"世界の航空におけるIoT市場:エンド市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者)、用途別(地上操作、乗客体験、資産管理、航空交通管理)、コンポーネント別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7471)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の航空におけるIoT市場:エンド市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者)、用途別(地上操作、乗客体験、資産管理、航空交通管理)、コンポーネント別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing operational efficiency and improved passenger experience are expected to drive the IoT in aviation market.
The IoT in aviation market is projected to grow from USD 593 million in 2019 to USD 1,941 million by 2025, at a CAGR of 21.9% during the forecast period. Advancements in wireless network technologies increased efficiency and connectivity, and improved passenger experience are some of the major factors driving the market.

By end market, the airports segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.
By end market, the airports segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Modern-day airport requirements have increased in terms of complexity and scale in comparison to initial days of commercial flying. With growing passenger traffic, airports are finding innovative ways to lower their operational costs and generate new revenue streams. By leveraging technologies such as IoT, airports can enhance their efficiency, specifically in the area of baggage handling, passenger handling, and air traffic control.

By application, the asset management segment is expected to lead the IoT in aviation market during the forecast period.
Asset management helps in business optimization by analyzing various data sets that are gathered, and reduce operational costs. Asset management is further segmented into fleet management, crew management, aircraft maintenance, and aircraft manufacturing.
IoT in aviation market in the Rest of the World is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.

The IoT in aviation market in the Rest of the World is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth of the aviation sector with increasing passenger traffic and aircraft fleet size encourages the adoption of IoT technology in airports and airlines in these regions to reduce operational costs and streamline business processes.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation & technology directors, and executives from various key organizations operating in the IoT in aviation market.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 30%
By Designation: C-level Executives: 30%, Directors: 20%, and Others 50%
By Region: North America: 30%, Europe: 20%, Asia Pacific: 30%, and RoW: 20%

The IoT in aviation market comprises major players such as Microsoft Corporation (US), IBM (US), Huawei (China), Cisco (US), Wind River (US), Amadeus IT Group (Spain), SITAONAIR (Switzerland), Honeywell (US), Blip Systems (Denmark), Tata Sons (India), and Sendum Wireless Corporation (Canada). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the IoT in aviation market in the industry, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the IoT in aviation market and aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as end market, component, application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will provide market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the IoT in aviation market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の航空におけるIoT市場:エンド市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者)、用途別(地上操作、乗客体験、資産管理、航空交通管理)、コンポーネント別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 USD Exchange Rates, 2016–2018
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.4 Segment Definitions
2.1.4.1 IoT in Aviation Market, By Application
2.1.4.2 Market, By Component
2.1.4.3 Market, By End Market
2.2 Research Approach and Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 IoT in Aviation Market
2.2.1.2 Market, By End Markets
2.2.1.3 Total IoT in Aviation Market, By Country,
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 IoT in Aviation Market, By Application
2.3 Data Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Limitations
2.5 Research Assumptions
2.6 Risks
