"血漿分画の世界市場:製品別(アルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子)、用途別(神経学、血液学、免疫学、救命救急、その他)、エンドユーザー別(病院、研究所)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20JN009)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"血漿分画の世界市場:製品別(アルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子)、用途別(神経学、血液学、免疫学、救命救急、その他)、エンドユーザー別(病院、研究所)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global plasma fractionation market was valued at $16,823 million in 2018, and is expected to reach $30,536 million by 2026, registering a CAGR of 6.1% from 2019 to 2026.
Fractionation is a mechanical process carried out to separate a certain quantity of mixture. Plasma is the liquid part of the blood which is yellowish and holds blood cells. Plasma fractionation is carried out to separate high quality, proteinaceous products such as albumin, immunoglobulins, and others. These derived products are known as plasma derivatives obtained from fractionation. Moreover, these products are used in various medical fields such as in neurology, hematology, critical care, immunology, and others. For instance, in critical care, plasma is prescribed to prevent and stop bleeding. In addition, plasma products are widely used in clinical research laboratories and hospitals.
The factors that boost the growth of the plasma fractionation market include surge in geriatric population across the globe, which is predisposed to various rare diseases that require the use of plasma derivatives. Moreover, rise in use of immunoglobulins and alpha-1-antitrypsin in areas of medicine worldwide also fuel the growth of the plasma fractionation market. Furthermore, surge in plasma collection centers worldwide is another major factor that contributes toward the growth of this market.
In addition, favorable governmental support to spread awareness related to the use of plasma derived products also fuels the growth of the plasma fractionation market. However, high cost of plasma derived products restricts the growth of the market. Conversely, growth potential in emerging economies is expected to create lucrative opportunities for the market growth during the forecast period.
The global plasma fractionation market is segmented on the basis of product, application, end user, and region. On the basis of product, the market is divided into albumin, immunoglobulins, and coagulation factor VIII. Moreover, immunoglobulins are further divided into subcutaneous immunoglobulin (SCIG) and coagulation factor VIII. By application, the market is classified into neurology, hematology, immunology, critical care, and others. On the basis of end user, it is categorized into hospitals and clinical research laboratories. By country, it is analyzed across Russia, Kazakhstan, Indonesia, China (Including Taiwan), India, Saudi Arabia, Egypt, Vietnam, Argentina, Thailand, and Nigeria.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report entails a detailed quantitative analysis along with the current global plasma fractionation market trends from 2019 to 2026 to identify the prevailing opportunities along with the strategic assessment.
• The market size and estimations are based on a comprehensive analysis of key developments in the industry.
• A qualitative analysis based on innovative products facilitates strategic business planning.
• The development strategies adopted by the key market players are enlisted to understand the competitive scenario of the market

Key Market Segments
• By Product
o Albumin
o Immunoglobulins
o Subcutaneous Immunoglobulin (SCIG)
o Intravenous Immunoglobulin (IVIG)
o Coagulation Factor

• By Application
o Neurology
o Hematology
o Immunology
o Critical Care
o Others

• By End User
o Hospitals
o Clinical Research Laboratories

• By Country
o Russia
o Kazakhstan
o Indonesia
o China (Including Taiwan)
o India
o Saudi Arabia
o Egypt
o Vietnam
o Argentina
o Thailand
o Nigeria
o Rest of the World

List of key players profiled in the report:
• Grifols SA
• Baxter International Inc
• CSL LTD.
• Bio Product Laboratory
• Octapharma AG
• Sanquin
• Laboratoire Franais Du Fractionnement Et Des
• Kedrion
• Biotest
• Takeda Pharmaceuticals

LIST OF OTHER PLAYERS IN THE VALUE CHAIN (These players are not profiled in the report. The same will be included on request)
• LFB S.A.
• Shanghai RAAS Blood Products Co., Ltd.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"血漿分画の世界市場:製品別(アルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子)、用途別(神経学、血液学、免疫学、救命救急、その他)、エンドユーザー別(病院、研究所)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List Of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings Of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets

