世界市場規模:製品別(燃料グレードコークス、か焼コークス) ・石油コークスの世界市場規模:用途別(アルミニウム・その他の金属、セメント、貯蔵、鉄鋼、電力、その他) ・石油コークスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油コークスの北米市場規模・予測 ・石油コークスのアメリカ市場規模・予測 ・石油コークスのヨーロッパ市場規模・予測 ・石油コークスのアジア市場規模・予測 ・石油コークスの日本市場規模・予測 ・石油コークスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 低公害型溶剤およびバイオ溶剤の世界市場予測
  • 自動車用コネクタの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用コネクタの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズモビリティの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エンタープライズモビリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エンタープライズモビリティ市場規模、ソフトウェア別(電子メール・コンテンツ管理、モバイルデバイス管理、モバイルアプリケーション管理、その他)分析、デバイス別(タブレット、ラップトップ、スマートフォン)分析、セキュリティソリューション別(ネットワークセキュリティー、モバイルIDセキュリティ、モバイルデバイスセキュリティ、モバイルデータセキュリティ)分析、エンドユーザー別(製造・自動車、IT・通信、ホスピタリティ・小売、政府・教育、銀行・金融サービス・保険(BFSI))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エンタープライズモビリティの世界市場:市場動向分析 ・ エンタープライズモビリティの世界市場:競争要因分析 ・ エンタープライズモビリティの世界市場:ソフトウェア別(電子メール・コンテンツ管理、モバイルデバイス管理、モバイルアプリケーション管理、その他) …
  • 悪液質(Cachexia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪液質(Cachexia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪液質(Cachexia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪液質(Cachexia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪液質(Cachexia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪液質(Cachexia)治療薬剤
  • 真菌症(Mycoses):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真菌症(Mycoses)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真菌症(Mycoses)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真菌症(Mycoses)の概要 ・真菌症(Mycoses)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真菌症(Mycoses)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真菌症(Mycoses)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・真菌症(Mycoses)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • たばこの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、たばこの世界市場について調査・分析し、たばこの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別たばこシェア、市場規模推移、市場規模予測、たばこ種類別分析(低タール、高タール)、たばこ用途別分析(男性向け、女性向け )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・たばこの市場概観 ・たばこのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・たばこのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・たばこの世界市場規模 ・たばこの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・たばこのアメリカ市場規模推移 ・たばこのカナダ市場規模推移 ・たばこのメキシコ市場規模推移 ・たばこのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・たばこのドイツ市場規模推移 ・たばこのイギリス市場規模推移 ・たばこのロシア市場規模推移 ・たばこのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・たばこの日本市場規模推移 ・たばこの中国市場規模推移 ・たばこの韓国市場規模推移 ・たばこのインド市場規模 …
  • 種子の化学処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子の化学処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子の化学処理市場規模、用途別(化学品)分析、作物別(油糧種子、穀物、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子の化学処理の世界市場:市場動向分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:競争要因分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:用途別(化学品) ・ 種子の化学処理の世界市場:作物別(油糧種子、穀物、その他) ・ 種子の化学処理の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子の化学処理の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 種子の化学処理のヨーロッパ市場規模 ・ 種子の化学処理のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・種子の化学処理の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • タンクコンテナ輸送の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンクコンテナ輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンクコンテナ輸送の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンクコンテナ輸送の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bulkhaul、Den Hartogh Logistics、HOYER Group、NewPort、Stolt-Nielsen Limited (SNL)等です。
  • ヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒスタミン受容体アンタゴニストの概要 ・ヒスタミン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヒスタミン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒスタミン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒスタミン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 航空機用地上走行システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機用地上走行システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用地上走行システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 不動産業界におけるITの世界市場予測