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in IoT in Aviation Market
4.2 By Application
4.3 By End Market
4.4 By Country
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advancements in Wireless Network Technologies
5.2.1.2 IoT Optimizes Business Processes and Increases Connectivity
5.2.1.3 Improved Passenger Experience
5.2.1.4 Data Gathering
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Reduction in Operational Expenses
5.2.2.2 Automated Aircraft Monitoring and Reporting
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Concerns Related to Data Privacy and Cybersecurity
5.2.3.2 Multiple Stakeholders in the Aviation Industry
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 IoT in Megatrends
6.2.1 IoT in Augmented Reality (AR)
6.2.2 IoT in Blockchain
6.2.3 IoT in Wearables
6.3 IoT in Drones
6.4 Internet of Battlefield Things (IoBT)
6.5 Edge Computing in IoT
7 IoT in Aviation Market, By End Market (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Airports
7.3 Airlines
7.4 Maintenance, Repair, and Operations (MROS)
7.5 Manufacturers
8 IoT in Aviation Market, By Application (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Ground Operations
8.2.1 Passenger Processing
8.2.2 Baggage Tracking
8.2.3 Airport Maintenance
8.2.4 Security & Surveillance
8.2.5 Ground Handling
8.2.6 Location-Based Navigation & Alerts
8.3 Passenger Experience
8.3.1 In-Flight Communication
8.3.2 Connected Cabin
8.3.3 Personalized Customer Service
8.4 Asset Management
8.4.1 Fleet Management
8.4.2 Crew Management
8.4.3 Aircraft Maintenance
8.4.4 Aircraft Manufacturing
8.5 Air Traffic Management
9 IoT in Aviation Market, By Component (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 IoT Devices
9.2.1 Sensors & Actuators
9.2.2 Processors
9.2.2.1 Brain of IoT
9.2.3 Beacons
9.2.3.1 Used to Track Passenger Movement and to Navigate Them
9.2.4 Cameras
9.2.4.1 Used for Security & Surveillance
9.2.5 Tags
9.2.5.1 Fixed on Devices That Need to Be Tracked
9.2.6 IoT Gateway & Networking Devices
9.2.6.1 Integration of Protocols for Networking
9.3 IoT Solutions
9.3.1 Software & Applications
9.3.1.1 Enhances Operational Efficiency
9.3.2 Platforms
9.3.2.1 Monitor, Manage, and Control Connected Devices
9.3.2.2 Device Management
9.3.2.3 Application Management
9.3.2.4 Network Management
9.4 Services
9.4.1 Professional Services
9.4.1.1 Deployment, Integration, Consulting, and Maintenance Services
9.4.2 Managed Services
9.4.2.1 Provisioning, Cloud Infrastructure, and Devops Automation
10 Regional Analysis (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The Necessity to Increase Operational Efficiency is Driving the Market
10.2.2 Canada
10.2.2.1 High Investments in IoT is Expected to Drive the Market
10.3 Europe
10.3.1 France
10.3.1.1 Partnerships Between Aircraft OEMs and IoT Players Driving the Market
10.3.2 UK
10.3.2.1 Adoption of IoT Technology at Airports is Increasing With the Growth in Passenger Traffic
10.3.3 Germany
10.3.3.1 Partnerships Between Airlines and IoT Platform Providers are Driving the Market
10.3.4 Rest of Europe
10.3.4.1 Presences of Major IoT Players is Driving the Market in Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Large Aircraft Fleet and Initiatives of Digital Transformation Driving the Demand for IoT Technology
10.4.2 India
10.4.2.1 New Airport Projects Driving the Demand for IoT Technology
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Advancements in Electronics and the Presence of IoT Players are Driving the Market
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.4.4.1 Demand for IoT is Driven By Increased Passenger Traffic
10.5 Rest of the World
10.5.1 Latin America
10.5.1.1 Presence of Aircraft OEMs Driving the Market
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Airlines & Airports Investing in IoT to Enhance Passenger Experience
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Growth in Passenger Traffic Driving the Market
11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Analysis
11.2.1 Competitive Leadership Mapping
11.2.1.1 Visionary Leaders
11.2.1.2 Innovators
11.2.1.3 Dynamic Differentiators
11.2.1.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Contracts and Agreements