3.3. Porter’S Five Forces Analysis

3.3.1. Bargaining Power Of Buyers
3.3.2. Bargaining Power Of Suppliers
3.3.3. Thereat Of New Entrants
3.3.4. Threat Of Substitutes
3.3.5. Intensity Of Competitive Rivalry

3.4. Top Player Positioning, 2018
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Surge In Geriatric Population Across The Globe Coupled With Rise In Prevalence Of Rare Diseases
3.5.1.2. Rise In Use Of Immunoglobulins In Areas Of Medicine
3.5.1.3. Increase In Number Of Plasma Collection Centers Across The Globe

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Cost Of Plasma Derived Products

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. High Growth Potential In Emerging Economies

3.5.4. Impact Analysis

Chapter 4: Plasma Fractionation Market, By Product

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Albumin

4.2.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Country

4.3. Immunoglobulins

4.3.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Type

4.3.2.1. Subcutaneous Immunoglobulin

4.3.2.1.1. Market Size And Forecast

4.3.2.2. Intravenous Immunoglobulin

4.3.2.2.1. Market Size And Forecast

4.3.3. Market Size And Forecast, By Country

4.4. Coagulation Factor Viii

4.4.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Country

Chapter 5: Plasma Fractionation Market, By Application

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Neurology

5.2.1. Market Size And Forecast, By Region

5.3. Hematology

5.3.1. Market Size And Forecast, By Region

5.4. Immunology

5.4.1. Market Size And Forecast, By Region

5.5. Critical Care

5.5.1. Market Size And Forecast, By Region

5.6. Others

5.6.1. Market Size And Forecast, By Region

Chapter 6: Plasma Fractionation Market, By End User

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. Hospitals

6.2.1. Market Size And Forecast, By Region

6.3. Clinical Research Laboratories

6.3.1. Market Size And Forecast, By Region

Chapter 7: Plasma Fractionation Market, By Country

7.1. Overview

7.1.1. Market Size And Forecast

7.2. Russia

7.2.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.2.2. Market Size And Forecast, By Product
7.2.3. Market Size And Forecast, By Application
7.2.4. Market Size And Forecast, By End User

7.3. Kazakhstan

7.3.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.3.2. Market Size And Forecast, By Product
7.3.3. Market Size And Forecast, By Application
7.3.4. Market Size And Forecast, By End User

7.4. Indonesia

7.4.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.4.2. Market Size And Forecast, By Product
7.4.3. Market Size And Forecast, By Application
7.4.4. Market Size And Forecast, By End User

7.5. China (Including Taiwan)

7.5.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.5.2. Market Size And Forecast, By Product
7.5.3. Market Size And Forecast, By Application
7.5.4. Market Size And Forecast, By End User

7.6. India

7.6.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.6.2. Market Size And Forecast, By Product
7.6.3. Market Size And Forecast, By Application
7.6.4. Market Size And Forecast, By End User

7.7. Saudi Arabia

7.7.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.7.2. Market Size And Forecast, By Product
7.7.3. Market Size And Forecast, By Application
7.7.4. Market Size And Forecast, By End User

7.8. Egypt

7.8.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.8.2. Market Size And Forecast, By Product
7.8.3. Market Size And Forecast, By Application
7.8.4. Market Size And Forecast, By End User

7.9. Vietnam

7.9.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.9.2. Market Size And Forecast, By Product
7.9.3. Market Size And Forecast, By Application
7.9.4. Market Size And Forecast, By End User

7.10. Argentina

7.10.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.10.2. Market Size And Forecast, By Product
7.10.3. Market Size And Forecast, By Application
7.10.4. Market Size And Forecast, By End User

7.11. Thailand

7.11.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.11.2. Market Size And Forecast, By Product
7.11.3. Market Size And Forecast, By Application
7.11.4. Market Size And Forecast, By End User

7.12. Nigeria

7.12.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.12.2. Market Size And Forecast, By Product
7.12.3. Market Size And Forecast, By Application
7.12.4. Market Size And Forecast, By End User