    当調査レポートでは、不動産業界におけるITの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、企業アプリケーション別分析、セキュリティソリューション別分析、導入形態別分析、サービス別分析、不動産業界におけるITの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バーコード検証機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バーコード検証機の世界市場について調査・分析し、バーコード検証機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バーコード検証機シェア、市場規模推移、市場規模予測、バーコード検証機種類別分析(ポータブル型、デスクトップ型)、バーコード検証機用途別分析(梱包印刷、品質管理部、製造・小売業界、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バーコード検証機の市場概観 ・バーコード検証機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バーコード検証機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バーコード検証機の世界市場規模 ・バーコード検証機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バーコード検証機のアメリカ市場規模推移 ・バーコード検証機のカナダ市場規模推移 ・バーコード検証機のメキシコ市場規模推移 ・バーコード検証機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バーコード検証機のドイツ市場規模推移 ・バーコード検証機のイギリス市場規模推移 ・バーコード …
  • 金属成形機工具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属成形機工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属成形機工具市場規模、エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AMADA HOLDINGS, ANDRITZ (Schuler), Conzzeta Management (Bystronic), Mitsubishi Corporation (MC Machinery Systems), TRUMPFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属成形機工具の世界市場概要 ・金属成形機工具の世界市場環境 ・金属成形機工具の世界市場動向 ・金属成形機工具の世界市場規模 ・金属成形機工具の世界市場:業界構造分析 ・金属成形機工具の世界市場:エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他) ・金属成形機工具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属成形機工具の北米市場規模・予測 ・金属成形機工具の …
  • 手術室用装置の世界市場:手術台、手術灯、ディスプレイ、OR統合システム、手術用ブーム
    当調査レポートでは、手術室用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術室用装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の電気生理処置機器市場見通し(~2021)
  • 配合添加剤の世界市場予測(~2023年):消泡剤、レオロジー変性剤、分散剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、配合添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(消泡剤、レオロジー変性剤、分散剤)別分析、最終用途産業(建設、輸送、工業、石油・ガス、食品・飲料、家具・床材)別分析、配合添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのLBS(位置情報サービス)市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用塗料の世界市場予測(~2022年):アクリル塗料、アルキド塗料、エポキシ塗料、ポリウレタン塗料、ポリエステル塗料
    当調査レポートでは、産業用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、産業用塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • LiDARの世界市場分析:コンポーネント別(レーザースキャナー、GPS、ナビゲーション、その他)、用途別(通路マッピング、エンジニアリング、環境、探査、高度運転支援LiDAR市場モバイル・UAV)、セグメント予測
    本調査レポートでは、LiDARの世界市場について調査・分析し、LiDARの世界市場動向、LiDARの世界市場規模、市場予測、セグメント別LiDAR市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の低侵襲手術(MIS)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、低侵襲手術(MIS)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低侵襲手術(MIS)装置の概要 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:開発段階別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:セグメント別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:領域別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:規制Path別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別低侵襲手術(MIS)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・低侵襲手術(MIS)装置の最近動向
  • 甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬剤
  • 硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 硬質プラスチック包装 (RPP) 用のインクやコーティングは、パッケージの表面や中に入った製品に、バーコードなどの情報や記号、ブランド表示などを印刷するために使われています。Technavio社は硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AkzoNobel• Flint Group• PPG Industries• Sun Chemical Corporation• The Valspar Corporation等です。
  • ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場分析:製品別(グルコース試験、Hb1Ac試験、凝固、妊娠、心臓マーカー、感染症、プライマリーケアシステム、血液学、分化臨床化学、糞便、血液ガス電解質、外来化学、尿検査、薬物乱用検査)、エンドユーザー別(クリニック、病院、家庭、生活医療支援施設、研究所、緊急治療室)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場について調査・分析し、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場動向、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポイントオブケア(PoC)診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界及び日本の木材コーティング剤市場2017-2022
  • 耐油紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、耐油紙の世界市場について調査・分析し、耐油紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別耐油紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、耐油紙種類別分析()、耐油紙用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・耐油紙の市場概観 ・耐油紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・耐油紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・耐油紙の世界市場規模 ・耐油紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・耐油紙のアメリカ市場規模推移 ・耐油紙のカナダ市場規模推移 ・耐油紙のメキシコ市場規模推移 ・耐油紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・耐油紙のドイツ市場規模推移 ・耐油紙のイギリス市場規模推移 ・耐油紙のロシア市場規模推移 ・耐油紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・耐油紙の日本市場規模推移 ・耐油紙の中国市場規模推移 ・耐油紙の韓国市場規模推移 ・耐油紙のインド市場規模推移 ・耐油紙の東南アジア市場規模推移 …
  • 救急車サービスの世界市場2014-2025:輸送車両別(地上、空中、水上)、救急サービス別(救急、非救急)、装置別(一次・二次救命処置(ALS・BLS))