11.3.2 New Product Launches
11.3.3 Collaborations and Partnerships
12 Company Profiles (Page No. – 108)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 IBM Corporation
12.2 Huawei Technologies Co., LTD.
12.3 Cisco Systems, Inc.
12.4 Sitaonair
12.5 Tata Sons Private Limited.
12.6 Honeywell International Inc.
12.7 Aeris
12.8 Happiest Minds Technologies
12.9 Amadeus IT Group SA
12.10 Walkbase
12.11 Sendum Wireless Corporation
12.12 Microsoft Corporation
12.13 Palantir Technologies
12.14 Blip Systems
12.15 Tech Mahindra Limited
12.16 SAP SE
12.17 Arrow Electronics, Inc.
12.18 Wind River Systems, Inc.
12.19 Undagrid
12.20 Zestiot
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 152)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の航空におけるIoT市場:エンド市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者)、用途別(地上操作、乗客体験、資産管理、航空交通管理)、コンポーネント別、地域別
【発行日】2019年12月23日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7471
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の航空におけるIoT市場:エンド市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者)、用途別(地上操作、乗客体験、資産管理、航空交通管理)、コンポーネント別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の食肉・鶏肉・魚介類包装市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進型HVAC制御の世界市場2017-2021:センサー、フィールド機器、フロア用・建物用制御機器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、先進型HVAC制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進型HVAC制御の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は先進型HVAC制御の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Honeywell International、Johnson Controls、Mitsubishi Electric、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パッシブセーフティシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・種類別市場分類 ・種類別市場分類 ・地域別分析 ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • DP1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるDP1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・DP1受容体アンタゴニストの概要 ・DP1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のDP1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・DP1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・DP1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 遠隔集中治療室(ICU)の世界市場:類型別、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
    本調査レポートでは、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場について調査・分析し、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場動向、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別遠隔集中治療室(ICU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場について調査・分析し、グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・グリッドスケール・バッテリー貯蔵技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • セイボリー成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • ビール加工の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ビール加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、醸造所種類別(大酒造、小酒造、醸造パブ、地域的)分析、ビール種類別(ラガー、エール&スタウト、スペシャルティビール、低アルコールビール)分析、流通チャンネル別分析、価格区分別分析、ビール加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビール加工の世界市場規模が2019年6607億ドルから2025年8154億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。
  • 脳癌イメージングの世界市場:MRIシステム、CTシステム、PETスキャナー、その他
    当調査レポートでは、脳癌イメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳癌イメージング市場規模、製品別(MRIシステム、CTシステム、PETスキャナー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon, GE Healthcare, Hitachi, Koninklijke Philips, Samsung Electronics, Siemens Healthineersなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脳癌イメージングの世界市場概要 ・脳癌イメージングの世界市場環境 ・脳癌イメージングの世界市場動向 ・脳癌イメージングの世界市場規模 ・脳癌イメージングの世界市場:業界構造分析 ・脳癌イメージングの世界市場:製品別(MRIシステム、CTシステム、PETスキャナー、その他) ・脳癌イメージングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・脳癌イメージングの北米市場規模・予測 ・脳癌イメージングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予 …
  • スマートルームヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートルームヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートルームヒーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の除雪機市場2015
    本調査レポートでは、世界の除雪機市場2015について調査・分析し、除雪機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)用機器の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、経皮的冠動脈形成術(PCI)用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、経皮的冠動脈形成術(PCI)用機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は経皮的冠動脈形成術(PCI)用機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Boston Scientific、Abbott、Medtronic、Cordis、Terumo Medical等です。
  • 世界のセイボリー・スナック菓子市場2015
    本調査レポートでは、世界のセイボリー・スナック菓子市場2015について調査・分析し、セイボリー・スナック菓子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用リフトの世界市場
    当調査レポートでは、建設用リフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用リフトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子薬学の世界市場予測
    当調査レポートでは、電子薬学の世界市場について調査・分析し、電子薬学の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子薬学の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子薬学の世界市場:セグメント別市場分析 ・電子薬学の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の血管ステント市場2015