7.13. Rest Of The World

7.13.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
7.13.2. Market Size And Forecast, By Product
7.13.3. Market Size And Forecast, By Application
7.13.4. Market Size And Forecast, By End User

Chapter 8: Company Profiles

8.1. Baxter International Inc.

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Business Performance

8.2. Bio Products Laboratory

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio

8.3. Biotest Ag

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. Business Performance
8.3.6. Key Strategic Moves And Developments

8.4. Csl Ltd.

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Product Portfolio
8.4.5. Business Performance

8.5. Grifols Sa

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Product Portfolio
8.5.5. Business Performance

8.6. Kedrion Biopharma

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance

8.7. Lfb S. A

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments
8.7.4. Product Portfolio
8.7.5. Business Performance

8.8. Octapharma

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Operating Business Segments
8.8.4. Product Portfolio

8.9. Sanquin Blood Supply Foundation

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Operating Business Segments
8.9.4. Product Portfolio
8.9.5. Business Performance

8.10. Takeda Pharmaceutical Company Limited

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Operating Business Segments
8.10.4. Product Portfolio
8.10.5. Business Performance
8.10.6. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】血漿分画の世界市場:製品別(アルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子)、用途別(神経学、血液学、免疫学、救命救急、その他)、エンドユーザー別(病院、研究所)
【発行日】2019年11月10日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20JN009
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
血漿分画の世界市場:製品別(アルブミン、免疫グロブリン、凝固第VIII因子)、用途別(神経学、血液学、免疫学、救命救急、その他)、エンドユーザー別(病院、研究所)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 無水クロム酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無水クロム酸の世界市場について調査・分析し、無水クロム酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無水クロム酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、無水クロム酸種類別分析(純度99.7%、純度99.8%、純度99.9%)、無水クロム酸用途別分析(印刷・染色産業、電気メッキ産業、木材防腐、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無水クロム酸の市場概観 ・無水クロム酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無水クロム酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無水クロム酸の世界市場規模 ・無水クロム酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無水クロム酸のアメリカ市場規模推移 ・無水クロム酸のカナダ市場規模推移 ・無水クロム酸のメキシコ市場規模推移 ・無水クロム酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無水クロム酸のドイツ市場規模推移 ・無水クロム酸のイギリス市場規模推移 ・無水クロム酸のロシア市場規模推移 ・無水クロム酸のア …
  • 選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストの概要 ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の選択的糖質コルチコイド受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・選択的糖質コルチコイド受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のポリフェニレンスルフィド市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリフェニレンスルフィド市場2016について調査・分析し、ポリフェニレンスルフィドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用酵素の世界市場分析:製品別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ)、処方別(液体、乾燥)、用途別(家禽、豚、反芻動物、ペット、魚類)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、動物飼料用酵素の世界市場動向、動物飼料用酵素の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物飼料用酵素市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルコマースの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルコマースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルコマースの世界市場規模及び予測、プラットフォーム別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場2017-2021:無人用、有人用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用ハイブリッド電気自動車(HEV)・電気自動車(EV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAeroVironment、BAE Systems、Ford Motor Company、General Motors、Lockheed Martin等です。