    本調査レポートでは、救急車サービスの世界市場について調査・分析し、救急車サービスの世界市場動向、救急車サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急車サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019
    本調査レポートでは、世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019について調査・分析し、ラッサ熱(ラッサ出血熱)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の市場概要 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の上流・下流市場分析 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 洗濯用オーガニック洗剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗濯用オーガニック洗剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 境界セキュリティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • チェーンソー安全装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チェーンソー安全装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チェーンソー安全装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・地域別市場分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・競争状況 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 小規模セルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、小規模セルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小規模セルの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業オートメーション制御の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業オートメーション制御の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業オートメーション制御市場規模、製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC)分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業オートメーション制御の世界市場概要 ・産業オートメーション制御の世界市場環境 ・産業オートメーション制御の世界市場動向 ・産業オートメーション制御の世界市場規模 ・産業オートメーション制御の世界市場:業界構造分析 ・産業オートメーション制御の世界市場:製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC) ・産業オートメーション制御の世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・産業オートメーション制御の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業オートメーション制御のアメリカ市場規模・予測 ・産業オートメーション制御のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業オー …
  • バイオプロセスコンテナの世界市場:タイプ別(2D、3D、その他)、用途別(上流プロセス、下流プロセス、プロセス開発)、エンドユーザー別(バイオ医薬品企業、生体化学研究・開発企業)、地域別予測
    本資料は、バイオプロセスコンテナの世界市場について調べ、バイオプロセスコンテナの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(2D、3D、その他)分析、用途別(上流プロセス、下流プロセス、プロセス開発)分析、エンドユーザー別(バイオ医薬品企業、生体化学研究・開発企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオプロセスコンテナの世界市場概要 ・バイオプロセスコンテナの世界市場環境 ・バイオプロセスコンテナの世界市場動向 ・バイオプロセスコンテナの世界市場規模 ・バイオプロセスコンテナの世界市場規模:タイプ別(2D、3D、その他) ・バイオプロセスコンテナの世界市場規模:用途別(上流プロセス、下流プロセス、プロセス開発) ・バイオプロセスコンテナの世界市場規模:エンドユーザー別(バイオ医薬品企業、生体化学研究・開発企業) ・バイオプロセスコンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオプロセスコンテナの北米市場規模・予測 ・バイオプロセスコンテナの …
  • インスリンペンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、インスリンペンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インスリンペン市場規模、用途別(再利用可能型、使い捨て型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インスリンペンの世界市場概要 ・インスリンペンの世界市場環境 ・インスリンペンの世界市場動向 ・インスリンペンの世界市場規模 ・インスリンペンの世界市場:業界構造分析 ・インスリンペンの世界市場:用途別(再利用可能型、使い捨て型) ・インスリンペンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・インスリンペンの北米市場規模・予測 ・インスリンペンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・インスリンペンのアジア太平洋市場規模・予測 ・インスリンペンの主要国分析 ・インスリンペンの世界市場:意思決定フレームワーク ・インスリンペンの世界市場:成長要因、課題 ・インスリンペンの世界市場:競争環境 ・インスリンペンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BD、 …
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)、種類別(小児および成人)
    本資料は、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場について調べ、急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界規模、市場動向、市場環境、薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場概要 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場環境 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場動向 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場規模 ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL)治療法の世界市場:薬別(ハイパーCVADレジメン、リンカーレジメン、ヌクレオシド代謝阻害剤、標的薬物および免疫療法、CALGB 8811レジメン、およびオンカスパー) ・急性リンパ球/リンパ芽球性白血病 (ALL) …
  • アクセス制御の世界市場予測(~2024年)
    アクセス制御の世界市場は、2018年の75億米ドルから2024年には121億米ドルに達し、この期間中8.24%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、世界的に犯罪率が上昇しているためにアクセス制御ソリューションが広く採用されていること、セキュリティシステムにおける無線技術の進歩と展開、クラウドコンピューティングプラットフォームを用いたIoTベースのセキュリティシステムの採用、ACaaS(Access Control as a Service)の採用、モバイルベースのアクセス制御の実装、新興国で都市化が進むことなどが考えられます。一方で、高コストで信頼性が低いという認識により、この市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、アクセス制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(ハードウェアカードベースのリーダー、生体認証リーダー、電子ロック、コントローラー、ソフトウェア)分析、サービス(インストール、保守、ACaaS)分析、業種分析、アクセス制御の世界市場規模及び予測、市場動向、競 …
  • マウスウォッシュ(洗口液)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"