    本調査レポートでは、世界の血管ステント市場2015について調査・分析し、血管ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アフェレーシス装置の世界市場分析:用途別(腎疾患、血液学、神経学)、手順別(血栓塞栓症、LDL-アフェレーシス、血小板凝集症、白血球フェレーシス、光フェオレシス、赤血球凝集症)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、アフェレーシス装置の世界市場について調査・分析し、アフェレーシス装置の世界市場動向、アフェレーシス装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別アフェレーシス装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商業用衛星画像の世界市場:用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、商業用衛星画像の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他)分析、エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・商業用衛星画像の世界市場:用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:地域別 ・企業動向
  • パルプの世界市場:木材パルプ、化学パルプ、機械パルプ、非木材パルプ
    当調査レポートでは、パルプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パルプの世界市場規模及び予測、種類別分析、原料別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アナログタイマーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アナログタイマーの世界市場について調査・分析し、アナログタイマーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アナログタイマーシェア、市場規模推移、市場規模予測、アナログタイマー種類別分析(DINレールマウント、パネルマウント、プラグインマウント)、アナログタイマー用途別分析(工業機器、照明システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アナログタイマーの市場概観 ・アナログタイマーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アナログタイマーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アナログタイマーの世界市場規模 ・アナログタイマーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アナログタイマーのアメリカ市場規模推移 ・アナログタイマーのカナダ市場規模推移 ・アナログタイマーのメキシコ市場規模推移 ・アナログタイマーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アナログタイマーのドイツ市場規模推移 ・アナログタイマーのイギリス市場規模推移 …
  • 配向ストランドボード(OSB)の世界市場:用途別(建設、包装)、セグメント予測
    本調査レポートでは、配向ストランドボード(OSB)の世界市場について調査・分析し、配向ストランドボード(OSB)の世界市場動向、配向ストランドボード(OSB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別配向ストランドボード(OSB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のリール・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のリール・ケーブル市場2015について調査・分析し、リール・ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場2020-2024」は、宇宙ゴミ監視及び除去について市場概要、市場規模、用途別(スペースデブリ除去技術、スペースデブリ監視技術)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場:用途別(スペースデブリ除去技術、スペースデブリ監視技術) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • データセンターセキュリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターセキュリティの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車用スロットル・バイ・ワイヤ(TBW)システムの世界市場
    当調査レポートでは、二輪車用スロットル・バイ・ワイヤ(TBW)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用スロットル・バイ・ワイヤ(TBW)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のキーレス自動車アクセス制御システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のキーレス自動車アクセス制御システム市場2015について調査・分析し、キーレス自動車アクセス制御システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の概要 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:製品別(Webベース、インストール)、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場について調べ、医療用スケジューリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(Webベース、インストール)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場概要 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場環境 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場動向 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:製品別(Webベース、インストール) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:エンドユーザー別(病院、診療所、その他) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用スケジューリングソフトウェアの北米市場規模・予測 ・医療用スケジューリングソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・医療用スケジューリ …
  • オーディオアンプの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、オーディオアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、チャンネルタイプ別(モノ、ツー、フォー、シックス)分析、デバイス別(スマートフォン、テレビ、デスクトップおよびラップトップ、ホームオーディオシステム、プロフェッショナルオーディオシステム、車載インフォテインメントシステム)分析、エンドユーズ産業別分析、オーディオアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オーディオアンプの世界市場規模が2019年34億ドルから2024年44億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。
  • 磁気分離装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、磁気分離装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁気分離装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水圧破砕用流体の世界市場
    当調査レポートでは、水圧破砕用流体の世界市場について調査・分析し、水圧破砕用流体の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水圧破砕用流体の世界市場:市場動向分析 - 水圧破砕用流体の世界市場:競争要因分析 - 水圧破砕用流体の世界市場:流体別 ・ゲル化されたオイルをベースとした流体 ・滑らかな水をベースとした流体 ・泡をベースとした流体 ・オイルをベースとした流体 ・合成物質をベースとした流体 ・その他 - 水圧破砕用流体の世界市場:井戸別 ・竪井戸 ・横井戸 - 水圧破砕用流体の世界市場:機能別 ・スケール防止剤 ・界面活性剤 ・ゲル化剤 ・酸 ・摩擦低減剤 ・粘土安定剤 ・バイオサイド ・架橋剤 ・腐食防止剤 ・ブレーカ ・鉄制御剤 ・pH調整剤 ・緩衝剤 ・その他 - 水圧破砕用流体の世界市場:主要地域別分析 - 水圧破砕用流体の北米市場規模(アメリカ市場等) - 水圧破砕用流体のヨーロッパ市場規模 - 水圧破砕用流体のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水圧破砕用流体の世界市場: …
  • インドのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016
  • 角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection)の概要 ・角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の角膜移植片拒絶反応(Corneal Graft Rejection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・角膜移植片拒絶反応(Corneal G …