  • 気道ケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、気道ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、気道ケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 20Sプロテアソーム阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における20Sプロテアソーム阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・20Sプロテアソーム阻害剤の概要 ・20Sプロテアソーム阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の20Sプロテアソーム阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・20Sプロテアソーム阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・20Sプロテアソーム阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動倉庫 (ASRS) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動倉庫 (ASRS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別 (ユニットロード、ミニロード、VLM、カルーセル、ミッドロード、オートストア)分析、機能別 (組立、キッティング 、オーダーピッキング、物流、保管)分析、産業別分析、自動倉庫 (ASRS) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用プロペラの世界市場:可変ピッチ式、固定ピッチ式、ダクトプロペラ
    当調査レポートでは、船舶用プロペラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、ブレード数別分析、プロペラ種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの小売産業予測
  • IT支援医療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、IT支援医療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IT支援医療市場規模、ソフトウェア別(付属情報システム、医療事務管理情報システム(AIS)、臨床情報システム(CIS))分析、サービス別(m-ヘルス、遠隔医療サービス)分析、エンドユーザー別(医療従事者、個人、医師、公的/私的医療機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ IT支援医療の世界市場:市場動向分析 ・ IT支援医療の世界市場:競争要因分析 ・ IT支援医療の世界市場:ソフトウェア別(付属情報システム、医療事務管理情報システム(AIS)、臨床情報システム(CIS)) ・ IT支援医療の世界市場:サービス別(m-ヘルス、遠隔医療サービス) ・ IT支援医療の世界市場:エンドユーザー別(医療従事者、個人、医師、公的/私的医療機関、その他) ・ IT支援医療の世界市場:主要地域別分析 ・ IT支援医療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ IT支援医療のヨ …
  • バイオバンクの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2.バイオバンクとその応用の概要 3. 医薬品用バイオバンク: 世界市場 2015-2026 4. 研究目的用バイオバンク 5. 将来の治療目的に使用されるステムセルバンク 6. 主要国市場 2015-2026 7. バイオバンク技術: バイオバンクに関連するシステム、ソフトウェア、消耗品、サービス 8. バイオバンク市場における主要企業 9. バイオバンク市場の定性分析 2015-2026 10. 調査インタビュー 11. 研究・分析の結論
  • 電動四輪車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動四輪車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動四輪車市場規模、パワートレインタイプ別(従来型燃料四輪車、電動四輪車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動四輪車の世界市場概要 ・電動四輪車の世界市場環境 ・電動四輪車の世界市場動向 ・電動四輪車の世界市場規模 ・電動四輪車の世界市場:業界構造分析 ・電動四輪車の世界市場:パワートレインタイプ別(従来型燃料四輪車、電動四輪車) ・電動四輪車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・電動四輪車の北米市場規模・予測 ・電動四輪車のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電動四輪車のアジア太平洋市場規模・予測 ・電動四輪車の主要国分析 ・電動四輪車の世界市場:意思決定フレームワーク ・電動四輪車の世界市場:成長要因、課題 ・電動四輪車の世界市場:競争環境 ・電動四輪車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • DNSサービスの世界市場:DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ)、導入方式別、企業規模別、産業別、地域別予測
    本資料は、DNSサービスの世界市場について調べ、DNSサービスの世界規模、市場動向、市場環境、DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ)分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・DNSサービスの世界市場概要 ・DNSサービスの世界市場環境 ・DNSサービスの世界市場動向 ・DNSサービスの世界市場規模 ・DNSサービスの世界市場規模:DNSサーバ別(プライマリDNSサーバ、セカンダリDNSサーバ) ・DNSサービスの世界市場規模:導入方式別 ・DNSサービスの世界市場規模:企業規模別 ・DNSサービスの世界市場規模:産業別 ・DNSサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・DNSサービスの北米市場規模・予測 ・DNSサービスのアメリカ市場規模・予測 ・DNSサービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・DNSサービスのアジア市場規模・予測 ・DNSサービスの日本市場規模・予測 ・DNSサ …
  • 世界の電子ビームウエハー検査装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子ビームウエハー検査装置市場2015について調査・分析し、電子ビームウエハー検査装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの洗濯機市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの洗濯機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの洗濯機市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス攪拌機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロセス攪拌機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、プロセス攪拌機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の概要 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 電気メス装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電気メス装置の世界市場について調べ、電気メス装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気メス装置の市場規模をセグメンテーション別(種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電気メス装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気メス装置の市場状況 ・電気メス装置の市場規模 ・電気メス装置の市場予測 ・電気メス装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置) ・電気メス装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 院内感染(Nosocomial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における院内感染(Nosocomial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、院内感染(Nosocomial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・院内感染(Nosocomial Infections)の概要 ・院内感染(Nosocomial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の院内感染(Nosocomial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 産業ロボット用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業ロボット用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボット用センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ6阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ6阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コイル塗装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コイル塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コイル塗装の世界市場規模及び予測、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用酵素の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、農業用酵素の世界市場について調査・分析し、農業用酵素の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・農業用酵素の世界市場:市場動向分析 ・農業用酵素の世界市場:競争要因分析 ・農業用酵素の世界市場:タイプ別分析/市場規模 ・農業用酵素の世界市場:用途別分析/市場規模 ・農業用酵素の世界市場:作物別分析/市場規模 ・農業用酵素の世界市場:地域別分析/市場規模 ・農業用酵素の北米市場規模・分析 ・農業用酵素の欧州市場・分析 ・農業用酵素のアジア市場・分析 ・農業用酵素の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動式自己注射器の世界市場予測2019-2024
    「自動式自己注射器の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、再利用可能、使い捨てなど、用途別には、Hospitals and Clinics、Home Care Settingsなどに区分してまとめた調査レポートです。自動式自己注射器のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動式自己注射器の世界市場概要(サマリー) ・自動式自己注射器の企業別販売量・売上 ・自動式自己注射器の企業別市場シェア ・自動式自己注射器の世界市場規模:種類別(再利用可能、使い捨て) ・自動式自己注射器の世界市場規模:用途別(Hospitals and Clinics、Home Care Settings) ・自動式自己注射器の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動式自己注射器のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動式自己注射器の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動式 …
  • ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミドルオフィス業務アウトソーシング市場規模、最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場概要 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場環境 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場動向 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場規模 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他) ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのヨーロッパ市場規模・ …
  • 世界のステンレス流し台市場2016
    本調査レポートでは、世界のステンレス流し台市場2016について調査・分析し、ステンレス流し台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の微細セルポリウレタンフォーム市場
  • メキシコのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 世界の電気接点と電気接点材料市場2016
    本調査レポートでは、世界の電気接点と電気接点材料市場2016について調査・分析し、電気接点と電気接点材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売チャネル分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ波装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロ波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ波装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクロ波装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• API Technologies• L3 Technologies• Qorvo• Teledyne Technologies等です。
  • 2型糖尿病治療薬の世界市場:インスリン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、 SGLT-2阻害薬
    当調査レポートでは、2型糖尿病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、2型糖尿病治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの関節鏡検査装置市場見通し
  • 衛星電話の世界市場2018-2022
    衛星電話ユーザーインターフェースの登場に伴い、新しい航空機の需要が高まっています。 衛星電話は通常、非常に基本的なインターフェースと外観となっています。 しかし技術革新により、ハードウェアコンポーネントを修正し衛星電話インタフェースを改善することが期待されています。 例えば、スラヤテレコミュニケーションは、スマートフォンのような機能を衛星電話機能と統合した衛星スマートフォンであるX-5 Touchを発表しました。 Andriodオペレーティングシステム上で動作し、従来の衛星電話に比べて大きなディスプレイ画面となっています。 Technavioのアナリストは、衛星電話の世界市場が2022年までにほぼ2%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、China Telecom、Globalstar、Inmarsat、Iridium Communications、Satcom Globalなどです。 当調査レポートでは、衛星電話の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星電話市場規模、エンドユーザー別(政府、エネルギー、航空宇宙、海洋、その他)分析、市場動向、競争環 …
  • 脳型コンピューティングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、脳型コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提供形態別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、脳型コンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナトリウムエトキシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のナトリウムエトキシド市場2015について調査・分析し、ナトリウムエトキシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 書画カメラの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、書画カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、書画カメラ市場規模、製品別(ポータブル型、デスクトップ型、天井型)分析、最終用途別(教育機関、企業部門、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・書画カメラの世界市場概要 ・書画カメラの世界市場環境 ・書画カメラの世界市場動向 ・書画カメラの世界市場規模 ・書画カメラの世界市場:業界構造分析 ・書画カメラの世界市場:製品別(ポータブル型、デスクトップ型、天井型) ・書画カメラの世界市場:最終用途別(教育機関、企業部門、その他) ・書画カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・書画カメラのアメリカ市場規模・予測 ・書画カメラのヨーロッパ市場規模・予測 ・書画カメラのアジア市場規模・予測 ・書画カメラの主要国分析 ・書画カメラの世界市場:意思決定フレームワーク ・書画カメラの世界市場:成長要因、課題 ・書画カメラの世界市場:競争環境 ・書画カメラの世界市場:関 …