  • 外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場2017-2021:FC、iSCSI
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.03%成長すると予測しています。
  • ボードゲームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボードゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボードゲームの世界市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鳥追具市場2015
    本調査レポートでは、世界の鳥追具市場2015について調査・分析し、鳥追具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペプチドグリカン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるペプチドグリカン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ペプチドグリカン阻害剤の概要 ・ペプチドグリカン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のペプチドグリカン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ペプチドグリカン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ペプチドグリカン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ボディミストの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボディミストの世界市場について調査・分析し、ボディミストの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボディミストシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボディミスト種類別分析(保湿用ミスト、体臭用消臭剤、その他)、ボディミスト用途別分析(男性用、女性用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボディミストの市場概観 ・ボディミストのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボディミストのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボディミストの世界市場規模 ・ボディミストの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボディミストのアメリカ市場規模推移 ・ボディミストのカナダ市場規模推移 ・ボディミストのメキシコ市場規模推移 ・ボディミストのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボディミストのドイツ市場規模推移 ・ボディミストのイギリス市場規模推移 ・ボディミストのロシア市場規模推移 ・ボディミストのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南ア …
  • 蛍光増白剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、蛍光増白剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドゲームの世界市場:種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)、プラットフォーム別、ゲーマー別(ハードコア、カジュアル)、地域別予測
    本資料は、クラウドゲームの世界市場について調べ、クラウドゲームの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)分析、プラットフォーム別分析、ゲーマー別(ハードコア、カジュアル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウドゲームの世界市場概要 ・クラウドゲームの世界市場環境 ・クラウドゲームの世界市場動向 ・クラウドゲームの世界市場規模 ・クラウドゲームの世界市場規模:種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング) ・クラウドゲームの世界市場規模:プラットフォーム別 ・クラウドゲームの世界市場規模:ゲーマー別(ハードコア、カジュアル) ・クラウドゲームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドゲームの北米市場規模・予測 ・クラウドゲームのアメリカ市場規模・予測 ・クラウドゲームのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウドゲームのアジア市場規模・予測 ・クラウドゲームの日本市場規模・予測 ・クラウドゲー …
  • アルファグルコシターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファグルコシターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファグルコシターゼ阻害剤の概要 ・アルファグルコシターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファグルコシターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファグルコシターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファグルコシターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スウェーデンの脊椎手術装置市場見通し
  • アプリケーションテストサービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アプリケーションテストサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス種類別分析、テスト種類別分析、提供方式別分析、企業規模別分析、アプリケーションテストサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生産水処理の世界市場分析:生産由来別(原油、天然ガス)、技術別(一次分離、二次分離、三次分離)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生産水処理の世界市場について調査・分析し、生産水処理の世界市場動向、生産水処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別生産水処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 苛性ソーダの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、苛性ソーダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、苛性ソーダの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レーダーシステム及び技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーダーシステム及び技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、レーダーシステム及び技術の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアラミド紙市場2016
    本調査レポートでは、世界のアラミド紙市場2016について調査・分析し、アラミド紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)市場規模、プラットフォーム別(宇宙、海、陸、航空)分析、用途別(電子兵器、監視・偵察、コンピューター、情報、指揮・統制、コミュニケーション)分析、エンドユーザー別(商業用、防衛)分析、ソリューション別(サービス、製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場:市場動向分析 ・ C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場:競争要因分析 ・ C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場:プラットフォーム別(宇宙、海、陸、航空) ・ C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)の世界市場:用途別(電子兵器、 …
  • 磁気センサの世界市場
    当調査レポートでは、磁気センサの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・磁気センサの世界市場:技術別分析/市場規模 ・磁気センサの世界市場:用途別分析/市場規模 ・磁気センサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・磁気センサのアメリカ市場規模予測 ・磁気センサのヨーロッパ市場規模予測 ・磁気センサのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 事前終端システムの世界市場予測:コンポーネント別、サービス別、業種別
    MarketsandMarkets社は、事前終端システムの世界市場規模が2019年21億ドルから2024年32億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、事前終端システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ケーブル、パッチパネル、パッチコード、コネクター、アダプターパネル)分析、サービス別(設計&エンジニアリング、インストール、およびインストール後)分析、業種別分析、事前終端システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"