  • アスファルトタンクの世界市場予測2019-2024
    「アスファルトタンクの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、水平、スタンディングなど、用途別には、Road Construction、Public Engineering、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アスファルトタンクのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アスファルトタンクの世界市場概要(サマリー) ・アスファルトタンクの企業別販売量・売上 ・アスファルトタンクの企業別市場シェア ・アスファルトタンクの世界市場規模:種類別(水平、スタンディング) ・アスファルトタンクの世界市場規模:用途別(Road Construction、Public Engineering、Others) ・アスファルトタンクの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アスファルトタンクのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アスファルトタンクの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、 …
  • 健康・ウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス市場規模、製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・健康・ウェルネスの世界市場概要 ・健康・ウェルネスの世界市場環境 ・健康・ウェルネスの世界市場動向 ・健康・ウェルネスの世界市場規模 ・健康・ウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品) ・健康・ウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・健康・ウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのアジア市場規模・予測 ・健康・ウェルネスの主要国分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:意思決定フレームワーク ・健康・ウェ …
  • 包装用特殊高機能フィルムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用特殊高機能フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用特殊高機能フィルムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トルコの股関節再建装置市場見通し
  • ポリマーエマルジョンの世界市場予測(~2023年)
    ポリマーエマルジョンの世界市場は、2018年の298億米ドルから2023年には429億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。市場規模が大きいのは特に中国、日本、インドなどの国々で、建築・建設、自動車・輸送、ならびに工業部門からの需要が高いためです。 欧州のREACH規則や大気浄化法などの厳しい政府規制もこの市場の成長を後押ししています。一方で、不安定な原材料価格は、市場の成長を妨げる要因となります。当調査レポートでは、ポリマーエマルジョンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(アクリル、ポリ酢酸ビニル、SBラテックス)分析、用途(塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント、紙・板紙)分析、ポリマーエマルジョンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの世界市場:データセンターオペレーター、通信サービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、政府、金融サービスプロバイダー、他のオペレーター種類
    Technavio社の本調査レポートでは、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの世界市場について調べ、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(オペレーター種類別(データセンターオペレーター、通信サービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、政府、金融サービスプロバイダー、他のオペレーター種類)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデータセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場状況 ・データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場規模 ・データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場予測 ・データセンターバックアップ・リカ …
  • エポキシ樹脂塗料の世界市場:溶剤型塗料、水性塗料、粉体塗料
    当調査レポートでは、エポキシ樹脂塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 磁性材料の世界市場:硬磁性材料、軟磁性材料
    当調査レポートでは、磁性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁性材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用潤滑剤の世界市場分析:製品別(プロセスオイル、一般オイル、金属加工用オイル、エンジンオイル)、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧)、セグメント予測
    本調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、産業用潤滑剤の世界市場動向、産業用潤滑剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用潤滑剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属成形機工具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属成形機工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属成形機工具市場規模、エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AMADA HOLDINGS, ANDRITZ (Schuler), Conzzeta Management (Bystronic), Mitsubishi Corporation (MC Machinery Systems), TRUMPFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属成形機工具の世界市場概要 ・金属成形機工具の世界市場環境 ・金属成形機工具の世界市場動向 ・金属成形機工具の世界市場規模 ・金属成形機工具の世界市場:業界構造分析 ・金属成形機工具の世界市場:エンドユーザー別(自動車、工作機械、輸送、精密工学、建設、その他) ・金属成形機工具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属成形機工具の北米市場規模・予測 ・金属成形機工具の …
  • スマートソーラーの世界市場:ネットワーク監視、メーターデータ管理、アナリティクス、SCADA、リモート計量、資産管理、停電管理
    当調査レポートでは、スマートソーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"